スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

痛みからの解放~たった一つの自由

 2013-06-30
"I Am Sorry That It Has Come to This": A Soldier's Last Words
「こうなってしまってごめんなさい」 ある兵士の最後の言葉


Daniel Somers 6/22/13 11:12am Saturday

k-bigpic.jpg


Daniel Somers was a veteran of Operation Iraqi Freedom. He was part of Task Force Lightning, an intelligence unit. In 2004-2005, he was mainly assigned to a Tactical Human-Intelligence Team (THT) in Baghdad, Iraq, where he ran more than 400 combat missions as a machine gunner in the turret of a Humvee, interviewed countless Iraqis ranging from concerned citizens to community leaders and and government officials, and interrogated dozens of insurgents and terrorist suspects.
ダニエル・ソマーさんはイラクの自由作戦の退役軍人でした。情報部隊であるライトニング特殊隊の一員でした。2004-2005年に彼は主にイラクのバグダット、THT(戦術情報チーム)に配属され、ハンヴィー回転砲塔のマシンガン射手として400以上の戦闘任務を遂行しました。不安がっている市民からコミュニティーのリーダー、政府職員と幅広くインタビューをし、何十人もの暴徒やテロリストの疑いのあるものに尋問しました。


In 2006-2007, Daniel worked with Joint Special Operations Command (JSOC) through his former unit in Mosul where he ran the Northern Iraq Intelligence Center. His official role was as a senior analyst for the Levant (Lebanon, Syria, Jordan, Israel, and part of Turkey). Daniel suffered greatly from PTSD and had been diagnosed with traumatic brain injury and several other war-related conditions.
2006-2007年、ダニエルさんは、彼が運営していたモスルの北イラク情報センターの前部隊を通して、統合特殊作戦コマンドと共に働いていました。彼の正式な役割は、レバント(レバノン、シリア、ヨルダン、イスラエルとトルコの一部)の上級アナリストとして働くことでした。ダニエルさんはPTSD(心的外傷後ストレス障害)に非常に苦しみ、外傷性脳障害及びいくつかのほかの戦争体験関係の症状を診断されました。


On June 10, 2013, Daniel wrote the following letter to his family before taking his life. Daniel was 30 years old. His wife and family have given permission to publish it.
2013年6月10日、ダニエルさんは命を絶つ前に家族に次のような手紙を書きました。彼は30歳。妻と家族はその手紙を公開することを許可しました。

_______________________________________letter-envelope-clip-art.jpg


I am sorry that it has come to this.
こうなってしまってごめんなさい。


The fact is, for as long as I can remember my motivation for getting up every day has been so that you would not have to bury me. As things have continued to get worse, it has become clear that this alone is not a sufficient reason to carry on. The fact is, I am not getting better, I am not going to get better, and I will most certainly deteriorate further as time goes on. From a logical standpoint, it is better to simply end things quickly and let any repercussions from that play out in the short term than to drag things out into the long term.
実際、私が覚えている限り、毎日起き上がるための意欲は、あなたが私を埋葬しなくても良いように、ということからでした。状態が悪化し続け、私は良くなりません。私は良くならないし、時が絶つごとに悪化することはほぼ確かです。論理的見地から、単に、すばやく事を終わらせ、そのどんな影響も長引かせるより短期間で果てさせることにこしたことはありません。


You will perhaps be sad for a time, but over time you will forget and begin to carry on. Far better that than to inflict my growing misery upon you for years and decades to come, dragging you down with me. It is because I love you that I can not do this to you. You will come to see that it is a far better thing as one day after another passes during which you do not have to worry about me or even give me a second thought. You will find that your world is better without me in it.
あなたはその時は悲しいかもしれないけれど、時を経て忘れ、進み始めるでしょう。これから何年も、何十年も大きくなるわたしの苦悩をあなたに負わせ、私と共にあなたを引きずり降ろしてしまうよりはずっと良いのです。私はあなたを愛しているから、そんなことはできないのです。あなたがわたしの心配したり、違う考えを言う必要さえなく、1日1日過ぎていくうちに、それがはるかに良いことだと分かるときが来るでしょう。あなたの世界に私がいないことが、よりよいものだと気がつくでしょう。


I really have been trying to hang on, for more than a decade now. Each day has been a testament to the extent to which I cared, suffering unspeakable horror as quietly as possible so that you could feel as though I was still here for you. In truth, I was nothing more than a prop, filling space so that my absence would not be noted. In truth, I have already been absent for a long, long time.
私は本当にがんばろうとしてきました。今では十年以上も。日々が、私がどれくらい気にかけているかということの証明でした。まるで私がまだあなたのためにここにいるのだとあなたが感じられるように、できるだけ静かに口にできないほどの恐怖に苦しんでいたのです。本当は、わたしはつっかい棒以外の何ものでもなく、わたしの不在が気付かれないために空間を埋めているだけでした。本当は、長い、長い間、私は既に不在だったのです。


My body has become nothing but a cage, a source of pain and constant problems. The illness I have has caused me pain that not even the strongest medicines could dull, and there is no cure. All day, every day a screaming agony in every nerve ending in my body. It is nothing short of torture. My mind is a wasteland, filled with visions of incredible horror, unceasing depression, and crippling anxiety, even with all of the medications the doctors dare give. Simple things that everyone else takes for granted are nearly impossible for me. I can not laugh or cry. I can barely leave the house. I derive no pleasure from any activity. Everything simply comes down to passing time until I can sleep again. Now, to sleep forever seems to be the most merciful thing.
私の体は檻、苦痛と終わらない問題の源以外の何ものでもありませんでした。最も強い薬でさえも鈍らせることができず、治癒することのない痛みを引きこしているのが、私が抱えている病気なのです。一日中、毎日、全神経で叫び声を上げる激しい苦痛がわたしの体で終結するのです。それはほとんど拷問です。私の心は荒れ地で、医師が敢えてくれる全ての薬を服用しても、信じがたい恐怖の光景で満たされ、終わらない憂鬱と、無力な不安で満たされています。他の皆が当然と思う単純なことが、私にはほとんど不可能なのです。私は笑うことも泣くこともできません。私はほとんど家を出ることができません。私は、どんな行為からも喜びを得るのに値しないのです。私が再び眠ることができるまでの全てのことは、時間の経過のみです。今、永遠に眠ることが最も慈悲深いことのように思われます。


You must not blame yourself. The simple truth is this: During my first deployment, I was made to participate in things, the enormity of which is hard to describe. War crimes, crimes against humanity. Though I did not participate willingly, and made what I thought was my best effort to stop these events, there are some things that a person simply can not come back from. I take some pride in that, actually, as to move on in life after being part of such a thing would be the mark of a sociopath in my mind. These things go far beyond what most are even aware of.
自分を責めてはいけません。真実は、単にこういうことです。---私の最初の派遣で、描写するのが困難なほど非道な行為に参加させられました。快く参加したわけではありませんでしたが、そして、それらのことを止めようという最善の努力をしたと私は思いましたが、そこから単に戻る事ができないということがあるのです。実際に、私はその様なことに加担した後、人生を続けるということについて、心の中で社会病質者の刻印となることに誇りを持っています。これらのことは、ほとんどの人が気付づく事を超えてはるか彼方まで行き着くのです。


To force me to do these things and then participate in the ensuing coverup is more than any government has the right to demand. Then, the same government has turned around and abandoned me. They offer no help, and actively block the pursuit of gaining outside help via their corrupt agents at the DEA. Any blame rests with them.
これらのことを私に強いること、そして隠蔽することに加担することを強いることは、あらゆる政府に求める権利があるということ以上のことです。そして、正にその政府が背を向けわたしを見捨てたのです。何の助けも申し出ず、外部からの助けを得る追求を、DEA(麻薬取締局)の邪悪なエージェントを介して積極的に妨害するのです。いかなる罪も彼らの責任です。


Beyond that, there are the host of physical illnesses that have struck me down again and again, for which they also offer no help. There might be some progress by now if they had not spent nearly twenty years denying the illness that I and so many others were exposed to. Further complicating matters is the repeated and severe brain injuries to which I was subjected, which they also seem to be expending no effort into understanding. What is known is that each of these should have been cause enough for immediate medical attention, which was not rendered.
更に、何度も何度も私を打ちのめす肉体的な病気が多数あります。そのことにも彼らは何の助けの手も差し伸べません。もし、彼らが私や、他の多くの人が曝されたその病気を否定することに20年間近くも費やさなければ、今までにいくらかの進展があったかもしれません。更に複雑なのは、私が被った繰り返し襲う深刻な脳障害を彼らがまた理解する努力を全くしていないように思われることです。これらそれぞれの症状は、直ちに医療手当てを受けるに十分な原因であるべきだと知られていることなのに、提供されなかったのです。


Lastly, the DEA enters the picture again as they have now managed to create such a culture of fear in the medical community that doctors are too scared to even take the necessary steps to control the symptoms. All under the guise of a completely manufactured “overprescribing epidemic,” which stands in stark relief to all of the legitimate research, which shows the opposite to be true. Perhaps, with the right medication at the right doses, I could have bought a couple of decent years, but even that is too much to ask from a regime built upon the idea that suffering is noble and relief is just for the weak.
最後に、医師たちがその症状を管理するのに必要な処置を取ることができないほど怯えさせるような、医療現場に恐れを抱かせる風潮を創り出すのを取りしきっているDEAがまた現れているのです。全ては完全に作られた「過剰に処方する流行」というみせかけの下、全く正反対のことを示している正規の調査全てに対する正真正銘の救済だとされているのです。おそらく、適時に適量の適切な薬が処方されれば、私は見苦しくない2年を送ることができたでしょう。しかし、苦悩がすばらしいことで、救済は弱いものだけのためであるという考えに立つ体制にいる者がそのように求めるには、多くを望みすぎるというものです。


However, when the challenges facing a person are already so great that all but the weakest would give up, these extra factors are enough to push a person over the edge.
しかしながら、人が直面している挑戦があまりにも大きくて、弱いもの以外の全ての人がギブアップするような時、これらの余剰な要因が人を淵の向こうへまで追い詰めてしまうのに十分なのです。


Is it any wonder then that the latest figures show 22 veterans killing themselves each day? That is more veterans than children killed at Sandy Hook, every single day. Where are the huge policy initiatives? Why isn’t the president standing with those families at the state of the union? Perhaps because we were not killed by a single lunatic, but rather by his own system of dehumanization, neglect, and indifference.
そうならば、毎日22人の退役軍人が自らの命を絶っているという最近の数字が示しているのは不思議なことでしょうか? サンディフックで殺害された子どもたちよりも多い数の退役軍人です。毎日です。巨大な政策イニシアチブはどこにあるのでしょう?なぜ大統領は一般教書にてこれらの家族と共に立ち上がらないのでしょう?おそらくそれは、ただ一人の精神異常者にではなく、むしろ非人間化、無視、無関心という彼自身のシステムに殺されたからなのかもしれません。


It leaves us to where all we have to look forward to is constant pain, misery, poverty, and dishonor. I assure you that, when the numbers do finally drop, it will merely be because those who were pushed the farthest are all already dead.
(そのシステムは、)私たち皆が楽しみにしなければならないのが、常なる痛み、苦悩、貧困、そして屈辱なのだという世界に私たちを取り残しているのです。(退役軍人自殺の)数が最後に落ちたとき、それは単に最も遠くまで追い詰められていた者たちがすでに死んでいるからにすぎないのだと断言します。


And for what? Bush’s religious lunacy? Cheney’s ever growing fortune and that of his corporate friends? Is this what we destroy lives for
何のために?ブッシュの宗教的狂気?チェイニー(ブッシュ政権副大統領)と彼の企業友人に更なる私腹を肥やさせるために?これが、私たちが命を破壊するための目的?


Since then, I have tried everything to fill the void. I tried to move into a position of greater power and influence to try and right some of the wrongs. I deployed again, where I put a huge emphasis on saving lives. The fact of the matter, though, is that any new lives saved do not replace those who were murdered. It is an exercise in futility.
それ以来、わたしは空虚感を埋めようとしてきました。わたしは、いくつかの間違ったことを正そうとすることにもっと権限と影響力を持てる地位へ上ろうとしました。私は再び命を助けることに多大な重点をおくことろに配属されました。しかし実際は、どんな救われた命も、殺害されたものたちと置き換えられることはないのです。それは、無用の行為です。


Then, I pursued replacing destruction with creation. For a time this provided a distraction, but it could not last. The fact is that any kind of ordinary life is an insult to those who died at my hand. How can I possibly go around like everyone else while the widows and orphans I created continue to struggle? If they could see me sitting here in suburbia, in my comfortable home working on some music project they would be outraged, and rightfully so.
そうして私は、破壊を創造に置き換えることを遂行していたのです。一時それで気が紛れましたが、長くは続きませんでした。実に、いかなる普通の生活を送ることも、私の手で死んでいった者たちへの侮辱です。どうすれば、私が創り出してしまった未亡人や孤児たちが苦しみ続けている時に、他の人たちのように暮らすことができるでしょう?もし私が郊外で、心地よい我が家で、音楽のプロジェクトに取り掛かっているのを彼らが見たら、激怒するでしょう。それが当然なのです。


I thought perhaps I could make some headway with this film project, maybe even directly appealing to those I had wronged and exposing a greater truth, but that is also now being taken away from me. I fear that, just as with everything else that requires the involvement of people who can not understand by virtue of never having been there, it is going to fall apart as careers get in the way.
私は、このフィルムプロジェクトで少し前進することができるかもしれないと思っていました。おそらく、私が非行をしてしまった人たちに直接訴えかけ、大いなる真実を曝すことで。。しかし、それも今は私から奪われてしまいました。私は、美徳など決して存在しないと、善意を理解できないものたちと関わっていなければならない他のすべてのことのように、職業に阻まれるにつれ、それ(美徳)がばらばらになることが恐ろしいのです。


The last thought that has occurred to me is one of some kind of final mission. It is true that I have found that I am capable of finding some kind of reprieve by doing things that are worthwhile on the scale of life and death. While it is a nice thought to consider doing some good with my skills, experience, and killer instinct, the truth is that it isn’t realistic. First, there are the logistics of financing and equipping my own operation, then there is the near certainty of a grisly death, international incidents, and being branded a terrorist in the media that would follow. What is really stopping me, though, is that I simply am too sick to be effective in the field anymore. That, too, has been taken from me.
私の心に浮かんだ最後の想いは、最後の任務の1つでした。私が生き死の規模に値することをすることにより、ある種の執行猶予を見出だすことができたのは、本当です。自分の腕、経験、殺人者の本能を使い、何か良い事を考えるというのは良いことである一方で、現実的でないというのも真実です。まず、財政のロジスティックがあり、自分の作戦に装備し、そして、ほぼ確実な陰惨な死であり、国際的事象、メディアがテロリストというブランドで追うようなもの。しかし、私を本当に止めるのは、その現場で効果的に働くには、もはやあまりにも弱っているということです。


Thus, I am left with basically nothing. Too trapped in a war to be at peace, too damaged to be at war. Abandoned by those who would take the easy route, and a liability to those who stick it out—and thus deserve better. So you see, not only am I better off dead, but the world is better without me in it
このように、わたしには基本的に何も残されていません。平和であるための戦争にあまりにもはまり、戦地にいるためにあまりにも傷ついたのです。安易な道を行く、最後まで頑張り、それゆえに今よりは良い境遇に値する者へ責任のあるものたちには見放されました。なので、私が死んでしまった方が良いだけでなく、わたしのいない世の中の方が良いのだということが分かるでしょう。


This is what brought me to my actual final mission. Not suicide, but a mercy killing. I know how to kill, and I know how to do it so that there is no pain whatsoever. It was quick, and I did not suffer. And above all, now I am free. I feel no more pain. I have no more nightmares or flashbacks or hallucinations. I am no longer constantly depressed or afraid or worried
こうして、私は実際に最後の任務を遂行することにしました。自殺ではありません。慈悲の殺害です。私は殺害の仕方を知っています。痛みなど何もなくする方法を知っています。それはすばやく、私は苦しみませんでした。そして何よりも、私は今自由です。もう、何の痛みも感じません。もう悪夢も、フラッシュバックも、幻覚を見ることもありません。私はもはや、常に憂鬱になったり怖がったり、不安になったりしないのです。


I am free.
私は自由です。


I ask that you be happy for me for that. It is perhaps the best break I could have hoped for. Please accept this and be glad for me.
そんな私を、あなたに幸せだと感じて欲しいです。これはおそらく、私が望んできた最善の休息でしょう。どうかこのことを受け入れ、わたしのことを嬉しく思ってください。

Daniel Somers





最悪な間違いだった...(目覚めはじめたアメリカ兵)



動画の文字おこしはこちら



良心があるから


苦しみの底に置き去りにされ


生きていけない。。




そんな世の中を


終わらせたいと思いませんか?




関連記事
スポンサーサイト

最悪の状況~長崎原爆のプルトニウムを作ったハンフォード施設

 2013-06-25
Worst Hanford tank may be leaking into soil
核廃棄物タンクが土壌に漏洩しているかもしれない最悪のハンフォード





by SUSANNAH FRAME / KING 5 News

Posted on June 21, 2013 at 4:54 AM
Updated Friday, Jun 21 at 8:11 PM


hanford2.jpg


The first ever double-shell tank to have leaked at Hanford may be in far worse condition than anyone imagined. Hanford workers conducting routine maintenance on the tank, known as AY-102, Thursday were shocked to find readings of radioactivity from material outside the tank. Until now leaked nuclear sludge had only been detected in what's known as the tank's annulus -- the hollow safety space between the tank's two walls.
ハンフォードで初めての二重タンクの漏洩は、想像されているよりもはるかに状況が悪化しているかもしれません。AY102として知られているタンクの定期メインテナンスを行っているハンフォード作業員たちは、タンクの外の物質から測定された線量を見て衝撃を受けました。今までは、漏洩した泥状の核廃棄物はタンクのアニュラス--タンクの2つの壁の間のくぼんだ安全空間--として知られているものの内部でだけ検出されていたのです。


hanford3.jpg


The tank has been at the center of a KING 5 investigation for months. The underground carbon steel vessel holds 865,000 gallons of the most chemically contaminated, thermally hot, corrosive and radioactive material at the site.
そのタンクの何ヶ月にも渡る問題はキング5(ニュース)の調査の中心にありました。地下にあるカーボンスチール容器には、86万5000ガロン(2,722トン)のハンフォード・サイトで最も化学物質で汚染され、熱量の高い、腐蝕性の、放射性物質が納められています。


The U.S. Department of Energy, in a unique move, issued an email late Thursday night about the turn of events.
アメリカエネルギー省(DOE)は、その予想外の展開について、木曜日の夜遅くEメールを出すという異例の行動にでました。


"On Thursday, June 20, 2013, workers detected an increased level of contamination during a routine removal of water and survey of (AY-102's) leak detection pit...The source of contamination is not yet verified, but may be an indication of a leak from the AY-102 tank’s secondary containment," wrote Lori Gamache, spokesperson for the DOE's Office of River Protection (ORP) in Richland.
「2013年6月20日、木曜日、作業員たちが定期的な水の除去と(AY102の)漏洩を検出するクボミの調査をしている間に、汚染レベルの上昇を検出しました。。。汚染源は特定されていませんが、おそらくAY102タンクの外側の容器からの漏洩を示唆していると思われます。」とリッチランドのDOE、河川保護部のスポークスマン、ローリー・Gamacheが書いています。


hanford4.jpg


The leak detection pit is located underneath the massive tank and has contact with the soil.
その漏洩を検出するクボミは巨大タンクの下にあり、土壌と接触しています。


Just last week the Dept. of Energy submitted a detailed guide to the state of Washington on how to handle AY-102's leak in what's called the government's "pumping plan." The plan calls for the tank to be pumped of its contents by the year 2019. An initial review of the course of action appeared inadequate to state officials. State and federal law call for a leaking nuclear waste tank to be emptied and deemed unusable within 24 hours, or "whatever is practicable" of the detection of a leak.
一週間前にエネルギー省は、政府のいわゆる「揚水計画 」の中で、AY102の漏洩の取り扱い方法についてワシントン州に対して詳細に渡る手引きを提出したばかりです。その計画では、2019年までにタンクの内容物をポンプでくみ上げることを求めています。工程表を最初に見直した際、明らかに州の担当者にとっては不適切なものでした。州と国の法律では、核廃棄物が漏洩しているタンクは全て空にして、24時間以内に使用を止めることが求められているのです。


Now that the tank's condition may be far worse than previously known, state and federal officials are on the fast track to find solutions.
今では、そのタンクの状況は、以前知られていたよりもかなり悪化しているかもしれず、州と国の担当者は、一刻も早く解決策を探そうとしています。


"ORP has notified the Washington state Department of Ecology and U.S. Environmental Protection Agency, and convened an engineering analysis team to conduct additional sampling and video inspection to further assess the elevated radiation levels and determine the source of the contamination," said Gamache.
「河川保護部は、ワシントン州の自然環境省とアメリカ環境保護庁に通知し、高い放射線レベルの査定と、汚染源の特定のための更なるサンプル検査とビデオ調査を行うよう、技術分析チームを召集した。」とGamache氏は述べました。


The KING 5 Investigators, in a multi-part investigation, "Hanford's Dirty Secrets" exposed that the federal government's contractor in charge of all 177 underground storage tanks at the site, Washington River Protection Solutions (WRPS), failed to investigate scientific evidence of the leak for nearly a year before conducting a thorough inspection in August 2012. Despite signs of the leak and advice from veteran employees that the tank was compromised and leaking nuclear by-products in 2011, WRPS and the DOE made the leak public in October 2012.
キング5の調査員たちは、多角的な調査の中で、「ハンフォードの汚れた秘密」を暴きました。現場の177基の地下貯蔵タンクを担当する政府と契約を結んでいるワシントン州河川保護コンサルタント(WRPS)が、2012年8月に徹底的な調査が行われる前のほぼ1年間、漏洩の科学的証拠について調査しなかったのです。漏洩の徴候と、そのタンクが危険に曝され核副産物が漏洩しているという2011年のベテランの従業員の忠告にも関わらず、WRPSとDOEは2012年10月までその漏洩のことを公表しなかったのです。


hanford1.jpg


In addition, KING 5 revealed WRPS wasted millions of tax dollars on the tank during the months signs of the leak were discounted by managers. Instead of confronting evidence that the tank was broken, WRPS forged ahead with engineering, design, and equipment procurement work to upgrade the tank to eventually be a waste feed delivery source to the site's Waste Treatment Plant. Now that work is useless because of the tank's condition.
それに加え、キング5は、WRPSがそのタンクに何百万ドルもの税金を無駄に使っていた何ヶ月もの間、管理者たちが、漏洩の徴候を無視していたことを明らかにしました。そのタンクが破損しているという証拠と向き合わずに、WRPSはタンクのアップグレードのための技術、設計、設備の調達作業おわれ、結局は廃棄物処理場への財源が無駄に終わってしまったのです。タンクの状況を考えれば、今ではその作業は役に立たないものです。


On Wednesday the Obama administration's top environmental boss, Secretary of Energy Ernest Moniz, visited Hanford for the first time since his confirmation to see first-hand the country's most contaminated site. He assured reporters before his tour that the AY-102 leak was safely contained in the annulus and that the leak had not grown. Photos of the leaked toxic sludge obtained by KING 5 on Thursday showed an increase of bright green, wet leaked material from what had been documented by workers the week before.
水曜日にオバマ政権の環境問題のトップ、エネルギー省長官、アーネスト・Monizがアメリカで最も汚染されている現場を見に、役職について以来始めてハンフォードを訪れました。そこへ行く前に彼は、AY102の漏洩はアニュラス内に安全に収められていて、悪化していないのだとレポーターに請合いました。


hanford5.jpg

キング5が木曜日に入手した漏洩した猛毒の汚泥の写真は、先週作業員により記録されたものから漏れた、明るい緑色の湿った物質が増えていることを示していました。

hanford6.jpg


AY-102 is one of 28 double shell underground nuclear storage tanks at Hanford. These are newer, sturdier tanks than the older single shell tanks at the site, six of which are known to currently be leaking nuclear waste into the environment. The double-shell tanks were hoped to be a saving grace for Hanford -- a way to safely contain 56-million gallons of waste from decades of plutonium production until the treatment plant was finished.
AY102はハンフォードにある28の地下核廃棄物貯蔵二重タンクの1つです。これらはそのサイトにある古い一重タンクより新しく頑強なものです。現在、6基の一重タンクから環境に核廃棄物が漏れ出していていることが分かっています。二重タンクはハンフォードを救ってくれるものと思われていました。何十年にも渡るプルトニウム精製から出た5600万ガロン(176,233トン)の廃棄物をその処理場が閉鎖されるまで安全に収める方法として。


That plant is riddled with technical problems and cost overruns. It's uncertain when or if the current planned plant will be operational.
そのプラントは技術的問題と経費超過で難題だらけです。いつ、あるいは現在のプラントが稼動するのかどうかについては不確かです。


~*~*~*~*~*~*~


hanford8.jpg

「なぜ、このことがそんなに心配なのか?

正にこの漏洩しているタンクは、ハンフォード施設で最悪のものだからです。

最も放射能レベルが高く、最も化学物質で汚染されている廃棄物です。

土壌、地下水、特にコロンビア川に最も漏れて欲しくない物が、このタンクの中にあるのです。」




Tony Carpenter, executive director of the Seattle-based advocacy group Hanford Challenge: "This is really, really bad. They are going to pollute the ground and the groundwater with some of the nastiest stuff, and they don't have a solution for it."
ハンフォード・チャレンジのトニー・カーペンター氏
「これは本当に、本当にまずいです。土壌、地下水を最も汚れたもので汚染することになります。そして、彼らに解決策がないのです。」


Hanford



Mike Geffree, who works for contractor Washington River Protection Solutions, spoke about radioactivity measurements in water samples: "Anything above a 500 count is considered contaminated and would have to be disposed of as nuclear waste." The count from the pit of the leaking tank, the AP reports, was 800,000.
WRPSのマイク・Geffree氏は水のサンプルの放射能測定について話しました。
「500CPM以上のものは汚染されているとみなされ、核廃棄物として処理されなければなりません。」

・・・この漏洩しているタンクでは、80万CPMが測定されています。

hanford7.jpg




福島で行われている除染の効果について向き合わずに、


貴重な税金をこれ以上無駄なことに注がれることがないとよいのですが。。。




税金が注がれる先には、


まるで、全く別の目的があるようです。。。




関連記事

被曝の基準~日本赤十字の場合

 2013-06-18
Red Cross radiation limit for relief workers too low, say critics
赤十字救助員の被曝限界が低すぎるという批判


June 13, 2013

By YURI OIWA/ Staff Writer


rc.jpg


The Japanese Red Cross Society has established a guideline for medical workers that sets an accumulated radiation dose limit of 1 millisievert for relief activities, although experts have said the ceiling is too low to allow workers to provide ample assistance to disaster victims.
日本赤十字は医療救助要員に対し、救助活動での積算被曝量の限界を1ミリシーベルトと設定するガイドラインを設けました。しかし、専門家は、被災者に対して十分な援助をするには、その限界が低すぎると言います。


"Radiation doses above 1 millisievert have no health effects," said Yasushi Asari, a professor of emergency medical care at Hirosaki University. "There is no need for medical workers to use that threshold."
「1ミリシーベルトを超える被曝量が健康に与える影響は全くありません。」と弘前大学、緊急医療のアサリ・ヤスシ教授は言います。「医療救助員がその敷居値を使う必要な全くないのです。」


Masahito Yamazawa, director-general of the Red Cross nuclear disaster preparedness task force, said during in-house discussions there were arguments for and against the 1-millisievert threshold. But the Red Cross determined that a 1-millisievert limit would still allow its workers to engage in relief activities in zones with high radiation levels because each relief mission usually lasts only up to a week, Yamazawa said.
赤十字原子力災害へ備える特別委員会の会長であるヤマザワ・マサヒト氏は、内部の話し合いで、1ミリシーベルトの敷居値については議論があったのだと述べました。しかし、赤十字は高線量地域での救済活動に携わる要員には、1ミリシーベルトの限界までは許すという決定をしました。それぞれの救済ミッションは通常1週間だけだからなのだと、ヤマザワ氏は話しました。


red cross jpn


One millisievert is the legal annual dose limit for members of the public during normal times.
1ミリシーベルトは通常時における一般人が法的に定められている年間線量限界です。


Yamazawa added that allowances were also made for the fact that its medical relief squads include clerical workers.
ヤマザワ氏はこの許容量が、事務要員を含む医療救済団について定められたものでもある、と付け加えました。


"We have created the guideline out of a positive desire to help victims during a nuclear disaster," Yamazawa said. "We will use it as a platform for further improvements if the need arises."
「私たちはこのガイドラインを原子力災害が起こっている時に、被災者を救済したいという積極的な想いから作りました。」とヤマザワ氏は言います。「必要が生じたときには更なる改善のための綱領としてこれを使用します。」


Providing relief to disaster victims is one of the legally defined duties of the Japanese Red Cross Society. It has organized more than 500 relief squads across Japan, each squad comprising one medical practitioner, three nurses, one driver and one clerical worker.
災害時の被災者への救済は、赤十字に法的に定められた義務の一つです。赤十字には日本中に500以上の救済団が編成されています。それぞれの救済団は、1人の医師、3人の看護婦、1人の運転手に1人の事務員で構成されています。


Japanese Red Cross relief units fulfilled a total of 900 missions in communities ravaged by the 2011 Great East Japan Earthquake. However, initially they were unprepared for a nuclear disaster, and that created a vacuum of relief squads in Fukushima Prefecture during the early stages of the crisis at the Fukushima No. 1 nuclear power plant.
日本赤十字の救済団は、2011年の東日本大震災によって破壊された市町村で合計900のミッションを果しました。しかしながら当初赤十字は原子力災害への備えがなく、福島第一原発の危機の初期には福島での救済団の欠如を招きました。


Red Cross officials said they learned from that experience and decided to create the new guideline for nuclear disaster relief activities.
赤十字の職員は、その経験から学び、原子力災害時の救済活動のガイドラインを作成することにしたのです。


The guideline says relief squad members should carry dosimeters and iodine tablets at all times, and retreat to safety whenever they are in danger of being exposed to more than 1 millisievert in accumulated radiation. It also says relief workers should keep clear of zones that are off-limits to residents.
ガイドラインには、救済団は常に線量計とヨウ素剤を携帯し、積算線量1ミリシーベルトを超える被曝の危険性にある場合は、どんな場合でも安全な場所へ退去するべきだ、と書かれています。また、救済団は住民が立ち入りできない地域へは立ち入るべきではない、とされています。


Shigenobu Nagataki, professor emeritus of radiology at Nagasaki University, said the new Red Cross' ceiling is too low and could compromise relief activities.
長崎大学の放射線学名誉教授のナガタキ・シゲノブ氏は、赤十字の限界値が低すぎて、救済活動が損なわれる可能性があると言います。


"It is the mission of medical workers to help those who are injured or ill. They should not be allowed to leave assistance for patients in no-entry zones to the Self-Defense Forces, police and firefighters alone," said Nagataki, who serves on an expert panel that advises the prime minister's office on nuclear disasters. "The 1-millisievert annual dose limit for members of the public at normal times is too low to be used in disaster relief activities."
「負傷者や病人を助けるのが医療要員のミッションです。立ち入り禁止地区にいる患者の支援を自衛隊や消防団だけに委ねるべきではありません。」と原子力災害時に首相に助言する専門家パネルの役割を果すナガタキ氏は言います。「通常時の住民の年間1ミリシーベルトの限界は、災害救助活動の際に使うには低すぎます。」

赤十字のガイドラインは、年間1ミリシーベルトではなく、通常1週間のミッションにつき1ミリシーベルトですが。。。


Nagataki and other radiation experts are concerned that the Red Cross guideline could set an example for Japan's 1,150 health ministry-certified disaster medical assistance teams and other similar squads.
ナガタキ氏や他の放射線専門家は、赤十字のガイドラインが日本に1150ある厚生省認可の医療支援チームや他の同じような医療団の先例となりかねないと懸念しています。





"If everyone follows the Red Cross standard, that could create confusion in evacuation processes for patients and elderly citizens in off-limit zones," Nagataki said. "That could cause a repeat of what happened in Fukushima."
「もし皆が赤十字の基準に従ったら、立ち入り禁止地区にいる患者や年配の市民の避難過程に混乱を招きかねません。」とナガタキ氏。「それは、福島で起こったことを繰り返すことになる可能性があります。」







福島原発の爆発時は情報が錯乱し、


むしろ致命的に欠如し、


正確な線量も、風向きも


メルトダウンが起こっていたことも


隠蔽されたままでの活動でした。



福島で起こったことが繰り返されるとすれば、

また、情報が隠蔽されたときです。



日本赤十字のスタンダードは正に

Positive Desire to help victims


という強い信念のもとに、


誰かを救助する場合は、まず、自分の安全を確保する


という原則を最大限に譲歩したものと感じます。




正に、他の医療団には、この基準を限度として検討していただきたいものです。




そもそも、この基準で救助できないほどの災害を想定しなければならないことの方が

間違ってはいませんか?




この基準は、


災害時のものであり、


核爆弾が落とされるというような戦争時のものではないのです。



この件についての赤十字のニュースはこちら



『原子力災害発生時には、地方公共団体から「緊急被ばく医療機関」に指定されている原子力発電所近隣の赤十字病院などが、国・地方公共団体からの要請に基づき、緊急被ばく医療活動を実施していくこととしています。』



むしろ、この分野でこれから大きな役割を果たして欲しいと思います。


中立的な独立機関の誠実な透明性のある医療が最も必要とされています。



関連記事

核のない世界を

 2013-06-14




2009年に、オバマ大統領は世界に向けて、私たちが直面している差し迫った脅威に向き合うように呼びかけました。


「今日、はっきりと、信念をもって、アメリカが核兵器を持たずに世界の平和と安全を追求することを約束する、ということを私は明言します。」



核兵器のない世界。


これは、あらゆるところの人々にとって重要です。


これらの核兵器の拡散を止めることはできない、阻止することはできないと議論する人がいます。


その様な宿命論は致命的な敵です。


もし、核兵器の拡散が避けられないと考えるのなら、


つまり、自分たちが核兵器の使用が避けられないということを許すことになります。



協力を求めることを非難することは容易なことですが、卑劣なことでもあります。


そうやって戦争が始まるのです。


そこで、人間の発展が終わるのです。



でも間違ってはいけません。


平和の追求に失敗したら、もう、永遠に手が出せません。


永遠に手が出せないのです。


永遠に。




忍耐と粘り強さが必要です。


しかし、私たちは世界を変えることなどできないのだという人の声を無視し萎えればなりません。


人間の運命は私たちが作るのです。


私たちが作るものなのです。




私たちの希望に基づき、分裂に橋を渡そうではないですか。


この世界をもっと繁栄した、もっと平和なものにするという自分たちの責任を認めようではないですか。


私は、


ゼロ


を要求します。


ZERO!




zero.jpg

「世界はこれらの兵器の拡散を防止するために立ち上がらなければなりません。」




今がその時です。


あなたも参加しましょう。



On June 17-18 , Presidents Obama and Putin will meet on the side of the G8 Summit, with cutting nukes on the agenda. We must stand together for a world without nuclear weapons. Join the Global Zero movement and demand zero!
6月17,18日にオバマ大統領と、プーチン大統領がG8サミットで核削減の議題で会合します。核兵器のない世界のために共に立ち上がらなければなりません。グローバル・ゼロ、ゼロ要求に参加しましょう。



署名は、こちら


関連記事

母の卒業式

 2013-06-13
息子たちの通常の授業はどうやら終わったようで、

ボア君が来週2科目テストがあるだけで、

ラビ君は事実上夏休みに突入!



ボア君が5年前にセカンダリースクールに入学してから一度も見たことなかったから・・



NMS_0122B.jpg



今年はラビ君も加わったホッケーアカデミーの一人授業参観をしてきました。


DSC_0208B.jpg


2人が同じアイスでホッケーをするのを見ることはめったになかったし。。


DSC_0181B.jpg


ボア君のホッケーは、これが見納めかもしれない。。。





かと思うと、





ボア君が3年生の時に初めてホッケーを始めたときからのいろいろなことが

IMG_0286B.jpg


走馬灯のようによみがえってきて。。。



DSC_0084B.jpg


なんか、じ~ん。。としてしまうのでした。。


Picture1_20130614134234.jpg


始めたときからは考えられないくらい


上達したよ!ボア君!!!



これで、私は


ボア君のホッケーママは卒業です。


ちょっと寂しいけど。。



かなり嬉しい!!!!かも!




関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 20歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 17歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 8歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事

カテゴリ
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。