スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

幸福をもたらす価値観の転換

 2015-06-13
david_suzuki_logo

The values of hope and happiness
価値観と幸福


June 11, 2015
By David Suzuki with contributions from David Suzuki Foundation Senior Public Engagement Specialist Aryne Sheppard

Reading the news, it’s hard not to feel a growing sense of unease. The threat of terrorism, growing instability and conflict overseas, a shooting on Parliament Hill last October and uncertainty about the economy diminish our collective feelings of safety and security. To this we add the looming environmental threats of climate change, pollution, declining ocean health, oil spills and extreme weather.
ニュースを読んでいると、不安が大きくなります。テロの脅威、広がる不安定、世界の紛争、去年10月に起きたパーラメントヒルでの銃撃、経済不安は私たちの安全や保障についての全体的感覚を削いでしまいます。これに加え、気候変動の迫り来る環境の恐怖、汚染、海の健全性の減少、石油漏洩、異常気象があります。


All of it takes a psychological toll, even when we’re not directly affected. Studies show that when we feel threatened, we isolate ourselves and focus on restoring our sense of security. Many people attempt to anxiety by grasping for wealth, seeking pleasure and taking solace in achievement or status. But this strategy backfires. Instead of bolstering our sense of security and well-being, it diminishes it.
これらすべてが、直接影響は受けていなくても精神的な犠牲をもたらします。脅かされていると感じたとき、人は自分自身を隔離し、保障という感覚を回復することに集中するものだということが、研究で示されています。多くの人は富を得たり、娯楽を求めたり、達成やステイタスを慰めとすることで不安を緩和しようとします。しかしこの戦略では逆効果です。自分たちの安全と健康についての意識は増強されるのではなく、減退してしまうのです。


Across cultures and regardless of age and gender, people whose values centre on social position and accumulation of money and possessions actually face a greater risk of unhappiness, including anxiety, depression and low self-esteem. In his book The High Price of Materialism, psychology professor Tim Kasser shows how materialistic values undermine well-being, perpetuate feelings of insecurity and weaken the ties that bind us as human beings.
様々な文化を通して、年齢、性別にかかわらず、社会的地位や貯金や所有物に価値があるのだと考えている人たちは、実は不安、憂鬱、更なる不幸、自尊心の低さのような不幸に直面する危険がより高いのです。心理学教授のティム・カサーは、その著書「高額な物質主義」の中で、物質主義の価値観がどのように健康を傷つけ、不安感を永続させ、人間としての私たちをつないでいる結び付きを弱めているかについて示しています。


People who are materialistic also tend to be less interested in ecological issues, have negative attitudes toward the environment and demonstrate fewer instances of sustainable behaviour. That’s a tragedy for humanity and the rest of life on Earth.
物質主義の人たちはまた生態的問題について興味が薄い傾向にあり、環境に対して否定的な姿勢で、持続可能な行動があまり見られません。これは人間と、地球上のほかの生命にとっての悲劇です。


Cross-cultural research in social science has identified a set of consistently occurring human values. Social psychologists refer to one cluster as “extrinsic”, or materialistic. These are concerned with our desire for achievement, status, power and wealth. Opposite to those are “intrinsic” values. They relate to caring, community, environmental concern and social justice.
社会科学における異文化の研究は、人間の価値観に起こっている一連の一貫性を証明しています。社会心理学者たちはこの集団を「外因性」あるいは物質主義として言及しています。この集団は達成、ステイタス、権力や富への欲望に関心があります。またそれと反対の集団には「内因的」価値観があります。思いやり、コミュニティー、環境の懸念や社会的公正に心を通わせます。


nature1.jpg


Although each of us carries both, the importance we attach to one set of values tends to diminish the importance of the other. When power values like social status, prestige and dominance come first, the universal values of tolerance, appreciation and concern for the welfare of others are suppressed.
私たちは皆両方を持ち合わせていますが、一方の価値観に重きを置くと、もう一方の重要性を減少させてしまう傾向にあります。社会的ステイタスや名声、優越など権力への価値観を重んじると、他者への許容、感謝、心配などの普遍的価値観が抑圧されてしまいます


The U.K.-based Common Cause Foundation is synthesizing this growing body of values research. It offers guidance to social change organizations on ways to engage cultural values to further their causes. Because values are like muscles — they get stronger the more we exercise them — activists can consciously stimulate intrinsic values in communications and campaigns.
イギリスが拠点のコモン・コーズ(共通の運動)財団はこの膨らむ価値観の調査を統合し、社会変化の体制形成について文化価値をさらに彼らの運動へと連動する方法についてのガイドラインを提供しています。価値観とは筋肉のようなものでだからです。強化すればするほどそれを働かせることになります。活動家たちは内因的価値観をコミュニケーションやキャンペーンで意識的に刺激することができるのです。


Researchers have also discovered what they call the values “bleed-over effect”. Because values tend to exist in clusters, when one is activated, so are compatible neighbouring values. For example, people reminded of generosity, self-direction and family are more likely to support pro-environmental policies than those reminded of financial success and status.
研究者たちはまた彼らが言うところの価値観の「浸透効果」を見出しました。価値観は集団のなかで存在する傾向があるので、一人がそれを起動すると、相性のよい近い価値観も起動するのです。たとえば、寛大さや自立性、家族について思い起こした人たちは、財政的な成功やステータスを思い起こした人たちよりも環境保護についての政策を支持することが多くなります。

The forces behind planetary crises are complex. History, politics and economics influence how humans act. Social change requires a focus on individual behaviour, corporate responsibility and government policy. In today’s unstable political environment, values must also be part of the equation.
惑星の叫びの陰にある勢力は複雑です。歴史、政治、経済は人間の行動に影響を与えます。社会を変えるには、個人の行動、企業の責任、政府の政策に焦点を立てる必要があるのです。今日の不安定な政治的環境の中では、価値観が計算式の一部でなければなりません。


That’s where we find an important connection between environmental and social justice movements. On a values level, the efforts and strategies to combat climate change and biodiversity loss complement and strengthen those required to bring about greater equality. When environmentalists invoke intrinsic values to increase support for their cause, they also increase support for social justice.
そこに私たちは環境と社会正義活動の間にある重要なつながりを見出すのです。気候変動や生物多様性と戦うための取り組みと戦略は、より平等に持っていくために、価値観という段階で、これらのつながりを補い強化することになります。環境活動家たちは、彼らの運動への支持を増やすために内因的価値を呼び起こすのです。


Because values are an important driver of attitudes and behaviour, they are essential to changing social norms. What can we do as individuals? Our social responsibility goes deeper than our consumer habits and voting choices. We need to reflect on what’s important to us. We all deserve to feel secure in our homes and communities, but we can’t depend on the false sense of security that isolation or materialistic pursuits bring. When psychological insecurity is on the rise, we need to stay committed to the values that make us environmentalists and champions of social justice. Instead of retreating to our corners, let’s turn toward one another to re-establish our sense of security and strength.
価値観は姿勢や行動に繋がる重要な駆動体なので、社会規範を変えるのに欠かせないものです。個人として私たちに何ができるでしょう?私たちの社会的責任は消費者習慣や投票の選択よりも深いところに行き着きます。自分にとって重要だと思うことを反映する必要があります。私たちは皆、家やコミュニティーにおいて安全だと感じるられるべきです。孤独とか物質主義的娯楽がもたらす間違った安心感に頼ってはいけません。心理的に危険が増すとき、自分自身が環境を重んじ、社会の正義の擁護者となる価値観に専心し続ける必要があります。隅のほうに退くのではなく、お互いに振り向きあって安全と強さという意識を再構築しようではありませんか。


The good news is that values that support a healthy society and sustainable planet — self-respect, concern for others, connection with nature, equality — also make us happiest in the long term. Each one of us is a value prism, subtly bending the light in a particular direction. As Canadians, let’s be conscious of where we direct our light.
幸いなことは、健全な社会と持続可能な惑星-自尊心、他人への思いやり、自然との連帯、平等を支える価値観は、長期にわたり幸福をももたらします。私たちそれぞれが、価値観のプリズムで、一定の方向にわずかに光を向けているのです。カナダ人として、私たちの光の向ける先に意識を持とうではありませんか。




今日本で、暗黒の時代への突き進む物質主義の巨大勢力に対し、

たくさんの「ちいさな光」が幸福と平和の方向への光を向けているようです。






世界のあらゆるところで行き詰った物質主義の勢力が

表面で盲目的に突き進もうと猛あがきしているなかで



静かに、しかし確実に「内因的」価値観の芽が息吹き、

意識の覚醒の波がうねりだしているのかもしれません。








関連記事
スポンサーサイト

太平洋ベニザケからストロンチウム90が65ベクレル・・・セシウム不検出!

 2015-06-01
カナダBC州野生サーモン 

バンクーバー食品放射能モニタリングさんより転載


試料 名: 野生サーモン-ベニザケ-オス (フリーズドライ)

sockeye m 3 (1)

sockeye map (1)


採取 場所 Origin: Kilby Park, BC Canada

kilbyp (1) 

採取年月 : 2014 年11月30日

測定日時 : 2015 年3月30 日

測定時間 : 57,600 秒

試料容器 Container: 500mLマリ ネリ容器(Marinelli)

試料重量 Sample weight: 131.2g

乾燥前 n: 1190g → 300g

Tested by 新宿代々木市民測定所

sock.jpg



試料 名: 野生サーモン-シロザケ-オス (フリーズドライ)

chum f 6

Chum map

採取 場所: Kilby Park, BC Canada

採取年月: 2014 年11月30日

測定日時 : 2015 年3月31 日

測定時間 : 57,600 秒

試料容器 : 500mLマリ ネリ容器

試料重量 : 144.2g

乾燥前 : 2010g → 700g

Tested by 新宿代々木市民測定所

chu.jpg



しかし、セシウムだけの検査では、汚染の真実はわからない、ことが明らかになりました。


images_201506021504078fb.jpg

Japan Radiation Test Results – 4th Round

We’ve tested our seafood for a concerning radionuclide, with reassuring results
1/9/2014By Craig Weatherby
注: 以下の検査はVital Choiceが独自に行ったものについてです。(新宿代々木市民測定所の検査とは別のものです。)

Sr-90 is an especially concerning radionuclide, so to ensure safety, we sent more fish to be tested for this radionuclide in the fall of 2013.
ストロンチウム90は特に心配な放射性核種なので、安全を確信するために、さらに魚を2013年秋に検査に送った。


We've now received the results from SGS North America laboratories ... and they proved just as reassuring as our prior tests for cesium and iodine radionuclides.
SGS北米ラボからの検査結果を受け取ったところ、以前のセシウム、ヨウ素の検査と同様安心させられるものだった。


Virtually no strontium 90 found
ストロンチウムは全くといってよいほど検出されなかった

We sent samples of king salmon, sockeye salmon, and albacore tuna to SGS Laboratories to be tested for Sr-90.
キングサーモン、ベニザケ、ビンナガマグロをストロンチウム90の検査のためにSGSラボに送った。


We chose to test these species because they migrate the furthest west toward Japan ... usually more than one
thousand miles east of the nuclear plants.
これらを選んだのは日本方面に西へと遠くまで回遊するため。通常福島原発から東へ1000マイル(1609 km)以上のところまで回遊する。


However, Sr-90 would be more concentrated in currents flowing from northeastern Japan (the area of the leaks) to the U.S. and Canadian West coasts, so testing for Sr-90 seemed prudent.
しかし、ストロンチウム90は日本の東北(漏洩している場所)からアメリカ、カナダの西海岸へと流れる海流により多く濃縮しているので、ストロンチウム90を検査するのは賢明。


Strontium-90 test results ストロンチウム90の検査結果
Albacore tuna ビンナガマグロ: 0.000051 pCi/kg=0.000001887bq/kg
Sockeye salmon ベニザケ: 0.0000013 pCi/kg=0.0000000481bq/kg
King salmon キングサーモン: 0.000228 pCi/kg=0.000008346 bq/kg



These are truly minuscule, barely detectable traces that constitute extremely tiny percentages of the FDA’s strontium-90 safety limit (DIL) of 4,300 pCi/kg.
これらの値は本当に微量で検出できるかできないかであり、アメリカ食品医薬品局(FDA)の安全限界値4300pCi/kg (159.1 bq/kg)をはるかに下回っている。


The fact that the levels found were so minuscule suggests that they are simply naturally occurring traces of this radionuclide.
検出されたレベルはあまりにも微量で、自然にあるものと考えられる。

 「自然」という言葉を使うのはちょっと。。。


By comparison, the concentration of strontium-90 in U.S.-grown vegetables typically peaks at 9 pCi/kg, which is thousands of times higher than the trace amounts detected in our fish.
アメリカ産の野菜に含まれるストロンチウム90の濃縮と比較すると、野菜は9 pCi/kg(0.333bq/kg)であり、今回魚から検出された微量のレベル’の何千倍も高い値。


Grains, leafy vegetables, and dairy products are the leading sources of dietary strontium-90 in the U.S.
穀物、葉野菜、乳製品はアメリカでストロンチウム90を含む主な食物。


The consensus scientific view has been that the radiation leaked from Japan poses no risks to consumers of seafood that (like our species) do not migrate close to Japan.
科学的見地としては、日本からの放射能漏洩により、わが社の日本の近くまでは回遊していないシーフードを消費することでリスクを負うということがないということで変わりはない。


And our latest test results (available upon request), which detected virtually no Sr-90, support those expert scientific estimates.
最新の検査結果は、実質的にストロンチウム90は不検出であり、専門家の科学者たちの予測を裏付けるもの。


About strontium-90
ストロンチウム90について


Along with cesium-137, Sr-90 is one of the more dangerous radionuclides, because it has a long half-life of 30 years, and can accumulate in bone.
セシウム137と同様、ストロンチウム90は半減期が30年でより危険な放射性核種であり、骨にも蓄積するもの。


The main sources of Sr-90 in the ocean have been fallout from atmospheric nuclear tests in the 1950s and 1960s.
海中のストロンチウム90の主な原因は1950年代と60年代に行われた大気核実験


The Fukushima Dai-ichi accident and the amounts released from March to June, 2011 produced less than a one percent increase in ocean levels of this radioisotope.
福島第一原発事故と2,011年3月から6月までに放出された放射能量が海中にすでにあったストロンチウム90を増加させたのは既存のレベルの1%以下だった。




Japan-Radiation Test Results: 5th Round

We’ve tested our seafood for a fifth time … and again received very reassuring results
1/16/2015

Late last fall, radiation-detection experts at Eurofins Laboratories and SGS Laboratories analyzed samples of our primary wild Alaskan and Pacific seafood products.
去年の晩秋にユーロフィンズラボとSGSラボが私たちの主流商品である野生のアラスカ・パシフィックシーフードの放射能を分析した。


They looked for traces of the four radionuclides that are the only unsafe radioactive elements released in significant amounts from the stricken nuclear plant: cesium-134, cesium-137, iodine-131, and strontium-90.
彼らが探したのは、福島原発から大量に放出された危険な放射性要素のみの痕跡。セシウム134、セシウム137、ヨウ素131そしてストロンチウム90。


As we expected, the 5th round of tests found none of these four key Fukushima-related radionuclides in any of our fish samples.
予測どおり、5回目の検査で福島由来の鍵となるこれらの放射性核種はどの魚のサンプルにも見られなかった。


The sole exception was that traces of strontium-90 were detected in a sample of sockeye salmon. Those traces fell below the the FDA safety limit, as detailed below.
唯一の例外はベニザケから微量のストロンチウムが検出されたこと。これらの値はアメリカ食品医薬品局(FDA)の安全限界を下回っている。


Cesium-134 – None detected (<1.0 Bq/kg*) 不検出 (1 bq/kg以下)

Cesium-137: None detected (<1.0 Bq/kg). 不検出 (1 bq/kg以下)

Iodine-131 – None detected (<2.0 Bq/kg). 不検出 (2 bq/kg以下)



Note: Iodine-131 decays to totally safe forms within about two weeks after its creation in a nuclear plant.
注:ヨウ素131は原発から発生した後約2週間以内に完全に安全な状態に崩壊している。


Strontium-90: None detected in king salmon, halibut, or albacore tuna. Sockeye salmon contained 1,760 pCi/kg of strontium-90, which is less than half (41%) of the FDA’s safety limit (DIL) of 4,300 pCi/kg.
ストロンチウム90:キングサーモン、オヒョウ、ビンナガマグロからは検出されなかった。ベニザケからは1760pCi/kg (65.12bq/kg)、FDAの安全限界の半分以下、41%のストロンチウム90が検出された。




Our testing criteria and rationale

We chose to test sockeye salmon, king salmon, halibut, and albacore, because they are the only species we sell that could pose a plausible – albeit remote – risk of accumulating significant amounts of radionuclides from Japan.
ベニザケ、キングサーモン、オヒョウ、ビンナガマグロを検査するのに選んだのは、私たちの商品の中でこれらだけが日本から離れているものの、大量の放射能が蓄積する危険性がありそうだからである。



Some sockeye salmon migrate through the mid-Pacific Ocean, while some albacore tuna migrate to within a few hundred miles of Japan.

ベニザケの中には、太平洋の真ん中まで回遊するものもある。一方、ビンナガマグロは日本から数マイル以内のところまで回遊する。


abacore migration



(The only area of the Pacific Ocean where tests have detected elevated – albeit still quite low – levels of radionuclides from the plant is within about 10 miles of the plant.)
(太平洋で原発からの放射能の検出レベルが上昇しているのは、かなり低いレベルではあるものの、原発から約10マイル-16km以内の海域。)


Halibut and king salmon stay much closer to the Pacific coast of North America, but live long enough to conceivably accumulate radiation from the smaller, short-lived creatures they eat … assuming that those creatures contain significant amounts, which is unlikely.
オヒョウとキングサーモンは北米の太平洋海岸近くにとどまっているが、彼らが食する短命の小さい魚に大量の放射能が含まれていると考えると-そのようなことはありそうもないが―おそらく放射能を蓄積するに十分に寿命が長い。


king migration


We did not retest our Pacific shellfish (prawns, scallops, crab) because they eat mostly plankton and plant matter in their immediate local, which can’t accumulate significant amounts of radiation.
太平洋産の甲殻類(えび、ホタテ、かに)の検査はしない。これらは地元近くのプランクトンと植物を食すので、大量の放射能を蓄積するとは考えられない。


Our shellfish also live too briefly and too far from Japan to absorb significant amounts of radioisotopes from ocean water … a view widely held in the scientific community that is supported by the results of our first two test rounds.
私たちの商品の甲殻類もまた短命で、大量の放射能を海水から取り組むには日本からあまりにも離れている。科学分野で考えられているこの見解は、私たちの最初の2回の検査結果により支持されるものである。





2013年には大気核実験の残留ストロンチウム90しか検出されなかったのに、1年後には65ベクレル検出されているという現実。

自分の所の商品を検査しているという事実はとてもありがたいものですが。。。

その説明がなんとぎこちないこと・・・・せつなくなります。。。

しかも。。。

安全限界の半分以下なので。。。。売っているということ???



セシウムは事故後からフィルターで除去していますが、

ストロンチウムはずっとだだ漏れ・・・・


もはや、ストロンチウム90の検査なしに、風評被害などと言っている場合ではありません。。。


セシウムの生物的半減期は成人で70-90日。
ストロンチウムの生物的半減期は約50年。
放射性セシウム-137 と放射性ストロンチウム-90 の経口摂取による内部被ばくについて
平成 23 年 11 月 原子力機構 より引用











関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 20歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 17歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 8歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事

カテゴリ
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。