スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島の日常

 2012-09-30
Minamisoma children take part in sports event
南相馬の子どもたち、運動会に参加





A group of children in Minamisoma City, Fukushima Prefecture, have taken part in their first outdoor sporting event since last year's accident at the Fukushima Daiichi nuclear power plant.
福島県南相馬の子どもたちが、去年の福島第一原発の事故以来初めての野外運動会に参加しました。

Minamisoma is about 25 kilometers from the damaged power plant. Until the end of September last year, the town was included in an evacuation zone.
南相馬は崩壊した原発から約25km離れたところにあります。去年の9月の終わりまで、その町は立ち入り禁止地区内でした。


The sport festival at Sayuri Kindergarten began with a pledge by the children to do their best.
さゆり幼稚園での運動会は、最善をつくします、という子どもたちの誓いの言葉で始まりました。


They looked enthusiastic as they ran around the field taking part in the steeplechase and relays. They also danced with their parents.
障害物競走やリレーで校庭を走り回る子どもたちは、熱中しているようでした。子どもたちは両親と踊ったりもしました。


The kindergarten says the radiation level in the playground was about 0.2 microsieverts per hour after undergoing decontamination. The school usually only allows the children to play outside for half an hour for safety reasons.
幼稚園は、校庭の放射能レベルが除染後は毎時約0.2マイクロシーベルトだと言います。学校は通常、安全のために、子どもたちの外遊びを30分に制限しています。

But after consulting the parents of the children, the kindergarten decided to hold the event so that the children can enjoy as normal a life as possible.
しかし、子どもたちの両親と相談した後、幼稚園は、子どもたちが通常の生活をできるだけ楽しめるように、運動会を行うことを決めました。


One boy said it was his first sporting event and that he had enjoyed it.
1人の男の子は、それが始めての運動会で、楽しい、と言っていました。


A father said life has still not returned to normal yet for his family. But he said he was glad that his child could have a good memory of the festival.
ある父親は、家族の生活はまだ元に戻っていないけれど、自分の子どもが運動会の良い思いでができることを嬉しく思っている、と話しました。

Sep. 29, 2012 - Updated 13:24 UTC (22:24 JST)



Normal life in Fukushima

Picture1_20121001152820.jpg
Picture2_20121001152820.jpg 




Picture3_20121001152819.jpg 
"As days go by after the earthquake...

Picture4_20121001152819.jpg 
the sense of emergency fades out."




Picture5_20121001152819.jpg 
"My life is based on this place

Picture6_20121001152818.jpg 
I do not have choice other than living my life here. I just have to do what I can do HERE."




Picture7_20121001153758.jpg 
"Radiation level is reported everyday on TV,

Picture8_20121001153757.jpg 
but I just think, Ah that's what it is."


Picture9_20121001153757.jpg 
"If things could be better then I would care,
 
Picture12_20121001153756.jpg 
but if anything won't change, it's not worth thinking about it."



Scattered Hot Spots in Koriyama
Picture13_20121001154417.jpg 
Playing outside is limited to 15 minutes for 0-2 years old children, 30 minutes for 3-6 years old children in a day.



Talk to mother in Fukushima
Picture14_20121001154416.jpg 
Daughter : "How is the radiation level there?"

Picture15_20121001154416.jpg 
Mother: "I guess it's between 0.5-0.7 microSv/h."
 
Picture18_20121001154415.jpg 
Daughter: "Do you live like an ordinary life there, don't you?"

Picture16_20121001154415.jpg 
Mother: "I have no choice other than that."

Picture19_20121001154414.jpg 
Mother: "Because we do not have enough information..."

Video Source
消えない放射能 最悪事故が残す汚染の実態(1)

消えない放射能 最悪事故が残す汚染の実態(2)





内戦状態で、無差別に子どもを含め市民が攻撃されているわけでなく、

天災で食べるものもなく、疫病がはやり、なす術もなくばたばたと子どもを含め人々が命をうしなっているわけでもなく、

一見、先進国で普通に生活している人々が抱えている苦悩の大きさに呆然とし、

これほどまでに残酷な状況にたいして、

悲しく、むなしく、悔しく、はてしない憤りを感じるのは、

今まで経験したことがありません。


また、ガンジーの言葉をかみ締めました。

"I have learned through bitter experience the one supreme lesson is to conserve my anger, and as heat conserved is transmitted into energy, so our anger controlled can be tranmitted into a power that can move the world." ~Ghandi

「苦い経験から怒りを保存するために学んだ最高の教訓は、保存された熱がエネルギーに変わるように、制御されたわたしたちの怒りは、世界を変えうる力に変えることができる、ということです。」~ガンジー


関連記事
スポンサーサイト

緊急時の中の日常

 2012-09-29
new_york_times_logo.jpg



Fragments of Fukushima
福島の断片


September 25, 2012, 5:00 am

By SHREEYA SINHA



The first time the Tokyo-based photographer Kosuke Okahara visited a town near the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant in Japan, he grabbed his dosimeter, a device used to measure radiation levels, and looked at his watch to see how much time he could spend at the location.
東京ベースの写真家、オオハラ・コウスケ氏が福島第一原発近くのある町に初めて訪れました。放射能レベルを測る線量計を持ち、その場所でどのくらいの時間を費やすことができるのかを知るために時計を見ています。


“I was very scared because of radiation,” he said. “After four to five months, I became calm, and I went back to the beginning of why I was taking pictures.”
「放射能のため、とても怖いのです。」と彼は言いました。「4,5ヵ月後、私の気持は静まりました。そして、なぜ自分が写真を撮っているのかの原点に戻ったのです。」


That was August 2011, five months after an earthquake and tsunami ravaged Japan and set off the world’s worst nuclear crisis since Chernobyl.
それは2011年の8月で、地震と津波が日本を破壊し、チェルノブイリ以来最悪の放射能惨事を起こしてから5ヵ月後のことでした。


Since then, Mr. Okahara has traveled to Fukushima Prefecture almost every month. On Sept. 6, at the Visa pour l’Image photojournalism festival in France, Getty Images awarded him $20,000 to support his investigation of the fallout from the nuclear accident, and of those who suffered most.
それからというもの、オカハラ氏はほぼ毎月福島県を旅しました。9月6日、フランスで行われた国際写真祭で、ゲッティ イメージズは、原子力事故からの降下物の調査を指示し、最も苦しんでいる人のためにと2万ドル(200万円)の賞金を彼に与えました。


“I’m collecting fragments,” Mr. Okahara said of his work, which includes both photos and audio.
「私は断片を集めているのです。」とオカハラ氏は自分の写真と音声の作品について言いました。


Eighteen months have passed since more than 80,000 residents near the Daiichi plant were forced to flee, and Mr. Okahara’s photos reveal the incredible loss of life, and livelihood, in the surrounding area. Around Fukushima, homes have been abandoned and left vulnerable to thieves, railway stations and stores once crowded with tourists are now deserted, and animal carcasses still remain in various states of decay.
あれから18ヶ月経ち、第一原発近くの8万人の人々は土地を追われ、オカハラ氏の写真は周辺の地域での信じがたいほどの生活と暮らしの喪失を露わにしました。福島周辺では、家は見捨てられ、泥棒のなすがままで、かつて旅行者で賑わっていた電車の駅や商店は今では人気がなく、動物の残骸は、未だにいろいろな状態の腐敗の中に取り残されています。


Picture1_20120930151159.jpg 
田村市の人気のない家の中。住民・訪問者たちは、原発から20km圏内に位置しているため、市の立ち入りを禁止した。政府は今では立ち入り禁止地区の境界線を変更し、人々は中に自由に入れる。


Picture4_20120930151157.jpg
人気のない、南相馬のいわきおおた駅


Picture2_20120930151156.jpg 
浪江の人のいなくなった農場。農場の人たちは避難し、死骸はいろいろな腐敗の状態


“There was a life before, right before the accident,” he said. “I was surprised by the sudden death of the town.”
「ここには前に生活があったのです。事故の前には。」と彼は話します。「わたしは、町の突然死に驚きました。」


Picture6_20120930151155.jpg
原発から約27kmの浪江のチェックポイントにつめる警官。高放射能レベルのため、立ち入り禁止地区は20kmの基準を超えて拡張された。


According to Mr. Okahara, the young police officers on rotation have sealed off a 16-mile exclusion zone around the nuclear plant and impose $1,000 fines on trespassers. But Mr. Okahara has been able to photograph the area in the zone from as close as four miles, mostly entering with an animal rescue agency.
オカハラ氏によると、若い警察官が原発付近20kmを封鎖し、侵入者には1000ドル(10万円)を課しています。しかし、オカハラ氏は立ち入り禁止地区内、4マイル(6.5km)まで近づき写真を撮ることができました。大抵は、動物救助エージェントと一緒に立ち入りました。


“If you go into the no-go zone, the first surprising thing is there’s no sound — it’s quiet,” he said.
「立ち入り禁止地区に入ると、最初に驚くのは、音が全くないことです。静かなのです。」と彼は話しました。


Picture5_20120930151155.jpg
20km立ち入り禁止内を示すサイン

But just outside the exclusion zone, emerging from the eerie fog of silence, Mr. Okahara encountered resilient people who stayed behind, bound to their land by deep emotional ties, who hope normalcy will return one day. Of the two million people who lived in the region, only about 22 percent have returned as of July.
しかし、立ち入り禁止内の一歩外では、不気味な静寂の霧から姿を現し、オカハラ氏は、留まっている快活な人々と会いました。彼らは、心深く、自分の土地と結び付けられていて、いつか日常が戻るよう、望んでいる人たちです。その地域に住む200万人のうち、の22%の人々が7月に戻りました。


Families who spoke to Mr. Okahara in Fukushima were concerned about radiation levels and fear another disaster there, but they are also grateful to still have jobs at the mangled and volatile Daiichi plant, which still employs some 2,500 workers.
福島でオカハラ氏に話しかける家族たちは、放射能レベルを心配し、次の災害を恐れていましたが、彼らはまた、崩壊し、不安定な第一原発で、まだ仕事があることをありがたいとも思っています。そこではまだ2500名の作業員が雇用されているのです。


One family of farmers, Mr. Okahara recalled, was afraid that their dairy products were contaminated. He told a story about a teacher he met, who had sent his daughter and wife to live in Tokyo because he feared for their well-being. Mr. Okahara encountered a recurring dilemma, as residents vacillated between a fear of radiation and carrying on with their lives.
ある農家の家族が乳製品が汚染されているのを怖れていたのを、オカハラ氏は思い出しました。彼はある学校の先生に会いましたが、彼は自分の娘と妻を健康のため東京に避難させたのです。オカハラ氏は繰り返すジレンマに悩まされました。住民たちは、放射能の恐怖と自分たちの生活を続けることの狭間で揺れていました


Picture8_20120930151310.jpg 
除染の合間に休憩する南相馬の農家の人々。


“They live under stress all the time,” he said.
「彼らは、常にストレスを持って生きています。」


In Fukushima, however, Mr. Okahara said people seemed to be getting tired of living cautiously, despite concerns of radiation in the air and in the nation’s food. Over time, he’s seen fewer people wear face masks, some generally demonstrating an attitude of complacency toward radiation detection — acts Mr. Okahara likened to suicide.
しかしながら福島で人々は、空気や食物の放射能の懸念にもかかわらず、用心深く暮らすことに疲れてきたようだ、とオカハラ氏は言います。時を経て、マスクをしている人も減り、いくらかの人々は、放射能検出に対して自己満足のような態度を概して取っています。その行為を、オカハラ氏は、自殺にたとえました。

Picture7_20120930151311.jpg 
放課後に練習する相馬農業高校の野球選手。校庭は除染されが、線量は通常よりまだ高い。


“Desperation for normalcy has made people more careless,” he said. “They are living in a state of emergency.”
「日常のために自暴自棄になることが、人々を更に不注意にしています。」と彼は話しました。「彼らは緊急状態の中に暮らしているのです。」


------------------------------------------------------


シリーズ チェルノブイリ原発事故... 投稿者 gataro-clone


まだ、同じ過ちを繰り返すことを避ける術は残っているはずです。



関連記事

ホッケー。。ホッケー。。あぁ、ホッケ~。。。

 2012-09-27
毎晩。

ほぼ毎晩。。。

DSC00013B.jpg


練習・試合・練習・試合・・・・

と続いています。


ボア君は今年で最後かもしれない、と自分でも言っていて、

猛烈に気合入っています。


張り切りすぎて・・・

まだシーズン始まったばかりなのに、

1週間でスティック2本だめになった。。。

Money_with_wings.jpg




学校で寝てないといいけど。。。

もうすぐ卒業だよ???




DSC00015B.jpg


今年の顔ぶれです。

なんと、コーチはプロ!!


でも、今日は、ノースデルタに負けちゃった。。。

家に戻ったら、深夜過ぎ・・・


でも!

今年で最後なら、

わたしも老体にムチ打って気合入れて応援しよう!!




関連記事

津波瓦礫に備えるハワイ

 2012-09-24
再びハワイより。





New radiation detector monitors tsunami debris
新しい放射能検出器、津波瓦礫をモニタリングする


Reported by: Tammy Mori

Picture1_20120925152235.jpg

Published: 9/23 6:18 pm Share Updated: 9/23 6:34 pm


The City's Emergency Services Department just got a brand new state of the art radiation detector.
市の緊急時サービス省は、ちょうど真新しい放射能検出器を入手したところでした。


Perfect timing as more and more tsunami debris from Japan arrive on our islands.
私たちの島に日本からの津波瓦礫がどんどん漂着している、抜群のタイミングです。


There's been a dozen confirmed pieces of tsunami debris that has reached the shores of Hawaii and the West Coast but none of the debris has been found to be radioactive.
12の津波瓦礫がハワイと西海岸に到達しましたが、放射能汚染は見つかっていません。


However, city, state and federal agencies are using extra caution when handling the debris.
しかし、市、州、連邦政府機関は、瓦礫の取り扱いに厳重な注意を向けています。


DB Dunlap was doing research at Makai pier earlier this week, when he found the first confirmed piece of tsunami debris to reach Hawaiian waters.
DBダンラップさんは、今週ハワイの海に津波瓦礫の最初のものが発見された時、マカイ桟橋で調査をしていました。


Picture2_20120925152453.jpg


"Couldn't help but notice a giant blue box floating between me and rabbit island."
「どうしようもできなかったけれど、巨大な青い箱が自分とラビット島の間を浮かんでいるのに気づいたんだよ。」


Picture5_20120925152234.jpg



NOAA says that blue box was a seafood bin straight from Fukushima, japan
アメリカ海洋大気庁は、青い箱が日本の福島から来た海産物の容器だった、と述べました。


Picture3_20120925152234.jpg



"Were you worried about radiation at all?"
「放射能は全く心配ないですか?」


"Never crossed my mind, it was only a couple a days later where there was a radiation person out here," said Dunlap.
「考えたこともない。たった2日後には、放射能を測っている人が出てきた。」とダンラップさんは話しました。


Picture4_20120925152234.jpg



Radiation detector
放射能検知器



This past Friday the city got a portable device that will make it quicker to test potentially dangerous marine debris.
この金曜日に、市は危険である可能性のある海洋瓦礫がすばやく検査できるように、携帯用の器具を入手しました。


Picture6_20120925152233.jpg


If suspicious debris were to wash ashore, lifeguards could wear a personal protective radiological detector that would alert them to stay away if necessary.
もし、疑いのある瓦礫が打ち上げられたら、ライフガードは、必要であれば遠ざかるように警告する放射線検出器で防護できるでしょう。


And trained experts could use this device to find out more about the threat.
そして訓練された専門家がこの器具を使って、脅威について更に見出すことができるでしょう。


"Not only do you know the amount of radiation that is being emitted from this source, but also know the isotope," explains Court Chambers, EMS Medical Analyst.
「その放射線を放出しているものからの線量が分かるだけでなく、その各種も知ることができます。」とEMS(緊急医療サービス)の医療分析家である、コート・チャンバーズ氏は説明します。


Picture7_20120925152233.jpg


Knowing the isotope could help identify whether it is specific to the Fukushima nuclear plant.
各種を知ることで、それが福島原発からであるかどうかを特定できるのです。


"We're not going come out one day and find a 10 foot wall of debris on the beach, what we are expecting is to continuously find debris on the beach that will be with us for a number of years," said John Cummings, Public Information Officer with the City Department of Emergency Management.
「10フィート壁のような瓦礫がある日突然海岸に現れるわけではなく、私たちが予測しているのは、何年もの間、瓦礫を海岸に見つけ続けるだろう、ということです。」と市の緊急時管理庁の広報官、ジョン・カミングス氏は話しました。


Picture8_20120925152245.jpg



Multi-purpose machine
多目的マシーン



The detector could even identify other hazardous material unrelated to the tsunami like a chemical or biological poison, or even a bomb.
その検知器は、津波とかは関係のない化学毒物、生物毒物、爆弾のような他の危険物質も明らかにします。


"That would help the professionals that would respond, have a better idea of what they're dealing with," says Chambers.
「それが、対応にあたる専門家の助けになるでしょう。自分たちが何を扱っているかをよりよく理解できるのです。」


"Now that I understand what's going on here, I think it will be really, really, really useful and I'm really glad we got one," says Dunlap.
「これで、ここで何が起きているのか理解できたよ。本当に、本当に、本当にそれは役に立つもので、そのようなものが入手できて本当に良かったと思う。」 とダンラップさんは言いました。


The price tag for the radiation detector was $15,000 but paid for with federal grants.
その放射能検知器は1万5000ドルでしたが、連邦政府の補助金で支払われました。


Federal and state agencies have similar technology and are working together to recover tsunami debris.
連邦政府、州政府機関は、同様のテクノロジーを持ち、津波瓦礫を回収作業を共に行っています。







「放射能汚染なんて、まずないだろう」

とあざ笑い調子で強調する報道が多い中、


何か、

このハワイに報道は、微笑ましく、

久しぶりに肩の力が抜けて、

ホットしました。







関連記事

日本津波からの巨大漂流物、今度はハワイ

 2012-09-22



Japanese tsunami dock headed for Hawaiian shores
日本の津波で流されたドック、ハワイ海岸に向かう


By KVAL News and Tim Sakahara, HawaiiNewsNow.com

Published: Sep 21, 2012 at 5:01 PM PDT


HONOLULU, Hi. -- A huge hunk of tsunami debris from Japan is drifting ever-closer to Hawaii's shoreline. The chunk of debris was identified as a large piece of dock, was last seen floating off the coast near Molokai.
ホノルル-日本からの津波瓦礫の巨大な塊がハワイ海岸近くに漂流しています。その瓦礫の大きな塊は、大きなドックであると確認され、最後に見られていたのは、モロカイ近くの沖で漂流していたときでした。

Picture1_20120923095945.jpg

 

Fishermen first saw it Monday night about 30 miles north of Hana, Maui. Since then it has been moving closer to the shore and was sighted about 15 miles north of Molokai on Thursday. It is expected to touch ground Friday evening.
漁師がそれを初めて見たのは、マウイ島のハナから約30マイル(48km)北で、月曜日の夜でした。それ以来海岸に近づき、木曜日には、モロカイの北約15マイル(14km)の所で見られたのです。金曜日の夕方には地に乗り上げると予測されています。


hawaii_ref_map_2001.jpg


Two fishermen from Maui took their boat out to the dock to see it up close. The men said they found some writing on the floating debris that looked to be Japanese, and estimated that the dock's surface is 50 feet long and 30 feet wide.
マウイの2人の漁師たちは、ボートを出し、ドックの近くまで見に行きました。漂流しているドックに日本語のようなものが見え、長さ50フィート(15m)、幅30フィート(9m)くらいいだろうと話しました。


A similar Japanese dock washed up on Agate Beach near Newport in June. The dock headed toward Hawaiian shores has a surface area around 250-square-feet larger than the debris on Agate Beach. Oregon's huge dock proved to be difficult, from controlling invasive species to the removal process.
同様の日本のドックが6月にニューポート近くのAgateビーチに打ち上げられました。ハワイの海岸に向かったそのドックは、Agateビーチのドックより表面が250平方フィート(76㎡)くらい大きいものです。オレゴンの巨大ドックについては、侵略種生物を管理し、取り除くプロセスまでに困難を要することが分かりました。


Picture4_20120923095944.jpg



One positive for the local economy was that the dock drew a large number of tourists to the area. Oregon-native Sam Taylor now works on a fishing boat in Oahu, and said that the publicity was both positive and negative.
地元の経済にとって一つ良いことは、そのドックが地元に大勢の観光客を呼んだことでした。オレゴン出身のサム・テイラー氏は、今はオアフの漁船で働いていますが、世に知れることがよくも悪くもあった、と言います。


"There was a lot of hubbub all about it. It was a tourist attraction, thousands of people were showing up to see it and they were worried about invasive species," said Sam Taylor.
「そのことについては大騒ぎでした。観光客をひきつけ、何千人もの人々がそれを見に現れました。彼らは侵略種の生物を心配していました。」


Invasive species, damage to reefs, nuclear contamination, danger to boats and the ensuing fiasco are all concerns with fisherman which is why they think the dock should be dealt with before it hits anything.
侵略種の生物、さんご礁へのダメージ、放射能汚染、他の船への危険、続いて起こる大失敗などは全て漁師たちの心配ごとで、彼らが、ドッグが何かにぶつかる前に処理されるべきだと思う理由です。


"I think if there is a giant barge out there floating like that it should be sunk as an artificial reef. Fish love structure. There's always fish around any ship or barge that gets sunk. Fisherman would probably like it and it's a hazard to all these shipping container ships and everything around. I would sink the thing," said Taylor.
「もし巨大なはしけがあそこであのように浮かんでいたら、人工的なさんご礁として沈められるべきです。魚は構造物が大好きです。沈んだ船やはしけの周りには、いつも魚たちがいるのです。漁師たちは、多分それを好むかもしれないし、コンテナ船や周りのすべてのものにとっては、障害物になるのです。」とテイラー氏は話しました。


However some Maui fishermen like George White are concerned that large-scale debris like this dock remain largely undetected and can seriously damage boats.
しかしながら、ジョージ・ホワイトさんのような何人かのマウイの漁師たちは、このドックのような大規模の瓦礫が、いまだに広く検出されていず、船に深刻な損傷を与える可能性があると、心配しています。


Picture2_20120923095945.jpg


"If it gets close to our reefs it's just going to wipe them out," said George White, a Maui fisherman.
「もしそれが私たちのさんご礁に近づけば、さんご礁を剥ぎ取ってしまうでしょう。」とマウイの漁師、ジョージ・ホワイトさんは言います。


Having debris like this washing ashore has many fishermen concerned for other reasons as well.
このような瓦礫が打ち上げられるという事は、他の理由でも多くの漁師たちを心配させるものです。


"I'd hate to have to be traveling at night ... and no beacons or nothing on it. And some guys, not everybody has radar and to run into that could be devastating," said White
「夜、海に出なければならないのが本当にいやです。灯も何もドックの上にないのです。みんながレーダーを持っているわけではなく、それに突っ込んでしまったら、悲惨なことになるでしょう。」とホワイトさんは言いました。


Picture3_20120923095944.jpg


Hawaii News Now reporter Tim Sakahara contacted the Coast Guard, NOAA and the State Department of Land and Natural Resources. He reported that all of the departments initially said that the other agencies were to blame about not taking immediate action.
ハワイ・ニュース・ナウのレポーター、ティム・サカハラ氏は、沿岸警備隊、NOAAと州の土地・自然資源省にコンタクトをとりました。彼は、全ての部署が当初、他の政府機関が緊急の処置をとるべきなのだといっていた、と報告しました。


The Coast Guard said it would broadcast a "marine information broadcast on VHF Marine Band channel 16 to notify mariners of the debris" on Thursday afternoon, to alert people locally about the dock.
沿岸警備隊は、地元の人々にドックについて警報するために、VHFマリン・バンド・チェンネル16で海洋情報放送で、船員に瓦礫のことを告知するつもりだと、木曜日の午後に話しました。


For Oregon, it cost the state $84,000 to cut up and remove the dock. Hawaii received $50,000 from the federal government to deal with tsunami debris. This one piece could cause much more damage than that.
オレゴン州では、ドックを刻んで、移動させるのに8万4000ドルかかりました。ハワイ州は、連邦政府から津波瓦礫の処理のために5万ドル受け取りました。この1つのドックは、それ以上に費用がかかるでしょう。


Picture5_20120923095944.jpg



The Hawaii State Department of Transportation set aside $10 million to deal with tsunami debris that come into or block the harbor and channels.
ハワイ州の運輸省は、津波瓦礫が港や水路を塞いでしまったときの処理のために、1000万ドルを用意しています。

_____________

Copyright 2012 Hawaii News Now. All rights reserved.


放射能に瓦礫。

そして、母国に寄せる想い。



いくら地図に線を引いたところで、


全部繋がっていて、


それを絶つことなどできないのだと、


つくづく実感しています。




関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。