スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

抗議団体の取り締まり~組織としての警察、人としての警官

 2014-11-28



David Suzuki gives fiery speech on Burnaby Mountain to Kinder Morgan protesters
デイビッド・スズキの激しいスピーチ


~RCMP(警察)に対し~

"To the RCMP, I come before you with great respect,
カナダ警察に言わなければならないことがある。私はかつてあなた方をとても尊敬していた。

"(during the World War II at Japanese Canadian internment camps in Interior) I can tell you they treated us like human beings, and they were very kind and I have nothing but great thoughts towards the RCMP,"
(第二次世界大戦中、BC州内陸部の日系カナダ人強制収容所で)警察官たちは私たちを人間として扱ってくれた。とても親切で、私は警察に対してすごくよい思いしかない。

"But now you're here to enforce the law. That doesn't mean that you're above the law! Or that you make your own laws!"
けれど今あなたたちはここに法を施行しにきている。それは、あなたたちが法の上に立っているわえでも、自分たちの法を作っているわけでもない!

"My grandson was dragged across the line yesterday and was arrested! You are breaking the law! I'm disappointed and it grieves me because of the respect we have for you!"
わたしの孫は昨日この線を引きずり出され、逮捕された!あなたたちは法を破っている!私は失望した。あなたたちを尊敬しているからこそ心が痛むんだ!


~抗議に参加している人たちに向けて~

"If we continue to look at the land and the world around us just in terms of dollars and cents, we are going to destroy the very things that make that land so precious to us — the very things that keep us alive and healthy, That's what this battle is about."
わたしたちの土地や世界をお金の価値だけと考え続けてしまったら、自分たちの大切な土地を、私たちを生かし、健康でいさせてくれている大切なものを破壊することになる。それが今私たちが戦っていることなのです。



tamo and david




Kinder Morgan protester: The RCMP were kind and civil as they arrested me on Burnaby Mountain
キンダーモーガン抗議参加者~バーナビーマウンテンで逮捕されたとき警察官たちは親切で礼儀正しかった


Bob Kull   
Nov 24th, 2014


rcmp_woman_kinder.jpg


During the afternoon of Saturday, November 22, I chose to cross the police line and submit to arrest at borehole #2 on Burnaby Mountain. I was taken into custody and charged with Civil Contempt of the Order and Injunction pronounced by the British Columbia Supreme Court on November 14. How did this happen?
11月22日土曜日の午後、わたしはポリスライン(超えるとキンダーモーガンの作業を妨害するとされるボーダー)を超える選択をし、バーナビーマウンテンの試掘ポイントNo2で逮捕されることを甘んじて受け入れました。私は拘留され、11月14日にBC州最高裁判所が宣告した(抗議)禁止命令に従わなかったとして告発されました。どのようにそれが行われたのでしょう?

I’m 68 years old and I teach a course in interdisciplinary thought and practice at the University of British Columbia, as well as a course in systems thinking, worldviews and ethics in the Environmental Education and Communication graduate program at Royal Roads University. In teaching these courses it has become more and more clear to me that we are all embedded in our current dysfunctional political and economic system; there are no angels or demons here, no easy solutions. We all live lives of contradiction.
私は68歳で、学際的思考とその実践のコースをBC州立大学で教え、システムズ思考、環境教育とコミュニケーションにおける世界観と倫理についての大学院課程をロイヤルロード大学で教えています。これらのコースを教えていると、私たちがみな、機能の損なわれた政治的、経済的システムの中に組み込まれているということがより鮮明になってきます。そこには天使も悪魔もおらず、簡単な解決方法もありません。私たちはみな、矛盾だらでの生活をしているのです。


We all try to do the best we can.
そして、私たちはみな、最善を尽くそうとしています。


km1.jpg


Each September I spend a month alone in the wilderness to directly experience belonging in (and to) the world of lakes, mountains, trees and sky. To feel, again, in my bones, that the earth is my home. I’ve long recognized that climate change is real and is largely the result of human activities, and yet I don’t live as though I actually believe such destructive changes are happening. Sure, I recycle, drive an old Honda that uses little gas, minimize my driving, sign petitions, etc, but for the most part I go through my days as if everything will just keep on keeping on.
自分が湖、山、木々、空の世界の一部だということを直接感じるために、私は毎年9月に一人で自然の中で1ヶ月すごします。体の芯から再び地球が我が家なのだと感じるために。ずっと前から私は気候変化が現実のもので、そのほとんどが人間の営みの結果であるということに気づいていました。そして、わたしだって実際にはそんなに破壊的な変化が起きていることなど信じていないように生活しています。もちろんリサイクルはするし、燃費のよい古びたホンダにのり、なるべく車を使わないようにし、嘆願書に署名をしたりしますが、ほとんどの場合、毎日なにもかもがただなるようになるだというように過ぎていきます。


When I heard about the protest on Burnaby Mountain, I decided to go up and lend support. During my first several visits there were no police in sight. That changed last Thursday when the RCMP moved in to enforce the injunction handed down by the BC Supreme Court. We’ve seen media photos and video of the physical conflicts that have sometimes developed, but those instances have been rare and it’s important to keep them in perspective.
バーナビーマウンテンでの抗議運動のことを聞いたとき、私は足を運んで支援しようと思いました。初めのころの何回かは警察を見かけませんでした。それが木曜日、BC州最高裁判所が言い渡した禁止令を施行するために入ってきたときに事態は変わりました。時折起こる身体的衝突の写真やビデオがメディアで流れました。しかし、そのようなことは稀で、大局的に見ることが大切です。


On Thursday I was quietly sitting in my chair just to the side of the main body of protestors, when the RCMP’s shoulder-to-shoulder line started to push everyone back up the road so as to cordon off a larger prohibited area. Things were tense, but I decided not to move unless specifically asked.
木曜日、広範囲の立ち入り禁止場所にテープを張るため、警察が横に一列に並んで皆を道路から押し上げ始めたとき、私は主な抗議者たちのがいるところでいすに静かに腰かけていました。張り詰めた状態でしたが、わたしは何か言われない限りそこを動かないことにしました。


Even though I was within the newly stretched yellow ribbon, no one asked me to leave. After an hour or so I heard an officer ask another one who I was. The response was, “We don’t know, but he’s not causing problems so we’re letting him stay.”
私は、新しく黄色いテープが張られたところの中にいましたが、だれもどくようには言いませんでした。1時間後一人の警官がほかの警官に私が誰なのか聞いていました。その答えは、「知らないけど、彼は問題を起していないからそこに座らせてあげてるんだ。」


During the 3 ½ hours I sat there, meditating and quietly watching, several of the RCMP came over to ask if I was OK. They said I looked cold and offered me a blanket, water and other hot and cold beverages. I politely declined everything. What I wanted was to pee, but I didn’t want to move. One of the most solicitous of them said he had sort of adopted me and was concerned for my well-being.
3時間半そこに座っている間、私は瞑想し、静かに様子を見ていると、何人かの警官が大丈夫か、と聞きにやってきました。寒そうだからと言い毛布、水、温かい飲み物、冷たい飲み物を差し出してくれました。わたしは丁寧にすべてを断りました。私がしたかったのはただ排尿だけでしたが、動きたくはありませんでした。もっとも気遣ってくれた人の一人は、私を家族のように考え、私の健康を心配していると言ってくれました。


km2.jpg


At 4:30 another officer came over to say that heavy equipment was coming into the area and they were concerned for my safety in the gathering dark. He asked if I'd move to outside of the cordoned off area. I politely told him that I was considering whether to be arrested rather than move. He said he'd give me a few minutes to decide. I thought it over and decided it was time to go home. My 3 hour shift was over.
4時30分に、もう一人の警官がやってきて、重機がこちらに向かっているし、暗くなってきているので、私の安全が心配だと言いました。そして立ち入り禁止場所の外に動けないかと尋ねました。そして、決めるのに数分あげるから、と言いました。私は思案し、そろそろ家に帰る時間だと思いました。3時間の当番は終わっていたのです。


Mostly the day was peaceful. With a few exceptions, the RCMP were friendly and polite, except when someone physically challenged them, and then their response was instant and overwhelming. One of them told me he was glad we were there standing up for what we believe. I suspect many agree with the protest, but they have a job to do. It’s a tough spot for them to be in. And of course some of the young protestors had their testosterone flowing.
その日はほとんど平穏でした。いくつかの例外を除いては、警官たちはとても親近感があり、礼儀正しかったのです。体で彼らに挑戦的な態度をとらなければ。私は、多くの人たちが抗議に同意しているのではないかと思っています。しかし、皆仕事があるのです。そういう人たちにとっては、参加することで立場が厳しくなるでしょう。そしてもちろん若い抗議者たち中にはテストステロン(男性ホルモン)が強いこともあったでしょう。


Shortly after I arrived to the mountain on Saturday, I decided it was time to submit to arrest as an act of civil disobedience. The drilling rig was operating in front of us and I could no longer fail to respond. I told two of the RCMP on the line that I was going to peacefully step across, and that I have a prosthetic leg and buggered up shoulder. They walked me toward their van without putting hands on me.
土曜日にバーナビーマウンテンに到着してすぐに、私は市民的不服従の行為として逮捕されるべきときが来たと決めていました。私たちの目の前でボーリング機が動いていて、これ以上黙ってはいられませんでした。私は、一線上にいた2人の警官に、静かに線を越えるつもりで、私の足は義肢で、肩をだめにしてしまったと告げました。彼らは私に手をかけずにパトカーのほうに連れて行きました。


Seeing us walk in, the officer who had "adopted" me on Thursday came up and said he was glad to see me.
私たちが歩いてくるのを見て、例の、私を家族のように考えていた警官がやってきて、会えて嬉しいと話しかけてきました。


He thought I was returning to the spot where I'd been sitting, and when I told him I’d been arrested, he was upset and said, "You don't want to do that. Can I talk to you for a minute first?”
彼は私が座っていた場所に戻ってきたのかと思ったのです。そして、私が逮捕されたのだと話すと彼は狼狽して言いました。「こんなことをしたいわけじゃないだろ。まず話をしてもいいかい?」


“Sure,” I replied, “but I've made up my mind.” Then another officer came up and said we had to move the arrest process forward.
「もちろん。」と私は答えました。「しかし私は心を決めたんだよ。」すると他の警官がやってきて逮捕のプロセスを進めなければならないのだと言いました。


Again, everyone was polite, friendly and concerned for my wellbeing. Before climbing into the back of their car, I asked if I could bow to the four directions and they agreed.
繰り返しますが、皆、とても礼儀正しく、親しみがあり、私の体を心配してくれました。パトカーの後部座席に乗り込む前に、かがんでもよいかと頼むと、彼らは認めてくれました。


I was locked into a cell for about 4 hours as they processed me and others that earlier in the afternoon had been arrested. I thought I would need to catch a bus back to my car (again the contradictions) and they went online to find the route and schedule for me. But on my release a group of supporters was waiting outside. They had been there in the chill afternoon and night for hours to be sure each of us had someone to welcome us. They greeted me warmly and gave me a ride.
彼らが私と、少し前に逮捕された人たちの手続きをしているとき、私は独房に約4時間入れられました。私は、自分の車のところまで戻るのにバスに乗らなければ、と考えていました。(またもや矛盾です。。)彼らはネットでルートとスケジュールを調べてくれました。しかし、私が釈放されたとき、外ではサポーターの人たちが待っていたのです。この寒い午後に、夜まで彼らはそこに何時間もいて、逮捕された人たちを皆歓迎してくれたのです。彼らは暖かく私を迎え、車で送ってくれました。


This was not even close to being one of the more unpleasant experiences of my life. My biggest complaint was that the blueberry muffin, served as part of dinner in the jail, was tasteless. It is so easy to demonize the RCMP and to focus on their at times very problematic behaviour. So I think it’s important to also acknowledge when they behave not only professionally and respectfully, but also show friendship and kindness.
この体験は、私が今までの人生で経験した不快な出来事とは似ても似つかないものでした。一番の不満は、牢獄で出された夕食の、味のしないブルーベリーマフィンでした。警官を悪者にし、時折彼らが問題行動をすることだけに焦点をあてるのは本当に簡単ですが、彼らは友情や親切心も示しているのです。


They, like all of us, are embedded in a dysfunctional system that needs to change. This will be a long process of waking up and learning to live in different ways. None of us has a complete solution to our current difficulties, but it’s vital that we move in a positive direction. Expanding pipeline infrastructure and the tar sands is not a positive or sustainable direction.
彼らは、私たち皆と同様、変える必要のある機能不全システムの中に組み込まれています。異なる方法で生活することに目覚め、学ぶのには時間がかかるでしょう。誰にも私たちが今抱えている困難に対する完全な解決策などありませんが、正しい方向に向かうことが極めて重要です。パイプラインのインフラとタールサンドを拡張しすることは正しい方向でも、持続可能な方向でもありません。





そして昨日、地質調査中に抗議者の立ち入りを禁止した裁判所命令を12月12日まで延長したいとするキンダーモーガンの要請は、BC州最高裁で却下されました。


さらに11月14日に裁判所が発した11月17日午後4時からの立ち入り禁止令を施行するために警察が引いたテープのラインのGPSの測定が誤っていたため、まったく関係ないところに立ち入って逮捕されたことになる100名以上の人の告発は無効とされました。


km bby mtn
Kinder Morgan loses bid to extend injunction


キンダーモーガンは12月1日までに撤去しなければならないことになりましたが、今からそれまでに正確に改められたラインを超えたら、それは逮捕され告発の対象となるとのこと。


そして今日、キンダーモーガンは、日曜日までの引き上げの判決に従うべく、機器等をヘリコプターで撤去し始めました。


slide_379148_4602262_compressed.jpg


この間違った図こそ転換しなければならず、

惑わされず、

本来向き合うべき相手を間違わないために、

常に自分と向き合わなければならないと、

改めて確認させられる出来事でした。



キンダーモーガンの企みは、

これからが本番です。




関連記事
スポンサーサイト

究極の責任-不服従~最後に残された市民の手段

 2014-11-22


David Suzuki's grandson's speech after his arrest for protesting Kinder Morgan
デイビッド・スズキの孫のキンダーモーガン抗議についての逮捕後のスピーチ



“I hadn't had a speech planned, so I am just going to wing it. My name is Tamo, and I am David Suzuki’s grandson.”
「スピーチをする計画はありませんでした。ただ駆り立てられているだけです。僕の名前はタモ。デイビッド・スズキの孫です。」

david_suzuki_grandson_tamo_campos.jpg


Such were the opening remarks of 24-year-old Tamo Campos, during a rainy outdoor press conference at the foot of Burnaby Mountain conservation park on Friday, one day after he was arrested.
金曜日、バーナビーマウンテン保護公園で、雨の降る野外の記者会見で、逮捕された翌日、こんな風に24歳のタモ・カンポは話し始めました。


“What is radical? Is it radical to expand fossil fuel infrastructure in the midst of climate change?”
「何が過激なのか?気候変化の只中で、化石燃料のインフラを拡大するのは過激ではないの?」

“Is it radical to use police force to quell public opinion, and public opposition?”
「人々の意見を、人々の反対意見を鎮圧するのに警察の力を使うのは過激ではないの?」

“It is not radical at all, and stand up and be arrested to unjust laws," said Campos.
「立ち上がり、不当な法の下に逮捕されることはまったく過激なことではないでしょ。」


The young man was taken into custody for breaking an injunction granted to Texas-based Kinder Morgan, to protect its survey crews attempting to do geo-technical pipeline tests for a hoped-for Trans Mountain pipeline expansion project.
この若者はテキサスが拠点のキンダー・モーガンが希望しているトランス・マウンテン・プロジェクトのための地盤工学的パイプライン調査を試みようとする調査作業員たちを守るため、彼らに対して認められた(作業を妨害することに対する)禁止命令を破ったとして拘留されました。


As of Saturday, Kinder Morgan crews are on Burnaby Mountain. Drilling equipment arrived at the work site Friday afternoon. The work requires drilling two six-inch test-holes, approximately 250 metres in depth. The work will be conducted 24 hours per day for 10 to 12 days.
土曜日、キンダーモーガンの作業員たちはバーナビーマウンテンにいました。ドリル装置が金曜日の午後には現場に到着しました。この作業で、2インチの試験用の穴を約250mの深さまで掘る必要があり、1日24時間として、10日から12日間かかるものです。


The company said in a statement that it supports "the right to peacefully protest and believes individuals can express their views in the lawful assembly area, which is near one of the work sites, while allowing our workers to continue working safely."
キンダー・モーガン社は文書にて「平和的な抗議を支持し、法的に集会が認められる場所で各個人が自分たちの考えを表現できると考えている。」と述べました。


Collecting his thoughts, Campos centered on his core message for the array of TV cameras, and reporters:
考えをまとめて、カンポはテレビカメラ、報道陣に自分の中核になるメッセージについて投げかけました。


“This is insane, why are we putting our economic system – the market – above the very ecology that we all depend upon? We’re more dependent on clean water, fresh air and clean soil, than the market! It’s the thing that keeps us alive!”
「狂っている。なぜ僕たちは経済システム-市場-を自分たちが頼っている生態系より重んじるの?僕らは市場よりも、きれいな水、新鮮な空気、きれいな土壌にもっと頼ってるんだよ。」


Pointing to the forest, he added:
森を指差し、さらに続けました。


“We have to stand up to unjust laws – to make those the laws, because those are the laws that have always governed our lives. And indigenous people have had natural laws that pre-date colonial laws by thousands of years, and we need to respect that.”
「僕らは不正の法に立ち上がらなければならないんだ。正しい法を作るために。だって、それが僕たちの命をいつも治めている法なんだから。土地に根ざした人たちには、植民地法の前、何千年も自然の法があったんだ。そして僕たちはそれを尊重する必要がある。」


The RCMP said their task was to clear the protesters from Burnaby Mountain who are in violation of the B.C. Supreme Court injunction handed down on Nov. 14, 2014.
カナダ(騎馬)警察は自分たちの仕事は、2014年11月14日にBC州最高裁判所から手渡された命令に違反する抗議者たちをバーナビーマウンテンから取り除くことだったと話しました。


rcmp_enforcing_kinder_morgan_injunction_on_burnaby_mountain_-_mark_klotz-850x567.jpg


Campos was among some two dozen protesters arrested. He is the co-founder of an environmental activist group called Beyond Boarding.
カンポは逮捕された20数名の抗議者のうちの一人でした。彼は、BEYOND BOARDINGと呼ばれる環境活動家グループの共同創設者です。


His famous 78-year-old grandfather wrote Camos a letter of support. David Suzuki is reportedly in Malaysia, though that is not confirmed.
有名な78歳の彼の祖父はカモスに支援の手紙を書きました。デイビット・スズキは、マレーシアにいると伝えられていますが、確認はされていません。


The long-time broadcaster, environmentalist and scientist just completed the "Blue Dot Tour" -- Suzuki's cross-country effort, using rockstars and entertainers, to motivate citizens to press for a change to Canada's constitution, to include environmental protection as a guaranteed legal right.
環境家、科学者として「BLUE DOT TOUR」を終えたばかりの長年のブロードキャスター・・・スズキ氏の野外での取り組みは、ロックスターや芸人を使い、保障された法的権利としての環境保護をカナダ憲法に含めるという変革を市民が推し進めるよう激励していました。


Following Campos' speech, another scientist -- SFU molecular biologist Lynne Quarmby -- took to the microphone, gave a speech, and walked up the mountain to cross the police tape, and get arrested too. She was charged with civil contempt, and intends to plead guilty, she told the Vancouver Observer.
カンポのスピーチにもう一人の科学者が続きました。サイモンフレーザー大学の分子生物学者、リン・Quarmbyがマイクを取り、スピーチし、警察の張ったテープを超えて山を登りました。そして逮捕されたのです。裁判命令に従わなかったとして告発され、罪を認めるつもりだと話しています。


lynne_quarmby_-_about_to_be_arrested_-_mychaylo_prystupa_-_2014-11-21_w3000_0-850x567.jpg




10407339_10204526006524055_7956233872666908850_n.jpg
『不条理な法と侮辱的な力に対して結局最後に私たちに残されているのは、市民としての不服従だけ。それは法の規則を十分に尊重して行われ、この国の市民としての深刻な責任を持って行われるものでもある。だから今、私は丘を登り、自分ができる限りの最高の市民となるのです。』
~Lynne Quarmby サイモンフレーザー大学







David Suzuki writes letter to grandson arrested at Kinder Morgan protest on Burnaby Mountain
バーナビーマウンテンのキンダーモーガン抗議で逮捕された孫息子へデイビット・スズキが書いた手紙



_______________________________________letter-envelope-clip-art.jpg

Tamo Campos is my grandson and I am very proud of him. He is doing what I would have done myself were it not a risk to my position as host of The Nature of Things on CBC.
タモ・カンポは私の孫です。私は彼をとても誇りに思います。自分がCBCの「THE NATURE OF THINGS」を主催する立場を脅かすことがなければ、私自身同じことをしたでしょう。


dsuzuki.jpg


The world is on a collision course with the things that keep us alive and healthy - the air, water, soil and variety of life. Corporations, especially those with head offices in some other part of the country or the world care little for the interests of local ecosystems or communities, except in so far as they interfere with the drive to maximize profit for shareholders. They have no obligation to protect local ecosystems or local communities. Their sole goal is to make as much money as they can get away with.
世界は私たちを生かし、健康を保つこと-空気、水、土壌、多様な生物-とぶつかっています。特に国の、あるいは世界の他の場所に本社のある企業は地域のエコシステムや社会の利益をほとんど気にしていません。株主の利益を最大にするという精力を妨害しない限りは。彼らには地域のエコシステムや地域社会を守るという義務がないのです。彼らの唯一の目標は、彼らがやりおおせる限りのお金をもうけることなのです。


All over the world, local citizens and communities are standing up to protect their ecological, social and economic interests against these invading entities that behave like thugs, intimidating with SLAPP suits and using every legal tool, anything to keep on their destructive path while avoiding the important issues like climate change and threat of spills being raised by protesters.
自分たちの破壊的な道をたどり続けるためにSLAPPスーツで脅し、あらゆる法的手段を使い、気候変化や抗議者によって取り上げられている漏洩の怖れのような重要な問題を避け、暴漢のように振舞う侵入組織に対して、世界中で、地域の市民、社会が自分たちの生態系、社会的、経済的利益を守るため、立ち上がっています。


I say all this to set the action of Tamo and others in context. Tamo is fighting for the world that will be left to his generation in the future. I believe what Kinder Morgan and companies like it are doing is an intergenerational crime but there are no legal precedents to pursue criminal charges on that basis.
私はこのことを、タモと他の人々の行動を評価するためにここで言っているのです。タモは将来彼の世代に残されるであろう世界のために戦っています。私は、キンダーモーガンと彼らのような企業がやっていることは、世代間の犯罪であるのに、そのようなことで犯罪として追求する法的前例がないのだと考えています。


Before corporations had become so powerful, every generation aspired to leave a better future to their children. That is not on the corporate agenda. I beg you to consider the fact that there are few legal avenues to protest what I believe is criminal activity of corporations like Kinder Morgan so citizens are being forced to participate in civil disobedience. Are we so blinded by the power and influence of corporations that their short sighted agendas are above consideration of their potential of catastrophic ecological and social consequences?
法人たちがこんなにも力をつける前には、すべての世代が自分たちの子供たちによりよい未来を残すということを熱望していました。これは大企業の課題ではないのです。キンダーモーガンのような企業の犯罪行為だと私が考えていることに対して、抗議する法的手段はほとんどないので、市民たちは不服従という行為に参加することを強いられているということを、私はあなた方に考えてほしいと切に願うのです。


My grandson is taking an active role in the struggle for human rights, social justice and environmental protection, he is not a criminal. He has done this without attempting to ride on or hide behind my coat tails. He is a role model for young people today, inspiring them to get involved in issues of their future. I hope the court will be cognizant of this.
私の孫息子は、人権、社会の正義、そして環境保護のために積極的に戦うという役割を果たしています。彼は犯罪者ではありません。彼は、私の力を借りたり、私の影に隠れたりすることなくそれをやったのです。彼は、今日の若者たちの見本です。若者たちを、自分たちの未来に参加させるために鼓舞しているのです。私は、このことを裁判所が認識しほしいと願っています。

David Suzuki, Emeritus professor, UBC
BC大学名誉教授 デイビッド・スズキ




市民が払っている税金で裁判所も警察も動いています。

そして私たちのお金で雇われている彼らは、

自分たちの環境を守ろうとする市民を他国の大企業のために制圧しています。

それは、彼ら個人の意思ではなく、

そういう仕組みが出来上がってしまったことの結果です。

仲間が仲間を制圧し、仲間同士を戦わせ、

本来立ち向かうべき相手は、その陰で見物しているだけです。



ここで起きていることは、世界中でまかり通っていることの一部でしかありません。



景気がよくなってほしい?

今、本当にそんなことが選挙の争点になっているのだとしたら、

その国の人々は、一番大切なものを失っていくでしょう。


もう


時間はそんなにありません。





関連記事

森の命のコミュニケーション

 2014-11-02


Do trees communicate



わたしの調査によれば、木々は確かに伝達しあっています。

そう、伝達の方法です。

tree1.jpg
木々は伝達しあう?


これらの植物たちはある意味、ダーウィンが考えていたような、最適な生き残りをかけて競っているというような個々の存在ではないのです。

実際は、それぞれが相互作用しながらお互いが生き残れるよう助け合おうとしているのです。




tree2.jpg
森に広がるネットワーク


私は森林学者で、地下群生の研究専門です。キノコ類が実際にある植物から他の植物をつなげるのだということを発見しました。


tree3.jpg


ここのこの木は、根を広げあらゆるところまでのびています。
木から離れるほどその木に関わる根を見つけることができます。

ここが、キノコ類が栄養素を捕らえて集めているところで、その炭素を木が感じ、根のシステムをとおしてそれがキノコの中へ入っていき、その根の皮層細胞とキノコ細胞との間に接点があり、その皮層細胞を包み込んでいて、そこでやり取りが生じるのです。

tree6.jpg


つまり何メートルも離れたところで、ある植物と他の植物が関連しあっていて、必須なところに炭素と窒素をあちらこちらへと動かしています。

tree7.jpg








tree4.jpg
母なる木


母なる木は、大きな古い木だと私たちは考えてきました。森の中を歩いていると目をひくものです。

この幹は樹齢500年くらいのものです。巨木で莫大なネットワークで連携しています。なので、これが母なる木だと考えるでしょう。ある意味、この森では支配的な木で、おそらくこの辺全ての木と、違う種の食物であってもネットワークがあるでしょう。

tree8.jpg


なので、この木はおそらく、見渡せるかぎりの木と繋がっており、その間の木は、ネットワークの橋渡しをしているのです。


tree9.jpg


この総合体には、本当にとても複雑なシステムがあり、それは、地球が複雑なシステムの生物圏であるようなものです。それがどのように働くのか、というのは、全てのパーツの中にある全てのパーツが協力しているということです。キノコ類が木と協力しているように。

これは、私たちの脳がどのように働いているかに似ています。神経のネットワークの中で、ニューロン(神経細胞)と軸索突起で成っており、ニューロンは物理的に関連し、理論的にも関連しています。メッセージを行き来させ、お互いに頼っているからです。


tree10.jpg


森のエコシステムのような働きです。つまり、森の中でその木のキノコ類が協力しあい、多くの構成がなせるようにしているのです。そしてその構成は、種の多様性や、森の構成の多様性を示し、そしてその多様性こそが、この森に弾性エネルギーを与えているのです。襲ってくるかもしれない、山火事あるいは昆虫、または強風のような予期せぬ出来事に絶えうる弾性エネルギーです。多様性があるからこそ、そこに生き残れるものがあるのです。


tree11.jpg





tree5.jpg
失われた遺産


なので、今まで時に私たちが森にしてきたことは、これらの母なる木の役割に、あるいは木々が実際にはその遺産を新しい世代に引き継いでいるということに一切注目しなかったということです。


tree12.jpg


変わりに私たちがしたことは、死んでしまった木を切り倒し、ツーバイフォーの木材にしてきたのです。そうすることで、木々に(森の)コミュニティーに戻るという機会を与えることができなかった、と私は思います。


tree13.jpg


死んでしまった木は完全に崩壊してしまう前に、生きている木々から息吹いている若い木々へと資源を移すことができるのです。つまりそれは世代から世代へと通過していく移動なのです。


tree14.gif


私たちがそうさせてあげれば。






静かな森の中で、大いなるエネルギーが感じられるのは

そこでおきている壮大な命のコミュニケーションだったのですね。。。



人間の「破壊」というこれまでの営みを転換させ、


人間が、このコミュニティーの中で


ひとつの種として


伝達し合い、協力し合うときが来ていると感じます。





関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。