スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

友達作戦、救済アメリカ兵の報われぬ犠牲

 2013-02-03
アメリカ、ニュージャージー州より。

Fukushima Rescue Mission Lasting Legacy: Radioactive Contamination of Americans
福島救済ミッションの朽ちることのない遺産:アメリカ人の放射能被曝


Thursday, 31 January 2013 20:34 .

BY ROGER WITHERSPOON
NEWJERSEYNEWSROOM.COM


uss-ronald-reagan.jpg
By Roger Witherspoon


The Department of Defense has decided to walk away from an unprecedented medical registry of nearly 70,000 American service members, civilian workers, and their families caught in the radioactive clouds blowing from the destroyed nuclear power plants at Fukushima Daiichi in Japan.
国防省は、日本の破壊された福島第一原発から吹いてきた放射性雲の中に捕らわれてしまったおよそ7万人に及ぶアメリカ軍人、軍属とその家族について、前代未聞の医療登録から手を引くことを決定しました。


The decision to cease updating the registry means there will be no way to determine if patterns of health problems emerge among the members of the Marines, Army, Air Force, Corps of Engineers, and Navy stationed at 63 installations in Japan with their families. In addition, it leaves thousands of sailors and Marines in the USS Ronald Reagan Carrier Strike Group 7 on their own when it comes to determining if any of them are developing problems caused by radiation exposure.
登録を更新するのをやめてしまうという決定は、海軍、陸軍、空軍、工兵隊、日本に家族たちといる63箇所拠点のある艦隊のメンバーたちの間に現れた健康障害のパターンを見定める方法がなくなる、ということを意味します。それに加え、USSロナルド・レーガン空母打撃群7において、何千もの水兵たちと海軍を、被曝が原因で健康障害が発展したかどうかを見定める際に、自分たちだけでやるしかないように置き去りにしてしまうのです。


The strike group was detoured from its South Pacific duties and brought to Fukushima for Operation Tomodachi, using the Japanese word for “friend.” It was an 80-day humanitarian aid and rescue mission in the wake of the earthquake and massive tsunami that decimated the northern coastline and killed more than 20,000 people. The rescue operation was requested by the Japanese Government and coordinated by the US State Department, the Nuclear Regulatory Commission, and the Departments of Defense and Energy. In addition to the USS Ronald Reagan with its crew of 5,500, the Strike Group included four destroyers – The Preble, McCampbell, Curtis Wilbur, and McCain – the cruiser USS Chancellorsville, and several support ships (http://bit.ly/11bfTqS ).
その打撃軍は、南太平洋の任務を迂回させられ、友達作戦のために福島に派遣されました。それは、東北海岸を壊滅させ、2万人以上の命を奪った地震と巨大津波の後の80日間の人道救援・救済ミッションでした。その救済活動は、日本政府により要請され、アメリカの国務省、原子力規制委員会、国防省、エネルギー省により配置されました。5500人のUSSロナルド・レーガンの乗組員に加え、打撃軍はPreble, McCampbell, Curtis Wilbur, McCainの4つの駆逐艦-チャンセラーズビル (ミサイル巡洋艦)といくつかの支援船を含みます。


It was the participants in Operation Tomodachi – land based truck drivers and helicopter crews, and carrier based aircraft and landing craft – who were repeatedly trying to guess where the radioactive clouds were blowing and steer paths out of the way. It was unsuccessful on more than one occasion, according to Defense Department records and participants, resulting in efforts to decontaminate ships travelling through contaminated waters and cleansing helicopters only to send them right back into radioactive clouds.
繰り返し放射性雲がどこに吹いているのかを想像し、その道筋を避けようとしていたのは、地上配備のトラック運転手、ヘリコプター乗組員、艦載機と上陸用舟艇の、友達作戦の参加者たちでした。国防省の記録によると、それは1度のみならず不成功に終わり、参加者たちは汚染水の中を航海した船の除染を行わなければならず、放射能の雲の只中へと送り返すこととなってしまったヘリコプターを洗浄しなければならなくなったのです。


tepco-pix-hydrogen-explosion-3-15-11.jpg


So far, however, more than 150 service men and women who participated in the rescue mission and have since developed a variety of medical issues – including tumors, tremors, internal bleeding, and hair loss – which they feel were triggered by their exposure to radiation. They do not blame the Navy for their predicament, but are joined in an expanding law suit against the Tokyo Electric Power Company, TEPCO, for providing false information to the US officials about the extent of spreading radiation from its stricken reactors at Fukushima. And the decision by the Defense Department to abandon the registry leaves them on their own. (http://bit.ly/XpfJW5 )
しかしながら今のところ、150名以上の救済ミッションに加わった男女の軍人たちに、それ以来いろいろな病状がでています。腫瘍、内部出血、脱毛を含み、彼らはそれが被曝が起因になっていると感じています。彼らは自分たちの苦境について、海軍を非難するのではなく、東京電力に対して、福島の壊滅した原子炉から拡散した放射能の規模について、アメリカの事務官へ誤った情報を提供したとして、集団訴訟に加わりました。そして、国防省による登録をやめるという決断は、彼らを置き去りにしています。


Jobs are compartmentalized at sea explained Navy Quartermasters Maurice Enis and Jaime Plym, two of the navigators on the carrier Reagan. Few of those on board knew there were dangerous radioactive plumes blowing in the wind and none knew what ocean currents might be contaminated. They did know there were problems when alarms went off.
海上での仕事は区分化されているのだと、レーガンの航海士の2人、操舵員のMaurice EnisとJaime Plymは説明しました。船にいた乗組員のほとんどが、危険な放射性プルームが風にのってきていることを知らず、誰もどの海流が汚染されている可能性があるかを知りませんでした。警報が鳴り響いたときに、問題が発生していたことを知ったのです。


“We make our own water through desalinization plants on board,” said Plym, a 28-year-old from St. Augustine, Florida. “But it comes from the ocean and the ocean was contaminated. So we had to get rid of all the water on the ship and keep scouring it and testing it till it was clean.
「私たちは、水を船内の海水淡水化設備に通します。」とフロリダ、セント・オーガスティン出身で、28歳のPlymさんは話しました。「でも、それは海からのもので、その海が汚染されていたのです。なので、私たちは洗浄の全ての水を排除し、擦り落とし続け、綺麗になるまで検査し続けなければならなかったのです。」


jaime-plym-navigator-plotting-course-for-uss-r-reagan.jpg

“You have a nuclear power plant inside the ship that uses water for cooling, and they didn’t want to contaminate our reactor with their reactors’ radiation.”
「空母の中には冷却に水を使う原子力発電所があり、彼らは、私たちの原子炉を彼らの原子炉の放射能で汚染したくはなかったのです。」


But avoiding it was not easy. It meant going far enough out to sea where there were no contaminated currents, washing down the ship and its pipes, and then going back towards shore.
しかし、それを避けることは簡単ではありませんでした。それは、海流が汚染されていないところまで遠くに行き、船とパイプを洗い流し、海岸に向けて戻る、ということを意味していたのです。


“We could actually see the certain parts of the navigation chart where radiation was at, and to navigate through that was nerve wracking,” said Enis. “The general public, like the ship, didn’t really know where it was or what it was and relied on word-of-mouth and rumors. We have more information, but there was no absolute way for us to know how much radiation was out there because we were still being told by the (Japanese) power company that we shouldn’t worry.
「実は私たちにはナビゲーションチャートのある部分に、放射能がある場所を見ることができました。そこを抜け航海するのは、かなり神経に障るものでした。」とEnisさんは話しました。「一般市民は、放射能がどこにあるのかは本当に分からず、口伝えのことやうわさに頼っていたのです。私たちにはもっと情報がありました。しかしどれだけの放射能がそこに出ていたのかを知る絶対的な方法がなかったのです。日本の電力会社に心配はないと言われていましたから。」


maurice-enis-navigator-uss-r-reagan-hawaii.jpg


“We stayed about 80 days, and we would stay as close as two miles offshore and then sail away. It was a cat and mouse game depending on which way the wind was blowing. We kept coming back because it was a matter of helping the people of Japan who needed help. But it would put us in a different dangerous area. After the first scare and we found there was radiation when they (the power company) told us there was none, we went on lockdown and had to carry around the gas masks.”
「私たちは約80日滞在しました。2マイル(3.2km)ほどの近い沖にいてから離れたのです。それはいたちごっこで、どの方向に風が吹いているかに頼っていました。日本で助けを必要としている人々を救出するという問題だったため、私たちは戻り続けました。しかし、それはわたしたちが異なった危険な地域に身をおくということでした。最初の恐怖の後で、私たちは電力会社が放射能はないと言っていた時に放射能があることを発見したのです。私たちは個室にこもり、ガスマスクを持ち歩かなければならなかったのです。」


When it came to getting timely information on radiation, the Americans on land were just as much at sea. Gregory Jaczko, then Chairman of the US Nuclear Regulatory Commission, urged the evacuation of all Americans within 50 miles of the stricken reactors. And the Defense Department evacuated women and children from the Yokosuka Naval Base, located 300 miles south of Fukushima, after sensors picked up increases in background radiation.
放射能についてのタイムリーな情報を入手するとなると、陸上にいるアメリカ人は海にいる者と同じでした。当時の米国原子力規制委員会の委員長だったグレゴリー・ヤツコ氏は、崩壊した原子炉から50マイル(80km)以内にいる全てのアメリカ人に避難を促がしました。そして国防省は、バックグランドの放射線量の上昇をセンサーが読み取ると、福島から300マイル(483km)に位置する横須賀海軍ベースから、女性と子どもを避難させました。


Information was hard to come by, exacerbated by the rigidity of the Japanese bureaucracy. Two nuclear experts at the Union of Concerned Scientists, David Lochbaum, who has worked as a consultant for the NRC and industry, and Ed Lyman, a nuclear physicist, have examined thousands of government emails and cable traffic during a confusing period where the data base shifted by the hour and concrete information was hard to come by.
情報が入るのは困難でした。日本の官僚主義の硬直性が事態を悪化させました。憂慮する科学者同盟の2人の専門家、原子力規制委員会や業界で働いていたことのあるデビット・Lochbaum氏と、原子力物理学者であるエド・Lyman氏は、データベースが時間ごとに変えられ、確実な情報が入りにくかった混乱の期間の何千もの政府のEメールや電信の行き来を調査しました。


“After the explosion in Fukushima Daiichi Unit #4 the Japanese were not able to get enough water into the building to keep the spent fuel pool cool,” Lochbaum said. “So the US airlifted a concrete pumper truck all the way from Australia to an American naval base in the northern part of the island. And the Japanese would not let it leave the base because it wasn’t licensed to travel on Japanese roads. Given the magnitude of their problems, that seemed to be the wrong priority.
「福島第一原発4号機の爆発の後で、日本人は使用済み燃料プールを冷し続けるのに十分な水を得ることができなくなりました。」とLochbaum氏は言いました。「なので、アメリカはコンクリートポンプ車をはるばるオーストラリアから東北のアメリカの海軍基地へ空輸したのです。そして日本は、日本の道路を走ることが認可されていないとして、そのトラックを基地から出さなかったのです。彼らが抱えていた問題の規模を考えれば、それは誤った優先事項に思われました。」


“But the Japanese culture is more like a symphony, where everyone follows the conductor’s lead. Whereas American society is more like a jazz ensemble where everyone is playing together, but improvisation is prized.”
「しかし日本の文化は、交響曲のようなものなのです。全ての人が指揮者に従う。一方アメリカ人社会はジャズ合奏曲のようなもので、全ての人が一緒に奏でますが即興が重んじられます。」


The inability to get cohesive, trustworthy information from the Japanese hampered the American rescue effort.
団結、信頼性のある情報が日本から得られなかったことが、アメリカの救済努力の妨げになったのです。


Michael Sebourn, senior chief mechanic for the helicopter squadron based at Atsugi, about 60 miles from Fukushima, recalled that “after the earthquake and tsunami we were given one day notice to pack up the command and go to Misawa, Japan Air Base to provide relief efforts to the Sendai and Fukushima areas. All of the other squadrons were evacuating to Guam. There was a big possibility that the base at Atsugi would be shut down and we would never be returning. We were told to put our names and phone numbers on the dashboards of the cars because we would probably not get them back.
福島から約60マイル(96.5km)*にある厚木基地で、ヘリコプター小隊の主幹整備士であるマイケル・Sebournさんは、こう思い起こします。「地震と津波の後で日本の航空基地は、荷物をまとめ、仙台と福島地域の救済活動をしている三沢に行くように1日前に命じられました。他の全ての小隊は、グアムに避難していました。厚木基地が閉鎖され、二度と戻ることがない可能性が大きかったのです。私たちは自分の名前、電話番号を車のダッシュボードに置くように言われました。おそらく車が戻ることはなかったからです。」

*注:実際には172 miles or 276 kilometers


michael-sebourn-radiation-officer-2.jpg


“We were in Misawa 3 ½ weeks, working every day, flying mission after mission after mission to pick people up, rescue people, ferry supplies and things like that. There were a few nuclear technicians scanning individuals coming back from missions. Many times they would cut off their uniforms.”
「わたしたちは三沢に3週間半いました。毎日働き、人々を見つけ、救済し、物資を輸送するなどミッションから、ミッションへ、次々と飛び回ったのです。ミッションから戻ると数人の放射能測定技師がいました。何回も彼らは自分たちの制服を切捨てたでしょう。」


Sebourn was sent to Guam for three days of intensive training and became the designated radiation officer. It wasn’t easy.
Sebournさんは3日間の集中訓練のためグアムに送られ、放射能士官と認定されました。それは容易ではありませんでした。


“This was a completely unprecedented event,” he said. “We had never dealt with radiation before. We were completely brand new to everything and everyone was clueless. We had had drills dealing with chemical and biological warfare. But we never had any drills dealing with radiation. That was nuclear stuff and we didn’t do nuclear stuff. The aviation guys had never dealt with radiation before. We had never had aircraft that was radiated. So we were completely flying blind.”
「それは、完全に前例のない出来事でした。」と彼は話しました。「私たちは今まで放射能など扱ったことがないのです。私たちは何もかにもに対して完全に素人で、皆無知だったのです。化学・生物兵器の取り扱いの演習をしたことはありました。しかし放射能の取り扱い演習など全くしたことがなかったのです。それは放射能物質であって、私たちは放射能物質を扱っていなかったのです。航空隊の人たちも、放射能は取り扱ったことが全くありませんでした。放射能を浴びた航空機など今まで全くなかったのです。私たちは完全に盲目状態で飛んでいました。」


There were rules for Sebourn’s group of mechanics. They scanned the returning helicopters for radiation, and then removed any contaminated parts and put them in special containers filled with water and stored on an isolated tarmac. It began snowing in Misawa so the group moved back to their base at Atsugi, closer to Fukushima. Sebourn tracked varying radiation levels in units called Corrected Counts Per Minute on their electronic detectors.
Sebournさんの整備グループには規則がありました。戻ってきたヘリコプターの放射能を測り、汚染されている部品は全て取り除き、水に満たされた特別の容器に入れ、隔離されたターマックの上に保管しました。三沢では雪が降り出したので、彼のグループは福島により近い厚木基地に戻りました。Sebournさんは検出器でCCPMと呼ばれる単位であらゆる放射能レベルを追跡しました。


“Normal outside radiation exposure is between five and 10 CCPM,” he said. “And that’s from the sun. At Atsugi, the background readings were between 200 and 300 CCPM in the air. It was all over. The water was radiated. The ground was radiated. The air was radiated.
「外の通常の被曝値は、5と10CCPMの間です。」と彼は言います。「それは太陽からのものです。厚木ではバックグランドの空気中の測定値が200から300CCPMの間でした。空気は汚染されていました。」


“The rule was if there was anything over a count of 500 you needed special gloves. Over 1,000 CCPM and you needed a Tyvek radiation suit. And if it was over 5,000 you needed an entire outfit – suit, respirator, goggles, and two sets of gloves. You couldn’t put a contaminated radiator back into the helicopters – they had to be replaced. I remember pulling out a radiator and it read 60,000 CCPM.”
「規則では、400CCPMを超えたら特別な手袋が必要となっていました。1000CCPMを超えたらタイベック放射能防護服が必要でした。そして、5000を超えたら全身の防護が必要でした。防護服、防毒マスク、ゴーグル、両手手袋です。汚染されたラジエーターはヘリコプターに戻せませんでした。取り替えなければならなかったのです。ラジエーターを取り外したら、6万CCPMを測定したのを覚えています。」


But in the end, the safety equipment may not have been enough.
しかし、結局、安全装備は十分でなかったかもしれません。


The Tomodachi Medical Registry, developed over a two year period and completed at the end of 2012, was a collective effort of the Departments of Defense, Energy, and Veterans Affairs launched at the insistence of Vermont Senator Bernie Sanders, chairman of the Senate Veterans Affairs Committee. ( http://bit.ly/14ABPuj )
2年にかけて展開され、2012年の終わりに終了した友達作戦の健康登録は、国防省、エネルギー省と上院の退役軍人委員会の委員長であるバーモントの上院議員、バーニー・Sanders氏の要求で設立されたされた退役軍人省が結集した取り組みでした。


It was an exhaustive registry essential to develop a medical baseline from which to determine if there were any long lasting repercussions from exposure to radioactivity – particularly iodine and cesium – spewing for months from the Fukushima Daiichi reactor units 1 through 4 into both the air and the sea.
福島第一原発の1から4号機から何ヶ月もの間空中と海中に噴出された放射能からの被曝-特にヨウ素とセシウム-による長期に長引く影響があるかどうかを見極めるための医療的基本を開発するために欠かせない徹底的な登録でした。


The Registry was unparalleled in its depth. The Defense Department’s 252-page assessment of radiation doses the 70,000 Americans may have been exposed to is broken down by a host of factors, including proximity to Fukushima, the type of work being done and its impact on breathing rates, changing weather patterns, sex, size, and age. In the latter category children were divided into six different age groups, reflecting their varying susceptibility to radiation. (http://bit.ly/U42a1).
その登録は、その深さにおいて未曾有のものでした。国防省の252ページに及ぶ、7万人のアメリカ人が被曝したと見られる放射線量は、福島への近接度、作業のタイプ、それが影響する呼吸数、天候パターンの変化、性別、サイズ、年齢を含み、多数の要因に分けられています。後半のカテゴリーでは、こともたちの放射能への感受性を反映し、性別、6つの年齢グループに分けられました。


registry.jpg
データへのアクセスはイメージをクリックしてください。


In addition, the report states “over 8,000 individuals were monitored for internal radioactive materials and the results of those tests were compared with the calculated doses.”
更に報告はこう述べています。「8000名の内部被曝がモニタリングされ、それらの検査結果は計算された被曝量と比較されました。」


In the end, however, the Department concluded that their estimates of the maximum possible whole body and thyroid doses of contaminants were not severe enough to warrant further examination.
しかしながら結局、全身と甲状腺の被曝量は将来的な検診を補償するほど深刻ではなかった、と結論づけたのです。


Navy spokesman Lt. Matthew Allen, in a written statement, said “The DoD has very high confidence in the accuracy of the dose estimates, which were arrived at using highly conservative exposure assumptions (i.e., assuming individuals were outside 24 hours a day for the 60 days in which for environmental radiation levels were elevated and while breathing at higher than normal rates).
海軍のスポークスマン、マシュー・アレン氏は書面でこのように言っています。「国防省はこの被曝予測量の正確性についてかなりの自信があります。とても保守的な被曝仮定を想定した結果なのです。(例えば、個人が60日間環境放射能レベルが上昇した中に1日24時間外にいて、通常より早い呼吸をしていたと推定。)


“The estimated doses were closely reviewed by the Veterans' Advisory Board on Dose Reconstruction and by the National Council on Radiation Protection and Measurements who both agreed that the methods used to calculate the estimates were appropriate and the results accurate. In addition the dose estimates were consistent with the estimates made by the Japanese government and by the World Health Organization.”
「推定被曝量は線量再構成について、退役軍人顧問会議と放射能防護・測定評議会で入念に再吟味され、両者とも予測の計算方法が適切で、結果が正確であると同意しました。更に、その予測は、日本政府と、WHOが行った予測とも一貫していました。

実に巧みですね。。。


Defense Department spokeswoman Cynthia Smith added that as a result of the agency’s decision that there was no serious contamination, “There are no health surveillance measures required for any member of the DoD-affiliated population who was on or near the mainland of Japan following the accident and subsequent radiological release from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station beginning on or about March 11, 2011.”
国防省のスポークスマン、シンシア・スミス氏は、深刻な汚染が全くないという結論の結果として、「2011年3月11日頃に日本本土で起きた事故とその結果起こった福島第一原子力発電所からの放射能放出の場所、あるいはその付近にいた国防省関係者の誰にとっても、健康調査対策は必要ではない。」と付け足しました。


But there are skeptics of the Defense Department’s blanket conclusion that there was not enough radiation poured into the environment to warrant continuous monitoring of the men, women, and children living and working there.
しかし、国防省のそこに住んでいた男性、女性、子どもたちの持続的なモニタリングを補償するほど、環境への放射能の放出はなかったとする全面的な結論に懐疑的な者がいます。


“Radiation does not spread in a homogenous mix,” said Lochbaum. “There are hot spots and low spots and nobody knows who is in a high zone or in a low zone. Who knows what the actual radiation dose to an individual is? There are no measurements of what they consumed in water and food.
「放射能は均等に拡散しません。」とLochbaum氏は述べました。「線量の高いスポット、低いスポットがあり、誰が高い地区にいたのか、あるいは低い地区にいたのかは誰にも分からないのです。個人の実際の放射線被曝量を誰が分かるというのでしょう?彼らが、水、食べ物から何を摂取したかの測定値は全くないのです。」


david-lochbaum-senate-testimony.jpg


“This is the Navy’s best attempt to take a few data points they have and extrapolate over the entire group. They took a lot of measurements, but those represent just a pint in time. It’s like taking a strobe light outside to take a picture of a nighttime scene. Every time the strobe flashes you will get shots in spots of the area. But do you really capture all of the darkness?”
「これは海軍が持っている実測情報をいくか出して、グループ全体について推測するという、海軍の最良の試みなのです。彼らは沢山の測定値を取りましたが、それらはある1時点を表しているに過ぎないのです。外で夜の景色の写真を撮るためのストロボの光を当てているようなものです。でも、暗闇の全てを本当に捕らえることができますか?」


--Winifred Bird contributed reporting from Japan

--Roger Witherspoon writes Energy Matters at www.RogerWitherspoon.com





去年の12月に打ち切られた健康モニタリング。

12月の終わりに報告されたロナルド・レーガン号の水兵たちの告訴のニュース。



結局は同じ構図です。。。


国はちゃんと知っているのに。


誰よりも知っているから


マニュアルどおりの結末。


今まで繰り返されてきた歴史の事例が、


また一つ増えました。




自国を守るため、

自分の家族を守るために

命を掛けた福島50と呼ばれる原発戦士たち。


自国の誇りのために、

他国の犠牲者、被災者に手を差し伸べたアメリカの兵士たち。



彼らは、何の犠牲も負わなかったのだ、


と結論する彼らが愛する国。




後どのくらい、

同じ事が繰り返されなければならいのでしょう・・


止めたい。





それにしても疑問なのは。。。

原子力空母の乗組員が、

放射能に無知でよいのだろうか。。。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1004-3e8acef9

コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/02/05 23:22】 | # | [edit]
こんにちは。
この記事にいくつか間違いがあります。元記事にあるものですが、元のソースにcomment を載せようと思っても数回に渡って出来ない状態のままです。なんでだろう?
Blue Dolphinさんは、そのまま訳しているのですが、日本人ならすぐに気付く物なので、早めにその間違いについて指摘をしておいた方が良いでしょう。
私のこの指摘をブログに載せずに、元記事に間違いがある旨を注意書きしてくだされば良いかと思います。どうぞ、よろしく〜!:)

1.
厚木基地(神奈川県)の場所が、間違えています。”about 60 miles from Fukushima,”はありえません。
"Michael Sebourn, senior chief mechanic for the helicopter squadron based at Atsugi, about 60 miles from Fukushima, ,,"

" It began snowing in Misawa so the group moved back to their base at Atsugi, closer to Fukushima. "
そして、同じ神奈川県にある横須賀基地を、
"the Yokosuka Naval Base, located 300 miles south of Fukushima "
と書いてあります。厚木も同じ約300 miles のはずです。

この記事にあるように、3/18/11前後の厚木基地のCPMは、300まで上がっているのを米軍のWeb. siteから確認しております。しかし、地名に間違いがあるので、
"I remember pulling out a radiator and it read 60,000 CCPM.”
は、どこで出た数値なのか とても気になりますね。

2.もちろんここにある "CCPM"とは、 "CPM"の間違いのはずです。この点も気になります。
【2013/03/10 11:29】 | Strawberry #- | [edit]
Strawberryさま

鋭いご指摘ありがとうございます。
1番目 もしかしたら、
1. 確かに60マイルとはどこから来たのでしょうねぇ。。。
6万CPMはラジエーターのカウントなので、おそらく救助活動中にプルームの中を思い切り飛んだのではないかと。。。

2.私も最初のCが何なのかを検索しましたが、分かりませんでした。数値から行くとCPMっぽいですよね。放射能の単位はあまりにも複雑で、持っているものによって測定値にもかなり差があることもあるので、同じ機種で測った通常の値からの変化で、なんとなく線量を想像しています。

本当に、私は放射能が嫌いです。 :(

これからも何かおかしいところがあったら教えて下さい!ありがとうございました。
【2013/03/10 20:22】 | Blue Dolphine #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。