スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

事故は必ず起こるという冷ややかな事実~再稼動、原発輸出?!

 2014-04-27
bloomberg_logo.jpg

World Needs to Get Ready for the Next Nuclear Plant Accident
世界は次の原子力事故に備える必要がある


By Yuriy Humber Apr 4, 2014 12:39 AM PT


Three major atomic accidents in 35 years are forcing the world’s nuclear industry to stop imagining it can prevent more catastrophes and to focus instead on how to contain them.
35年間の間に起こった3回の大きな原子力事故は、世界中の原子力業界に更なる悲劇を防ぐことができるのだと想像することを止めさせ、その代わりに、どのように収束すればよいのかということに焦点を当てさせることになっています。


Of the 176 new reactors planned across the globe, half will be in nations that had no nuclear plants when disaster crippled the U.S. Three Mile Island reactor in 1979 and the Chernobyl reactor blew up in present day Ukraine in 1986.
地球上で176基の新しい原子炉建設が計画され、その半分は、1979年にアメリカのスリーマイル島の原子炉が破壊されたときも、チェルノブイリ原子炉が1986年に今のウクライナで爆発したときも原発を所持していなかった国々です。


As countries such as China and India embrace atomic power even after the Fukushima reactor meltdowns in 2011 caused mass evacuations because of radiation fallout, scientists warn the next nuclear accident is waiting to happen and could be in a country with little experience to deal with it.
福島の原子炉が2011年にメルトダウンし、放射能降下物のために大規模な避難をしなければならなくなった後でさえ、中国やインドのような国々が原子力を取り入れているため、科学者たちは次の原子力事故が今も起ころうとしていて、事故は、対応するための経験がほとんどない国で起こる可能性があるのだと警告しています。


“The cold truth is that, no matter what you do on the technological improvements side, accidents will occur -- somewhere, someplace,” said Joonhong Ahn, a professor at the Department of Nuclear Engineering of University of California, Berkeley. The consequences of radiation release, contamination and evacuation of people is “clear and obvious,” Ahn said. That means governments and citizens should be prepared, not just nuclear utilities, he said.
冷ややかな事実は、技術的向上が進んでいるにしろ何にしろ、事故は起きるという事です。あるところ、どこかで。」とカリフォルニア大学バークレイ校の原子力工学科教授、ジューンホン・アン教授は述べました。放射能放出の結果である汚染、人々の避難というのは「明白で、明瞭」だとアンは言います。つまり、原子力企業だけでなく、政府と市民は備えるべきでなのだ、と。

Ahn.jpg


While atomic power has fallen from favor in some western European countries since the Fukushima accident -- Germany, for example, is shutting all of its nuclear plants -- it’s gaining more traction in Asia as an alternative to coal. China has 28 reactors under construction, while Russia, India, and South Korea are building 21 more, according to the World Nuclear Association. Of the 176 reactors planned, 86 are in nations that had no nuclear plants 20 years ago, WNA data show.
福島事故以来、西ヨーロッパのいくつかの国々-例えば原発全てを止めているドイツ―で原子力が好ましくないとする一方で、アジアでは石炭に変わるものとして原子力の方に傾いています。世界原子力協会によれば、中国では28基が建設中で、ロシア、インド、韓国では更に21基が建設されることになっています。計画されている176基のうち86基は20年前には原発の存在しなかった国々だと、世界原子力協会のデータが示しています。


Safety Record
安全記録


Still, the association defends the global safety record of nuclear power, noting that the three high-profile disasters “are the only major accidents to have occurred in over 14,500 cumulative reactor-years of commercial nuclear power operation in 33 countries.”
いまだに協会は原子力の世界的安全記録を弁護します。3つ大きな惨事だけが、「33カ国で商業目的で稼動している原子炉の蓄積年数、1万4500年以上において、主な事故である」と言及しています。


The problem is that the causes of the three events followed no pattern, and the inability to immediately contain them escalated the episodes into global disasters with huge economic, environmental and political consequences. Even if no deaths have yet been officially linked to Fukushima radiation, for example, cleanup costs have soared to an estimated $196 billion and could take more than four decades to complete.
問題は、この3つの事故が、全く違うパターンで起きているということで、即時に事故を収束できないということが、その出来事を経済、環境、政治的結果を招く世界的な惨事とエスカレートさせてしまうということです。福島の放射能からの死亡がまだ全く正式には関連付けられていないにしても、例えば、収束にかかる費用の見積もりは、1960億ドルにまで跳ね上がり、終了するまでに40年かかるとされています。


If nuclear is to remain a part of the world’s energy supply, the industry must come up with solutions to make sure contamination -- and all other consequences -- do not spread beyond station grounds, Gregory Jaczko, ex-chairman of the U.S. Nuclear Regulatory Commission, said in an interview in Tokyo.
もし原子力を世界のエネルギー供給の一部として留めるのなら、業界は汚染が原発敷地内を越えて広がらないよう、そして事故が及ぼす他の全ての結果についての解決策を出さなければならないのだと、前アメリカ原子力規制委員会委員長のグレゴリー・ヤツコ氏は東京でのインタビューで述べました。


Gregory-Jaczko-Reuters_605.jpg



“We have this accident and people will say, you know, it was caused by this and that,” Jaczko said. “But the next accident is going to be something different. Nobody can tell you where or when or what exactly it is going to be. You really need to do more on the consequence side.”
「事故が起きて、人々はあれこれ原因について話すでしょう。」とヤツコ氏。「しかし、次に起こる事故はそれとはどこか違うものなのです。誰にもいつ、どこで何が起こるのかわかりません。もっとその結果の方について考える必要が本当にあるのです。」


Passive Technology
受動的技術


Since the introduction of nuclear stations in the 1950s, the industry has focused safety efforts on design and planning. Research and innovation has looked at back-up systems, passive technology that would react even if no human operator did, and strengthened materials used in construction of atomic stations.
1950年代に核基地が導入されて以来、業界は、設計と計画についての安全対策に焦点を当ててきました。調査や革新で、人が操作しなくても受動的技術が対応するというバックアップシステムを考え、核基地の建築で使用する素材を強化してきました。


WNA.jpg


The mostly engineering solutions were based on calculating the risk of radiation fallout on populations outside of the plant. In the U.S., a typical nuclear station has cut its probability risk of a fuel meltdown to once in 20,000 years of operation, according to the University of Michigan.
技術的解決策は、主に発電所の外に住む人々への放射性降下物の危険性を計算することに基づいていました。ミシガン大学によれば、アメリカで、典型的な原子力発電所は、核燃料のメルトダウンが危険性が2万年に1度であろうと楽観視されたとのこと。


The analysis states that in two out of three fuel meltdowns there’d be no deaths, Michigan’s Health Physics Society said in a report on its website. When the probability of 100,000 meltdowns are considered, the math says one of these would cause 50,000 deaths, the report said.
その分析では、3つの核燃料のメルトダウンで、死亡数はゼロだとされていると、ミシガン州大学の保健物理学会は、そのウェブサイトの報告書の中で述べています。その報告書によれば、10万のメルトダウンが起こると考えたとき、そのうちの1つが死者5万人を出す計算になるとのこと。




Real Consequences
真の結果


The usefulness of the math after the world’s three major civilian accidents is academic, according to Jaczko.
世界で起きた3つの主な民間事故の計算の有用性は比実際的なものだとヤツコ氏は言います。


“Once you have an accident, a low-probability and high consequence event, you can no longer call it a low probability event,” Jaczko said. “It is an event that’s happened and you cannot ignore the consequences simply because it was never supposed to happen. The consequences are real. Probabilities are always hypothetical.”
ひとたび『可能性の低い、もたらされる結果が大きい』事故が起きれば、もはやそれが可能性の低い出来事だとはいえなくなります。それは起こってしまった出来事で、ただ単に決して起こるはずがなかったのだという理由だけでその結果を無視することはできないのです。


It was not until the late 1970s that analysis and large-scale testing began of what could happen in case of an atomic accident, according to the London-based WNA. The WNA says that testing -- and the Fukushima disaster in March 2011 -- show that “even the worst possible accident in a conventional western nuclear power plant or its fuel would not likely cause dramatic public harm.”
ロンドンが拠点の世界原子力協会によれば、原子力事故が起きた場合に何が起こりうるのかという分析と大規模での検査が始ったのは1970年代になってからです。協会は、検査--そして2011年3月の福島惨事--は、「例え起こりうる最悪の事故が従来の欧米原子力発電所、あるいはその核燃料に起きたとしても、人々に劇的な害を及ぼすことはないであろう。」ということを示している、と述べています。

さすが!魂を売ってしまうということは、こういうことを言い続けなければならない、ということです。。。お気の毒ですが、同情しません。


Destroyed Communities
破壊された社会


The official toll from the reactor explosion at Chernobyl was put at 31 deaths. Radiation clean-up work, however, involved about 600,000 people, while 200,000 locals had to be relocated.
チェルノブイリの原子炉爆発による死亡数は、正式に発表された数で31名でした。しかしながら、除染作業に関わったのは6万人で、20万人の地元の人々は移住しなければなりませんでした。


The accident contaminated 150,000 kilometers of land and according to the last Soviet leader Mikhail Gorbachev it was a factor in bringing about the collapse of the Soviet Union in 1991.
この事故で汚染された土地は15万キロで、元ソビエトを率いたミハイル・ゴルバチョフは、この事故が1991年にソ連を崩壊に導いた要因なのだと言いました。


In Japan, the meltdown of three Fukushima reactors helped unseat premier Naoto Kan and forced the evacuation of about 160,000 people, destroying local fishing, farming and tourism industries along the way. It also brought tens of thousands of anti-nuclear protesters out onto the streets in the country’s biggest demonstrations since the 1960s. Tokyo Electric Power Co., the plant operator and once the world’s biggest non-state power producer, would have been bankrupted by the Fukushima accident but for billions of dollars in government aid.
日本では、福島の3つの原子炉のメルトダウンが菅直人首相を引きずり落とすこととなり、16万人の人々が避難しなければなりませんでした。地元の漁業、農業、観光業も次々に破壊されました。そしてまた、1960年代の最大のデモ以来、何万人もの人が反核抗議に国内のストリートにくりだすことにもなりました。その原発を管理し、かつては世界でもっとも大きな国営ではない電力供給社であった東京電力は、福島原発事故で倒産していたでしょうが、何十億ドルも政府から援助を受けたのです。


Risk vs Consequences
リスク 対 結果


The 20 trillion yen ($196 billion) cleanup bill was an estimate in a March 2012 report by the Tokyo-based Japan Center for Economic Research. The cost of cleaning up Fukushima may be more than the total cost of building all the world’s nuclear plants to date, Jaczko said.
2012年3月の東京が拠点の日本経済研究センターの推定によると、収束費用は20兆円。ヤツコ氏は、福島の収束にかかるコストが、今までに存在している世界中の全ての原発の建設にかかったコストをはるかに超えるかもしれないと話しました。


On the back of Three Mile Island and Chernobyl, the International Atomic Energy Agency introduced a five-part, defense-in-depth concept in 1996. This made the management of an accident and dealing with radiation fallout part of the skills station operators needed.
スリーマイル島とチェルノブイリの後で、IAEAは1996年、5つのパートからなる多重防護の概念を導入しました。これは、原発管理者に、事故管理と放射能降下物の取り扱いについての技術を求めたものです。


Even so, the industry kept its focus on accident prevention rather than on what to do once a disaster hits, said Gennady Pshakin, a nuclear physicist at a research institute in Obninsk, site of Russia’s first nuclear plant.
そうはいっても、業界は一度惨事が起こってしまったら何をするべきか、というよりもむしろ事故防止に焦点をおき続けてきたのだ、とロシアで最初に建てられた原発のあるオブニンスクの研究所での原子力物理学者、ゲナディ・Pshakin氏は話しました。


gennady.jpg


Building a plant that would contain an accident within the facility boils down to cold cash, he said.
事故を施設内で収められる原発を建設するということは、現金に帰着する、と彼は言いました。


“The demand may well be a fair one,” Pshakin said. “But we could take it so far that it’d cost a phenomenal amount of money and everyone will say: ‘So, why do we need this?’ It’s basically a debate between safety and economics.”
「その要求は正当なものです。」とPshakinは言います。「しかし、そうするのに驚異的な額のお金がかかるとなれば、皆『それなら、なぜ原発が必要なのか?』ということになるでしょう。基本的に、安全と経済の議論なのです。


Nuclear Future?
原子力の将来?


For Jaczko, the industry’s inability to resolve this issue could mean the end of nuclear generation.
ヤツコ氏にとっては、この問題を業界が解決できないということは、原子力世代の終焉を意味しています。


“If we look at this technology and we challenge ourselves to make technology that meets this standard then we’ll see that there are ways to do it,” Jaczko said. “But if there aren’t ways to do it -- economically viable ways to do it -- then we have to face the consequences of that decision. That means that this is perhaps then not a technology that we want to rely on well into the future.”
「この技術を考え、この基準に見合う技術に挑戦しようとするならば、その様な方法があるということを見出すでしょう。しかし、もしその様な方法が、つまり、経済的に実行可能な方法でないのであれば、自分たちの決断についての結果と直面しなければなりません。つまり、将来に向けて、自分たちが頼りたい技術ではないのかもしれない、ということです。」


Two months after the Fukushima accident, nuclear veterans including chief engineer at Chernobyl Nikolai Steinberg formed an ad hoc group called “Never Again” to lobby politicians for a global industry watchdog that has authority to enforce safety standards. The group’s spokesman and former deputy chief of the IAEA, Victor Murogov, said at the time the industry would not survive another accident.
福島の事故から2ヶ月後、チェルノブイリの主任技術者、ニコライ・スタインバーグを含む原子力畑のベテランたちが臨時に形成した「ネバーアゲン」と呼ばれるグループが、安全基準を施行する国際業界監視組織の政治家たちにロビー活動を行いました。そのグループのスポークスマンであり、前IAEAの次官であったビクター・マルコフ氏はその時、業界は次に事故が起きたら生き延びれないだろう、と話しました。


The group’s proposal has yet to bear fruit. The current global regulator, the IAEA, which is limited in its role to advice and oversight, has taken some steps in the wake of the Japanese accident to start last year a review of reactors to look at how the consequences of an accident can be mitigated, according to the Vienna-based organization’s website.
そのグループの提言はまだ実を結んでいません。現在の国政規制組織であるIAEAは、その役割をアドバイスと監視に制限していますが、ウィーンに拠点を置くのその組織のウェブサイトによると、日本の事故をうけて、事故の結果がどのように軽減されうるのかを考察するために、去年原子炉の再調査を始めるために動き出したとしています。


The review calls for new reactor designs to make a major release of radioactive fallout outside the station site “practically impossible,” the IAEA said. The standard would be “crucial for public acceptance and for the sustainability of nuclear energy.”
その再調査から、新しい原子炉のデザインが、原発敷地内の外に主な放射性降下物が放出されることが「実質的に不可能」なものにするよう求めてる、とIAEAは述べました。その基準は「住民の(原発)受け入れにとって、原子力エネルギーの持続にとってきわめて重要である」のです。


Specialists on the review met for the first time in March and no conclusions are yet available, IAEA spokesman Greg Webb said by e-mail.
この再調査について専門家たちが始めて3月に会合しましたが、まだ何の解決策も得られていない、とIAEAのスポークスマン、グレッグ・ウェブ氏はEメールにて答えました。


‘Endless Cycle’
「無限のサイクル」


The problem with an engineering solution, an ever better reactor design or grander safety systems, is that based on the premise that all technology is fallible those defense systems can also fail, Berkley’s Ahn said.
技術的解決に関わる問題は、より良いデザインの原子炉や、最高の安全システムであっても、全ての技術が誤りを免れず、これらの防御システムも失敗しうる、という前提に基づいているこのなのだとアン氏は言います。


“This is an endless cycle,” Ahn said. “Whatever is your technology, however it is developed, we always have residual risk.”
「これは無限のサイクルなのです。どんな技術であろうが、どのように開発しようが、リスクは常に残存しています。」


When the next nuclear accident occurs the world needs to have better knowledge of how to limit the spread of radiation and do the clean-up, including removing radiation from the soil, water and having an efficient evacuation drill for the population in danger zones, Ahn said. We also need more understanding of the impact of low-dose radiation on organisms, he said.
次に原子力事故が起こるとき、世界はどのように放射能の拡散を制限するのか、土壌、水からの放射性物質除去を含みどのように除染するのか、を含めてのより良い知識を持ち、危険な地区に住む人々が効果的な避難訓練をしている必要があるのだ、とアン氏は話しました。私たちはまた、生物体に与える低線量の放射線の影響をもっと理解する必要もあるのだとも言いました。


ademonstrato.jpg


“This is about recovery from an accident, not preventing an accident,” Ahn said. “It’s completely different. And I think this concept is very necessary for the future of nuclear utilization.”
これは、事故からの回復についてです。事故の予防ではありません。この2つは全く異なることなのです。そして、この概念は将来の原子力利用にとって、不可欠なのです。」






福島の事故が起きてまだ3年しか経っておらず、

その影響はまだまだ始ったばかりの入り口にしかすぎない中、



全てに目をつぶって


見かけの「経済」にしがみつく様子は


狂気


としか感じられませんが・・・



そんな見かけの動きに惑わされず

次の事故を回避する大いなる力が


きっと日本では育まれているのだと。。。



そう信じようと思います。





関連記事
スポンサーサイト

さかさまエリー

 2014-04-22
DSC_0631.jpg



関連記事

一言にこめられた勇気

 2014-04-14
食卓が息子たちのプリントやらなにやらで山積みで。。。

ご飯のおき場所がだんだんなくなってきていたので、整理していたら、

ラビ君の作文を見つけました。


読んでみて。。。。ほろリ・・・・




"Brad, you're awful at hockey!" yelled Tom as he was getting dressed to go on the ice.
「ブラッド、ホッケーへたくそだなぁ!」アイスに乗るために着替えている時にトムが大きな声で叫んだ。

"Yeah Brad, you should just quit hockey." responded Rusty.
「ほんとだよ、ブラッド。ホッケーやめるべきだよ。」ラスティーが応じた。

"Okay" Brad answered with a sad look on his face.
「オーケー。」ブラッドが悲しい表情で答えた。


child-ties-hockey-skates-in-arena-dressing-room-126932099.jpg


"Go fill up my water bottle, waterboy." Tom said to Brad. Tom began to start laughing histerically.
「ボクのウォーターボトルに水を汲みに行け。ウォーターボーイ。」トムがブラッドにそういい、ひどく笑い出した。

I just sat there quietly as Tom and Rusty kept teasing Brad.
ボクはトムとラスティーがブラッドをからかっている時に、ただそこに静かに座っていた。



Suddenly I was back in my Atom year of hockey. There was a kid named Russel who was one of the older players on the team. He would always pick on Ben, who was one of the weaker and younger kids. After practice, Russel would always push Brad around. All the other kids stood around and didn't do anything about it. So I did the same.
突然アトム(10-11歳)の時のことを思い出した。ラッセルというチームで年長の子がいた。ラッセルはいつも一番弱くて年少のベンに目をつけた。練習の後、ラッセルはいつもベンにしつこく体当たりしていた。他のみんなはただそこに居て何もしなかった。だからボクも同じように何もしなかった。


After that year, Ben had to quit hockey. Ben was a huge hockey fan and it was very sad to see him quit because of someone bullying him.
翌年、ベンはホッケーをやめた。ベンはホッケーの大ファンだったから、誰かにいじめられたことでやめてしまったのを見るのはとても悲しかった。


Then I thought to myself, what if I stood up for Ben? Maybe even if I just said "Stop." Ben would still be playing hockey. I've always wanted to say something but I was afraid that maybe he would pick on me.
今、ボクは自分のことを振り返った。もしベンのために自分が立ち上がっていたら?もしただ「やめろよ。」とだけでも言っていたら。ベンはまだホッケーをしていただろう。僕はいつも何か言いたかったけど、自分が目を付けられるのが怖かった。


Then I realized I needed to do the right thing. I don't want Brad to experience the same thing Ben had to go through.
ボクは正しいことをする必要があるのだと気付いた。ブラッドにはベンが辿った同じことを経験して欲しくない。


"Brad, you should go play golf." Tom says.
「ブラッド、ゴルフをすればいいんだ。」トムが言う。


"Tom, that's enough." I mumble quietly.
「トム、もう十分だよ。」ボクは静かにぼそっとつぶやいた。


"What did you say?" Tom asks angrily.
「今なんていった?」トムが怒った口調でボクに言う。


"I said, that's enough." I reply.
「もう沢山だ、って言ったんだ。」ボクは答えた。


"Okay, whatever."
「オーケー。なんでもいいや。」


I felt good about myself after I spoke up.
自分の思っていることを口に出した後、ボクは良い気持になった。


Brad came up to thank me. We hopped on the ice and had a great time.
ブラッドがボクにありがとうと言いにきた。僕たちはアイスに飛び乗って、楽しいときを過ごした。


rabi2_20140415132709f31.jpg



------------------------------------

息子よ。


いい子に育ってくれてありがとう。

rabi3.jpg



I feel good about you, too!



**作文中の個人名は変えました**



関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 20歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 17歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 8歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事

カテゴリ
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。