チェルノブイリ-ふくしま。。未来。。。

 2013-04-25
voice_of_russia_logo.jpg


Chernobyl, Fukushima – what next?
チェルノブイリ、福島。。。次は?



RIA-051747-Preview_jpg_1000x297x1.jpg


April 26 is the International day in memory of the Victims of Radiation Accidents and Catastrophes. On this day in 1986, one of the most powerful catastrophes in history – an explosion at the nuclear power plant in the Ukrainian town of Chernobyl – took place. This tragedy made people start thinking whether nuclear power plants should be used at all in the future.
4月26日は放射能の事故と惨事の犠牲者を偲ぶ国際的な日です。1986年のその日、歴史上最も衝撃的な惨事のうちの一つ-ウクライナの町、チェルノブイリにある原発での爆発-が起こりました。この悲劇は将来、原子力発電所を使うべきなのかどうかを人々に考えさせ始めました。


The first nuclear power plants appeared more than 50 years ago. This solved the problem of lack of energy in many countries. Besides, at that time, nuclear power plants were believed to be much safer for ecology than some old ways of producing energy. For example, in France, at present, 75% of electric energy is now being produced by nuclear power plants. As a result, emissions of carbon dioxide reduced 12 times compared with the time when the main source of power was burning coal.
初めて原子力発電所が出現したのは、50年以上前のことです。多くの国でエネルギー不足の問題を解決しました。そのころはまた、原子力発電所が古い発電方法より、生態環境にとってもかなり安全なのだと信じられていました。例えばフランスでは、発電の75%が今では原発からのものなのです。結果として、主に石炭を燃やして発電していた時と比べると、二酸化炭素の排出が12倍減りました。


However, the picture is not that idyllic as it may look at first sight. Nuclear power plants are safe for ecology only if they work without accidents – and about 400 accidents of various degrees of severity have taken place at nuclear power plants in various parts of the world within this half a century. The most severe ones were the Chernobyl accident and the accidents at power plants at Three Mile Island in the US in 1979 and in Fukushima, Japan, in 2011. Some experts say that emission of radioactive substances as a result of the Fukushima accident was 20 times higher than it was in Chernobyl.
しかしながら、最初に描いていたものほど素晴らしいものではありません。原発は事故がなく稼動している場合にだけ生態環境とって安全なのです。-そしてこの半世紀の間に、世界中の原発で様々なレベルの事故が400回起きました。最も深刻なものはチェンルノブイリの事故、1979年のアメリカのスリーマイル島、2011年の福島の原発で起きたものです。幾人かの専門家たちは、福島の事故の結果起きた放射性物質の放出は、チェルノブイリの20倍多いものだと言います


article-0-1975B13E000005DC-674_964x657.jpg


The reasons of the accidents at Three Mile Island, in Chernobyl and in Fukushima were different. However, experts have already examined all the three accidents to the smallest details.
スリーマイル島、チェルノブイリ、福島の事故の原因は違います。しかしながら、専門家たちが3つの全ての事故を、詳細に渡り調べました。


Russian expert in energy Sergey Pikin says:
ロシアのエネルギー専門家、Sergey Pikinはこのように言います。


"One lesson can be drawn from these accidents – that mankind so far cannot protect itself from the consequences of industrial catastrophes. People should try to find a way to prevent such catastrophes. All the possible risks should be taken into account."
「これらの事故から引き出された1つの教訓-人類は今のところ産業惨事がもたらした結果から自らを守ることができていません。人々は、その様な惨事を防ぐ方法を見出す努力をするべきです。可能性のある全てのリスクが考慮されるべきです。」


At present, in total, there are about 440 to 450 nuclear reactors at power plants in various part of the world. Besides, more than 60 reactors are currently being built. However, after the Chernobyl tragedy, discussions started whether people should use nuclear power plants at all. Within the nearly 30 years that have passed since the Chernobyl accident, these discussions have already calmed down, but they started again after the accident in Fukushima. Now, people are looking for some alternative ways of producing electric power.
現在のところ、世界のいたるところに原発に合計で約440-450の原子炉があります。そのほかに、60以上の原子炉が現在建設中です。しかしながら、チェルノブイリの悲劇の後、原発を持つべきかどうかの議論が始まりました。チェルノブイリ事故からほぼ30年が経って、それらの議論は既に静まり、福島での事故の後、また始まりました。今、人々はいくつかの代替の発電方法を模索しています。


The Editor-in-Chief of the Russian magazine “Atmnaya Strategiya” (“Nuclear Strategy”) Oleg Dvoynikov says:
ロシアの雑誌「原子力戦略」の編集長は以下のように述べています。


"Of course, there are several alternative ways of producing electric power besides nuclear power plants. Electric power may be produced from coal or with the help of steam engines. However, I don’t think that even with these alternative ways, people should totally reject from nuclear power plants. Experts find it quite possible to have about 1,000 nuclear reactors in the entire world. Most probably, new nuclear reactors will still be built in the world at least within the next 30 or 40 years. But this creates the problem of how to utilize nuclear waste."
「もちろん、原発以外に代替の発電の方法がいくつかあります。電力は石炭、あるいは蒸気エンジンを使い発電できるかもしれません。しかし、これらの代替方法を持っても、原子力発電所を完全に拒否するべきではないと思います。専門家たちは、全世界の原子炉がおよそ1000に達する可能性を見出しています。おそらく少なくとも30-40年以内にまだ新しい原子炉が建設されるでしょう。しかしそうすることで、核廃棄物をどのように利用するのかという問題を生み出すのです。」



On April 26, rallies to commemorate the victims of the Chernobyl catastrophe will take place in several cities and towns of Russia, Ukraine and Belarus – mainly, in those that suffered from the accident most of all.
4月26日には、ロシア、ウクライナ、ベラルーシといくつかの都市、主に最も事故の被害に苦しんでいるところでチェルノブイリ惨事の犠牲者を思い起こす集会があります。


In 10 countries of Europe, a series of events under the motto "For the future after Chernobyl and Fukushima" will take place. These events will include meetings with liquidators of the consequences of the Chernobyl catastrophe, who risked their health to eliminate the deadly radiation.
ヨーロッパの10カ国で、「チェルノブイリと福島後の未来のために」というモットーを掲げていろいろなイベントが開催されます。これらのイベントは命取りの放射能を排除するために自分たちの健康を危険に曝したチェルノブイリの事故処理をしたリクビダートルたちとの会合も含まれています。


Mikhail Aristov





C3.jpg
26/04/1986
チェルノブイリ





C1.jpg

「お医者さんは私たちが住んでいるところの放射線レベルがすごく高いからって言います。だから私の体はこんなに悪いって。」



C2.jpg

「32人いたんだ。たった4人しか生き残っていない。」



C4.jpg

死の市町村の数 76



C5.jpg

NO MORE チェルノブイリ

NO MORE ふくしま




関連記事
スポンサーサイト

福島から2年経って。。

 2013-04-22
abc_australia_logo.jpg


Fukushima, Two Years On
福島から2年


First published:Monday 22 April 2013 7:23AM
By:Roger Pulvers

Roger Pulvers, a regular visitor to Japan describes the secrecy over personal losses, damage to the environment, decontamination costs and harm to the health of maintenance workers
定期的に日本に足を運ぶロジャー・パルバースが描く、個人の損失、環境への損傷、除染費用、原発作業員の健康への害についての秘密主義



Roger Pulvers

There are now three Tohokus. And there have been since the afternoon of 11 March 2011.
3つの東北があります。そして2011年3月11日から2年です。


One part of that region of northeastern Honshu, Japan, comprises districts not directly affected by that day’s Great East Japan Earthquake or the huge tsunami it triggered. A second is the coastal areas that were inundated or destroyed. The third is the villages and towns in Fukushima Prefecture affected by radioactive contamination from the Fukushima No. 1 Nuclear Power Plant.
日本の本州、東北地方の一部には、東日本大震災、地震により引き起こされた大津波に直接被害を受けなかった地域もあります。2つ目は、水浸しになり崩壊された海岸地域、3つ目は福島第一原発からの放射性物質の汚染による被害を受けた福島県の市町村です。


Despite these demarcations, however, the entire Tohoku region and, in a sense, all Japan has been contaminated by radioactivity or the fear of contamination now and in the future.
しかしながら、これらの区分があるものの、東北地方全体が、ある意味日本全てが放射能物質により汚染されてしまったか、現在、あるいは将来汚染される恐れがあります。


I have been travelling regularly to Tohoku since 1969, and my most recent trip was in March 2013, when I went to the lovely seaport town of Miyako in Iwate Prefecture. Whenever I’ve been to the disaster zone in the past two years, the first thing I always seem to notice is the birds. This time I saw buzzards and hawks, white herons and crows and what looked like a family of swans in an empty lot, likely to have come down from Siberia to overwinter in Japan. Empty nests were all about, some in trees and others under the eaves of abandoned buildings. The birds seem oblivious to the calamity that changed the lives of all animals on the ground after 11 March 2011. But Miyako is far outside the zone of radioactive contamination.
私は1969年から定期的に東北に足を運んできました。そして最近赴いたのは、岩手県の美しい港町、宮古に行った2013年3月でした。ここ2年、被災地に行くといつも最初に目にするのは鳥たちです。今回は、ノスリとタカ、シラサギとカラス、そして冬を日本で越すためにシベリアからわたってきたと思われる白鳥の家族のような鳥たちが空っぽの土地にいるのを見かけました。空っぽの巣があちこちにあります。木の中に、廃墟になった建物の軒天に。。鳥たちは、2011年3月11日以後地上の全ての動物たちの生活を変えてしまった惨事を忘れているようです。しかし、宮古は放射能汚染地域からはかなり外側にあります。


Miyako has incorporated several villages into its city limits, giving it a population of almost 60,000. One of those villages is Taro, a location hit particularly hard by the tsunami. Taro had built two 10-metre-high seawalls, completing them in 1958 and reinforcing them in 1966. But at Taro the tsunami reached 12 metres in height. It struck land there at 3.25 pm, about 40 minutes after the earthquake. People there say that they put too much store in their seawalls and that caused many to delay their escape. Two hundred people, nearly 5 per cent of Taro’s population, perished in the tsunami, despite the fact that they had ample time to get out of harm's way.
宮古は市の境界に至るまでいくつかの村が含まれて、人口がほぼ6万人になっています。そのうちの一つは田老です。津波に酷く襲われた場所です。田老には、高さ10mの防波堤が建てられていました。1958年に完成し、1966年に強化されました。しかし田老では、津波の高さが12mに達しました。津波はその土地を午後3:25に襲いました。地震の約40分後です。防波堤にあまりにも自信があったので、多くの人が逃げ遅れてしまうことになったと人々は言います。津波から逃れる時間が十分あったという事実にもかかわらず、田老の人口のほぼ4%である200人の人たちが津波で命を落としたのです。


The walled embankments at Miyako were similarly useless. The frequently shown scene of black water carrying cars over an embankment, which many listeners may have seen on YouTube, was filmed at Miyako.
宮古の防波堤はただ役に立ちませんでした。よく皆さんがYouTubeで目にしたことがあるような、頻繁にでてきた黒い水が車を堤防を越えて流していく場面は、宮古で撮影されたものです。


4632016-4x3-340x255.jpg


Today, large sections of the city are a wasteland. Enormous piles of rubbish have been collected at the wharf and at the baseball stadium. The train line has been shut down, and I was told it is not to be reopened. Travelling by road is now the only way to and from this part of the once famously scenic Sanriku Coast.
今日、宮古市の広大な地域が荒野となっています。大量の瓦礫が埠頭や野球場に集めらました。電車は不通となり、再開する予定はないと聞きました。かつては展望で有名だった三陸海岸へは、車で行き来するのが今ではたった一つの方法です。


In Miyako I visited the Akamae Kindergarten for an NHK television show. The children performed a play, and the teachers, each holding a flower in her hand, sang the NHK Tohoku Recovery Song, 'Flowers Will Bloom'. This song is full of hope, with its message, 'Flowers will bloom, yes they will, yes they will, for you who are yet to be born.'
宮古で、わたしはNHKの番組のためにアカネ幼稚園を訪れました。子どもたちは劇を演じ、先生たちは花を手にNHK東北復興の歌「花は咲く」を歌っていました。この歌の、「花は、花は、花は咲く。いつか生まれる君に」というメッセージには希望が詰まっています。





But the thing that distinguishes this district of Tohoku from those contaminated by radioactivity is the heroic attempt to bring life back to normal. At least there is hope in the uncontaminated zones for 'you who are yet to be born.'
しかし、東北のこの地域が、放射能で汚染された地域と違うのは、生活を元に戻すという英雄的な試みです。少なくとも汚染されていないその地域には、「いつか生まれる君に」希望があるのです。


Contrast this with the situation in the regions where, despite Prime Minister Shinzo Abe's assurances, radiation levels are higher than those at Chernobyl.
安倍晋三首相の請け合いにもか変わらず、放射能レベルがチェルノブイリより高い地域の状況は、これとは対照的です。


Of the approximately 160,000 evacuees from the exclusion zone, an area encompassing villages and towns within a 20-kilometre radius of the Daiichi Nuclear Power Plant, not a single one has been compensated in full for losses caused by the accident. It has been estimated that it will take some 40 years to dismantle the six reactors in the Daiichi and Daini plants. Most people have given up all hope of returning.
福島第一原発から半径20km以内の村や町を取り巻く立ち入り禁止地区からは、約16万人の人が避難しています。そのうちの1つとして事故による損害の全額を賠償されていません。原発の6つの原子炉を分解するのに40年くらいかかると予測されています。ほとんどの人たちは戻るという希望を諦めました。


4640484-3x2-700x467.jpg


They have been left in limbo, many in prefabricated housing on the outskirts of towns, others scattered around Japan. I have recently met several people who have sent their small children not only out of the region but out of the country to ensure their safety.
彼らは忘却の中にとり残され、多くの人たちは街の中心から離れた日本中に散在する仮設住宅にいます。私は最近、自分の子どもたちをその地域から出すだけではなく、確かな安全のために日本を出る人にも何人か会いました。


The comparisons with Chernobyl are not only on levels of radiation. The secrecy with which the Japanese government and Tepco, the Tokyo Electric Power Company that are owners and operators of the Fukushima plant, the secrecy over personal losses, damage to the environment, decontamination costs and harm to the health of maintenance workers at the plant rivals the cover-up by the former Soviet government.
チェルノブイリとの比較は、放射能のレベルだけに限ったことではありません。日本政府と福島原発の所有者であり運営者である東電の秘密主義、個人の損失、環境への損傷、除染の費用、原発作業員の健康への害についての秘密主義は、元ソビエト政府の隠蔽に匹敵します。


The people who made their livelihoods in the contaminated regions of Tohoku were abducted by both their government and an energy industry that deceived them into thinking that nuclear energy was 100 per cent safe in a land plagued by earthquakes and tsunami. The very fact that the present government of Japan, under the leadership of Prime Minister Shinzo Abe, is intent on reconstituting the nuclear power industry is not only an insult to those victims of radioactive contamination in Fukushima Prefecture, but an attack of monumental proportions on all people living in Japan.
汚染されている東北の地域で暮らす人々は、地震や津波に悩まされた土地で、原子力エネルギーが100%安全だと思わすように欺いている政府と電力業界により拉致されています。真の事実は、現在の阿部晋三首相が率いる日本政府が、原子力業界の再構築を意図していることであり、それは、福島県で放射能汚染の犠牲になっている人々に対する侮辱であるだけでなく、日本に住む全国民に対する途方もなく大きな攻撃でもあるのです。


As in Taro, the town where the seawalls did not protect the people, it is the assumption of safety that leads to complacence. It was complacency and a false sense of security that led to deaths in the town. And no amount of cliched assurance will prevent the multitude of deaths that are likely to occur in the event of a nuclear accident in the future.
防波堤が人々を守らなかった田老で自己満足を招いてしまったのは、安全への思い込みです。自己満足と間違った安全についての考えがその町で命の犠牲を招きました。そして、どれだけありふれた保証をしても、将来起こりうる核の事故においての多数の死を防ぐことはできないでしょう。


Is there any difference, I wonder, between this official deception and the one we have seen since the end of World War II. In the nearly seven decades since the end of the war, half-hearted apologies have been made to the victims of Japan's aggression. But as with war responsibility, so it is with the responsibility to come to terms with the oversights and crimes in Fukushima. The not-so-hidden agenda is: 'Don't ask, don't tell, and wait it out until all the victims are dead.'
この公の欺きと、第2次世界大戦の終焉以来私たちが見てきたことの間に何か違いがあるでしょうか?戦後およそ70年に、日本の侵略による犠牲者たちに気のない謝罪がされました。しかし戦争責任と同様に、福島での見落としと犯罪は、その責任を持ってこそ折り合いがつくのです。もはや隠されていもいない思惑は。。「何も聞くな。何も言うな。犠牲者が皆死ぬまで待っていろ。」


Not all enemies of a country come from the outside. A nuclearised Japan is the greatest terror facing the people of Japan. If this terror persists, then the only flowers that will bloom will be those on the graves of children living now and in generations to come.
国の敵は全て国の外からやってくるとは限りません。核を持つ日本は日本の人々が直面する最大の恐怖の種〈テロ)です。もしこの恐怖の種が存続するならば、唯一花を咲かせるのは、今生きている子どもたち、そして未来の世代の子どもたちの墓場の上に咲くものだけです






希望の花を


墓場にではなく


子どもたちの命と笑顔が息づく場所に


沢山咲かせませんか?




未来を選択するのは、


責任のない権力ではなく


責任のある一人一人の決断です。





関連記事

私たちの未来~私たちの選択

 2013-04-20



それは前代未聞の破壊的兵器。

それはいつも使っている他のどんな兵器ともちがう。

核兵器を使用することで直ちにに起こることは、

その都市全てが崩壊されること。

何十万人もの命が一瞬にして消滅する。


ican1.jpg 

私たちが顔を背けることのできない兵器



ican2.jpg 

90%の人々が死んでしまうか負傷する。



ican3.jpg 

もっと多くの人が急性被曝症で命を落とす。



ican4.jpg 

緊急救助は不可能



ican5.jpg 

何十万ものストーリーは、



ican6.jpg 

静寂と化する。



ican7.jpg 

炎が怒り狂い、建物は崩壊する。



ican8.jpg 

ほとんど生き残らない



ican9.jpg 

この兵器は待ってはくれない




ican10.jpg 

その瞬間




ican11.jpg 

そのたちに




ican12.jpg 

その年代



ican13.jpg 

治癒するということはない





ican14.jpg 


あるのはただ、防止することだけ。





ican15.jpg 

私たちには新しい道が必要。





ican16.jpg 

新しい始まりが。




ican17.jpg 


人の道を選択しようではないか。



ican18.jpg 

私たち、お互いを、選択しようではないか。





ican19.jpg 

私たちには選択が残されている。





ican20.jpg 


核兵器を取り締まろう。





ican21.jpg

私たちの未来は、私たちの選択なのだから。







world_peace.jpg 

 
原発事故が起きたら、それは原爆の何百発分! 
Picture23_20130421053747.jpg  

地球に、


原子力は、



要らない。





取締りを支持している国
supporting ban 
支持(青)146カ国

二股〈黄)22カ国

反対〈赤)26カ国




nuclear test 


地球に、これ以上核の汚染を受け入れる余裕はない。





なるほど癌発症が爆発的に多くなるはず。。。



取り締まりを支持する方は、

global petition 
署名サイトへは、イメージをクリック








関連記事

食品の安全、消費者の健康は最大の国益~美しい国の総理大臣

 2013-04-17
びっくりが止まらない。。。



IMG_8088.jpg 

遺伝子組み換え食品ステッカーについて



IMG_8089.jpg 

「不分別」って? 




IMG_8090.jpg 


石原代表: アメリカがこれを嫌って、日本で販売するアメリカ製の遺伝子組み換えの食品から、



IMG_8091.jpg 

ステッカーをはずせと言っているそうだ。



IMG_8092.jpg 

これは論外な話。こんなこと許したら、国民は激怒する。




放射能汚染のステッカーなんてなくて、産地偽装まで起きていることについて、国民は激怒していないのでしょうか?? 

遺伝子組み換えは激怒するのに??






IMG_8093.jpg 


阿部総理:
食品の安全、消費者の健康は、

最大の国益だから、

 


IMG_8095.jpg 

絶対に譲ることはできないと厳命している!


へ~。。。




汚染食品を散々拡散して。。。

学校給食にまで押し付けて。。



どうしたら、

こんなこと、口にできるのでしょう?????




それに・・・・・


これ。。。。


遺伝子組み換えは、危険! 健康に悪い! と認めている発言ですよね???


アメリカは、遺伝子組み換えサーモンも問題ない、って言って、


モンサント保護法までサインしちゃってますよ???




この言葉を覆すか、記憶にないことにするのは。。


参議院選挙の後か。。





エリー。

IMG_8085B.jpg


ままは、まだ夢を見てるのかな?





関連記事

あ”~見てられない!汚染水対策。。。

 2013-04-13
モーニングバード 2013.4.11

福島第一原発 汚染水を全量地上タンクへ by tvpickup



new_york_times_logo.jpg



Mishaps Underscore Weaknesses of Japanese Nuclear Plant
日本の原発の脆弱さを強調する災難


By HIROKO TABUCHI
Published: April 10, 2013


TOKYO — More than two years after multiple meltdowns at the Fukushima Daiichi nuclear power plant, a series of recent mishaps — including a blackout set off by a dead rat and the discovery of leaks of thousands of gallons of radioactive water — have underscored just how vulnerable the plant remains.
東京-福島第一原発で複数のメルトダウンが起こってから2年以上が経ち、ねずみの屍骸による電源喪失や何千ガロンもの放射性汚染水の漏洩が発見された事を含み、最近災難が連続しています。それは、原発が今尚、いかにもろい状態であるのかを強調してます。


Increasingly, experts are arguing that the plant’s operator, the Tokyo Electric Power Company, or Tepco, cannot be trusted to lead what is expected to be decades of cleanup and the decommissioning of the plant’s reactors without putting the public, and the environment, at risk.
専門家たちは次々と、原発の運営者である東電が何十年もかかるとされている除染と原子炉の閉鎖を、住民や環境に危険を曝させずに導くことができるとは信じられるものではないと議論をしています。


At the same time, the country’s new nuclear regulator remains woefully understaffed. It announced Wednesday that it would send a ninth official to the site — to monitor the work of about 3,000 laborers.
同時に、日本の新しい原子力規制は嘆かわしいほどに人手不足です。水曜日に9人目のメンバーを現場に送ると発表しました...約3000人の作業員の仕事について監視するためです。


“The Fukushima Daiichi plant remains in an unstable condition, and there is concern that we cannot prevent another accident,” Shunichi Tanaka, chairman of the Nuclear Regulation Authority, said at a news conference. “We have instructed Tepco to work on reducing some of the biggest risks, and we as regulators will step up monitoring.”
福島第一原発はまだ不安定な状態で、次の事故を防ぐことができない可能性がある」と原子力規制庁の田中俊一委員長は記者会見で述べました。「私たちは最も大きな危険性のいくつかを減少させることについて作業するように東電に指導しました。」


The biggest scare at the plant in recent days has been the discovery that at least three of seven underground storage pools are seeping thousands of gallons of radioactive water into the soil. On Wednesday, Tepco acknowledged that the lack of adequate storage space for contaminated water had become a “crisis,” and said it would begin emptying the pools. But the company said that the leaks will continue over the several weeks that it will likely take to transfer the water to other containers.
最近の原発で最も大きな恐れは、7つある地下貯蔵プールのうちの少なくとも3つのプールで、何千ガロンもの放射性汚染水が土壌に沁みだしていることが発見された事です。水曜日に東電は汚染水の適当な貯蔵スペースの欠如が「危機」となっていることを認めました。そして、プールの水は移し始めると述べました。しかし東電は汚染水を他の容器に移している数週間にわたり、漏れは続くだろうと述べました。


leak3.jpg


Plant workers dug these underwater ponds about six months ago to store the ever-growing amount of contaminated water at the plant. There is about 400 tons daily from two sources: runoff from a makeshift cooling system rigged together after the site’s regular cooling equipment was knocked out by the earthquake and tsunami in March 2011, and a steady stream of groundwater seeping into damaged reactors.
原発作業員たちは、増え続けている汚染水を発電所で貯蔵するために、約6ヶ月前にこれらの地下貯水池を掘りました。2つの源から毎日約400トン出ます。1つは2011年3月の地震と津波で現場の通常の冷却装置が破壊した後で装備された、当座しのぎの冷却システムから流れ出るもの、そして損傷した原子炉に絶え間なく流れ込む地下水。


Tepco stores more than a quarter-million tons of radioactive water at the site and says the amount could double within three years.
東電は25万トン以上の放射性汚染水を現場に貯蔵していて、3年でそれが2倍になるのだと話しました。


But as outside experts have discovered with horror, the company had lined the pits for the underground pools with only two layers of plastic each 1.5 millimeters thick, and a third, clay-based layer just 6.5 millimeters thick. And because the pools require many sheets hemmed together, leaks could be springing at the seams, Tepco has said.
しかし専門家たちは、地下プールのための穴を1.5ミリメートルの厚さのビニール2枚と6.5ミリメートルだけの粘土質のシート1枚だけで覆っていたのだと、恐怖と共には発見しました。そして、多くのシートが縫い合わさっていたので、継ぎ目から水が湧き出た可能性があると東電は話しました。


“No wonder the water is leaking,” said Hideo Komine, a professor in radioactive environmental engineering at Ibaraki University, just south of Fukushima. He said that the outer protective lining should have been hundreds of times thicker.
「水が漏れているのは、疑いありません。」と福島のすぐ南にある茨城大学の放射能環境工学の教授である小峯秀雄氏は言いました。彼は、覆いかぶせるシートは何百倍も分厚いものであるべきだったと話しました。


leak6.jpg


Tepco’s president, Naomi Hirose, traveled to Fukushima on Wednesday to apologize for the leaks, which he said had caused further distress to local residents. About 160,000 fled their homes in the wake of the disaster, and large areas around the plant remain off-limits.
東電の社長、廣瀬直己氏は、水曜日に福島に赴き、漏洩について、更に地元住民を悩ませる原因になったことを謝罪しました。約16万人が災害後に家を追われ、原発付近が広域にわたりまだ立ち入りできないままなのです。


Mr. Hirose said that Tepco would stop using the underground pits, and would pump the water out into more aboveground tanks. But Tepco says it is likely to take until at least the end of May to empty the pools. Mr. Hirose said that he did not think any water would reach the Pacific Ocean, because the pools lie at least half a mile inland.
廣瀬氏は、東電が地下穴の使用を止め、ポンプで地上のタンクに移すと述べました。しかし、東電はプールを空にするのに5月末まで少なくともかかるであろうと言います。廣瀬氏は、プールが少なくとも半マイル(800m)は内陸にあるので、太平洋に汚染水は到達していないだろうと話しました。


“We’re going to get the water out of these underground pits and into tanks as soon as we can,” he said. “We’re aware that this is a crisis that we must attend to with urgency.”
「これらの地下穴から水を取り出し、できるだけ早くタンクに移します。」と彼は言いました。「私たちはこれが緊急性を持って取り掛からなければならない危機だと分かっています。」


But Muneo Morokuzu, a nuclear safety expert at the Tokyo University Graduate School of Public Policy, said that the plant required a more permanent solution that would reduce the flood of contaminated water into the plant in the first place, and that Tepco was simply unable to manage the situation. “It’s become obvious that Tepco is not at all capable of leading the cleanup,” he said. “It just doesn’t have the expertise, and because Fukushima Daiichi is never going to generate electricity again, every yen it spends on the decommissioning is thrown away.”
東京大学公共政策大学院で原子力安全専門家の諸葛宗男氏は、原発には、まず発電所に流れ込む汚染水を減らすためのもっと耐久的解決策が必要で、東電はただ、この状況を管理することができないだけだと述べました。「東電が除染を先導する能力がないのは明らかになりました。」と言います。「ただ、専門的知識がないのです。福島第一原発は二度と電力を作り出すことはないのですから、閉鎖に使っている全てのお金が捨てられているようなものです。」


leak4.jpg


“That creates an incentive to cut corners, which is very dangerous,” he said. “The government needs to step in, take charge and assemble experts and technology from around the world to handle the decommissioning instead.”
「そのことが手を抜くというような動機を生み出し、とても危険なのです。」と彼は話しました。「その代わりに政府が介入し、引継ぎ、世界中から原発閉鎖を取り扱う専門家と技術を集める必要があります。」


Tepco, which was essentially nationalized after the disaster, is strapped and has made painful cutbacks, forcing subcontractors to slash jobs, wages and benefits, according to doctors, lawyers and labor union workers who have assisted or represented former plant workers.
元原発作業員を援助し、代弁している医師、弁護士と労働組合員によると、災害の後、実質的には国有化された東電は、締め付けられ、苦しい削減をし、仕事、賃金、福利厚生を削減するために下請けが強要されているのだと言います。


The harsh conditions workers face is visible at J-Village, a former sports park about 10 miles south of the Daiichi site, where workers don protective suits and masks before being bused to the plant. Tired workers take naps on flimsy mats in temporary sleeping rooms; low-ranking workers are not afforded this luxury, they said, and must pass free time roaming the grounds or huddling around vending machines.
作業員が直面しているその過酷な状況は、作業員が防護服とマスクをプラントに向かうバスに乗る前に身につけるところ、福島第一現場の南、約10マイルの元スポーツパークで見られます。疲れきった作業員は仮眠室の薄っぺらなマットの上で昼寝をしています。下級の労働者は贅沢をする余裕などなく、ぶらぶらするか、自動販売機の当たりに群がって自由時間を過ごさなければならないのです。


Jun Shigemura, a psychiatry specialist at the National Defense Medical College who offers pro bono mental care sessions at the Fukushima Daiichi plant, said workers there showed signs of post-traumatic stress and depression, raising the risk of making errors at work, and leaving them vulnerable to substance abuse and even suicide.
防衛医科大学校で、福島第一原発にて心のケアーのボランティアを提供しているシゲムラ・ジュン氏は、作業員たちが、ポストトラウマ的ストレスやうつ状態の兆しを示しており、仕事でミスを犯す危険が高まり、物質乱用や自殺に対してさえ脆くなっているのだと話しました。


“Something needs to be done to help these workers,” he said. “For their sake, and for the sake of the plant’s safety.”
「これらの作業員を助けるために何かなされなければなりません。彼らのために、そして原発の安全のために。」と彼は言いました。


Some experts say that contaminated water has continued to reach the Pacific. Jota Kanda, an oceanographer at the Tokyo University of Marine Science and Technology, said last month in a discussion paper posted on the Web site of the journal Biogeosciences that Tepco’s own readings of radiation levels in waters off the plant suggest a continued leak of radioactive cesium into the ocean.
何人かの専門家は、汚染水が太平洋に流れ続けているといいます。東京海洋大学の海洋学者、カンダ・ジョウタ氏は先月、生物科学ジャーナルのウェブサイトで発表された論文の中で、東電自信が出している原発沖の海水の放射能レベルの測定値が、海に放射性セシウムが漏れ続けていたことを表しているのだと述べました。


“This suggests that water might be leaking out from the plant through damaged pipes or drains or other routes,” he said.
「このことは、損傷したパイプや排水溝、あるいは他のルートを通して、原発から水がもれ出ていることを示唆しています。」


Meanwhile, the plant has been fraught with other scares. Last month, pools storing used fuel at the plant went without fresh cooling water for two days after a power failure. Engineers later traced the blackout to a rat that may have gnawed on power cables, causing an electrical short.
一方、発電所では他の恐ろしさもはらんでいます。先週、発電所の使用済み燃料を貯蔵しているプールで、電力喪失のあと2日間に渡り冷却水の提供が止まりました。技術者たちは後に、ネズミが電気ケーブルをかじり、ショートしたことで、停電したのだと追跡しました。


Just a week later, workers sent out to plug holes though which rodents might enter and gnaw at important equipment inadvertently tripped up the power, causing cooling to stop again.
そのたった1週間後、作業員たちがその様な動物が入りそうな穴を塞ぐために送られ、重要な装置をうっかりきってしまい、電力を止めることになり、再び冷却が止まってしまったのです。





なぜ未だに東電に全てを任せているのかが不思議でなりませんが。。。



こういうとき、国でイニシアチブをとろう!

という責任感の強い、リーダーとしての資質のある方が今の政権にいらっしゃるでしょうか??



早速のNHKのニュースで登場したのは、経産大臣。


政府宣伝用の寸劇です



IMG_8069.jpg 

東電社長: いろいろご心配おかけするような事態が連続して、申し訳ありません。



IMG_8070.jpg 

(東電社長は)あさってまでに汚染水が漏れた貯水槽の水を別の貯水槽に移すなどの対策を報告。



IMG_8071.jpg 


経産大臣: 事態の収集ができなくなることにならないよう。。


(机をバンバンたたいて)


最悪のこと!海には絶対出さない!




IMG_8072.jpg 

経産大臣: 最初の段階から海に出さないためにはどうしたいいかしっかり考えほしい!




こういう上司、いたよなぁ。。

自分は誰にでも分かることを語調を荒立てて怒鳴るだけ。

後は何もしない。

何の解決策にもならないのに。




そしてその翌日のニュースでは。。


IMG_8074.jpg 

経産大臣:

5月中には全ての地下貯水槽の中の汚染水が


IMG_8075.jpg 

鋼鉄製タンクに余裕をもち貯蔵できるよう、地上のタンクを増設させる



IMG_8076.jpg 

その後は地下貯水槽は使用しないこととする。



IMG_8077.jpg 

地上のタンク増設計画を前倒しするとともに、地下貯水槽は汚染水保管用として使わせない



言うのは簡単だよなぁ。。。


こういう体裁を繕うためだけの、素人考えのその場しのぎが、


今の結果を招いているのではないですか??


この人のスキルに対して、日本の人は、どのくらいの税金を納めているのでしょう。


これでは、国が介入したところで何も変わらないどころか、悪化してしまいますね。。。


だから介入しようとしないのか。。。



汚染水漏れの裏側で 現役作業員が語る内情 トラブルが相次ぐ理由




このままでは、日本の国は沈没してしまいます。。。


12月の衆議院選挙の違憲、無効判決がでていることだし!!!


選挙!やり直し!!!!!!





もし世論調査が操作されていないとしたら・・・

(「支持しない」と答えたら即電話を切られた、という話もききましたが。。)


阿部内閣支持率70%以上。。。



ということは。。。


日本の人たちは、このままでいいのかな???
 
ほんとに?


私は・・・

いやだぁ~ 



おまけ

1228ワイスク「茂木経産大臣・美輪明宏」 by sievert311

関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック