スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

WHOを飲み込み、福島を飲み込む怪物

 2012-10-30
Fukushima to build atomic energy research base with IAEA
IAEAと原子力エネルギー調査の拠点を構築する福島


October 30, 2012

THE ASAHI SHIMBUN

Fukushima Prefecture, site of last year's nuclear disaster, will establish a research base there with the International Atomic Energy Agency to study decontamination and radiation safety measures, officials said Oct. 29.
去年原子力惨事のあった福島県は、除染と放射能の安全対策を研究するため、国際原子力機関と共に県内に調査の拠点を設立すると、10月29日に述べました。


They said the prefecture plans to invite IAEA scientists to carry out research at a facility to be built in the town of Miharu. The facility will work closely with the Japan Atomic Energy Agency and the National Institute for Environmental Studies.
福島県は、三春町に建設される施設で調査を行うために、IAEAの科学者を招くことを計画しているのだと話しました。その施設は、日本原子力研究開発機構と国立環境研究所が密に協力して機能することになります。


Picture1_20121031111712.jpg



The prefecture will also construct a facility in Minami-Soma that will be tasked mainly with monitoring the safety of facilities related to nuclear power.
福島県はまた、南相馬に、主に原子力に関する施設の安全をモニタリングする施設も建設します。


In August, Fukushima Governor Yuhei Sato visited the IAEA headquarters in Vienna, and he agreed with IAEA Director-General Yukiya Amano on a joint project regarding decontamination and health monitoring of local residents.
8月に福島県サトウ・ユウヘイ知事はウィーンのIAEA本部を訪れ、天野ゆきや事務総長と、除染及び地元住民の健康モニタリングについての共同プロジェクトについて、同意しました。


AJ201210300043M.jpg





フランスTV5
原子力への大いなる沈黙機関WHO




1959年にWHOがIAEAと結んだ協定のせいで、

WHOは放射能被害についての自主性をもてなくなった。。。


Picture2_20121031111712.jpg

Picture3_20121031111711.jpg


日本で起こっていることに関して、

WHOの出す数値や情報は全く信用できない。。。


Picture4_20121031111711.jpg



WHOの職員8000人のうち3000人がジュネーブ勤務。

放射線防護の担当者の数は、

最高で2人のようです。。。。。

2年前まではWHOにも放射能防護課があったのに、

2年前に廃止されました。








原子力、放射能の安全対策、除染、住民の健康管理を

国際原子力推進機関と共同で行うプロジェクト???



取り返しのつかない大きな犠牲を払わされた福島が、

原子力推進の拠点になろうとしています。。。。



原子力の安全と、放射能の安全を大いにアピールし、

除染の限界と、住民の健康被害を徹底的に隠蔽して・・・



日本全体を、

世界中を取り込もうとでもいうのでしょうか。




多くの国際市民の開眼という今までにない脅威の前に、


激しく抵抗しているかのようにも感じられます。



Picture7_20121031111710.jpg



まさに、

人類の滅亡を

目指しているかのようですが・・・





福島は、


日本は、


何を目指していますか?



関連記事
スポンサーサイト

カナダBC州、西海岸で大きな地震

 2012-10-28
カナダの地震について、CBCより。

6.3-magnitude aftershock hits near B.C.'s Haida Gwaii
ハイダ・グワイ付近にマグニチュード6.3の余震


No injuries or major damage reported in tsunami-ready British Columbia, Hawaii
津波に備えるBC州、ハワイに怪我人、大きな損傷がなし



CBC News

Posted: Oct 28, 2012 4:05 AM PT
Last Updated: Oct 28, 2012 6:01 PM PT



A 6.3-magnitude aftershock struck off the coast of B.C.'s Haida Gwaii islands Sunday morning — less than 24 hours after Canada's strongest earthquake in more than 60 years hit the same area.
マグニチュード6.3の余震が日曜日の朝、ハイダ・グアイ島の海岸沖を襲いました。60年以上の間でカナダで一番大きな地震が起きて24時間たっていませんでした。


Officials said the temblor hit 64 kilometres southwest of Sandspit at a depth of 19 kilometres just before noon Sunday. A tweet from Emergency Information B.C. said no tsunami alerts were issued.
政府筋は、日曜日のちょうど正午前に、サンズピットの南西64km、深さ19kmの地点で地震が起きたと述べました。BC州緊急情報のツイートは、津波警告は発っせられていない、と言いました。


map_20121029164709.jpg


Erin Wilson, who lives in Skidegate, B.C., was speaking to the CBC News as the tremor shook.
BC州Skidegateに住むエリン・ウィルソンさんは、地震が襲ったときにCBCに話していました。


"It's non-stop," she said. "You hear things creaking and cracking and you hear — oh, another one right now. It's pretty scary."
「止まりません。」彼女は言いました。「物がきしんで、きしんでいるのが聞こえます。それと。。。あぁ、また来ました。」




More than 30 aftershocks have hit the area after a magnitude-7.7 earthquake struck Saturday evening, and several of the aftershocks measured at least 4 in magnitude.
30回以上の余震が、土曜日の夜のマグニチュード7.7の地震が起こった地域でありました。そして、それぞれの余震は、最低マグニチュード4と測定されました。


The initial quake triggered tsunami warnings from the Washington border to Vancouver Island and as far away as Hawaii. But the warnings were cancelled early Sunday, several hours after they were issued.
最初の揺れは、ワシントン州の国境からバンクーバー島とはるかハワイまで津波警告を促がしましたが、発信されて数時間後の日曜日早くには取り消されました。


Saturday's quake struck at 8:04 p.m. PT and was also centered off Haida Gwaii, formerly the Queen Charlotte Islands. Some residents reported feeling the quake as far away as Edmonton and Yukon.
土曜日の地震は、午後8:04に起こり、また、前のシャーロットアイランド、ハイダ・グアイの中心を外れたところでした。はるかエドモントンやユーコンまでゆれが感じられたと、何人かの住人から報告されています。


7460383.jpg


Residents near the centre of the quake said the violent jolting from the initial tremor lasted for up to a minute, but no injuries or major damage have been reported.
揺れの中心近くの住民は、最初の地震からの激しい揺れが1分ほど続いたと話しましたが、負傷や大きな損傷は報告されていません。


The quake shook homes in several B.C. communities, including Sandspit, Masset, Terrace, Prince Rupert, Kitimat, Prince George and Quesnel. Residents of Haida Gwaii reported a 90-minute power failure.
地震は、BC州のいくつかのコミュニティーを襲いました。サンズピット、マセット、テラス、プリンス・ルパート・キティマット・プリンス・ジョージ・ケスネルなどです。ハイダ・グアイの住民は、9分間電気が止まったと報告しています。


"I thought right away, we're having a big landslide," said Dave Martinek, who lives in Queen Charlotte City on the island.
「すぐに、大きな土砂崩れがあったのだと思いました。」と島のクィーン・シャーロット市に住むデイブ・Martinekさんは言いました。


"And then it progressed and kept on progressing, and the whole house was just shaking — pictures on the walls.
「そして、だんだん大きくなり、大きくなり続け、壁にかかっている絵、家全体が揺れていたのです。」


"I got my son, who was having a nap. He was stabilizing the book shelves. The windows and everything were just creaking," he said. "It was just pure hell there for a while."
「昼寝をしていた息子を抱えました。息子は本棚を押さえていたのです。窓や全てのものがきしんでいました。しばらくは、まさに地獄のようでした。」


Masset fire Chief Stephen Grosse described a frightening night.
マセット消防チーフのステファン・Grosseさんが恐ろしい夜のことを話しました。


"I felt the quake start, and I just yelled to my wife, 'We're having an earthquake.' This one didn't seem to want to stop, it just seemed to get more and more intense," he said.
「地震が始まったのを感じました。私はたただ妻に向かって叫びました。『地震だ。』と。この地震は止まりそうもありませんでした。ただどんどん強くなっているようでした。」


"The intensity of it — it just kept going. We had lamps in the house fall over, the chandelier we've got in the kitchen was just swaying. You could barely stand. I've never been more scared in my life."
「その強さは、ただ増しました。家にあったランプは倒れ、台所のシャンデリアは揺れていました。ほとんど立っていられませんでした。これほど怖かったことは今までありません。」


Tsunami warnings were issued for the North Coast, the Haida Gwaii islands, parts of the central B.C. coast, the coast of Alaska and for the Hawaiian islands.
津波警告が、ハイダ・グアイ島の北海岸、BC州中央海岸一部、アラスカ海岸、そしてハワイ島に発せられました。


Early Sunday morning, the warnings in both B.C. and Hawaii were downgraded to advisory status, meaning evacuations were no longer necessary, and they were cancelled altogether a few hours later.
日曜日の朝早く、BC州とハワイ双方の警告が勧告レベルまで下げられました。つまり、避難はもう必要がない、ということです。そして数時間後には、共に取り消されました。


Much of the B.C. coast, including the northern and southern ends of Vancouver Island, remained under an advisory overnight Sunday, indicating a tsunami could produce strong currents that would be dangerous to those near the water.
BC海岸のほとんど、バンクーバー島の北・南端を含み、日曜日の夜通し勧告が敷かれていました。津波が強い海流を作る可能性があり、海岸沿いは危険である、というものでした。


"We're very very grateful and thankful that we can go home tonight, counting our blessings," Hawaii Governor Neil Abercrombie told reporters after the tsunami warnings was downgraded.
「今夜家に家に戻れたことにものすごく感謝しています。」とハワイの、ネイル・Abercrombie知事が津波警告のレベルが下げられた後にレポーターに話しました。


"The water is still treacherous, still dangerous, and the beaches still need caution, but we can go home."
「海はまだ油断できず、危険で、浜はまだ警戒が必要です。しかし、私たちは家に帰ることができます。」

'Very grateful'
とてもありがたい

Hours after the earthquake, Dennis Sinnott, who works at the Institute of Ocean Sciences, said the largest wave hit Langara Island, a northern Haida Gwaii island, and measured just 69 centimetres.
地震の数時間後、海洋科学研究所に務めているデニス・Sinnott氏は、もっとも大きな波は、ハイダ・グアイ島のランガラ島を襲い、69cmと測定された、と話しました。


There were evacuations in Haida Gwaii and Port Edward, near Prince Rupert.
ハイダ・グアイとプリンス・ルパート近くのポート・エドワードは避難しました。


"It looks like the damage and the risk are at a very low level," Shirley Bond, British Columbia's minister responsible for emergency management said. "We're certainly grateful."
「とてもわずかな損傷や危険があるようでした。」と緊急時管理担当のBC州シャーリー・ボンド大臣は言いました。「本当にありがたいことです。」





There have been concerns that the B.C. government wasn't quick enough to release information about the quake.
BC州政府が、地震についての情報を十分に早く発っしなかったという懸念がありました。


Bond says she's pleased with the response — but added there will be a review.
ボンド大臣は、対応に満足していると言います。しかし、見直しをするとも付け足しました。


"I think we sometimes become complacent, but I should say that last night I don't think anyone was complacent," she said.
「時に、自己満足しがちです。しかし昨晩のことは、自己満足ではなかったと思います。」


"People were moving quickly, they were supporting one another ... My job is to ensure that we're doing it as well as possible so we'll debrief about how we responded and what we can do better."
「皆すばやく動き、お互いに助け合いました。わたしの仕事は、十分にうまく機能できたかを確認することですので、どのように対応し、何と改善できるのかを見直します。」


Low-lying areas in the Hawaiian islands were evacuated late Saturday. Geophysicists had feared waves between 1 and 1.9 metres to hit the Hawaii islands, beginning about 10:30 p.m. local time Saturday (4:30 a.m. ET Sunday ET). But Hawaii seems to have been spared the worst.
ハワイ島の低地は、土曜日に避難しました。地球物理学者たちは、土曜日の現地時間午後10:30ハワイ島に1~1.9mの津波が押し寄せるのを怖れていたのです。しかしハワイは最悪の事態を免れたようです。


Four waves about 12 minutes apart have already come ashore, but seismologists say they were smaller than expected.
約12分間隔で4回波が海岸に押し寄せていましたが、地震学者は、予想より小さかったと言います。


Sirens sounded every half hour, starting around 7:30 p.m. local time, warning of a tsunami approaching Hawaii. The Honolulu police ordered the streets evacuated and shops closed. Tourists in beachfront hotels were told to stay above the fourth floors.
現地時間の午後7:30から30分ごとに津波がハワイに近づいている事を警告するサイレンが鳴りました。ホノルル警察は人々を道路から避難させ、商店を閉めさせました。海岸にのホテルの観光客は4階以上に留まるように言われました。


Earth plates in quake zone slide horizontally
地震ゾーンのプレートは横にずれた

Brent Ward, an earth scientist at Simon Fraser University, said the earthquake was the second largest to hit the country since 1949, when another earthquake was recorded in the same area with a magnitude of 8.1.
サイモン・フレーザー大学の地球科学者、ブレント・ワード氏はその地震が、カナダの同じ地域でマグニチュード8.1を記録した1949年の地震以来2回目の最大のものだったと話しました。


Ward said the area is known as the Queen Charlotte fault, where the earth's plates slide horizontally across each other in a strike-slip action, similar to what happens along California's San Andreas fault.
ワード氏は、(地震)の地域が、カリフォルニアのサン・アンドレア断層と類似している、プレート同士が平行に横ずれするクウィーンシャーロット断層として知られている地域だ、と述べました。


quake1.jpg


"Stresses build up because of that movement, and every so often we get the release of that stress in the form of an earthquake."
「その活動で圧力が増し、時々地震という形でその圧力が放たれる事があるのです。」


Ward said he wasn't surprised the tsunami warning was short-lived because the strike-slip movement along the fault doesn't generally trigger tsunamis.
ワード氏は、津波警告が長く続かなかったことには驚かなかった、と話しました。断層沿いの横ずれ運動は、一般的に津波を引き起こさないからです。


"To trigger a tsunami you need to have a vertical movement of the sea floor, and it's that vertical movement that displaces water and triggers the tsunami," he said. "Because it's sliding across each other, you're not generally moving the water."
「津波を促がすのは海底の縦揺れ運動です。縦揺れが水を変位させ、津波を引き起こすのです。お互いに横切ると、通常は水を動かさないのです。」






今回の地震のプレートは、バンクーバー島の東海岸のものとは違うので、

バンクーバー近郊で揺れが感じられず、

北方のユーコン、エドモントンに揺れが伝わったようです。



いずれにしても、地震活動期に入っているようですので、


緊急時の備えを


再度、確認しておきましょう。



関連記事

海洋放射能汚染を語る西海岸のマグロ

 2012-10-27
アメリカ、オレゴン州より。

Green Oregon: Tuna shows only trace radiation from Japanese nuclear disaster; offers clues to migration
グリーン・オレゴン:日本原子力惨事からのほんの微量の放射能を示すツナ(まぐろ)、移動経路の手がかりを示す



By The Oregonian

October 25, 2012 at 7:39 AM, updated October 25, 2012 at 5:17 PM


Albacore tuna caught off the West Coast show only traces of radiation from the Fukushima nuclear disaster, according to scientists from Oregon State University and the National Oceanic and Atmospheric Administration.
オレゴン州立大学とアメリカ海洋大気庁の科学者によると、西海岸沖で獲れたビンナガマグロ(缶詰によく使われる)が、ほんの微量の福島原子力災害由来の放射能を示しました。


And what radiation is detected is far below anything that would pose a risk to humans who consume the fish, the research team said in a press release Wednesday. The findings are preliminary with additional fish to be tested.
検出された放射能が、その魚を食べて人に与える危険性は、あまりにも低いものだ、と調査チームは水曜日の報道発表で述べました。その発見は、更なる魚の検査の予備検査です。


People are constantly exposed to radiation from the natural environment, said Delvan Neville, a graduate researcher with OSU's Radiation Health Physics program and a co-investigator on the project. "To increase their normal annual dosage of radiation by just 1 percent, a person would have to eat more than 4,000 pounds of the highest (radiation) level albacore we've seen."
人々は常に自然環境から被曝しているのだ、とオレゴン大学の放射線保健物理学の新卒調査員であり、このプロジェクトの共同調査員Delvan Neville氏は言いました。「通常の年間放射線被曝量を1%上げるためには、私たちが調べたビンナガマグロで最も高かった放射能レベルのものを4000ポンド(1014kg)以上食べなければなりません。」

最も高い数値はどのくらいだったのでしょう?


Neville will present the team's preliminary findings Monday at the Heceta Head Coastal Conference in Florence.
Neville氏は、この予備検査の結果を、月曜日にフローレンスで行われるHeceta Head Coastal会議で発表します。


The OSU team's findings are consistent with those of California researchers who announced in May traces of Fukushima-linked radionuclides in bluefin tuna.
このオレゴン州立大学のチームの結果は、5月にクロマグロから微量の福島由来の放射性物質を発見したカリフォルニアの調査員が得た結果と一貫性のあるものです。


クロマグロは乾燥状態で10bq/kgでした。ということは、アメリカの安全基準が1200bq/kgなので、乾燥していない(Wet)状態で、1.2bq/kgくらいだった、ということでしょうか???


But finding the trace radiation in albacore is giving clues to the fish and its elusive migration patterns.
しかしビンナガマグロのわずかに見つかった放射能は、その魚のつかまえどころのない移動パターンを知る手がかりとなります。


11753795-large.jpg


The researchers first identified two Fukushima-linked isotopes - Cesium-137 (Cs-137) and Cesium-134 (Cs-134) - this July, in samples of fish caught and frozen in 2011. Cs-134, in particular, is considered key to the Fukushima nuclear "fingerprint."
As more fish were tested, the results were consistent with the initial findings: No Cs-134 in fish caught before the disaster, but traces of the isotope in a significant number of fish caught since, according to the announcement.
調査員たちはこの7月にまず、2011年に捕獲され冷凍されていたサンプルに、福島由来の核種、セシウム137と134を特定しました。セシウム134は特に福島を特定するものとして考えられてる鍵です。多くの魚が検査されるにつれ、それらの結果は最初に見られたものと一貫性を示しました。発表によると、災害前に獲られた魚からはセシウム134が含まれず、災害後に獲られた魚からはかなり多くの魚に、微量のその核種が含まれていた、ということです。


"What we can say is that we have detected Cs-134 in fish thousands of miles from where that Cs-134 came from, and over a year since it was released," Neville added. "It's very interesting scientifically, and it can tell us more about tuna migration and what happens to radioactive releases, but it's nowhere near enough to be concerned about food safety."
「言えることは、セシウム134が放出されて以来1年以上たって、何千マイルも離れたところの魚から検出された、ということです。」とVeville氏は言い足しました。「科学的にとても興味深いことです。そして、このことは私たちに、マグロの移動経路と放射性物質の放出に何が起こっているのかを告げてくれるのです。しかし、食の安全については、心配するほどでは全くありません。」


-- The Oregonian


The Associated Pressの関係記事より抜粋

...Albacore tuna is a $41 million business in the Pacific Northwest, and fishermen from the region caught about 10,000 tons last year, according to the U.S. Department of Commerce.
ビンナガマグロは、北西パシフィックでは4100万ドルのビジネスです。アメリカの商務省によると、この地域からの漁師たちは、去年約1万トンを捕獲しました。


Washington fishermen accounted for about 53 percent of the haul, and the remainder came through Oregon docks.
ワシントン州の漁師たちの捕獲は、そのうちの53%を占め、残りは、オレゴンの埠頭からのものです。


Story.jpg


The U.S. Environmental Protection Agency, Food and Drug Administration and NOAA have jointly stated they have "high confidence" in the safety of U.S. seafood products because the radiation levels are so low.
アメリカ合衆国環境保護庁、食品医薬品局、アメリカ海洋大気庁は共に、放射能のレベルがとても低いので、アメリカの海産物の安全にはかなり自信がある、と述べました。


The News Line onlineより抜粋


...Anglers at the Port of Ilwaco said they don't expect the news will cut into business because the amount is so small.
イリワコ港のAnglersさんは、放射能の量がとても小さいので、そのニュースでビジネスが減るとは思っていない、と話しました。


"Everything in the ocean has some type of contaminant in it. It's such a miniscule amount that you get more radiation walking by an X-ray machine," said Milt Gudgell, owner of Pacific Salmon charters, which operates four charter tuna boats during the tourist season.
「海のものは全て何かしら汚染されています。そのようにあまりにも少ない量で、レントゲンをかける方がよっぽど多くの放射線を浴びるのです。」とパシフィックサーモンチャーターズのオーナー、Milt Gudgell氏は言いました。観光シーズンには、4隻のマグロ釣りボートを運航しています。






呪文が繰り返されます。


あまりにも微量だから、健康に影響はない。

あまりにも微量だから、ビジネスに影響はない。

あまりにも微量だから、安全性に自信がある。

あまりにも微量だから。。。

あまりにも。。

微量だから.....



関連記事

海洋放射能汚染を語る福島の魚

 2012-10-25
guardian_logo.jpg


Fukushima fish 'may be inedible for a decade'
福島の魚『10年は食べられないかもしれない』


Marine scientist finds levels of radioactivity in fish near stricken Fukushima nuclear plant are higher than expected
海洋科学者、崩壊した福島原発近くの魚に、予測以上高い放射能レベルを発見


Fiona Harvey, environment correspondent guardian.co.uk,

Thursday 25 October 2012 19.00 BST


Fish from the waters around the Fukushima nuclear plant in Japan could be too radioactive to eat for a decade to come, as samples show that radioactivity levels remain elevated and show little sign of coming down, a marine scientist has warned.
福島原発周辺の水から獲れる魚は、これから10年は、食するには放射能が高すぎる可能性があります。サンプルが示した放射能レベルは今だ高く、下がる気配がほとんどない、と海洋科学者が警告しました。


According to a paper published in the journal Science on Thursday, large and bottom-dwelling species carry most risk, which means cod, flounder, halibut, pollock, skate and sole from the waters in question could be off limits for years, .
木曜日に発表されたジャーナル・サイエンス紙によると、問題になっている水中からの大きな、海底に住む種類、つまりマダラ、カレイ、オヒョウ、タラ、ガンギエイ、シタビラメが最も危険で、何年もの間限界値を超える可能性がある、ということです。


Picture12_20121028022618.jpg


Sample fish caught in waters near the stricken reactors suggest there is still a source of caesium either on the seafloor or still being discharged into the sea, perhaps from what is left of the cooling waters. As the levels of radioactive isotopes in the fish are not declining as fast as they should have, the outlook for fishing in the area is likely to be poor for the next 10 years, the paper's author told the Guardian.
崩壊した原子炉近くの水で取れた魚のサンプルは、海底にセシウムの源があるか、まだ海にセシウム排出していることを物語っています。おそらく、冷却水に残っているものでしょう。魚の放射性核種のレベルが下がるべき速さで下がっていないので、その地域での漁の見通しは、これから10年は芳しくないだろう、とそのその著者は当誌に話しました。


"These fish could have to be banned for a long time. The most surprising thing for me was that the levels [of radioactivity] in the fish were not going down. There should have been much lower numbers," said Ken Buesseler, senior scientist at the Woods Hole Oceanographic Institution in the US, who wrote the paper titled Fishing For Answers Off Fukushima.
「これらの魚は、長期に渡り出荷禁止にしなければならないでしょう。私が最も驚いたのは、魚の(放射能)レベルが下がっていなかったのことです。もっと低い値であるはずだったのです。」と、福島沖の漁についての答え、と題した記事を書いたアメリカのウッズホール海洋研究所の科学者、ケン・Buesseler氏は話しました。


Picture11_20121028022619.jpg


He said his findings – taken in part from Japanese research and sampling of fish in the area – showed how difficult it was to predict the outcome of a nuclear incident such as that at Fukushima. In 2011, after the earthquake and tsunami that struck Japan on 11 March and killed nearly 20,000 people, the nuclear reactors suffered a series of serious radiation leaks as their cooling systems failed, and workers fought frantically to try to shut them down. It was the world's worst nuclear accident since Chernobyl, in Ukraine in 1986.
その地域での日本の調査、魚のサンプリングに参加した彼が発見したことは、福島のような原子力事故の結果を予測するのがいかに困難なのかを示しました。2011年3月11日に日本を襲い、2万名ほどの人々の命を奪った地震と津波の後で、冷却システムが損なわれたために、原子炉は一連の深刻な放射能漏れを起こすことになり、作業員たちはそれらの原子炉を停止させるために半狂乱で戦ったのです。それは、1986年にウクライナで起こったチェルノブイリの事故以来、世界で最悪の原子力事故でした。


In the wake of the incident, the Japanese government sought to calm public fears by lowering the levels of radioactivity that would mean a fish was deemed unsafe for human consumption. As of April 2012, fish can only be sold in Japan if it contains less than 100 becquerels of caesium 134 and 137 in seafood per kilogram of wet weight, down from a previous limit of 500 becquerels.
その事故の後で日本政府は、人が消費して危険だとみなされる魚の放射能レベルを下げることで、人々の恐怖心を静める策を探りました。2012年の4月をもって、日本で売られる魚は、それまでの1kgあたり500ベクレルの限界値から、海産物に含まれるセシウム134と137の値が1kg(乾燥していない状態で)あたり100ベクレル以下でなければならない、としました。


Japanese-fisherman-land-t-008.jpg


Buesseler said this was not because scientific advice had changed, but because the government wanted to reassure people. "This is not lethal – I'm not trying to be alarmist," he said. "But the levels [of radioactivity in the fish] are measurable and consistent. It's a small increase in risk."
これは、科学的なアドバイスが変わったからではなく、政府が人々の不安をなくしたかったからだ、とBuesseler氏は言います。「これは、致命的なものではありません。-私は人騒がせなことにならないようにしています。しかし、(魚の放射能)レベルは測定できるほどのもので根強いものです。そして、少し危険度を増やすものです。」


なんと。。。用心深く、微妙な言い回し。。。


However, eating large quantities of such fish over a long period could be harmful, he said. Fish is a more important part of the Japanese diet than in countries such as the US and the UK.
しかしながら、そのような魚を長期に渡ってたくさん食べることは、有害になりうるだろう、と彼は述べました。魚は日本人の食生活にとっては、アメリカやイギリスよりも重要なものなのです。





discovery_logo.jpg

Discoveryニュースからの抜粋です。


...The finding suggests that the region's coastal-dwelling fish are still being exposed to new sources of cesium, possibly from the seafloor or from contaminated groundwater that's flowing into the ocean. And even though most fish sampled in the new study had levels of cesium below safe limits for consumption, some fish contained surprisingly large amounts.
その発見は、その地域の海岸に生息している魚が、まだ新しくセシウムを取り込んでいることを示しています。おそらく海底、あるいは汚染された地下水が海に流れ込んでいるのでしょう。新しい研究での魚のサンプルのセシウムのレベルが消費の安全限界値は下回いますが、いくつかの魚は、驚くほど大量のセシウムを含んでいました。


..."If (the cesium) is in the seafloor, it could be many years or even decades for that to go away," said Ken Buesseler, an oceanographer at the Woods Hole Oceanographic Institution in Mass. "That implies we're going to have an issue in coastal fisheries for a long time to come in Japan. We certainly can't say we're out of the woods yet."
もし(セシウムが)海底に在るのであれば、それは、なくなるまでに何十年までもかかるでしょう。」と海洋学者のケン・Buesseler氏は言います。「それは、日本で、長年にわたり沿岸の漁業にとって問題であり続けるということを示唆しています。私たちはまだ危機を乗り越えたとはいえません。」


..."Just because you haven't read about it in the news" lately, he added, "doesn't mean it has gone away."
最近「ニュースで聞かなくなったというだけで、問題がなくなった、ということではないのです。」と彼は付け加えました。


...He was immediately struck with the realization that radiation levels in fish had not dropped in the past year. Fish naturally lose a few percent of their concentrations of cesium if they are not re-exposed, Buesseler said, suggesting that the animals are still facing new inputs of the radioactive material.
彼は、すぐさま去年から魚の放射能レベルが下がっていないと気付きました。もし繰り返し被曝しなければ自然に濃縮されたセシウムの数%が減ってくくので、魚がまだ新しい放射性物質を摂取していると考えられる、とBuesseler氏は話しました。


...More than 40 percent of fish in the region contained levels greater than the new safe-consumption limit of 100 units per kg. Two greenling fish collected this August contained a surprisingly high level of 25,000 units.
その地域の40%以上の魚が、安全基準地の1kgあたり100ベクレルを上回ったレベルでした。今年の8月に採取された2匹のアイナメは、25,000ベクレルという驚くべき高いレベルを含んでいたのです。


greenling.jpg


For his part, Buesseler ate all of the seafood he was offered on a trip to Japan in July.
自分はどうかというと、Buesseler氏は、7月の日本訪問の際、出された海産物は全て食べました。






前もそうだったのですが。。。


決して想像に難くなかった現象に、

専門の科学者が驚いていることに、

とても驚かされました。


もしかしたら、

史上最悪の、

途方もない海洋放射能汚染については、

専門家でさえもデータがないわけで、


要するに、

予測の域は、

放射性核種と、海洋生態系両方を知り尽くした専門家でなければ、

必死で勉強した一般市民とそれほど変わらないのでは??


と率直に感じました。。。



各分野でそれぞれが学会を開くのではなく、

関係分野全ての専門家が結集する必要性を感じます。



関連記事

I wish...

 2012-10-24
エリーは、7月に獣医先生にダイエットを申し渡されてから

みるみるスリムになっていきました。

7月には25.5kg。

8月には23.5kg。

9月には21・5kg。

そして今日は、20.5kg。。。。


目標は21kgでした。


めでたく達成!!


お腹がすくので

ひたすら


IMG_7805_20121025101632.jpg

寝て過ごした3ヶ月。。。(大げさ。。。)


2度の小盛りの食事のほかの唯一の楽しみは。。。


昼休みに外で走ること!


ではなく。。。



ママが、職場に戻るとき、

クッキーをくれること!!





『まだ出かけないの?!』

『ねぇ。。。早く行ってよ~!』

と、

催促がうるさいのです。。。。



背骨まで見えてきたので、


IMG_7810B.jpg


ダイエットは終了します




関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。