スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

犬のてんかん

 2014-07-31
夏休み。

愛犬エリーをつれて旅行に出かけました。

細いくねくね山道を走っている車の中で突然のてんかん発作。


エリー6歳。

最初の発作は3歳の夏。

熱中症かと思っていたら、次に起こったのはたしか1.2年後の春。

どうも、何か怖いもの(たいてい音)が引き金になって起こっている様子。


そして、旅行の前日の晩、ボア君が深夜近くに散歩させていたときに再び発作。

DSC_0656.jpg
右足の点々は、倒れたときの傷。。


翌日、いつも散歩中だったのが、今回は車の中。


突然ばたん、と倒れ、激しい痙攣が続き・・・

硬直してのけぞり、泡を吹き、白目をむき、苦しそうにあえぎ、うめき声を発し・・・・


これで死んでしまうのかも・・・ということが頭によぎる。。。


でも、そんなことは到底受け入れられず・・・


改めて「てんかん」について調べてみました。


seizure.jpg


Seizures in Dogs & Cats: An Integrative Approach with Natural Options
犬、猫の発作: 統合的自然療法

---犬の部分だけ抜粋

Allen M. Schoen, D.V.M., M.S.


One of the most frightening scenes for a dog or cat caregiver to see is their loved one having an epileptic seizure. Often times, they lose control, fall over, chomping their teeth, salivating, whining, paddling with all their feet and totally out of control. One feels helpless, hopeless and panicked when watching it happen. Until recently, once the cause was diagnosed, the only options were strong anticonvulsants that could have serious side effects. Sometimes, these still are your only option. However, over the past decade, natural approaches have been found to be helpful in some patients, either prior to stronger medications or in addition to them, so that you may not need as high a dose. Let us take a look at some of the causes, see what we can do to prevent them and what our options are.
犬や猫の飼い主にとって最も恐ろしい光景の一つは、愛する彼らがてんかん発作を起こすのを見ることです。しばしば彼らはコントロールできなくなり、倒れ、歯軋りをし、泡を吹き、鼻声で鳴き、足をバタバタさせ、完全にコントロールできなくなるのです。目の前で目撃すると絶望的になり、パニックになる人もいます。最近までは、一度原因が診断されると、副作用を起こす可能性のある強い抗けいれん薬が唯一の治療法でした。時にはまだこれが唯一の選択肢でもある場合もあります。しかしながら過去10年以上で、犬によっては自然療法が役立つことが分かってきました。強い薬の前に試したり、強い薬と併用することもできます。そうすることで、薬の量が少なくても良いかもしれません。いくつかの原因を、そして、発作を防ぐために何ができて、どのような選択肢があるのか見てみましょう。


Dr. Roger Clemmons, a renowned professor of neurology and neurosurgery estimates that nearly 1% of our dog population has some form of seizure disorder. Certain breeds with hereditary epilepsy may have as high as 15-20% incidence. This is normally called “idiopathic” epilepsy, in other words, we are not sure what caused it. Breeds that appear to be more susceptible to epilepsy include Cocker spaniels, Collies, german shepherds, golden retrievers, dachshunds, irish setters, labrador retrievers, miniature schnauzers, poodles, saint bernards, siberian huskies as well as wire-haired terriers. One big step in prevention is not to breed dogs that have a predisposition for epilepsy. This alone would decrease the incidence and the owners fears that go along with it. If you are looking for a purebred pup, make sure to check as thoroughly as possible that it does not run in the line that you are thinking of getting a pup from.
神経学、神経外科学の高名な教授であるロジャー・クレモンズ博士は、全体の約1%の犬にいくらかの発作の病気があると推測しています。犬種によっては、15-20%まで高い確率で遺伝的にてんかんもちである可能性があります。これは通常、「突発性」てんかんと呼ばれています。言い換えれば、何が原因が分からないということです。明らかにより影響を受けやすい犬種は、コッカースパニエル、コリー、ジャーマンシェパード、ゴールデンレトリバー、ダックスフンド、アイリッシュセッター、ラブラドールレトリバー、ミニチュアシュナウツァー、プードル、セントバーナード、シベリアンハスキー、硬い毛のテリアです。


What do you see, if your dog or cat has seizures? It can vary quite a bit. Sometimes you barely see anything except chomping their teeth rapidly out of control with a bit of salivation. Other small seizures may also resemble what is known as “fly-biting behavior”. This is when they are snapping into thin air as though they are going after a fly. However, most seizures are much more dramatic than that and quite scary to see. Often, your furry friend will stiffen up all over their body, start chomping at the mouth, fall on their side, almost unconscious, start whining or howling, sometimes urinate and defecate and lose all control of bodily functions, jerking and paddling their legs. They may only last a minute or two or may continue for longer periods of time. Occasionally they will go into what is known as status epilepticus, where they will not stop on their own, but will continue until strong medications are administered by a veterinarian. If your dog or cat does not stop within a few minutes, you should contact your veterinarian or an emergency clinic immediately.
犬が発作を起こしたときは、どんな風でしょう?それは実に様々です。コントロール不能の激しい歯ぎしりと唾液を少し出す以外にほとんど何も分からないときもあります。また、軽い発作の場合、「ハエを噛むような振る舞い」と知られているものに似ているものであるかもしれません。まるでハエを追うように空気に噛み付いているようなときです。しかしながら、ほとんどの発作がこれよりずっと劇的で、見るにはかなり恐ろしいものです。しばしばあなたの毛むくじゃらの友は全身に痙攣を起こし、歯をがちがちいわせ始め、横に倒れます。ほとんど意識不明の状態で、鼻声で鳴き、遠吠えを始めます。時にはおしっこやウンチを漏らし、身体の全ての機能を失い、ピクピクし、足をバタバタさせます。おそらく1分か2分続きますが、もっと続くこともあります。時折てんかん発作重積状態として知られる状態になり、自分で止められなくなり、獣医による強い薬が処方されます。数分で発作がおさまらない場合は、すぐに獣医か救急クリニックに連絡してください。


If this has happened more than once, a comprehensive workup should be performed including blood tests, x-rays and whatever else may be needed, even electroencephalograms occasionally. Certainly there are many causes besides hereditary epilepsy. These include poisonings, low blood sugars, liver and kidney disease, tumors, and sometimes even something as simple as food allergies. Some food allergies are not just to foods but rather to chemicals, preservatives, flavors etc. in certain foods. Food allergies are not that uncommon in many dogs these days and should be ruled out if suspicious.
1回以上起こった場合、血液検査、レントゲン、更に総括的な検査が必要です。脳波の検査が必要かもしれません。遺伝的てんかんのほかの多くの原因が確かにあります。原因は、毒、低血糖値、肝臓や腎臓疾患、腫瘍、時には、食物アレルギーのような単純なことであるのです。食物アレルギーは食事だけでなく、むしろ一定の食物に含まれる添加物、保存剤、フレーバーなどでしょう。食物アレルギーは近頃では多くの犬に普通に見られ、疑われる場合は避けるべきです。


Once you have a diagnosis and it is not something that you can cure and you realize that you and your buddy may have to live with and manage these seizures, one now can look at a number of different options including nutritional supplements, acupuncture, homeopathy and herbs as well as conventional medications.
一度診断され、それが治せるようなものでなく、あなたの親友と生涯付き合い、発作を管理していかなければならないと認識したら、栄養剤、鍼、ホメオパシー(類似療法) 、ハーブ、従来の薬などの様々な選択肢があります。


The first step is to consider a more natural diet. In my opinion, nothing beats a home-made balanced natural diet! I stress balanced, because an unbalanced diet can be just as bad as a poor quality processed food. The purpose is to try to remove any possibility of chemical sensitivities to different food additives, preservatives or other chemicals. I have seen dogs with occasional seizures completely resolve with a home made natural balanced diet.
まず考えられるのは、より自然な食事です。わたしの考えでは、ホームメードの食事に勝るものはありません!バランスの取れたものが大事です。バランスの欠けた食事は悪質なプロセスフードと同じくらい体に悪いのです。目的は、様々な添加物、保存料、他の化学物質に対する敏感性のあらゆる可能性を取り除くことです。たまに発作を起こす犬がホームメイドのバランスの取れた自然食に変えただけで、完全に解決できた犬を見てきました。


The next step is to try to remove as many other toxins from our furry friends environment. Innocently, we try to help our pets remain free of parasites such as fleas, ticks and heartworms and inadvertently end up putting multiple toxins in their body. No one knows what many of these different chemicals may do when combined in the body. These studies have simply not been done! Some veterinary neurologists suggest that certain heartworm medications and flea prevention products may lower the seizure threshold of dogs and may make seizures more difficult to control. By all means, I suggest avoiding all organophosphate insecticides which tend to be neurotoxic anyway. Dr. Roger Clemmons at the University of Florida veterinary school suggests that interceptor and filaribits appear to be safer heart worm preventatives for dogs that are prone to seizures. He also feels that Frontline may be a safer flea and tick repellant for seizure prone dogs.
次のステップは、あなたの毛むくじゃらの友の環境から有毒なものを取り除く試みです。純粋に私たちはペットから、寄生虫やノミ、ダニ、をイヌ糸状虫遠ざけようとし、軽率にペットの体内にいくつもの毒を入れてしまうことになります。体内で様々な化学物質が混ぜ合わされたとき何が起こるのか誰にもわからないのです。ただ、この研究がまだ行われていないだけです!神経学獣医の中には、あるイヌ糸状虫防止剤やノミ防止剤の中に犬の発作に対する敷居値を下げてしまい、コントロールしずらくしてしまう、という獣医もいます。私は、全ての有機りん系殺虫剤を避けることを主張します。これらはいずれにしても神経に毒性があるのです。フロリダ獣医学校のロジャー・クレモンズ博士は、IntercepterFilar ibitsが発作を欲起こす犬のイヌ糸状虫の予防に安全で、ダニ、ノミ防止には、Frontlineが比較的安全だろうと言います。

Sentinel_group_420.jpg
これ、飲ませてた・・・しばらくやめていて、7月1日に、暑くなってきたし、と思って再開したばかり・・・


Some holistically oriented veterinarians feel that overvaccination with yearly vaccines may also predispose pets to epilepsy. Though there have not been any definitive studies concerning this matter, there has been sufficient evidence suggesting that we need not vaccinate our pets annually anyway. Check with a well respected holistically oriented veterinarian in regards to this matter.
また、毎年のワクチンの打ちすぎがペットの発作を起こしやすくしていると考えているホリスティック獣医もいます。これについては最終的な研究がなされていませんが、毎年ペットにワクチンを打つ必要はないことを示すのには十分な証拠があります。このことについては、評判のよいホリスティック獣医に確認してみてください。


As far as supplements go, one can use a number of supplements that appear to decrease the incidence of seizures. I suggest an antioxidant combination of Vitamin C, E, selenium along with B-6. For a 50 lb. dog, one would start with 500mg. Vit. C. 2x/day, 400 I.U. 1 x/day and 50mg. B-6 per day. Consult with your veterinarian on appropriate dosage for your pet. Other supplements that appear to help prevent seizures include DMG or dimethyl glycine which you can get from many veterinarians as well as magnesium.
サプルメントについて言えば、発作を減らすことが明らかなものがいくつもあります。ビタミンC、Eの抗酸化剤、B-6入りのサレンをおすすめします。50ポンド(22.6kg)の犬には、500mgのビタミンCを1日2回。400 I.U.を1日1回。 50mgのB-6を1日1回です。適切な量については獣医に相談してください。他のサプルメントは、多くの獣医から手に入るDMGやジメチルグリシンと、マグネシウムが発作の予防によいことが分かっています。


Acupuncture is another excellent option that I have used numerous times to successfully control seizures. There are three different approaches that I use with acupuncture. I usually begin by using an ear acupuncture tack in the dogs ears. This simply requires one office visit and I have seen many dogs stop seizuring completely with just this simple acupuncture technique. If that doesn’t control the seizures, then i consider implanting gold implants in different locations under the skin in acupuncture points on the dogs head. This is based on a study conducted by Dr. Klide at the University of Pennsylvania veterinary school. If this too doesn’t help sufficiently, then I will do traditional chinese acupuncture once a week for four to six weeks and then taper off treatments to once every month or two. This too can have excellent results. I have had dogs who seizured despite all conventional medications and stop completely for years with periodic acupuncture and they were able to lower their drug dosages as well. It is an excellent option.
発作をコントロールするのに成功した多くの例があるのが、鍼治療というすばらしいオプションです。3つのアプローチがあります。まず打つのは耳。1回の訪問で簡単な鍼のテクニックで完全に発作が止まった犬がたくさんいます。もしこれでコントロールできなければ、頭の上のいくつかの鍼のポイントの皮膚内に金のインプラントを埋め込みことを考えます。これは、ペンシルバニア獣医学校のクライド博士によって行われた研究に基づいています。これも効かない場合は、伝統的な中国の針治療を1週間に1度、4から6週間続けます。そして少しずつ少なくし、月に1度か2度にします。これも効果はすばらしいものです。従来の薬を全て試したにもかかわらず発作の起きる犬を飼っていました。そして、定期的な針治療で何年もの間発作を止めたのです。そして、薬の量を減らすこともできました。これはすばらしいオプションです。


The next step is to try to minimize stress in your pets life. It is not uncommon for a client to tell me that a particularly stressful event occurred just prior to there pets seizures. Try to avoid sudden loud noises, stressful situations and sudden changes in their environment. Herbs that may be beneficial as sedatives or antianxiolytic include valerian root, skullcap, oatstraw and kava. One may need to lower the dosage of other anticonvulsants when using herbs and supplements.
次のステップは、生活のストレスを最小限にすること。発作を起こす間に、特にストレスの多いことが起きたと話す患者さんは珍しくありません。突然の大きな音や、ストレスの多い状態、環境の急な変化を避けるようにしてください。ワレリアナ根、タツナミソウ、エンバクわら、カバなどのハーブは鎮静剤、抗不安剤として有益です。ハーブをサプルメントとして使用したときは、抗けいれん薬の量を減らす必要があるかもしれません。


harb.jpg


First Aid for Seizures  by Mary L. Wulff-Tilford & Gregory L. Tilford
発作の際の救急処置

If your animal experiences a seizure, gently protect his head from sharp or hard objects until the episode passes. Don't attempt to restrain the animals body- the muscle contractions of a violent convulsion can be self-injurious if the animal cannot move or jerk about freely. Never place your hand in or near the animal's mouth during a seizure-your companion may be unaware of your presence and may unknowingly bite you with incredible force. If you are indoors during the episode dimming the lights and speaking softly to your companion helps reduce the fear and confusion that sometimes precedes and usually follows the episode. Rescue Remedy rubbed on the ears before, during, and after a seizure sometimes helps moderate the episode and calm the animal. Be sure to take a hearty dose yourself!!!!!
あなたのペットが発作を起こしたときは、おさまるまで頭をとがったものや硬いものからやさしく守ってあげましょう。体を押さえつけたりしてはいけません。激しい発作の筋肉の収縮は動けなくなったり、自由に痙攣できなくなると自分を傷つけかねません。発作中は、手を口に近づけないでください。あなたがいることに気付かず、知らずに信じられないくらいの力でカム噛むかもしれません。発作が室内で起こった場合、灯を弱くし、やさしく話しかけると、たびたび発作の前に、大抵発作の後に起こる恐怖や混乱をやわらげます。救急処置は、発作の前、発作中、発作の後に耳をなでることです。時には発作を和らげペットを落ち着かせます。必ずあなたからの心のお薬を飲ませてあげてください。




てんかん発作が起きてから、とにかく寝てばかりいる2日間。


sleep.jpg


音に敏感で、いつも吠えていたエリーが、どんな音がしても全く吠えない。

しかもたまにふらふらして倒れそうになる・・・


いつも「あそぼっ」って催促に来てピョンピョンはねたりがーがーしたりして遊ぶのに、


こっちから誘っても反応なし・・・



うるさくて大変だったけど、


それでも、やっぱり元気な方がいい。


明日はホリスティックな新しい獣医先生と面会。

早く元気にな~れ!


ellie_2014080105270274a.jpg



関連記事
スポンサーサイト

放射能汚染地のサルー血液学的研究

 2014-07-29
guardian_logo.jpg


Japanese monkeys' abnormal blood linked to Fukushima disaster – study
研究―福島事故と関係づけられたニホンザルに見られる血液の異常


Primates in Fukushima region found to have low white and red blood cell levels and radioactive caesium
福島の霊長類に見られる白血球・赤血球低下と放射性セシウム


Damian Carrington
Thursday 24 July 2014 16.34 BST



Wild monkeys in the Fukushima region of Japan have blood abnormalities linked to the radioactive fall-out from the 2011 nuclear power plant disaster, according to a new scientific study that may help increase the understanding of radiation on human health.
新しい科学的研究によると、福島地域の野生猿の血液異常が、2011年の原発事故からの放射性降下物によるものだと関連付けられ、放射能の人間の健康への理解を深めるのに役立つかもしれません。


The Japanese macaques (Macaca fuscata) were found to have low white and red blood cell levels and low haemoglobin, which the researchers say could make them more prone to infectious diseases.
ニホンザルの赤血球、白血球、ヘモグロビンのレベルが低下していることが認められ、感染症にかかりやすくなる可能性があるのだと、研究者たちは述べています。


But critics of the study say the link between the abnormal blood tests and the radiation exposure of the monkeys remains unproven and that the radiation doses may have been too small to cause the effect.
しかし、この研究に対し、血液検査からの異常とサルの被曝の関係性は証明されておらず、被曝量が影響を及ぼすにはあまりにも少なすぎる、という批判もあります。


その被爆量とは・・・

"Total muscle cesium concentration in Fukushima monkeys was in the range of 78–1778 Bq/kg, whereas the level of cesium was below the detection limit in all Shimokita monkeys."
福島のサルの筋肉のセシウム濃縮は、1キロあがり78-1778ベクレルの範囲だった。一方、下北のサルのセシウムのレベルは全て検出限界以下であった。

注: ロシアのバンダジェフスキー教授の研究によると、子どもの体内1kgあたり10ベクレル以上のセシウム137が子どもの体内にあると、心臓疾患が生じホルモンのバランスが崩れ、50ベクレルだと重要な器官の組織が永久に破損し始める、とのこと。




The scientists compared 61 monkeys living 70km (44 miles) from the the Fukushima Daiichi nuclear power plant with 31 monkeys from the Shimokita Penisula, over 400km (249 miles) from Fukushima. The Fukushima monkeys had low blood counts and radioactive caesium in their bodies, related to caesium levels in the soils where they lived. No caesium was detected in the Shimokita troop.
科学者たちは、福島第一原発から70kmに生息しているサル61匹と、福島から400km異常のところにある下北半島の31匹のサルを比較しました。福島のサル達の血球数が低く、体内からセシウムが検出され、それは、生息地の土壌に含まれるセシウムのレベルと関係していました。下北半島のサルの群れの体内からは、セシウムが全く検出されませんでした。(セシウム134、137合計の検出限界:1キロあたり10ベクレル)


srep05793-f1.jpg


Professor Shin-ichi Hayama, at the Nippon Veterinary and Life Science University in Tokyo, told the Guardian that during Japan’s snowy winters the monkeys feed on tree buds and bark, where caesium has been shown to accumulate at high concentrations.
東京の日本獣医生命科学大学、羽山伸一教授はガーディアンの取材に対し、雪深い日本の冬の間に、サルたちは木の芽や樹皮を食べ、その芽や樹皮には高濃度のセシウムが蓄積されていることが明らかにされているのだと話しました。


“This first data from non-human primates — the closest taxonomic relatives of humans — should make a notable contribution to future research on the health effects of radiation exposure in humans,” he said. The work, which ruled out disease or malnutrition as a cause of the low blood counts, is published in the peer-reviewed journal Scientific Reports.
「分類医学的に人間と一番近い非ヒト霊長類からの初めてのこのデータは、人間の健康に放射能被曝が与える影響についての更なる調査に重要な貢献となるはずです。」と彼は言いました。血球数の低下の原因から、疾病や栄養不良を除外したこの研究は、論文審査の科学レポートジャーナルに発表されています。


White blood cell counts were lowest for immature monkeys with the highest caesium concentrations, suggesting younger monkeys may be more vulnerable to radioactive contamination. Hayama noted: “Abnormalities such as a decreased blood cell count in people living in contaminated areas have been reported from Chernobyl as a long-term effect of low-dose radiation exposure.” But other blood measures did not correlate with caesium levels, which vary with the seasons.
白血球数は幼獣で一番低く、セシウムの濃度が最も高かったことから、年の若いサルほど放射性汚染の影響を受けやすいのではないかということが考えられます。「汚染地域に暮らす人々の血球の低下のような異常は、低線量被曝の長期的影響としてチェルノブイリでも報告されています。」と羽山教授。しかし、他の血液値はセシウムのレベルと相関関係がなく、季節により様々です。

"Stepanova et al. conducted hematological studies of Ukrainian children between 1993 and 1998 after the Chernobyl disaster of 1986. They observed reduced blood cell counts, Hb, and platelet counts in these children, and found that the extent of the reduction in each child correlated with the level of radiocesium in the soil of the area of residence. "
ステパノワのチームが1986年のチェルノブイリ原発事故後1993年から1997年にかけて血液学的研究を行った。子どもの血球数、ヘモグロビンと血小板の減少が見られ、住んでいる地域の土壌の放射性セシウムレベルと関係してそれぞれの子どもたちに減少が見られた。


Prof Geraldine Thomas, at Imperial College London, said the Chernobyl studies were not “not regarded as scientifically validated” and that the correlations between the caesium and low blood counts in the Fukushima study were not statistically strong.
ロンドン・インペリアル・カレッジのジェラルディーン・トーマス教授は、チェルノブイリの研究は、「科学的に検証されたものとして認められておらず」、福島のセシウムと低血球数の相関関係の研究は、統計的に有力ではない、と述べました。


“Unfortunately this is yet another paper with insufficient power to distinguish real effects and relevance to human health,” she said. “We know that one of the most damaging health effects comes from fear of radiation, not radiation itself.” She also noted that people, unlike the monkeys, could avoid eating contaminated food from the Fukushima region.
「残念ながらこれは、人間の健康への本当の影響と関連性を識別するのには不十分な論文の1つでしかありません。最も健康を害す影響が、放射能そのものからではなく、放射能への怖れからくるものであることが分かっています。」彼女はまた、人間はサルとは違い、福島地域からの汚染食物を食べることを避けることができるのだとも言及しました。

産地がごまかされている場合はどうするのでしょう?
残念ながら「経済的」復興を目指すとき、人間は、このようなことをするのが性のようです。




スペイン南部パロマレス
秘密裏に水爆4個を搭載した米軍のB52が1966年に墜落。
プルトニウムを広範囲に飛散させた。
米軍は650人超の兵士を派遣し、約1600トンの汚染土を除去し本国に持ち帰る。
安全性をアピールするためにアメリカ大使が海で泳ぐ
事故についての情報は長期に渡り厳しく統制される。
特産品のスイカやトマトは風評で10年間ほど影響を受け続けた
当時を知る住民の多くは今も事故の話題を避ける
2000年代後半、プルトニウムの汚染が残っていることが判明。
45年間調査されなかったのは、"政治の都合で決着を急ぎ汚染処理が不十分だったため。
メディアでパロマレスのことがニュースになるたびに作物への信頼が失われた。
そのたびに
「作物をいったん別の地域に出荷して、ラベルをその地域に張り替える」
ということをしなければならない!!!

------今の日本で起こっていることと同じです。。。



Another critic, Prof Jim Smith, at the said: “I am highly sceptical of the claim. The levels of radiocaesium in the Fukushima monkeys are about the same as those found in sheep in some parts of the UK following the Chernobyl accident, i.e. extremely low in terms of damage to the animals themselves. I think it much more likely that the apparently low blood cell counts are caused by something other than radiation.”
ポーツマス大学のジム・スミス教授は、「その主張にはかなり懐疑的である。」と批判的です。福島のサルの放射性セシウムのレベルは、チェルノブイリ事故後のイギリスのある地域の羊に見られたものと同じレベル。動物に害を与えるという意味では極度に低いものである。低血球は明らかに放射能以外の何かによるものである可能性が高いと思う。」と話しました。


Prof Hayama said that caesium levels were used as an indicator of the radiation exposure of the monkeys. “The low haematological values in the Fukushima monkeys could have therefore been due to the effect of any radioactive materials,” he said. “We did not conclude the low-blood cell counts are caused by caesium but so far we cannot find other reasons except radiation.”
羽山教授は、セシウムのレベルがサルの放射能被曝の指針として使われたのだと話します。「福島のサルに見られる低い血液学的数値は、放射性物質の影響によるものであるといえる。」と言いました。「私たちは低血球数がセシウムによるものだと結論付けたわけではありませんが、今のところ放射能以外の理由が見当たらないのです。」


srep05793-f2.jpg


Engineers at Fukushima are currently working to contain thousands of tonnes of irradiated water groundwater by next March by surrounding the four damaged reactors by an underground frozen wall.
福島の技術者たちは、現在何千トンもの放射能汚染地下水を収めるため、来年3月までに地下水を凍結させた壁で損傷した4基の原子炉を囲むことに従事しています。


Other research published on Wednesday showed children, teenagers and young adults living near two UK nuclear power stations since the 1990s are not at an increased risk of developing cancer.
また、水曜日に発表された他の調査から、1990年代以来イギリスの2つの原発の近くに住んでいるこども、10代、また若者に、発癌の危険性が高まることはないということを示しました。






放射能の影響ではないとすると・・・


何の影響であるのかを

さらに共同で、研究して

明らかにしていただきたいと思います。



関連記事

4年後の郡山ー除染後の現状

 2014-07-26
4年目のホットスポット ~開成山公園編~ 福島県郡山市




私は福島県郡山市に住んでいます。今は子どもはいませんが、いつか親になったとき、子どもをどこで遊ばせるかというのが、原発事故以降、私の大きな悩みとなりました。
I live in City of Koriyama in Fukushima. I have no child yet, but since the accident, I started to worry where I can take my children to play when I have some.

koriyama1.jpg


私の近所にある開成山公園はB級グルメグランプリなど、様々なイベントが開かれる郡山市でもっとも人の集まる公園です。
Kaiseizan Park in my neighborhood is the most popular one where many people gather for various events such as gourmet grand prix etc.

koriyama2.jpg


原発事故当初、開成山公園の測定値は2マイクロシーベルトを超えていましたが、除染が行われた現在、公園内にあるモニタリングポストの数値はすべて、0.3マイクロシーベルト以下を示しています。
The radiation reading was above 2μSv there right after the accident, but it went down to less than 0.3μSv after the decontamination of the park. 

koriyama3.jpg


しかし原発事故から丸3年がすぎ、除染を終えた場所でも泥がたまり局所的に線量が高くなる、マイクロホットスポット化現象が起こっているのではないかと言われています。
But three years have passed since the accident, and people are talking about hot spots here and there even after the decontamination, especially where dirt has been accumurated.

koriyama4.jpg


原発事故から4年目を迎えた、開成山公園のマイクロホットスポットを調べてみました。
We searched those micro hot spots in the park for the fourth year after the accident.

koriyama5.jpg


今回の測定は平成26年4月22日に行いました。測定に使用した機械は、ホットスポットファインダーという環境省が実証試験を行った行政の信頼度が高い測定器。測定時間が早いため、移動しながら測定を行うことができ、空間線量マップを作りやすいという特徴を持っています。
It was April 22, 2014. We used a detector called “Hot Spot Finder” which was tested by the Ministry of Environment to prove its quality. It can measure radiation very quickly, which makes it easy for us to create radiation map while we are moving around.

koriyama6.jpg


測定は東京にあるこどもみらい測定所のスタッフの方が郡山市に住むお母さんの依頼を受け、行ってくれました。測定は子ども達の生活空間に近い場所を測るという理由から地上10cmの高さで行っています。
A staff from Kodomo-Mirai (Children’s Future) Measuring Center helped for a mother who requested monitoring. They measured 10cm above ground where children play most of the time.

「0.15、0.17、これ低い、この辺はね。0.23、0.28、0.24、0.20」
"0.15..0.17.. it’s low here. 0.23..0.28..0.24..0.20.."

koriyama7.jpg


この広場は3年前に除染が完了しています。
This area was decontaminated 3 years ago.

「ちょっとだけこっちに入っていいですか。0.26、0.34、0.48、こっち入るとやっぱり高いですね。0.79、0.81、0.62、0.63、0.54、0.61、0.71、0.77、0.94、ああ、また1とか行きそうな感じですね、この辺ね。」
"Could I get into here? 0.26..0.34..0.48….it’s higher here. 0.79..0.81..0.62..0.63..0.54..0.61..0.71..0.77..0.94…it look like going up to 1 here."


広場の中央から花壇のほうに入ったとたん、線量が上がり始めました。
The readings started to rise as soon as I went close to the flower bed.


koriyama.jpg

「なんでここ高いんですかね。ここずっと1ありますよ。1、0.88、1、1.2、1.1、1.2、1.1、0.9、0.9、0.8」
"Why it’s so high here. It's staying around 1. 1…0.88…1…1.2…1.1…1.2…1.1…0.9…0.9…0.8…"


「0.28、0.24、0.31、だいぶコンクリートの上はましですよね、相対的に。0.23、0.27、0.22、0.48、0.58、0.68、0.74、おや、この辺、高いよ。ここは。」「なんで?」「わかんないけど、0.69とか、0.74とか。」
"0.28…0.24…0.31… It’s relatively much better on the concrete. 0.23...0.27...0.22...0.48...0.58...0.68...0.74... Look, it's high here"

"Why"

"I'm not sure, but it's like 0.69 or 0.74..."

koriyaman.jpg 


ここにもホットスポットがありました。
Here is a hot spot again.


「この辺は高くて、0.66、0.62、0.56、0.35、急にここに来ると下がった、0.25。」
"It’s high here 0.66…0.62…0.56..0.35…and dropped all of the sudden…0.25"

koriyama10.jpg


モニタリングポストの数値は0.29マイクロシーベルト、しかし、少し離れると線量は上がり始めます。
The reading at this monitoring post is 0.29 μSv. But if you go further, the reading is going up.


「0.29、0.27、0.32、0.41、0.48。0.58、0.68、おや、0.65、0.60、0.63とか。」


koriyama11.jpg   


 
モニタリングポストは離れたホットスポットの存在を教えてはくれません。
Monitoring post does not tell you there are actually some hot spots away from it.

次に幼児広場の測定を行ってみました。
We measured kid’s yard next.

  koriyama12.jpg 


「0.43、0.27、0.23。砂場は低いんじゃないですかね。0.18。砂場低い。0.17、0.14、0.15、0.13、0.14。これまでの中で一番低い感じですね。0.11、0.10。良かった。」
"0.43…0.27…0.23. The sand pit must be low. 0.18. Yes it’s low. 0.17…0.14…0.15…0.13…0.14. These are the lowest readings today. 0.11….0.10…. Good."

  koriyama13.jpg 


開成山公園では砂場の砂や多くの遊具を原発事故以降、新品に取り替えました。
Sandpit sand and playground equipments have been replaced with the new ones in this park after the nuclear accident.


「こっちは0.37、0.34」砂場から少し離れたベンチに来ると、線量が再び上がり始めました。「0.46、0.49、0.51、ここのベンチは高いな。上に置く。おしりの被ばくは0.5」
"Here, it’s 0.37…0.34… ", the reading started rising when you moved away from the sandpit and loser to the bench. "0.46...0.49...0.51..." It's high on the bench. I put the counter here. The exposure to your butt is 0.5μSv."

 koriyama14.jpg 


調べてみるとベンチの下の土が湿っており泥やほこりがたまりやすくなっていました。
Dirt and dust tend to be trapped under the bench on the wet ground.


今回の測定結果は多くのポイントで0.3マイクロシーベルト以下でした。しかし、水たまりや縁石に泥がたまった所などで、1マイクロシーベルトを超える数値が計測されました。
Most of the readings from monitoring this time showed less than 0.3 μSv, but some were above 1μSv at such points as puddles or mass of dirt on curbs.

koriyama16.jpg 
 

0.5マイクロあったベンチ下の土に含まれる放射能の量を調べてみると1キログラムあたり、5,460ベクレルの放射性セシウムが計測されました。
It was 5μSv under the bench, and radioactive cesium of 5460 bq/kg was detected from the soil.
 
koriyama17.jpg 
.

また0.1マイクロの砂場の砂からは78ベクレルの放射性セシウムが計測されました。
It was 0.1μSv at the sandpit, and cesium of 78bq/kg was detected from the sand there.

koriyama18.jpg 


滑り台下のくぼみの砂からは179ベクレルの放射性セシウムが計測されました。
179bq/kg from the sand under the slide,

koriyama19.jpg 


最も高かったのは水たまりの底にたまった泥で1キログラムあたり6万4千ベクレルもの放射性セシウムが計測されました。
and highest 64,000bq/kg from mud in a puddle.

koriyama20.jpg  



ここの放射線量は1.6マイクロシーベルトに達していました。
Here, the radiation level reached to 1.6μSv.

「1.62、1.67。雨がたまっていますからね。ここにずうっとたまったんでしょうね。」
"1.62…1.67. Rain water has been collected here.. may be for very long time."

「本当にやりきれないと思いますよ、住んでいる方とかね、地域の方。こんなきれいな公園なのにね。線量計もっていなかったら、ただ綺麗だな、と思うだけだけど、測ってみたら、もう、ね、あっちゃいけない数字ですから、これは。1.71、1.64、1.63、これもうね、まあ絶対、普通見ない数字ですね。」
"It must not be acceptable for the residents here. It’s just such a beautiful park. You just feel it’s so pretty if you do not have dosimeter. But once you turn it on…it’s not acceptable number. 1.71..1.64…1.63. You don’t see such high numbers in your ordinary life."

koriyama21.jpg 



こうした問題について、公園の近くに住む者として市役所に問い合わせてみると、市でもマイクロホットスポットがあることを確認しており、現時点で国の施策で再除染は認められてはいないが、郡山市としてはなんとかしたいと思っている、と話してくれました。しかし、除染の進捗率が94%に達する公園などの公共施設に比べ、住宅の除染進捗率は約5割と立ち後れており、住宅除染を急いでほしいという市民の要望もあるため、対応に苦労している様子が伝わってきました。
I inquired of the city hall about this issue. They acknowledged the fact that there were micro hot spots here and there, but State does not admit the requirement of re-decontamination. The city official told me Koriyama was thinking of resolving this problem. However, the progress of decontamination efforts for the residences is only 50%, while that of public facilities like parks reached 94% completion. Citizens are asking for faster decontamination for their houses, and I can understand it’s hard for the city to respond all those requests at once.

koriyama22.jpg 


今、4年目のホットスポットの問題が放射能汚染の被災地で明らかになり始めています。
The reality of those hot spots 4 years after the accident is about to be revealed in those affected areas in Japan.





溶けた燃料の状態も分からず、

汚染水漏れを止めることができないこともさることながら、

この現実の解決策を見つけられずに、

再稼動を考えてよいのでしょうか???




関連記事

チェルノブイリの長い影。。。忘れ去られた福島事故。。。

 2014-07-12
guardian_logo.jpg


The long shadow of Chernobyl
チェルノブイリの長いかげ



John Vidal
Friday 4 July 2014 06.00 BST


che1.jpg


A new book from National Geographic photographer Gerd Ludwig documents the worst nuclear disaster in history with sobering but stunning images. Ludwig visited Chernobyl nine times in 20 years to tell the stories of the lives of the victims, the exclusion zone and the abandoned city of Pripyat. The book also contains an essay from former president Mikhail Gorbachev on how the accident changed the course of the world's history by accelerating the collapse of the Soviet Union.
ナショナル・ジオグラフィックの写真家、ゲールト・ルートヴィヒが出した本には、冷静であるが衝撃的な写真が記録されています。ルートヴィヒは立ち入り禁止地区と廃墟となったプリピャチの犠牲者の生活について伝えるために、20年間で9回チェルノブイリを訪れました。その本はまた、事故がソ連崩壊を加速させることでいかにして世界の歴史の道筋を変えてしまったのかについてのミカエル・ゴルバチョフのエッセイも載せています。


che2.jpg


Victor Gaydack is now in his 70s and lives in a Kiev suburb. In April 1986 he was a major in the Russian army, on duty when reactor four at Chernobyl exploded. He was one of tens of thousands of fit, young “liquidators” sent in from all over the Soviet Union to try to make safe the stricken reactor. Since the accident, Gaydack has suffered two heart attacks, and developed severe stomach cancer.
ビクター・Gaydackさんは、今では70代で、キエフ郊外に住んでいます。1986年4月に彼はロシア軍の少佐で、チェルノブイリの4号機が爆発したとき勤務中でした。ソ連のいたるところから破壊された原子炉を安定させようとしにきた何万人もの若くて適任のリクビダートルの一人でした。事故以来、Gaydackさんは2回心臓発作にあい、深刻な胃がんを患いました。


Who is to say that Gaydack’s conditions were not caused by the accident or would have happened without the explosion? Or that the many mentally disabled Belarussian children and the thousands of people born in the fallout region who today suffer from thyroid cancers and congenital diseases were not also Chernobyl victims? Estimates of the eventual deaths, cancers, heart diseases, ailments and malformations that will eventually result from the accident vary enormously and are still bitterly contested by scientists.
Gaydackさんの病状が事故によるものではなかったとか、爆発しなくてもなったと誰が言えるでしょう?あるいは多くの精神的障害を持つベラルーシのこどもたちや、甲状腺癌、先天的疾患に今苦死んでいる、放射能降下地域に生まれた何千人もの人々も、チェルノブイリの犠牲者ではなかったと誰が言えるのでしょうか?最終的な死亡、癌、心臓病、疾患、奇形の数の推測はあまりにも様々で、今でもなお科学者によって論議されています。


What is certain is that about 350,000 people like Gaydack were evacuated and resettled from the high-level 2,600 square kilometre contamination zone that stretches from Ukraine into Belarus and Russia. It is certain, too, that the accident cost tens of billions of dollars in today’s money and that the area around the plant will be psychologically cursed for hundreds, if not tens of thousands of years.
確かなことは、Gaydackさんのように、約35万人の人々が避難し、ウクライナから、ベラルーシ、ロシアにまで至る2600平方kmの高い線量の立ち入り禁止地区から移住したということです。そしてまた、その事故で現在の額で何百億ドルもかかり、原発周辺の地域は何万年ではないにしても、何百年もの間心理的にたたられることになるということもまた確かなことです。


What has been less understood however is that Chernobyl changed the course of the world’s history and that its long shadow will hang over nuclear power for centuries. In an essay in National Geographic photographer Gerd Ludwig’s new book of the aftermath of the accident, Mikhail Gorbachev, the last president of the Soviet Union and on whose watch Chernobyl occurred, makes it clear - not for the first time - that the accident greatly accelerated the end of Soviet Union.
しかしながらあまり理解されていないことは、チェルノブイリが歴史の道筋を変え、何世紀にも渡り原子力にその長い影が残るということです。ナショナル・ジオグラフィックの写真家、ゲールト・ルートヴィヒの事故後の新しい本のエッセイの中で、ソ連最後の大統領であり、チェルノブイリが起きるのを目撃したミカエル・ゴルバチョフがそのことを明らかにしています。これが初めてではありませんが、チェルノブイリの事故がソ連の終焉を大きく早めることになったのだ、ということを。


che3.jpg


He writes:
彼はこのように書いています。

"The nuclear meltdown at Chernobyl even more than my launch of perestroika, was perhaps the real cause of the collapse of the Soviet Union five years later. Indeed, the Chernobyl catastrophe was an historic turning point: there was the era before the disaster, and there is the very different era that has followed ... the Chernobyl disaster, more than anything else, opened the possibility of much greater freedom of expression, to the point that the system as we knew it could no longer continue. It made absolutely clear how important it was to continue the policy of glasnost."
『ペレストロイカの施行よりも、チェルノブイリでのメルトダウンが、おそらく5年後のソ連の崩壊の本当の原因であった。実にチェルノブイリでの大惨事は、歴史の分岐点であった。悲劇の前の時代があった。そして、全く違う時代が後に続いた。チェルノブイリの惨事は、他の何よりもはるかに表現の自由の可能性を開いた。そのシステムがこれ以上続くことはありえないのだと知ることとなったのだ。情報公開の政策を継続することがいかに重要なのかが完全に明らかにされた。』


There’s no photograph of Gorbachev, but there is one of Gaydack, in his flat watching, horrified, as the Fukushima disaster unfolds on television 26 years later. There are also plenty of heartbreaking images of children without limbs, dramatic shots of the physical disaster in the belly of the stricken reactor and the wild world that has been left beyond ground zero.
ゴルバチョフの写真はありませんが、26年後にアパートで福島事故をテレビで見て恐れおののいているGaydackさんの写真のの一つがあります。また、手足のない子どものような多くの痛ましい写真、崩壊した原子炉の腹部そのものの劇的な写真や、グランドゼロの現場を越えて残っている手付かずの世界など多くの写真が載せられています。


“It is virtually impossible to connect specific illnesses to particular causes, but there is no doubt that the families and the doctors who work with the sufferers in radiation hospitals and who are brave enough to speak out have good reason to blame the disaster,” says Ludwig, who has documented the world’s worst nuclear disaster in nine visits over 20 years.
「病気の原因を特定するのは実質的に不可能です。しかし、被曝病院で苦しんでいる患者を診ている家族や医師達や、勇敢にも声を上げる人たちには、それが事故のせいだとするに足る理由があることは疑いの余地がありません。」と20年間に9回世界最悪の原子力事故現場に訪れ記録してきたルートヴィヒは話します。


“Women exposed to the fallout as children have now reached childbearing age and fear giving birth to babies with congenital defects, worrying how radiation may have affected their genes. While some in the scientific community question that birth defects and retardation are directly attributable to the disaster, noted scientist Alexei Okeanov [of the International Sakharov Environmental University in Minsk, Belarus] calls it ‘a fire that can’t be put out in our lifetimes’.”
「子供の時に降下物に被曝してしまった女性たちは、今出産可能な年齢になっていて、放射能が彼女たちの遺伝子にいかに影響を与えているかもしれないと、先天性異常の赤ちゃんを産むことを怖れているのです。出生異常や知能遅れが直接事故のせいであるということに疑問を投げかける科学集団がいる一方で、ベラルーシ、ミンスクにある国際サハロフ環境大学の科学者、アレクセイOkeanov氏は、『私たちが障害消すことのできない炎』であると言っています。」


Workers enter the so-called diarator stack, where they drill holes in the concrete to install support beams that are supposed to stabilise the outward leaning western wall which is in danger of collapsing. Their dark workspace is located close to the centre of the explosion and is so highly contaminated that they can only work in 15-minute shifts despite wearing highly protective gear and respirators.
崩壊の危険がある西側の外側に傾いている壁を安定させるとされる支持梁を設置するためにコンクリートに穴を開けに作業員たちが入ります。その暗い作業場は爆発の中心部近くに位置し、かなり高度に汚染されているため、作業員たちは高質の防護服と防毒マスクを装着していても15分しか働けません。


che4.jpeg


Entombing the radiation, a brick wall blocks the entrance to the control room of reactor four, where the fatal mistake occurred. It created a safer passage for workers who have to walk through the area. After the Chernobyl nuclear accident, a concrete and steel encasement, the so-called sarcophagus, was hastily erected to contain the radioactive remnants inside the failed reactor. Only intended to be temporary, it is leaky and structurally unsound. Scientists agree that it will ultimately give way, shaking loose enough radioactivity to cause a second disaster of even greater magnitude.
放射能を葬るのに、致命的な間違えが起こった4号炉の制御室への入り口はブロックの壁でふさがれています。それで、その場所を通り抜ける作業員たちのより安全な通り道ができたのです。チェルノブイリ事故の後、石棺と呼ばれるコンクリートとスチールの箱が事故を起こした原子炉内に放射性残物を収めるために早急に立てられた。一時的なものとしかされておらず、漏洩しやすく、構造的に安全ではありません。科学者はそれが最終的に崩れ、更に大きな規模の2次災害を起こしかねないくらいの放射性物質を放出しまうだろうということに同意しました。


che5.jpeg

A radiation sign along a road near Pripyat warns of radiation. The tranquility of the sight on an evening of heavy snowfall belies the lingering danger looming in the peaceful winter landscape. On April 26, 1986 at 1:23 am, the Chernobyl nuclear power plant's reactor number four blew up after operators botched a safety test, triggering the world's worst nuclear disaster to date. The nuclear accident at the in Ukraine contaminated thousands of square kilometres, forcing 150,000 inhabitants within an area now known as the exclusion zone to hastily abandon their homes.
プリピャチ近くの道路沿いの放射能のサインは、放射能について警告しています。平和な冬の景色、雪が降りしきる夜のその静寂な光景は、迫りくるいつまでも長引く危険とは反しています。1986年4月26日、午前1時23分。チェルノブイリ原発の4号炉が安全検査の手違いの後爆発し、今のところ世界で最悪の大惨事をひきおこしました。このウクライナの原子力事故で、何千平方kmもが汚染され、今は立ち入り禁止地区として知られている地域内に住む15万の住民は、あわただしく自分の家を立ち去らざるを得なかったのです。


che6.jpeg


At the Thyroid Centre in Minsk, surgery is performed on a daily basis. Amongst the patients in room #4 was Dima Bogdanovich, 13, who had just undergone his first surgery for thyroid cancer, and liquidator Oleg Shapiro, 54. He was exposed to high doses of radiation while remanteling small wooden homes in the villages close to the reactor. His commission was originally for six months. Blood tests were administered after three months and the workers were mysteriously sent home. Oleg says that out of the 300 workers in his brigade, one-third have since died. He himself has already been through three thyroid operations.
ミンスクにある甲状腺センターでは、手術が毎日行われています。4号室の患者の中で、13歳のディマ・ボグダノヴィッチと54歳のリクビダートル、オレーグ・シャピロは、甲状腺癌の最初の手術をしたところです。彼は原子炉近くの村にある木造の小さな家を再築している時に大量に被曝しました。3ヵ月後に血液検査をし、作業員たちは不思議にも家に戻されたのです。オレーグは、自分の隊の300人の作業員のうち、3分の1は死んでしまったと言います。彼自身は、既に甲状腺の手術を3回しています。


che7.jpeg


Despite scientific dispute over the cause of physical malformations, many homes in Belarus receive support from Chernobyl aid programmes funded by various international aid organisations around the world. Activist Adi Roche, is an Irish woman who founded the organisation, Chernobyl Children, and produced the 2004 Academy Award-winning documentary on Chernobyl victims called Chernobyl Heart. Adi has made the care of Chernobyl victims the centre of her life. Her organisation gives major help to the children's home in Vesnova, which cares for 150 abandoned and orphaned children with severe mental and physical disabilities. Some pictures show children with lesser disabilities harvesting fields and taking care of farm animals to produce food for the home.
身体的な奇形の原因を巡る科学的議論にもかかわらず、ベラルーシの多くの家庭は、世界中の国際的救済組織により設立されたチェルノブイリ救済プログラムからの支援を受けています。チェルノブイリの子どもたち、そして、2004年にアカデミー賞を受賞したチェルノブイリの犠牲者についてのドキュメンタリー、チェルノブイリハートが制作されています。アーディはチェルノブイリの犠牲者たちの面倒を見ることを生涯の目的にしました。彼女の組織は、重度の精神的、肉体的障害のある150名の見捨てられた子ども、孤児の世話をしています。いくつかの写真は、障害の軽い子どもたちがホームの食事となる畑で収穫作業をしたり動物の世話をしている様子を写しています。


che8.jpeg


We helped Ludmila Kirichenko, 49, her daughter Tatyana, 22 and their friend Ludmila Shapovalova, 55 to be allowed to privately visit their former hometown of Prypyat. It was only the second time that Shapovalova came to Prypyat since she had to leave 19 years ago. Together they visited the graveyard, the kindergarten, the hospital where both women gave birth, both of their apartments and the Polissia Hotel. In between they stopped for a picnic in the main square.
私たちは、49歳のリュドミラ・キリチェンコ、その娘のタティアナ22歳、友人のリュドミラ・シャポヴァーロバ55歳が故郷のプリピャチを訪問できる許可を取る手助けをしました。19年前に後にして以来、シャポヴァーロバさんがプリピャチを訪れるのはたったの2回目です。一緒にお墓、幼稚園、子どもを生んだ病院、彼女たちのアパートやポリーシャホテルを訪れました。合間に彼女たちはピクニックするのにメイン・スクエアーに立ち寄りました。


che9.jpeg


92-year-old Kharytina Descha is one of the few elderly people who have returned to their village homes inside the exclusion zone. Although surrounded by devastation and isolation, she prefers to die on her own soil. As she has difficulties walking and hearing she does not have much communication with anybody in the village but seems to be quite content with her situation. After the catastrophe, close to 100,000 inhabitants who lived in villages inside the 30km zone were evacuated. Ignoring radiation levels, a (now diminishing) number of elderly people have returned to their homes. At first Ukrainian officials discouraged them, but soon they turned a blind eye.
92歳のKharytina Deschaさんは、立ち入り禁止地区内の自宅に戻った数少ない老人の一人です。荒廃と孤立に囲まれていますが、彼女は、自分の土地で死にたいと思っています。歩くのも困難で、耳も遠いので、村の誰ともコミュニケーションをとることはあまりありませんが、自分の状況に満足しているようです。惨事の後、30km圏内の村に住んでいた10万人近くの住民は避難しました。放射線レベルを無視し、(今では数が少なくなっていますが)老人たちは自宅に戻っています。当初、ウクライナ政府は彼らを思いとどまるように言っていましたが、すぐに見てみぬふりをするようになりました。


che10.jpeg


When Soviet authorities finally ordered the evacuation, the residents' hasty departure often meant leaving behind their most personal belongings. The Soviet Union only admitted to the world that an accident had occurred two days after the explosion, when the nuclear cloud reached Sweden and scientists there noticed contamination on their shoes before entering their own nuclear power plant.
ソ連政府がついに避難を勧告したとき、住民たちのあわただしい出発で、自分たちの私物のほとんどを残してきました。ソ連は世界に対し事故が起こったことを認めたのは、爆発から2日経ってからのことでした。放射能の雲がスウェーデンに到達した時、そこの科学者たちは、自国の原発に入る前に自分たちの靴から汚染に気がついたのです。


che11.jpeg


Victor Gaydak, 70, liquidator of the Chernobyl accident, is watching the news from the nuclear disaster in Fukushima, Japan. A major in the military, he was on duty when the explosion occurred. Following the disaster he had two heart attacks, and developed severe stomach cancer. Evacuated from Pripyat, he now lives with his family in Troeschina, a suburb of Kiev, where more than 30% of the population are people relocated after the Chernobyl accident. An estimated 800,000 people, called liquidators participated in containing the Chernobyl disaster, cleaning up after the accident, and building the sarcophagus around the destroyed reactor. Most liquidators received high doses of radiation resulting in cancers and other diseases induced by their exposure, often only showing up decades after the event.
70歳のビクター・Gaydackさんはチェルノブイリ事故のリクビダートルで、日本の福島の原子力事故のニュースを見ています。軍の少佐で、爆発が起こったときは勤務中でした。事故後に2度心臓発作を起こし、深刻な胃がんを患いました。プリピャチから避難し、今は家族とキエフの郊外に住んでいます。人口の30%以上はチェルノブイリ後に移住してきた人たちです。推定80万人の人々が、チェルノブイリ事故を収めるためにリクビダートルとして参加しました。事故の後始末をし、崩壊した原子炉の周りに石棺を造ったのです。ほとんどのリクビダートルが高線量を受け、その結果発癌したり、被曝による他の病をわずらいました。しばしば発症するのが何十年もたった後でした。


che12.jpeg


The empty school rooms in Prypyat- once the largest town in the zone with 49,000 inhabitants - are being taken over by nature.
プリピャチの空っぽの教室。かつては49万人が暮らす最も大きな町でしたが、今は自然に取って代わられています。


On April 26, 1986, the nuclear accident at the Chernobyl Nuclear Power Plant in Ukraine contaminated thousands of square miles, forcing 150.000 inhabitants within a 30km zone to hastily abandon their homes. Nineteen years later, the still empty school and kindergarten rooms in Prypyat- once the largest town in the zone with 49.000 inhabitants bear witness to the sudden and tragic departure.
1986年4月26日、ウクライナのチェルノブイリ原発での事故は、何千平方マイルもの土地を汚染し、30km圏内の15万人の住民があわただしく自分たちの家を追われることになりました。19年後もプリピャチの学校や幼稚園は空っぽのままです。かつては49万人のこの地区では最も大きかった町が、その急な悲劇的な立ち退きの目撃者なのです。





福島で避難地域だった場所は、許容被曝量を引き上げるという形で人々を戻そうとしています。


原発の審査に厳しかった原子力規制委員会メンバーは、厳しすぎるからという理由で後退させられ。。。

「就任前直近3年間に、原子力事業者及びその団体-電事連、日本電機工業会、電中研、原産協会等の原子力事業者の団体-の役員、従業者等であった者は欠格」であるとされているにもかかわらず、

原子力学会元会長が後任。

九州川内原発の再稼動に向けての動きが活発です。

電力会社のほうは、原発の耐震強度にかかわる基準地震動についても過小申告。


完全に福島原発事故は忘れ去られているようです。



一方で、原発から30キロ圏の9市町議会で、再稼働に反対の意思を示し、廃炉も求めた決議案が可決。


秘密保護法、集団的自衛権、原発再稼動。。。


基本的人権軽視は進行するばかり。


日本は大きな分岐点にたっています。



関連記事

命のバランスの回復

 2014-07-01
hopi.jpg



ホピ平和宣言
HOPI DECLARATION OF PEACE

起草者 トーマス・バニヤッカ 伝統派ホピ一族通詞
翻訳者 北山耕平

この地球において、真の平和を求めるすべてのひとびとの、頭とスピリットとをひとつにまとめるものが、ほんとうのホピの力のなかにはある・・・

「ホピ」とは「平和なひとびと」を意味する・・・そして、最も純粋かつ偉大な力とは平和の力である・・・なぜなら平和は「偉大なる精霊のご意志」なのだから・・・

だが、それをたんに、偉大なる精霊がけして武器を取らないようにといわれたからだとか・・・ほんとうのホピは争はないだからだとか・・・われわれがいのちの正しい道として知っているもののために死ぬこともいとわないのだとか、考えたりしてはならない。

ほんとうのホピは、殺すことも、傷つけることもなく、闘うすべを知っている・・・

ほんとうのホピは、偉大なる精霊の御光のなか、真理と良き力とを用いて、闘うすべを知っている・・・

ほんとうのホピは、明晰な思考と・・・良い絵や写真・・・そして厳密に選ばれた言葉とによって、いかに教育すればよいのかを知っている・・・

ほんとうのホピは、質素でスピリチュアルないのちの道を--生き残るであろうただひとつのいのちの道を--真に探し求める人たちひとりひとりの頭と心に届くように働きかけ、伝えていくことで、いかに世界のすべての子どもたちに、ほんとうのいのちの道の手本をみせるかを知っている・・・

ほんとうのホピが、地球で生きるための聖なる知識を絶やさないでいる理由は、地球が、ひとりの生きて成長しつつある人であること・・・そしてそのうえにあるいっさいのものが、彼女の子どもたちであることを・・・ほんとうのホピが知っているからだ・・・

ほんとうのホピは、聞く耳をもち・・・見る目をもち・・・そうしたことを理解するハートをもつ世界のすべてのひとびとに・・・正しいいのちの道を示してみせるそのやり方を知っている・・・

ほんとうのホピは、真の地球の子供たち全員の頭とスピリットの勢いをひとつにまとめあわせるにたる力を、いかにすれば呼び覚ませるか・・・いかにすればその人たちを偉大なる精霊の良き力とつなぎあわせることができるか・・・その結果この世界の苦しめるすべての場所において、苦痛と迫害に終止符を打つことができるかを知っている・・・

ほんとうのホピは、ここに、ホピの力こそが、世界に変化をもたらす原動力であることを、宣言するものである。




pray for japan


日本そして世界へ ~ 公式表明文から


ホピは今、バランスを失ったこの世界で危機に直面した日本の人々のために、
そして世界の人々のために祈っている。

誰もが母なる地球の大きな変化の時のなかにおり、
今起きていることはすでにわれわれのエルダーによって以前から予言されていた。

予言も、儀式も、地球のわれわれの聖なる大地が泣いていることを伝えている。
そして子供たちは、
彼らの未来のためにホピがいのちのバランスを回復してくれることを求めはじめている。


ホピとして、われわれは、
あなたがこの仲間に加わり、
母なる地球とすべてのいのちのバランスをとるための祈りの輪に加わることを求める。

たくさんの祈りを とおして多くの良きハートと共に祈ることで、
われわれのエルダーたちが言っていたように、
この間に起きた出来事の衝撃を軽減することが出来ると信じてい る。

ダライ・ラマや世界の人々と共に、
日本と地球とすべてのいのちのために癒しを送るための祈りに、
われわれはホピとして加わる。この変化の時にあって、
世界のすべての人々に、
よりバランスのとれた生き方に戻ることを求める。


われわれのエルダーたちは、この幾多の変化のなかをいかに通り抜けるかについて、導き­を与えてくれていた。
人類は今すべてのいのちが従うことになる細い道を選びつつあり、
われわれはいずれこの日が来ることを知っていた。


ホピは言う。われわれがこの変化の時を通り抜けていけるための道はあると。

それは、地球を敬い、そのすべてのいのちを敬い、
母なる地球の上を優しく歩くこと
だと。

われわれのハートを未来に繋がるこの細い道の心とひとつにもう一度つなぎ直すことだと­。


子供たちの未来の世代のすべてのいのちのために、庭で作物を育て、
それに水を与えることで、われらの聖なるいのちを敬い、
あなたのハートを母なる地球を讃えるホピに繋ぎ合わせてください。

カワク・ワ ロロマニ
(ありがとう。未来に良きことが起こりますように)

リー・ウェイン・ロアマイェステワ
キクモングイ シュンゴパヴィ村チーフ
ホピ・ネーション

------------------------------------------------------

脱原発、再稼動反対、秘密保護法反対、集団的自衛権閣議決定反対・・・


10307204_10204428273367364_1269419162246870144_n.jpg


全て声に耳を傾けられることはなかったけれど


そのこそこそが、


このうねりを大きくしていくことでしょう。


目指すものは、政権打倒というようなことではなく、


命のバランスを回復することです。




関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。