福島原発事故の責任

 2012-12-29
普通に考えれば、やっぱり、

あれだけの事故の責任を誰も取らないのはおかしい、と思います。





U.S. sailors sue Japanese utility over tsunami radiation
米国水兵、日本電力会社を津波放射能のかどで告訴


By Associated Press and KOMO News Services
Published: Dec 28, 2012 at 12:26 PM PST Last Updated: Dec 28, 2012 at 5:28 PM PST

SAN DIEGO - Eight U.S. sailors who served on a humanitarian mission to Japan in the wake of the tsunami-triggered Fukushima nuclear reactor crisis are suing the utility that operates the power plant.
サンディエゴ-福島の原子炉惨事を引き起こした津波の後、人道的使命で日本に派遣されていた米国の8名の水兵が、原発を運営している電力会社を相手に訴えを起こしています。


The lawsuit was filed in U.S. District Court in San Diego last week against Tokyo Electric Power Co., which is owned by the Japanese government. Plaintiffs include the infant daughter of two of the sailors who was born seven months after the March 2011 disaster.
その訴訟は先週、日本政府に所有されている東京電力に対し、サンディエゴの米連邦地方裁判所に提出されました。その原告の中には、2011年3月の災害の7ヶ月後に生まれた水兵2人の幼児(女子)も含まれています。


The sailors served on the San Diego-based aircraft carrier USS Ronald Reagan, which was carrying out "Operation Tomadachi" ferrying food and water to citizens in the city of Sendai in the wake of the earthquake and tsunami.
その水兵たちは、サンディエゴが拠点の航空母艦USSロナルド・レーガン号で任務していました。「友達作戦」を遂行し、地震と津波の後で、仙台市の市民に食糧や水を輸送していたのです。


Picture4_20121230073630.jpg


The sailors claim the Japanese government repeatedly said there was no danger to the carrier crew "all the while lying through their teeth about the reactor meltdowns" so rescuers would "rush into an unsafe area."
水兵たちは、日本の政府が繰り返し乗組員に対し危険がないと言っていたのだと主張しています。「始終、原子炉のメルトダウンについて口からでまかせを言っていた」ので、救助員たちが「安全ではない場所に、躍りこんだ」のだと。


The U.S. Navy, the suit said, relied on information from the Japanese government, which only belatedly admitted that radiation had leaked into the atmosphere from the damaged power plant.
その訴えは、損傷した発電所から放射能が環境に漏洩したことを認めたのが遅れた日本政府からの情報に米海軍が頼っていた、と述べています。


The suit claims the sailors were exposed to harmful levels of radiation that could result in cancer and a shorter lifespan, and they are undergoing considerable mental anguish as a result. The sailors are suing for more than $100 million in damages.
その訴えは、水兵たちが有害なレベルの放射能に被曝し、癌や短命になる可能性があり、彼らが(被曝の)結果、現在かなりの精神的苦痛を抱えているのだと主張しています。水兵たちは、1億ドル以上の損害賠償を求めています。


Picture3_20121230073630.jpg
「ただ真実を言ってほしかったです。彼らはうそをついていたから。それはうそをつくべきことではありません。人の命のことなのです。私たちは船上のロボットではありません。」


"They have physical problems. One of them is bleeding from from his rectum already. The others have problems with thyroid glands," the sailors' attorney, Paul Garner, told KGTV in San Diego.
「体調の問題を抱えているのです。彼らのうちの1人は、既に腸の出血があります。他のものは、甲状腺に問題があります。」水兵の弁護士、ポール・ガーナー氏はサンディエゴのKGTVに話しました。


Picture5_20121230073629.jpg


Garner says one of the sailors now has cancer and recently had a baby with birth defects.
ガーナー氏は、1人の水兵が癌になり、最近赤ん坊が先天性異常をもって生まれたのだと言います。


Some of the sailors experienced symptoms while their ship was in Bremerton, Wash., for maintenance and repairs starting in January 2012, a few months after returning from the humanitarian mission.
何人かの水兵たちは、2012年1月に空母船のメインテナンスと修理のため、ワシントン州、ブレマートンにいたときに、症状が出ました。


All of those traits are associated with radiation poisoning - but confirming that these health problems came from exposure to Fukushima nuclear reactor radiation won't be easy.
それら全ての特徴は、放射能被爆に関連のあるものです。―しかしこれらの健康問題が福島原子炉の放射能からのきているのだと確証するのは簡単ではないでしょう。


"I don't think that you can actually prove that," says San Diego State University professor and nuclear expert Murray Jennex.
「それを証明することは実際できるとは思えません。」とサンディエゴ州立大学教授で原子力専門家であるMurray Jennex氏は言います。


Picture6_20121230073629.jpg


Jennex says that determining radiation levels in a person, and the direct effects on that person can easily be argued.
体内の被曝量とその人への直接の影響を定めるのは、容易に論争されるものなのだ、と言います。


"There is no science I know of that their lives are shortened," said Jennex. "But this is something that is way down the road. If it was an immediate exposure risk, they would have known that."
「私の知る限り、命が縮まるというような科学的根拠はありません。」とJennex氏は述べました。「しかしそれは今明らかにされようとしていることなのです。もし、即座の被曝の危険性があったとしたら、既に知られているでしょう。」


Garner and the sailors say the Japanese government knew exactly how dangerous the situation was and never told the sailor aboard the ship about the risks until it was too late.
ガーナー氏と水兵たちは、日本政府が状況の危険性がどれほどのものかを正確に知っていて、既に手遅れになるまで、その危険について船に乗っていた水兵に話すことがなかったのだ、と言います。


"They put out the word that everything is fine, we got everything under control, and they lulled everybody, the world into a false sense of security," said Garner.
「全ては大丈夫だと言う言葉を発表し、私たちは、全てを収拾しました。彼らは皆を、世界を、間違った安全感へと静めたのです。」とガーナー氏は話しました。


An email seeking response from the Tokyo Electric Power Co.'s corporate office was not immediately returned.
東京電力からの回答を求めたEメールは、すぐには回答されませんでした。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

North Country Times(サンディエゴ)より抜粋。

...The lawsuit seeks $40 million from Tepco for each of the eight sailors, and the same amount for a baby of one of them born seven months after the disaster. That amount includes $10 million in damages and $30 million in punitive damages per person. In addition, the suit seeks $100 million to provide medical care for all nine.
その訴訟は、東電から各8名の水兵に400万ドルずつと、彼らの中の1人が災害から7ヵ月後に生んだ赤ん坊にも同額を求めています。その中には、100万ドルの損傷と、各自に300万ドルの懲罰的損傷が含まれます。これに加え、その訴訟は、9名全員の医療費として1億ドルを提供することを求めています。


Six of the eight sailors were stationed on the Reagan’s flight deck, and one served as an air decontamination specialist, the lawsuit states. The eighth worked in the air department, which handles aircraft launches, landings and maintenance.
8名の水兵のうち6名はレーガン号のデッキに配置され、1名は大気除染のスペシャリストとして勤務していた、と訴訟には述べられています。8名は航空機が離発着とメインテナンスを扱う空軍省に勤務していました。


The sailors experienced “great physical pain and mental anguish,” require therapies such as chelation and bone marrow transplants, and have had their lives shortened, the lawsuit states. It accuses Tepco of negligence, fraud, and deceptive business practices, and other legal violations.
水兵たちに、「酷い身体的痛みと精神的苦痛」があり、キレーション(体内の金属を排泄する治療)や骨髄移植のような治療が必要で、寿命が短くなったのだと、訴訟は述べています。東電を怠慢、欺瞞、ごまかしの商法と他の不法行為で訴えています。


More specifically, symptoms include “unremitting migraine headaches,” difficulty in concentrating, weight loss, ulcers and rectal bleeding, Garner said.
更に明確には、「収まらない偏頭痛」、集中する事が困難、体重減少、潰瘍と腸の出血を含む症状があるのだと、ガーナー氏は話しました。


...Two days after the disaster, the Navy said it had repositioned the Reagan after detecting low levels of contamination in the air and on 17 aircrew members who flew earthquake relief missions near the Fukushina plant.
。。。災害の2日後、低レベルの空気中の汚染が検出された後、その海軍はレーガン号を別の場所に配置し、17名の航空乗員が福島原発近くで地震救済派遣のために飛びました。


“The low-level radioactivity was easily removed from affected personnel by washing with soap and water,” the U.S. Pacific Fleet said in a statement about that incident. “They were subsequently surveyed, and no further contamination was detected.”
「低レベルの放射性物質は、石鹸と水で洗うことで放射能を浴びた隊員から容易に取り除くことができました。」と米国太平洋艦隊はその事象についての文書で述べました。「彼らは引き続き調査され、更なる汚染は全く検出されませんでした。」


50de6e5634962_preview-620.jpg


The statement said the maximum potential radiation dose personnel were exposed to was “less than the radiation exposure received from about one month of exposure to natural background radiation from sources such as rocks, soil, and the sun.”
その文書には、隊員が被曝したと考えられる最高の被曝量は、「岩、土、と太陽のような自然放射線からの1ヶ月被曝量より少ない」ものだったと書かれています。


Calls to the Navy on Friday afternoon and evening were not returned.
金曜日の午後と晩に海軍に電話をしましたが、返事はありませんでした。


Garner said the U.S. government relied on information from Tepco and the Japanese government that it was safe to enter the area. That makes them liable for the damage.
ガーナー氏は、アメリカ政府が東電と日本政府の、その地域に入っても安全だという情報に依存していたのだと言います。なので、東電と日本政府に責任があるということになるのです。


...The sailors received enough radiation to cause the symptoms they reported, Garner said, and an expert toxicologist consulted for the case is “staking his reputation” on that assessment.
。。。水兵たちは彼らが報告した症状を起こすほどの放射能を浴びたのだ、とガーナー氏は言います。そして、毒物学の専門家は、「彼の名誉にかけて」その評価を下しました。


...The sailors suing Tepco are Lindsay R. Cooper, James R. Sutton, Charles A. Yarris, Robert M. Miller, Christopher G. Bittner, Erik Membrila, Judy Goodwin and Kim Gieseking. The infant is Autumn Gieseking, whom Kim Gieseking gave birth to on Oct. 15, 2011.
。。。東電を訴えている水兵は、Lindsay R. Cooper, James R. Sutton, Charles A. Yarris, Robert M. Miller, Christopher G. Bittner, Erik Membrila, Judy Goodwin and Kim Gieseking。幼児はKim Giesekingが2011年10月15日に生んだAutumn Gieskingです。




米軍に、日本政府以外からの情報がなかったというのは、ちょっと??ですが。


そして、




こんな風に除染していては、

やはり、ちょっと。。。と感じますが。。。



また、この訴訟について、

米政府、米軍がどう考えているのかも、ちょっと??ですが。



もし、有罪判決がでれば、

日本の被災者にとっても、救いとなるに違いありません。




本家本元がこの裁判に新しい風を吹きこむことができたら、

日本で闇に葬られてしまった多くの同じようなケースが、

アメリカで今まで陰で犠牲になってきた多くの人たちが、


やっと日の目を見ることができるかもしれません。



それだけに簡単にいきそうもない不安がありますが、


冷静に見守りたいと思います。



さぁ、日本の新政権!

あなたたちは、まさにこの責任を果すために

政権復帰したのですよね!


“We just want the facts,” Garner said. “Their approach since the beginning has been to deny ... the truth will come out.”

「私たちはただ事実が知りたいだけです。日本政府は最初から否定の態度でした。。。真実は明らかにされます。」~ガーナー弁護士 STARS and STRIPES



関連記事
スポンサーサイト

豊かな生活って?

 2012-12-27
これはとあるメキシコの漁村での話。
The American Tourist and Mexican Fisherman


銀行員で投資家のそのアメリカ人が桟橋にいると、そこへちょうど一艘の小舟が、キハダマグロの大物を何尾か積んで帰ってきた。漁船には漁師が一人のっていた。アメリカ人は獲物の立派さを褒めちぎり、釣り上げるのにどのくらい時間がかかったかをたずねた。
An American tourist was at the pier of a small coastal Mexican village when a small boat with just one fisherman docked.Inside the small boat were several large yellowfin tuna. The tourist complimented the Mexican on the quality of his fish and asked how long it took to catch them.


Picture1_20121228114455.jpg



「なあに、ちょいちょいさ」とメキシコ人の漁師がこたえた。
The Mexican replied, "Only a little while."


それを聞いてアメリカ人はたたみかけるように聞いた。
The tourist then asked,


「そんなに簡単ならもう少し粘ってもっと釣り上げてこれたんじゃないのかね?」
"Why didn't you stay out longer and catch more fish?"


「とりあえず家族を養うにはこれで充分なんでさあ」
The Mexican said, "With this I have more than enough to support my family's needs."


「でも時間はたっぷりありそうじゃないか? 海に出ていないときにはあんたなにをしているんだ?」
The tourist then asked, "But what do you do with the rest of your time?"


メキシコ人の漁師がこたえた。「夜更かしするし、ちょっとだけ漁に出て、子どもたちと遊んで、女房のマリアと一緒に昼寝をして、目が覚めて夕方に なったら毎晩村にくりだして、ワインをすすり、仲間たちとギターをかき鳴らすんだ。これでけっこういそがしい毎日を送ってるもんでね」
The Mexican fisherman said, "I sleep late, fish a little, play with my children, take siesta with my wife, Maria, stroll into the village each evening where I sip wine and play guitar with my amigos, I have a full and busy life."


するとアメリカ人は鼻の先であざけるようにいった。
The tourist scoffed,


「私なら、ハーヴァードのMBAをもっているから、力になれますよ。あなたはより多くの時間を釣りに費やすようにして、その収益でより大きいボート を買わなければなりません。より大きいボートの収入で、さらにいくつかのボートを買うことができるはずです。そうなったらあなたは、何艘もの漁船を抱える ことになる。仲買人に獲物を売るかわりに、直接水揚げを水産物加工業者に卸せばいい。その気にさへなれば、自分で缶詰工場だってはじめられます。製品も、 加工も、流通も自分の手の内にできるんです。そうなったら、こんな小さな漁村を離れて、メキシコシティーへも、つぎにはLAにも、最終的にはより企業を大 きくするためにニューヨークへだって、あなた引っ越す必要があるかもしれません」
" I can help you. You should spend more time fishing; and with the proceeds, buy a bigger boat: With the proceeds from the bigger boat you could buy several boats. Eventually you would have a fleet of fishing boats. Instead of selling your catch to a middleman you would sell directly to the processor; eventually opening your own cannery. You would control the product, processing and distribution. You could leave this small coastal fishing village and move to Mexico City, then Los Angeles and eventually New York where you could run your ever-expanding enterprise."


それを聞いてメキシコ人の漁師がたずねた。
The Mexican fisherman asked,


「いったいそうなるのにどのくらいの年月がかかるかね?」
"But, how long will this all take?"


「ざっと15年から20年でしょうか」
The tourist replied, "15 to 20 years."


「ほー、それで、そうなったらそのあとはなにをする?」
"But what then?" asked the Mexican.


「ハッハッハ」アメリカ人は声を立てて笑った。「それです。そこが肝心。あなたは時期を選んで自分の会社の株式を公開をして、株を投資家たちに売り、しこたまもうけて大金持ちになるのです」
The tourist laughed and said, "That's the best part. When the time is right you would sell your company stock to the public and become very rich."


「大金持ちとは、どのくらいの?」
"How rich?"


「何百億って額ですよ」
"You would make millions."


「何百億ねえ、で、そのあとはどうする?」
"Millions?...Then what?"


そう聞かれてアメリカ人は意気揚々とこたえた。
The American said,


「そうしたら一線から引退するのです。海岸のそばにある小さな漁村にでも引き込んで、夜遅くまで起き、適当に魚を釣って、子どもたちと遊び、奥さんと一緒に昼寝をして、目が覚めたら村にくりだして、ワインをすすり、仲間たちとギターをかき鳴らせばいいんです」
"Then you would retire. Move to a small coastal fishing village where you would sleep late, fish a little, play with your kids, take siesta with your wife, stroll to the village in the evenings where you could sip wine and play your guitar with your amigos."





「何のために大学に行くの?」

という子どもの問いに、

「GOOD LIFE」のためだと答えた親子の会話を耳にしました。


Good Lifeとは、収入の高い職業につけば手に入るもの、だと言います。

そのためには、学位が必要なのだと。



そうなのかな?

IMG_0324_20100423133104.jpg


そういう世の中をみんな望んでいるのかな?


IMG_0322.jpg


明日何があるかわからない。

一番大事なものはなんだろう?



関連記事

マイ・SANTA

 2012-12-25
毎年ずっと、

クリスマスの朝は4時起きで

プレゼントにダッシュしていたボア君とラビ君。



IMG_7907.jpg



今日は、私より遅く起きてきた。。。

大人になったのかなぁ・・・



毎年同僚に頼んで筆跡を変えて書いていたサンタからの手紙。


santas letter


今年は「サンタの手」の同僚が早く休暇を取ってアリゾナに行ってしまい、

もうラビ君も13歳だし、今年はいいかな、と思っていたら、

ラビくん: Santa did not write to me this year....


とちょっと残念そう。。。

来年から、復活しよう!!!

持続は力なり!!!!



エリーにとっては、

家族がいつになく寝坊しているという

ごく普通の休日なのですが・・・


IMG_7909.jpg

『何か、いいにおい』



IMG_7912.jpg

『どうせ、あたしのじゃないよね。。。』



IMG_7914.jpg


でも。。。妙に血が騒ぐ。。。



IMG_7916.jpg

『え???もしかして。。あたしのっ?!!!』



そして、サンタからの私へのプレゼントは。。。


IMG_7917.jpg

From ボア君 スターバックスのギフトカード



Facebook-Friends-300x300.jpg

From ラビ君 フェイスブックのフレンドシップ


ちなみに、ボア君にもフレンド・リクエストしましたが・・・

拒否されました。。。


Thanks you SO much, my Santa♪

I love you SO much!!! XOXO



関連記事

笑顔を祈り。。。メリークリスマス

 2012-12-24


An eye for an eye will make us all blind
目には目を、は私たち全てを盲目にする

―Mahatma Gandhi マハトマ・ ガンジー
 


“Not all of us can do great things. But we can do small things with great love.”
「私たち皆が偉大なことができるわけではありません。しかし、私たちは、偉大なる愛で小さなことができるのです。」


mother teresa quotes


「人は不合理、非論理、利己的です。気にすることなく、人を愛しなさい。
あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。
気にすることなく、善を行いなさい。

正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう。
気にすることなく正直で誠実であり続けないさい。

あながた幸福を見つけたとき、人は嫉妬するでしょう。
気にすることなく幸福を感じなさい。

善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう。
気にすることなく善を行い続けなさい。

目的を達しようとするとき、邪魔立てする人に出会うでしょう。
気にすることなく、やり遂げなさい。

あなたの助けた相手から恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。
気にすることなく助け続けなさい。

あなたの中の最良のものを世に与え続けなさい。けり返されるかもしれません。
気にすることなく、最良のものを与え続けなさい。」
(日本語訳は、原文と少し違うようですが、気に入っています。)


“Peace begins with a smile..”
「平和は笑顔で始まる。。」
― Mother Teresa マザーテレサ


4号機に何もなく、クリスマスが迎えられたことに感謝!です。

メリークリスマス♪


関連記事

避難する人、しない人

 2012-12-22
People Flee Japan Nuke Disaster to Faraway Okinawa
日本の原発災害から、遠く沖縄へ逃げる人々


By YURI KAGEYAMA Associated Press

NAHA, Japan December 22, 2012 (AP)

Okinawa is about as far away as one can get from Fukushima without leaving Japan, and that is why Minaho Kubota is here.
沖縄は、日本を離れずに避難できる、福島から一番遠いところでしょう。それがクボタ・ミナホさんがここにいる理由です。


lmokinawa22e.jpg


Petrified of the radiation spewing from the Fukushima Dai-ichi nuclear plant that went into multiple meltdowns last year, Kubota grabbed her children, left her skeptical husband and moved to the small southwestern island. More than 1,000 people from the disaster zone have done the same thing.
去年複数のメルトダウンに至った福島第一原子力発電所から吐き出された放射能に茫然とし、クボタさんは子どもを連れ、懐疑的な夫を残し小さな南西の島に移りました。被災地から1000人以上の人々が同じ行動をとったのです。


"I thought I would lose my mind," Kubota told The Associated Press in a recent interview. "I felt I would have no answer for my children if, after they grew up, they ever asked me, 'Mama, why didn't you leave?'"
「おかしくなるかと思ったのです。」とクボタさんは最近のインタビューでAP通信に話してくれました。「もし、子どもたちが育った後、『ママ、どうして避難しなかったの?』と問われたら、何も答えられないように感じました。」


Experts and the government say there have been no visible health effects from the radioactive contamination from Fukushima Dai-ichi so far. But they also warn that even low-dose radiation carries some risk of cancer and other diseases, and exposure should be avoided as much as possible, especially the intake of contaminated food and water. Such risks are several times higher for children and even higher for fetuses, and may not appear for years.
専門家や政府は、今のところ福島第一原発による放射能汚染から健康に与える影響で、目に見えるものはないのだと言います。しかし、彼らはまた、たとえ低線量の放射能でも癌や他の病気になる危険がいくらかあり、被曝をできるだけ避けるべきだとも警告します。そのような危険は子どもの方が数倍高く、胎児にとっては更に危険は高くなり、何年間も症状が現れないかもしれません。


7735718.jpg


Okinawa has welcomed the people from Fukushima and other northeastern prefectures (states) affected by the March 11, 2011, earthquake and tsunami that set off the nuclear disaster. Okinawa is offering 60,000 yen ($750) a month to help relocating families of three or four pay the rent, and lower amounts for smaller families.
沖縄は、2011年3月11日に地震、津波が引き起こした放射能災害で被災した福島や、他の東北からの人々を歓迎しています。沖縄は、3人~4人家族の移住を手助けするために、月々6万円、それより人数の少ない家族には、少額の家賃を提供しています。


"We hope they feel better, maybe refreshed," said Okinawan official Masakazu Gunji.
「気持が楽になり、リフレッシュできればと思っています。」と沖縄の公務員、グンジ・マサカズさんは言いました。


Other prefectures have offered similar aid, but Okinawa's help is relatively generous and is being extended an extra year to three years for anyone applying by the end of this year.
他の県も同じような援助を提供していますが、沖縄のものは比較的寛大で、今年末までに申請した人には皆、更に3年間延長しています。


Most people displaced by the disaster have relocated within or near Fukushima, but Okinawa, the only tropical island in Japan, is the most popular area for those who have chosen prefectures far from the nuclear disaster. An escape to Okinawa underlines a determination to get away from radiation and, for some, distrust toward Tokyo Electric Power Co., the utility that operates Fukushima Dai-ichi.
災害により移動させられたほとんどの人が、福島県内か、その付近に移住させられています。しかし、沖縄は、日本で唯一のトロピカルアイランドで、放射能災害から遠く離れた県を選ぶ人たちには、最も人気のある地域です。沖縄へ逃げるということは、放射能から逃れるだという決意、いくらかの人にとっては、福島第一原発の動かしている電力会社、東京電力への不信を強く表しているのです。


Kazue Sato lived in fear of radiation because the roof of her home in Iwaki, a major city in Fukushima, was destroyed by the earthquake.
サトウ・カズエさんは放射能に怯えて暮らしていました。福島県の主要都市であるいわきの自宅の屋根が、地震で破壊されてしまったからです。


And so she moved with her husband, a chef, back to Okinawa, where she had grown up. She now lives in her grandparents' home and hopes to turn it into a coffee shop with her husband.
それで、彼女は料理人である夫と自分が育った沖縄に戻りました。今は、祖父母の家に住み、夫とそこをコーヒー店にしたいと考えています。


But Sato is still struggling with depression, especially because her old friends criticized her for what they thought were her exaggerated fears about radiation. She struggles with a sense of guilt about having abandoned Fukushima.
しかし、サトウさんはまだ憂鬱に苦しんでいます。特に昔からの友人たちが、彼女が放射能についての恐怖心を誇張していると考え、彼女を非難したからです。彼女は、福島を見捨てたのだという罪の意識に苦しんでいます。


"Little children have to wear masks. People can't hang their laundry outdoors," she said. "Some people can't get away even if they want to. I feel so sorry for them."
「小さな子どもたちはマスクをしなければなりません。洗濯物は外に干せません。」と彼女は話しました。「避難したくても逃げられない人がいます。そんな人たちにとても申し訳なく思います。」


Sato and Kubota are joining a class-action lawsuit being prepared against the government and Tokyo Electric on behalf of Fukushima-area residents affected by the meltdowns. It demands an apology payment of 50,000 yen ($625) a month for each victim until all the radiation from the accident is wiped out, a process that could take decades, if ever, for some areas.
サトウさんとクボタさんはメルトダウンに影響を受けた福島地域の住民のために、政府と東京電力に対しての集団訴訟運動に参加しています。訴訟では、事故からの放射能全てが消滅するまで、それぞれの犠牲者に対し月5万円の謝罪金の支払いを求めています。それができるとしても、いくつかの地域では、何十年もかかるでしょう。


Independent investigations into the nuclear disaster have concluded that the Fukushima Dai-ichi plant was unprepared for the massive tsunami, in part because of the nuclear industry's cozy relationship with government regulators.
この原子力災害の独立した調査は、福島第一原発が、巨大津波に備えていなかった理由の一端が、原子力業界と政府の規制機関の居心地の良い関係のためだったのだと結論付けました。


"We think people have the right to live in an environment not polluted by radiation that may harm their health, and that right has been violated by this accident," Izutaro Managi, one of the case's lawyers, said in a meeting earlier this month for plaintiffs in Naha, a major Okinawan city.
「人々は、健康を害するかもしれない放射能に汚染されていない環境に暮らす権利があり、この事故により、その権利が侵害されていると考えています。」とこの懸案の弁護士であるマナギ・イズタロウ氏は、沖縄の首都、那覇で今月の始めに開かれた原告のための会合で述べました。


Japan's statute of limitations requires that the lawsuit be filed no later than March 11, 2014. About 20 of the evacuees in Okinawa have signed on to the lawsuit, which has gathered 100 other people in the three weeks since it began.
日本の出訴期限法では、2014年3月11日までに訴訟が提出されなければなりません。沖縄にいる約20名の避難者たちがその訴訟に署名しました。その行動を始めてから3週間で既に100名の署名が集まっていました。


Kubota, who now works part time for an Okinawa magazine publisher, said the problem is that no one is taking responsibility for the accident.
今では沖縄の雑誌出版社でパートタイムで働いているクボタさんは、誰も事故の責任を取っていないのが問題なのだと話しました。


"Seeking accountability through a lawsuit may feel like such a roundabout effort. But in the end, it's going to be the best shortcut," she said.
「訴訟を通して責任を追及することは、回り道に感じるかもしれません。でも最後には、それが最も近道なのです。」と彼女は言いました。


She is getting health checkups for her children, fretting over any discovered problems, including anemia, fevers and nosebleeds.
クボタさんは、子どもたちに健康診断を受けさせ、貧血症、発熱、鼻血を含み、現れた症状に悩んでいます。


Her fears are heightened by the fact that she and her children had lived in their car right after the disaster, which had liquefied the land and destroyed their home. They had unknowingly played outdoors while the nuclear plants had been exploding, she recalled.
地面を液化させ、家を破壊した災害の直後、自分と子どもたちが車の中で暮らしていたという事実で、彼女の恐怖は高まります。原発が爆発していたのを知らずに外で遊んでいたのを思い出すのです。


The disaster ended up separating her family. Her husband refused to leave his dentist practice in Ibaraki Prefecture. They argued over whether to relocate, but she knew she had to leave on her own when he said: "There is nothing we can do."
その災害は、家族の分離という結果を招きました。彼女の夫は茨城県の自分の地区での歯科診療を離れることを拒みました。移住するかどうかについて議論しましたが、彼女は夫が、「自分たちにできることは何もない。」と言ったときに、自分自身で去らなければならないと悟りました。


These days, he visits her and their two boys, ages 8 and 12, in her new apartment in Okinawa on weekends. He sends her money, something he didn't do at first.
最近は、夫が週末に、彼女と8歳と12歳の2人の息子が暮らす沖縄の新しいアパートを訪れます。夫は彼女にお金を送っています。最初は送金はありませんでしたが。


"I wake up every day and feel thankful my children are alive. I have been through so much. I have been heartbroken. I have been so afraid," she said.
「毎日起きると、自分の子どもたちが生きていることに感謝の気持を感じます。あまりにも沢山のことがありました。心が折れました。とても怖かったのです。」と彼女は話しました。

———

Follow Yuri Kageyama on Twitter at www.twitter.com/yurikageyama





去年、原発事故で名前が知れ渡った地域出身の友人に、


『他国にいるからこそ見えてくるもの見えてこないもの、

自国にいるからこそ見えてくるもの見えてこないもの、あるんでしょうね。』


というメールをもらいました。


それ以来、ずっと「見えていないもの」を探しています。



カナダにいるのに、何言ってるの?

何が分かってるの?

余計な心配しないで欲しい。


そう言われているような気がして、

悩みました。




日本からカナダに避難してきた友人もいます。

彼女の気持は、痛いほどわかり、

彼女に、見えていなかったものを少し教えてもらった気がします。



子どものことがとにかく心配。

夫に分かってもらえない。

周りの人に本当の気持が言えない。

自分だけ避難して罪の意識を感じる。



どれだけ多くの人が同じように思っている事でしょう。


でも、思うのです。

逃げることが一番大事だと思うなら、

逃げたほうがいい。


それは、裏切りではなく、

未来の日本を助けるために。


同じ過ちを、

もう二度と繰り返さないために。



自分が危険に曝されていては、

誰かを助けることなんてできないから。



だから、自分の決断に自信と誇りをもってほしい。


7735865.jpg


事故がもたらした現実を

新しい土地でも忘れないで、

どんな形でも良いから

伝えて欲しい。


何気ない一言でも、

何かを大きく変える力を持っているに違いないから。



私は、

余計な心配でも何でも、

自分ができることはなんでも、

これからもずっと、していきます。


今でもその友人のことが、心配なのです。



関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック