スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島産の生産物は放射能フリー?!

 2013-03-29
インド発


news_track_india-_ogo.jpg

Study tour reveals nuke crisis hit Fukushima products now radioactive free
調査ツアー、事故が起きた福島の産物は今では放射能フリーだと明かす


Thu, 28 Mar 2013 ANI


Fukushima (Japan), Mar.28 (ANI): The nuclear disaster that hit Japan's Fukushima Prefecture over two years ago, forcing the evacuation of over 160,000 residents, appears now to be gradually receding into the past, with key officials saying that daily essentials such as rice, vegetables and other products are free of radioactive substance.
3月28日 福島: 2年以上前に日本の福島県を襲った放射能災害は、16万人の避難者を出しましたが、今では少しずつ過去のこととなりつつあるようです。要職につくものたち(?Key Officials)は、日常食である米、野菜、その他の産物に放射能物質が含まれていないのだと述べています。


To prove this, a recent study tour of Fukushima was organised by HIS, Japan's biggest travel agency.
このことを証明するために、日本の最大手旅行会社であるHISの手配で福島への調査ツアーが行われました。


The tour included a visit to a 10,000-hectare agricultural farm that was once left in a complete state of devastation by the nuclear disaster and subsequent tsunami.
そのツアーには、かつて津波とその後に続いた放射能災害により完全に荒れ果ててしまったままだった1万ヘクタールの農場への訪問が含まれていました。


In its heyday, it produced food for about a million people.
全盛の時は、約百万人の職をそこで生産していました。


In the two years since the disaster, some of the evacuees and some residents have started the "Kaachan" power project, which essentially involves providing edible and safe meals consisting of vegetables, rice and other ingredients produced in Fukushima.
災害から2年間、何人かの避難者と住民は「かあちゃん」の力・プロジェクトを始めました。福島で生産される野菜、米、他の原料を使った食に適した、安全な食事を本質的に提供することです。


kachan.jpg


Ms.Tomiko Watanabe, one of the persons involved with the project, said: "Fukushima food is safe because radioactive contaminants are measured very strictly."
このプロジェクトに参加している人の一人であるワタナベ・トミコさんは言います。「放射性物質はとても厳しく測定されているので福島の食品は安全です。」


"Currently, the Japanese government standard is 100 becquerel. Imported food is 370 becquerel. For example, the Ukraine level is 40 becquerel, but the Kaachan project level is beneath 20 becquerel. In spite of this evidence, 44 countries have refused to import products from Fukushima. We are fighting rumor and stereotype," Watanabe added.
「現在、日本政府の基準は100ベクレルです。輸入食品の場合は370ベクレルです。例えば、ウクライナのレベルは40ベクレルですが、かあちゃんプロジェクトのレベルは20ベクレル以下です。この事実にも関わらず、44カ国が福島からの輸入品を拒否しています。私たちはうわさとステレオタイプの人々と闘っているのです。」


Seiji Kanno, a farmer, said that 99.9 per cent of the rice produced in Fukushima is under 25 becquerel, while the radioactive element in 95 percent is contained.
農家のカンノ・セイジさんは福島で生産される95%に(放射性物質が)含まれている一方で、99・9%が25ベクレル以下なのだと話しました。


Last year, he claims, school lunch did not include any product manufactured in Fukushima, but this year, Fukushima-produced ingredients are being used.
彼はまた、去年は学校給食で福島で作られた生産物は含まれていなかったけれど、今年は福島産の原料が使われるのだと主張しました。


school lunch
ぬまゆさんのブログより



Well known Japanese firm Toshiba has also come forward to provide a real time detector of radioactive containment to end speculation of contamination.
有名な日本の東芝はまた、汚染の憶測を終息させるため、率先して放射性物質を即時に測る検出器を提供しました


"To become aware of ground realities, everyone must visit Fukushima to see the change that has come about for the better," said one of the study tour participants.
「現地の現実を知るためには、皆が良い方向に変化しているのを見に福島を訪れなければなりません。」


Ms. Megumi Noda, one of the organiser's of the study tour, said: "This study tour is first step. In near future, I would like to invite foreigners for the Fukushima study tour." (ANI)
この調査ツアーの主催者の一人であるノダ・メグミさんは言います。「この調査ツアーは第一歩です。近い将来、福島調査ツアーに外国人を招待したいと思っています。」






「かあちゃん」の力・プロジェクトの

取り組み自体はすばらしいと思います。

それに掛ける情熱や希望も十分理解できます。


まずは、

検査結果を全て公表していただきたいと思います。



そうでなければ、

このように報道されることに対する責任は

重すぎます。。。



このような取り組みは、

福島県、日本政府も大歓迎でしょう。


そして、旅行会社のようなビジネスも。。




しかし、

彼らは、日本で暮らす人たちの健康に対し、

あまりにも無責任なのです。



まして、国外の人々に対しての責任は。。

残念ながら、全く感じられません。。。





関連記事
スポンサーサイト

被曝治療のための医療機器をベラルーシに寄付する日本政府

 2013-03-27
ベラルーシ発

belarusian_telegraph_logo.jpg


Japan diplomat grateful for Belarus’ help to Fukushima residents
日本大使、福島の住民へのベラルーシの助けに感謝



27.03.2013 16:31


GOMEL, 27 March (BelTA) – On behalf of the people living in the region hit by the Fukushima-1 nuclear accident, Charge d’Affairs of Japan to the Republic of Belarus Mimori Sigehiro expressed gratitude to Belarusian people in an interview to BelTA in Gomel on 27 March.
ゴメリ、3月27日 - 福島第一原発事故が襲った地域に住んでいる人々のに代わり、ベラルーシへの臨時代理大使のミモリ・シゲヒロ氏は3月27日、当紙へのインタビューで、ベラルーシの人々に対する感謝の意を表しました。


Picture3_20130329001724.jpg


The Japanese diplomat took part in the ceremony of presenting new medical equipment at the oblast children’s hospital. The equipment was purchased with financial support of the Japanese Government.
日本大使は、州子ども病院にて、新しい医療機器の披露式典に参加しました。その医療機器は日本政府の財政支援を伴い購入されたのです。


According to the diplomat, over the past three years Belarus has been visited by over 20 delegations to study the practices the country applies to revive its Chernobyl-hit regions. “It is invaluable help from your state. The main thing that people who come and see the results of the work on minimization of the Chernobyl consequences get really important information,” the official stressed.
大使によると、チェルノブイリ事故にみまわれた地域の復興のために実践されていることを研究するために、過去3年で20の派遣団がベラルーシを訪問したのだということです。「あなた方の国の助けは非常に貴重なものです。主にチェルノブイリの事故の結果を最小限にするための取り組みの結果を見に来た者たちには、本当に貴重な情報なのです。」と大使は強調しました。


The funds to acquire the equipment were allocated as part of the Japan governmental grant assistance program Grass Roots. The equipment that costs over $100,000 will be used for diagnostic purposes. The new equipment will help enhance the quality of examination of children with cardiovascular, digestive and nerves disorders, enabling for adjusting the treatment policy and rehabilitation steps.
その医療機器を獲得するための基金は、日本政府の草の根支援プログラムの補助金と一部として分配されました。10万ドル(1000万円)以上かかるの機器は診断の目的のために使われます。心循環系の消化、神経障害を持つ子どもたちの検査の質を高め、治療対策とリハビリテーションの段取りを調整することを可能にするものです。


It is the second grant issued to the hospital. The first $70,000 grant was allocated in 2009 for the acquisition of an ultra-fine endoscope to examine newborns and infants and a pediatric fibergastroscope.
この病院に当てられた補助金はこれで2度目です。最初は2009年の7万ドルで、新生児、幼児を検査する高性能の内視鏡と小児胃内視鏡を入手するために割り当てられました。


The Gomel oblast children’s hospital has been developing cooperation with different Japanese establishments. For instance, ten practitioners of the hospital received a three-month on-the-job training at Nagano hospitals in different years. Six-month on-the-job training is held in the prenatal center as part of the cooperation with the Chernobyl Medical Fund (Japan). The parties organize telecommunication bridges connecting Belarusian and Japanese establishments that specialize in the treatment of people from the effects of radiation exposure.
ゴメリ州子ども病院は、日本の様々な施設との協力関係を築いてきました。たとえば、病院の10人の医療関係者が長野の病院で数年にわたり、3ヶ月の体験トレーニングを受けました。6ヶ月の体験トレーニングが日本のチェルノブイリ医療基金の協力の一貫として妊婦センターで行われました。両者は、放射線被曝の影響を受けている人々を専門に治療するベラルーシ、日本の施設間の遠距離通信システムを整えています。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


そしてここにも。。


naviny­_by_logo



Japan to donate $100,000 to Brest hospital for buying ultrasound scanner
日本、超音波検査機の購入のため、ブレスト病院へ10万ドルを寄付


06.03.2013 / 10:33


The government of Japan will provide a $100,000 grant to the Brest Regional Endocrinology Hospital for purchasing a Japanese-made ultrasound scanner.
日本政府は、ブレスト地域内分泌学病院が日本製の超音波検査機を購入するよう、10万ドルの補助金を提供することになりました。


Picture4_20130329001721.jpg



A signing ceremony for the grant contract took place at the hospital on Tuesday.
この補助金契約の署名式典は、火曜日に病院で行われます。


Shigehiro Mimori, the Japanese charge d’affaires in Belarus, said that the money would be provided in the framework of Japan's Grant Assistance for Grassroots Human Security Projects launched in 2004.
日本のベラルーシ臨時代理大使、ミモリ・シゲヒロ氏は、2004年に始められた草の根人権保障のための補助金支援の枠組みとして提供されるものだ、と述べました。


Artur Hryharovich, chief physician at the hospital, said that the new equipment would make it possible to diagnose serious diseases, including thyroid cancer, at early stages.
この病院の医長、Artur Hryharvovich医師は、この新しい検査機が甲状腺がんを含む深刻な疾病を早期に診断することを可能にする、と話しました。


An average of 200 people are diagnosed with thyroid cancer at the hospital every year.
この病院では毎年、平均で200名が甲状腺がんと診断されています。



Japan has donated more than $2 million to Belarusian hospitals in Chernobyl-affected areas under the program.
日本は今までに、このプログラムのもと、チェルノブイリで影響を受けいている地域のベラルーシの病院に2百万ドル(約2億円)以上寄付しています。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


ここまでやっている日本政府が、

なぜ自国の人々に

「何の影響もない」「安全だ」

など執拗に繰り返すのかが、

ただただ、腹立たしい限りです。。。




そしてちょっと驚いた?

いや、なるほど、と思ったのは。。。

去年12月の記事。


やはり分泌学系の医療施設に寄付された日本製医療機器についてです。


Japan donates equipment to Vitebsk Endocrinology Center
日本、ヴィーツェプスク内分泌学センターに機器を寄付


26.12.2012 18:17


VITEBSK, 26 December (BelTA) – Vitebsk Endocrinology Center has received medical equipment as part of the grant of the Japanese government. The solemn ceremony of handing over the equipment was held on 26 December. The ceremony was attended by Deputy Governor of Vitebsk Oblast Vladimir Terentiev and Charge d’Affairs of Japan to Belarus Shigehiro Mimori, BelTA has learnt.
ヴィーツェプスク、12月26日 - ヴィーツェプスク内分泌学センターは日本政府の補助金の一貫として医療機器を受け取りました。その機器の厳粛な受け渡し式典が12月26日にとり行われ、ヴィーツェプスク州副知事のVladimir Terentievとベラルーシへの臨時代理大使のミモリ・シゲヒロ氏が出席しました。


belarus_vitebsk.jpg


The medical facility received a next-generation compact color ultrasound system that allows detecting any malformation of the thyroid gland, examining blood circulation in the gland and diagnosing diseases, including cancer, at an early stage. This is the first device of this kind in Vitebsk Oblast. The Japan-made system Prosound Alpha 6 costs $85,500.
この医療施設は、甲状腺の奇形を検出し、甲状腺への血流を検査し、癌を含む疾病を早期に診断するのに役立つ次世代の小型カラー小音波システムを受け取りました。これはヴィーツェプスク州では初めての器具です。この日本製のシステム、プロサウンド・アルファ・6は85万ドル(約8500万円)するものです。


Full39.jpg
商品説明はイメージをクリックください。。。。メーカーは、なんと。。いやなるほど、日立です。



Vladimir Terentiev expressed sincere gratitude to the Japanese government and the people of Japan for the equipment and reminded that after the Chernobyl nuclear accident Japan was one of the first to offer assistance to Belarus.
日本政府に対しTerentiev副知事はこの医療機器について心からの感謝の意を表し、チェルノブイリ事故の後、日本がベラルーシに救援を申し出た最初の国の一つであったことを振り返りました。


Shigehiro Mimori informed that the Japanese Embassy in Belarus implements the Grassroots Grant Program. Since the start of the program in 2004, over $2 million worth of grants have been allocated by Japan to provide equipment to healthcare institutions located in the Chernobyl-affected areas and specialized medical facilities. A total of 25 contracts to supply medical equipment were signed; 19 of them have already been implemented, another seven are underway. The Charge d’Affairs of Japan expressed appreciation of Belarusian people and the government of Belarus for providing assistance to Japan after the deadly earthquake of 2011 and the Fukushima-1 accident.
ミモリ氏は、ベラルーシの日本大使が、草の根補助金プログラムを実践しているのだと話しました。2004年にプログラムが始まってから、チェルノブイリ事故の影響を受けた地域の保健機関と専門医療施設に医療機器を提供するのに2百万ドル以上が割り当てられています。医療機器を供給についての25の契約が署名されています。そのうちの19の契約が既に実践され、残りの7の契約が進行中です。(あれ?合計26?) 臨時代理大使は、ベラルーシの人々と政府に対し、2011年の壮絶な地震と福島第一原発事故の後での援助に感謝の意を表しました。


According to Vitebsk Endocrinology Center, over 40,000 patients with thyroid issues undergo regular medical check-ups in the center. Every year thyroid cancer is diagnosed in 130 residents of the region.
ヴィーツェプスク内分泌学センターによれば、甲状腺に異常を持つ4万人以上の患者がこのセンターで定期医療検査を受けてるのだと言うことです。この地域の住民の30人に1人が毎年甲状腺がんと診断されています。



~*~*~*~*~*~*~*~


これは、

チェルノブイリからもうすぐ27年がたとうとしている


現在のお話


です。



そして、ゴメリ以外は、

汚染地図からは遠く外れているところです。




ベラルーシを視察した川根眞也先生のインタビュー




...たぶんベラルーシの中で一番汚染されているのがゴメリ州です。


一番汚染がひどいところは40キュリー/平方km以上という場所なんですけれども、現在ですと、148万ベクレル/平方mという単位です。それ以上ですね。


福島ですと、たとえば飯館村であるとか、大熊町、双葉町、富岡町、そういったところは148万ベクレル/平方メートルの所は確実にあります。


私が訪問した所がゴメリ州のゴメリの近くなんですけれども、170km離れているんですよ、チェルノブイリ原発から。



...いま小児甲状腺がんが多発しているブレスト州は北西の方になりますね。

こちらはですね、私も今回いろんな、ベラルーシの医学アカデミーの先生にいろいろと聞いたんですが、セシウム137の汚染地帯はあります。

ありますけど、真っ赤じゃないんですよね。次のオレンジ色のレベルなんですね。

ブレスト州で結構あるのが5~15キュリー/平方km。55.5万から185万ベクレル/平方mぐらいですかね。ま、40キュリーからすると、半分ちょっと下ぐらいですね。

その位の所が結構広がっているのがブレスト州です。

そこで今、現在小児甲状腺がんが多発していますね.....




関連記事

犬の場合、と、猫の場合

 2013-03-26
犬と猫の基本的な違い。






犬が子どもに教える場合~信頼と忠誠の尊さ


「行って見せてあげなさい。」


dog2.jpg

「もうちょっとよ」


dog3.jpg


「イエーイ

dog4.jpg


「よくできたわねぇ






猫が子どもに教える場合


cat1.jpg


その信頼は…



cat2.jpg 


だまされやすい子のため


何か質問は?









関連記事

今年もダブルお誕生日♪

 2013-03-24
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
カテゴリ :息子 トラックバック(-) コメント(-)

放射能被曝による癌発症数の意味

 2013-03-21
IPPNW.jpg


Nuclear catastrophe in Japan
日本の放射能惨事

Health consequences resulting from Fukushima
福島事故による健康被害の結果


By Henrik Paulitz, Winfrid Eisenberg, and Reinhold Thiel, 6 March 2013

Summary
要約

On 11 March 2011, a nuclear catastrophe occurred at the Fukushima Dai-ichi nuclear power plant in Japan in the wake of an earthquake and due to serious safety deficiencies. This resulted in a massive and prolonged release of radioactive fission and decay products. Approximately 20% of the radioactive substances released into the atmosphere have led to the contamination of the landmass of Japan with 17,000 becquerels per square metre of cesium-137 and a comparable quantity of cesium-134.
2011年3月11日、地震と、深刻な安全対策不足の末に、福島第一原子力発電所にて、放射能惨事が起こりました。大量の、そして長期に長引く放射性分裂、崩壊物質の放出という結果を招きました。大気中に放出された放射性物質の約20%が、広域にわたる日本の土壌を、1平方メートルあたり1万7000ベクレルのセシウム137と、同等のセシウム134で汚染するということになりました。


The initial health consequences of the nuclear catastrophe are now, two years after the incident, scientifically verifiable. Similar to the case of Chernobyl, a decline in the birth rate was documented in the nine months following the nuclear catastrophe. Throughout the whole of Japan, the total drop in number of births in December 2011 was 4362, with the Fukushima Prefecture registering a decline of 209 births. Japan also experienced a rise in infant mortality, with 75 more children dying in their first year of life than what would be expected statistically.
事故から2年、放射能からの最初の健康結果が今科学的に検証できるようになりました。チェルノブイリのように、放射能惨事の後9ヶ月間で、出生率の減少が記録されました。日本全体を通して、2011年12月の出生数の合計が4362件減少し、福島県では、209件の減少が記録されました。日本ではまた、幼児の死亡数の増加がありました。生後1年以内の子どもたちの死亡件数が統計的に予測されていたものより75件増加しました。


In the Fukushima Prefecture alone, some 55,592 children were diagnosed with thyroid gland nodules or cysts. In contrast to cysts and nodules found in adults, these findings in children must be classified as precancerous. There were also the first documented cases in Fukushima of thyroid cancer in children.
福島県だけを見ると、5万5592名の子どもたちが、甲状腺の小結節または嚢胞が診断されました。大人に見られた小結節または嚢胞とは対照的に、これらの子どもたちに見られたものは、前癌状態のものと分類されるはずです。また子どもの甲状腺がんの最初のケースが(3件、7件が甲状腺癌の疑い)福島で記録されました。


table1_20130322082945.jpg



The present document undertakes three assessments of the expected incidence of cancer resulting from external exposure to radiation. These are based on publications in scientific journals on soil contamination in 47 prefectures in Japan, the average total soil contamination, and, in the third case, on local radiation dose measurements made in the fall of 2012. Taking into consideration the shielding effect of buildings, the medical organization IPPNW has calculated the collective lifetime doses for individuals at 94,749 person-Sieverts (PSv), 206,516 PSv, and 118,171 PSv, respectively.
今回の文書は、放射線の外部被曝から予測される癌の発生について3つの評価を行うものです。これらは、科学ジャーナルに掲載された日本の47都道府県の土壌汚染、全土壌汚染の平均、そして3番目には2012年秋に測定され地域の放射線被曝量に基づくものです。建物の遮蔽効果を考慮し、医療組織であるIPPNW(核戦争防止国際医師会議)は個人の集団実効(生涯積算)線量を94,749PSv、206,516Psv、117,171Psvとそれぞれ計算しました。


In accordance with the risk factors set by the European Committee on Radiation Risk (ECRR) for death caused by cancer (0.1/Sv) and the incidence of cancer (0.2/Sv), these figures translate into 18,950, 41,303, and 28,418 expected cases of cancer due to external radiation exposure in Japan.
欧州放射線リスク委員会による癌死のリスク係数(0.1/Sv)と癌発症のリスク係数0.2/Sv)に従うと、これらの数字からそれぞれ、18,950件, 41,303件, 28,418件の日本での外部被曝による癌発症が予測される、ということになります。


133,832 measurement results published by the Japanese Ministry of Health were used to make an estimate of the number of expected cases of cancer due to the consumption of contaminated food. However, a large part of the data could not be used, because only figures less than maximum allotted levels and not those of actual measurements were published.
日本厚生省により発表された13万3382件の測定結果は、汚染食物を消費することで予測される発癌数を出すことに使いました。しかしながら、大部分のデータは使用不可能でした。(検出限界)最大値より少ないとだけ振り分けられ、それらの実際の測定値が発表されていなかったからです。


The some 17,000 measurement readings were sorted according to Japanese prefectures, with the Fukushima region (the Fukushima, Miyagi, Tuchigi, and Ibaraki prefectures) showing an average total cesium contamination of foodstuffs at 180.8 Bq/kg. Calculations indicated total cesium levels of 108.1 Bq/kg for the rest of eastern Japan and 71.8 Bq/kg for western Japan. Due to the nature of the database, it remains unclear to what extent these underlying values are representative. As such, it has here been conservatively assumed that, in the following year, food was on average contaminated by only half this amount of cesium.
1万7000件かそこらの測定値は、日本の都道府県により分類されています。福島地域(福島、宮城、栃木、茨城県)の全食品のセシウム汚染の平均は1kgあたり180・98ベクレルです。計算によると東日本の全セシウム汚染の平均が1kgあたり108・1ベクレル、西日本が1kgあたり71.8ベクレルとなります。データベースの性質から、これらの数値がどのような規模のものを示しているのかは不明瞭なままです。なので、ここでは、保守的な推測として、翌年には、汚染食品のセシウム汚染レベルが、半分にだけになると仮定しました。


The annual consumption level of Japanese produced foodstuffs was estimated at 30,753,745 tons, and the corresponding levels for the three defined Japanese regions was determined on the basis of their relative share of the total population. In addition, an ecological half-life period of 5 years was assumed.
日本産の食品の年間消費レベルが3千75万3735トンと推測され、3つの日本の地域でのそれぞれのレベルはそれぞれの人口数に基づき決定します。更に、生態的半減期が5年だと仮定しました。


According to the calculations made by the medical organization IPPNW, the resultant collective lifetime dose amounted to 93,166 person-Sieverts. Correspondingly, some 18,633 cases of cancer can be expected due to contaminated food intake.
医療組織であるIPPNW(核戦争防止国際医師会議)の計算の結果として生ずる集団実効(生涯積算)線量は、93,166PSvにまで達しました。相応して、汚染された食物を摂取する事からの発癌ケースは18,633件くらいと推測されます。


The applied risk factor of 0.1/Sv, which has also been recently accepted by the World Health Organization (WHO), indicates a probable underestimation of the true risk. Recent studies point to a risk factor that is approximately twice as great, thereby resulting in a doubling of the calculated illness figures. If one assumes a risk factor of 0.2/Sv, then the expected incidence of cancer due to increased external radiation exposure would amount to between 37,899 and 82,606 cases, while 37,266 cancer cases would result from the intake of contaminated food.
最近WHO(世界保健機関)も受け入れた0.1/Svが適応されたリスク係数は、真のリスクを過小評価している可能性を示唆しています。最近の研究はリスク係数は約2倍大きいもので、結果、病気数も2倍に計算されることになります。リスク係数を0.2/Svと仮定すると、汚染食物の摂取からの癌発症の結果が37,266件である一方、外部被曝の増加たため予測される癌発症数は、37.899から82,866件の間にまで達する事になるでしょう。


table 1.2


With respect to those workers, who, according to Tepco, the operating company of the damaged nuclear facility, were on duty in the plant in 2011, the IPPNW estimates on the basis of experiences in Chernobyl that there will be more than 17,000 cases of serious illnesses.
損傷した原子力施設の運営会社である東電により、2011年に発電所で任務についていた作業員たちに関して、IPPNWはチェルノブイリの経験に基づき、1万7000件以上の深刻な疾病を推測します。


Some of the quantitative results of this work are subject to uncertainty, as much of the original data has only been published in an imprecise form and certain calculations involved making further assumptions. Nevertheless, the IPPNW has deemed it necessary to present this quantitative estimate in order to make clear the true dimension of the nuclear catastrophe at Fukushima.
この作業のいくらかの量的結果は、不確かなものです。発表されている多くのオリジナルデータが不正確で、いくらかの計算が更なる仮定を含んでいるからです。それでもIPPNWは福島の放射能惨事の真の規模を明らかにするためにこの量的な推測を示す必要性があると考えました。


At present, there are numerous nuclear power plants operating at sites facing the potential risk of an earthquake. Most are much less able to withstand the force of an earthquake than nuclear reactors in Japan. Even a relatively weak earthquake could, at any time, thereby trigger another nuclear catastrophe almost anywhere, whether in Asia, America, or even in Europe.
現在の所、地震のリスクの可能性に直面しながら、いくつもの原子力発電所があります。その多くが、日本の原子炉よりも地震に絶えうることが出来ないものです。比較的弱い地震でさえいつ起こるかわからず、アジア、アメリカ、ヨーロッパでさえも、どこでまた放射能惨事が引き起こされてもおかしくありません。


00034444.jpg


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


一方、世界原子力推進機関IAEAと協定を結んでいるWHOが2月に発表したレポートは。。。


“The primary concern identified in this report is related to specific cancer risks linked to particular locations and demographic factors,” says Dr Maria Neira, WHO Director for Public Health and Environment. “A breakdown of data, based on age, gender and proximity to the nuclear plant, does show a higher cancer risk for those located in the most contaminated parts. Outside these parts - even in locations inside Fukushima Prefecture - no observable increases in cancer incidence are expected.”
「この報告で確認される主な懸念は、特定の地域と人口統計上の要因に関連する癌発症のリスクについてです。」WHOの公衆衛生・環境部長であるマリア・Neira氏は言います。「年齢、性別、原発からの近さに基づき分類されたデータは最も汚染された地域の人々のより高い発ガンリスクを示しています。それ以外の地域では、福島県内でさえ観察できる癌発症の増加は全く予測されません。」


In terms of specific cancers, for people in the most contaminated location, the estimated increased risks over what would normally be expected are:
特定の癌について、最も汚染された地域にいる人々にとってのリスクの上昇は、通常以下のように予測されます。

all solid cancers - around 4% in females exposed as infants;
全ての固形癌-幼児の時被曝した女性の場合4%くらいの上昇

breast cancer - around 6% in females exposed as infants;
乳がん-幼児の時に被曝した女性で6%くらいの上昇

leukaemia - around 7% in males exposed as infants;
白血病-幼児の時に被曝した男性で7%くらいの上昇

thyroid cancer - up to 70% in females exposed as infants (the normally expected risk of thyroid cancer in females over lifetime is 0.75% and the additional lifetime risk assessed for females exposed as infants in the most affected location is 0.50%).
甲状腺癌-幼児の時に被曝した女性で70%までの上昇。(通常女性の生涯の甲状腺癌のリスクは0.75%の上昇で、最も汚染された所で幼児の時に被曝した女性の生涯のリスクは0.50%の上昇と評価された。)

For people in the second most contaminated location of Fukushima Prefecture, the estimated risks are approximately one-half of those in the location with the highest doses
福島で2番目に汚染された地域の人々にとっての予測されるリスクは、最も汚染された所の人々のリスクの約半分と推測される。

The report also references a section to the special case of the emergency workers inside the Fukushima NPP. Around two-thirds of emergency workers are estimated to have cancer risks in line with the general population, while one-third is estimated to have an increased risk.
この報告ではまた、福島第一原発内で作業した、緊急作業員の特別なケースのセクションも言及している。1/3の一般人の発癌リスクが上昇する一方で、約2/3の緊急作業員に発癌リスクが推定される。


The almost-200-page document further notes that the radiation doses from the damaged nuclear power plant are not expected to cause an increase in the incidence of miscarriages, stillbirths and other physical and mental conditions that can affect babies born after the accident.
ほぼ200ページにわたる文書は、損傷した原発からの放射能被曝量が流産、死産の増加の原因となることは予測されず、他の身体的精神的条件が事故後に生まれた赤ちゃんに影響することはない、と記している。






WHOのレポートは本当に残酷だと思います。

隠され、ごまかされた数字を操作することで推測された数字で、

事実を抹消しようとする

とても恐ろしいことです。



現実に近い、全くかけ離れている、の違いはあるものの

IPPNWの数字もWHOの数字も、結局は推測でしかなく、


現実に被害が出てしまったら、闇に葬られるだけ。


何も調べず、

あまりにも即座に

「放射能被曝とは関係ありません。」

と、診断される。。。



予測ではなく、実際のデータがあるのに。。。

Chernobyl Consequences of the catastorophe for People and the Environment

(日本語版が、4月26日に発売されるそうです。『調査報告 チェルノブイリ被害の全貌』


chernobyl_20130322153013.jpg


これだけで、皆が危機的な現実を認識するのには十分ではないですか?




みんな、何事もなかったように、

経済経済、競争競争、勝利、敗北、と数字に踊らされて毎日送っている。。。


その先に何があるかは見えないし見ようともしない。



こんな社会を未来の子供たちに引き継ぐのは、

私はいやです。





関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 20歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 17歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 8歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事

カテゴリ
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。