カナダBC州放射能汚染の不思議

 2015-01-25
Looking For Fukushima Contamination in Mushrooms and Soil of Western North America
北米西部のきのこと土壌に福島の汚染をたどる


DECEMBER 16, 2014 / FUKUSHIMAINFORM BY JAY T. CULLEN

The purpose of this diary is to report results from a recently published, peer reviewed study (behind paywall) examining the degree of Fukushima contamination in fungi and soil of western North America. The diary is the most recent contribution to an ongoing series which aims to provide evidence from scientific studies assessing the impact of the Fukushima Daiichi disaster on the environment and the health of residents of North America. Trappe and colleagues measured the activity of cesium isotopes (134-Cs half life ~ 2 years; 137-Cs half life ~30 years) in wild mushrooms, soil and leaf litter of the west coast from California up to Vancouver Island. The conclusions of the study were as follows:
この記事は、北米西部のきのこ類と土壌の福島からの汚染の程度を調査した最近発表された査読研究の結果を報告するためのものであり、北米の環境と住民の健康に福島原発事故が与えた影響を査定する科学的研究に基づく証拠を示すため継続して報告している記事のうちもっとも新しいものである。この研究者たちはカリフォルニアからバンクーバー島までの野生きのこ、土壌、そして落ち葉のセシウム(セシウム134 半減期2年、セシウム137 半減期30年)を測定した。その結論は以下のとおり。


1. No activity measurements exceeded levels thought to impact human health
2. 137-Cs activity increased in fungi and soil towards the north
3. 134-Cs increased to the south in leaf litter
4. Chanterelles did not significantly bioconcentrate Cs isotopes
5. 137-Cs and 134-Cs activities were highly variable from sample to sample
6. 137-Cs levels largely reflected non-Fukushima sources from either atmospheric weapons tests in the last century or the Chernobyl disaster in 1986

Chanterelles.jpg

1. すべての結果は人間の健康に影響を与えるレベルを超えていない。
2. きのこと土壌のセシウム137のレベルは北上するほど上昇した。
3. 落ち葉のセシウム134は南下するほど上昇した。
4. アンズダケはセシウム核種を生物濃縮していなかった。 
  明らかに土壌や落ち葉の値よりはるかに高い汚染を示しているのは、生物濃縮でないとするといったいなに???
5. セシウム137と134のレベルはサンプルによりかなり多様だった。
6. セシウム137のレベルのほとんどが福島由来ではない前世紀の大気核実験か1986年のチェルノブイリ事故からのものであることを反映していた。


The study by Trappe et al. (2014) was published in the Canadian Journal of Forest Research in August 2014. The authors began with the following hypotheses which motivated the research:
この研究は2014年8月にフォーレストリサーチ・カナディアンジャーナルで発表された。著者はこの調査の動機となった下記のような仮説で始めている。

1. activity levels of Cs isotopes in wild edible mushrooms were below the U.S. Food and Drug Administration derived intervention limits of 1200 becquerels per kilogram (Bq kg–1)
食用きのこのセシウムのレベルはアメリカ食品医薬品局(FDA)の規制値1キロ当たり1200ベクレルを下回っていた。


2. Cs activity would be higher in samples farther north due to jet stream influenced precipitation patterns as most deposition of radioisotopes is associated with rain that predominant jet stream patterns bring to the Pacific northwest rather than to California
放射性核種の沈着は降雨と関連し、ジェットストリームはカリフォルニアより太平洋北西に流れるものが優勢のため、サンプルのセシウムのレベルは北のサンプルほど高くなるであろう。

3. Chanterelles would bioaccumulate Cs isotopes at levels above those of their substrates (transfer factor > 1.0)
アンズダケはきのこの基質よりも高いレベルのセシウムを生態蓄積していくであろう。(移行因数>1.0)


To test these hypotheses they collected samples of fungi, soil and leaf litter from a variety of sites up and down the west coast of North American approximately 6–10 months after the Fukushima accident. These samples were subsequently analyzed for Cs isotopes at the Oregon State University Radiation Center using high purity germanium detectors that quantify gamma radiation spectra. All activities were decay corrected to April 1, 2011 and reported as Bq kg-1.
これらの仮説を調査するために、彼らはきのこ類、土壌、落ち葉のサンプルを福島事故後の約6-10ヶ月にわたり、北米西海岸の北から南まで様々な場所から採取した。これらのサンプルは、オレゴン州立大学、放射線センターにてガンマ線の周波数域を測るゲルマニウム半導体で次々にセシウムについて分析された。すべての数値はその崩壊を2011年4月の時点の値に修正され、1キロ当たりのベクレル値で報告された。

Results were as follows.
結果は以下のとおり。

Hypothesis #1: activity levels of Cs isotopes in wild edible mushrooms were below the U.S. Food and Drug Administration derived intervention limits of 1200 becquerels per kilogram (Bq kg–1)
仮説1:食用きのこのセシウムのレベルはアメリカ食品医薬品局(FDA)の規制値1キロ当たり1200ベクレルを下回っていた。

The following figure summarizes measurements made in Chanterelle mushrooms, soil and leaf litter.
下記の図は、アンズダケ、土壌、落ち葉の測定値を要約している。


M1.jpeg
Mean activity levels of 137-Cs and 134-Cs for sampled materials (chanterelles, mineral soil, deciduous litter, and needle litter). This chart omits the 157 Bq·kg–1 chanterelle collection from Bamfield due to its outlier influence on the Y axis. Lowercase letters indicate mean values that were not statistically different. 
セシウム137と134の平均値(アンズダケ、土壌、落葉樹の落ち葉、針葉樹の落ち葉) この図にはバムフィールドで採取したアンズダケの1キロあたり157ベクレルはY軸を大幅にはみ出すために省いている。小文字で書かれているのは平均値が統計的に相違ないということを示しいる。



In all cases the summed activities of 134-Cs (which because of its short half life is a fingerprint for Fukushima fallout) and 137-Cs were well below the US Food and Drug Administration intervention level of 1200 Bq kg-1. One Chanterelle sample collected in Bamfield, British Columbia was a significant outlier at 157 Bq kg-1. Including this outlier the average 137-Cs activity for Chanterelles was 12.3 Bq kg-1 with mean activities higher in the Pacific north west (15.1 Bq kg-1) compared to California (0.4 Bq kg-1). The authors hypothesis holds in this case.
すべての場合において、セシウム134(半減期が短いために福島からの降下物であることを示す)とセシウム137の合計は、FDAの規制値である1キロあたり1200ベクレルを大きく下回っていた。BC州バムフィールドで採取したアンズダケのサンプルだけが1キロあたり157ベクレルと著しく突出していた。この値を含め、アンズダケのセシウム137の平均値は1キロあたり12.3ベクレルで、太平洋岸北西部の15.1ベクレルは、カリフォルニアの0・4ベクレルに比べて平均値が高いことを示している。


Hypothesis #2: Cs activity would be higher in samples farther north due to jet stream influenced precipitation patterns as most deposition of radioisotopes is associated with rain that predominant jet stream patterns bring to the Pacific northwest rather than to California
仮説2:放射性核種の沈着は降雨と関連し、ジェットストリームはカリフォルニアより太平洋北西に流れるものが優勢のため、サンプルのセシウムのレベルは北のサンプルほど高くなるであろう。


The authors found that 137-Cs activity tended to increase towards the north as the following figures showing the 137-Cs content of soil and Chanterelles with latitude demonstrate.
土壌とアンズダケに含まれるセシウム137の値とその緯度が下記の図にに示されているように、北に行くほどその値が高くなる傾向にあった。

M2.jpeg
137-Cs in soil samples (Bq·kg–1) with latitude (°N) of collection site (p = 0.01, adj. R2 = 0.27) 
土壌サンプルののセシウム137(1キロあたりのベクレル)と採取場所の北緯



M3.jpeg
Regression of 137-Cs in chanterelle mushroom samples (Bq·kg–1) with latitude (°N) (p = 0.01, adj. R2 < 0.39).  
アンズダケのサンプルに含まれるセシウム137(1キロあたりのベクレル)と北緯



Unlike 137-Cs, 134-Cs activities were comparably lower than 137-Cs and were highest in the south and decreased towards the north or showed little trend with latitude. The following figure demonstrates this trend in leaf litter samples.
セシウム137とは異なり、セシウム134の値はセシウム137より比較的低く、南のサンプルで一番高く、北に行くほど低かった、あるいは、北緯との関係はほとんど見られなかった。下記の図は落ち葉のサンプルの傾向を示している。


M4.jpeg
Regression of 134-Cs in surface litter samples (Bq·kg–1) with latitude (°N) of collection site (p = 0.006, adj. R2 = 0.22).
地表の落ち葉のセシウム134(1キロあたりのベクレル)と採取場所の北緯



These trends and relative activities give us important information. Firstly, given that the cesium isotopes were released to the atmosphere in roughly a 1:1 ratio (134-Cs/137-Cs = 1) in March and April 2011 the low decay corrected activity ratio of 134-Cs/137-Cs in mushrooms, soil and leaf litter in the study suggest that significant amounts of 137-Cs did not come from Fukushima. This 137-Cs is likely present from atmospheric weapons testing in the 20th century or the Chernobyl disaster in 1986 which both released much larger amounts of 13-Cs to the environment.
これらの傾向と相関的な値は、私たちに重要な情報を与えている。まず、2011年3月4月に大気に放出されたセシウムが大体1対1(セシウム134/セシウム137=1)であることを考えると、この研究で採取されたきのこ、土壌、落ち葉のセシウム134とセシウム137の比率は低く、大半のセシウム137は福島由来のものではないということが考えられる。このセシウム137は20世紀の大気核実験か1986年のチェルノブイリ事故由来のものである可能性が高い。これら双方ともに、(福島より)ずっと大量のセシウムを大気に放出したのだ。


The trend towards higher activities of 134-Cs in the south refutes the authors hypothesis that Fukushima fallout would be higher in the north given average precipitation patterns. However, at the time the main Fukushima plume arrived at the North American west coast March 17-20, 2011, the jet stream was positioned much farther to the south than average and brought 4.4 cm of rain to San Francisco (maps can be accessed here). During that same period Corvallis, Oregon, reported only 1.9 cm and here where I live in Victoria, British Columbia only 1.2 cm of rain fell. The anomalous path of the jet stream during the plumes arrival is thus consistent with the observations that 134-Cs levels and Fukushima fallout were slightly higher in California than in the Pacific north west in 2011.
南にいくほどレベルが高かったという傾向は、福島の降下物が平均降雨量を考えてきたの方が高くなるであろうという著者の仮説を覆すものだ。しかしながら、主な福島からのプルームが2011年3月17日から20日にかけて北米の北西部に到達したとき、ジェットストリームは平均よりもずっと南に位置し、4.4cmの雨をサンフランシスコに降らせていた。同じ時期、オレゴン州のコーバリスは1.9cmの降雨量で、私が住むBC州ビクトリアではたったの1.2cmの降雨量だった。プルームが到達したときの異例なジェットスツリームの流れが、このようにして、2011年に北太平洋北西部よりもカリフォルニアのほうが福島降下物のセシウム134のレベルが高かったことが一貫して観察されたわけである。


M5.jpg
Position of the jet stream on March 18, 2011 taken fromhttp://virga.sfsu.edu/crws/archive/jetstream_archive.html2011年3月18日のジェットストリームの位置


Hypothesis #3: Chanterelles would bioaccumulate Cs isotopes at levels above those of their substrates 
仮説3:アンズダケはきのこの基質よりも高いレベルのセシウムを生態蓄積していくであろう。

Little evidence was found that Chanterelle mushroom species were bioaccumulating either 134-Cs or 137-Cs higher than levels in the soil in which they grew. The average concentration factor (mushroom activity/soil activity) for 137-Cs was 1.0 while the median was 0.4. For 134-Cs the concentration factor was on average 1.4 with a median of 0.7. Some samples had high concentration factors for both isotopes (6.0-6.5) however the majority of samples were below 1.0. This data suggests that Hypothesis #3 does not hold.
アンズダケ類が生息しているところの土壌よりもセシウム134やセシウム137が高いレベルで生態蓄積していると言うような証拠はほとんど見られなかった。セシウム137の平均濃縮率は、(きのこのレベ/土壌のレベル)は1.0だったが、中央値は0.4だった。セシウム134の濃縮因数は、平均1.4で、中央値は0.7だった。セシウム134、137ともいくつかのサンプルで高度の濃縮因数が高かった(6.0-6.5)が、大半のサンプルは1.0以下だった。このデータから、仮説3は当てはまらないと考えられる。
 平均値にしちゃおう!作戦か・・・


The activities of Cs isotopes in mushrooms, soil and litter from before and after the Fukushima disaster began are compared in the following table.
きのこ、土壌、落ち葉の福島事故以前と以後のセシウムのレベルを比較が下記の表。


Table4_Trappeetal2014_cjfr-2014-0105tab4 (1)
Cesium isotope measurements (Bq·kg–1 dry mass) in comparable samples collected before and after the Fukushima accident.
福島事故前後のセシウムの測定値(乾燥状態での1キロあたりのベクレル)の比較
 


The authors conclude from this comparison that the much of the activity they detected in their study predated the Fukushima disaster. This is in keeping with measurements which suggest that the levels of fallout from the Fukushima disaster in western North America was about a factor of 10 lower than from the Chernobyl disaster and many orders of magnitude less significant than weapons testing fallout in the 20th century.
この比較から、ほとんどの値が福島事故以前に検出されたものであると結論づけている。このことを踏まえると、北米西海岸の福島事故からの降下物のレベルは、チェルノブイリからのものの約10倍低く、20世紀の核実験からの降下物よりもさらに何倍も低いといえるだろう。




一番びっくりしたのは、福島事故以前に検出されているセシウム134。。。果たして汚染源は???

上記研究で測定されたBC州のサンプルの検査結果は以下のとおり。

Samples were collected in the fall and (or) winter season of 2011–2012, approximately 6–10 months after the Fukushima accident.
サンプルは福島事故から約6-10ヵ月後の2011年の秋から2012年冬にかけて採取された。

samples of 100 g dry mass of each material type is requested; however, some samples were smaller.
乾燥させたサンプルを100g採取するよう手配したが、いくつかのものはそれより少なかった。

Fungal samples were cleaned of most of the adhering soil and debris, air dried at 60 °C for 12–24 h, and ground to a uniform powder. Each sample was then weighed,...and the volume was determined to the nearest 10 mL.
きのこのサンプルは付着した土などを落とし、60 °Cで12-24時間乾燥させ、粉砕した。それぞれの重量が測定され、体積は10mlほどと定められた。

fungi1.jpg

fungi map

アメリカ西海岸(ワシントン、オレゴン、カリフォルニア)で1キロあたり100ベクレル以上示していたきのこは以下のとおり。 (Bq/kg)

1 ワシントン州 Cedar River 

craterellus.jpg
Craterellus tubaeformis Cs134:2.9±2.2 Cs137:191.9±5.3

turbinellus.jpg
Turbinellus floccosus   Cs134:0.0±1.9 Cs137:121.9±5.6

clavulina.jpg
Clavulina cinerea Cs134:1.1±1.8 Cs137:170.4±3.5

オレゴン州
2 Lake Oswego 
russula.jpg
Russula xerampelina Cs134:0.6±1.9 Cs137:131.3±3.8

3 Detroi
4 Marys Peak
Ramaria.jpg
Ramaria botrytis Cs134:1.3±1.9 Cs137:100.4±3.2
Ramaria botrytis Cs134:1.8±4.7 Cs137:595.3±20.7

5 Soda Fork
tricholoma.jpg
Tricholoma equestre Cs134:4.2±3.5 Cs137:244.4±8

6 Umpqua River
gomphus.jpg
Gomphus clavatus Cs134:0.4±1.2 Cs137:309.9±10.8


WO map



そして、2014年11月にBCで収穫されたマツタケの検査結果は、2011年のアンズダケのものより約7倍高いレベル・・・


測定日時 : 2014 年12月9日
測定時間 : 2400 秒
重量    : 44 kg
乾燥前 : 400g ( 52 °Cで約10時間乾燥)
検査機器 : φ5×4inch NaI

pinem.jpg

pinemushroom.jpg

乾燥前の取れたての状態に換算するとセシウム137は、1キロあたり116.391ベクレル。。。

同じく今年の11月に日本で取れたマツタケの値はというと・・・


matu.jpg

福島・南相馬市産のマツタケから10万2900ベクレルのセシウム検出

秋の味覚が豊かに市場に出回っているが、やはりキノコ類は放射性物質濃度が高く、産地の確認と放射性濃度に要注意だ。福島県の最新データによると、南相馬市で採れたマツタケから10万2900ベクレルもの高濃度のセシウムを検出したほか、福島県各地で、万ベクレル単位の汚染キノコが相次いで検出されている。

201年11月の農林水産省の報告によると・・・
(セシウム134と137の合計)
長野県 7.9~81 bq/kg
岩手県 9.5~67 bq/kg
山梨県 3.2~49 bq/kg


。。。。要するに・・・

原発事故が起きていなくても、

過去の事故や実験の負の遺産のほかに


何かほかの理由で土壌が放射能汚染されている可能性が。。。という事実をつきつられているわけで・・・


さぁ、どうしましょうか・・・


関連記事
スポンサーサイト

今日が決断の日

 2015-01-08
blue1.jpg






人間の脳は、「未来」と言われる概念を作り出しました。

ほかのどの動物たちにも、私たちのような「未来」という感覚がありません。

この未来という概念を作り出してしまったので、わたしたちだけが、「自分たちが今している事で未来を変えることができる」と考えた唯一の動物なのです。

blue3.jpg



カナダ人としてわたしたちが社会や環境の正義について考えるとき、自分たちが世界のリーダーだと思っています。しかし現実に私たちは遅れています



blue5.jpg

サーニア(オンタリオ州)からアサバスカ(アルバータ州)、シドニー(BC州)からグラッシー・ナロー(オンタリオ州)まで、無責任で規則が不十分な工業活動から残留した有毒なホットスポットが入り混じっています。それをきれいにするには何年もかかり、何百万ドルもの血税がそそがれるのです。


blue6.jpg




blue4.jpg

カナダでは、いかなる時も、水を沸騰するように呼びかける1000件を超える勧告が出され、1つの地域に住む1人、2人のカナダ人が危険なレベルの空気汚染の中で暮らしているのだとカナダ政府自身が報告しています。



blue2.jpg

30年か35年前、私たちは大勝利を果たしたと思い祝ったのです。私たちはある地域での材木の皆伐を止めさせ、ダム建築を止めたのです。それを大勝利だと祝ったのです。それなのに今、私たちはまた全く同じ戦いをしています。つまり、多くの意味で私も、他の環境運動に携わる人たちも、自分たちが思っているような世界にシフトさせることに失敗したのだと思っています。つまり、破壊の原因となっていた根本的な根っこについて対処してこなかったのです。


blue7.jpg



何度も何度も私たちは大きな業界のプロジェクトが、ある種の監視やモニタリングなしに進められてきたのを見てきました。監視やモニタリングは近くの地域社会が環境破壊のようなものから守られていることを確実にするために必要なのです。そうしなければ、健康や健全性が脅かされてしまうのです。


blue8.jpg




blue9.jpg

あなたがどこに住んでいようが、蛇口をひねり安全な水が飲めるべきです。

あなたは自分の家族が食べているものに農薬や、他の有害な化学物質など含まれていないのだと分かっているべきです。


blue10.jpg


あなたが散歩に出かけるとき、呼吸する空気が汚染されていることなど心配するべきではありません



人々の、あなたの愛する人たちの顔をしばし想像してみてください。空気、土壌、水の質を保たつことがその世界の最優先であり、決断を下すものたちは、より健康でより安全な未来にむけての環境事業にのみ前進することができる、そんな世界を想像してみてください。

blue11.jpg


私の父と母はバンクーバーで生まれました。ずっとカナダで育ちましたが投票できませんでした。日系カナダ人だったからです。女性は社会の合法的メンバーと考えられ投票することができました。ゲイやレズビアンは合法的権利を持つものとして認められていませんでした。

つまり私たちは常に時間を超えて意識を開いてきたのです。環境についても同じです。

世界では110カ国以上の国が全くそれと同じことをやっています。健全な環境に暮らすことが市民の権利だと認めているのです。しかしカナダは違います。

コスタリカからノルウェイまでのこれらの国々は健全な環境に暮らすことが投票する権利、言論の自由と全く同じように基本的人権だとする決定を下しました


blue12.jpg


この小さな青い惑星のすべてがお互いに連結し、お互いに寄り添っているのです。私は未来を見つめる私たちの能力を信じています。私たちが今日していることによって未来が影響を受けるのだということに気づく能力を。

先住民のハミングバードについての逸話があります。山火事が始まったとき、ハミングバードが湖に飛んで行き、一滴の水をくちばしにためて、戻っていって火に落としたのです。何度も何度も行ったりきたりしました。他の動物たちは皆ただハミングバードを見て笑っているだけでした。そして、そんなことじゃ何も変わらないよ、と言ったのです。そしてハミングバードの答えは、「ボクは自分できる最善のことをしているんだ。」


hamming.jpg



変えることは可能です。ただ、それは口伝えに伝え、動きにするためにはほかの人と関わるということです。


blue13.jpg


健全な環境に対する権利があるということは、すべてのレベルの行政で3つのとても重要なことが起こるということを認識することです。もっと強力な環境法、現在ある規則のより良い施行、そして現在の法律を終わりにし将来に巻き返すということです。


最終的にそれは、何千人ものカナダ人が安全あることを確実にするために水を沸騰させる必要がなくなる、ということです。それは、すべてのカナダ人が呼吸している空気が、自分にとって、家族にとって、子供たちにとって安全であるということが分かっているということです。子供たちに食べさせている食べ物のような基本的なものに何年も前から禁じられているはずの有害な農薬がついているというようなことで危険をおかすことがない、ということです。


blue14.jpg


健全な環境に対する権利は、私たちの環境法にすべての最低限のスタンダードを生み出します。誰が将来政権を取ろうがです。今日の法律を強化することならありえますが、弱められるということは決してありません。



これを現実とする動きがすでにあります。

今、すべての一人一人のカナダ人は自然が自分たちが生き残るために必須であると考えていますし、85%のカナダ人が人権と自由の憲章に、健全な環境に生きる権利が含まれるべきだということに同意しています。


blue15.jpg


では、どのようにしてこのような信念を行動に移せばよいのでしょう。

まず最初に、カナダ国中の国民が結託し、それぞれの市町村のリーダーたちに、健全な環境に対する私たちの権利を認める市町村として正式に宣言してもらうよう働きかけることです。


blue16.jpg


第2のステップは、カナダ中の市町村があとを続くようなモデルとしてその宣言を州政府にもって行くことです。そうすることで州政府のリーダーたちを鼓舞し環境法案を通してくれるでしょう。西海岸から東海岸までの本当に大勢の人たちと市町村が立ち上がり、州がその道を先導するでしょう。


blue17.jpg



最後のステップは、権利と自由のカナダの憲章を改正することで、健全な環境に対する私たちの権利を認めることになるです。



これが、私たちBLUE DOT ORGのすべてです。ごく普通の人が一緒になって、突拍子もない行動を起こすのです。


blue18.jpg


これは大きなことです。大きなPUSHです。そして私にとってこれはより大きな展望を見つめるチャンス、そして変化の始まりなのです。物事が不可能なのは、誰かがそんなことはないのだ、と決断するときまでのことだけです。そして今日が、私たちが決断する日です。


blue19.jpg





きれいな空気。

きれいな土壌。

きれいな水。

あまりにも当たり前すぎて人の中の意識からきえてしまったもの。

そしていつしか、すべて汚しても仕方がない

なんて、当たり前のように思わされている、

あるいは、本当にきれいなんだと思い込まされている、

それが、いまだに経済発展を追い求め続けることをやめられない社会に生きる大勢のひとたち。


生きていることの意味が恐ろしいほど見失われてしまっている社会。



汚すことは地球の生物の一部として最も無責任な行為。

私は、ハミングバードのように生きていく。



関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック