ALERT!!国際原子力推進組織、福島に上陸!!

 2012-11-28
japan_times_logo.jpg


Thursday, Nov. 29, 2012

IAEA to use Fukushima Prefecture facility as a base for nuclear crisis cooperation
福島県の施設を、原子力危機協力の拠点として使用するIAEA


Kyodo

The International Atomic Energy Agency plans to use a Fukushima Prefectural Government facility as a base for joint operations to deal with the Fukushima No. 1 nuclear plant meltdown crisis, Japanese government sources said Wednesday.
国際原子力機関は、福島県の公共施設を福島第一原発メルトダウンの危機を処理するための共同事業の拠点として使用する計画をしている、と水曜日、政府筋が述べました。


7fa6730f22b680e1e2bc54a62f069fdb_XL.jpg


The IAEA and the prefecture will open the base, which will engage in such operations as radiation decontamination and health management services for local citizens, in the first half of next year.
IAEAと福島県は、放射能除染と地元市民の健康管理プログラムのような事業に取り組む拠点を来年6月までに開設します。


They are now drafting a cooperation agreement for Fukushima Gov. Yuhei Sato and IAEA Director General Yukiya Amano to sign at a high-level meeting starting Dec. 15 in the city of Koriyama.
現在、福島の佐藤雄平知事とIAEAの天野之弥事務局長が12月15日から始まる郡山市での閣僚会議にて署名される協力合意書の草案をまとめています。


The IAEA has sent teams to help Fukushima deal with the crisis, which started when tsunami triggered by the March 11, 2011, Great East Japan Earthquake overwhelmed the ill-protected Pacific coastal complex.
関東東北大震災が十分に防護されていなかった太平洋岸の施設を圧倒した2011年3月11日の津波が引き起こした危機を取り扱う福島を助けるため、IAEAは、チームを送りました。


In late August, Gov. Sato asked the IAEA chief in Vienna to work with the prefecture in efforts to decontaminate radioactive areas and dispatch experts. Amano accepted the request. Details regarding the nature of the joint operational base, the public health management program and the decontamination work were not specified.
去年8月に、佐藤知事はウィーンのIAEAの事務局長に、福島と共に汚染地域を除染する取り組みを県と共に行い、専門家を派遣するよう、要請をしていました。天野氏はその要請を受託しました。住民の健康管理プログラムと除染作業の共同事業拠点の特性についての詳細は、まだ明らかにされていません。


以下、河北新報より。

IAEA、福島県施設に拠点 除染など技術支援 

東京電力福島第1原発事故に対処するため、福島県と国際原子力機関(IAEA)が予定する放射性物質の除染などの共同プロジェクトをめぐり、その活動拠点を福島県が所有する施設に置く方向で調整が進んでいることが28日、分かった。プロジェクトは除染や県民の健康管理などが柱で、拠点は来年前半の運営開始を目指す。日本政府筋が明らかにした。

 除染は今後本格化する活動で、IAEAは廃棄物処理や福島県が進める全県民の健康管理調査などとともに、県を技術面で支援する。現地には国際的な専門家チームを派遣することを想定。県施設に拠点を置くことで緊密な連携を狙う。

 活動拠点は実施プロジェクトの調整やIAEA関係者が福島入りした際の足場になる見通し。福島県は活動予定地域へのアクセスなどを踏まえ、場所の最終的な選定を進めているとみられる。

 政府筋によると、政府とIAEAが12月15日から郡山市で開く「原子力安全に関する福島閣僚会議」までに概要をまとめたい考えで、年明け以降、本格的な準備に取り掛かることを検討している。会議に合わせ、福島県の佐藤雄平知事はIAEAの天野之弥事務局長との間で協力文書に署名する予定。

 IAEAは福島第1原発の事故処理で複数の専門家チームを福島県に派遣するなど積極的に協力。佐藤知事は8月末、ウィーンのIAEA本部を訪れて天野氏に除染活動などでの協力や専門家の派遣を要請し、天野氏も同意していた。


2012年11月29日木曜日






IAEAは2011年の2回の訪問で、日本政府の危機対応を絶賛している原発推進組織です。

今年1月に日本政府からも、IAEAに福島の常駐を要請。

?????な国際協力



日本での更なる大地震が起こる高い確率が話題になると、

ストレステストの妥当性を認めながらも、歯切れの悪い発言に変わり、

天野氏の、のりのりの福島進出にも、待った!がかかったようでした。


国際原子力広報機関~トーンダウン・・・?



その後、安全実施計画は各国で2つに意見が割れ、結局は強化できていないにもかかわらず、著しい前進、と自画自賛。。。

IAEA vs GREEN PEACE


推進活動は世論を無視して活発さを取り戻し、

ついに、福島を取り込むことに成功しました。

WHOを飲み込み、福島を飲み込む怪物



除染の専門家(たしかいなかったと思いますが??)をどんどんIAEAから派遣していただき、

自分たちが今までさんざん推進してきたものがもたらした

放射能のゴミを処理するために

そこで何十年も研究と作業を行い、


一般市民のボランティアの除染などという非人道的なことは一切中止し、

福島の環境改善と、

作業員が激減している

それこそ危機的な福島第一原発の収束作業のために取り組んでいただくのは良いですが、



福島の方々の健康を、命を、決してIAEAに託すことはできません。

原子力推進機関であって、医療機関ではないのですから。




関連記事
スポンサーサイト

国連保健機関 VS 国連人権理事会

 2012-11-26
昨日、WHOのこんな発表が報道されました。

福島のがんリスク、明らかな増加見えず WHO予測報告
WHO forecasts no significant increase in cancer patients in Fukushima

November 25, 2012

(緑の部分は日本語記事で見られない英語の部分を私訳したものです)

【大岩ゆり】

東京電力福島第一原発事故の被曝(ひばく)による住民の健康影響について、世界保健機関(WHO)が報告書をまとめた。がんなどの発生について、全体的には「(統計学的に)有意に増える可能性は低いとみられる」と結論づけた。ただし、福島県の一部地域の乳児では、事故後15年間で甲状腺がんや白血病が増える可能性があると予測した。報告書は近く公表される。
Cases of cancer caused by radiation from the Fukushima nuclear accident will not increase significantly, although the risk facing infants near the plant has risen, a draft report by the World Health Organization said.


The WHO’s draft report, obtained by The Asahi Shimbun, also said the health risks for people living outside Fukushima Prefecture were negligible, regardless of age.
朝日新聞が入手したWHOの報告書原案は、福島県以外の人々への健康被害の危険性は、年齢に関わらず無視できるものだ、としている。

The report, the WHO’s first to assess potential long-term health problems related to last year’s nuclear accident at the Fukushima No. 1 nuclear plant, will be released soon.
去年の福島第一原発での放射能事故に関する長期に渡る健康問題の可能性のWHOの最初の査定についての報告書は、近いうちに発表される。



福島第一原発事故による健康影響評価は初めて。100ミリシーベルト以下の低線量被曝の影響には不確かな要素があるため、原爆やチェルノブイリ原発事故(と1945年の日本の原爆)などの知見を参考に、大まかな傾向を分析、予測した。
Due to uncertainties in determining the effects of radiation exposure, the WHO’s predictions were based largely on studies of victims of the Chernobyl nuclear disaster in Ukraine in 1986 and the atomic bombings on Japan in 1945.


WHOはまず、福島県内外の住民の事故による被曝線量を、事故当時1歳と10歳、20歳の男女で甲状腺と乳腺、大腸、骨髄について、生涯分と事故後15年間分を推計した。その線量から甲状腺がんと乳がん、大腸がんなどの固形がん、白血病になるリスクを生涯と事故後15年間で予測した。
That data was used with the WHO’s estimates on accumulative radiation exposure inside and outside of Fukushima Prefecture of among residents who were 1 year old, 10 years old and 20 years old at the time the accident occurred. The WHO then calculated the chances of the residents developing thyroid cancer, breast cancer, colon cancer, and other cancers, including leukemia, within 15 years of the accident and during their lifetimes.


AJ201211250052M.jpg


成人で生涯リスクが最も高かったのは福島県浪江町の20歳男女。甲状腺がんの発生率は被曝がない場合、女性が0.76%、男性は0.21%だが、被曝の影響により、それぞれ0.85%、0.23%へ1割程度増えると予測された。他のがんは1~3%の増加率だった。
Among all local governments covered in the WHO report, the lifetime risk was the highest for 20-year-old men and women in Namie, a town near the stricken nuclear plant, according to the draft report. The thyroid cancer incidence rate was 0.76 percent for 20-year-old women and 0.21 percent for 20-year-old men in the town before the accident. The rate was forecast to rise by roughly 10 percent among all 20-year-olds in Namie due to the radiation doses from the damaged nuclear plant.


The rate for other cancers was predicted to increase by 1 percent to 3 percent among this age group in Namie, according to the report.
報告書によると、浪江のこの年齢層での他の発癌上昇率は1-3%。


As for 20-year-olds in other parts in Fukushima Prefecture, the overall incidence rate for other cancers will likely increase by less than 1 percent.
福島県以外の20歳では、他の発癌の全体的な上昇率は1%以下。


Based on these numbers, the WHO concluded that the overall increase in the cancer incidence rate for 20-year-olds following the Fukushima nuclear accident was statistically insignificant.
これらの数字に基づき、WHOは福島原子力事故後の20歳での発癌の全体的な上昇率は、統計的に有意性がない、と結論付けた


But for children, who are deemed more susceptible to radiation exposure than adults, the increases varied sharply depending on the location.
しかし、こどもはというと、大人より放射線被曝に対して感受性が強いと考えられ、地域によって、上昇率がかなり様々。

The incidence rate for 1-year-old girls in Namie for developing thyroid cancer by the age of 16 grew 9.1 times from 0.004 percent before the accident to 0.037 percent, according to the WHO report. That means 3.7 1-year-old girls out of 10,000 living in the town will develop thyroid cancer, compared with 0.4 girls before the accident.
WHOの報告書によると、1歳の浪江の女児が甲状腺がんを16歳までに発病する確立は、事故前の0.004%から0・037%へと9.1倍の上昇。つまり、町に住む1万人のうち、3.7人の1歳の女児が甲状腺がんになる、ということ。ちなみに事故前は0.4人の女児。 

For 1-year-old boys in Namie, the likelihood of developing leukemia was predicted to go up 1.8 times from 0.03 percent before the accident.
浪江の1歳の男児の場合、白血病の発症率が事故前の0.03%から1.8倍上昇するという予測。

The thyroid cancer rate for 1-year-olds in Iitate, another town near the stricken nuclear plant, grew 5.9 times, while the rate in the prefectural capital of Fukushima increased 3.7 times.
飯舘の1歳児の甲状腺がん発症率は、5.9倍上昇。一方首都福島では3.7倍の上昇。


The risks posed to fetuses were considered the same as those for 1-year-olds.
胎児に与える危険性は、1歳児と同様と考えられる。


The report also said the chances of young people exposed to low-level radiation developing benign tumors or cysts will likely rise, and it urged continued monitoring of their health even though the tumors and cysts are unlikely to become cancerous.
報告書はまた、低線量被曝した若者が良性腫瘍や嚢胞を発症する可能性が上昇するとし、癌に変わりそうもない腫瘍や嚢胞であっても健康状態を続けてモニタリングすることを薦めている。


Experts involved in the WHO’s assessment said some of the figures could have been overrated as a precaution against possible failures in taking into account certain signs of health damage.
WHOの査定に関わった専門家たちは、いくつかの数字が、健康障害のある兆しを考慮にいれ、起こりうる誤算を用心して、過大評価していると述べた。


The WHO in May released its estimates of accumulative radiation doses for people in Fukushima Prefecture. These estimates assumed that people living near the Fukushima No. 1 plant remained in their homes for four months after the accident started and ate only locally produced food.
5月にWHOは福島県の人々の累積被曝量の推測を発表した。これらは、事故開始後の4ヶ月、福島第一原発の近くに住み続け、地元産の食べ物を食べたとして推測された。


Indeed, some residents stayed within 20 to 30 kilometers of the plant for months after the meltdowns in March last year.
実際に、去年3月のメルトダウンの後、何ヶ月も原発から20-30km圏内に留まった住民がいた。


The WHO’s estimates put the lifetime radiation exposure in the thyroid glands of 1-year-olds at 122 millisieverts in Namie, 74 in Iitate, 49 in Katsurao, 48 in Minami-Soma and 43 in Fukushima, Date, Kawamata, Naraha and other municipalities.
WHOの推測では、浪江の1歳児の生涯甲状腺被曝量を122ミリシーベルト、飯舘が74、葛尾が49、南相馬が48、福島、伊達、川俣、楢葉と他の市町村が43としている。


The international organization has said health risks could exist even with low-level radiation exposure of less than 100 millisierverts.
国際的機関は、100ミリシーベルト以下の低線量被曝でも健康への危険性が存在すると言う。


By comparison, evacuees from the Chernobyl accident were exposed to an average of 490 millisieverts of radiation, according to a U.N. report.
これに比べ、チェルノブイリ事故からの避難者は平均490ミリシーベルトを被曝したと国連の報告書は述べている。


About 6,000 of the Chernobyl evacuees, most of them children, later developed thyroid cancer, a disease that is relatively easy to treat compared with other types of cancer. Of them, fewer than 20 died of thyroid cancer.
チェルノブイリの約6000名の避難者は、ほとんどが子どもたちで、後に、他のタイプの癌と比べると比較的治療が容易な甲状腺癌を発症し、甲状腺がんが原因の死亡者は20名以下。


The WHO forecast does not mean that affected residents in Fukushima Prefecture will never develop cancer as a result of radiation exposure, but it does indicate that the rate of increase in cancer cases is so small that it does not present a statistically detectable risk.
WHOの予測は、福島県の被災者が被曝の結果として癌を発症することを意味しているものではない。発癌の上昇率はとても小さく、統計的に検出可能な危険性を示していない、ということ。


Some health experts hailed the WHO report for spelling out the health risks in numbers.
何人かの健康専門家たちは、WHOの報告が健康に与える危険性を数字で詳細に説明していると認めた。


Residents in Fukushima Prefecture became skeptical of the repeated reassurances by the central government and the Fukushima prefectural government that their health would probably not be affected if their radiation exposure was 100 millisieverts or less.
100ミリシーベルト以下の被曝ならば、おそらく健康被害はないだろうとする政府や県から繰り返される安心発言で、福島県住民は懐疑的。


Epidemiologists and specialists of radiation-related illnesses from around the world were involved in calculating the WHO’s assessments.
世界中の疫学者や放射性疾病の専門家たちがWHOの査定の計算に関わった。


The Japanese participants were Otsura Niwa, professor of radiation biology at Fukushima Medical University, Roy Shore, vice chairman of the Radiation Effects Research Foundation, and Makoto Akashi, executive director at the National Institute of Radiological Sciences.
日本からの参加者は、福島医大の放射線生物学教授、ニワ・オオツラ氏、放射線影響研究所の副会長、Roy Shore氏、放射線医学総合研究所の常務取締役、アカシ・マコト氏。


Although the experts were split on whether the WHO’s predictions overrated the dangers, a specialist on radiation doses praised the precautionary approach.
専門家たちの中でも、WHOの推測が危険を過大評価しているかどうかについては意見が割れているが、ある放射線量についてのスペシャリストは、この用心深いアプローチを賞賛した


私はもう、放射線の専門家、医師は信用できなくなりました。だって、放射線危険だと分かったら、治療だとしても、仕事へっちゃいますよねぇ。。。日本は、レントゲンかけすぎですし。。。


“We cannot help it if the radiation estimates aimed for health purposes are inflated at the beginning,” the specialist said. “The figures can be adjusted when we have more information available.”
「健康目的を意図した放射線推測が初めに膨れ上がったら、私たちはそれを止められない。もっと情報が得られたときに数値を調整すればよい。」とそのスペシャリストは言う。


Shore also supported the WHO’s stance, citing the results of radiation checks of atomic bomb survivors in Hiroshima and Nagasaki, as well as the results of epidemiologic studies of people working in facilities where relatively high levels of radiation are present, including hospitals.
Shore氏もまたWHOのスタンスを支持。広島と長崎の原爆犠牲者の放射能検査の結果と、病院を含む放射線レベルが比較的高い施設で働く人々の疫学的研究が存在するのだと言及。


Shore said that even if people are constantly exposed to low-level radiation exposure, their health could be affected depending on the actual level.
彼は、低レベルの放射線を常に被曝したとしても、その人の健康は実際のレベルによって影響を受けるのだと言う。


But Niwa argued that the WHO should have stuck to realistic radiation estimates because overblown figures could create unnecessary fears among the affected people.
しかしニワ氏は、WHOが膨れ上がった数字が不必要に被災者の恐怖を煽るため、現実的な放射線の予測に留まるべきだと議論する。


過小評価だと議論しているのではなく。。。これでも言いすぎだ。。。と???


“If people were told of risks higher than they really are, they will be concerned,” he said. “Even if the figures were later downgraded, they will only harbor doubts.”
「実際より危険が高いと言われれば、心配するだろう。」と彼は言う。「たとえ後で数字が低くなっても、人々は疑問を抱くだけだ」


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

WHOは、IAEAの健康安心広告塔としての使命を果すべく

日々邁進しているようです。。

ここまでできるその非倫理感には絶句。。。



一夜明けて翌日。。


CBC(Canadian Broadcasting Corporation)より
(APの記事ですが。。。)

UN says Fukushima nuclear risks underestimated in Japan
国連、福島放射能の危険性を過小評価していると指摘


Rights investigator says Japan overemphasized optimistic views of radiation risks
(国連)権利調査員、日本が放射能の危険性についての楽観的見解を強調しすぎていると言及


The Associated Press Posted:
Nov 26, 2012 6:43 AM ET Last Updated: Nov 26, 2012 11:03 AM ET


A United Nations rights investigator said today that Japan hasn't done enough to protect the health of residents and workers affected by the Fukushima nuclear accident.
国連の人権調査員は今日、日本が福島原子力事故能により影響を受けた住民や作業員の健康を守るために十分なことがなされていない、と述べました。


Anand Grover, UN special rapporteur on the right to health, said the government has adopted overly optimistic views of radiation risks and has conducted only limited health checks after the partial meltdowns at several reactors at the Fukushima Dai-ichi nuclear power plant caused by an earthquake and tsunami in 2011.
国連人権員会の「健康に対する権利に関する特別報告者」のアナンド・グローバー氏は、放射能の危険性についてあまりにも楽観的な見解を取り入れ、2011年の地震と津波により引き起こされた福島第一原発のいくつかの原子炉のメルトダウンの後に、ごく限られた健康診断しかされていない、と話しました。


Several investigations, including one conducted by a parliament-appointed panel, have criticized the government for alleged coverups and delays in disclosing key radiation information, causing evacuees to be unnecessarily exposed to radiation. That has also caused deep-rooted public distrust of the government and nuclear industry.
国会が任命したパネルにより行われたものを含み、いくらかの調査は、疑わしい隠蔽や放射能に関する主要な情報の公開の遅延が、避難する人々を不必要に被曝させることになったと批判してきました。そのことはまた、深く根付いた国民の政府と原子力業界に対する不信感をも招いています。


Although he welcomed ongoing health checks of affected residents, Grover said they were too narrow in scope because they are only intended to cover Fukushima's two million people, and that only children are being given thyroid tests, even though the impact of radiation went far beyond Fukushima's borders.
現行の被災住民の健康診断は歓迎するものの、グローバー氏は、範囲が狭すぎると言います。なぜなら、放射能は福島の県境をはるかに超えて影響を与えているにもかかわらず、福島の2百万人の人を網羅することしか意図されず、子どもにしか甲状腺検査が行われていないからです。


He said the health survey should cover "all radiation-affected zones" stretching across much of the northeastern half of the main Japanese island of Honshu. So far, only ¼ of Fukushima's population has been covered.
彼は、健康調査が「放射能の影響を受けた全ての地域」を網羅するべきだと言います。本州の北東半分にまで拡大するということです。今のところ、福島の人口の1/4しかカバーされていません。


Many nuclear plant workers on short-term contracts have no access to permanent health checks, and many residents complained that they have not been allowed access to their own health-check results, Grover said.
短期契約の多くの原発作業員たちは、生涯にわたる健康診断を受けることが全くできません。そして、多くの住民たちが、自分たちの健康診断の結果を得ることが許されていないと申し立てているのだと、グローバー氏は話しました。


Picture1_20121127130301.jpg


Chornobyl not good example
チェルノブイリは適例ではない



"The scope of the survey is unfortunately narrow as they draw on the limited lessons from the Chornobyl accident and ignore epidemiological studies that point to cancer as well as other diseases in low-dosage radiation," Grover said.
「チェルノブイリからの限られた教訓にたより、癌や低線量でのほかの疾病についてもの疫学的研究を無視しているので、日本の調査の規模は残念ながら小さいものです。」とグローバー氏は言いました。


He said the government's use of a radiation threshold of 20 millisieverts per year — an annual cap set for nuclear industry workers that is more than 10 times the three-year limit for ordinary citizens — in determining off-limits areas around the plant conveys a misleading message that doses up to that level are safe. The government has emphasized that message by saying in official publications, school booklets and in conferences that there is no clear evidence of a direct risk of cancer if a person is exposed to radiation doses of up to five times that level.
彼は、年間20ミリシーベルト-一般市民の3年間の被曝限界の10倍で、原発業界作業員に設定された一年間の限界量-という放射線のしきい値を政府が原発周辺の立ち入り禁止境界を決定するのに使用することは、そのレベルの被曝までが安全だという誤解を招くメッセージを伝えることになります。政府は、正式発表で、学校の教科書で、会議で、そのレベルの5倍の放射線を被曝しても、直接発癌の危険性があると明らかに証明できるものは全くない、と述べることで、そのメッセージを強調してきました。


He said in Chornobyl, the obligatory resettlement threshold limit was just a quarter of Japan's.
彼は、チェルノブイリでは、強制移住の限界敷居値が、日本のちょうど1/4だと言います。


There are some studies that say radiation exposures of up to 100 millisieverts per year show no clear evidence of higher cancer risks, he said.
年間100ミリシーベルトまでの放射線被曝で癌になる危険性が高くなるという明らかな証拠はないとする研究がいくつかある、と彼は話しました。


"But that is controversial. And there are a lot of studies which indicate otherwise. The government need not say which is right. The government has to err on the side of caution and be inclusive," he said.
「しかしそれは議論の余地があります。そして、違うことを示している多くの研究があるのです。政府はどちらが正しい、と言う必要はありません。政府は、より慎重で包括的な立場に立たなければならないのです。」と彼は述べました。

 


Doctors at Fukushima Medical University say the estimated radiation exposure from the Fukushima accident was much smaller than from the 1986 Chornobyl nuclear disaster, and that an increased risk of thyroid cancer among children is unlikely.
福島医大の医師たちは、福島事故から予測される放射線被曝量は、1986年のチェルノブイリ放射能災害よりかなり小さいもので、子どもたちが甲状腺がんになる危険性が増加するということはありそうもない、と言いました。


In September, they found thyroid cancer in a teenage girl — the first case in checkups following the Fukushima crisis. But Shinichi Suzuki, a thyroid expert at the university, said he believes it was too early for radiation from Fukushima to have been responsible because it took about four years before the first cases of thyroid cancer began appearing among children after Chornobyl.
9月に彼らは10代の女の子の甲状腺がんを見つけました。福島の危機が始まってからの診断で最初のケースでした。しかし、その大学の甲状腺の専門家である鈴木真一氏は、福島の放射能が原因だとするには、まだ早すぎると考えている、と述べました。チェルノブイリの後、子どもたちの間で甲状腺癌が最初に現れるまでに、約4年かかった、というのです。


Grover also said the government should work harder to include residents in decision-making, monitoring and implementation of measures that affect their health.
グローバー氏はまた、政府が住民を、自分たちの健康に影響するモニタリングと測定の実践についての決定プロセスに含むべきだと話しました。


"I personally think experts only know part of the real situation. Communities must be involved," he said.
「私は個人的に、専門家たちが本当の状況の一部しか分かっていないと思います。地域社会が参加しなければなりません。」と言いました。


Grover wrapped up an 11-day survey in Fukushima and other areas Monday after submitting a draft interim report of his findings to the government. A final report is to be released next June.
グローバー氏は彼が見出したものの中間報告を政府に提出した後、月曜日に福島県と他の地域での11日間の調査を終えました。最終報告は来年の6月に発表されることになっています。



びっくりと残念なことずくしの調査となってしまったグローバー氏の記者会見







さぁ、どちらの言い分に真実があるでしょう? 真実の見分け方こちら



当たり前のことが言えなくなってしまったWHOに変わり、

まさか国連の方が発言してくれるとは。。。


感無量です。


グローバー氏が、

なにがしらの陰謀で辞任などさせられないことを、

願って止みません。



そして、日本の政府には、

今までの数々の貴重な調査報告書をなかったことのようにしていますが、

今度こそ、

実践に移していただきたいと、

叫びたい気持で一杯です。。。



関連記事

日本を去る避難者たち

 2012-11-24
オーストラリアより。

Quake, nuke, economy fears chase Japanese overseas
地震、核、経済への恐れが日本を海外へ追いやる

(全文はNuclear Newsより)

BY: RICK WALLACE, TOKYO CORRESPONDENT
The Australian
November 20, 2012

NEW figures reveal the number of Japanese leaving their homeland for a life abroad has more than tripled in the wake of last year’s earthquake, tsunami and nuclear accident. The number of Japanese living abroad jumped by more than 40,000 in the year to October last year, according to the latest Ministry of Foreign Affairs figures – more than three times the normal rate of growth.
去年の地震、津波、そして原発事故の後、自分たちの国土を離れ、生活を海外に移す日本人の数が3倍以上になっていることが明らかになっています。最新の外務省の数字によると、海外で暮らす日本人の数は、去年10月より4万に以上に跳ね上がりました。通常の伸びの3倍以上です。


Next year the number is likely to climb further, as travel industry research indicates passport issuance is growing sharply.
旅行業界の調査がパスポート保険が急激に伸びていることを示していることから、来年の数は、更に上昇しそうです。


IMG_7832.jpg
私と夫は日本のパスポート、息子たちはカナダのパスポート。。。(記事とは全く無関係。。。)


Worries about radiation, predictions of another devastating quake and diminishing opportunities in Japan’s economically depressed and rapidly ageing society are driving young families and singles and wealthy retirees abroad.
放射能の心配、また悲惨な地震が来るという予測、日本の経済不振の中で縮小する好機、急速に進む高齢化社会は、若い家族と独身者たち、裕福な退職者たちを海外へと駆り立てています。


In insular and conservative Japan, this increase is attracting attention... Many were motivated by radiation or earthquake worries or had more general concerns about the future of Japan... people tend to want to live in a place where you can feel that the future is going to be better than the past...all love Japan a lot, but they have come to the conclusion it’s better for them to leave.
島国で、保守的な日本では、このような増加は注目を引きます。多くの人が、放射能や地震の心配や、更には、日本の将来についての一般的な懸念が動機になっていました。人は、将来の展望が過去より明るいと感じるところに住みたいを思います。皆、日本をこよなく愛していますが、国を去った方が良いという結論に達しているのです。


article-1367450-0B39181300000578-170_470x485.jpg
Photo from Daily MailLeaving: A child undergoes a radiation test at Prague's Kbely military airport after hundreds of people fleeing Japan arrived from Tokyo's Narita airport
出国:何百人もの人々が日本から逃げ成田空港から到着した後、Prague Kbely空軍空港(チェコ?)で放射線検査を受ける子ども(2011年3月)




Foreigners tended to assume Japan had bounced back from the triple disaster, and in some areas that was true. But many Japanese now had, for the first time, a deep distrust of their government.
外国人たちは、日本がトリプル災害から立ち直ったと思っている傾向があり、ある場所では、そうかもしれません。しかし多くの日本人が今回、初めて、自分たちの政府への深い不信感を持ったのです。


The extent of the radiation release from the Fukushima plant, and the barrage of significant aftershocks, have been sources of stress for the Japanese, while despair at the nation’s dysfunctional politics and economic weakness permeates the community.
福島原発からの放射能放出の規模と、ひっきりなしに続く余震は、日本人のストレスの源になっています。一方で機能が損なわれた国の政治と社会に充満する経済の弱体化に絶望しています。


The analogy of a sinking ship springs easily to mind when you consider coastal land in many towns on the Tohoku coast has subsided as much as 1.5m following the magnitude 9 quake and tsunami.
マグニチュード9の地震と津波のあと、東北海岸沿いの多くの町の土地が1.5mまでも沈んだことを考えると、沈没していく船との類似性が、容易に心に浮かびます。


Although it accounts for just 2 per cent of the world’s land mass, Japan experiences more than 10 per cent of its earthquakes. One prospective emigrant, who spoke to The Australian after attending an AER World seminar, said he and his family were worried about
predictions of another massive quake and had decided to leave Japan.
世界の土地のたった2%しか占めていないとしても、日本では世界の10%以上の地震が起きています。大気・環境調査セミナーに出席した後、移民となるであろうある人がオーストラリア人に話したことは、彼と、家族が次の巨大地震の予測を心配し日本を去ることを決意した、ということでした。


“I feel for the first time that Japan is not safe any more,” he said...Another attendee, a woman in her early 40s, said she wanted to take her family to Australia or New Zealand because of the danger of radiation from the Fukushima disaster and the prospect of another quake.
「日本がもはや安全なところではないと感じたのはこれが初めてです。」と彼は話しました。他の参加者は、40代の女性で、福島災害からの放射能の危険と、次の地震の予測のため、オーストラリアかニュージーランドに家族を連れて行きたい、と話しました。


article-1366920-0B34703D00000578-909_964x511_20121125121651.jpg
Chaos: Passengers crowd Mar Haneda International Airport outside Tokyo as foreigners scramble to flee the country amid radiation fears
混沌:放射能の恐怖の中、日本から逃げようと東京の外の羽田国際空港にわれ先にと群がる群衆)2011年3月)



A Japanese garden designer by trade, she also declined to give her name, citing the risk of discrimination among her peer group about her “abandoning” her home country. “I can’t talk about my desire to move because rumours will just spread around so easily,” she said.
ある日本のガーデンデザイナーは、(彼女も名前を明らかにするのは断りましたが)母国を「捨てる」ことについての仲間内での差別の危険性について述べました。「移住したいという自分の希望について話すことはできません。簡単にうわさが広まってしまうからです。」


“And we can’t openly talk about the nuclear disaster – just among close friends really. But I have started taking action and if it goes smoothly we will be leaving.”
「原子力災害についてオープンに話すことはできません。本当に、ごく近い友達の間だけです。でも、私は行動に移し始めました。スムーズに行けば日本を離れます。」


According to Mr Omori, some radiation-conscious and well-researched New Lifers have even questioned Australia as a destination because it has a nuclear reactor – the tiny (in world terms) research reactor at Lucas Heights in southern Sydney…..
オオモリ氏によると、いくらかの、放射能を心配し、良く調べている新生人たちの中には、オーストラリアを、原子炉があるからという理由で、移住先として疑問視する人がいるということです。シドニー南部のルーカス・ハイツに(世界用語では)ちっちゃな研究用原子炉があるからです。





自然災害が絶対に起こらない場所、というのはどこにもないでしょうが、


これからも起こりえる原子力事故による放射能からの被曝を心配するのであれば、

南半球がBetterなのだと思います。



その中でも、日本に近い生活スタイルを維持できるのは、

オーストラリアか、ニュージーランドかもしれません。


でも、

オーストラリアは、ウランを輸出している。

ニュージーランドは、カナダと同様、日本の輸入品の規制を一切していない。




東日本から移住することはとても重要。


でも、できない大勢の人たちが、自分の場所で踏ん張り、

これからの日本を変えていくのも、ものすごく重要。



そして、幸運にも海外に移住できる人たちが、

これからの世界全体を変える意識と意志を維持し、



それを、自分がなんとしてでも守ろうとしている子どもたちに、

確実に引き継いでいくことが、

とても大事なのだと、


そうなってほしいと、


そんな風に強く感じています。



関連記事

活断層の疑いがある場所で稼動続ける原発 in Japan

 2012-11-22
NHK クローズアップ現代 2012.11.21
原発直下に活断層? 問われる国の判断

原発直下に活断層? 問われる国の判断 投稿者 tvpickup




Picture11_20121123150336.jpg
KEPCO Oi NPP


活断層か否か?
Active Fault or not?



Picture44.jpg 

If it's BLACK (Active Fault) or DARK GRAY (Most likely active fault) , we will tell them to shutdown the Plant.




Picture55.jpg 

Active Fault = the fault moved less than 120 ~ 130 thousands years ago, and is possible to move again.



関西電力: 断層の間の粘土が固いので、12~13万年よりも前に起きたので活断層ではない。
KEPCO: Clay between the faults is hard. The movement must be earlier than 120-130 thousands years ago.


専門家部グループ: 粘土はそれほど固くないので、12~13万年前に起きたもので活断層である可能性が否定できない。
Exparts group: Clay between the faults is soft. You cannot deny that the movement was later than 120-130 years ago.


Picture12_20121123160303.jpg





地層のずれ
Gap between faults


関西電力:原発から離れたところで起きた地滑り。
KEPCO: Landslide far from the plant caused the gap.

Picture7_20121123145656.jpg 
LANDSLIDE


専門家の一人: 地すべりでも説明がつく。「このような構造は、地すべり的、あの、あれに見える」
An expert:
Landslide can explain the gap.
"Such a structure looks like landslide ah... looks like that..."

あの、あれ???ってなんですか???



Picture22_20121123150335.jpg 
"I understood this was an active fault"


他のメンバー: 活断層の可能性を指摘する意見が相次ぐ。「先ほどのような構造は、地すべりで説明するのはやっぱりちょっと難しいのではないかと思います。」
Other members:
Many suggested the possiblity of active fault.
"It's hard to explain the structure with landslide."


Picture8_20121123145655.jpg 
ACTIVE FAULT



2回にわたって行われた評価会合
They had two assessment meetings.

Picture10_20121123145654.jpg 
"(KEPCO's) research was not sufficient."


規制委員会は、関西電力に対し、F6(断層)の実態を正確に把握するための追加調査を求めました。
Nuclear Regulation Authority asked KEPCO for further research to understand F6 (fault) more clearly.

Picture9_20121123145655.jpg 
"We need further research to get definite conclusion."


追加調査はかなり時間もかかりそうだといわれている中で、安全を重視して、原発の稼動を止める、という判断もあるかと・・・
It is expected to take so long to complete the additional research. Don't they prior the safety and consider to stop the plant?


原子力規制委員会は今の段階では、大飯原発の運転停止を求める考えは、ありません!
The Nuclear Regulation Authority does not ask KEPCO to stop the plant at this moment.

田中委員長は、専門家グループの調査がまとまった結論に至っていないことから、
The chair, Mr. Tanaka thinks it's early to decide to shutdown the plant

停止を判断するのはまだ早い、と考えている。
because the expert group have not reached their conclusion.

追加調査の結果が出るまで、運転停止を求めない、という考え。
They decided not to shutdown the plant until they get the results from further research.

関西電力は追加調査には時間がかかる、と説明。
KEPCO said that it would take time to complete it.


Picture11_20121123154645.jpg 
Chair, Tanaka:"It will be very strict for the operators...."

REALLY?! 調査が必要なのに、運転は止めない。調査をやるのは関西電力。電力会社にとても寄り添っている態度に感じられますが。。。


規制委員会の事務局にあたる原子力規制庁の8割以上の職員は、全身の保安員の職員。
80% staff of Regulation Agency, the executive office of Authority are just transferred from former NISA.





なぜ、安全よりも利益を重視し、

何が何でも原発を動かしたい電力会社に、

今までのズサンな調査が明らかにされたというのに、

再調査を頼むのでしょう?


なぜ、規制委員会の専門家たち主導で

更なる調査を手際よく行わないのでしょう???


なぜ、

活断層の可能性が指摘されているのに、

原発がまだ動いているのでしょう???



なぜ、

今動かさなければならない必要性について

議論しないのでしょう???



原子力規制委員会ウェブサイト安全審査について
About Safty assessment from Nuclear Regulation Authority website

Picture14_20121123173241.jpg
Where can you build NPP?
...where earthquake, wind, or landslide does not cause a severe accident.




関連記事

成長のためのエッセンスを奪われたこどもたち

 2012-11-20
huffington_post_logo.jpg


The Children of Fukushima
福島の子どもたち


Posted: 11/20/2012 2:54 pm


Picture4_20121121162723.jpg


Next to our house in California where I grew up there was an overgrown garden with a rubber tree, bushy shrubs and a little worn dirt path that I'd crawl through, a small journey to a place far away from the urban environment that surrounded me. In this garden, I made discoveries about the world, which led me to make personal discoveries. I have never let those early experiences go and always make it a point to follow my curiosities to this day. A part of my childhood lives on in my films and photography. In Fukushima, curiosity requires a Geiger counter.
私が育ったカリフォルニアの家のとなりには、ゴムの木、生い茂った潅木、這うように通った踏みならされた小道、周りの都会の環境から遠く離れたところへの小さな旅がありました。この庭で、世界についての発見があり、それは私個人の発見へと導いたのです。私はこれらの若いときの経験を忘れたことがなく、今日まで常に自分の好奇心に従うことにしています。私の子供時代は、フィルムや写真で生きています。福島では、好奇心にガイガーカウンターが必要です。



2012-11-20-Fukushima2.jpg


One day my exploration of Fukushima brought me to what looked like an old barn in an area that was evacuated, outside the total exclusion zone and therefore accessible. Curious to know what the reading was at the barn I tested the ground level radiation: the counter read 47μSv/h (microsieverts per hour). My heart stopped for a moment, terrified. By comparison, a recent reading in Brooklyn, N.Y. was 0.2μSv/h.
ある日福島で探検していると、空っぽになった古い飼育小屋のようなところに辿りついました。立ち入り禁止地区の外側だったので、入ることができました。その小屋のところの値がどのくらいか知りたくて、地面の放射能を測りました。47μSv/h を測定しました。心臓が一瞬止まり恐ろしくなりました。


2012-11-20-Fukushima3.jpg


ニューヨーク、ブルックリンの最近の値は0.2μSv/h でしたから。

ブルックリン、高くないですか??

ちなみに、シアトルは。。。
Picture1_20121121150920.jpg

ニューヨークは。。。
Picture3_20121121150920.jpg

・・・EPAのRadNetより



The structure where I took these readings was in an evacuated area, so it's unlikely that a child would come across it. But one of the hardships about life in Fukushima -- and indeed all of Japan now -- is that no one can ever know where radiation hotspots lie with any certainty, because radiation is carried by wind or running water. Think of how the wind can blow autumn leaves into piles far from the trees that they fell from. Then imagine those leaves to be invisible.
これらの値を測った建物は、立ち入り禁止地区内でした。なので、子どもたちがこの値に遭遇することはまずないでしょう。しかし、福島。。あるいは今の日本全域での生活についての困難の一つは、誰もホットスポットがある場所を確実にわからない、ということです。放射能は風で運ばれ、水に流されるからです。落ち葉が風に吹き飛ばされて元々落ちた木のところから遠いところで山済みになっているのを考えてみてください。そして、その葉っぱが見えないと想像してみてください。


Parents near Fukushima are under constant stress because they have to rein in their children's instincts to be outside and explore. If a young child made his or her secret hiding place where a hotspot reached 47 microsieverts every day for a year, the health risk from radiation poisoning would be severe and life-threatening. Schools in the region limit the time that their students can be outside to three hours each day.
福島の親たちは常にストレスがあります。なぜなら、外へ出て探検したい自分の子どもたちの本能を押さえつけなければならないからです。幼い子どもたちが秘密の隠れ場所にしたところが1年中毎日47マイクロシーベルトに達していたら、放射線被曝からの健康リスクは命を脅かすものとなるでしょう。その地域の学校は、生徒たちが外に出られる時間を1日につき3時間に限っています。


2012-11-20-Fukushima1.jpg
Recess at the Watari primary school: Children live a kind of half existence, never really able to enjoy the outdoors because they are limited to a maximum of three hours outside each day.
渡利小学校の休み時間:子どもたちはある意味自分の存在の半分を生きている。外で思いっきり楽しむことは決してできない。



Just radiation's taint cannot be seen with the naked eye, so too psychological damage exists in children who cannot be outdoors. Denied an essential piece of their youth, their mental and emotional growth becomes stunted. With every new discovery, particularly at a young age, the mind forms new neural connections, grows in intelligence, expands its potential and plasticity. Robbing children of these essential early experiences also robs them of a particular individualistic intelligence that can only be discovered if they are allowed to follow their imaginations. To embark on individual paths is to be in touch with fundamental essence, which so many young children are now sadly denied.
放射能の痕跡は肉眼で見えないので、外に出られない子どもたちには、大きすぎる真理的損傷があります。彼らの若さの本質的な一部が否定され、子どもたちの精神的、感情的成長が失われます。全ての新しい発見により、特に若いときには、心が神経の繋がりを形成し、知的成長を遂げ、その可能性と柔軟性を広げるのです。これらの欠くことのできない幼いときの経験を奪うことはまた、想像に従うことでのみ発見され得る、子どもたちの特有な個性的知性をも奪うことになるのです。それぞれの道へ乗り出すことは、基本的な本質に通ずることなのです。


I decided to call my film on the disaster Cpm-703. CPM are the "counts per minute" of a Geiger counter measuring radiation. 703 years is the half-life of uranium. The danger is immediate, but the impact will persist for an eternity.
私は、その災害についての自作のフィルムをCpm-703と呼ぶことにしました。CPMとは、ガイガーカウンターが放射能を測るときの「毎秒のカウント」のことです。703年とは、ウランの半減期です。危険は即時ですが、その影響は永久に続きます。


The mountains of Fukushima are breathtaking and inspired me to take long walks and make new discoveries. Always wary of the invisible risks I took truncated walks because I could not keep myself from seeing the landscapes that I had so long admired pictured on scrolls from the Edo period and before. These are the landscapes that children in the region are denied.
福島の山々は息を呑むようで、長い時間散策し、新しい発見をしたくなります。常に見えない危険に用心し、散策は短く切り上げました。江戸時代や、それより前の、とても長い間魅せられていた巻物に描かれた風景から目を離すことができなかったからです。この風景が、この地域の子どもたちが否定されているものなのです。



By Jake Price for Newsmotion.org







放射能災害は、


家を奪い、

健康を奪い、

生活を奪い、

土地を奪い、

食物を奪い、

水を奪い、

山を奪い、

海を奪い、

社会を奪い、

子どもたちの可能性を奪い、

成長を奪い、

夢を奪い、

心を奪い。。。。


大事なもの全てを奪ってしまうものならば、


今、


まずしなければならないことは、何ですか?




関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック