スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

手遅れになる前に目覚めよう!

 2014-02-24
Organic-Farming-in-Promoting-Sustainable-Living.jpg


UN REPORT SAYS SMALL-SCALE ORGANIC FARMING ONLY WAY TO FEED THE WORLD
国連の報告―世界の食糧問題を解決する唯一の方法は、小規模な有機農業である



Transformative changes are needed in our food, agriculture and trade systems in order to increase diversity on farms, reduce our use of fertilizer and other inputs, support small-scale farmers and create strong local food systems. That’s the conclusion of a remarkable new publication from the U.N. Commission on Trade and Development (UNCTAD).
農場の多様性を増やし、化学肥料などの使用を減らし、小規模な農家を支援し、強固な地域ごとの食糧システムを作るために、私たちの食糧、農業、商業システムに変革が必要です。これが、国際連合貿易開発会議(UNCTAD)からの最新の注目すべき発表の結論です。


The report, Trade and Environment Review 2013: Wake Up Before it is Too Late, included contributions from more than 60 experts around the world (including a commentary from IATP). The report includes in-depth sections on the shift toward more sustainable, resilient agriculture; livestock production and climate change; the importance of research and extension; the role of land use; and the role of reforming global trade rules.
この報告は、「商業と環境の考察2013:手遅れになる前に目覚めよう」と題し、世界中から集まった60名以上の専門家(農業・貿易政策学会-IATPのコメントも含む)の意見が含まれているものです。報告書は、持続可能で活発な農業にシフトするために綿密なセクションに渡っています。家畜生産と気候の変化、調査と延長の重要性、土地利用の役割、そして、グローバルな貿易の規則の建て直しの役割についてです。


Wake_up.jpg


The report links global security and escalating conflicts with the urgent need to transform agriculture toward what it calls “ecological intensification.” The report concludes, “This implies a rapid and significant shift from conventional, monoculture-based and high-external-input-dependent industrial production toward mosaics of sustainable, regenerative production systems that also considerably improve the productivity of small-scale farmers.”
そのレポートは、グローバル保障とエスカレートする争いを、「環境保全の強化増大」なるものに向けての農業変革の切迫した必要性に結び付けています。「これは、従来の、単一栽培、外部資金投入の従属関係形工業的生産から、モザイク型、持続可能な、再生生産システムに向けて、迅速且つ大きくシフトするということを示し、それがまた小規模な農家の生産性を相当改善することでもある。」とも述べています。


The UNCTAD report identified key indicators for the transformation needed in agriculture:
農業・貿易政策学会の報告書は、農業に必要な変革のための主な指標として、次のことをあげています。


Increasing soil carbon content and better integration between crop and livestock production, and increased incorporation of agroforestry and wild vegetation
土壌炭素、収穫物と家畜生産のよりよい統合を増強し、アグロフォレストリー (樹木を植栽し、樹間で家畜・農作物を飼育・栽培する農林業)と山菜の取り込みを強化


Reduction in greenhouse gas emissions of livestock production
家畜生産による温室効果ガス排出の削減

Reduction of GHGs through sustainable peatland, forest and grassland management
持続可能な泥炭地、森、牧草地管理を通して温室効果ガス排出を削減

Optimization of organic and inorganic fertilizer use, including through closed nutrient cycles in agriculture
農業における栄養素の循環を通しての有機、無機肥料の使用の最適化

Reduction of waste throughout the food chains
食連鎖を通しての無駄を削減

Changing dietary patterns toward climate-friendly food consumption
食生活を気候にやさしい食物の消費に向けて転換

Reform of the international trade regime for food and agriculture
食物と農業の国際貿易体制の再構築



IATP’s contribution focused on the effects of trade liberalization on agriculture systems. We argued that trade liberalization both at the WTO and in regional deals like the North American Free Trade Agreement (NAFTA) had increased volatility and corporate concentration in agriculture markets, while undermining the development of locally-based, agroecological systems that better support farmers.
農業・貿易政策学会-IATPのコメントは、農業についての貿易自由化の影響について焦点を当てました。世界貿易機関(WTO)や北米自由貿易協定(NAFTA)のような地域協定は、農業マーケットにおいて非持続性と法人集中を増加させ、農家をよりよくサポートする地域ベースの農業生態システムの発展を損なわせてきたことついて議論しています。


The report’s findings are in stark contrast to the accelerated push for new free trade agreements, including the Trans Pacific Partnership (TPP) and the U.S.-EU Trade and Investment Partnership (TTIP), which expand a long discredited model of economic development designed primarily to strengthen the hold of multinational corporate and financial firms on the global economy. Neither global climate talks nor other global food security forums reflect the urgency expressed in the UNCTAD report to transform agriculture.
元来グローバル経済に多国籍企業や金融機関を強化させるために企てたられた、今では長い間信用を失っているグローバル経済の発展を更に拡大させる環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)やアメリカ・ヨーロッパ間投資連携協定(TTIP)などの最近の自由貿易協定に対し、この報告書の知見は対照的です。地球の気候についての話題も、他のグローバルな食糧保障のフォーラムも、農業を転換するというこのUNCTADの報告書における緊急性を反映していません。


In 2007, another important report out of the multilateral system, the International Assessment of Agricultural Knowledge, Science and Technology for Development (IAASTD), with contributions from experts from over 100 countries (and endorsed by nearly 60 countries), came to very similar conclusions. The IAASTD report concluded that “Business as Usual is Not an Option,” and the shift toward agroecological approaches was urgent and necessary for food security and climate resilience. Unfortunately, business as usual has largely continued. Maybe this new UNCTAD report will provide the tipping point for the policy transformation that must take place “before it’s too late.”
2007年、国際組織からもう1つ重要な報告、農業・科学・テクノロジー発展のための国際的評価があり、100カ国を越える専門家から、(ほぼ60カ国により推奨され)とても似かよった結論が出ていました。この報告書は、「通常のビジネスは選択肢ではなく」、食糧保障と気候回復のために、農業生態的アプローチへの転換が早急に必要とされていると結論しています。不幸なことに、通常のビジネスは大々的に継続しています。おそらく、この新しく出版された国際連合貿易開発会議(UNCTAD)が「手遅れになる前に」起こるべく政策変換への転換点となるでしょう。





そうであって欲しいと思います。


エネルギー政策も、農業政策も、テクノロジーの発展も


先進国と呼ばれている国のライフスタイルそのものの


転換期です。



一握りの富を潤わせるために

一時的な便利性で人を誘惑し、

土地を傷めつけて大量生産し、

人々は安価で毒性の高いものを嬉々としてまんまと消費し続け・・・



土地は痩せ、人間の健康は害され、

地球全体が病んでいる今。


転換しなければ、

自らの手で、全てを滅ぼしていくことになるのでしょう。




このことに気付いていない人が、

沢山いるように見受けられます・・・


が。。。




商業ベースの安い食品を買わないことは大きなアクション。


有名ブランドで遺伝子組み換えが入っていないものは皆無に等しく・・・


最近ローカル食品、オーガニック食品がトレンドになりつつある様子を見ると、



気付いている人も、

沢山いるようです 


GO LOCAL!!



関連記事
スポンサーサイト

原発事故からの教訓 ~ 国は国民を守らない

 2014-02-20
First Nations call for radiation tests
先住民たちが放射能検査を要請


Effects on marine life from Fukushima fallout a concern
福島からの降下物が海洋生物に与える影響が懸念される


John Gleeson / North Shore News

February 14, 2014 12:00 AM


B.C.'s grand chief and First Nation leaders on the Sunshine Coast are supporting a call for Ottawa to "systematically and properly" study the full impact of Fukushima radiation on the West Coast fishery.
BC州先住民会議チーフとサンシャインコーストの先住民会議のリーダーたちは、オタワに対し福島からの放射能が西海岸の漁業に与える包括的な影響について、「系統だった適切な研究」の必要性を支持しています。


Radiation from the March 2011 nuclear accident arrived off the B.C. coast last year, Robin Brown, ocean sciences division manager with the Department of Fisheries and Oceans, said Feb. 4. "According to our observations, the radiation from Fukushima was detected in B.C. coastal waters in June 2013. Barely detectable, but detectable," Brown said.
2011年原子力事故からの放射能が去年BC州海岸に到達したのだと水産海洋省の海洋科学部長であるロビン・ブラウンが2月4日に述べました。「私たちの観測によると、福島からの放射能は2013年にBC州海岸の海水から検出されました。やっと検出された程度ですが、検出されたことには違いありません。」

【Radionuclide Transport from Fukushima to Eastern North Pacific】
 福島から北東太平洋に運ばれた放射性核種

Presented at North Pacific Marine Science Organization Annual Meeting in Nanaimo, BC, October 15, 2013


Pacific Sta.


Levels of 137Cs equal to 0.3 Bq/m3 measured at Sta. P26 in 2012 represent leading edge of Fukushima plume.
2012年にP26地点で測定されたセシウム137のレベルは0.3 Bq/m3で、福島プルームの最先端であることが分かる。


pacific prum


Distribution of 137Cs from Fukushima on Line P in June, 2013 shows highest levels at Sta. P26 decreasing eastward to values
< 0.5 Bq/m3 at Sta. P1.
福島からのセシウム137の値は2013年6月の直線Pでは、P26地点が最高値を示し、東のほうが低くなり、P1地点では0.5 Bq/m3以下である。


Pacific Line P


137Cs levels in upper 1000 m at Stas. P4 and P26 in June, 201 consistent with background levels in North Pacific from atmospheric nuclear weapons tests.
2011年6月のP4からP26地点の海面1000m以上のセシウム137のレベルは核実験からの北太平洋のレベルと変わらなかった。

Fukushima 134Cs was detectable in upper 50 m at Sta. P26 in June, 2012, but not at Sta. P4 or at arctic stations.
2012年6月には福島からのセシウム134がP26地点の海面50mで検出されたが、P4地点や北極海地点では見られなかった。

134Cs was detectable along the entire Line P in June, 2013. Highest levels of 0.9 Bq/m3 were measured at Sta. P26.
2013年6月直線P上全ての地点でセシウム134が検出された。最高値はP26地点の0.9 Bq/m3。

To see the whole presentation please go
https://www.pices.int/publications/presentations/PICES-2013/2013-MEQ/MEQ-1700-Smith.pdf


Although the federal government tested food samples, including some domestic fish species, in 2011 and early 2012, the Canadian Food Inspection Agency said last week (Feb. 5) that "further testing of imported or domestic food products for the presence of radioactive material is not required."
カナダ政府は国産の魚各種を2011年(12検体)と2012年初め(20検体)にサンプルを検査しましたが、カナダ食品検査機関は先週(2月5日)「輸入食品と国産食品の放射性物質を更に検査する必要はない。」と述べました


Last month, Tahlton Central Council president Annita McPhee wrote national Chief Shawn Ain-chut Atleo, urging him to press Ottawa for action amid growing concerns by members of the Tahltan Nation in northwestern B.C. "We cannot sit by and watch and wait to see what the full impacts of the Fukushima disaster will be on our salmon and our way of life," McPhee wrote. "To date, we have not seen or heard of Canada taking this issue seriously and working in a real way to address it."
先月、Tahlton中央評議会長のアニータ・マックフィーはカナダ先住民会議ショーン・Ain-chut Atleoチーフに、BC州北西部のTahlton部族のメンバーに懸念が広がっているので、オタワに行動を起こすことを求めるよう手紙を書きました。「私たちはただ座って眺めて、福島災害の全影響が私たちのサーモン、私たちの生活に及ぶのを見ているわけにはいきません。」


tahltan-territory-map.jpg


The letter called on Atleo to "raise this issue at the highest levels of the federal government, and demand action."
その手紙は、Atleoチーフに「カナダ政府の最高レベルにてこの問題を取り上げる」ように求めたものです。


In an interview, McPhee said news reports about Fukushima have bred fear in her community.
インタビューでマックフィーは、福島ついてのニュースがコニュニティーに恐怖を植えつけているのだと話しました。


Annita_McPhee_stripe.jpg


"Some people are not eating their fish because they're scared. Some people don't want to feed it to their kids. We don't want to get cancer. We already have lots of cancer up in our area. I mean, lots," McPhee said.
「怖れのあまり魚を食べない人もいます。子どもたちに食べさせたくないと思う人もいます。癌になりたくないのです。このあたりでは既に癌が多発しています。本当に沢山です。」とマックフィーは言いました。


"The Tahltan people have been very concerned about what's going on. We get our fish from the Stikine River, but it comes from the Pacific Ocean," she said. "As First Nations, we've got to come together and address this, force the government's hand. We have a right to know if our fish is safe to eat."
「Tahltanの人々は今起こっていることを大変心配しています。私たちは魚をスチキン川から獲ってきます。しかしそれは太平洋から来るのです。 先住民族として、私たちは共にこの問題に取り組み、なんとしてでも政府に行動してもらいます。私たちには魚が食べても安全かどうか知る権利があるのです。」


B.C. Grand Chief Stewart Phillip echoed that view, calling the federal government's inaction "highly irresponsible.
BC州の先住民会議のチーフ、スチュワート・フィリップはこの考えを繰り返し、カナダ政府の怠惰を非常に無責任であると言いました。


"I think it's certainly a legitimate concern," Phillip said. "Other jurisdictions - other countries - realize there is a very real potential for contamination. Unfortunately, Canada doesn't seem to be taking any steps whatsoever to acknowledge this as a potential threat."
「これは確かに道理にかなった懸念です。他の管轄地域、つまり他の国では汚染の可能性がとても現実的だということに気付いているのに、カナダはこの脅威の可能性について認識していると思わせるいかなる手段もとっていないようにみえます。」


Instead, Phillip noted, DFO has been downsized, representing "a significant disinvestment" in the West Coast fishery.
それどころか、水産海洋省は縮小され、西海岸の漁業において「著しい資本の引き上げ」をしているように思われます。


"It's not only unacceptable, but it's very negligent of the government of Canada," he said.
それは受け入れがたいだけではなく、カナダ政府の非常な怠慢です。」と彼は話しました。


For Tsleil-Waututh Nation member Rueben George, radiation concerns are just one more aggravating aspect in an increasingly threatened environment.
Tsleil-Waututh部族のルーベン・ジョージにとっては、放射能の心配は環境を脅かし続け、悪化している要因の1つに過ぎません。


tsleilwaututh_map.jpg


"I think overall it's been progressively worse and worse and worse, and that's just one of the destructive factors," he said.
「どんどん、どんどん、どんどん悪化するばかりです。放射能はその有害要因の1つに過ぎないのです。」と話しました。


Personally hesitant about eating fish from the region, George said questions about escalating cancer rates need to be addressed.
個人的にこの地域からの魚を食べるのはためらうと話し、上昇している発癌率についての疑問が問われるべきだとジョージは言います。


Reuben George


"Already there's so many questions that I think our society needs to know. At what level is it too dangerous?" he asked.
「自分たちの社会が知る必要のある多くの疑問が既に沢山あるのだと思います。どの時点で危険すぎるといえるのか?」


On the Upper Sunshine Coast, Sliammon Chief Clint Williams said he fully backs McPhee's call for testing and full disclosure.
サンシャインコーストの北部、Sliammonのクリント・ウィリアムズチーフは、検査と完全な情報公開を求めているマックフィーを全面的に支持していると話しました。


silammon.jpg


"Our people really cherish salmon, it's always been part of our culture, so we absolutely encourage that. We want to make sure our food is safe. And it's not just salmon either - it's clams, geoducks, sea urchins," Williams said. "I'm sure those concerns are shared all up and down the coast here."
「私たちは本当にサーモンを大切にしているのです。サーモンはいつも私たちの文化の一部なので、絶対にその求めを応援します。自分たちの食べ物が安全かどうか確かめたいのです。それはサーモンに限ったことではありません。アサリ、アメリカナミガイ、ウニもそうです。この懸念を海岸沿いの北から南まで共有していることは確かです。」


Former Shíshálh (Sechelt) Nation chief Calvin Craigan concurred, saying that any contamination of natural foods from the sea will affect coastal Native communities.
シーシェルト部族のカルヴィン・Craigan元チーフも同じ意見です。海からとれる自然食品の汚染はどんなものも沿岸部の先住民のコミュニティーに影響を与えるだろう、と話します。


"If that's going to happen in the long term, and it is, all First Nations have to get together and call for testing," Craigan said.
「長期に渡って起こることであるならば、そしてそうなるのですが、全ての先住民が団結し検査を求めなければなりません。」


Last October, a report by five DFO scientists concluded that, due to ocean currents, "the inventory of Fukushima radioactivity will almost entirely shift from the western to the eastern North Pacific during the next five years."
去年10月、水産海洋省の科学者たちが、海流のため、「福島からの放射能物質はこれから5年間のうちに、ほぼ全て西太平洋から太平洋の北東部へとシフトするであろう。」と結論付けました。

The report, released during the North Pacific Marine Science Organization annual meeting in Nanaimo, presented two widely different study models. One model suggested ocean contamination would exceed levels of maximum fallout from nuclear tests and previous accidents such as Chernobyl, while the other model said levels would equal the amount of contamination that existed in 1990.
ナナイモで行われた海洋科学協会の年次総会で発表されたそのレポートは、2つの大きく異なった研究モデルを提供していました。1つのモデルは、海の汚染が核実験からの降下物やチェルノブイリのような事故からの降下物のレベルを超えるであろうと主張している一方で、もう1つのモデルは1990年に存在イしていた汚染の量と同じレベルだとしていました。


"These levels are still well below maximum permissible concentrations in drinking water for cesium-137," the report said. "Not an environmental or human health radiological threat!" Despite that caveat, the report cited "many reasons for study," including human health and marine biota.
「これらのレベルは飲料水のセシウム137許容濃縮の最大値をも大きく下回っている。」とレポートにあります。「環境、人間の健康に対して脅威ではない!」と。その通告にもかかわらず、そのレポートは人間の健康、海洋生物を含め「研究するための多くの理由がある」と述べています。


Brown, one of the co-authors of the report, acknowledged that neither study factored in ongoing discharges from Fukushima after the March 2011 release.
そのレポートの共同著者であるブラウン氏は、どちらの研究も2011年3月に放出された後の福島からの継続的な排水について因数に分解していないことを認めました。


"But there are several lines of evidence," he added, "to suggest that the ongoing releases, while serious, are small compared to the initial release and will not impact arrival time or peak concentration."
「しかし、継続的排出を示す一連の証拠があります。深刻なものですが、最初の放出に比べると小さいもので、それが到達する時間や濃縮のピークを左右するものではありません。」


DFO will continue to test water samples from a line of monitoring stations in the Pacific, Brown said, stressing the low levels that have been detected to date.
海洋水産省は太平洋に1直線に並ぶモニタリングステーションからの海水サンプルの検査を続けるのだとブラウン氏は述べ、今のところ低いレベルが検出されているのだと強調しました。


"These levels are in the barely detectable range. They are extremely low," he said.
「これらのレベルは検出されるかされないかくらいの範囲です。かなり低いものです。」


Asked if West Coast marine life was being tested, Brown said: "I know Health Canada is doing some kind of research mode measurements. I know they are measuring concentrations in fish."
西海岸の海洋生物が検査されるのかを聞くと、ブラウン氏はこう答えました。「ヘルスカナダがその種のリサーチ測定をしているのは分かっています。魚の濃縮を測っているはずです。」


When contacted, however, Health Canada referred Coast Reporter to the CFIA, which said tests were conducted on some
しかしながら、ヘルスカナダに連絡してみると、カナダ食品検査機関を勧められました。カナダ食品機関は、検査はいくつかのサンプルについて行われた、と言っていました。


species in August 2011 and February 2012, and all test results were below Health Canada action limits.
2011月8月、2012年2月のサンプルの全ての検査結果はヘルスカナダのアクションレベル(1キロあたり1000ベクレル)を下回っていました。


"Based on our test results, as well as our ongoing assessment of information from a variety of expert resources, further testing of imported or domestic food products for the presence of radioactive material is not required," the agency said in an email response.
「私たちのテスト結果に基づき、また、専門家の様々な情報源を継続的に精査した結果、輸入、国産食品についての更なる放射性物質検査は必要ありません。」とEメールで返信がありました。


"The CFIA continues to monitor events in Japan and assess any potential impacts on Canada's food supply," the agency added. "Information from Japanese officials, Canadian government partners, Canada's foreign embassies and international authorities are considered as part of our assessment."
「カナダ食品機関は引き続き日本の事象をモニタリングし、カナダの食品供給に影響を与える可能性について精査します。日本当局、カナダ政府のパートナー、カナダの外国領事官や国際機関からの情報が、査定の一部として考えられています。」


with files from Jeremy Shepherd

© North Shore News





3年間行政機関からの回答は全く同じものです。

それもそのはず。

アクションレベルの1キロあたり1000ベクレルまでは安全なわけですから。



「自分たちが食べているものが安全なのかどうか知る権利がある」


という訴えに対しては、胸を張って


「安全です!」


と言えるわけです。




税金を大幅に削減し、このような行政機関を閉鎖するのが一番効率的だと考えます。

一般市民は、自分たちで自分たちのことを守りますから



関連記事

学ばれぬ教訓~繰り返される悲劇

 2014-02-08
voice_of_russia_logo.jpg

6 February, 22:31

Fukushima catastrophe: Japanese gene pool affected by radiation, morbidity to rise
福島の惨事:日本人の遺伝子プールは放射能の影響を受け、罹患率は上昇する



Thirty thousand people who took part in the works to liquidate the consequences of the accident at the Fukushima 1 nuclear power plant will be examined in Japan. Doctors have already examined Nineteen thousand liquidators. The data received are disappointing.
福島第一原発での事故の後始末をするために働いている3万人の人が日本で検査を受けることになるでしょう。医師たちはスでに1万9000人の作業員を検査しました。手に入れたデータは思わしくないものです。


9h_51092506.jpg


In order to precisely determine how the accident affected the people, specialists took into account information about their lifestyle. For example, they took into account whether a person smoked and what the ecology in the region of his residency was. About two thousand liquidators who received the radiation dose of over 100 millisieverts have already been detected. It is a dangerous dose, explains Maksim Shingarkin, deputy chairman of the natural resources committee at the Russian State Duma.
その事故が人々に与えた影響を正確に測定するために、専門家たちはライフスタイルについて考慮します。例えば、タバコを吸っていたのか、どのような自然環境の地域に住んでいたのかなどを考慮するのです。約2000人の作業員たちが100ミリシーベルト以上の放射線を受けたことが、既に検出されていれています。ロシア議会で自然資源委員会の議長代理を務めるマクシム・シンガーキンはそれが危険な量だと説明します。


"If they received the total dose in the course of a year, those people definitely were exposed to excessive radiation above the established norm. They are to remain under the doctors observation for the rest of their lives. The mere fact that such levels of radiation energy are registered means that inside a person certain processes have already been set off. And it is impossible to predict when and in what form of disease this will show".
「この合計線量を1年中受け続けたら、この人たちは絶対に既に定められている標準を以上の過度な被曝をすることになります。彼らは一生医師の観察下にいなければなりません。そのような放射線エネルギーのレベルが記録されるということは、その人の体内であるプロセスが引き起こされていると言うことを意味します。そして、いつ、どのような形の病気が現れるのかを予測することは不可能なのです。」


Neither the liquidators, nor the local population have so far developed diseases directly caused by the accident. However, there is a debate regarding what caused cancer that killed Masao Yoshida, the head of the commission to estimate the size of the damage at the Fukushima power plant.
作業員でも、地域の住民でも今のところ直接事故が原因で発病した人はいません。 しかし、福島原発の損傷の規模を推測する任務の長であり、癌で亡くなった吉田昌郎所長の原因が何あったのかは議論されています。


For the sake of comparison, after the Chernobyl disaster 29 people died in the course of two months. That primarily includes those who got many times the lethal dose of radiation while working on the roof of the destroyed energy unit. According to witnesses, people felt a metallic taste in their mouths, which was a sign of a very high radiation level. Other Chernobyl victims experienced a of diseases 5-6 years later. According to Andrey Dyomin, president of the Russian Association for Public Health, the same is to be expected in Japan.
それと比べ、チェルノブイリ事故の後29人が2ヶ月間でなくなりました。それは主に破壊された建物の屋根の上で作業をしていた時に致死量の放射線を何度も浴びた人たちを含んでいます。目撃した人によれば、口の中で金属のような味がしたと言い、それは高いレベル放射線の徴候でした。他のチェルノブイリの犠牲者たちは5-6年後に病気が押し寄せました。ロシア公衆衛生協会のアンドレイ・Dyomin会長によると、日本でも同じようなことが予測できると言います。


"We cannot say that the problem would disappear in five years. The rise of morbidity will continue as the general gene pool has been damaged. Next generations will carry the burden of that catastrophe".
「5年で問題が消滅するとはいえません。罹患率の上昇は一般的な遺伝子プールが損傷を受けているので継続するでしょう。次の世代はその大きな不幸の重荷を背負うことになるのです。」


The peculiarities of the Japanese national cuisine focused on fish and seafood are one of the risk factors. Of course, it is not necessarily true that all of the food will be poisoned by the radiation coming from the Fukushima spills, but the risk of getting radiation poisoning through food is rising. At the end of last year 40 km from the power plant a fish was caught, in which the level of dangerous elements exceeded the norm by a hundred times. Scientists assume that the poisoned water from the power plant was carried by the sea streams to California. How else would one explain that every blue tuna fish caught near the coast of the state has signs of radioactive poisoning, while brown kelp containing the radioactive iodine level that exceeds the norm by 200 times has been detected on the shore? According to the Bloomberg web site, this year a "squad" of radioactive jellyfish is to be expected at the US West Coast. Californians are worried. It is unclear how the situation will develop in the future, says Prof. Alexey Yablokov, an advisor at the Russian Academy of Sciences and ecologist.
魚やシーフードに重きを置く日本の食生活の特性は、1つの危険要因です。全ての食品が福島からの放射能汚染に侵されているというのが必ずしも真実ではありませんが、食生活からの放射能の毒作用は上がっています。去年の終わりには、原発から40kmで獲られた魚に危険な元素のレベルが標準を100倍も越えて含まれていたのです。科学者たちは、原発からの汚染された海水が海流によりカリフォルニアまで運ばれると思っています。カリフォルニア海岸近くで獲れたクロマグロすべてから放射能汚染の徴候が見られ、海藻がその海岸で見られる標準の200倍のレベルのヨウ素を含んでいたことから他にどのように説明できるでしょう?ブルームバーグのウェブサイトによれば、今年、アメリカ西海岸に放射能を帯びたくらげの一団が予測されているとの事。カリフォルニアの住民は心配しています。この先状況がどうなっていくのかは不明なのだと、ロシア科学アカデミーのアドバイザーであり、生態学者であるアレクセイ・ヤブロコフ博士は言います。


"The fact that so far from the Fukushima plant fish contains radionuclides shows that our view of the circulation of radionuclides spilt into the ocean has proved to be false. Radioactivity in tuna fish has been detected on the American side of the ocean. It turns out that the Fukushima spillage affects the life of the world ocean. I see no other way out other than to establish a constant and very careful radiation control of all seafood caught in the Pacific Ocean without exception".
「海に漏れた放射性核種が循環すると言う私たちの見解は、福島原発から遠く離れた魚が放射性核種を含んでいたという事実から、今のところ間違っていたと言うことが分かりました。マグロに含まれる放射能はアメリカ側の海で検出されたのです。そのことは、福島の流出は世界の海の生物に影響を与えていることを明らかにしています。例外なしに、太平洋で獲れる全てのシーフードの継続的なとても注意深い放射能管理をすること以外に考えられません。」


According to some experts, until the reactors are dismantled, which can be done only in 20 years, the disaster is not over. Spillage of radioactive water into the sea via the ground waters is possible. It appears that one cannot expect an improvement of the ecological situation around Fukushima in the decades to come.
何人かの専門家によると、原子炉が解体されるまで、20年はかかるのですが、その災害は終わらないのです。放射能汚染水が地下水経由で海に流出していることはありえます。これから何十年も、福島周辺の生態的状況の改善が期待できないことは明かです。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

Professor Vsevolod Kortov, Ural Federal University, academician of the Russian Academy of Natural Sciences and leader of the school of solid-state radiation physics
フセーヴォロド・Kortov博士教授、ウラル連邦大学、ロシアアカデミー自然科学者、放射線物理学部長


"20 millisievert a year is the lower borderline when evacuation of the population begins, according to recommendations of the International Commission on Radiological Protection. It is a very significant problem for the Japanese because thousands of people still live in places of temporary stay. People live in severe conditions posing a huge burden for the budget. For this reason the government means to return people to their homes as soon as possible.
「年間20シーベルトと言うのは、国際放射線防護委員会の提言によると、住民の避難を始める低い方の境界線です。これは日本人にとってとても重要な問題です。なぜなら、何千もの人々がまだその様な場所に住んでいる、あるいは一時的に滞在しているからです。人々は予算に大きな負荷がかかる過酷な状況で暮らしています。それが故に、政府は人々をできるだけ早く家に戻そうとしています。


1888555_594941697266106_1158909365_n.jpg



I spoke at a press-conference in Fukushima City and offered explanations and some criticism. 20 millisievert a year is the occupational radiation dose for adults. I mean people employed at nuclear power plants 6 hours a day who afterwards go to a clean environment. And here it was planned to send both youngsters and old people to spend 24 hours in such radioactive zones. The results of the research carried out in Ukraine for 25 years after the Chernobyl disaster prove that living even in slightly contaminated areas for long periods of time is more harmful than receiving a one-time large radiation dose. For the second case an effective treatment has been developed but living on territories with even weak radioactivity for decades is extremely dangerous because internal radiation develops, immunity suffers and genetic problems occur. I said that this does not comply with standards accepted in Russia and Europe."
私は福島市で行われた記者会見で話し、説明と批判をしました。年間20ミリシーベルトと言うのは、大人の職業上の線量です。1日6時間、原発に請われている人たちのことで、彼らはその後綺麗な環境へと帰ります。そして今ここで、若い子どもたちや年寄りをその様な放射能ゾーンで24時間過ごさせるということが計画されているのです。チェルノブイリ事故後25年間ウクライナで行われた調査の結果は、わずかに汚染されている地域で長期間住むことが、一回の高い線量よりも有害であると言うことを証明しています。後者の場合は効果的な治療が開発されてきましたが、何十年も、たとえ低い線量の場所でも住むことは、極度に危険です。なぜなら、内部被曝が進展し、免疫が傷つき、遺伝子に問題が生じるからです。これは、ロシアやヨーロッパで受け入れられている標準にしたがっているものではないと言いたいのです。」





どこまで突き進むのでしょう。。


もうすぐ3年です。



過ぎていく時間は決して取り戻せません。


人類の存続にとって一番大切なものが失われていきます。



関連記事

北米西海岸、海水の市民放射能検査

 2014-02-01
georgia_straight_logo.jpg



Citizen scientists can fill info gaps about Fukushima effects
市民科学者たちが、福島の影響についてのギャップを埋めることができる



BY DAVID SUZUKI | JANUARY 28, 2014

9350881david-suzuki.jpg



AN INTERNET SEARCH turns up an astounding number of pages about radiation from Japan’s Fukushima Daiichi nuclear power plant meltdown that followed an earthquake and tsunami in March 2011. But it’s difficult to find credible information.
インターネットでサーチすると、2011年3月の地震と津波の後に続いた日本の福島第一原発のメルトダウンについて、驚くべき数のページが見つかります。しかし、信頼できる情報を見つけるのは難しいのです。


aerial-2011-3-30-0-50-45-600x292.jpg


One reason is that government monitoring of radiation and its effects on fish stocks appears to be limited. According to the Woods Hole Oceanographic Institution, “No U.S. government or international agency is monitoring the spread of low levels of radiation from Fukushima along the West Coast of North America and around the Hawaiian Islands.”
その一つの理由は、政府が行っている放射能と魚の仕入れ品のモニタリングが限られているからです。ウッズ・ホール海洋研究所によれば、「米国政府や他の国のどの機関も北米の西海岸はハワイ列島の海岸沿いの福島からの放射能低レベル拡散のモニタリングをしていないのだ」といいます。


The U.S. Food and Drug Administration’s most recent food testing, which includes seafood, appears to be from June 2012. Its website states, “FDA has no evidence that radionuclides from the Fukushima incident are present in the U.S. food supply at levels that would pose a public health concern. This is true for both FDA-regulated food products imported from Japan and U.S. domestic food products, including seafood caught off the coast of the United States.”
アメリカ食品医薬品局の最近の海産物を含む食品検査は2012年6月から見られるようになりました。ウェブサイトには、「アメリカ食品医薬品局は、米国の食品流通に人々の健康に懸念を呈じるようなレベルの福島事故からの放射性核種の形跡は検出していません。これは食品医薬品局に規制されている日本からの輸入食品とアメリカ海岸沖で獲れた海産物を含むアメリカの国産食品についても言えることです。」と述べられています。


The non-profit Canadian Highly Migratory Species Foundation has been monitoring Pacific troll-caught albacore tuna off the B.C. coast. Its 2013 sampling found “no residues detected at the lowest detection limits achievable.” The B.C. Centre for Disease Control website assures us we have little cause for concern about radiation from Japan in our food and environment. Websites for Health Canada and the Canadian Food Inspection Agency yield scant information.
非営利団体のカナダ回遊種基金財団は、BC州海岸沖トロール漁のビンチョウマグロをモニタリングしています。「2013年のサンプルからはできる限り低い検出限界でも何の残留物も検出されていない」ことが分かりました。BC州疾病管理センターのウェブサイトでは、日本からの放射能についてカナダの食品や環境には懸念する原因がほとんどないことは確かだと言っています。ヘルスカナダとカナダ食品検査機関のウェブサイトの情報はわずかです。


But the disaster isn't over. Despite the Japanese government’s claim that everything is under control, concerns have been raised about the delicate process of removing more than 1,500 nuclear fuel rod sets, each containing 60 to 80 fuel rods with a total of about 400 tonnes of uranium, from Reactor 4 to a safer location, which is expected to take a year. Some, including me, have speculated another major earthquake could spark a new disaster. And Reactors 1, 2, and 3 still have tonnes of molten radioactive fuel that must be cooled with a constant flow of water.
しかし災害は終わっていません。全ては制御下にあるという日本政府の主張にもかかわらず、1500本以上の燃料棒集合体を取り出す慎重を要するプロセスについての懸念があがっています。1つの燃料棒集合体には60から80本の燃料棒が収容されており、総重量が400トンのウランで、4号機から安全な場所に移動するのに1年かかると考えられています。私を含めて、また大きな地震が来て新たな災難を引き起こすと予測する者もいます。そして1、2、3号機には、まだ溶けた放射性燃料が何トンもあり、常に水を流して冷さなければなりません。


A radioactive plume is expected to reach the West Coast sometime this year, but experts say it will be diluted by currents off Japan’s east coast and, according to the Live Science website, “the majority of the cesium-137 will remain in the —a region of ocean that circulates slowly clockwise and has trapped debris in its center to form the ‘Great Pacific Garbage Patch’—and continue to be diluted for approximately a decade following the initial Fukushima release in 2011.”
放射性プルームは、今年にも西海岸に到達すると予測されています。しかし専門家たちは日本東海岸沖の海流で薄められ、ライブ・サイエンスのウェブサイトによれば、「セシウム137のほとんどが北太平洋旋廻-時計回りにゆっくりと海水が循環する海域で、その中央に瓦礫が閉じ込められ、太平洋ゴミベルトを形成する―に留まり、2011年に福島から最初に放出されてから約10年間希釈され続ける」とのこと。


pacifice gyle


With the lack of data from government, the Woods Hole Oceanographic Institution is asking the public for help. In January, Ken Buesseler, senior scientist and director of the Center for Marine and Environmental Radioactivity at the U.S.-based non-profit, launched a fundraising campaign and citizen science website to collect and analyze seawater along North America’s West Coast.
政府からのデータが欠如しているので、ウッズ・ホール海洋研究所は一般市民に協力を求めています。1月に科学者であり、アメリカ拠点の非営利、海洋・環境・放射能センターの指導者であるケン・ベッセラー氏は募金キャンペーンと、北アメリカ西海岸沿いの海水を集め、解析するための市民による科学ウェブサイトを立ち上げました。


fukushimanew-thumb-480xauto-5001.jpg


“Whether you agree with predictions that levels of radiation along the Pacific Coast of North America will be too low to be of human health concern or to impact fisheries and marine life, we can all agree that radiation should be monitored, and we are asking for your help to make that happen,” Buesseler said in a news release.
北米の太平洋岸沿いの放射能レベルが人々の健康に懸念を与える、あるいは漁業や海洋生物に打撃を与えるには低すぎる、という予測に同意しようがしまいが、放射能レベルがモニタリングされるべきだと言うことについては皆同意できます。わたしたちはそれを実現するために協力を求めているのです。」とベッセラー氏はニュースリリースで述べました。


bilde_201402011418487cf.jpg


Participants can help fund and propose new sites for seawater sampling, and collect seawater to ship to the lab for analysis. The David Suzuki Foundation is the point group for two sampling sites, on Haida Gwaii and at Bamfield on the west coast of Vancouver Island. Data will be published at How Radioactive Is Our Ocean?, and will include an evolving map showing cesium concentrations with links to information about radioactivity in the ocean and what the levels mean.
参加者は海水のサンプル収集のための資金と新しいサイトの提供を協力し、サンプルを集めて分析のためにラボに送ります。デイビット・スズキ・ファンデーションは2つのサンプル地点を担当します。ハイダ・グワイとバンクーバー島の西海岸バンフィールドです。データは「私たちの海はどのくらい放射能汚染されている?」のサイトに公表されます。そこには、セシウムの濃縮を示している進展マップと海中の放射性物質についての情報と、そのレベルが何を意味するかについてのリンクも掲載されています。


d_suzuki.jpg


The oceans contain naturally occurring radioactive isotopes and radiation from 1960s nuclear testing. Buesseler doesn’t think levels in the ocean or seafood will become dangerously high because of the Fukushima disaster, but he stresses the importance of monitoring.
海には、自然放射性核種と1960年代の原子力実験からの放射能が含まれています。ベッセラー氏は福島事故のために海や海産物のレベルが危険なほどに高くなるとは考えていませんが、モニタリングの重要性について強調しています。


The Fukushima disaster was a wake-up call for the potential dangers of nuclear power plants, especially in unstable areas. North Americans may have little cause for concern for now, but without good scientific information to determine whether or not it is affecting our food and environment we can’t know for sure. The Woods Hole initiative is a good start.
福島惨事は、得に不安定な地域での原子力発電所の危険の可能性について緊急の注意を促がすものでした。北米の人たちは今はほとんど心配してないかもしれませんが、私たちの食物や環境に影響を与えるかそうでないかを見極めるのには、質のよい科学的情報なしでは確かなことは分からないのです。ウッズ・ホールのイニシアチブはよいスタートなのです。


pacific.jpg







UPDATES January 28, 2014
2014年1月28日 の最新情報


San Diego CA


Point_Reyes CA

Grayland WA

Sequim Bay, WA



The first results from seawater samples come from La Jolla and Point Reyes, Calif., and Grayland and Squium, Wash. Four samples from these three locations show no detectable Fukushima cesium. We know this because Fukushima released equal amounts of two isotopes of cesium: the shorter-lived cesium-134 isotope (half-life of 2 years) and the longer-lived cesium-137 (half-life of 30 years). Cesium-137 was found at levels of 1.5 Bq per cubic meter (Bq/m3), but this was already detectable prior to releases at Fukushima and came primarily from nuclear weapons testing in the Pacific during the 1950s and 1960s.
最初の海水サンプルは、ラホヤ(サンディエゴ北部)とポイント・レイズ(カリフォルニア州)、グレイランド、スクィム(ワシントン州)から届きました。これら3箇所の4つのサンプルからは、福島由来のセシウムは検出されませんでした。福島からは、短い半減期(2年)のセシウム134と長い半減期(30年)のセシウム137の2つの放射性核種が同量放出されました。セシウム137は、1.5bq/m3(0.015bq/kg)のレベルが見られましたが、これは、福島の放出の前から既に検出されていたもので、主に1950年代から1960年代にかけての原子力兵器実験から来ているものです。


This so-called "negative" result has two immediate implications. First there should be no health concerns associated with swimming in the ocean as a result of Fukushima contaminants by themselves or as a result of any additional, low-level radioactive dose received from existing human and natural sources of radiation in the ocean (existing levels of cesium-137 are hundreds of times less than the dose provided by naturally occurring potassium-40 in seawater).
いわゆる「不検出」の結果は2つのことを直接示唆しています。1つは、福島からの汚染そのものの結果として、あるいは、そのほかの海中の人工的放射能、自然放射能の低レベルの放射能(現在存在するレベルのセシウム137は、海中の自然放射能のカリウム40の量より何百倍も少ない)に曝されること海で泳ぐことに伴う健康への懸念はないはずだということ。


Secondly, and just as important from a scientific perspective, the results provide a key baseline from the West Coast prior to the arrival of the Fukushima plume. Models of ocean currents and cesium transport predict that the plume will arrive along the northern sections of the North American Pacific Coast (Alaska and northern British Columbia) sometime in the spring of 2014 and will arrive along the Washington, Oregon, and California coastline over the coming one to two years. The timing and pattern of dispersal underscores the need for samples further to the north, and for additional samples to be collected every few months at sites up and down the coast.
2つ目には、科学的見地から重要なのは、この結果が福島プルームが到着する前の西海岸の基本ベースを提供してくれていることです。海流とセシウムの移動モデルは、プルームが北米太平洋岸の北部沿い(アラスカ、BC州北部)に到着するのが、2014年の春くらいで、ワシントン州、オレゴン州、カリフォルニア州海岸に到着するのがここ1.2年間であると予測しています。そのタイミングと分布パターンは、将来、北部まで、更に、北から南海岸までのサイトで数月ごとにサンプルが集められるべきだという必要性を強調しています。


For this reason, we are also pleased to report that funds are already in hand to continue sampling at both the La Jolla and Pt. Reyes locations thanks to the foresight and generous donations of the groups who volunteered to adopt these sites. We expect levels of cesium-134 to become detectable in coming months, but the behavior of coastal currents will likely produce complex results (changing levels over time, arrival in some areas but not others) that cannot be accurately predicted by models. That is why ongoing support for long-term monitoring is so critical, now and in the future.
このため、私たちはラホヤとポイント・レイズの基金は既に手元にあり、その先見の明とこれらのサイト自ら採択してくれたグループの寛大な寄付のおかげで、サンプル収集を続けることが可能なことを報告できることを嬉しく思います。これから数ヶ月のうちにセシウム134が検出されると考えていますが、(レベルはしばらく変化し、あるところでは到着し、他のところでは到着しないでしょう)海岸沿いの海流の性質で、結果は複雑になり、必ずしもモデルが予測していたのもののように正確ではないか可能性があります。なので、長期に渡るモニタリングのための持続的支援が今も省去りもとても重要なのです。


mer update
7.4 bq/kg 米国EPAが定める飲料水の最大値
1 bq/kg チェルノブイリ事故よる海中(バルト海)での最高値
12 bq/kg 海中のカリウム40の量
10,000 bq/kg 放射線による健康被害、魚が死に至る量







国が定めている基準を安全だという判断に利用したり、

自然放射能と人工放射能を比べる、


という論調はそのまま鵜呑みにするわけにはいきませんが。


データはあればあるほど状況を判断するのに役立ちます。


このような貴重な試みが妨害されないようにするためにも、

検査結果の解釈については、

ある程度見逃すことも必要なのだと感じています。





【自然放射能と人工放射能 Natural radiation and man made radiation】



カリウムは体内に入ると、全身に広く分布する。成人の体内にある量は140g(放射能強度、4,000ベクレル)で、1日の摂取量は3.3gである。生物学的半減期は30日とされている。体内に蓄積しない。

一方、放射性セシウム137といった物質は原子力発電所が稼働し始めてから、ここ数十年程度で初めてこの世に産まれた物質であり、我々生物が体内に溜め込まないような防御反応を示すことができないのは当然のこと。人工放射線核種は体内に蓄積してしまう、という点で自然放射線核種とは危険性が全く異なり、癌だけではなく、心疾患、免疫不全障害、知的障害などを引き起こす。

つまり自然放射線と人工放射線で放射線事態には全く違いはないが、自然放射線核種と人工放射線核種では体内における挙動が全く異なるということ。このことを理解していないと、「人間はもともとカリウム40からの放射線被曝を日常的にしているのだから、セシウム137等を気にし過ぎる必要はない」という被曝の害を軽視する原発推進側の学者に言いくるめられてしまうことになる。


なぜ内部被曝が危険なのか(年間1mSvの欺瞞)より。


関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 20歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 17歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 8歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事

カテゴリ
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。