2014年の暮れ。。。福島プルームを迎えて

 2014-12-27
ecoshock.jpg

AVOIDING THE WORST: FUKUSHIMA'S PLUME
最悪の事態を避ける:福島のプルーム


We get an update on the Fukushima mess from our favorite correspondent, Anrie Gundersen. He's a former nuclear industry executive who now gives expert testimony on reactor safety. His videos on the web site fairewinds.com are the best anywhere. This interview ranges from Japan to California reactors unsafe at any speed, and even to the possibility of a massive nuclear melt-down right near New York City. Why not... Tokyo is already radioactive!
私たちお気に入りのアーニー・ガンダーセンから、福島の混乱について最新情報です。彼は元原子力業界の重役で、いまでは原子炉の安全について専門家として証言しています。fairewinds.comのウェブサイトでのビデオはどこのものよりも優れています。このインタビューは、「unsafe at any speed」(安全のためにお金をかけるのを渋る業界についての本)のの日本からカリフォルニア版に及び、ニューヨークのすぐ近くで莫大なメルトダウンが起こる可能性すらカバーします。それはそうですよね。。東京はすでに(放射能)汚染されているのですから!


We begin by talking about the impact of the big typhoons that just swept over the site of the Fukushima nuclear disaster complex. There were two typhoons in a row, Phanfone and Vongfong. The second one dumped 10 inches of rain (254 mm.) in 24 hours - right on to a site where groundwater running through the melted reactor cores is already overwhelming TEPCO's ability to pump it into temporary storage tanks.
まずは福島の事故現場を襲ったばかりの巨大台風の影響について話しましょう。続けざまに2つの台風が来ました。台風18号と19号です。19号の方は24時間で254mmの雨を降らせました。すでに溶けた炉心を流れる地下水を一時貯蔵タンクにくみ上げることに東電が打ちのめされている現場を直撃しました。


taifu19.jpg


Three hundred tons of radioactive water runs off the site each and every day into the Pacific Ocean. It was much more during these two storms. The operator hasn't said how much more, but we know in one previous incident Fukushima leaked 600 tons of water into the Pacific, twice the "normal" highly nuclear runoff. We also know from other news reports that new record high levels of radiation was measured after these typhoons in various trenches and wells. Consider the giant amounts of radiation previously measured at Fukushima, we don't wan't to hear about new record highs.
これら何百トンもの放射能汚染水は現場を通り、毎日太平洋に流れ込んでいます。この2つの台風が来ている間は、ずっと多くの汚染水が流れ込みました。東電はどのくらい多かったのか話していませんが、以前に600トン流れ込んだことは分かっています。「通常の」放射能排水の2倍です。また、ほかのニュースでは、台風の後、数箇所のトレンチと井戸から記録的な高レベルの放射能が報告されています。福島で以前に計測された放射能の膨大な量を考えてみてください。更なる高い記録は聞きたくはありません。


The Japan Times reported "Tritium up tenfold in Fukushima groundwater after Typhoon Phanfone"
ジャパンタイムズは、「台風18号の後、福島の地下水のトリチウムが10倍になった」とレポートしました。


"Some 150,000 becquerels of tritium per liter were measured in a groundwater sample taken Thursday from a well east of the No. 2 reactor. The figure is a record for the well and over 10 times the level measured the previous week."
「木曜日、2号機の東側の井戸から採取された地下水から、1リットル当たり15万ベクレルのトリチウムが検出されました。この数字は、井戸からのサンプルの最高記録で、前週に測定されたレベルの10倍を超えました。」


"Tepco also revealed that, at a separate well also east of the No. 2 reactor, a groundwater sample was giving off a record 2.1 million becquerels of a beta ray-emitting substance, nearly double the level from a week earlier.
「東電はまた、やはり2号機東側の違う井戸で、地下水のサンプルから、今までの最高値、210万ベクレルのベータ線放射性物質を検出したと明かしました。これは1週間前のレベルのほぼ2倍になります。


The cesium activity in the sample was 70 percent higher at 68,000 becquerels."
このサンプルのセシウムのレベルは70%高い6万8000ベクレルでした。」



There was even worse news after Typhoon Vongfong, one of the strongest in a generation.
今世紀最大の台風の1つである19号の後のニュースはさらに悪いものでした。


Arnie Gundersen makes this stunning statement: just one month after the accident "there were things they could have done back then. I recommended pumping down the groundwater, but between the pumps and the nuclear reactor [they should] have something called a zeolite trench. Zeolite is a really good material - it's volcanic - that would capture all the radioactive Cesium, and most of the other isotopes.
アーニー・ガンダーセンは次のような驚愕の陳述をしています。 「ずっと前にできることがあったのです。私は、地下水を冷媒回収することを提言しました。ゼオライトトレンチと彼らが呼んでいた原子炉とポンプの間をです。ゼオライトは本当によい物質で、火成のものですが、放射性セシウムと他のほとんどの核種を捕まえるものなのです。


Well I was told three years ago that Tokyo Electric didn't have the money. It's one of those 'pay me now or pay me later'. Because they didn't keep that groundwater under control three years ago now they are paying the price."
ええ、3年前に東電がそのようなお金がないと言われました。「今払うか、後で払うか」ということです。地下水を3年前に制御しなかったので、その代価を今払っているのです。」

 健康被害がありうるという警告を早くしなかったことの結果も、その代価を後で払うことになるでしょう。。。


Arnie says the total releases from Fukushima now are much higher than from the Chernobly nuclear accident in the Ukraine in the 1980s. It is without a doubt the world's worst nuclear disaster.
アーニーは福島からの放出の総量は、今では、1980年代のウクライナ、チェルノブイリ事故からのものよりかなり高いものだといいます。世界で最悪の原子力惨事だということは疑いありません。


One sign of that: the site is so highly radioactive that even now, three years later, nobody knows where the nuclear cores of those 3 reactors are. Within about a year and a half, the world saw photos of the nuclear cores at Three Mile Island (in Pennsylvania) and Chernobyl. There are no such photos, or any kind of record, of the reactor cores at Fukushima.
その兆候の1つ: 現場が3年経った今でもかなり線量が高いということ。3つの原子炉の炉心がどこにあるのか誰もわからないということ。約1年半以内にペンシルバニアのスりーマイルアイランドの炉心の写真は世界に示されました。福島の炉心については、そのような写真も、いかなる種の記録もないのです。


By the way, a Korean government report estimates Fukushima may have released up to 4 times as much Cesium as Chernobyl did.
韓国の政府の報告では、福島はチェルノブイリが放出したセシウムの4倍にまで及ぶと推測しています。

これについてはBC州のビクトリア大学のジェイ・コリン教授が反論しています。
Error in Study Suggests Fukushima Releases Greater Than Chernobyl



arnie-gundersen.jpg


Arnie Gundersen of Fairewinds.org
フェアーウィングスのアーニーガンダーセン

EARTHQUAKE RISK OF STORAGE TANKS
貯蔵タンクの地震リスク


Every week, TEPCO has to construct two new giant storage tanks to hold still more radioactive water pumped from the site. There is a vast tank farm on the hill above the former reactors. But, Gundersen warns, these temporary tanks are not "seismically qualified". That is, they are not intended to withstand a serious earthquake. If such a quake hits Fukushima, "they'll all fail and run down into the Pacific en masse, which would be an insult to the Pacific which has never occcured in the history of the world". But hey, what are the odds Fukushima will be hit by a major earthquake (again)!
東電はいまだに現場からくみ上げた高いレベルの放射性汚染水を貯めるための新しい巨大貯蔵タンクを毎週2つずつ建設しなければなりません。以前の原子炉があったところの上方の陸に、広大なタンクファームが広がっています。しかし、ガンダーセン氏は、これらの一時タンクが「耐震性」のないものだと警告します。もし地震が福島を襲ったら、「いっきに太平洋に崩れ落ち、世界が歴史上経験したことのないような太平洋への襲撃となるでしょう。」 福島でまたそのような大地震が起こる可能性はどうなのでしょう。


ANOTHER UNTOLD PROBLEM
ほかの語られていない問題


Arnie Gundersen is the only person I've heard raising yet another serious problem arising from this triple reactor melt-down. Major media have completely missed the fact that TEPCO is filtering out up to 90% of the major radioactive materials. Essentially, they are reconstituting nuclear cores in these filters. But what will they do with this brand new form of super-radioactive waste? Where will the filters be stored safely (for at least 300 years)? What place in Japan will have that dark honor? The filters contain not just cesium, but uranium and plutonium. They may need 250,000 years to be really safe.
アーニー・ガンダーセンはトリプル原子炉のメルトダウンが引き起こしたもうひとつの問題について今までに取り上げているたったひとりの人物です。主要なメディアは東電が主な放射性物質の90%に至るまでフィルターで捕らえているという事実を完全に見過ごしています。本質的に、彼らはフィルター中に、炉心を復元しているのです。しかし東電はこの真新しいスーパー放射性廃棄物をどうするのでしょう?どこに、このフィルターを(最低でも300年間)安全に保管するのでしょう?日本のどこがこの暗黒の名誉を引き受ける場所なのでしょう?フィルターには、セシウムだけではなく、ウラン、プルトニウムも含まれています。本当の意味で安全といえるようになるまでに25万年かかるのです。


When the water is filtered, with just 10% of the radiation left, the Japanese want to dump it, and probably already are dumping it, straight into the Pacific Ocean. As Gundersen says, they think 90% is good enough. If any other nation, in any other circumstance, was dumping even that 10% of radioactivity into the ocean (how much is it?) - there would be international outcry. Japan is using the Pacific as a nuclear waste dump.
水がフィルターにかけられるとき、放射性物質の10%だけが残ります。日本人はそれを廃棄したく、おそらくすでに太平洋に直接廃棄しているのでしょう。ガンダーセン氏が言うには、かれらは90%は十分だと考えていると。もし、ほかの国が、ほかの状況の下、海に10%の放射性物質を廃棄したら(どれだけのことを言っているのでしょう?)、国際的な抗議が起こるでしょう。日本は太平洋を放射性廃棄物のゴミ捨て場として使っているのです。


Gundersen: "So by filtering the water, they've the liquid problem, but they've created a huge solid radioactive waste problem that no one... you've got an exclusive here Alex. No one in the world is talking about where in the world are they going to store all of these filters for a quarter of a million years."
ガンダーセン: つまり彼らは、汚染水をフィルターにかけることで、液体問題を縮小させています。しかし、そうすることで彼らは巨大な固体の放射性廃棄物を作り出し、25万年間それらすべてのフィルターを世界のどこに保管するつもりなのかということについて、ここ場以外で、世界中の誰も話していないことなのです。


REMOVING THE OUTER SHELL OF REACTOR 1
1号機からの外郭の除去


TEPCO needed to reduce the continuing airborne emissions of highly radioactive materials floating out of the wreck of the Number One Reactor building. They constructed a fabric shell around the building (which also hid the wreckage from international photographers). Now that shell is absolutely loaded with radioactivity. The company is in the process of removing it. We discuss the dangers.
東電は破壊された1号機から空中へ浮遊している放射性物質の空気中への絶え間ない放出量を減らす必要があります。彼らは建屋の骨組みの外郭を建設しました(残骸を世界の写真家たちから隠しているものでもあります)が、今ではその外郭にも完全に放射能汚染がたまっています。東電はそれを取り外している最中です。この危険について考えてみましょう。


This week, an unexpectedly high gust of wind shook a crane removing the cover, and tore a large hole in it. It's a very risky operation. Gundersen says without the cover, more radioactivity will be carried away by the winds.
今週、そのカバーを取り外していたクレーンに予想外に激しい突風が襲い、大きな穴をあけました。それはとても危険な作業です。ガンダーセン氏はカバーなしでは、さらに多くの放射性物質が風で飛ばされてしまうのだといいます。


THE HUMAN HEALTH IMPACT: SECRECY IN JAPAN
人の健康への影響-日本の秘密主義


Alex: In these first few years after the nuclear meltdowns in Fukushima, we've heard almost nothing about the impacts on people in that region. There are accounts of strange tumors, kids dying, pets dying. What have you heard, and can we ever expect an honest accounting from Japanese authorities?
アレックス:: 福島のメルトダウン後から数年間、私たちはその地域の人々に与える影響についてほぼ何も聞いていません。奇妙な腫瘍、子供の死、ペットの死などの報告があります。今まで聞いたことがありますか?日本当局からの正直な報告が期待できると思いますか?


Gundersen: That's a pretty good summary, frankly. We continue to get information from people who live there about cancer rates and illnesses in general. Not just cancer. You know we think of radiation as a cancer-causing thing, but it also causes many other ailments."
ガンダーセン: それは率直になかなかよい概略ですね。そこに住んでいる人たちから発ガン率や一般的に病気についての情報が入り続けています。癌だけではありません。放射能は発ガン性のものとして考えられていますが、多くのほかの病気もあるのです。


Arnie then tells us about a woman 30 miles from Fukushima who has grown and stored seeds for a very long time. Now three years after the accident, she is see "gargantuism" (a.k.a. gigantism) in plants. When plants (or animals) mutate to become abnormally large, or have certain organs or parts growing very large, this is a sure sign of genetic damage caused by radiation.
アレックス: アーニー、それでは福島から約30マイルのところで育ち、長い間種を保存してきた女性について話してください。今事故から3年経ち、彼女は植物が巨大化しているのを目にしています。どんなときに植物(あるいは動物)が異常なまでに巨大化、あるいはある臓器や一部分が肥大化するような奇形が起こるのでしょうか?これは、確実に放射能が引き起こす遺伝子の損傷ですよね。


Gundersen: "We are also working with doctors in Japan. Some brave doctors are saying that they are being threatened, that their hospital rights have threatened. If you tell your patient 'this illness is radiation related' you will lose your right to practice, and things like that. So there's an enormous pressure on the medical community to tell the patients that what they are experiencing is not at all related to radiation."
ガンダーセン: 私たちは日本の医師たちともこの問題に取り組んでいます。何人かの勇敢な医師たちが脅され、病院の権利が脅かされているのだといいます。もし患者に放射能に関する病気だと告げれば、医師としての権利を失う、というようなものです。つまり、医療社会に患者の症状が放射能には全く関係ないのだ言うように、巨大な圧力がかかっています


They key, Gundersen says, is statistics. We haven't received real verifiable date on cancer rates and other illness from Japan, since the reactor accident. We're not likely to get it. It turns out that under a prior agreement, all the statistics and reports have to go first to the International Atomic Energy Agency (IAEA) who must approve them. "Article Two of the IAEA's Charter, is to promote nuclear power" Gundersen tells us.
重要なのは、統計だとガンダーセン氏は言います。原子炉の事故以来、発ガン率やほかの病気について、日本から立証可能な日付が出されていません。おそらくそれが入手できることはないでしょう。以前交わした同意書の中で、すべての統計はまず国際原子力機関(IAEA)に報告しなければならないとされているのです。とガンダーセン氏は話してくれました。


WILL ANYONE BE PROSECUTED FOR THE ERRORS AND LIES OF FUKUSHIMA?
福島の失敗とうそについて誰か訴えられるのか


Reuters news service reports Japanese prosecutors are once again considering criminal charges against executives from the Tokyo Electric Power Company, TEPCO. Last year they said "no charges". But a special citizens' panel is forcing them to reconsider. The almost invincible insider reputation of TEPCO is legendary. Is there any chance those who allowed this disaster to happen will be exposed to justice?
ロイターニュースは日本の告訴人たちが東京電力の役員たちに対して起訴することを考えていると伝えています。去年は「無罪」といっていました。しかし特別な市民パネルが再考するように強要しています。東電のほぼ無敵ともいえる内部での評判は伝説的です。この惨事を起こしてしまった張本人が正義の前にさらされることがあるのでしょうか?


Gundersen thinks it's unlikely under the Japanese system of authority that any charges of TEPCO executives will be successful. The charges, if any, would not be for allowing the accident to happen (e.g. they knew the sea-wall was too low...) - but for hiding the true risks after the accident (and thereby endangering people's health). Lawyers in Japan are progressive, Gundersen thinks, but the judicial system is legendary for its conservative nature.
ガンダーセン氏は、日本の権威システムの下では、東電の役員たちに対する告訴が成功することは考えにくいといいます。責任がもしあるとすれば、事故を引き起こした張本人ということではなく、(たとえば、彼らが防波堤が低すぎると知っていた、など)事故の後の本当のリスクを隠したこと(そしてそれゆえに人々の健康を危険にさらしたこと)でしょう。日本の弁護士たちは革新的だとガンダーセン氏は考えていますが、司法制度が伝説的に保守的なのです。


Shortly after this interview, we received news that the Japanese prosecutors have delays their recommendation about charges for another three months. Don't hold your breath.
このインタビューの後まもなく、わたしたちは日本の告訴人たちが告訴についての提言をもう3ヶ月遅らせたというニュースを聞きました。待ってはいけないのです。


Gundersen has a chance to speak in depth with former Prime Minister of Japan Naoto Kan, who was in charge at the time of the accident. Kan said he got bad information from both TEPCO and MITI, the organization responsible for nuclear matters. TEPCO wanted to abandon the site, Kan told Gundersen, but the Prime Minister said "no".
ガンダーセン氏は日本の元首相だった菅直人氏と深い話をしたことがありました。菅氏は、東電と原子力関連担当である通商産業省から悪い知らせが届いたと話しました。東電は現場を撤退したかったのだ菅氏はガンダーセン氏に話したのです。しかし首相は「それはだめだ」と言いました。


IS TOKYO RADIOACTIVE? MOVE THE 2020 OLYMPICS?
東京は汚染されているか。2020年のオリンピックをほかに移動するのか。


We also talk about the move by former Japanese Ambasador Mitsuhei Murata to have the 2020 Olympics held somewhere other than Tokyo, due to the continuing health risks. I ask Arnie whether Tokyo is radioactive.
健康への危険性が続いているため、2020年のオリンピックを東京以外のどこかで開催するべきだとする元日本大使の村田光平氏による動きについて話しましょう。東京が放射性物質で汚染されているのかアーニーに聞いてみます。


Gundersen: "Yes Tokyo is radioactive. I've spoken to Ambassdor Murata. My problem is we worry about the exposure to Olympic athletes who are going to be there for three weeks, what about the exposure to the people who live in Tokyo for the last ten years - nine years, from 2011 until the two thousand twenty Olympics. I'm afraid it's a little bit elitist to worry about visiting athletes who are going to be there for three weeks, when in fact 35 million people are exposed to this radiation for nine years.
ガンダーセン: はい。東京は汚染されています。村田大使と話をしました。私が考える問題は、3週間そこに行くオリンピック選手たちの被曝について心配しているのに、10年間、2011年から9年間、2020年のオリンピックまで東京に住んでいる人々の被曝はどうなのか、ということです。3500万人の人々が9年間も被曝し続けているときに、3週間滞在する選手たちについて心配するのは、いささかエリート主義だと思います。


Now I think the government of Japan should be aggressively cleaning up Tokyo. But to do so would spread fear, and that in turn would stop the Olympics, which would then crush nuclear revival that the [current Prime Minister] Abe regime is so desiring. It's so desirable to the Abe regime to get those nuclear plants running again."
今、日本政府は東京を積極的に除染するべきだと今では考えています。しかし、そうすると、不安を広げてしまうでしょう。そして、それがオリンピックを止めるということになってしまうでしょう。それは結果、(現在の首相)安部政権が熱望している原子力の復活を押しつぶすことになるでしょう。安部政権のとっては、原発再稼動がものすごく望まれているのです。


WHY TOKYO IS RADIOACTIVE?
なぜ東京が放射能汚染されているのか?


Why is Tokyo radioactive? You would need to scan back through my past Fukushima shows, and the special podcasts I sent out at the time to get the details. All of that is available at my web site at ecoshock.org. Just type "Fukushima" into the search box there.
なぜ東京が放射能汚染されているのでしょう? それは福島についてのわたしたちの以前のショーやポッドキャストに戻る必要があります。その当時その詳細をお届けしました。すべてはウェブサイト、ecoshock.orgへ行き、「FUKUSHIMA]で検索してください。


In a nutshell here are just some of the pathways radioactivity took to get to Tokyo:
要するに、東京へ放射性物質がたどり着く経路がいくつかあるということです。


1. In the first days of the accident, most of the radiation was blown north and west, but there were some reversals of wind, where the radiation was carried south and bathed Tokyo with nuclear particles. These were measured around the metropolis at that time. Various Japanese corporations considered moving their head offices out of Tokyo (some did). It later came out the whole government considered moving out of Tokyo.
1. 事故当日、ほとんどの放射性物質は北と西に吹き飛ばされましたが、何回か反転し、南へ運ばれ、東京が放射能を浴びることになりました。当時都心付近でそれが観測されました。様々な日本の企業が本社を東京から移すことを考えました。(私たちもそうしました)後に、政府全体が東京から移転することを考慮していたことが分かりました。


2. For weeks after the accident, and especially after three reactor buildings blew up, there was continuing air-borne radiation of Tokyo.
2. 事故から数週間後、特に3つの建屋が吹き飛ばされた後、東京の空気中にずっと放射能汚染がありました。


3. The hills around Tokyo, were also bathed in radioactivity. Each successive rainstorm brought more radiation into the city. Tokyo has a vast amount of undergound water. Some of the city is build out over what was the ocean. Radiation was measured in the underground water.
3. 東京付近の丘もまた放射能を浴びました。立て続けにきた暴風雨が更なる放射能汚染を運んできました。東京には膨大な量の地下水があります。いくつかの市・区はかつて海だったところを埋め立てて作られています。放射能汚染はその地下水でも計測されました。


4. More difficult to quantify, large amounts of radioactive materials were dumped or burned after the accident. Some radioactive hot sewage sludge was trucked around the country. So was radioactive cement, which used that sludge. Some of all that arrived, as almost everything does, in the hub of Tokyo.
4. 汚染量を定めるのがさらに困難です。大量の放射性物質が事故の後投棄され、燃やされました。線量の高い下水汚泥は日本国中にトラックで運ばれました。放射能汚染された汚泥を使ったセメントもです。ほぼすべてのものがそうであるように、それらすべてのうちのいくらかが東京の中心に運ばれたのです。


The point is this: radioactivity doesn't go away like yesterday's news. It lasts and lasts, for decades, even generations. Residents of Tokyo hosed down some hot spots, but the city never really admitted the magnitude of the problem. There was no massive clean up of Tokyo (which would help but couldn't get it all). Perhaps this was not done to avoid alarming the population, or to save the economy, which would have crashed in Tokyo was abandoned. So this giant metropolis remains radioactive, worse in some places than others. In my opinion, pregnant mothers should go to a less polluted area, and perhaps raise children to at least the age of 5 before returning.
要するにこういうことです。放射性物質は、昨日のニュースのように消えてしまうものではありません。ずっとずっと、何中年も、何世代にわたってさえも居残るのです。東京都民たちはいくつかのホットスポットを水で流しましたが、都は決して問題の大きさを真に認めませんでした。東京での大規模な除染は全く行われませんでした。(除染すれば少しはよくなったでしょうが、、すべてをきれいにすることはできません) おそらく、住民に警笛を鳴らすようなことを避けるために行われなかったのでしょう。あるいは、経済を守るためかもしれません。そんなことをすれば、東京から人がいなくなるという衝撃を与えるでしょうから。つまり、この巨大都市はいまだに放射能汚染されているのです。ある場所では他の場所より汚染がひどいです。私の考えでは、妊婦は汚染の少ないところへ行くべきだと思います。そして、少なくともこどもが五歳になるまでは戻らずそこで育てるべきでしょう。


THE SENDAI NUCLEAR PLANT AND VOLCANOES
川内原発と火山


The Japanese authorities released a report saying the Sendai nuclear plant would not experience a volcanic eruption for the next 30 years. That's convenient, because that would be the expected of this reactor site, if it is restarted. How polite for the volcanoes to wait!
日本当局は川内原発がこれから30年間火山噴火に見舞われることはないといる報告書を発表しました。それは、もし再稼動するとするなら、その原発の稼動寿命と考えられているので都合がよいのです。火山が待ってくれるとはなんと礼儀正しいことでしょう。


However, on September 27th, there was an unexpected major eruption by another volcano not so near to Sendai. And influential volcanologists in Japan said there is absolutely no way to predict when a volcano will go off, and certainly no 30 year guarantee.
しかしながら、9月27日に川内からそんなに遠くない他の火山が予想外に噴火しました。そして影響力のある日本の火山学者たちは、いつ火山が噴火するかを予測することなど絶対にできず、30年噴火がないなどと確約することなどできないのだと述べました。


Gundersen says the real risk to Sendai is not so much that a volcano would immediately destroy the nuclear plant. The problem is a volcano can dump twelve feet or more of ash on the site, and on all roadways leading to it. It could become impossible to keep cooling the reactor core. If that is not cooled, it blows up, just like Fukshima did. The cooling system has to be kept going at least 5 years without any pause, even after the reactor is shut down. That applies to the nuclear reactor near you! Not that it matters if there is a reactor near you. Fukushima blew radioactive particles around the Northern Hemisphere, and as we are about to find out, the radioactive plume from the leaking site is just now reaching North America.
ガンダーセン氏は、川内原発の本当の危険性は火山が即座に原発を破壊するというようなことではないのだといいます。問題は、火山が12フィート(3.7m)、あるいはそれ以上の灰が現場と、そこに続くすべての道に積もる可能性があるということです。そのことで炉心を冷やし続けることができなくなる可能性があるのです。もし冷やせなければ、福島とちょうど同じように爆発します。冷却システムは原子炉が停止した後でさえ少なくとも5年間は休まず動きつづけなければなりません。それはあなたの近くにある原子炉も同じことです!原子炉があなたの近くにないから大丈夫ということではありません。福島事故では放射性粒子を北半球中に吹き飛ばしたのです。そして、そこから漏洩した放射性プルームが今では北アメリカに到達しようとしていることが発見されつつあるのです。


FUKUSHIMA'S PLUME HITS NORTH AMERICA
北米にヒットした福島プルーム



This spring of 2014, a citizen found a sample of Cesium-134 in a park in British Columbia, Canada - inland from the ocean. What does that tell us? Unlike Cesium-137, which lasts a long time, Cesium-134 only lasts about two years. That means this particle arrived from Fukushima. I think it may be from continuing airborne radiation, but Gundersen suggests it came from the original blowout three years ago.
2014年のこの春、ある市民がカナダBC州の公園でセシウム134のサンプルを採取しました。-海から内陸に入ったところです。それが何を意味するのでしょう?長期に存在するセシウム137とは違い、セシウム134は約2年ほどだけとどまります。(半分になるまでに)つまり、それはもともと3年前に飛ばされてきたものだということを示唆しているのです。


kilbypoint.jpg


Gundersen told us in previous interviews that his company Fairewinds tested automobile air filters from Seattle Washington after the accident and found highly radioactive hot particles in those filters. We know from another Radio Ecoshock interview that radioactivity from Fukushima was found in seaweed, and in Vancouver, Canada. Similar Fukshima radiation was found in California, and in fact in many U.S. states including Pennsylvania, and those in New England.
ガンダーセン氏は以前のインタビューで、フェアウィンズがワシントン州、シアトルの車のエアーフィルターを事故後に検査し、そこから高度の放射性粒子が発見されたのだと話していました。また、他のインタビューから、福島からの放射性物質が、カリフォルニア、そして、ペンシルバニア、ニューイングランドなどアメリカの多くの州で発見されたのと同様の福島由来の放射能が、カナダバンクーバーの海草から発見されたことも分かっています。


I131_2014031603374593d.jpg
黒線 バーナビーマウンテン、サイモンフレーザー大学で採取された雨水のヨウ素131
赤線 ノースバンクーバーで採取された海草のヨウ素131
青線 バンクーバー島のバンフィールド・マリン・サイエンス・センターで採取された海草のヨウ素131



We're looking at a new wave of radiation reaching the West Coast. The slowly moving ocean currents are finally bringing the first part of the radioactive plume to Canada and the United States.
今、私たちは西海岸に到達する放射能の新しい波を見つめています。ゆっくりと動く海流がついに放射性プルームの最初の先端をカナダ、アメリカに運んできているのです。

current.jpg

イメージをクリックするとケン・ビュッセラーのオリジナルプレゼンテーションへ


A Canadian research scientist named John Smith just told the meeting of the American Geophysical Union that this group has measured a radioactive plume from Fukushima in Canadian waters. The blog Live Science reports: "Smith and his colleagues tracked rising levels of cesium-134 at several ocean monitoring stations west of Vancouver in the North Pacific beginning in 2011. By June 2013, the concentration reached 0.9 Becquerels per cubic meter, Smith said. All of the cesium-134 was concentrated in the upper 325 feet (100 m) of the ocean, he said. They are awaiting results from a February 2014 sampling trip."
カナダで調査している科学者、ジョン・スミスは、アメリカ地球物理学連合の会合で、カナダの海水における福島からの放射性プルームを測定していることを話しました。ブログの「サイエンス・レポート」にはこのようにあります。
スミスとその同僚たちは2011年から北太平洋のバンクーバーの西にある海洋モニタリングステーションのいくつかで、セシウム134のレベルの上昇をとらえた。2013年6月までに濃度は1立方メートル当たり0.9ベクレルに達した、とスミス氏は述べた。セシウム134のすべては水深100m以下に濃縮していた。彼らは2014年2月に採取したサンプルの結果を待っている。



There's a long list of proof and sightings.
その証拠と発見については長いリストがあります。


Ken Buesseler, the senior scientist at the Woods Hole Oceanographic Institute in Woods Hole, Massachusetts, had to arrange crowd-funding to measure this radioactivity in the Pacific. The American and Canadian governments don't appear to care. So far Buesseler says the radiation found is weak, and not yet dangerous. We're still in the early days. Buesseler set up this web site.
ケン・ビュッセラーはマサチューセッツ州にあるウッズ・ホール海洋研究所のベテラン科学者ですが、太平洋の放射能を測定するために、クラウドファンディングを行いました。アメリカとカナダ政府は明らかに関心がないようです。今のところビュッセラー氏は発見された放射能レベルは低く、まだ危険ではないのだといいます。まだ早いのです。ビュッセラー氏はウェブサイトを立ち上げました。


cs134 pacific
赤丸が1立方メートル当たり0.2―2ベクレルのセシウム134が検出されたポイント。クリックでオリジナルウェブサイトへ



Gundersen says he receives a lot of worried calls and emails about the safety of West Coast beachs. This follows a couple of erroneous reports of high radioactivity on California beaches which turned out to be not from Fukushima, but left over from Cold War days. Yes, radioactivity from atmospheric atomic testing is still with us - which shows how long lasting any radioactivity is! Thanks to the Japanese experiment with nuclear power, the Pacific will still be more radioactive long after you and I are dead.
ガンダーセン氏は西海岸のビーチの安全性について多くの不安を訴える電話やEメールを受けているといいます。これは、カリフォルニアのビーチで高線量が間違えて2回報告された後のことでしたが、福島のものではなく、冷戦時代からの残留放射能だということがわかりました。そうなのです。大気核実験からの放射性物質はまだ存在しているのです。このことからも放射性物質がどれだけ長く存在し続けるのかがわかります。日本の原子力実験のおかげで、太平洋は私たちが死んだ後もずっと放射能汚染が続くでしょう。


However, don't panic surfers! Gundersen says the risk is still very, very low for people swimming in the Pacific. Go for it, if you can stand the cold water. The fish living there are not so lucky. The bottom feeders especially will soak up radioactivity, and this will bio-concentrate as these are eaten by other predators. Is that why the local pod of killer whales (Orcas) in southern British Columbia did not have a baby in two years? The pod just had their first birth, but the baby died soon after. There may be many factors at work, but increased radioactivity in the Pacific is not good for marine mammals. Nobody disputes that.
しかしながら、サーファー諸君、パニックにならないように!ガンダーセン氏はまだ太平洋で泳ぐのに、危険はごくごく低いのだと言っています。なので、冷たい水に耐えられるのなら、どうぞ泳いでください。海に住む魚はそれほど幸運ではありません。海底魚は特に放射性物質にまみれてしまうでしょう。そしてこれがそれをえさとするものに生態濃縮していくのです。これがBC州の南のオルカの小群に2年も子供ができなかった理由でしょうか?この群れには初めての出産があったばかりですが、その赤ちゃんは生まれてすぐ死んでしまいました。多くの要因があるでしょうが、太平洋に増加する放射能は海洋哺乳類にとってよいものではありません。それには議論の余地はないのです。


Gundersen also suggests that fresh water fish in British Columbia, and likely the whole West Coast, may also be accumulating radioactivity. The place to test, if anyone cares, would be bottom-dwelling feeders like Catfish, who live in waters above a dam. The runoff from the surrounding mountains would accumulate in those dam lakes.
ガンダーセン氏はまた、BC州、そしておそらく西海岸全体の淡水魚が放射性物質を蓄積するかもしれないと考えています。もし心配ならば、ダムの上流の海底に住むなまずを調べるとよいでしょう。周辺の山から流れてくる水がこれらのダムに蓄積されるからです。


Arnie says he won't eat any fish from the Pacific until the government starts testing, and releases the actual data found, so he can make an informed decision about his own health.
アーニー(ガンダーセン)は自分の健康について情報に基づく決断ができるように政府が検査を始め、結果のデータを発表するまでは太平洋の魚は食べないといいます。







2011年3月11日の衝撃、目覚めから4年弱。

呆然となり、絶望的になり、泣きはらした1年。

情報収集に没頭し、コンピューターに貼り付けになった1年。

そして、失ったものと引き換えに、かけがえのない出会いが少しずつ広がり続け、

その関係は少しずつ深まり続け、

(それと比例して、このブログの更新頻度は落ちてしまいましたが。。。

2014年は、ここに書かれている研究に携わっている何人かの方々と対面し

実際に話しをする機会にも恵まれ、


本当にいろいろなことを学びました。


バナナのカリウム40のような自然放射能レベルと比べて

人工放射能の影響を過小評価しているように見える専門家の方々の発言の背景には、

大きな圧力に屈しているということではなく、(屈している方も多々いらっしゃいますが。。)

それぞれのいろいろな尊重すべき根拠があることもあるのだということも分かりました。




何かを否定することでは先に進めないのだと痛感しています。


犬ブログの時から今でも離れずに読んでくださっている方。

福島問題からこのブログを見つけてくださった方。

そして、連絡を下さった方。

カナダに来る決心をし、私と繋がってくださった方々に

私の一瞬一瞬が支えられ、

行く先を見失わずにいられるのだと深く深く感じています。


本当に

ありがとうございます。


たまに、何でこんなことしているんだろう???

と思うこともありますが・・・汗


いつも立ち戻ることができます!



これからも、

よろしくお願いします。


2015年。

いろいろなことが実る年となりますように。


時代の転換を

あきらめません。


juniellexmas.jpg

今年は、ジュニアとエリー、一緒に新年を迎えます♪




関連記事
スポンサーサイト

業界を守るための人々の健康査定のあり方

 2014-12-11
British researcher blasts U.N. report on Fukushima cancer risk as unscientific
福島の発ガンリスクについてのレポートが科学的でないとして激しく非難するイギリスの研究者


December 01, 2014


A British scientist who studied the health effects of the 1986 Chernobyl disaster panned a United Nations report that virtually dismissed the possibility of higher cancer rates caused by the 2011 Fukushima nuclear crisis.
1986年チェルノブイリ事故の健康に与える影響を研究したイギリスの科学者が、2011年の福島放射能危機により発ガン率が高くなる可能性を事実上退けた国連の報告を酷評しました。


Keith Baverstock, 73, made the comments during a visit to Tokyo at the invitation of a citizens group related to the Fukushima disaster.
キース・ベイヴァーストック氏(73)は、福島惨事に関する市民グループからの招待で東京を訪れている際に、(国連の報告書について)批評しました。


p


In response to questions from The Asahi Shimbun, Baverstock said a report released in April by the U.N. Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation (UNSCEAR) was “not qualified to be called ‘scientific’” because it lacked transparency and independent verification. He added that the committee should be disbanded.
朝日新聞の質問を受けてベイヴァーストック氏は、4月に原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)が発表した報告書は、「科学的と呼ぶに値しない」と話しました。「なぜなら、それは透明性と独立性のある検証にかけているからだといいます。彼はまた、この委員会が解散するべきなのだとも言いました。


The U.N. report said any increase in overall cancer rates among residents of Fukushima Prefecture due to fallout from the accident was unlikely.
国連の報告書は、事故からの降下物が原因で福島県の住民の発ガン率が全体的に上昇するということはありそうもないのだと述べています。


However, Baverstock, former head of the radiation-protection program at the World Health Organization’s Regional Office for Europe, said radiation levels shown in the report were enough to cause a spike in cancer rates.
しかしながら、世界健康機関(WHO)のヨーロッパ支部にて放射能防護プログラムを指揮していたベイヴァーストック氏は、報告書の中で示されている放射能レベルは、発ガン率を急上昇されるのに十分であるのだと話しました。


For example, the report said nearly 10,000 workers at the crippled Fukushima No. 1 nuclear plant were exposed to radiation levels exceeding 10 millisieverts over about 18 months following the outbreak of the crisis in March 2011.
たとえば、報告書には、ほぼ1万人の作業員が機能を失った福島第一原発で2011年3月11日の危機が発生してから約18ヶ月間にわたり10ミリシーベルトを超えるレベルの放射能に被曝したと書かれています。


Baverstock said such an exposure level was enough to cause an increase in cancer among about 50 of the workers.
このようなレベルの被曝は約50人の作業員に発ガンが上昇する原因になるのに十分だと言います。


After studying the health effects from the Chernobyl nuclear disaster, Baverstock was the first to point out an increase in thyroid cancer among residents of areas hit by radioactive fallout.
チェルノブイリ原発事故から健康へ与える影響について研究した後、ベイヴァーストック氏は放射性降下物に直撃された地域の住民に甲状腺がんが上昇したことを指摘した最初の人物でした。


He also questioned UNSCEAR’s neutrality, given that members are nominated by nations that have a vested interest in nuclear power. He noted that such nations provide funds to the committee.
彼はUNSCEARの中立性も疑問視しています。そのメンバーは原子力の既得権を持つ国々によりノミネートされているのです。そして、そのような国々がこの委員会に資金を提供しているのだと言及しました。


Baverstock also suggested a conflict of interest, as committee members are not required to disclose their history working in the nuclear industry or sign pledges stating that no conflict of interest exists in evaluating radiation risksまた、.委員会のメンバーが過去に原子力業会で働いていたことを明らかにすることも、放射能の危険性を査定する際に利害の対立が存在しないのだということを誓約する必要もないため、利益相反があるのだと主張しました。


Baverstock said that when he was working for the WHO, he felt constant pressure from the International Atomic Energy Agency, a major promoter of nuclear power. He also questioned why it took more than three years for UNSCEAR to release its Fukushima report.
ベイヴァーストック氏は自分がWHOで働いていたとき、原子力推進の主要機関である国際原子力機関からの絶え間ない圧力を感じたのだと話しました。彼はまた福島に関するUNSCEARの報告書を発表するのになぜ3年以上もかかっているのかについても疑問視しています。


Referring to what he called inside information, Baverstock raised the possibility that the delay was caused by criticism about the report’s conclusion and the influence of other U.N. agencies, such as the IAEA.
彼が言うところの内部情報に言及し、ベイヴァーストック氏は報告書の結論についての批判や、IAEAのような国連機関からの影響が遅延の原因である可能性があると指摘しました。


By MASAKAZU HONDA/ Staff Writer




国連では、IAEAを筆頭に原子力業界を守るためにがっちりと組織的に固められています。


以下ウィキペディアより

UNSCEARの事務局はウィーンにある。不定期に刊行される報告書「Sources and Effects of Ionizing Radiation」は、国際放射線防護委員会 (ICRP) の基礎資料としても用いられている。国際放射線防護委員会(ICRP)は政治、経済など社会的情勢を考慮し総括的な勧告を出しているが為に批判もある。IAEAの協力センターである放射線医学総合研究所によれば、UNSCEARはICRPに対して、純粋に科学的所見から調査報告書をまとめる事を意図して作られた組織であり、その独立性と科学的客観性からUNSCEARの報告書への評価は高いと主張している。 一方、欧州の市民団体ECRRは、IAEA、ICRP、UNSCEAR間で人員が重複している事を指摘している。


IAEA - UNSCEAR - ICRP - WHO 

どれひとつとても独立性と科学的客観性を保てる機関はありません。


WHOを飲み込み、福島を飲み込む怪物


被曝の国際基準は科学的根拠のもとに作られたものでは全くなく・・・


追跡!真相ファイル 「低線量被ばく 揺らぐ国際基... by kamaichi2002


Picture3_20120102080912.jpg

Picture4_20120102080912.jpg

Picture5_20120102080912.jpg




ものすごくシンプルなごく普通の人の願い、権利はいとも簡単に握りつぶされています。

Picture2_20120102080913.jpg

Picture1_20120102080913.jpg


そして・・・
2014年(平成26年)12月12日 NHK
250


原子力発電所で事故などが起きた際、対応に当たる作業員の被ばく線量の上限について、原子力規制委員会は現状の100ミリシーベルトから福島第一原発の事故で一時的に適用したのと同じ250ミリシーベルトに引き上げることを軸に検討を進めることになりました。

現在の法令で原発事故などの緊急時には、作業員の被ばく線量を100ミリシーベルト以下に抑えることが義務づけられていますが、福島第一原発の事故では上限を超える作業員が相次ぎ、国は急きょ、特例として上限を250ミリシーベルトに一時引き上げました

10日の原子力規制委員会では、緊急時の被ばく限度の見直しに向けた議論が行われ、作業員に対し、事前にどのような健康上のリスクがあるのかを伝えたうえで同意を得ることや、被ばくを防ぐための教育や訓練を行うことなどを電力会社に新たに求めることになりました。

そのうえで、被ばく線量の上限について田中俊一委員長が「諸外国の状況からすると250ミリシーベルトはだいたい真ん中ぐらいだ。原発事故の経験を踏まえ、それぐらいに設定し、事前の教育や意思確認をきちんとしておくのがよいのではないか」と提案し、異論は出ませんでした

今後は事務局の原子力規制庁が250ミリシーベルトに引き上げることを軸に詳しい検討を行い、規制委員会で再度、議論することになりました。


-----------------

やりたい放題がとまらない・・・



関連記事

福島ダークツーズムで復興?

 2014-12-04



FUKUSHIMA, JAPAN (CNN) – Japan’s Fukushima nuclear disaster is leading to a new kind of “dark tourism.”
福島(CNN)~福島原子力事故がもたらす新しい「ダーク・ツーリズム」


By WILL RIPLEY
Published: November 30, 2014, 10:50 pm Updated: November 30, 2014, 10:58 pm


Almost 4 years after the meltdown forced entire towns to evacuate, tour guides are taking people through abandoned neighborhoods.
町全体を避難させることになったメルトダウンからからほぼ4年経ち、放棄された町にツアーガイドが人々を連れてきています。

CNN finds out why one devastated town is allowing others to witness its tragedy.
なぜ荒廃した町に悲劇を目撃するために人の立ち入りを許すのかを取材します。


The first thing people ask about is the radiation. Is it even safe to go in when most are kept out? Our local government tour guide says contamination levels are low.
まず人々が尋ねるのは放射能についてです。ほとんどの人が入れないところに立ち入るのは果たして安全なのでしょうか?私を案内してくれた地元の自治体に勤めるツアーガイドは、汚染レベルが低いのだといいます。


They are allowing quick trips into the safer parts of Fukushima prefecture, still empty from the worst nuclear disaster since Chernobyl. Nearly 4 years later, outsiders are getting a rare look at this desolate, abandoned place.
彼らは福島県の中でも安全な所に短期間行く事を許されていますが、チェルノブイリ以来最悪の原子力事故のため、まだ空虚なままです。


Damage from the 2011 earthquake and tsunami sits untouched. Crumbling buildings are falling further into disrepair. Weeds are slowly taking over.
2011年の地震と津波からのダメージはまだ手付かずのままです。崩れ落ちた建物は荒れ果て、雑草がゆっくりと取って代わっています。


darkt.jpg


What do visitors say when they see it for the first time?
この光景を最初に見た訪問者たちはなんと言うのでしょう?


“At first, they say unbelievable,” said Fukushima tour guide Yusuke Kato.
「まず皆信じられないと言います。」と福島のツアーガイドのカトウ・ユウスケさん。


Nobody can live here, not yet. When is anyone’s guess.
誰もここに住むことはまだ出来ません。いつになれば戻れるのかは、それぞれの想像の域を越えません。


Fear lingers about the invisible threat from radiation released by the damaged reactors. The soil and groundwater is contaminated.
破損した原子炉からの放出される放射能の見えない脅威についての恐れが消えません。土壌も地下水も汚染されています。


Agriculture gone. Businesses closed. So what’s left?
農業は終わりました。ビジネスは閉鎖されました。では、何が残っているのでしょう?


“Nothing,” replied Kenichi Bamba, who is hoping to rebuild Fukushima.
「何も残っていません。」と福島を再建したいと望んでいるバンバ・ケンイチさん。


Bamba says these tours are part of a long-term plan to rebuild Fukushima prefecture. For him it is a painful, personal task.
バンバさんはこのようなツアーが福島県を再建するための長期計画の一部なのだといいます。彼にとってそれは、辛く、個人的な勤めです。


Bamba is from Fukushima. When asked what he thinks when he looks around at all of the damage, he replied, “Actually I’ve come here several times but still… I cannot say anything. Just sad. Just sad.”
バンバさんは福島出身です。周りを見渡していた時に何を考えているのか聞いてみると、彼はこう答えました。「実は、ここには何回か来ています。でもまだ。。。何も言えません。ただ悲しいだけ。ただ悲しいだけです。」


dark.jpg


The nuclear plant is being taken apart, but it will take decades and billions of dollars to make it safe. CNN was there a few months ago, forced to wear protective gear. It’s one of the most dangerous places on earth.
原子力発電所は解体されていますが、安全といえるまでには何十年もかかり、何百万ドルもの費用がかかるでしょう。CNNは数ヶ月前に現場に行きましたが、防護服を着なければなりませんでした。そこは、地球上でもっとも危険な場所のひとつなのです。


dark2.jpg


The reactors are visible in the distance. Too close for many to ever feel safe here again.
原発が遠くに見えます。多くの人にとって、ここが安全だと感じるには近すぎます。


Surveys show only about a fifth of former residents want to come back, most of them over 60. For many, moving on is easier than facing this.
調査によると、前に済んでいた住民の5分の1が戻ってきたいと思っていますが、そのほとんどは60歳以上です。多くの人にとっては、この現実に直面するより移住したほうが容易なのです。


Boats and cars are all over a Fukushima field. Reminders of all the people who died here.
ボートや車は福島の野原のあちこちに転がっています。それは、ここでなくなった人達を思い起こさせます。


Akiko Ishizuka prays for her mother and father-in-law at a small shrine. Shrines like this are everywhere.
イシズカ・アキコさんが、小さな霊所で自分の母親と義理の父親に手を合わせています。このような霊所はいたるところにあります。


dark3.jpg


“It’s been almost 4 years and it’s still so sad to come here and remember that they’re gone,” Ishizuka said.
「もうすぐ4年たつのに、ここに来て、彼らが逝ってしまったのを思いだすのとまだ悲しいです。」とイシズカさんは話しました。


Fukushima tour guides hope by sharing the plight of these people, others will be inspired to come here and rebuild.
福島のツアーガイドは、こういう人達の苦境を共有することで、人々がここに戻ってきて再建する気になるのではと願っています。


dark4.jpg


“We want to encourage local people for the revitalization of Fukushima,” said guide Yusuke Kato.
「私たちは福島の復興のため、地元の人々を元気にしたいのです。」とガイドのカトウ・ユウスケさん。


dark5.jpg


They hope this school gym with a graduation banner still hanging will have students again. This dusty piano will have someone to play it. And this nuclear ghost town will someday be brought back to life.
彼らはまだ卒業式の学校の垂れ幕のかかっている学校の体育館に生徒たちが再びも度ってほしいと思っています。汚れたピアノを誰かに引いてほしいと。そして、この原子力ゴーストタウンはいつか生気を取り戻すのでしょう。


dark6.jpg





福島ダークツーリズムの計画がついに実現したようです。





果たしてこの荒廃した景色を見て、人は鼓舞され、元気になるのでしょうか?


私は、


人間が今までしてきたことに、



ただただ圧倒されるばかりで・・・




二度と同じ過ちを犯さないために、


まずは自分が精進することにします。


合掌




関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック