スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

情報隠蔽・黙殺のトライアングル

 2014-03-29
the_oregonian_logo.jpg


More Fukushima radiation revelations
更なる福島放射能の新事実


BY Amy Goodman

Three years have passed since the earthquake and tsunami that caused the nuclear disaster at the Fukushima Daiichi nuclear power plant in Japan. The tsunami's immediate death toll was more than 15,000, with close to 3,000 still missing. Casualties are still mounting, though, both in Japan and much farther away. The impact of the Fukushima nuclear meltdown on health and the environment is severe, compounded daily as radioactive pollution continues to pour from the site, owned by the Tokyo Electric Power Company, TEPCO.
日本の地震と津波が福島第一原発の原子力事故を起こしてから3年がたちます。津波で命を落とした人は1万5000人で、3000人以上がまだ行方不明です。しかし、死傷者は日本でも、もっと遠く離れたところでもまだ増えています。福島メルトダウンが健康や環境に与える影響は深刻で、東電が所有する事故現場から注がれるの放射能汚染が続いているので、日々際立ってきています。


In an unusual development, more than 100 U.S. Marines and Navy sailors have joined a class action suit, charging TEPCO with lying about the severity of the disaster as they were rushing to the scene to provide humanitarian assistance. They were aboard the nuclear-powered aircraft carrier USS Ronald Reagan and other vessels traveling with the Reagan, engaged in humanitarian response to the disaster. The response was dubbed "Operation Tomodachi," meaning "Operation Friendship."
異常な増え方で、100名以上のアメリカ海兵、水兵たちが集団訴訟に加わりました。人道支援のために現場に駆けつけたとき、事故の深刻さについて東電が嘘をついていたと訴えているのです。彼らは原子力空母のロナルド・レーガン号に乗船し、他の船もロナルド・レーガンと航海し、災害の人道対応をしていました。それは「友達作戦」といわれていました。


Lt. Steve Simmons is one of the plaintiffs. Before Fukushima, he was physically robust. Eight months later, he suffered inexplicable health problems. He said on the "Democracy Now!" news hour, that, while driving to work: "I blacked out and drove my truck up on a curb. Following that, I started coming down with what maybe I thought was just maybe a flu, started running fevers. I dropped about 20 to 25 pounds unexpectedly and then started experiencing night sweats, difficulty sleeping."
スティーブ・サイモンズ大尉は原告の一人です。福島の前、彼の身体は強健でした。8ヵ月後に、不可解な健康問題に悩まされたのです。彼は「デモクラシー・ナウ」のニュース番組で、車で仕事に行くとき、「失神して路肩にトラックを乗り上げました。その後、流感ではないかと思える症状が始り、熱が出はじめました。予期せず20-25ポンド(9-11kg)体重が減り、夜に汗をかくようになり、眠れなくなりました。」と話しました。


He was hospitalized three times. Doctors dismissed his concerns about possible radiation poisoning. "Three days later, after I was discharged, I was back in the hospital because my lymph nodes started swelling, and still running constant fevers as high as 102.9." In April 2012, his legs buckled under him while he was hospitalized. He has relied on a wheelchair ever since. He will be allowed to "medically retire" this coming April.
彼は3回入院しました。医師たちは放射能による毒性の可能性についての彼の懸念を退けました。「3日後、私が退院にした後にリンパ腺がはれ始めたので病院に戻っていました。そして39度の高熱は続いていました。」2012年4月、入院している最中に足が曲がってしまい、それ以来車椅子に頼っています。彼は今度の4月で「医学的に引退」することを許されています。


This is the second attempt to sue TEPCO on behalf of these sailors and Marines. The first lawsuit had eight plaintiffs and was dismissed for technical reasons based on the court's lack of jurisdiction.
これは、これら水兵・海兵のために東電を訴える2回目の試みです。最初の訴訟は8名の原告によるものでしたが、裁判所の司法権の欠如に基づく法的な理由から却下されました。


"By June of 2013, we had 51 sailors and Marines who had contacted us with various illnesses," lead attorney Charles Bonner explained, "including thyroid cancers, testicular cancers, brain cancers, unusual uterine problems, excessive uterine bleeding, all kinds of gynecological problems, problems that you do not see in a population of 20-year-olds, 22-year-olds, 23-year-olds, even 35-year-olds. ... So, now we have filed a class action for approximately a hundred sailors." As news of the lawsuit spreads, many more will likely join in. The USS Reagan had at least 5,500 people on board when off the coast of Japan.
「2013年の6月までに51名の水兵・海兵がいろいろな病状で私たちに連絡をしてきました。」と弁護士の筆頭、チャールズ・ボナー氏は説明しました。「甲状腺癌、精巣癌、脳癌、子宮の異常、20歳、22歳、23歳、35歳には見られないあらゆる種の婦人科系の問題などです・・・なので今わたしたちは約100名の水兵たちの集団訴訟を提出しました。」訴訟のニュースが広がるにつれ、更に多くの人が加わるでしょう。日本の海岸沖にいた際、ロナルド・レーガン号には少なくとも5500人が乗船していたのです。


You might wonder why the group doesn't sue their employer, the U.S. Navy, as well. "The responsible party for these young sailors' injury is the Tokyo Electric Power Company, the fourth-largest power company in the world," Bonner explained. "Tokyo Electric Power Company failed to tell the public, including the Navy, that they were in an active meltdown. They had a triple meltdown following the earthquake and the tsunami. They didn't have batteries. They didn't have backup power. They didn't have any kind of auxiliary water supply to cool these reactors down."
なぜ彼らが雇用主であるアメリカ海軍を訴えないのかとも思うかもしれません。「これらの若い水兵たちの損傷にに対して責任があるのは、世界で4番目に大きな電力会社である東京電力です。」とボナー氏は説明しました。「東京電力は、海軍も含め、人々にメルトダウンが起こっていることを伝えなかったのです。地震と津波に続いてトリプルメルトダウンが起こっていたのに。バッテリーがなかった。バックアップ電力もなかった。原子炉を冷すための予備の水も用意していなかったのです。」


I interviewed Naoto Kan in his offices in Tokyo last January. He was the prime minister of Japan at the time of the disaster. Kan immediately set up control center to manage the nuclear crisis. Present at the center was a TEPCO executive. Kan told me, "From what I was hearing from the headquarters of TEPCO, and in particular from Mr. Takeguro, who was the former vice president, was, almost no accurate information was being conveyed about what was actually the situation on site." Frustrated with the ing, Kan flew to the plant to discuss the situation with workers on site. Once staunchly pro-nuclear, Kan now advocates for a nuclear-free Japan.
去年の1月に菅直人氏を東京の事務所でインタビューしました。彼は災害時の首相でした。原子力危機を管理するために直ちにコントロールセンターを立ち上げました。そのセンターにいたのは、東電の幹部たちでした。菅氏はこう話しました。「東電本社から聞いていた事から、とくに元副社長の武黒氏から聞いていたことは現場での実際の状況について伝えられていた情報がほぼ全く正確ではありませんでした。」その妨害に失望し、菅氏は現場作業員と状況について話をしに原発へ飛びました。一度は原発推進に忠実だった菅氏は、今では原発のない日本を主張しています。


The ongoing nuclear disaster at Fukushima should serve as a warning to the world. Instead of following the wisdom of Naoto Kan, President Barack Obama is committing public funds to build the first new nuclear power plants in the United States in more than 30 years.
福島で続いている原子力災害は、世界で警告として受け取られるべきです。菅直人氏の分別に続く代わりに、オバマ大統領は30年以上の作られていなかった新しい原発をにアメリカ国内に建設するための公的資金を約束しています。


In the wake of Fukushima, Obama's Nuclear Regulatory Commission put out talking points designed to diminish growing public concern with the safety of nuclear power plants in the U.S. NBC News obtained the NRC's internal emails instructing staff to downplay safety risks. U.S. nuclear plants are not safe. The U.S. sailors and Marines of Operation Tomodachi deserve their day in court. The U.S. public deserves an honest assessment of the grave risks of nuclear power.
福島の後、オバマ大統領の原子力規制委員会はアメリカ国内での原子力発電所の安全性について人々の高まる懸念を小さくするための論点を打ち出しています。NBCニュースは原子力規制委員会の職員が安全性についてのリスクを小さく見せるように支持している内部Eメールを入手しました。アメリカの友達作戦に参加した水兵と海兵は、法廷に立つ価値があります。アメリカ国民は、原子力の重大なリスクについての誠実な査定を示してもらうに値するのです。


Amy Goodman writes for King Features Syndicate.






何かすっきりしないのは・・・


アメリカは、いち早く情報を入手して、日本にいるアメリカ人に日本のものよりずっと用心深い避難勧告を出していたにもかかわらず、


なぜ、友達作戦の乗り組み員にその情報が伝えられなかったのか・・・??


salor3.jpg

salor5.jpg


当時の首相が菅さんだったのは確かに不幸中の幸いだったのかもしれないけれど、


弁明をするよりも先に、


自分が判断を間違えたことをなぜ正直に謝罪しないのか・・・


salor7.jpg



東電の究極の悪態を良いことに、


みんなが責任逃れをしているのが、


果てしなく悲しいことです・・・




隠蔽か黙殺か ~封印された汚染マップ~ 【テレメンタリー(2014年2月16日... by dm_51b1b62cafb2c


東電を訴えるだけで

済まされるようなことではありません。



関連記事
スポンサーサイト

パニックを起こさないための科学

 2014-03-21
new_york_times_logo.jpg


Squelching Efforts to Measure Fukushima Meltdown
福島メルトダウンの測定を鎮圧する取り組み

title revised to...
改め

Concerns Over Measurement of Fukushima Fallout
福島降下物測定を巡る懸念



By DAVID MCNEILL | THE CHRONICLE OF HIGHER EDUCATIONMARCH 16, 2014


17iht-educlede17-master675.jpg


TOKYO — In the chaotic, fearful weeks after the Fukushima nuclear crisis began, in March 2011, researchers struggled to measure the radioactive fallout unleashed on the public. Michio Aoyama’s initial findings were more startling than most. As a senior scientist at the Japanese government’s Meteorological Research Institute, he said levels of radioactive cesium 137 in the surface water of the Pacific Ocean could be 10,000 times as high as contamination after Chernobyl, the world’s worst nuclear accident.
2011年3月11日福島原発危機が始ってからの混沌とした恐怖の数週間、研究者たちは住民が浴びた放射能降下物を測定しようと奮闘しました。青山道夫氏の最初の発見は、最も驚かされるものでした。日本政府の気象庁気象研究所で長年勤めた科学者の彼は、太平洋海面のセシウム137のレベルが世界で最悪の原発事故であるチェルノブイリの後の汚染より1万倍高い可能性があるのだと述べたのです。


Two months later, as Mr. Aoyama prepared to publish his findings in a short, nonpeer-reviewed article for Nature, the director general of the institute called with an unusual demand — that Mr. Aoyama remove his own name from the paper.
2ヶ月後、青山氏が短い、査読なしの発見をネイチャーに発表しようとしたとき、研究所の長官が異例の要請をしました。それは、青山氏の名前を文書から取り除くように、というものでした。


“He said there were points he didn’t understand, or want to understand,” the researcher recalled. “I was later told that he did not want to say that Fukushima radioactivity was worse than Chernobyl.” The head of the institute, who has since retired, declined to comment for this article. Mr. Aoyama asked for his name to be removed, he said, and the article was not published.
「理解できないところがある、あるいは理解したいことがある、言ったのです。」とその研究者は思い起こします。「後で福島の放射能がチェルノブイリより酷いと言いたくなかったのだと言われました。」それ以来引退した研究所長はこの記事についてのコメントを断りました。秋山氏は名前を除くように言われ、その記事は発表されなかったのだと言います。


The pressure he felt is not unusual — only his decision to speak about it. Off the record, university researchers in Japan say that even now, three years after the triple meltdown at the Fukushima Daiichi plant, they feel under pressure to play down the impact of the disaster. Some say they cannot get funds or university support for their work. In several cases, the professors say, they have been obstructed or told to steer clear of data that might cause public “concern.”
彼が感じた圧力は珍しいことではありません。オフレコでそのことについて話してくれることになりました。日本の大学の研究員たちは福島第一原発でトリプルメルトダウンから3年たった今でさえも、その災害の影響を小さく見せなければならないと言う圧力を感じていると言います。自分の研究に資金が出なかったり、大学の支援を受けられなかったりするのだという者もいます。妨害されたり、人々の「懸念」を引き起こすようなデータを避けるように言われたケースもあると教授たちは話します。


“Getting involved in this sort of research is dangerous politically,” said Joji Otaki, a biologist at Japan’s Ryukyu University who has written papers suggesting that radioactivity at Fukushima has triggered inherited deformities in a species of butterfly. His research is paid for through private donations, including crowdfunding, a sign, he said, that the public supports his work. “It’s an exceptional situation,” he said.
このような調査に関わるということは、政治的に危険なのです。」と琉球大学の生物学者で、福島の放射能がある種の蝶の奇形に起因していると論文を書いた大瀧丈二氏は話しました。彼の調査はインターネットのクラウドファンディング、署名を含む民間からの寄付でまかなわれ、一般の人々が彼の研究を支援しています。「異常な状況なのです。」と彼は言いました。


The precise health impact of the Fukushima disaster is disputed. The government has defined mandatory evacuation zones around the Daiichi plant as areas where cumulative dose levels might reach 20 millisieverts per year, the typical worldwide limit for nuclear-power-plant workers. The limit recommended by the International Commission on Radiological Protection is one millisievert per year for the public, though some scientists argue that below 100 millisieverts the threat of increased cancers is negligible.
福島事故の正確な健康への影響が議論されています。政府は福島第一原発周辺の強制避難地区の年間累積線量が 20ミリシーベルトである地域と位置づけています。世界的に原発従業員の典型的な限界値です。国際放射線防護委員会が一般人に勧めている限界値は年間1ミリシーベルトですが、中には100ミリシーベルト以下であれば、発癌の増加の怖れはとるに足らないものだと主張する科学者もいます。


In an effort to lower radiation and persuade about 155,000 people to return home, the government is trying to decontaminate a large area by scraping away millions of tons of radioactive dirt and storing it in temporary dumps. Experts at Japan’s National Institute of Advanced Industrial Science and Technology put the cost of this project at $50 billion — widely considered an underestimate.
線量を下げ、約15万5000人の人を家に戻るように説得しようとする取り組みの中、政府は広域の何百万トンもの放射性汚染土を剥ぎ取る除染を試み、その汚染土を仮置き場に保管しています。産業技術総合研究所は、このコストを500億ドルと見込んでいますが、それは過小評価だと広く考えられています。


The chance to study in this real-life laboratory has drawn a small number of researchers from around the world. Timothy A. Mousseau, a professor of biological sciences at the University of South Carolina who has written widely on Chernobyl, studies the impact of radiation on bird and insect life. He has published papers suggesting abnormalities and defects in some Fukushima species. But he said his three research excursions to Japan had been difficult.
このことについての実在の研究所での研究にひきつけられた研究者は世界でも数少ないのです。ティモシー・A・ムソー氏は、南キャロライナ大学の生物科学の教授で、チェルノブイリについて広域にわたり著作し、鳥や虫に放射能が与える影響を研究しています。福島の数種に奇形や異常が見られることを主張した論文も発表しました。しかし、日本への研究周遊は難しかったと話します。


In one case, a Japanese professor and two postdoctoral students dropped out of a joint research paper, telling him they could not risk association with his findings. “They felt it was too provocative and controversial,” he said, “and the postdocs were worried it could hamper their future job prospects.”
1つの例は、博士号を取得した2人の生徒が共同調査論文から抜けたことです。彼の発見で協会を危険に曝すことはできないと言うのです。「彼らはそれがあまりにも挑発的で物議をかもすことなのだと感じていました。そしてその生徒たちは自分たちの将来性を妨げることになりかねないと心配していました。」


Mr. Mousseau is careful to avoid comparisons with the Soviet Union, which arrested and even imprisoned scientists who studied Chernobyl. Nevertheless, he finds the lukewarm support for studies in Japan troubling: “It’s pretty clear that there is self-censorship or professors have been warned by their superiors that they must be very, very careful,” he said.
ムソー氏は、チェルノブイリを研究した科学者たちを逮捕し、拘留までしたソ連と比較することは注意深く避けました。にもかかわらず、日本のトラブルについての研究の支援には気乗りしていないようだと気付いています。「自分の意見を控える、あるいは教授たちが上から注意に注意を重ねるするように警告されているのはあまりにも明らかです。」


The “more insidious censorship” is the lack of funding at a national level for these kinds of studies, he added. “They’re putting trillions of yen into moving around and almost nothing into environmental assessment.”
「更なる陰湿な検閲」はこの種の研究のための国レベルの資金の欠如となっているのだとも話しました。「日本政府は何兆円もごみを動かしまわることにつぎ込み、環境査定のためには全く資金繰りをしていないのです。」


Long before an earthquake and tsunami triggered the Fukushima meltdown, critics questioned the influence of Japan’s powerful nuclear lobby over the country’s top universities. Some professors say their careers have been hobbled because they expressed doubts about the nation’s nuclear policy and the coalition of bureaucrats, industrialists, politicians and elite academics who created it.
地震と津波が福島メルトダウンを引き起こすずっと前に、批評家たちは日本でトップの大学を巡る協力な原子力ロビーの影響について疑問を投げかけていました。国の原子力政策や官僚、業界、政治家、エリート学者で成っている一体化について疑いを示すことで自分のキャリアは妨げられるのだと話す教授もいます。


Mr. Aoyama, who now works at Fukushima University, sees no evidence of an organized conspiracy in the lack of openness about radiation levels — just official timidity. Despite the problems with his Nature article, he has written or co-written eight published papers since 2011 on coastal water pollution and other radiation-linked themes.
現在は福島大学に勤務する青山氏は、放射能レベルについての公開性の欠如について組織的な陰謀を示すものは全くないと言います。ただ職業上小心なのだと。ネイチャーの記事の問題にも関わらず、彼は2011年以来日本沿岸の海水汚染と他の放射能関係のテーマについて発表された8つの論文を執筆、あるいは共同執筆しました。


But stories of problems with Fukushima-related research are common, he said, including accounts of several professors’ being told not to measure radiation in the surrounding prefectures. “There are so many issues in our community,” he said. “The key phrase is ‘don’t cause panic.”’
しかし、何人かの教授の弁明を含み、福島県周辺の放射能測定をしないように言われるという福島関連の調査の問題についての話は共通しているのだと言います。「私たちの地域はあまりにも多くの問題だらけです。重要な文句は「パニックを起こすな」と言うことなのです。


He is also critical of the flood of false rumors circulating about the reach of Fukushima’s radioactive payload.
彼はまた、福島の放射性物質の到達について流布している間違ったうわさの洪水についても批判的です。


Ken Buesseler, a senior scientist at the Woods Hole Oceanographic Institution’s department of marine chemistry and geochemistry, in Massachusetts, who has worked with Mr. Aoyama, said he has spent much of his professional energy fighting the rumor mill. The cause is not helped, he added, by institutional attempts to gag Japanese professors.
マサチューセッツ州ウッズホール海洋研究所の海洋化学及び地球化学部門のベテラン科学者ケン・ベッセラー氏は、青山氏と研究しましたが、その多くのエネルギーを出回るうわさと闘うために費やしていたのだと話しました。教授たちの発言を禁止する組織的な試みによりその主張が助けられることはなかったのだとも言いました。


“Researchers are told not to talk to the press, or they don’t feel comfortable about talking to the press without permission,” Mr. Buesseler said. A veteran of three post-earthquake research trips to Japan, he wants the authorities to put more money into investigating the impact on the food chain of Fukushima’s release of cesium and strontium. “Why isn’t the Japanese government paying for this, since they have most to gain?”
研究者たちは報道陣に話さないように言われています。あるいは許可なしに話すことについて気が進まないのです。」とベッセラー氏は言います。地震の後、日本へ3回調査しに行った彼は、福島が放出したセシウムとストロンチウムが食連鎖に与える影響を調査することに政府がもっと資金を出すように願っています。「なぜ日本の政府はこのことにお金をかけないのでしょう?一番自分たちに役に立つのに?」


One reason, critics say, is that after a period of national soul searching, when it looked as if Japan might scrap its commercial reactors, the government is again supporting nuclear power. Since the conservative Liberal Democrats returned to power, in late 2012, Prime Minister Shinzo Abe has begun trying to sell Japan’s nuclear technology abroad.
1つの理由として、日本人の自己反省してた期間の後で、日本が商業的原子炉をやめるかもしれないように見えていましたが、政府はまた原子力を支援しているからだと言う批判があります。保守的な自民党が2012年終わりに返り咲き、安倍晋三首相は日本の原子力技術を国外に売り込み始めました。


Professors, meanwhile, say that rather than simply defend what is a piecemeal approach to studying the disaster, the government should take the lead in creating a large, publicly financed project.
一方、教授たちは事故の研究に断片的に取り掛かることを単に弁護することよりも、むしろ、政府が幅広い、公的財政によるプロジェクトを立ち上げるのを主導するべきだと言っています。


“If we’ve ever going to make any headway into the environmental impact of these disasters, statistical power, scientific power, is what counts,” said Mr. Mousseau of the University of South Carolina. “We get at it with massive replication, by going to hundreds of locations. That costs money.”
「これらの災害が環境に与える影響へ前進をするのであれば、統計的、科学的な力が重要なのです。」と南キャロライナ大学のムソー氏は話しました。「何百箇所へも赴き、大量の複製をとることでそれを成し遂げられるのです。それには費用がかかります。」





カナダで起こっていることと全く同じです。



悲しいことに、

Authorityというものが私たちの税金を使って大きなプロジェクトを立ち上げても、

それは納税者である一般市民に貢献するものとはなりません。



本当に支援したいと一般市民が心から思える研究者は、

大抵、大きな権威のある組織に属さず(属せず)

暖かい寄付金でその研究が成り立っています。



支援したいと心から思っていても、

税金を払うことが精一杯で、

実際に寄付できない市民も沢山いるでしょう。



心ある研究者の研究は、

権威ある組織の研究室の設備を使う価値が最もあると言うのに、

その最善の設備にアクセスができず、

その限界を常に突きつけられながら前進することになります。



強制的に払われされている税金と

心からの支援による寄付金。



お金の価値は、

その額の大きさではまったく測れない。。。


という矛盾を終わらせなければなりません。





関連記事

カナダBC州でセシウム134のミステリー

 2014-03-15
vancouver_sun_logo.jpg


Troubled waters: Nuclear radiation found in B.C. may pose health concerns
問題の水: BC州で見つかった放射能は健康に影響を及ぼすかもしれない


Discovery of Fukushima radioactivity raises concerns for local marine life, and the effect it may have on humans
福島由来の放射性物質の発見は地域の海洋生物の影響が懸念され、人間にも及ぶかもしれない



By Larry Pynn, Vancouver Sun March 12, 2014


A radioactive metal from the Fukushima nuclear plant disaster in Japan has been discovered in the Fraser Valley, causing researchers to raise the alarm about the long-term impact of radiation on B.C.’s west coast.
福島原発事故由来の放射性物質がフレーザーバレーで発見され、研究者たちが放射能の長期に渡るBC西海岸への影響について警笛を鳴らすことになりました。


9606656.jpg


Examination of a soil sample from Kilby Provincial Park, near Agassiz, has for the first time in this province found Cesium 134, further evidence of Fukushima radioactivity being transported to Canada by air and water.
アガシーの近く、キルビー州立公園からの土壌サンプルを調査した結果、BC州で初めてセシウム134が検出され、大気と水により福島の放射性物質がカナダへ運ばれたことを更に証明することになりました。


“That was a surprise,” said Juan Jose Alava, an adjunct professor in the school of resource and environmental management at Simon Fraser University, in an interview on Tuesday. “It means there are still emissions ... and trans-Pacific air pollution. It’s a concern to us. This is an international issue.”
「驚きました。」とサイモンフレーザー大学の資源・環境管理学科の助教授であるジュアン・ホセ・アラバ氏は火曜日のインタビューで話しました。「まだ排出されていると言うことです。太平洋を横断する大気汚染です。私たちにとっては心配です。これは国際的な問題です。」


Cesium 134 has a half-life of two years, meaning its radioactivity is reduced by half during that time. Its presence in the environment is an indication of continuing contamination from Fukushima.
セシウム134は半減期が2年。その放射性が2年で半分に減るということです。環境にあるその存在は、福島からの汚染が続いているということです。


A more persistent danger to people and marine life is radioactive Cesium 137, which has a half-life of 30 years, and bioaccumulates in the food chain.
人々や海洋生物にとって更に執拗に危険なのは、放射性セシウム137で、半減期は30年、食連鎖において、生態蓄積されます。


Researchers developed a model based on the diet of fish-eating killer whales along with the levels of Cesium 137 detected and predicted (less than 0.5 becquerels per cubic metre, a measurement of radioactivity) by other researchers in the Pacific waters offshore of Vancouver Island.
研究者たちは他の研究者によるバンクーバー島沖の太平洋の海水から検出され(1立方メートルにつき0.5ベクレル以下)、予測されたセシウム137のレベルを元にモデルを展開しました。


The models suggests that in 30 years, Cesium 137 levels in the whales will exceed the Canadian guideline of 1,000 becquerels per kilogram for consumption of seafood by humans — 10 times the Japanese guideline.
そのモデルによると、30年でセシウム137の鯨の体内のレベルは、カナダの海産物消費ガイドライン、1kgあたり1000ベクレル(日本のガイドラインの10倍)を越える事を示しています。


“It’s a reference, the only benchmark we have to compare against,” Alava said.
「これは参考までのもので、比較しなければならないときのための基準でしかありません。」とアラバ氏は話しました。


He said recent federal government cutbacks have placed a greater burden of testing and monitoring for aquatic impacts on academics, non-governmental organizations and even private citizens.
彼は、最近の連邦政府の削減が、水生生物への影響についての検査やモニタリングをするのに、学者や、行政外の組織、一般市民にさえも大きな重荷なっているのだと言います。


“The Canadian government is the one that should be doing something, should be taking action to keep monitoring to see how these contaminants are behaving, what are the levels, and what is next.”
「何かするべきなのはカナダ政府です。汚染がどのようにどのくらいになっているのか、次に何が起こるのかを知るためにモニタリングを続けるために行動を取るべきです。」


It was a citizen, Aki Sano, who provided SFU with the soil sample from Kilby park, near the mouth of the Harrison River, on Nov. 16, 2013. Samples of chinook, sockeye and chum spawning salmon nearby are also being analyzed for evidence of radiation.
2013年11月16日ハリソン川の河口、キルビーパークからの土壌サンプルをサイモンフレーザー大学に提供したのは一般市民でした。近くで産卵していたキングサーモン、ベニザケ、シロザケのサンプルも放射能の分析がされます。


While the soil sample tested positive for Cesium 134, the exact level is not yet known, although it is thought to be low. The plan now is to test soil samples from Burnaby Mountain, closer to Vancouver.
セシウム134がその土壌サンプルから検出されましたが、正確なレベルはまだ分かっていません。しかし、そのレベルは低いと考えられています。今ある計画は、バンクーバー近くのバーナビー・マウンテンからの土壌サンプルを検査することです。


Burnaby-Kilby.jpg


Earlier research by Kris Starosta, associate professor of chemistry, and his colleagues at SFU has shown evidence of Iodine 131, which has a half-life of eight days, in rainwater and seaweeds in B.C. Fisheries and Oceans Canada conducted the analysis of sea water off Vancouver Island.
クリス・スタロスタ化学准教授は以前の調査により、サイモン・フレーザー大学の同僚と、BC州の雨水と海藻に半減期が8日のヨウ素131の形跡を示しました。BC州水産海洋省は、バンクーバー島沖の海水の分析を行いました。


I131_2014031603374593d.jpg
クリックでプレゼン動画へ。

A chart provided by Starosta shows that iodine-131 in rainwater in Vancouver peaked on March 20 at 12 becquerel per litre. Levels were at zero becquerel per litre up to March 18, 2011, and as of March 29, 2011 had fallen to just above three becquerel per litre. A becquerel is an international measurement of radioactivity related to radioactive decay per second.
Starosta氏が提供してくれたチャートは、バンクーバーの雨水に含まれるヨウ素131が3月20日に1リットル(1kg)あたり12ベクレルとなり、ピークでした。2011年3月18日では1リットル当たり0ベクレルでした。2011年3月29日には、1リットルあたり3ベクレル強までに落ちました。ベクレルとは、1秒に崩壊する放射性物質の国際的測定値です。

Meanwhile, seaweed samples were still showing increasing iodine-131 as of March 28, according to data provided by Starosta. In samples of dehydrated seaweed taken near the North Vancouver SeaBus terminal, the count was zero on March 15, 310 becquerel per kilogram on March 22 and 380 Bq/kg on March 28.
一方、海藻のサンプルには、Sarost氏のデータによると、3月28日でもまだヨウ素131の増加が見られていました。ノースバンクーバーのシーバスターミナル近くで採られた乾燥海藻のサンプルには、3月15日は0カウントだったのが、3月22日には、1kgあたり310ベクレル、3月22日は、380ベクレルが測定されました。

BC coast
クリックでプレゼンのパワーポイントへ。

2012年6月には福島からのセシウム134がP26地点の海面50mで検出されたが、P4地点や北極海地点では見られなかった。福島由来のセシウム137は0.3 Bq/m3。

2013年6月直線P上全ての地点でセシウム134が検出された。最高値はP26地点の0.9 Bq/m3。




An adult killer whale weighing up to 5,000 kilograms can eat five per cent of its body weight, or 250 kilograms of fish, per day.
5000キロにもなる大人のシャチは、1日あたり自分の体重の5%、あるいは250の魚を食べます。


Endangered resident killer whales already face a host of challenges: the need for high-protein chinook salmon, habitat degradation, underwater noise pollution, harassment from whale watchers, and climate change. While the additional impact of Cesium 137 is unknown, it may negatively affect the immune system or endocrine system, Alava said.
絶滅寸前のシャチは既に沢山のチャレンジに直面しています。たんぱく質豊富なキングサーモンの必要性、生息地域の退廃、水中の公害、鯨見物人たちによる悩み、気候変化。更にセシウム137の影響が加わるかは不明ですが、それが、免疫システムや内分泌系のシステムに悪影響を与えるかもしれないのだとアラバ氏は言います。


“The impact on the animal needs to be studied. This is part of a cumulative impact on the marine environment.”
「動物たちに与える影響を研究する必要があります。これは、海洋環境に与える累積的な影響の1つなのです。」


The results raise concerns for aboriginal people who maintain a diet heavy in fish.
その結果は魚が食生活の多くを占めている先住民の人々の懸念にもなっています。


“We might expect similar results because the diet of First Nation communities is based on seafood,” Alava said. “Humans at the top of the food web can perhaps see increasing levels in the future.”
「先住民社会の食生活は海産物が基本になっているので、同じような結果が考えられるかもしれません。」とアラバ氏。「食連鎖の最上部にある人間は、将来にそのレベルが増加していることになるかもしれません。」


The Fukushima Dai-Ichi nuclear power plant suffered a catastrophic failure due to a 9.0-magnitude earthquake on March 11, 2011, which killed almost 19,000 people. Alava noted the plant continues to leak radiation, meaning that the problem is not going away soon. “There’s going to be a long-term exposure to organisms building up in the marine environment.”
福島第一原発は、2011年3月11日に1万9000人の命を奪ったマグニチュード9.0の地震のため、悲惨な機能不全に陥りました。アラバ氏は、その発電所からまだ放射能が漏洩していることを認識し、問題がすぐには解決しないことも分かっています。「長期に渡り生物に被曝させることになり、海洋環境に蓄積されていくでしょう。」


While radiation levels so far remain low, the long-term implications deserve further study.
今のところ放射能レベルは低く留まっていますが、長期に渡る影響を考えれば、更なる研究の価値があります。


“So far the levels are safe,” Alava said. “We shouldn’t be worried now, but we need to keep monitoring in the long term to see whether these levels are building up in the food web.”
「今のところのレベルは安全です。」とアラバ氏。「今心配する必要はありませんが、このレベルが食連鎖に蓄積していくのかを見るためにも長期的なモニタリングをする必要があります。」


A victim of federal cutbacks, Peter Ross, a former research scientist with the federal Institute of Ocean Sciences in Sidney on Vancouver Island, joined the Vancouver Aquarium last month as director of a new ocean science program.
連邦政府が行った削減の犠牲者、バンクーバー島のシドニーにあるカナダ海洋科学研究所の元リサーチ科学者のピーター・ロス氏は、先月バンクーバー水族館に新たにできた科学プログラムの部長に就任しました。


Ross said he worked almost 18 years at the institute until Fisheries and Oceans Canada announced in May 2012 it would cut 55 positions nationally, nine of them within B.C., as part of a plan to “divest itself of ocean pollution research and monitoring to the private, non-profit and academic sectors.”
ロス氏は、カナダ水産海洋省が「海洋汚染調査とモニタリングを民間の非営利及び学術部門へ投げ出す」計画の一部として、2012年5月に国内で55のポジションが、そのうちの9つのポジションはBC州で削減すると発表するまでは、ほぼ18年間研究所で働いていました。


No one at Fisheries and Oceans Canada or Health Canada was available immediately to comment Monday.
カナダ資産海洋省、あるいはヘルス・カナダから月曜日にすぐコメントができる人は誰もいませんでした。


Alava noted that there remain low background levels of Cesium 137 dating back to the 1960s due to the dumping of radioactive material into the Pacific Ocean from nuclear submarines and reactors.
アラバ氏は、1960年代からの原子力潜水艦や原子炉からの放射性物質の太平洋への廃棄によるセシウム137が低いレベルでまだ残っている事を承知しています。


The BC Centre for Disease Control has been notified of the latest research finding.
この最新の発見については、BC州疾病管理センターにも通知されました。





サイモンフレーザー大学からの説明は以下の通りです。

Further investigations of soil are needed to understand any possible impacts posed by small amounts of radioactivity, following the testing of a soil sample near Kilby Park in the Fraser Valley, according to the Simon Fraser University researcher who studied it.
サイモン・フレーザー大学で研究していた研究者によると、フレーザー・バレーのキルビー・パーク近くの土壌サンプルの検査に続き、少量の放射性物質がもたらすかもしれない影響について理解するために更なる土壌の調査が必要であるとのこと。


SFU chemistry professor Krysztof Starosta studied the sample, provided to him by a colleague in the School of Resource and Environmental Management, and stresses that the presence of radiation by itself does not indicate danger to health. “It is the dose which determines the impact,” says Starosta. “At no point, we think, is there any risk to general public.”
サイモン・フレーザー大学のクリストフ・スタロスタ教授は、資源・環境管理学科の同僚から提供されたサンプルを検査し、放射能そのものが健康に与える危険性はないと強調している。「影響あるかどうかは線量によります。」とスタロスタ氏。「どの時点でも一般人に危険性があるものではないと考えています。」


The sample was found to contain a radioactive metal known as Cesium 134 (134C), which Starosta determined is from the Fukushima nuclear plant disaster in Japan three years ago.
そのサンプルからはセシウム134が検出され、スタロスタ氏はそれが3年前の福島事故由来であると確定しました。


Starosta has since followed up with other soil samples from Kilby and SFU, all collected in March, and did not find any evidence for the presence of 134Cs.
スタロスタ氏はキルビーとSFUの土壌サンプルを調べています。全てのサンプルは3月に採取され、セシウム134の存在は確認されませんでした。


Currently his group is working on improving sensitivity of the detection of 134Cs to further investigate its presence in B.C. soil.
現在彼のグループはセシウム134の検出度を改良し、BC州の土壌におけるセシウム134の更なる調査を行います。


Simon Fraser University is consistently ranked among Canada's top comprehensive universities and is one of the top 50 universities in the world under 50 years old. With campuses in Vancouver, Burnaby and Surrey, B.C., SFU engages actively with the community in its research and teaching, delivers almost 150 programs to more than 30,000 students, and has more than 125,000 alumni in 130 countries.
サイモン・フレーザー大学は常にカナダの総合大学のトップにランクされ、50年以下の若い大学の中では世界でもトップ50に入ります。バンクーバー、バーナビー、サーレーにキャンパスを持ち、リサーチ、教育において地域と積極的に関わり、ほぼ150のプログラムを3万人以上の生徒たちに提供し、130カ国に12万5000人以上の卒業生がいます。


大学の宣伝ばっちり!ですね。

----------------------
以下、そのスタロスタ教授のコメント。

Seattlepi

Starosta said the university has collected five other samples from the area looking for more of the radiation, but so far nothing.
大学ではその地域から更に5つのサンプルを採り、その放射能を探しましたが、今のところ何も検出されていません。


...“We have not seen any other cesium-134, but we’ve only tested five samples so far. … We are sure that we see it and can reproduce the measurement, but it is based on a single soil sample.”
「他からはセシウム134は検出されていませんが、たったの5つしか今のところ検査していないのです。サンプルから検出されたのは確かで、もう一度測定することもできますが、それは1つのサンプルに基づくものです。」


He said the big mystery, since they have just that one sample taken from a beach so far upriver, is how it got there. It could have been airborne, landed on a hill or mountain and been washed down to the river.
川上のビーチからのただ1つのサンプルしかなく、どのようにそこにたどり着いたのかが、大きなミステリーだと話しました。


“It’s inland, so it could not come in from the ocean, since the water flows the other way,” he said.
「内陸なので、海からということはありえません。水は逆方向に流れているのです。」

 


...When asked if a bird could have pooped it out there, he audibly shrugged. The mystery “indicates the need for further study,” he said.
鳥がそこに落とした糞からではないかと訊ねると、電話の向こうで肩をすくめました。「ミステリーは更なる研究が必要だと言うことを示しています。」


International Business Time


Scientists are speculating a number of guesses - it could have been airborne, landed on a hill or mountain and been washed down to the river.
科学者たちは色々と推測しています。風にのって、丘や山に落ち、川まで流された。。


"It's actually quite unexpected that we found it in soil so far inland," Mr Starosta said. "Common wisdom would be that Caesium would come through the ocean."
「実は、今のところ内陸の土壌から発見されることはかなり予想外です。通常、セシウムは海から来ると考えられていますから。」


Metro

“We only have a single sample,” he said. “We followed up in the same place later and didn’t find comparable radiation levels… This could just be a one-time blip.”
「たった1つのサンプルしかありません。後で同じ場所のサンプルを検査しましたが、比較できる放射能は検出されませんでした。これは一度きりの反応かもしれません。」






その土壌サンプル・・・

本当にビーチから採ったものなのでしょうかねぇ・・・



きちんとしたデータと

納得のいく報告を待ちたいと思います。



関連記事

チェルノブイリ事故処理従事者からのメッセージ

 2014-03-06
Chernobyl Cleanup Survivor's Message for Japan: 'Run Away as Quickly as Possible'
チェルノブイリ汚染除去処理従事者から日本へのメッセージ:「できるだけ早く逃げなさい」


日本の福島原発事故について、米国のAOLニュースがチェルノブイリ事故汚染除去に従事した女性に電話インタビューした。(大倉純子) 以下日本語訳は日刊ベリタより

Mar 22, 2011 – 1:23 PM

Natalia Manzurova, one of the few survivors among those directly involved in the long cleanup of Chernobyl, was a 35-year-old engineer at a nuclear plant in Ozersk, Russia, in April 1986 when she and 13 other scientists were told to report to the wrecked, burning plant in the northern Ukraine.
チェルノブイリの汚染除去作業に長期に渡り直接従事したメンバー中の生存者の一人、ナタリア・マンズロヴァ(Natalia Manzurova)。彼女は1986年4月当事35歳、ロシアのオジョルスク(Ozersk)の原発技師だった。マンズロヴァはウクライナ北部の、焼けて大破した発電所に他の13人の科学者とともに派遣された。


It was just four days after the world's biggest nuclear disaster spewed enormous amounts of radiation into the atmosphere and forced the evacuation of 100,000 people.
大気中に膨大な量の放射線を撒き散らし10万人の避難を余儀なくさせた史上最悪の核災害のわずか4日後のことだった。


Manzurova and her colleagues were among the roughly 800,000 "cleaners" or "liquidators" in charge of the removal and burial of all the contamination in what's still called the dead zone.
マンズロヴァとその同僚たちはいまだ「死のゾーン」と呼ばれる地域のすべての汚染物質の除去と埋蔵の任を負った約80万人の「汚染除去作業者」つまり「リクビダートル」のメンバーだった。


She spent 4 1/2 years helping clean the abandoned town of Pripyat, which was less than two miles from the Chernobyl reactors. The plant workers lived there before they were abruptly evacuated.
彼女は住民が去ったプリピャチで4年半にあたり汚染除去作業に従事した。プリピャチからチェルノブイリ原発までは2マイル(3.2km)以下の距離。緊急避難させられた原発職員が住んでいた町である。


1300809395628.jpeg


Manzurova, now 59 and an advocate for radiation victims worldwide, has the "Chernobyl necklace" -- a scar on her throat from the removal of her thyroid -- and myriad health problems. But unlike the rest of her team members, who she said have all died from the results of radiation poisoning, and many other liquidators, she's alive.
現在59歳で世界中の放射能被害者のためにアドヴォカシー活動をしているマンズロヴァの首には「チェルノブイリの首飾り」が見える-喉から甲状腺を切除した傷跡である。彼女は他にもさまざまな健康上の問題を抱えている。しかし彼女のチームメイト(全員、放射線障害で亡くなったと彼女は言う)やその他大勢のリクイデーターとは異なり、彼女は生き残った。


AOL News spoke with Manzurova about the nuclear disaster in Japan with the help of a translator on the telephone Monday from Vermont. Manzurova, who still lives in Ozersk, was beginning a one-week informational tour of the U.S. organized by the Beyond Nuclear watchdog group.
AOLニュースは月曜日、通訳の助けを借りて日本の原子炉災害についてバーモントから彼女に電話取材した。現在もオジョルスクに住むマンズロヴァは、米国の原子力監視団体Beyond Nuclear の招待で一週間に渡る講演旅行を始めるところだった。


AOL News: What was your first reaction when you heard about Fukushima?
福島原発事故のことを最初に聞いたときどうでしたか?


Manzurova: It felt like déjà vu. I felt so worried for the people of Japan and the children especially. I know the experience that awaits them.
マンズロヴァ(以下マ):デジャヴを見ているようでした。日本の人々、特に子どもたちのことが大変心配です。何が彼らを待ちうけているか経験でわかるからです。


But experts say Fukushima is not as bad as Chernobyl.
専門家は福島事故はチェルノブイリほどひどくないと言っていますが。


Every nuclear accident is different, and the impact cannot be truly measured for years. The government does not always tell the truth. Many will never return to their homes. Their lives will be divided into two parts: before and after Fukushima. They'll worry about their health and their children's health. The government will probably say there was not that much radiation and that it didn't harm them. And the government will probably not compensate them for all that they've lost. What they lost can't be calculated.
マ:すべての核事故はそれぞれ違います。そしてその被害も何年にも渡らねば本当には計測できません。政府がいつも真実を言うとは限りません。多くの人が家にもうもどれないでしょう。その人たちの人生は二つに分かれるでしょう:フクシマの前と後に。自分の、そして子どもたちの健康を絶えず心配することになるでしょう。政府はおそらくそんなに大量の放射線はなかった、人体に害を及ぼしたはずはない、というでしょう。そしておそらく人々が失ったものすべてを補償などはしてくれないでしょう。彼らが失ったものは計算不可能です。


What message do you have for Japan?
日本の人へのメッセージがありますか?


Run away as quickly as possible. Don't wait. Save yourself and don't rely on the government because the government lies. They don't want you to know the truth because the nuclear industry is so powerful.
マ:できるだけすぐに逃げなさい。待ってはいけません。自分を救うのです。政府を信じてはだめ。政府はうそをつくから。政府はあなたに真実を知ってほしくないのです。それほど原子力産業は強力なのです。


When you were called to go to Chernobyl, did you know how bad it was there?
チェルノブイリに行くように召集されたとき、状況がどれほど悪いか知っていましたか?

I had no idea and never knew the true scope until much later. It was all covered in secrecy. I went there as a professional because I was told to -- but if I was asked to liquidate such an accident today, I'd never agree. The sacrifices the Fukushima workers are making are too high because the nuclear industry was developed in such a way that the executives don't hold themselves accountable to the human beings who have to clean up a disaster. It's like nuclear slavery.
マ:全く見当もつきませんでしたし、かなり後になるまで本当はどんな状況だったかも知りませんでした。すべての秘密のベールに覆われていました。私は言われた通りに専門家としてそこに行きましたが - もし、今、同様の事故の処理のために行ってくれと言われたら絶対断るでしょう。フクシマで作業をしている人たちは非常に大きな犠牲を払っています。原子力産業のトップは災害の後始末をしなくてはならない人々に説明責任を果たしたりはしません。原子力産業はそうやって発展してきたのです。それは核の奴隷制のようなものです。


What was your first impression of Chernobyl?
チェルノブイリを見たときの最初の印象は?


It was like a war zone where a neutron bomb had gone off. I always felt I was in the middle of a war where the enemy was invisible. All the houses and buildings were intact with all the furniture, but there wasn't a single person left. Just deep silence everywhere. Sometimes I felt I was the only person alive on a strange planet. There are really no words to describe it.
マ:中性子爆弾が落ちた後の戦場のようでした。敵が見えない戦争をしているようにいつも感じていました。すべての家も建物も、すべて家具はそのまま、なのに人っ子一人いないのです。どこでも深い静寂が支配していました。見知らぬ惑星に私一人のような。どんなに言葉を尽くしても表現仕切れません。


What did your work as a liquidator entail?
リクビダートルとしてどんな仕事をしたのですか?


First, we measured radiation levels and got vegetation samples to see how high the contamination was. Then bulldozers dug holes in the ground and we buried everything -- houses, animals, everything. There were some wild animals that were still alive, and we had to kill them and put them in the holes.
マ:最初、放射線レベルを測り、どれほど汚染が進んでいるか見るため植物サンプルを採取しました。それからブルドーザーで地面に穴を掘り、すべてをそこに埋めました-家、動物、すべて。まだ野生動物がいくらか生き残っていましたが、私たちはそれも殺して穴に埋めなくてはなりませんでした。


Were any pets left in the houses?
家にはペットが残っていたのですか?


The people had only a few hours to leave, and they weren't allowed to take their dogs or cats with them. The radiation stays in animals' fur and they can't be cleaned, so they had to be abandoned. That's why people were crying when they left. All the animals left behind in the houses were like dried-out mummies. But we found one dog that was still alive.
マ:人々は退避までに数時間しか与えられていなかったし、犬や猫を連れて行くことが認められなかったのです。放射性物質は動物の毛に残りますがそれは除去できません。だから殺さなくてはならなかったのです。だから人々は去るときに泣いていました。家に残された動物はすべて乾燥したミイラのようになっていました。一匹だけ生きている犬がいたのですが・・。


Where did you find the dog and how did he survive?
どこで見つけたのですか?その犬だけどうやって生き残ったのです?


We moved into a former kindergarten to use as a laboratory and we found her lying in one of the children's cots there. Her legs were all burned from the radiation and she was half blind. Her eyes were all clouded from the radiation. She was slowly dying.
マ:私たちは研究室として使うため元幼稚園だった建物に入り込みましたが、その犬はそこのベビーベットに寝ていたのです。彼女のすべての足は放射線のやけどを負っていて、半分目が見えなくなっていました。目が放射線で曇ってしまっていたのです。彼女は大分弱っていました。


Were you able to rescue her?
助けることはできなかったんですか?


No. Right after we moved in, she disappeared. And this is the amazing part. A month later we found her in the children's ward of the (abandoned) hospital. She was dead. She was lying in a child's bed, the same size bed we found her in the kindergarten. Later we found out that she loved children very much and was always around them.
マ:いいえ、私たちがその建物に入った直後、彼女はいなくなりました。ここからが驚きなのですが、一ヵ月後、私たちは彼女が廃墟になった病院の子ども病棟にいるのを見つけました。すでに死んでいました。彼女は子供用のベッドに横たわっていて、私たちが最初に彼女を見つけた幼稚園のベビーベッドと同じサイズのベッドでした。後でわかったんですが、その犬は生前子どもたちが大好きで、いつも子どもたちのそばにいたというのです。


How did working in the dead zone begin to affect your health?
死のゾーンで働いたことはあなたの健康にどう影響しましたか?


I started to feel as if I had the flu. I would get a high temperature and start to shiver. What happens during first contact with radiation is that your good flora is depleted and the bad flora starts to flourish. I suddenly wanted to sleep all the time and eat a lot. It was the organism getting all the energy out.
マ:インフルエンザにかかったようでした。高熱が出て震えだしました。放射線に当たって最初に起こることはよい働きをする微生物叢(びせいぶつ そう:体内の特定の場所にいる無害なバクテリア)が死んでいって、悪い働きをするバクテリアが繁殖し始めるのです。いつでも突然に眠たくなり、またたくさん食べました。生きてはいるもののエネルギーが全くありませんでした


How much radiation were you subjected to?
どれくらいの放射線を浴びたのですか?


We were never told. We wore dosimeters which measured radiation and we submitted them to the bosses, but they never gave us the results.
マ:教えられませんでした。私たちは放射線を測る線量計を身につけそれを上司に提出しましたが、結果は教えてもらえませんでした。


But didn't you realize the danger and want to leave?
危険を察知して逃げようとはしなかったのですか?


Yes, I knew the danger. All sorts of things happened. One colleague stepped into a rainwater pool and the soles of his feet burned off inside his boots. But I felt it was my duty to stay. I was like a firefighter. Imagine if your house was burning and the firemen came and then left because they thought it was too dangerous.
マ:はい、危険は承知していました。いろいろなことが起こりました。一人の同僚が雨水の水溜りにはまってしまったんですが、ブーツの中でかかとがやけどしてしまいました。しかし私は留まることが義務だと思っていました。消防士と同じです。もしあなたの家が燃えていて消防士が来たのに、「危なすぎる」と言って帰ってしまったらどうします?


When did you discover the thyroid tumor?
いつ甲状腺がんだとわかったのですか?


They found it during a routine medical inspection after I had worked there several years. It turned out to be benign. I don't know when it started to develop. I had an operation to remove half the thyroid gland. The tumor grew back, and last year I had the other half removed. I live on (thyroid) hormones now.
マ:チェルノブイリで数年働いた後の定期健診で見つかりました。良性だとわかりました。いつでき始めたのかはわかりません。甲状腺を半分切り取る手術を受けました。癌は再発し、昨年残りの半分を切り取りました。今は甲状腺ホルモン剤に頼って生きています。


Why did you go back to Chernobyl after getting a thyroid tumor?
甲状腺がんができたのになぜチェルノブイリに戻ったのですか?


Right around the time of my operation, the government passed a law saying the liquidators had to work for exactly 4 1/2 years to get our pension and retire. If you left even one day early, you would not get any benefits.
マ:ちょうど私が手術を受けたころ、政府はリクビダートルは4年半きっかり働いていなくては引退して年金が貰えないという法律を通したのです。一日でも足りなければ、なんの手当てももらえないのです。


Really? That seems beyond cruel.
本当ですか?それはあまりにひどいですね。


It's why the nuclear industry is dangerous. They want to deny the dangers. They kept changing the law about what benefits we'd get because if they admitted how much we were affected, it would look bad for the industry. Now we hardly get any benefits.
マ:だから原子力産業は危険なのです。彼らは危険性を否定したい。彼らは私たちがもらえる手当てについていつも法律を変え続けています。私たちがどれほどひどい被害を受けたか認めしまうと、原子力産業の体裁が悪くなるからです。いまや私たちはほとんどなにも手当てを受けられません。


Did your health worsen after you finally finished work at Chernobyl?
最後にチェルノブイリでの仕事を終わってから健康状態は悪化しましたか?


1300809425195.jpeg


I was basically disabled at 43. I was having fits similar to epileptic fits. My blood pressure was sky high. It was hard to work for more than six months a year. The doctors didn't know what to do with me. They wanted to put me in a psychiatric ward and call me crazy. Finally they admitted it was because of the radiation.
こしていました。血圧は大変高くなりました。一年のうち6ヶ月以上働けなくなりました。医者も手のつけようがありませんでした。私が狂っていると言って精神病棟にいれようとしました。最終的には彼らは放射線がこれらの原因であることを認めたのです。





福島事故から3年。


福島からをも

どこかに向けて

同じメッセージを出すことがあってはなりません。



これ以上の悲劇の受け皿は

もう

どこにもありません。



この過ちだらけだった時代を

終わらせましょう。







関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 20歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 17歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 8歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事

カテゴリ
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。