福島原発事故がもたらす結果の全貌は?

 2013-12-26
voice_of_russia_logo.jpg


Fukushima is worse than Chernobyl: radiation affects fish, World Ocean, West Coast - experts
フクシマの影響 米国にまで チェルノブイリより酷い福島


Boris Pavlischev
ボリス パヴリシェフ

25 December 2013, 14:40


*緑部分はBlue Dolphineの私訳です。


Three years on, the general public is still nervous about the Fukushima Daiichi nuclear power plant disaster of March 2011. Heavy rain has caused more contaminated water leaks over the protection dike recently. The Japanese are increasingly distrustful of atomic scientists' claims that the contaminated water has failed to make it to the ocean. Meanwhile, The Cape Cod Times US newspapers reports that the Fukushima toxic waste is reaching the US West Coast, while 70 crewmembers of the US Ronald Reagan aircraft-carrier, involved in the relief operation in the wake of the disaster, are filing a lawsuit against the TEPCO Fukushima operator company, claiming the Japanese company had failed to warn them of all the risks that they were running during the operation.
福島第一原子力発電所は事故から3年近く経った今でも社会を騒がせ続けている。最近、強い雨の影響により再び汚染水が漏れ出す事件が発生した。専門家らは海にはもれていないとしているが、それを信じる人はますます少なくなっている。米紙「The Cape Cod Times」は、福島原発から放出された有害物質が米国西海岸に近づいていると報じている。また事故後の救助作業に参加した米海軍空母「ドナルド・レーガン」の乗組員70名は、東京電力が十分なリスク説明を行っていなかったとして訴訟を起こしている。




USS Ronald Reagan was riding athwart in the radioactive discharge plume 10 miles away from the crippled Fukushima plant. The crew desalinated seawater to use it in cooking, with some crew members developing cancerous diseases and/or becoming blind as a result.
ロナルドレーガン号は機能を失った福島原発から10マイル(16km)離れたところで排出された放射性プルームの中を横切っていた。乗組員は海水を淡水化し料理に使っていた。何人かの乗組員がその結果、癌性の疾患、失明などを発病している。



The contamination of the ocean within the 10-mile zone of the nuclear power plant is due to the fact that some of the reactor nuclear decay products made it to the ocean, rather than to the air, as was the case in Chernobyl in 1986. Currents take harmful agents to great distances, so the seafood and fish that are caught in the contaminated currents even in other parts of the world may still prove a health hazard, says the Deputy Chairman of the State Duma Committee on Natural Resources, Maxim Shingarkin.
その原発から12km圏内の海の汚染は、原子炉から放出された物質の主要部分が1986年のチェルノブイリのように大気中に放出されたのではなく、海に放出されたためと見られている。それは海流にのってとてつもない距離を移動し、地球の反対側であっても、海産物が汚染される恐れもある。ロシア議会下院(国家会議)天然資源委員会のマクシム・シンガルキン委員長は次のように指摘している。


"Because of the World Ocean currents, the seafood that's caught off the US Pacific coast is more likely to contain radionuclides than the seafood in the Sea of Okhotsk, which is by far closer to Japan. It is these marine products that may find their way to the tables of different countries' residents that pose the gravest danger," he said.
世界の海流を考えれば、米国北西海岸における放射線量は、日本に近いオホーツク海よりも高くなる可能性もあるのです。人類にとって最大の危険となるのは、それらの海域で採られた海産物が大量にいろいろな国で食卓に給されることなのです。」


Contaminated fish may have been caught and delivered anywhere. From now on one should bear in mind that it's impossible to check the entire fish catch for radiation. This is what the co-chairman of the Eco-Protection international environmental group, Vladimir Slivyak, says about the situation in a comment.
汚染された魚は捕獲されどこにでも運ばれる可能性がある。これからはすべての漁獲を検査することは不可能だということを心に留めるべきである、と国際環境保護団体「エコザシータ」の共同委員長であるウラジミール・スリヴャクは現状況についてコメントしている。(それは漁獲を一切禁止することができないのと同じだ。日本政府はそれでも、一部の最も危険な海域における漁獲を制限している。)


"Russia has been considering setting limits on catching marine products and fish in the Far East. But no restrictions have officially been imposed thus far, to the best of my knowledge. But some moves may eventually be made," he said.
「ロシアは極東での海産物、魚の漁を制限しようと考慮してきました。しかし、わたしの知る限り公式な制限は今のところ全く課せられていません。いずれは何らかの動きがあるかもしれません。」と彼は話した。



As regards atmospheric contamination, the crippled Fukushima plant radionuclides are known to have reached California and Mexico eight days after the disaster. Russia was unaffected by the propagation of radiation, says Maxim Shingarkin.
大気中における汚染に関してみれば、事故から8日後にはすでにカリフォルニアおよびメキシコに達している一方で、ロシアには届かなかった。シンガルキン委員長は次のように指摘している。


"The radioactive discharges to the atmosphere had failed to focus on either the Sea of Okhotsk, or Sakhalin Island, or the Far East, or the Kuril Islands. Besides, radiation transfer through the air has so far posed little or no danger. But let's wait and see, for not all fuel has been removed from the damaged nuclear reactors yet. We can therefore expect atmospheric radiation releases as a result of the heating up of reactors," he said.
「大気中における汚染については、オホーツク海やサハリン、極東、クリル諸島には届きませんでした。ですから、大気経由による危険はいまのところありません。「今のところ」というのは、原子炉からまだすべての燃料が取り出されたわけではないからです。つまり、また大気中に有害物質が出てくる恐れがあるのです。」


It took years in the wake of the Chernobyl accident to draw more accurate conclusions about the scale of radioactive contamination. The situation around Fukushima seems to be pretty much the same, says Vladimir Slivyak, and elaborates.
チェルノブイリ事故の後、すべての有害物質についての規模をまとめるためには長い年月がかかった。国際環境保護団体「エコザシータ」のウラジーミル・スリヴャクさんは、福島についても同様に時間がかかるだろうと指摘し、次のように話している。


4h_50968191.jpg


"We are likely to learn about the detailed consequences of the Fukushima nuclear disaster in a matter of 10 to 15 years. It is clear that a great deal of fisheries, water grass areas and actually anything in the ocean has been contaminated. Fukushima radiation is understandably spreading across the world. It is obvious that large areas have been contaminated in Japan. But it will take years of research to get a more detailed picture of the Fukushima disaster consequences," he said.
「10年から15年経てば、この事故の詳細が分かるでしょう。魚や海草など、海洋にあるすべてのものが汚染されていることは確かです。またそれが全地球に広がっていることも確かです。日本国内において広範な土地が汚染されていることも確かです。つまり、そのような点についてははっきりと分かるのですが、そこからより詳細な情報と福島事故の結果が何であるかとなると、長い時間をかけて調査を行わないといけません。」


Meanwhile, tests in California found that the blue-fin tuna caught in coastal waters were contaminated, according to the globalresearchreport.com portal. The contaminated water has most likely reached the area, since radioactive iodine levels have grown more than 200 times. The level of caesium-137 has also grown along the entire length of the US West Coast, the radioactive caesium was found in local berries and mushrooms. Meanwhile, local residents have reported more frequent bird deaths recently. Radionuclides have made it even to the Alaskan coast, causing a decline in the sockeye populations there. Some experts claim we are yet to see more consequences of the 2011 Fukushima nuclear power plant disaster.
いまでもカリフォルニア沿岸で獲れるマグロはすべて放射線が含まれている、という結果がglobalresearchreport.com で示されている。褐藻類に含まれる放射性ヨードが200倍以上に増えているため、おそらく汚染水が達したものと見られている。米国西海岸でのイチゴおよびキノコにおけるセシウム137も上昇している。すでに鳥が死亡しているとの報告も地元住民から上がっている。放射性物質はアラスカ海岸へも到達し、ベニザケの数が減少することとなった。専門家の中には、2011年の福島原発事故による結果を更に見ることになるだろうと主張している。(ただ、このような資料はいまだに事故による影響の全貌ではない。)





全ての調査結果が隠されずに

誠実な専門家の手に渡りさえすれば


全貌が明らかになったときに


「いまさらもう遅いよ」


とむなしくならなくてすむでしょうが・・・




関連記事
スポンサーサイト

エリーのクリスマスプレゼント

 2013-12-25
今年のエリーのクリスマスプレゼントは・・・


もう製造しなくなってしまったと聞いていた


プカプカ!! クリスマスバージョン。


DSC_0558.jpg


しかも手が長い!ぷかぷか。


と!


DSC_0560B.jpg


やっぱりねぇ。


DSC_0548B.jpg


クリスマスクッキ~!




DSC_0553.jpg


相変わらず花よりだんご・・・




DSC_0557B.jpg


Merry Christmas!



2014年もどうぞよろしくお願いします!!!




関連記事

Great Team~Great Spirit...Merry Christmas to you ALL!!!

 2013-12-18
Feeding Hungry Spirits in Vancouver
空腹を癒そうスピリット in バンクーバー

Marisa Babic / Surrey Now
December 13, 2011

img-0-5852889-jpg.jpg

Lisa Gregory was packing her son Vinny's lunch into his backpack when a sharp tang crinkled her nose.
リサ・グレゴリーさんが息子のヴィニーのお弁当をリュックサックの中に詰めようとしたときに鼻を突く強い匂いがしました。


Gregory stuck her hand deep into the backpack and quickly discovered the source of the foul odor - four squashed brown paper bags with half eaten, rotting sandwiches.
グレゴリーさんがリュックサックの奥に手を入れると、すぐにその悪臭の元が何なのか分かりました。半分食べかけの腐ったサンドイッチの入った4つの茶袋です。


"I don't like sandwiches," Vinny shrugged in his defense.
「ボク、サンドイッチ好きじゃない。」とヴィニーは肩をすくめて言い訳をしました。


Gregory, who struggled with life-threatening anorexia in her teens - she was a skeletal 53 pounds at her lowest ebb - was bothered by her son's waste and "disrespect" for food.
自分が10代の時に命に関わる食欲不振に苦しんでいたことのあるグレゴリーさんは(一番衰退したときは24kgでがりがりにやせていました)息子の食物に対する無駄と「不敬」に困惑しました。


She says something about the situation "clicked" and she decided to teach her son a lesson.
彼女は何かひらめいたのだと言います。そして息子に教えようと決めました。


A few days before Christmas, they went to the bank where Gregory made Vinny withdraw $50 from his savings account, a significant amount of cash for a nine-year-old boy.
クリスマスの数日前に2人は銀行に行き、ヴィニーに自分の銀行口座から50ドルを引き出させました。9歳の男の子にとっては大金です。


They spent the money on sandwich supplies.
2人はそのお金でサンドイッチの材料を買いました。


Gregory, a Surrey resident who owns an event planning business, then put together a team of volunteers who later made piles of sandwiches. After tucking them into lunch bags, festively decorated by Vinny's classmates at Ecole des Voyageurs in Langley, they delivered them to the homeless men and women on Vancouver's Downtown Eastside.
イベントプランニングのビジネスを営むサーリー住民のグレゴリーさんは、ボランティアーのチームを寄せ集め、山積みのサンドイッチを作りました。それをランチバックに詰込んだあと、ヴィニーのラングレーの小学校のクラスメートにクリスマスの飾りをしてもらい、イーストサイドに住むホームレスの人たちに配りました。


Gregory said the brown-bag lunches were received with gratitude by those down on their on luck.
グレゴリーさんは茶袋のランチは不運な人たちに感謝一杯に受け取られるのだと話しました。


She believes the experience also enriched her son's life.
彼女はその経験が息子の人生を豊かにもするのだと信じています。


"When it comes to this lunch bag program, it was instilling in him the spirit of Christmas - the real spirit of Christmas," she said.
「このランチバックプログラムを始めると、徐々に息子の中にクリスマスの精神、真のクリスマスの精神が沁み込んでいきました。」と話します。


Vinny admits he was nervous about being in such a rough area of town.
ヴィニーはその様な粗野なところ(ホームレスの地区)にいることはとても怖かったと認めます。


"It was scary," he said.
「怖かったよ。」と彼は話しました。


"He hung onto his dad's hand for dear life as they walked down the alley," Gregory added.
「ヴィニーは小路を歩いているとき父親の手に必死にしがみついていました。」とグレゴリーさんは言い足しました。


Despite his trepidation, it appears that Vinny absorbed the extent of despair and desperation of some people's lives.
彼の恐怖にも関わらず、ヴィニーは明らかに誰かの人生の絶望と自暴自棄を受け入れたようです。


"This one guy asked my dad, 'Do you have any dry socks?'"
「一人の人がパパに聞いたんだ。乾いたソックスある?って。」


In that first year, Gregory's Feeding Hungry Spirits campaign distributed 100 bag lunches.
始めた年には、グレゴリーさんの空腹を癒そうスピリットキャンペーンは100袋のランチを配りました。


The following year, volunteers added socks and gloves and basic toiletries to the bags.
翌年に、ボランティアはソックスと手袋、簡単な洗面用具をバックの中に加えました。


Now in its third year, Gregory and her team, which has grown to 150 volunteers, expect to distribute about 800 gift bags.
そして今は3年目です。グレゴリーさんと彼女のチームは150人のボランティアにまで大きくなり、約800のギフトバックを配る事になっています。


Gregory, of Italian heritage, noted that Christmas for her was always more about family gatherings and good food and drink rather than piles of presents. In fact, gift giving was a modest affair - one gift for each child, with a spending limit on it.
グレゴリーさんはイタリア系カナダ人で、彼女にとってクリスマスはいつもプレゼントの山というより家族が集まり、おいしいものを食べる日だと思っていました。実際にプレゼントをあげるのは慎んでいました。限られた予算で子ども一人に一つのプレゼントでした。


Vinny says spending some time on the mean streets of Vancouver with those who have so little in life makes him appreciate his blessings all the more, especially at Christmastime.
ヴィニーは人生にほとんど何もない人たちとさびれたバンクーバーのストリートで、特にクリスマスの時期に過ごすことで、自分がどれだけ恵まれているかについてもっと感謝することができるのだと言います。


"It's a time to be with your family and appreciate the things you have like a warm home, food and family."
「今は自分の家族と一緒に過ごすときで、自分が暖かい家と食べ物と家族のようなものを持てていることに感謝するときです。」




5年目の2013年のクリスマスシーズン。


ラビ君たちのホッケーチームは、このキャンペーンに参加しました。






「Some people were so greedy..」


とだけ話してくれたけど


きっと真のクリスマススピリットを感じてくれたのだと思います。




私に「クリスマスはGIVINGのシーズンなんだよ。」と教えてくれたのは、


そういえば小学生のラビ君だったなぁ・・・


メリー・クリスマス!





関連記事

何も変わらない景色 vs 避難しなければならない現実

 2013-12-17
「大好きだった東京、ありがとう、さようなら」
"To my beloved city Tokyo: Thank you and Good-bye"

byby tokyo



世界の人たちへ
To the People of the World:


 僕はユアン・マクレガーが主演した「ゴーストライター」という映画で描かれているまさにそのゴーストライターを仕事にしています。本来は学者、著名人、俳優などの代わりに、ゴーストのように陰に隠れて、本を書くのが仕事です。しかし、東日本大震災が起きた3・11から、ゴーストではいられなくなりました。なぜなら、3・11のこと、とくに福島第一原子力発電所で起きた事故のことを本にしようとすると、誰も協力してくれないからです。
My name is Shou Kamihara. I'm a ghost writer in Japan. Or should I say, I used to be one. Like the kind Ewan McGregor portrayed in the 2010 movie "Ghost Writer." Essentially I write books for academics, famous authors, actors and actresses and so on, all the while hiding in the shadows as a "ghost." But ever since the Great East Japan Earthquake on March 11, 2011, I felt I couldn't be just a ghost anymore. That's because when I tried to put the events of 3.11 into a book, especially the accident that occurred at the Fukushima No. 1 Nuclear Power Plant, I couldn't get anyone to give me their cooperation.


電力会社は、30年、40年と長い時間をかけて、多額の寄付金やスポンサー料を払うことで、学者、著名人、俳優などが電力会社に不満を言えない環境を作っていたのです。
For a long time - 30 or 40 years - the electric companies have given out large donations and provided sponsorships. This has created an environment in which academics, authors, and entertainers who received money or want to receive money can't say anything against those companies.


それでも僕は日本で起きたこと、福島で起きたこと、東京のパニックぶりを書いて残す必要がありました。誰も書かないのなら、自分がやるしかない。ゴーストのままではおられない。自分の姿を現して本を出すことに決めました。
Still, I felt there was a need to write about what happened in Japan, at Fukushima, and the panic that gripped Tokyo. If nobody else is going to write about it, it's up to me. I can't be a ghost. I decided to show myself and publish this book.


僕はこの本を福島原発事故が起きた2011年9月から書き始め、2012年3月で筆を置きました。そしてすぐに自費出版したのです。この本は国内の大手出版社、何社かと話をすすめていました。編集部はこの本を支持してくれ、出版にも乗り気でした。しかし、営業部の人はまるで逆でした。
I began writing this book in September of the same year as the nuclear accident, 2011, and finally put my pen down in March 2012. Then I immediately put it out for publication at my own expense. I was getting pretty far along in talks with some major domestic publishers. The editing departments supported my efforts and seemed willing to publish. But the people in sales were the exact opposite.


「神原さんの書いた、放射能を恐れて東京から逃げ出す、という内容はいけません。そんな本を出版してしまえば、雑誌に広告を出しているスポンサーの怒りに触れ、スポンサーが会社にお金を出してくれなくなるかもしれない。神原さんの本を出すメリットよりも、スポンサーがいなくなるデメリットのほうが大きい。こんな内容の本は出せません」
"We can't publish a book like you wrote, about someone who fled Tokyo because they were afraid of the radiation. If we put a book like that out, it would anger our sponsors, and we might lose our income from them. The risk for loss from our sponsors leaving is greater than the possible profits we could make off of the book. We can't publish a book about this sort of thing."


スポンサーというのは東京を拠点とする、不動産会社、旅行代理店、ホテル、鉄道会社、ディズニーランドなどが名前として挙げられていました。確かに、どの企業も東京に価値をおいて事業をしているので、東京が放射能汚染されたということを本に書かれてしまうのは避けたいのでしょう。
The sponsors they mentioned were mainly those places like real estate agencies, travel agencies, hotels, rail companies, and Disneyland, which have their main bases of operation in the Tokyo area. Of course, all of these companies are in business with their chips on Tokyo, so naturally they'd want to avoid writing a book about Tokyo's nuclear contamination.


いくつかの出版社で同じように拒否されました。どの出版社も10年以上仕事の付き合いがある、僕とは親しい会社です。その出版社の判断に、とても失望しました。しかし東日本大震災が起きた3・11のこと、続く福島第一発電所の原発事故のことを、偽ることなく、真実をすべて記録として本にして出版しなければいけないと思いました。なぜなら、日本のマスコミはテレビも新聞も、本当のことをまったく知らせなかったからです。
I was turned down in the same way by a number of different publishing companies. I was on friendly terms with all of these places, having done business with all of them for more than 10 years. Their decisions caused me to become depressed. But I truly felt that a book needed to be published about the disaster on 3.11 and the Fukushima accident, a book that told the truth without twisting anything. The Japanese mass media - television as well as newspapers - hadn't told the people anything.


「ただちに避難する状況ではない」「ただちに健康に影響はない」「放射能汚染された野菜も肉も食べても健康に影響はない」「放射能汚染された建物の残骸を、日本全国に運んで(生活ごみを燃やす)焼却炉で燃やそう。それが日本人の絆だ」
"There is no need for immediate evacuation." "There is no immediate threat to human health." "There is no risk to one's health from eating vegetables or meat contaminated by radiation." "We need to send the contaminated rubble from the disaster site to (garbage) incinerators all over the country to be burned. This is the kizuna, the bond, of the Japanese people."


このように国民を守るどころか、電力会社の責任を曖昧にして擁護し、放射能の健康被害も過小評価、さらに国民が被曝しても平気という対応が一年半たった今でも続いているのです。体の弱い年寄り、幼い子ども、妊婦、すべてが電力会社を守るため、政治家の票集めのために捨てられているのです。その証拠に福島第一原子力発電所では、事故の収束にあたった作業員が1年6ヶ月の間に4~5人突然死していますが、放射能との関係はないとし、電力会社へは警察の捜査すらありません。
This response of defending the electric companies and dismissing the issue of their responsibility, underestimating the health risks of nuclear radiation, and not caring about whether the citizenry is exposed to radiation or not - in other words, doing nothing to protect the people - has continued in Japan to this day a year and a half later. The elderly, infants, pregnant women and so on are being thrown under the bus so that the electric companies can survive and the politicians can gather votes. As proof that this is the prevailing attitude, despite the fact that in these 18 months four or five workers cleaning up the Fukushima plant have suddenly died, they insist that there is no connection to radiation and there hasn't even been a police investigation.


このような状況ですから、なおさら、本の出版を諦めるわけにはいきませんでした。
Precisely because Japan is in this state, I couldn't afford to give up on publishing this book.


このため、この本は日本では自費出版と呼ばれる、著者が自分でお金を出して出版する方法をとりました。これなら誰に文句を言われることもありません。しかし、金銭的な負担は重く、またプロモーションをかける費用も場所もないので、人から人へ、ツイッターを使って口コミで宣伝をしたのです。
Therefore, this book was published at my own expense, meaning I covered all the charges and fees associated with getting it out. This way no one would be able to complain about anything. But the financial burden was considerable, and I can't afford to hold promotions to sell this book to the world like that which a typical author or publisher would. So I advertised over Twitter and spread news about it through word of mouth.


このようにして出版しましたが、未だに日本の社会では「放射能汚染を怖がる人は頭が異常だ」というレッテルをはってごまかしています。インターネットを使って海外の専門家の情報を得られる人、チェルノブイリなどのデータを検証できる人たちと繋がれる人たち以外は、テレビと新聞の情報しかないために、どちらかと言えば「安全、安心の情報に頼りたい」という心理が働いていて、命や健康を守るための正しい判断ができないのです。これは経済の中心である東京が顕著です。そんな東京も汚染がひどく、土壌汚染で言えば、1万ベクレルから10万ベクレルまで、学校の校庭や家庭の庭先、駅前などからふつうに見つかっています
So somehow I finally got this book published, but there are still those in Japanese society who brand those worried about radiation contamination as "abnormal" or "crazy." Aside from those people who use the Internet to get their information from specialists overseas or inspect data from the Chernobyl disaster, most people have no source of information apart from Japanese TV and newspapers. Affected by the psychological drive to rely on "safe, secure" information more than a desire for the truth, they are unable to make the right decisions for their lives and their health. This is remarkable for Tokyo, the central hub of Japan's economy. Contamination there is severe - soil contamination has been measured at between 10,000 and 100,000 becquerels - and contamination is routinely detected in school yards and in front of homes and train stations.


どうかこの本を読んだ世界のみなさんが、日本に向けて声を出してください。弱い老人を、子どもを、妊婦を守って欲しいと言ってください。世界の人たちが行動を起こしてくれない限り、日本人は放射能汚染に気がつかないふりをして、このまま生活を続けていくでしょう。東京から西へ、できれば海外へ逃げて欲しいとメッセージをください。
I want to ask the people all around the world who read this book to raise your voices to Japan. Please tell Japan that you want them to protect the elderly, children, and pregnant mothers. As long as there no movement from outside Japan, Japanese people will almost certainly continue to pretend they don't notice the radiation and go on with their lives. Please tell the people of Japan that you wish they'd move west of Tokyo, or even overseas if possible.


この本は、序章(第一章)の部分はフリーで公開したいと思っています。ブログにまるごと掲載しても、引用して本の紹介をしていただいてもかまいません。とにかく日本で、東京で起きていることを、広く知って欲しいと思っているのです。世界の新聞がテレビがラジオが、そして出版社がこの本に気づいてくれて、そして広い地域にこの本が渡っていってくれるとうれしいです。その結果、日本政府が対応を改めて、国民の命と健康を守ることを優先し、被曝を不安に思っている弱い立場の人たちが、不安のない土地に逃げて行けるようになればうれしいです。
I'm thinking that I'd like to make the first part of this book (the prologue) open to the public for free. It's perfectly fine if you'd like to post the entire chapter on your blog, or use quotes to introduce the book over the Internet. Anyway, I'd like for what's happening in Japan, in Tokyo, to be as widely known as possible. I would be happy to see the newspapers, the TV and radio stations, and the publishing companies of the world take notice of this book, and I hope this information spreads all over the globe. Maybe that will lead to a change of heart in the Japanese administration, and they'll begin to place priority on protecting the lives and health of the citizenry. I would be overjoyed if all those people without power or voice who are worried about radiation exposure could move to a place where they don't have to worry anymore.


僕は日本語しか使えないので、この本は友人に紹介してもらい、ホワイトさんに翻訳してもらいました。まったく知らない関係でしたが、本の内容に共感していただいて作業が進みました。本当に感謝しています。
I don't speak anything but Japanese, so I had this book translated by Mr. White, who was introduced to me by a mutual friend. Though we didn't know anything about each other, he was able to sympathize with the contents of the book and the work moved along smoothly. I'm very thankful for that.


2012.9.13
引っ越しをした広島県呉市の家のベランダにて
September 13, 2012
On the veranda of our new home in Kure, Hiroshima


神原将
Shou Kamihara




hinan2.jpg
I have a cowardly disposition. But, at this time, I thought it was ok to be a coward. I didn’t even mind being called weird. I didn’t care if I was ridiculed for throwing off my social obligations and thinking only of what I could personally gain or lose. I wanted to make moving my family far away from the radiation my first priority. At that time, that was enough. Later on, when my daughters are able to understand the terror of radiation, of what happened on 3/11, it’s enough if they understand that me and my wife thought of their future first and left Tokyo behind. No matter what happens over the coming years, at the least, I want to let my daughters know that we thought of them and did everything we could for their sakes.



移住者の声
"Things you told me" Voice of the migrants



カナダに避難してこられた方々に出会うと感謝の気持で一杯になります。

どれだけの決心と苦悩があったことかと思うと、胸が熱くなります。



いつもと全く変わらない景色の中で


image00.jpg



今まで築いてきたものを全部諦めて

住み慣れた土地を離れることの辛さと不安を考えると

心が裂ける想いがします。



そして

その現実をしっかりと受止めて

一歩踏み出したことに

敬服します。



こんなにも残酷な災害の本質を

世界中の人に知って欲しいと思います。





関連記事

福島ファシズム

 2013-12-15
ecowatch_logo.jpg



Japan’s New ‘Fukushima Fascism’
日本の新しい「福島ファシズム」


Harvey Wasserman | December 11, 2013 7:57 am |


Fukushima continues to spew out radiation. The quantities seem to be rising, as do the impacts.
福島は放射能を吐き出し続けています。その量は増しているようですし、その影響も増しています。


The site has been infiltrated by organized crime. There are horrifying signs of ecological disaster in the Pacific and human health impacts in the U.S.
その現場は組織的犯罪が浸透しています。アメリカ太平洋と人間の健康における生態的惨事の恐るべき兆しがあります。


But within Japan, a new State Secrets Act makes such talk punishable by up to ten years in prison.
しかし日本国内では新しい特定秘密保護法がその様な話をすることで10年までの拘置に罰せられるようにするのです。


Taro Yamamoto, a Japanese legislator, says the law “represents a coup d’etat” leading to “the recreation of a fascist state.” The powerful Asahi Shimbun newspaper compares it to “conspiracy” laws passed by totalitarian Japan in the lead-up to Pearl Harbor, and warns it could end independent reporting on Fukushima.
日本の国会議員、山本太郎はその法律が「ファシスト国家の再建」を導く「クーデター」であると言います。大手朝日新聞はそれをパールハーバーへ導かせた全体主義日本により通った「陰謀」法と比べ、福島についての独立した報道を終わらせかねないと警告しています。


Prime Minister Shinzo Abe has been leading Japan in an increasingly militaristic direction. Tensions have increased with China. Massive demonstrations have been renounced with talk of “treason.”
安倍晋三首相は軍事主義を強化させる方向に日本を導いてきました。中国との緊張は高まっています。大規模なデモは「反逆」と言われ断念させられました。



tokyo shinbun
A dignitary Hitler's right arm testified at the court after the war,
"People do not want war. But it is a leader who makes decision, and it is easy to drag tem in. Just tell them we are going to be attacked from other countries. If they are still against it, just flame them as being unpatriotic.”
Don't be deceived. ~東京新聞 Tokyo Shinbun Newspaper~



But it’s Fukushima that hangs most heavily over the nation and the world.
しかし、その国と世界に重くのしかかっているのは福島なのです。


mon_amour.jpg


Tokyo Electric Power has begun the bring-down of hot fuel rods suspended high in the air over the heavily damaged Unit Four. The first assemblies it removed may have contained unused rods. The second may have been extremely radioactive.
東京電力は重度に損傷し空中に吊り下がっている状態の放射性の高い燃料棒を4号機からおろすことに取り掛かり始めました。最初に取り除かれた集合体は使用していない燃料棒が入っているものでした。2回目のものは線量がきわめて高いものです。


But Tepco has clamped down on media coverage and complains about news helicopters filming the fuel rod removal.
しかし東電はメディア報道をきつく取り締まり、ヘリコプターが燃料棒を取り除いているのを撮ったニュースについて苦情を言っています。


Under the new State Secrets Act, the government could ban—and arrest—all independent media under any conditions at Fukushima, throwing a shroud of darkness over a disaster that threatens us all.
新しい特定秘密保護法の下では、政府が福島の状況を報じようとする独立したメディアを禁じ、罰することができ、私たち全てに脅威となる災害について暗黒の幕を投じてしまうことになります。


By all accounts, whatever clean-up is possible will span decades. The town of Fairfax, CA, has now called for a global takeover at Fukushima. More than 150,000 signees have asked the UN for such intervention.
誰の話から見ても、どのような収束作業も何十年にも及ぶでしょう。カリフォルニアのフェアファクス町は福島は国際的に引き継がれることを求めています。署名した15万名以上がその様な介入を国連に求めています。


Fairfax.jpg


As a private corporation, Tepco is geared to cut corners, slash wages and turn the clean-up into a private profit center.
民間企業として、東電は手を抜き、賃金を大幅削減し、収束作業を私的利益センターに変えるということをしています。


It will have ample opportunity. The fuel pool at Unit Four poses huge dangers that could take years to sort out. But so do the ones at Units One, Two and Three. The site overall is littered with thousands of intensely radioactive rods and other materials whose potential fallout is thousands of times greater than what hit Hiroshima in 1945.
あまるほどの機会があるのです。4号機の燃料プールは解決するのに何年もかかりうるという巨大な危険をはらんでいます。しかし、1号機、2号機、3号機もそうなのです。現場は全体として、強烈に放射能汚染された燃料棒と他の物質が散乱しているのです。そしてそれは、1945年に広島を襲ったものの何千倍にもなりうるものなのです。


Soon after the accident, Tepco slashed the Fukushima workforce. It has since restored some of it, but has cut wages. Shady contractors shuttle in hundreds of untrained laborers to work in horrific conditions. Reuters says the site is heaving infiltrated by organized crime, raising the specter of stolen radioactive materials for dirty bombs and more.
事故後まもなく、東電は福島の従業員を削減しました。以来いくらか回復していますが、賃金はカットされています。いかがわしい請負人たちが恐ろしい条件の中で働く訓練されていない作業員を何百人も送りこんでいます。ロイター通信は、現場で組織的犯罪の浸透が高まり、汚い爆弾や他のもののための放射性物資の盗難という恐ろしい幻影が連想されるのだと報じています。





Thousands of tons of radioactive water now sit in leaky tanks built by temporary workers who warn of their shoddy construction. They are sure to collapse with a strong earthquake.
今、何千トンもの放射能汚染水が見掛け倒しの建築だと警告している臨時従業員により建設された漏れやすいタンクに収められています。強い地震で崩壊することは確かです。


tank_201312160426508b7.jpg


Tepco says it may just dump the excess water into the Pacific anyway. Nuclear expert Arjun Makhijani has advocated the water be stored in supertankers until it can be treated, but the suggestion has been ignored.
東電はいずれにしても過剰の水をただ太平洋に廃棄するのだと言っています。原子力専門家であるアージュン・マキジャニは、処理できるようになるまで汚染水は超大型タンカーに保存されるべきだと主張しましたが、その提言は無視されています。


Hundreds of tons of water also flow daily from the mountains through the contaminated site and into the Pacific. Nuclear engineer Arnie Gundersen long ago asked Tepco to dig a trench filled with absorbents to divert that flow. But he was told that would cost too much money.
何百トンもの汚染水がまた毎日山から流れ、汚染された現場を通り、太平洋に出ています。原子力技術者のアーニー・ガンダーセンはかなり前に東電にその流れを転換するために吸収剤を埋め尽くしたトレンチを掘るように要請しました。しかし、それには経費がかかりすぎると言われたのです。


Now Tepco wants to install a wall of ice. But that can’t be built for at least two years. It’s unclear where the energy to keep the wall frozen will come from, or if it would work at all.
今東電は氷の壁を作りたいと思っています。しかしそれは少なくとも2年間はかかります。その壁を凍らせておくエネルギーをどこから取るのか、あるいはそれが果たしてうまくいくのかについては不明です。


Meanwhile, radiation is now reaching record levels in both the air and water.
その間、放射能は大気中、水中両方において今も記録的レベルに達しようとしています。


The fallout has been already been detected off the coast of Alaska. It will cycle down along the west coast of Canada and the U.S. to northern Mexico by the end of 2014. Massive disappearances of sea lion pups, sardines, salmon, killer whales and other marine life are being reported, along with a terrifying mass disintegration of star fish. One sailor has documented a massive “dead zone” out 2,000 miles from Fukushima. Impacts on humans have already been documented in California and elsewhere.
その降下物は既にアラスカ沖で検出されています。それは2014年末までにカナダ・アメリカ西海岸沖からメキシコ北部へと南へ循環するでしょう。恐るべきヒトデの大量崩壊とともに、大量のアシカの赤ちゃん、イワシ、サーモン、シャチや他の生物の消滅が報告されています。1人の水兵は福島から2000マイル(3200km)離れた巨大な「死のゾーン」について記録しました。人間への影響は既にカリフォルニア他で記録されています。


Without global intervention, long-lived isotopes from Fukushima will continue to pour into the biosphere for decades to come.
国際的介入なしでは、福島からの長期に有害であり続ける放射性核種がこれから何十年も生物圏に吐き出され続けることになるでしょう。


The only power now being produced at Fukushima comes from a massive new windmill just recently installed offshore.
福島で今作られている電力は、つい最近海岸沖に作られた巨大な新しい風車からの物だけです。


windmill.jpeg


Amidst a disaster it can’t handle, the Japanese government is still pushing to re-open the 50 reactors forced shut since the melt-downs. It wants to avoid public fallout amidst a terrified population, and on the 2020 Olympics, scheduled for a Tokyo region now laced with radioactive hot spots. At least one on-site camera has stopped functioning. The government has also apparently stopped helicopter-based radiation monitoring.
取り扱うことのできない惨事の中、日本政府はメルトダウン以来閉鎖せざるを得なくなった50基の原子炉の再稼動を押し進めています。おびえる人々の中で国民の仲たがいを避けたいと考え、2020年のオリンピックは東京で予定されていますが、今では放射能ホットスポットで飾られています。少なくとも福島原発の1つのカメラの機能が止まりました。政府はまた明らかにヘリコプターによる放射能モニタリングをやめました。


A year ago a Japanese professor was detained 20 days without trial for speaking out against the open-air incineration of radioactive waste.
1年前、ある日本の教授は、放射性廃棄物の野外焼却に反対する声を上げるための公判もないまま20日間拘留されました。


Now Prime Minister Abe can do far worse. The Times of India reports that the State Secrets Act is unpopular, and that Abe’s approval ratings have dropped with its passage.
今、阿倍首相は、更に酷いことができるのです。タイム・オブ・インディアは、特別秘密保護法が、不評であり、阿倍政権への賛同率はその経過により落ちたとレポートしています。


But the new law may make Japan’s democracy a relic of its pre-Fukushima past.
しかしその新しい法律は日本の民主主義を、福島前の過去の遺物としてしまうかもしれません。


It’s the cancerous mark of a nuclear regime bound to control all knowledge of a lethal global catastrophe now ceaselessly escalating.
それは、今では絶えずエスカレートしている致命的な世界的惨事についての全ての知識を制御するために核の政体が束縛するというがん細胞のような傷跡なのです。






日本人は、国外へ逃げたくても難民として認められることはありませんでしたが、

難民として逃げられる日が、そう遠くない将来に来るのかもしれません。


協定難民は他国籍、あるいは他国の住民で、「妥当とされる迫害の脅威」のために、その国に戻れない、あるいは戻りたくない人々を指す。つまり、危険な状態に置かれていると信じるにたる理由と、その国の当局が彼らを保護する事ができない、ということを意味する。

以下のような理由で危害を与えられる危険がある。
*人種
*宗教
*政治的意見
*国籍
*特殊な社会団体のメンバー

人道保護が必要な人は、国籍、あるいは住んでいる国に戻ると、次のような事に直面する。
*拷問
*命の危険
*残酷で異常な扱いや罰を受ける危険



関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック