スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島の問題は、原発トップセールスに全く影響はない?!

 2013-08-27
Japan's Abe to visit Middle East in nuclear push
日本の阿倍、原子力推進のため中東へ訪問


Published August 23, 2013
AFP


TOKYO (AFP) – The prime minister of energy-poor Japan heads to the oil-rich Middle East this weekend in his latest push to promote nuclear technology exports, a spokesman said Friday, despite growing problems at the crippled Fukushima plant.
エネルギー源の乏しい日本の総理大臣は、事故を起こした福島原発での拡大する問題にも関わらず、原子力技術の輸出を促進するため今週末、最後の一押しに石油が豊富な中東へ向かうのだとスポークスマンが金曜日に述べました。


wW21YD6.jpg


Shinzo Abe was due to leave Tokyo on Saturday for a six-day trip that will take in Bahrain, Kuwait, Djibouti and Qatar, with discussion of Japan's nuclear know-how expected to be on the agenda.
安倍晋三は土曜日、日本の原子力ノウハウを課題にバーレーン、クエイト、ジブチ、カタールと話し合うため5日間の旅に東京を出発します。


"Qatar and Kuwait have shown interest in Japan's nuclear safety technology," said an official at the foreign ministry.
「カタールとクエイトは日本の原子力安全技術に興味を示しています。」と外務省の官僚は話しました。


"They don't necessarily plan to build a nuclear plant themselves, but their neighbouring countries do," the official said.
「彼らは自分たちが原発を立てる計画をする必要は必ずしもありません。しかし、隣国は計画しています。」とその官僚は言いました。


"Qatar and Kuwait are therefore concerned about a possible accident and any environmental impact that might be inflicted."
「カタールとウエイトはつまり、事故が起こる可能性と事故が与えるかもしれない環境への影響を懸念しています。」


Japan has continued to push its atomic expertise as an important export, despite the 2011 catastrophe at the tsunami-hit Fukushima Daiichi nuclear power plant, where multiple meltdowns cast a pall of radiation over a swathe of the country's northeast.
日本は2011年の津波に襲われ、複数のメルトダウンをおこした福島第一原発が東北地方の広域にわたり放射能の影を投げかけた悲劇にも関わらず、原子力の専門技術を重要な輸出としてまだ押し進めています。


An already-lengthy list of problems in the clean-up got longer this week when around 300 tonnes of highly radioactive water was found to have seeped from one of the 1,000-odd storage tanks on the site.
既に長かった後始末の問題リストは、今週敷地にある1000個あまりの貯蔵タンクから300トンくらいの高濃度の放射能汚染水が染み出したことが分かり、更に長くなりました。


photo_1377240911538-1-HD.jpg


Workers looking for other leaks on Thursday identified two more radiation hotspots near the containers, although plant operator Tokyo Electric Power (TEPCO) says they were dry and it cannot yet explain where they came from.
他の漏洩を調査していた作業員たちは、木曜日に更に2箇所のホットスポットを貯蔵庫近くで確認しました。東電はそれらが乾いているのでどこから漏れたのかは説明できないと言っていますが。


While the atomic catastrophe has put a crimp on Japan's own nuclear power generation, with all but two of the country's 50 reactors shut down, the government has been keen to push exports of its technology as part of efforts to boost infrastructure exports to 35 trillion yen ($350 billion) a year by 2020.
原子力の悲劇が、日本の国自身の原子量発電に支障をきたし、50基のうちの2基以外は全て止まっている一方で、政府は2020年までに35兆円のインフラ輸出を高めるための対策の一環として、原子力技術を強行に押し進めています。


Abe, a supporter of nuclear power, visited Turkey in May as part of a wider Middle Eastern tour, signing a long-awaited deal to build a sprawling nuclear power plant on Turkey's Black Sea coast, in a milestone for the Japanese nuclear industry.
原発推進派の阿倍は、中東訪問拡大の一貫として5月にトルコを訪れ、日本の原子力業界の重要な段階として黒海沿いに横たわる原子力発電所を建設するという大望の取引に署名しました。


The agreement came a day after Japan signed a nuclear cooperation deal with the United Arab Emirates.
その協定はアラブ首長国連邦との原子力協定に日本が署名した翌日に取り交わされました。


The foreign ministry official brushed aside suggestions that the latest setback at Fukushima might put a dampener on talks during the upcoming trip, saying the government does not expect them to have "any impact".
外務省の官僚は、福島での最近の後退が今回の訪問中の話し合いを興ざめさせるのではないかという提言を払いのけました。政府は「全く影響がない」と考えているとのこと。


The nuclear shutdown in Japan has also increased the country's reliance on imported fossil fuels, of which the Middle East is an important source.
原発停止はまた、中東の重要な資源である化石燃料の日本の輸入依存を高めています。





日本人は

日本メーカーの家庭用原子力発電機(が開発されたとして)を

日本の原子力安全技術を信じて

購入するのでしょうか???




原発輸出といい、オリンピック誘致といい、


この究極な自己中心的考えと、責任意識の皆無は・・・


ありえません。。。。





関連記事
スポンサーサイト

日本海岸より放射能濃度が10倍高くなるアメリカ西海岸

 2013-08-25
voice_of_russia_logo.jpg


US West Coast to be hard-hit by Fukushima radiation
福島放射能の大打撃を受けるアメリカ西海岸


21 August, 16:26


pacific 1


An ocean current called the North Pacific Gyre is bringing Japanese radiation to the West Coast of the US. While many people assume that the ocean will dilute the Fukushima radiation, a previously-secret US government report reveals that the ocean may not adequately dilute radiation from nuclear accidents, and there could be “pockets” and “streams” of highly-concentrated radiation.
北太平洋旋廻と呼ばれる海流が、日本の放射能をアメリカ西海岸へと運んでいます。多くの人が、海が福島の放射能を薄めてくれると思い込んでいる一方で、前に書かれた機密のアメリカ政府のレポートは、原子力事故からの放射能が海で薄められず、高度に濃縮された放射能の「ポケット」あるいは「流れ」がある可能性があるかもしれないことを明らかにしています。


Scientists from the National Oceanic and Atmospheric Administration’s (NOAA) Pacific Marine Environmental Laboratory and 3 scientists from the GEOMAR Research Center for Marine Geosciences show that radiation on US West Coast could end up being 10 times higher than in Japan.
米国海洋大気局、太平洋海洋環境研究所の科学者たちとドイツのGEOMAR研究センター、地球科学者3名は、アメリカ西海岸に到達する放射能が日本の海岸より10倍高いものになるだろうと示しています。



Picture1_20120718133200.jpg


According to the study, after 10 years the concentrations become nearly homogeneous over the whole Pacific, with higher values in the east, extending along the North American coast with a maximum (~1 × 10−4) off Baja California.
その研究によると、10年後に放射能の濃縮は太平洋全体でほぼ均等になり、東で高く、北アメリカ海岸沿いに広がり、バハカリフォルニア沖で最大(~1 × 10−4)となるということです。


pacific2.jpg


With caution given to the various idealizations (unknown actual oceanic state during release, unknown release area, no biological effects included), the following conclusions may be drawn.
様々な理想化がされている(漏洩の際の実際の海の状態は知られておらず、漏洩場所もわからず、生物へ影響が全く考慮されていない)ことに警戒し、以下の結論が導かれるでしょう。



Dilution due to swift horizontal and vertical dispersion in the vicinity of the energetic Kuroshio regime leads to a rapid decrease of radioactivity levels during the first 2 years, with a decline of near-surface peak concentrations.
強力な黒潮の流況近隣の迅速な横、縦の拡散による希薄化は、最初の2年で放射能レベルを急速に減少させ、海面の濃縮のピークも減少します。


The magnitude of additional peak radioactivity should drop to values comparable to the pre-Fukushima levels after 6–9 years (i.e. total peak concentrations would then have declined below twice pre-Fukushima levels).
放射能の更なるピークの規模は6~9年後に福島の事故前に比べられるほどにまでに落ちるはずです。(例:その時にはピークの濃縮の合計が、事故前の2倍以下まで下がるでしょう。)


By then the tracer cloud will span almost the entire North Pacific, with peak concentrations off the North American coast an order-of-magnitude higher than in the western Pacific.
その時までには、着色トレーサーの域は前北太平洋に広がっています。そして、北アメリカ海岸沖の濃縮のピークは西太平洋より桁が高くなります。


Picture4_20120718135600.jpg


Indeed, another team of top Chinese scientists have just published a study in the Science China Earth Sciences journal showing that Fukushima nuclear pollution is becoming more concentrated as it approaches the West Coast of the United States, that the plume crosses the ocean in a nearly straight line toward North America, and that it appears to stay together with little dispersion.
実に中国の科学者チームは、サイエンス・チャイナ、地球科学誌の中でその研究を発表し、福島の汚染がアメリカ西海岸に近づくにつれ、濃縮度が高くなっていると示しています。太平洋を渡るプルームは、北アメリカめがけてほぼ直線で、濃縮の固まりはほとんど拡散せず留まったままであることを表しています。


The time scale of the nuclear pollutants reaching the west coast of America is 3.2 years if it is estimated using the surface drifting buoys and 3.9 years if it is estimated using the nuclear pollutant particulate tracers.
アメリカ西海岸に放射能汚染物質が到達するのにかかる時間は、海面に浮かばせた浮きを使った推定で3.2年、放射能汚染物質粒子トレーサーを使った推測で3.9年です。


It is worth noting that due to the current near the shore cannot be well reconstructed by the global ocean reanalysis, some nuclear pollutant particulate tracers may come to rest in near shore area, which may result in additional uncertainty in the estimation of the impact strength.
海岸近くの海流が、地球全体の海の再分析により十分再建されることができないため、いくらかの放射能汚染粒子トレーサーが海岸近くで止まってしまう可能性があり、そのことで、影響の大きさを推測するのに不確実性が伴う結果となることを考慮する価値があるでしょう。

Voice of Russia, IOP Science







この研究のオリジナルについては
5年後、北太平洋放射能汚染が均一に。。



カナダの国は

「薄まるから健康被害がない」

だけでいつまで通用させるつもりでしょうか?



太平洋の生態系調査と植物連鎖による生物汚染調査の十分なデータがない限り

その様な発言は

とても無責任としか思えず、

空虚なものでしかありません。。。



日本が、

西海岸で取れた海産物の輸入規制をする日がくるのかもしれません。




関連記事

とっても保守的で無難なカナダの福島汚染水報道

 2013-08-24


THE NATIONAL | Aug 23, 2013 | 2:27

Serious problem at Fukushima
福島での深刻な問題



CBC1


2011年の地震と津波が日本を打ちのめしたとき、すぐに福島の原子炉は世界中の懸念の的となりました。その福島原発が、また今回は汚染水を巡って懸念が広がっています。CBCのカーク・ウィリアムズからお伝えします。


CBC2


大きな問題には見えませんが、この貯蔵庫の横に漏れている水溜りはレベル7のうちのレベル3、深刻な事故、と呼ばれています。


レベル7とは地震と津波が2011年に原発の機能を失わさせた後に起きた3つの原子炉のメルトダウンのことです。


CBC3


今日、日本の原子力規制機関が担当の会社に対し厳しい言葉で話しました。


「東電の点検は不注意以外のなにものでもなく、メルトダウンを防ぐために損傷した原子炉を冷すために使われている300トンの高度に汚染された水が漏れ出しました。」と話しました。


CBC4



問題は、このようなタンクは1000個あり、もっと作られているということです。


CBC5


「後どのくらいこのような状態を続けるのかというのが疑問です。1000のタンクが既にあって、来年、またそれ以降に後どのくらい作るというのでしょう。」


CBC6


放射能汚染されていた地下水が敷地の地下から太平洋に1日あたり270,000リットル漏洩し続けていたと発覚したことは、今月一番のニュースでした。


原発付近の漁業は念のため行われていません。


カナダの専門家は、有害なほどの放射能汚染水がカナダの海岸に到達する可能性はあまりないだろうと言っています。


「汚染水がここに到達するまでに、放射能の濃縮度は、既に水中の自然界に存在している放射性物質よりずっと低いものとなるでしょう。」


CBC7


2011年にさかのぼり、膨大な放射能が環境に放出されたとき、カナダ食品検査機関は国産の魚、ミルク、そして日本からの輸入品について検査しましたが、全てはOKでした。


CBC8


しかし、カナダ食品検査機関は去年10月からモニタリングを一切やっていず、食の安全を心配する人もいます。


「野生のパシフィック・サーモンは福島からの放射性プルームの中を移動し、そしてそれらの魚は私たちの海岸に戻ってきて、獲られるのです。」


CBC9


カナダ食品検査機関は放射能の懸念についての検査結果については日本に委ねているとのことです。しかし、日本の輸入品についての抑制を強化することを考慮し、検査結果に根拠があれば検査するだろう、と言っています。


CBC10



CBCバンクーバーがお伝えしました。







科学者が自由に発言できない状況においては、がんばっているほうでしょうか。。。





関連記事

世界がだまされていた福島汚染水漏れがついに(やっと)露呈

 2013-08-22
bbc_logo.jpg


Fukushima leak is 'much worse than we were led to believe'
福島汚染漏れは「信じ込まされていたよりずっと酷い」


22 August 2013 Last updated at 05:32 ET

By Matt McGrath
Environment correspondent, BBC News

A nuclear expert has told the BBC that he believes the current water leaks at Fukushima are much worse than the authorities have stated.
原子力専門家はBBCに対し、現在の福島原発の汚染漏れは、日本が述べていた状態よりずっと酷いと考えていると話しました。


Mycle Schneider is an independent consultant who has previously advised the French and German governments.
マイケル・シュナイダー氏は以前フランスとドイツ政府の独立コンサルタントをしていた人物です。


He says water is leaking out all over the site and there are no accurate figures for radiation levels.
彼は、汚染水が敷地中に漏れていて、放射能レベルの正確な数値は全く分からないのだと言います。


Meanwhile the chairman of Japan's nuclear authority said that he feared there would be further leaks.
一方、日本の原子力規制委員長は更なる漏洩を恐れていると述べました。


The ongoing problems at the Fukushima plant increased in recent days when the Tokyo Electric Power Company (Tepco) admitted that around 300 tonnes of highly radioactive water had leaked from a storage tank on the site.
進行中の福島原発の問題は、300トンの高度放射性汚染水が敷地内にある貯蔵タンクから漏れていたことを最近になって東電が認めたことで大きくなりました。


Moment of crisis
危機の瞬間



The Japanese nuclear energy watchdog raised the incident level from one to three on the international scale that measures the severity of atomic accidents.
日本の原子力監視機関は原子力事故の深刻さを測る国際的規模をレベル1から3に引き上げました。


This was an acknowledgement that the power station was in its greatest crisis since the reactors melted down after the tsunami in 2011.
これは、原発が2011年の津波の後メルトダウンして以来最大の危機にあるということです。


But some nuclear experts are concerned that the problem is a good deal worse than either Tepco or the Japanese government are willing to admit.
しかし、原子力専門家の中には、その問題が、東電や日本政府が快く認めるものよりもかなり悪いものだと懸念しています。


They are worried about the enormous quantities of water, used to cool the reactor cores, which are now being stored on site.
彼らは今では敷地に格納されている原子炉を冷すために使われている膨大な量の水について心配しています。


Some 1,000 tanks have been built to hold the water. But these are believed to be at around 85% of their capacity and every day an extra 400 tonnes of water are being added.
1000かそこらのタンクが汚染水を貯蔵するために建てられています。しかしこれらは85%くらいのキャパしかないと考えられていて、毎日新たに400トンの水がこれに加わるのです。


_69415265_tanks_reuters.jpg


"The quantities of water they are dealing with are absolutely gigantic," said Mycle Schneider, who has consulted widely for a variety of organisations and countries on nuclear issues.
「彼らが扱っている水の量は、それはそれは膨大なものです。」と様々な組織や国で原子力問題について広く顧問をしているマイケル・シュナイダー氏が話しました。


"What is the worse is the water leakage everywhere else - not just from the tanks. It is leaking out from the basements, it is leaking out from the cracks all over the place. Nobody can measure that.
「何が酷いかといえば、他のあらゆるところで水が漏れていることです。タンクからだけではありません。地下から、あらゆる場所のひびから漏れ出しているのです。誰もそれを測定することができません。


_69414872_fukushima_timeline_624.jpg



"It is much worse than we have been led to believe, much worse," said Mr Schneider, who is lead author for the World Nuclear Industry status reports.
それは、私たちが信じ込まされていたことよりはるかに酷いものです。ずっと酷いです。」と世界原子力業界の状況報告の著者であるマイケル・シュナイダー氏は言いました。


At news conference, the head of Japan's nuclear regulation authority Shunichi Tanaka appeared to give credence to Mr Schneider's concerns, saying that he feared there would be further leaks.
新たな会見で、日本の原子力規制委員長の田中俊一氏はシュナイダー氏の懸念を明らかに裏付けました。更なる漏洩を怖れていると発言したのです。


"We should assume that what has happened once could happen again, and prepare for more. We are in a situation where there is no time to waste," he told reporters.
「我々は、一度起きたことはまた起きる可能性があると思うべきであり、もっと備えるべきである。無駄にする時間はない状況にあるのだ。」とレポーターに話しました。


The lack of clarity about the water situation and the continued attempts by Tepco to deny that water was leaking into the sea has irritated many researchers.
汚染水状況の明確さの欠如と、東電の海への汚染水漏れを否定するという絶え間ない試みは、多くの研究者を苛立たせています


Dr Ken Buesseler is a senior scientist at Woods Hole Oceanographic Institution who has examined the waters around Fukushima.
ウッズ・ホール・海洋研究所のケン・Buesseler氏は、福島付近の海水を調べてきた科学者です。


"It is not over yet by a long shot, Chernobyl was in many ways a one week fire-explosive event, nothing with the potential of this right on the ocean."
「全く終わっていません。チェルノブイリは多くの意味で1週間の火災爆発事故でした。直接海に漏れるという可能性は全くなかったのです。」


"We've been saying since 2011 that the reactor site is still leaking whether that's the buildings and the ground water or these new tank releases. There's no way to really contain all of this radioactive water on site."
「2011年以来ずっと私たちは原子炉の現場で、建屋か地下水、あるいは新しいタンク漏れでまだ漏洩が続いていると言ってきたのです。現場の放射性汚染水すべてを本当に食い止める方法はないのです。」


"Once it gets into the ground water, like a river flowing to the sea, you can't really stop a ground water flow. You can pump out water, but how many tanks can you keep putting on site?"
「一度汚染水が地下水に入り込むと、川が海に流れるがごとく地下水の流れを止めることは本当にできないのです。水をくみ上げることはできますが、敷地にいくつのタンクを置き続けることができますか?」


Several scientists also raised concerns about the vulnerability of the huge amount of stored water on site to another earthquake.
何人かの科学者たちはまた、現場に蓄えられている巨大な量の水の次の地震に対する脆弱性を懸念をあげています。


tank_20130823154534fc6.jpg


New health concerns
新たな健康に対する懸念



The storage problems are compounded by the ingress of ground water, running down from the surrounding hills. It mixes with radioactive water leaking out of the basements of the reactors and then some of it leaches into the sea, despite the best efforts of Tepco to stem the flow.
貯蔵の問題は、周辺の丘から流れ込む地下水の浸入によりいっそう酷くなりました。その水は原子炉地下から漏れ出した放射性汚染水と混ざり、東電の流れを止めようという最大の努力にも関わらず、そのうちのいくらかが海に滲出します。


Some of the radioactive elements like caesium that are contained in the water can be filtered by the earth. Others are managing to get through and this worries watching experts.
その水に含まれているセシウムのようないくつかの放射性要素は地面で取り除かれます。他のものはそのまま流れ出し、それが監視している専門家を心配させているのです。


"Our biggest concern right now is if some of the other isotopes such as strontium 90 which tend to be more mobile, get through these sediments in the ground water," said Dr Buesseler.
「現在の最も大きな懸念は、もし、他のストロンチウム90のような移動しやすい核種が地下水の堆積物に吸収されたら、ということです。」とBuesseler博士は言いました。


"They are entering the oceans at levels that then will accumulate in seafood and will cause new health concerns."
それらは海に入り、海産物に蓄積し、新たな健康被害が懸念されることになるでしょう。」


There are also worries about the spent nuclear fuel rods that are being cooled and stored in water pools on site. Mycle Schneider says these contain far more radioactive caesium than was emitted during the explosion at Chernobyl.
また、現場の燃料プールの水中にある冷し続けられている使用済み核燃料棒についても心配です。マイケル・シュナイダー氏は、これらがチェルノブイリの爆発の際に放出したものよりずっと多い放射性セシウムを含んでいると言います。


"There is absolutely no guarantee that there isn't a crack in the walls of the spent fuel pools. If salt water gets in, the steel bars would be corroded. It would basically explode the walls, and you cannot see that; you can't get close enough to the pools," he said.
「使用済み燃料プールの壁にひびが入っていないという確証は全くないのです。もし塩水が入れば、スチールの棒は腐食します。それが基本的には壁を破裂させます。そしてそれは見ることができないのです。プールに十分近づくことができないのです。」と彼は話しました。


The "worsening situation" at Fukushima has prompted a former Japanese ambassador to Switzerland to call for the withdrawal of Tokyo's Olympic bid.
福島で「悪化する状況」から、元スイス大使は東京オリンピックの勧誘を辞退するように促がしています。


In a letter to the UN secretary general, Mitsuhei Murata says the official radiation figures published by Tepco cannot be trusted. He says he is extremely worried about the lack of a sense of crisis in Japan and abroad.
国連事務総長へ宛てた手紙でムラタ・ミツヘイ氏は東電が正式に発表している放射能の数置は信頼できないと言っています。彼は日本と海外において、危機意識の欠如についてとても心配しているのだと述べています。


This view is shared by Mycle Schneider, who is calling for an international taskforce for Fukushima.
この考えを、国際特別調査団を福島に求めているマイケル・シュナイダー氏も共有しています。


"The Japanese have a problem asking for help. It is a big mistake; they badly need it."
「日本は助けを求めることに問題を感じています。それは大きな間違えです。彼らはそれがどうしようもなく必要なのです。」






こういう時に

美しい国の総理大臣が

夏休みでゴルフを堪能していることがNHKのニュースで伝えられるのは



なんというか

現実のことと思えません。。。


なぜ

このような絶望的な緊急時に


当事国より他国の報道の方が深刻さを伝えているのでしょうか?



関連記事

福島原発がダークツーリズムのえさに?!

 2013-08-19
telegraph_logo.jpg


Japan's tsunami-hit Fukushima nuclear plant to become tourist attraction
津波を受けた福島原子力発電所が観光ポイントに


Despite the land and ocean around Japan's crippled Fukushima nuclear plant being contaminated by dangerous levels of radiation, plans are being drawn up to turn the no-go zone into a tourist attraction.
機能を失った福島原子力発電所周辺の土地と海が危険なレベルの放射能で汚染されているにもかかわらず、立ち入り禁止地域を観光ポイントにする計画


By Julian Ryall, Tokyo10:43AM BST 19 Aug 2013


A group of authors, scholars, academics and architects has banded together to put forward a proposal for a new community - possibly named Fukushima Gate Village - on the edge of the exclusion zone and around 25 miles from the site of the second-worst nuclear accident in history.
作家、学者、学識者、建築家のグループが新しいコミュニティーの提案をまとめるために団結しています。仮名は福島ゲートビレッジ。歴史上2番目に最悪の原子力事故の現場から25マイル(40km)、立ち入り禁止地域の端です。


fukushima-aerial_2506005b.jpg


They hope the new village will serve to remind future generations of the disaster of March 2011, J-Cast news reported, when the nuclear plant was destroyed by a magnitude-9 earthquake and a massive tsunami.
彼らは、この新しいビレッジが新しい世代に2011年3月にマグニチュード9の地震と巨大津波が原発を破壊した災害を思い出させるためのものになってほしいと願っているのだとJ-Castニュースは伝えました。


In addition, it is hoped the new community will provide employment for local residents, thousands of whom are still not able to return to their homes for more than a few hours.
Experts believe it may take as much as three decades for work to decommission the four reactors to be completed, as well as decontamination of large swathes of north-east Japan.
それに加え、新しいコミュニティーが地元住民に雇用を提供すればと願っています。何千人もの住民がまだ数時間以上は家に戻れずにいます。専門家は広域の東北と4つの原子炉の除染が完了するまでに30年までもかかるかもしれないと考えています。

たしか、40年で終わるかどうか。。。といわれていたと思います。しかも、それまでに何も事故を起こさずに、各原子炉建屋に眠っている使用済み燃料を取り出すことができれば、の話です。


Tourists will be able to check into hotels that have been constructed to protect guests from elevated levels of radiation that are still to be found in pockets in the area. The village will also have restaurants and souvenir shops, as well as a museum dedicated to the impact the disaster has had on local people.
観光客はまだその地域に点在している高線量の放射線から守るように建設されているホテルにチェックインすることができるようにします。そのビレッジには、レストランや土産屋もあり、地元の人たちに災害が与えた影響を伝える博物館もあります。

何を食べさせるのでしょうか・・・



Research facilities will also be set up to look into renewable energy resources, while a highlight of any visitor's trip will be tours to "ground zero" within the nuclear plant's perimeter fence.
訪れるものの旅のハイライトは原発を囲むフェンス内の「グランドゼロ」へのツアーで、再生可能エネルギー源を研究する調査機関も設置されます。


Dressed in protective suits and wearing respirators, tourists will be able to take photos of the shattered reactor buildings and the workers who are still trying to render the reactors safe.
防護服と防毒マスクを着用し、観光客は崩壊した原子炉建屋や原子炉を安全に収束させようと働いている作業員の写真を撮ることもできます。


couple-on-deserted_2506331k.jpg



The group behind the proposal said they hoped the village would eventually act as a place where people could go to mourn the victims of the disaster at the same time as visiting a place that has become historically famous.
この提案をしているグループは、最終的にはこのビレッジが災害の犠牲者を哀悼すると同時に、歴史的に有名となった地に訪れるという役割を果して欲しいと思っている、と話しました。


The aim, they added, is for Fukushima to achieve a similar status as the cities of Hiroshima and Nagasaki hold among Japanese people.
目的は、福島を広島や長崎が日本人の中で抱いているものと同様のステータスにすることなのだ、と付け加えました。

この学識者の方々は、福島の放射能被害が、広島・長崎に比べ物にならないほど悲惨だということを、本当に分かっていないのでしょうか・・・


The group said they got the idea for the plan from the growth in so-called "dark tourism," such as Ground Zero in New York, the Auschwitz concentration camp in Poland or the "killing fields" of Cambodia.
このグループはまた、そのアイデアを、ニューヨークのグランドゼロ、ポーランドのアウシュヴィッツ強制収容所、カンボジアのキリング・フィールドのような「ダークツーリズム」と呼ばれるツアーの増加から得たのだと言います。

進行中の危機状態を何とかすることに頭を使っていただきたいものです。。。。



--------------------------------------

この人たちは、被害にあっている住民、戦争状態の中、命がけで戦っている作業員の気持を少しでも考えたことがあるのでしょうか?

その責任意識の皆無に底知れぬ怒りと


信じがたいほどの非情さに狂気を感じます。





関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。