スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

国家予算を守る?国民の命を守る?

 2012-08-30
<甲状腺検査>福島県外の子供と比較 内閣府方針
〈Thyroid Examination〉 The Cabinet Office policy to compare with children outside Fukushima Prefecture
Translated by Fukushima Voice


2012年8月26日 09時48分 (2012年8月26日 13時24分 更新
This is a complete translation of a Mainichi Shimbun article linked above and published online on August 26, 2012.


20120826k0000e040109000p_size5.jpg


福島第1原発事故を受けて福島県が始めた子供の甲状腺検査に関連し、国は放射線の影響の有無を調べるために県外でも同様の検査を実施し、今年度中に比較データを得ることを決めた。福島では受診者の約35%にしこりなどが見つかり、県は「良性の小さなのう胞やしこりは通常でもよくある」と説明しているが、通常の保有率の精密なデータがなく保護者の不安が募っている。国の担当者は「比較可能なデータを得て、福島の人々の安心につなげたい」という。
In relation to the thyroid examination of children started by Fukushima Prefecture after the Fukushima Dai-ichi nuclear accident, the Japanese government decided to implement a similar examination outside Fukushima Prefecture in order to assess the effect of radiation on children. Comparative data will be obtained by the end of the current fiscal year (the end of March, 2013). In Fukushima Prefecture, about 35% of children examined had thyroid abnormalities such as nodules. Even though Fukushima Prefecture explains that “Small, benign cysts and nodules are not unusual,” parents are anxious and worried as there is no good comparison data of normal prevalence. The government official says, “We would like to collect data that can be used for comparison to relieve anxiety of Fukushima residents.”


 チェルノブイリ原発事故で子供の甲状腺がんが増えたことから、福島県は昨年10月、震災時に0〜18歳だった県民約36万人を対象に超音波検査を始めた。今年3月末までに受診した3万8114人のうち35.8%にあたる1万3646人で結節(しこり)やのう胞(液体がたまった袋状のもの)が見つかり、186人が2次検査の対象となった。がんが判明したケースはない。
Because pediatric thyroid cancer increased after the Chernobyl nuclear accident, Fukushima Prefecture began thyroid ultrasound examination in approximately 360,000 children who were between the ages of 0 and 18 at the time of the accident. Of 38,114 children who were examined by the end of March, 2012, 35.8% or 13, 646 children had either nodules (lumps) or cysts (fluid-filled sac); 186 children went on to receive secondary examinations. No cases of cancer have been found.


For details about the thyroid examination by Fukushima Prefecture, please refer to this article


thyroid35.jpg


 検査を実施している福島県立医科大の鈴木真一教授は、チェルノブイリ事故後に子供の甲状腺がんが増え始めたのが4〜5年後だったことなどから「現時点で放射線の影響が出ることはない」と説明する。一方、放射線の専門家からは「子供の一般的なしこりの保有率を調べて比べなければ、被ばくの影響の有無は判断できない」との指摘が出ていた。
Professor Shinichi Suzuki from Fukushima Medical University, which is implementing the examination, says that “There should be no effect of radiation seen at this point of time.” as pediatric thyroid cancer cases began to increase 4 to 5 years after the Chernobyl accident. On the other hand, radiation specialists have pointed out that “There is no way to judge the presence or absence of the effect of radiation exposure unless the results are compared to prevalence of thyroid nodules/cysts in an average population of children.”


 内閣府原子力被災者生活支援チームによると、事業は一般競争入札で公募した団体に委託し、全国3カ所以上の18歳以下計4500人以上に無料で検査を実施する。検査には福島県と同様、日本甲状腺学会などに所属する専門医らがあたり、超音波機器の水準や結果の判定基準も統一する。津田敏秀・岡山大教授(環境疫学)は「現状では県の説明に納得できない人がいても仕方なく、意味のある調査だ」と話す。
According to the Team in Charge of Assisting the Lives of Disaster Victims in the Cabinet Office, the project will be commissioned to an organization which wins an open competitive bidding. A free examination will be performed on a total of over 4,500 children under age 18 in more than three locations in Japan. The examination will be performed by specialists belonging to the Japan Thyroid Association, just as in Fukushima Prefecture, and the quality of ultrasound equipments and the result assessment guidelines will be standardized. Professor Toshihide Tsuda of Okayama University (environmental epidemiology) says, “This is a meaningful investigation, as the current situation is too insufficient for residents to accept explanation by Fukushima Prefecture.”


 検査データは来年3月末までに集約し、報告書にまとめる。検査開始前に疫学などの専門家による調査委員会を設置して具体的な計画を立てるが、地域の選定には教育委員会や学校、保護者の同意が必要になりそうだ。
Data from examination will be compiled into a report by the end of March 2013. Before the start of the examination, an investigation committee consisting of specialists, such as epidemiologists, will be established to make concrete plans. Selection of areas to be examined will most likely require agreements by the Board of Education, schools, and parents/guardians.


 結果は対象者に通知する。国は必要に応じて相談や助言をするほか、結果がまとまった段階で説明会を開くという。【須田桃子】
Examination results will be sent to those examined. The government will provide counseling and advice as needed and hold information sessions when most results come out.


 ◇説明不足、不安招く
Insufficient explanation causing anxiety



 「子供の健康を見守り、安心してもらうため」として福島県が無料で実施している18歳以下の甲状腺検査に、保護者の不安が募っているセカンドオピニオンを求めて県外の病院を受診する人も続出。背景には結果に関する県の説明不足がある。
The thyroid examination for children under age 18, offered free of charge by Fukushima Prefecture, in order to “watch over children’s health to bring a sense of relief,” is increasing anxiety of parents/guardians. Many are taking their children to hospitals outside Fukushima Prefecture, looking for a second opinion. The reason for that is the insufficient explanation about the result from the prefecture.


福島県川俣町に住む60歳の女性は6月、4歳の孫を秋田市の中通(なかどおり)総合病院に連れて行った。車と新幹線で片道3時間、前日から宿泊し、甲状腺の触診と超音波、血液の検査を受けさせた。健康診断のため保険は適用されず、費用は約1万4000円。交通費なども約4万円かかった。
A sixty-year-old woman from Kawamata-machi, Fukushima, took her four-year-old grandchild to Nakadori General Hospital in Akita-city, Akita Prefecture, in June. It took them three hours each way by car and Shinkansen bullet train. They stayed there the night before in order for the grandchild to undergo palpatory and ultrasound examinations of thyroid gland as well as blood test for thyroid function. As the visit was considered a health check-up, insurance could not be applied. They paid about 14,000 yen ($178) for the visit, in addition to about 40,000 yen ($509) for travel expenses.


 福島県立医大から検査結果の通知が来たのは2月。「小さな結節(しこり)やのう胞(液体がたまった袋のようなもの)がありますが、2次検査の必要はありません」とあるだけで、約2年後の次回検査まで放置して大丈夫か不安が募った。秋田の病院で複数ののう胞を確認、気が動転した。医師は半年後の再受診を勧め「今度は病名がつき保険も使える」と言ったという。
The family received the prefectural examination result from Fukushima Medical University in February. All it said was, “There are small nodules and cysts (fluid-filled sacs), but there is no need for secondary examination.” They grew anxious about having to wait until the next examination two years later. They were upset when multiple cysts were confirmed at the Akita hospital. The doctor recommended a follow-up examination six months later and told them, “Now that there is a diagnosis, you will be able to use insurance next time.”


 この病院には今年3月14日から約5カ月間で福島県の子供ら65人が訪れた。新潟や北海道、首都圏でも同様の受診が相次ぐ。福島医大が実施する県の検査は担当医を日本甲状腺学会など7学会に所属する専門医に限っているものの、検査は設備と経験のある医療機関ならどこでも可能だ。
This hospital has seen 65 children from Fukushima Prefecture in the last five months since March 14, 2012. Similar visits are seen in Niigata, Hokkaido, and Tokyo Metropolitan region. The prefecture examination implemented by Fukushima Medical University restricts examining physicians to specialists belonging to one of seven specialty associations, such as the Japan Thyroid Association, but an examination can be done at any medical facility with the right equipment and experience.


 だが、遠くまで足を運ぶ人の中には、福島県内で検査を拒否された例が少なくない。会津若松市に避難する2児の母親(38)は市内の5病院に電話をかけ、断られた。「診てもらいたい時に診てもらえないなんておかしい」と憤る。
However, there are quite a few cases of people traveling far for the examination after being denied medical care in Fukushima Prefecture. A 38-year-old mother of two who evacuated to Aizu wakamatsu-city called five hospitals in the city, yet nobody agreed to examine them. She resented that “It is just not right that we can’t be seen by a doctor when we want to be seen.”


 医師らに理由を聞くと、「福島医大と異なる判断が出たら混乱を招く」(福島市の小児科医)
We asked physicians the reason for refusal to provide medical care and received the following responses.
A pediatrician in Fukushima-city: “It will be confusing if our result is different from the result by Fukushima Medical University.”



▽「保護者の不安を解消するのは民間病院の役目ではない(会津地方の病院)。県の検査に携わる医師の一人は「今回の福島医大の検査は放射線の健康影響を追跡する世界でも例のない疫学調査。他の病院で受けて県の検査を受けない人が出ると、邪魔することになる」と話した。
A hospital in Aizu district: “It’s not a duty of a private hospital to relieve the anxiety of parents/guardians.”
One of the physicians involved with the prefectural examination: “This examination by Fukushima Medical University is an unprecedented epidemiological study in the world to follow up on health effects by radiation. If some undergo examinations at another hospital instead of the prefectural examination, it will interfere with the study. 



 福島医大の山下俊一副学長らが1月に日本甲状腺学会など7学会に出した文書の影響を指摘する声もある。県の検査結果に関する相談があった際、「次回の検査までに自覚症状等が出ない限り追加検査は必要ないことを、十分にご説明いただきたい」との内容だ。同学会に所属する医師の一人は「この文書に従うと、医師は診療を拒否してはいけないという医師法に反してしまう」という。
Some point out the influence by a letter sent in January by Fukushima Medical University vice president Shunichi Yamashita to seven specialty associations including the Japan Thyroid Association. The letter tells members of those specialty associations to “Please explain to them well to make sure they understand that any further testing is not necessary before the next examination unless symptoms appear,” in case they receive inquiries or consultations from parents regarding the results of the prefectural examination. One of the physicians belonging to the Japan Thyroid Association said, “If I follow what’s in this letter, I will be going against the Medical Act which says physicians cannot refuse to provide medical care.”


For the letter sent by Shunichi Yamashita, please refer to this article.
277585e178483c1ce5233b4ad5a8dd8f-1.jpeg


 

この文書について山下氏は「県は精度の高い検査を行っているので保護者が混乱しないようにきちんと説明してほしいという意味で、セカンドオピニオンを与えることを否定するものではない」と説明する。
Regarding this letter, Yamashita explained, “It tells them to explain to parents/guardian the fact the prefecture is conducting an extremely accurate examination. It does not tell them not to give a second opinion.”


 保護者の不安が広がる中、浪江町は7月、県の検査がない年は町の診療所で検査する事業を独自に始めた。
As the anxiety of parents/guardians spreads, Namie-machi began an independent project in July: Town clinic will provide thyroid examination in the year it’s not provided by the prefecture.


紺野則夫健康保険課長は「県は保護者や子供の気持ちが分かっていない。もっときめ細かく対応しデータを提供すべきだ」と話す。
Norio Konno, the chief for health insurance section, said, “The prefecture does not understand how parents/guardians and children feel. They need to provide more detailed support and offer the data.



 ◇詳細結果、開示請求が必要
Request for information disclosure needed for detailed results

 

福島県の甲状腺検査は、しこりやのう胞の有無、大きさを基に「A1」「A2」「B」「C」の4段階で判定している。BとCは2次検査を受ける。
Results of the thyroid examination by Fukushima Prefecture are divided into four assessment categories [A1], [A2], [B] and [C], based on the presence or absence of nodules and/or cysts and their sizes. Those in categories [B] and [C] will undergo secondary examination.

For details about the thyroid examination by Fukushima Prefecture, please refer to this article


Picture1_20120831153908.jpg


 保護者の不安が最も大きいのは「A2」だ。しこりなどが見つかったが基準より小さいため2次検査の対象外のうえ、通知にはしこりの数や部位、大きさが具体的に記されていないからだ。福島医大には電話の問い合わせが250件を超え、同大は改善を始めた。今後は結果に関する住民説明会も開くという。
The category that attracts the most anxiety from parents/guardians is [A2]. Thyroid nodules and/or cysts found are too small to qualify for secondary examination. Moreover, the notification does not have detailed information about the number, location, and size of the nodules and/or cysts. Fukushima Medical University began improving the process after receiving over 250 phone calls. From now on they plan on informational meetings to explain the results to the residents.


 だが、他にも課題はある。検査前に保護者が署名する同意書には、結果について「(保護者や本人の)希望により、いつでも知ることができる」と明記されているが、医師の所見やエコー画像を見るには、県の条例に基づき情報公開請求しなければならない。
However, there are other issues. Consent forms signed by parents/guardians prior to the examination clearly states that the result “can be released any time upon request (by parents/guardians or examinees themselves),” yet request for information disclosure must be filed according to the prefecture regulations in order to obtain physician’s diagnosis or see ultrasound images.


 開示請求はこれまでに6件あった。うち3件が約3週間後に開示されたが、静止画像は通常のコピー用紙に印刷されたもので、より鮮明な画像のデジタルデータは「改ざんされる恐れがある」(福島医大)と提供されなかった。同大広報担当の松井史郎特命教授は「身体に関する情報の取り扱いは特に慎重を期さなければならない。本人と確認するには開示請求してもらうのが確実だ」と説明する。
There have been six requests for information disclosure. Three of them had information disclosed three weeks later, but the still image of ultrasound was printed on a regular copy paper, and the actual digital image data which is more clear was not given to them “for fear of alteration” (per Fukushima Medical University). Professor Shiro Matsui, Fukushima Medical University Public Relations Officer, explains, “We have to be extremely careful in handling information relating to physical body. In order to confirm that it’s actually the person the information belongs to, the best way is for them to file a request for information disclosure.


 これに対し、日弁連情報問題対策委員会委員長の清水勉弁護士は「子供を守るための検査なのに本末転倒だ。検査結果のように本人や保護者にとって切実な情報は、本人と確認できれば速やかに希望する形で開示すべきだ」と指摘。仮に提供した画像が改ざんされても「元データを管理していればよい話で、非開示の理由にはならない」という。
To this, an attorney Tsutomu Shimizu, a chairman of the Japan Federation of Bar Association Information Issue Countermeasure Committee, states, “This is meant to be an examination to protect children, and they have their priorities wrong. Information like test results which is compelling to both children and parents/guardians should be promptly disclosed to them once it is being given out to the right person.” Even if the image given out might be altered, “All they have to do is keep track of the original data, and it is no excuse for nondisclosure,” he says.


 ◇「親の声を謙虚に聞く」
Listening to parents’ voices humbly
 


福島医大で甲状腺検査の責任者を務める山下俊一副学長に、課題を聞いた。
We asked Fukushima Medical University vice president Shunichi Yamashita, who is in charge of the thyroid examination, about his challenges.


 −−検査の目的は。
Reporter:: What is the objective of the examination?


 ◆県民の健康増進のための医療サービスで、決して調査研究ではない。WHO(世界保健機関)の推計で、福島住民の被ばく線量はどんなに高くても100ミリシーベルト。100ミリシーベルト以下の健康リスクは明らかには証明されていない、または非常に小さいというのが科学者の国際的合意だ
Yamashita: It is a medical service to promote the health of prefectural residents. It is by no means a research study. WHO dose estimation study says radiation exposure dose of Fukushima residents is at most 100 mSv. International consensus by scientists says that the health risk under 100 mSv has either been not clearly shown or extremely small.


 −−県外でセカンドオピニオンを求める保護者が増えているが。
Reporter: What do you think about more and more parents/guardians seeking second opinions outside Fukushima Prefecture?


 ◆改善策を考えなければならない。医師の考え方とお母さんの立場にギャップがある。謙虚に声を聞き、信頼関係を築きたい。
Yamashita: We must figure out a better way of dealing with it. There is a gap between physician’s opinions and mothers’ understandings. We need to listen to them humbly to establish a trusting relationship.


−−放射線の影響をどう判断するのか。
Reporter: What do you think about the effect of radiation?


 ◆小さながんも見つかるだろうが、甲状腺がんは通常でも一定の頻度で発症する。結論の方向性が出るのは10年以上後になる。県民と我々が対立関係になってはいけない。日本という国が崩壊しないよう導きたい。チェルノブイリ事故後、ウクライナでは健康影響を巡る訴訟が多発し、補償費用が国家予算を圧迫した。そうなった時の最終的な被害者は国民だ。
Yamashita: We might find small cancer, but thyroid cancer can occur at a certain frequency under normal circumstances. We won’t know the conclusive trend until over 10 years later. We cannot get into oppositional relationships with the prefectural residents. I would like to guide them so that Japan as a country will not fall apart. After the Chernobyl accident, many lawsuits happened regarding health effects, with compensatory expenses cut into the national budget. When that happens, the ultimate victims are people of the country.










要するに、賠償金を国が出さなくて良いように、

「健康に問題はない。」

と言っているのですね。



次世代が、健全に育たなくても、

国は崩壊しないのですか?



だれが、

何が、

国家の財政を支えているのでしょう???




関連記事
スポンサーサイト

国際赤十字特派員、福島の記録2

 2012-08-29
事故から1年後の日誌です。


Japan anniversary – Diary 5 – Finding hope amid worry in Fukushima
日本一周年-福島の不安の中で希望を見つける


Published: 5 March 2012 10:00 CET
Francis Markus, in Yabuki Town


Teru Yamada is in a cheerful mood when I visit her in her temporary house for the first time since last August.
ヤマダ・テルさんは、わたしが去年の8月以来始めて仮設住宅に訪れたとき、明るい様子でした。


p-JPN0518.jpg



The 78-year-old grandmother has been keeping herself busy by making little elephants out of towelling, under a project set up by a local non-profit group. To the Japanese, the animals bear a connotation of ‘never giving up’, she explains.
78歳の老女は、地元のNPOが立ち上げたプロジェクトのために、タオルで小さな像を作るのに忙しくしていました。日本人にとって、動物は、「決してあきらめない」という意味を含んでいるのだ、と彼女は説明しました。


“Making these things keeps me busy and makes me feel much better.”
「こんなことをして忙しくしていると、気持が和らぐのです。」


Mrs Yamada has had her ups and downs, it seems. In October, she, along with her daughter and grandson, went on their second visit back to their home inside the 20km exclusion zone around the Fukushima Daiichi nuclear plant, from where they were evacuated to this temporary housing settlement.
ヤマダさんの気持は高まったり、沈んだりしているようです。8月に娘と孫と共に、福島第一原発付近20km以内の自宅へ2度目の帰宅をしました。そこから、この仮設住宅に避難しているのです。


“I felt disappointed,” she says. The grass had grown so long around the family home that it threatened to scratch her grandson’s car and the family were warned not to touch it because of radioactivity. “The herd of cows nearby was running wild and it was very sad to see them.”
「失望を感じました。」と彼女は言います。草はとても長く伸び、孫の車を傷つけていますが、放射能汚染のため、触らないように警告されています。「近くの牛の群れが野性的に走っていて、それを見ると、とても悲しくなりました。」


The visit had an emotional, and physical, impact on Mrs. Yamada. “I fell ill with a cold which lasted for a month, and I suffered from a skin rash,” she says.
その訪問は、ヤマダさんの気持と肉体に影響を与えました。「風邪をひいて、1ヶ月長引きました。発疹にも悩まされました。」と言います。


p-JPN0516.jpg


She says she will not go again, even if her grandson and daughter go in March.
彼女は、孫と娘が3月に行くとしても、自分はもう行かないと言います。


We continue talking about the effects the nuclear disaster has had, and how unprepared people were when it happened.
わたしたちは、放射能災害がもたらした影響について話し続けました。事故が起こったとき、どれだけ人々が準備していなかったのかについて。


“I was ten years old when the Fukushima Daiichi plant was built, back in the 70’s when nuclear power was not all that widespread,” says her daughter.
「福島第一原発が建てられたとき、わたしは10歳でした。70年代で、原子力がそれほど広まっていませんでした。」とヤナダさんの娘は話します。


At that time, children in the area we not given much information about living near a nuclear power plant. “The teacher said if anything happens, we should go and stand in the playground and we would be given pink pills.”
あの時、その地域の子どもたちは、原子力発電所の近くに暮らすことについての情報をあまり教えてもらっていませんでした。「先生は、何か起これば、公園に行き、立っていれば、ピンクの錠剤をもらえる、と言っていました。」


After a while, despite Mrs Yamada’s initial cheerfulness, the emotional strain begins to show and she breaks down in tears.
しばらくして、ヤマダさんの初めの嬉しそうな様子にも関わらず、気持が緊張し始め涙を流し始めました。


Although the family’s basic needs are being met in the temporary housing, with for example a package of household electrical appliances provided by the Japanese Red Cross Society, she misses the life she established in her home village, near the doomed nuclear plant. She also misses her husband, who passed away a few months before the disaster. “I was born there and married someone from only 4km away. I spent my whole life there,” she says.
日本赤十字から提供のあった家電セットなど、仮設住宅での基本的に必要なものには満たされていても、彼女は、不運の原発近くの故郷で積み上げてきた自分の生活が恋しいのです。災害の数ヶ月前になくなった夫のことも寂しく思っています。「わたしはあそこで生まれ、たった4kmだけ離れたところの人と結婚しました。全人生をそこで過ごしました。」と彼女は話しました。


Her sadness, however, comes and goes. Her daughter is philosophical. “Sometimes I tell myself that I must stop thinking of myself as a disaster survivor or victim.”
しかしながら、彼女の悲しみは、襲ってきたり、去ったりします。彼女の娘は哲学者のようです。「時々わたしは、自分のことを、災害の残存者だとか犠牲者だとか思うのをやめなければならないのだと、自分に言い聞かせています。」


This carries the conversation back once again into more positive territory. Mrs Yamada looks forward to an event gathering together all the makers of the towelling elephants.
それは、会話をもう一度前向きな領域へと引き戻します。ヤマダさんはタオルの像を作っているみんなと一緒に集まるイベントを楽しみにしています。


The local social worker is keen that we should tell the international community about life in Fukushima. As well as sadness, people here also feel anger. We plan to come back with a video cameraman to interview Mrs. Yamada and her daughter.
地元のソシアルワーカーは、福島の生活について、国際社会に放すべきだと痛烈に感じています。悲しさと共に、人々は怒りも感じているのです。わたしたちは、ビデオカメラを持って、ヤマダさんと娘さんをインタビューする予定です。


They are happy to agree to be filmed, and I feel glad that we’re going to see them again a third time. Although I’m sure it’s good for Mrs. Yamada to express her feelings of loss and grief, I still can’t help hoping that the elephants manage to keep her cheerful more of the time.
彼女たちは、ビデオに撮られるのを快く同意してくれました。そして、わたしは、彼女たちにまた、3回目の再開ができることを嬉しく感じます。ヤマダさんが自分の失ったものや悲しいという気持を伝えることは良いことだと思いますが、わたしは、その像が、もっと彼女を明るいきもちにさせていて欲しいと願わずにはいられません。


p-JPN0517.jpg






English



日本語



フクシマボイスより
ある医療従事者からの報告
ある医療従事者からの報告 2 (抜粋)

From Fukushima Voice

私の職場は、原発からの避難者で爆発前から11日夜から対応していました。私は医療関係者です。
I am a medical care provider. At my workplace we began taking care of patients from the evacuation zone from Fukushima Daiichi nuclear power plant in the evening of March 11, 2011.


双葉町からの避難者が、11日からどんどん増えました。
On March 11, 2011, we began to have more and more evacuees from Futaba-machi.


当事、避難者を「スクリーニング」検査をして 線量の高い人で 除染 した人はいなかったとマスコミでは言いましたが着ている物も持ち物全て廃棄し、除染(シャワー)し、新たにその時に購入した人達がいました。体制が間に合わずスクリーニングしないて避難してきた人もいました。防護服の自衛隊員が、老人を抱き抱えて病院に置いて行きますがスクリーニングは受けていません。
At the time, the media reported that nobody needed decontamination for high radiation levels after evacuees were “screened.” However, some evacuees had already discarded all the clothing and belongings, decontaminated (showered), and had brand-new clothes on. There were some who evacuated without screening examination because the system wasn’t available. There were some elderly evacuees who were carried to the hospital by Self-Defense Force soldiers in protective clothing. They did not go through screening.


私達は被曝医療のマニュアルもない、指導もない中 入院と外来を受け入れました。ですが、医大は重傷者のみしか受け入れず(実質避難者受け入れ拒否)、赤十字医療チームも「被曝者は診ないよう本部から指導されている」と言いました。
We accepted both inpatients and outpatients without any manual or instruction for medical care for radiation exposure. However, Fukushima University Medical School Hospital only accepted the seriously injured (essentially refusing to accept evacuees) and the Red Cross medical team said “we were told by the headquarters not to provide medical care for those exposed to radiation.”


以後 3日在中しましたが赤十字医療チームは何も診ず他県に行きました。
They stayed for three days, but the Red Cross medical team went to another prefecture without seeing any patients.


.........


関連記事

国際赤十字派遣員、福島の記録 1

 2012-08-28
JAPAN SIX MONTHS ON - DIARY 1: Memories and an uncertain future
6ヵ月後 記憶と不確かな未来


Published: 7 September 2011 11:31 CET
By Francis Markus in Yabuki, Fukushima Prefecture


Mrs Yamada lights a short stick of incense and plants it in a bowl in front of the photograph of her late husband and the stone spirit tablet, which is Japanese people’s traditional way of remembering the dead.
山田さんは、短いお線香に火をつけ、彼女のなくなった夫の写真と位牌の前の香炉に立てます。それが亡き人を偲ぶ日本の伝統なのです。


p-JPN0470.jpg


I can see in this simple action the charge of emotion in this tiny 76-year-old woman, who was widowed in December last year.
わたしは、この簡素な作法に、この76歳の老婦の感情が充ちてくるのを感じました。彼女は、去年の12月に未亡人になったのです。


As if that wasn’t enough, she then had to leave her home with her family in March this year after the government declared a 20 kilometre exclusion zone around the Fukushima nuclear plant. The family’s home in Namie was squarely inside the forbidden area.
それだけでは十分でなかったのか、今年(2011年)の3月に政府が福島原発周辺の20kmを立ち入り禁止地区と宣言し、彼女は、家族と共に家を離れなければなりませんでした。浪江の家族の家は、すっぽりと禁止地区内にあったのです。


“I was glad that we could pay a temporary visit back to our house in early August so I could retrieve the photo and the spirit tablet, and I could go and lay fresh flowers on his grave,” she says.
「8月のはじめに一時帰宅ができて嬉しかったです。写真と位牌を持ってきてお墓に花をたむけることができましたから。」と彼女は言います。


We are talking in one of the rooms of the family’s prefabricated temporary house in a community on the outskirts of the town of Yabuki, about 60 kilometres west of the Fukushima plant. On the low table where Mr. Yamada’s photo stands is a bowl with three grapefruit and standing on the floor, a celadon vase of fresh flowers. On the wall of the prefabricated house several water colours of fruit and flowers have been taped.
わたしたちは、矢吹町の端の地域にある仮設住宅の、その家族の部屋の1つで話をしています。福島原発からは60kmほど西にあります。山田氏の写真たてのある低いテーブルの上には、グレープフルーツが3つ入ったお皿があり、床の上には、新鮮な花を生けた青磁の花瓶がおいてあります。仮設住宅の壁には、果物と花の絵がテープでとめられています。


p-JPN0479.jpg


Not Worried about Radiation
放射能は心配ではない


Sitting with us are her daughter, Ayako, and 23-year-old grandson Takaaki, who was working in the Fukushima plant at the time of the disaster. “I haven’t had a radiation check, but several of my mates went for one and the results were not too bad, so I’m not really worried,” He says. His mother is more worried.
一緒に座っているのは、彼女の娘のアヤコさんと、23才の孫、タカシさんです。タカシさんは惨事が起きたとき、福島原発で働いていました。「放射能の検査は受けていません。でも、何人かの同僚は一度検査に行き、結果は悪くはありませんでした。だから、わたしもあまり心配していません。」と彼は言います。彼の母親はもっと心配しています。


When I ask her if she thinks they will be able to go back, she says: “Half of me wants to, but half of me knows that we can’t.” As to where they will go if they’re unable to return home, she says: “We can’t think about that now. We will think about it if it comes to that.”
彼女に戻れると思うか、とたずねると、彼女は言いました。「半分は帰りたいけれど、もう半分は帰れないと分かっています。」もし家に戻れないなら、どこに行くのか、ということについては、「今は考えられません。そうなったときに考えます。」


What Takaaki is more worried about right now is trying to find a job. The family has been here since late May and he says he’s not choosy. “Any job would be OK as long as it brings in some income.”
タカキさんが今もっと心配なのは、仕事を見つけることです。家族は皆ここに5月の末からいて、仕事は選ばない、と言います。「収入さえあれば、どんな仕事でもいいのです。」


Red Cross Helps
赤十字の援助


The family has received cash grants from the Japanese Red Cross Society, distributed by the local government. Their temporary home is also equipped with domestic appliances – a package comprised of a refrigerator, washing machine, TV, hot water dispenser and rice cooker and microwave – all provided by the Red Cross. For now, they are as comfortable as the circumstances allow. But they face an uncertain future.
その家族は、日本赤十字から義援金を、福島県から受け取りました。仮設住宅には、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、湯沸かし器、炊飯器、電子レンジの家電一式も備え付けられています。全て、赤十字から提供されたものです。今のところ、状況が許す限りは快適です。しかし、不確かな将来に直面しているのです。

p-JPN0497.jpg






この日誌が書かれてから1年以上がたとうとしています。


福島よりSOS(ワンダフルわーるどより抜粋)

広野町、楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、は南相馬(小高、原町、鹿島)の仮設住宅、借り上げ住宅、施設、幼稚園、小学校、中学校、あわせて100カ所以上の方々に支援品送りをさせて頂いている方からの手紙なのだそうです。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

私たちの義援金についてお話しさせていただきます。これは日赤の方からうかがった話です。私たちの義援金はそのまま県に渡し、県から市町村、そして被災者にと委ねたそうです。海外からの義援金は被災者への家電6点セット、教育支援、体育館、病院修繕費、ソフト事業費に。日赤としては国から資金をもらうことはなく、以前からの日赤の資金で毛布配りをしたとのことでした。被災者に義援金のことをたずねると、一家族につき5万円、7万円、30万円と町によって異なっておりました。それにしても余りにも少ない義援金。私たちの義援金はどこに使われてしまったのでしょう? 被災者にとって悲しかったことは、国からのお見舞金が何もなかったことです、とおっしゃっていました。

 東電の補償金についてお話しいたします。東電は賠償金の一部として昨年秋頃、単身者75万円、一家族(2人でも7人でも一様に)100万円支払いました。しかも申請のためには何ページもの書類を書かせられて。しかし、この賠償金は仮払金なので、全額返すように言われ、12月頃から被災者は返金させられています。また、昨年6月から3カ月毎に、精神的損害金が一人10万円ずつ支払われるようになりました。しかし、このお金も仮払い金なので、6月からの3カ月分を返済するように言われ、被災者は自動的に引かれています。つまり、単身者は105万円、3人家族なら190万円を返金しなければならないのです。人によっては、毎月の10万円で返金することにした、という人もいます。何ということでしょう。お金のない被災者は、どうやって生きて行ったらよいのでしょう?

...仮設住宅は人間の環境としては考えられないほど最悪です。私にはとうてい我慢できないと思いました。4.5畳という狭い部屋、押し入れは半畳。収納場所がないため、最低限のものしか置けません。周りに品物を置くと空きスペースは寝るのがやっと。手足を十分に伸ばせません。隣の人の話し声が聞こえるので、小さい声で話したり、テレビも小さい音にして聞いているとのこと。屋根はトタンなので、今は冷房をしないとサウナ風呂に入ったよう。窓は一つでベランダもないので、玄関の戸を閉めると、真っ暗で風通しが悪く、穴蔵に入ったようで、夜は寝られず、熟睡できません、と言います。2~3人家族は4.5畳2間、プライバシーを守ることもできず、空間がありません。ある被災者は、「ここにいると息が詰まりそうで頭がおかしくなります」と言いました。


... 除染について、被災者の声をお伝えします。
「わたしたちの町は、もう住めないことが分かっている。30年40年帰れないことも分かっている。だのに、住めない所をどうして除染するのか。お金を捨てているようなものです。それよりも被災者の生活安定に目を向けて欲しい。別なところに新しい町を作って欲しい。新しい住まいも作って欲しい。除染ばかりに目を向けず、被災者の生活をまず第一にして欲しい。汚染された所は仕方がない。そこを廃棄物置き場にしたら良い。ふる里を失うことは辛いです。しかし、前を向かなければならない。私たちはもう住めないと思っているのですから。しかし、東電と国は除染したがる。そして解除したがる。解除して自宅に帰れると、補償金を出さなくて済むからです。国と東電は一つです」と、ある被災者は言いました。


.........



関連記事

世の終わりの苦悩と出発

 2012-08-26
abc_australia_logo.jpg


Visiting the end of the world
世の終わりを訪れる


24 August 2012

While visiting Tokyo and Fukushima, Greens Scott Ludlam witnessed both the devastation of nuclear energy and a mood for change among the Japanese people.
東京、福島への訪問中、グリーン党のLudlam上院議員(オーストラリア)は、原子力エネルギーの惨状と、日本の人々の変化を目撃しました。


The rice paddy on the edge of Iitate village is 30km back from the coast, framed by steep forested hills, and we stop here briefly because the scene is so strangely heraldic.
飯舘村の端にある田んぼは、海岸から30kmのところにあり、森林の険しい丘陵に縁取られています。あまりにも奇妙な紋章のような景色に少し立ち止まりました。


At first glance, this looks like any other rural Japanese town in late summer, but it isn't any more. The precise geometries of the fields are softened with neglect and waist-high weeds. Two empty police cars sit out front of the vacant community hall. A work team of several dozen men in white masks and overalls tends a slow assemblage of earthmoving equipment out in the field - but this isn't agriculture.
一目見たところ他の日本の田舎の町の晩夏のようですが、もはやそうではありません。その精密な幾何学模様の農場は、手入れがされず、腰まで伸びた雑草で柔らいでいました。2台の空っぽのパトカーが、誰もいないコニュニティーホールの前に横たわっていました。野原では、何十人かの作業員チームが白いマスクとオーバーオールを着て、土を運搬する機器のゆっくりとした収集作業に従事しています。しかし、それは農業ではありません。


Iitate village is dead, evacuated after the wind swung to the north-west in the days following the tsunami that smashed hundreds of kilometres of Tohoku coastline into oblivion.
飯舘村は死んでいます。何百キロもの東北海岸線を忘却へと紛糾した津波に続き、数日間に北西に吹いた風の後で立ち退かされたのです。


The workers today are harvesting caesium-137, which has a half-life of 30 years. They're carefully stripping the top 50cm of soil from the abandoned field, dumping it in neat windrows wrapped in blue plastic.
今日、作業員たちは、半減期が30年のセシウム137を収穫しています。注意深く田畑の表面から50cmの土を取り除き、青いビニールに包まれたきっちりした窓形に積まれます。


ludlam-425-in-the-field-data.jpg


Our counters silently log a gamma dose of about 3.7 μSv per hour, 13 times the normal background level. Radiocaesium is found only in the wake of bomb fallout or downwind of failed nuclear reactors. Broken uranium atoms from Kakadu and central South Australia, fissioned under a hail of exquisitely tuned neutron bombardment into uneven fragments of iodine, strontium, xenon. It is everywhere now, invisible, sucked into the pores of the soil itself.
測定器は、静かに約3.7マイクロSvのガンマ線を計測します。通常の空間線量の13倍です。放射性セシウムは、原爆投下か、原子炉の事故の風下にのみ発見されるものです。カカドゥと南中央オーストラリアからの壊れたウラン原子が、絶妙に調整された中性子衝撃の雨のもと、ヨウ素、ストロンチウム、キセノンというむらのある断片へと分裂したのです。それは今ではあたり中にあります。目に見えず、土壌そのものの気孔への吸い込まれたのです。


At a lonely intersection gone weedy and planted with warning signs, we record 9.2 μSv/hr in the undergrowth. In the days after the disaster, with three reactor cores exposed to the air, levels within the plant spiked 100,000 times higher. Workers in close proximity suffered lifetime radiation doses in a few hours.
雑草で覆われ、警告の看板が植えられた人気のない交差点の藪の中は、9.2マイクロSv/時です。惨事の後、3つの炉心が大気に曝され、発電所内のレベルは、10万倍に跳ね上がりました。近くにいた作業員は、数時間の間に、生涯の被曝量に被曝しました


In Minamisoma, a coastal city 20 km to the north of the wrecked Fukushima complex, they're getting their park back this morning. For seventeen months kids have been unable to play outside, and the locals are balancing the risks of radiation with the risks of physical inactivity, vitamin D deficiency and depression.
崩壊した福島総合施設の北20kmの海岸にある南相馬市では、今朝、公園が使えるようになりました。17ヶ月間、子どもたちは外で遊べず、地元の人々は、放射線のリスクと、運動不足、ビタミンD不足とうつ病のリスクの狭間にいます


The city has put the machinery we saw in the dead village to work here at Takami Koen, stripping the topsoil, sealing it into a plastic cocoon, and covering the mound with uncontaminated earth. The community has backed this effort with its own independent radiation monitoring, confident now that the park is their own again. The six-year-old child bounding up the slope of the mound doesn't know he's chasing his ball up the side of a small radioactive waste dump, and there is something compelling about the resumption of normality in a landscape so dramatically altered.
南相馬市は、死の村で見た機械をここ、たまき公園で使っています。表土を取り除き、ビニールの繭に密閉し、汚染されていない土を上から覆いかけます。地元社会はこの取り組みを、自らの独立した放射線モニタリングで実証し、今では、その公園がまた自分たちの手に戻ったと自信があります。6歳の子どもが、小さな放射性廃棄物のあるところとは知らずに、ボールを追いかけて盛り上がった坂を飛びあがり、そこには、平常の回復を強いるという、あまりにも劇的に異常な風景があります




---

The foul smelling water seeping out of the ground saves Mrs Murakami's life. At 14:46, the great Tohoku earthquake struck 70km to the north-east of their Ryokan at Tsurushi, the traditional Japanese inn that she runs with her husband. The whole island of Honshu has just been shunted 2.4m to the east.
土からしみ出てくる悪臭を放つ水が、ムラカミさんの生活を救いました。午後4時46分。彼女と夫が経営していた、ツルシの伝統的な旅館の北東70kmを、東北大震災が襲いました。本州の島全体が2.4km東にずれたのです。


As the ground heaves with bruising aftershocks, the black water bubbling up recalls a dim childhood memory and she grabs her husband, demanding they get in the car and get out. Following a brief, blazing argument, they make their way up the road.
打撃を与える余震に地面が持ち上がると、黒い水が泡を立て、それは子どものころの記憶を呼び起こしました。彼女は夫の手を握り、車に乗り、外に出るように頼みました。短い、激しい口論の後、2人は道路へ出たのです。


A short time later, a 17.5 metre wall of water obliterates their world, killing everyone who remains: 19,000 dead, without warning, for no reason whatsoever.
少し後、17.5mの水の壁が、世界を跡形もなく消し去りました。残っていた全ての命を奪ったのです。1万9000人の人が何の警告も、何の理由もなしに死にました。


This story is told to us with wry sidelong glances at the memory of the domestic dispute that saved their lives, in a neat cubefarm in Shinchimachi city not far from the coast. They have rebuilt a traditional Japanese community of reciprocity and care while they await a small allotment of land and some money to rebuild their homes.
この話は、海岸から遠くない新地町市にある綺麗に区画された農場で、彼らの命を救った皮肉な夫婦喧嘩の記憶を横目にわたしたちに語られました。小さな土地の区画と配分と家を再建するお金を待っている間、彼らは互恵主義の伝統的日本コミュニティ-を再建しました。


On the coastal plain 15km south of where the Ryokan once was, the afterimage of the tsunami still hangs in the air. Odaka was inside the 20km exclusion zone until this April, and the reconstruction effort a dozen kilometres to the north has not begun here.
以前旅館があったところから15km南の海岸沿いの平地に、津波の残像が漂っています。小高は4月まで20km立ち入り禁止地区で、12km北では復興の取り組みがまだ始まっていません。


Apart from the height of the weeds, it appears this incomprehensibly vast destruction occurred only yesterday. Cars lie crushed like tinfoil toys smashed at the hands of giant, vengeful children. The suburbs have been levelled as though with a laser, leaving only a concrete cuneiform of empty foundations. Here and there a stand of broken houses cluster on higher ground, or sit alone in ruins on the floodplain. The GPS unit on the dashboard is politely informing our driver to take turns into roads that no longer exist.
雑草の高さとは別に、不可解なほどにこの膨大な破壊がたった昨日起こったことのようです。車は、大きな、執念深い子どもに握りつぶされたアルミのおもちゃのように押し潰され横たわっています。郊外はレーザーで平らにされ、コンクリートのくさび形のコンクリートの基礎だけが残っています。あちこちに、崩壊した家が小高いところに群がり、あるいは、氾濫原の廃墟にポツンと立っています。ダッシュボードのGPSが親切にも、もはや存在しない道へと曲がるように運転手に伝えています。


ludlam---car-wreck-data.jpg



We come across a twisted hatchback by the side of the road, a padded baby seat in the back. A rag flutters at the end of a length of bamboo, and a candle sits in the cradle of the shattered windscreen.
わたしたちは、道路の脇のねじれたハッチバックのそばを通りがかりました。クッション付の赤ちゃんシートが後部座席にあります。ボロ布が竹の端ではためいています。ろうそくが、粉々になったフロントガラスの受け台に立っています。


4220962-16x9-340x191.jpg


The flag indicates someone was found in the vehicle, our guide tells us quietly. Standing here as the light fades from the landscape, 10,000m from the still-smouldering shell of a wrecked nuclear power plant, words from earlier in the day come to the surface: "Here is the end of the world."
旗が、その車の中で誰かが発見されたことを示しているのだと、ガイドが静かに教えてくれました。光があたりから薄れていくなか、破壊された原発のまだくすぶっている骨組みから1万mのところのここに立っていると、その日の初めのころの言葉が浮かび上がります。「ここが世の終わりだ。」


15:42, March 11, 2011. The wave height at Fukushima Daiichi is 14 metres. Tens of millions of tonnes of water topple over the 5.7m seawall and inundate a reactor complex already severely compromised by the immense force of the earthquake. Debris-laden seawater cascades through the site and the backup generators go down. Two of the operators are killed in the impact; the rest of them are on their own, and will have to manage the emergency without power for more than a week.
3月11日、午後3時42分。福島第一原発の波の高さは14mでした。何千万トンもの水が、5.7mの防波堤に流れ込み、既に強烈な力の地震で傷ついていた原子炉施設を浸水させました。瓦礫の浮かんだ海水が現場に滝のように流れ込み、バックアップ発電機がやられました。2人の操作員がその衝撃で死亡しました。他のものは自力で1週間以上、電力なしで緊急事態を切り抜けました。


As designed, the three operating units scrammed an hour scrammed earlier; shut down immediately on detection of the earthquake. Now heat is the enemy; with the reactor cooling systems powered down, the decay heat of the fission reactions begins to melt the fuel assemblies.
設計どおりに、3つの稼動原子炉は緊急停止1時間前に、停止していました。地震を検知してすぐに止まったのです。そうすると、熱が敵です。冷却システムの電力が失われ、核分裂反応の崩壊熱が燃料集合体を溶かし始めました。


Zirconium in the fuel-cladding reacts with the water cooking off inside the pressure vessels, forming a build-up of explosive hydrogen gas. Horrifying and iconic, the images will shortly beam around the planet: the outer containment buildings of four nuclear reactors blown apart in sequential hydrogen explosions. In the three units operating at the time of the earthquake, molten nuclear fuel slumps to the floor of the pressure vessels and a plume of carcinogenic fission products begins to boil into the Pacific Ocean.
燃料被覆管内のジルコニウムは水と反応し、圧力容器内で自然発射します。そして、蓄積された爆発的水素ガスを形成します。ぞっとするような、偶像的なイメージがまもなく世界中に光を放ちます。4つの原子炉の格納建屋の外側は、立て続けに起きた水素爆発で吹き飛びました。地震の際に稼動してた3つの原子炉では、核燃料が圧力容器の底に溶け落ち、発がん性分裂産物のプルームが太平洋に流れ込みはじめました。


Within days, TEPCO headquarters is demanding to have its workforce cut their losses and abandon the plant. They have a point: their staff on-site are suffering terrible radiation exposures as they improvise to keep the cores immersed in seawater that churns through the wrecked complex as fast as they can pump it in.
数日のうちに、東電本社は損害の前に労働を中止し、発電所を立ち退くことを要求をします。その論旨は、現場の従業員が原子炉を水に浸し続けるために、できるだけ早く何とか破壊された施設を通して海水を送り込もうとする際に、恐ろしいほどの放射線被曝することになるからということです。


Continued aftershocks threaten to ignite the huge bank of spent fuel perched in Unit 4. On March 15, prime minister Naoto Kan storms into TEPCO headquarters and demands they stay on site and get the place back under control. He too has a point: if the utility pulls its staff back and lets the accident run its course, the exposed cores will burn through what remains of the containment structures, releasing uncontrolled amounts of radiation.
続きざまに起こる余震で、4号機に置かれている使用済み燃料の巨大な貯蔵場所を発火させる恐れがあり、3月15日、菅直人首相は、東京電力本社にのり込み、現場に留まり、原発を制御可能な状態に戻すことを要求しました。彼にも論旨があります。もし、電力会社が従業員を撤退させ、事故を手放しに放置してしまえば、むき出しの炉心はまだ残っている格納構造を焼き尽くし、制御不可能な量の放射能を放出することになるのです。


It is later revealed that against this possibility, senior officials have briefed the prime minister on the logistics of abandoning the northern half of Honshu Island, including Greater Tokyo, population 30 million.
この可能性については、後で明らかにされ、高官たちが、首相に関東を含む、人口3000万人を、本州の北半分から移動させるという流れについての概要を述べていたのです。


''It was a crucial moment when I wasn't sure whether Japan could continue to function as a state,'' he told journalists in September 2011. It is arguable that his temper outburst at TEPCO headquarters saved the country.
「それは、致命的瞬間だった。日本が、国として機能し続けることができるのか、確信がなかった。」と2011年の9月に彼はジャーナリストに話しました。東電本社に対して爆発した彼のかんしゃくがこの国を救ったかについては議論の余地がありますが。


Flash forward to August 2012, with 150,000 people evacuated from places like Iitate. The mood in the region is dark. A young high school teacher downloads the unvarnished truth in a loungeroom in Fukushima City the night before our trip down to the coast.
時を2012年8月22日にすすめます。飯舘村のようなところから15万人の人々が避難させられました。この地域には、暗いムードが漂っています。海岸方面に向かう前の夜、ある若い高校教師が、福島市内のラウンジで、ありのままの真実を話してくれました。


"I'm lying to a room full of students," he tells me, daring me to break eye contact. Like many thousands of others, his wife and children now live in temporary accommodation well outside the contaminated area, but Japan has no social security net to speak of and people can't just walk away from jobs.
わたしは生徒たち全員にうそをついています。」彼は、わたしの目から視線をはずして言います。他の何千人もの人々のように、彼の妻と子どもたちは今は汚染地区の外の仮説住宅で暮らしています。しかし、日本には、話を持っていく社会保障ネットワークがなく、人々は単に仕事からはなれることもできません。


Now he is grappling with a hateful dilemma, addressing a room full of students in a city he believes is no longer safe for children. Fukushima City, population 290,000. Kōriyama City, population 336,000. Both of them hit by the plume that carried fission products from the broken reactors to the north-west before the wind swung briefly towards Tokyo. I hesitate, then ask, should this city be evacuated? He pauses a long time before answering, and finally drops his gaze. Yes.
今彼は、忌々しいジレンマと格闘しています。市内の教室にいる生徒たち皆について、もはや安全ではないと考えているのです。福島市の人口は29万人。郡山市の人口は33万6000人。東京方面ににわかに風向きが変わる前、両方とも崩壊した原子炉からの核分分裂生産物を北西に運んだプルームに襲われたのです。わたしは躊躇し、そしてたずねました。この市は避難するべきですか?彼は長い間ためらい、ついにわたしを見つめ、答えました。はい


Others disagree. The radiation has not travelled in some smooth, predictable path, but has fallen out in stochastic hotspots, burning some communities and sparing others. Wholesale evacuation is not the answer, many believe; the solution will be much finer grained. In any event, the government has no intention of assisting any further evacuations. The work of supporting those stranded in areas outside the forced evacuation zone has fallen entirely on civil society organisations and local authorities.
他の人は同意しません。放射能は、ある意味よどみない、予測できる道筋を辿りはせず、ランダムなホットスポットに降下し、いくつかの地域を焼付け、他の地域は免れたのです。大規模な避難が答えではない、と多くの人が考えます。解決法は、もっときめの細かいものでしょう。どのような出来事においても、政府はこれ以上の避難を援助する意向は全くありません。避難強制地区の外のとり残された人々を支援する取り組みは、完全に市民社会組織や地元行政の肩にかかっているのです。


Several hundred thousand people now live with the subliminal impacts of chronic low level radiation exposure, which the government has addressed by raising the allowable 'safe' dose 20-fold.
数十万人の人々が今、慢性の低放射線被曝の製剤的な影響と共に生きています。政府は、許容「安全」被曝量を20倍引き上げました。


More than a third of children tested already have abnormal growths on their thyroid glands, an immediate consequence of exposure to radioiodine. The effects of long-term exposure to caesium and other longer lived isotopes will take much longer to manifest: the subtle violation of a whole population's DNA; rising incidence of fatal and non-fatal cancers; slow outbreaks of diseases with no name.
検査を受けた子どものうちの1/3以上に、甲状腺の異常な発達がgりました。放射性ヨウ素被曝による即時の結果です。セシウムや、他の長い半減期を持つ同位体の長期被曝の影響は、証明するのにもっと長い時間がかかります。住民全体のDNAへの巧妙な妨害、致死性、非致死性の発癌増加、名のない疾病の緩慢な集団発生


It won't be immediate, it won't occur in neat categories, and most of the health impacts will never be documented or attributed. Ionising radiation is sub-microscopic cellular bombardment, forcing genetic repair mechanisms into overdrive. It shortens lives.
それは即時に起こるのではありません。きちんとしたカテゴリーで起こるのでもありません。ほとんどの健康障害は、記録されることも、被曝が原因とされることもないでしょう。放射線は、超顕微鏡的な細胞への爆撃で、遺伝子の修復メカニズムを猛烈に動かしてしまうのです。それは、命を縮めます。


The demand of the high school teacher and hundreds of thousands of others is a simple one. The right to informed, supported evacuation: "Tell us what we are being exposed to, and if we choose to leave, support us to rebuild our lives elsewhere."
あの高校教師と、他の何百何千の人々の要求は単純な1つのことです。情報を得る権利避難の支援。「わたしたちが何に曝されているのか教えて欲しい。そして、土地を離れることを選択したら、他の場所で自分たちの生活を再建することを支援して欲しい。」


Seventeen months on, it's not happening. Limbo is now recognised in these stricken communities as formalised government abandonment.
17ヶ月が経ち、それはまだ実現していません。忘却の人は今はこれらの崩壊した地元社会で、正式に政府が放棄したとして認識されています。


It required a spark to ignite the suppressed fury and resentment building across the country. On July 1, 2012, the Japanese government provided it.
国中に築きあげられている潜在していた激怒と無念を燃焼させるには種火が必要でした。2012年7月1日、日本政府は、それを与えたのです。

---

Just briefly, Japan was nuclear free. For 55 days, the country's entire fleet of 50 reactors lay silent in deference to the ruination of Fukushima. The industry's central lie is exposed: Japan does not need this technology, and it never did.
ほんの少しの間、日本は原子力フリーでした。55日間、日本の50基全ての原子炉が福島の破滅の手前、沈黙していました。業界のうそは暴かれました。日本にこのテクノロジーは必要ない決して必要などなかったのだと。


ludlam---child-protests-data.jpg


On 1 July, Unit 3 of Kansai's Ōi plant to the north of Kyoto simmers back to criticality despite weeks of furious demonstrations across the country. Five months earlier, the first of what would become weekly rallies outside the prime minister's residence drew around 300 people.
7月1日に、何週間も国中で起こっていた怒りのデモにもかかわらず、京都の北、関西の大飯原発が、再び臨海状態に達しました。


Tonight, we are more than 100,000. The massive demonstration is cordoned along the footpaths behind crash barriers and lines of police, swelling as the humid afternoon gives way to evening, and still they keep coming.
今夜わたしたちは、10万人以上です。膨大なデモは、歩道沿いにガードレールと警察で遮断され、蒸し暑い午後が夜になるにつれて膨らみます。そして、彼らは足を運び続けます。


The volume mounts, drums, whistles, chants, tens of thousands of voices raised in defiance. Above the trees at the end of the wide empty boulevard, the pyramidal rooftop of the Japanese parliament, the Diet, lies just out of reach.
人々が増し、太古、笛、歌、何万人もの抵抗の声があがりました。空っぽの大通りの果ての木々の上に、議事堂のピラミット型の屋根の先、国会が、ただ手の届かないところにあります。


An impossible number of people now pack the footpaths. Sometime around 7pm, a handful of people spill onto the road and are pushed back by young, nervy police officers. On the opposite side of the street, voices go up and the crowd surges from both sides, unplanned and unstoppable.
あり得ない数の人々が、今では歩道一杯に群らがっています。時には、午後7時頃に一握りの人たちが道に溢れて、若い、神経過敏な警察官に押し戻されます。道の反対側では、声が大きくなり、群衆が両側から波のように押し寄せ、計画したわけではなく、止めることはできません。


A huge cheer goes up; the police line vanishes as Tokyo residents take back their street.
大きな歓声が上がり、東京の住民たちが道を取り戻し、警察ラインは見えなくなります。


In the morning, it will be reported that this is the largest assembly yet. Newspaper editorials are as uncharacteristically fed-up as the demonstrations themselves: the nuclear industry is in disgrace, the political system is paralysed, and this weekend's emergence of the Japanese Greens is being heralded as a way to give a louder voice to those who now know that the official deafness is systematic and unyielding.
朝になれば、これが最も大きな集会だったと報告されるでしょう。新聞編集者たちは、デモそのものと同様に、常ならず愛想が尽きているのです。原子力業界は嫌われ、政治システムは麻痺しています。そして今週末の日本の緑の党の出現は、政府が(国民の声を)聞かないのが組織的で不屈であることを知る人々の高まる声に発するものとして公表されます。


ludlam---protest-at-parliament-data.jpg


A quiet fury has set into the national psyche. The Japanese are a patient people, but for the millions touched by this disaster, their patience has run out.
静かな怒りは国民的精神となりました。日本人は辛抱強い人々です。しかし、何百人の人々が、この災害により心を打たれたのです。彼らの忍耐は尽き果てました。


The industry is openly spoken of as the 'nuclear mafia'. At last it seen for what it is: a parasitic, well-connected syndicate with roots deeply entrenched in formal Japanese power structures.
業界は、おおっぴらに「原子力マフィア」と言われています。ついに、あるがままの姿が現れたのです。公式の日本の電力構造において、寄生的で、深く根ざして身を守られ、うまく連携したシンジケート。


This is going to take time: on the same day as the demonstration, a prominent anti-nuclear scientist turned candidate is emphatically defeated in a regional election by a well-resourced pro-nuclear incumbent. It will cost the Greens the equivalent of about $70,000 just to lodge the nomination form for each candidate we field in forthcoming national elections. The launch of the new party is cheerful, moving and timely, but this is truly a David and Goliath matchup.
これは時間の要することでしょう。デモと日と同じくして、(県知事)候補者となった有名な反核科学者が、資金の豊かな核推進現職者に選挙で敗北しました。緑の党が、次の総選挙に立てるそれぞれの候補者のための推薦を提出するのに、約7万ポンド(約871万円)かかります。緑の党の発足は嬉しいもので、前進し、タイムリーではありますが、これは、本当にDavidとGoliathの組み合わせのようなものです。


The reason David wins in this story is that under no circumstances can he afford to lose. With a slightly different fall of the dice, the Fukushima meltdowns would have cost the people of Japan their country. Another cruel accident of plate tectonics and it still could.
Davidがこのストーリーで勝利した理由は、彼が、どのような状況にあっても負けるわけにいかなかったからです。ほんの少し違ったさいの目で、福島のメルトダウンは、日本の国、人々の犠牲を払うことになりました。もう一度残酷なプレート地学現象は、まだ起こりうるのです。


There is no place on this archipelago for nuclear power, and tens of millions of Japanese now understand this. Everything has changed.
この群島のどこにも、原子力のための場所はありません。そして、何十万人もの日本人が今そのことを理解しているのです。全ては変わりました


In Australia, Fukushima has faded uneasily from the headlines into the subconscious. Japan is one of our most important uranium clients, but from here on, all the news is bad for the investors and promoters of this unhappy sector.
オーストラリアで福島は、不安のうちに大見出しから意識化の中へ消えていきました。日本は、わたしたちの重要ウラン顧客の一つです。しかし、ここからは、この不幸な部門の投資家たちや推進者たちにとっては、全てが悪い知らせです。


BHP has pulled back from development plans at Olympic Dam and Yeelirrie. Cameco and Mitsubishi have shelved the Kintyre project in the East Pilbara. Toro struggles towards inevitable defeat at the unworkable Wiluna Project in the North-East goldfields. Koongarra, Angela Pamela, Arkaroola, Jabiluka: the uranium mines that never were, and must never be.
BHP社(オーストラリア)は、オリンピックダムとYeelirrie(ウラン)の開発計画から手を引きました。Cameco社(カナダサスカチワン州)と三菱は、東ピルバラ地域(オーストラリア)でのKintyre(ウラン)プロジェクトを棚上げしました。Toro社(オーストラリア)は、北東の金鉱地にでの実行不可能なWilunaプロジェクト(ウラン)の必然的な敗北に苦しんでいます。Koongarra、Angela Pamela、Arkaroola、Jabilukaは、ウラン鉱山では決してありませんでしたし、これからもをうであってはなりません。


Picture1_20120827134448.jpg


The strange craze of investor optimism that washed through the market two years ago died at Fukushima, and it won't return. There is no room for ambiguity here. This industry must close, on the same premise we closed the asbestos industry. There are other ways of shunting electrons down wires, starting with the ridiculous abundance of energy falling free out of the sky.
2年前の市場を通して打ち寄せた投資家の奇妙な熱は、福島で死にました。そして、二度とよみがえりません。曖昧さの余裕は全くないのです。この業界は、アスベスト業界のように、閉鎖されなければならないのです。電線を入れ替えるほかの方法があります。空から自然に落ちてくるあられもない豊富なエネルギーと共に始めるのです。


By now, I imagine the workers in their white overalls have moved on to another small corner of the caesium fields of Tohoku. It is burned into my mind's eye now: this endeavour of vast futility, the hopes and fears of the atomic age sealed into blue plastic piles, destination unknown, out on the edge of the dead village.
しかし今、わたしは、白いオーバーオールをまとった作業員が、東北のもう一つのセシウム原野の片隅に移動しているのを想像します。それは今、わたしの心の目に焼きついています。膨大な無益のこの努力、青いビニールの山に閉じ込められた原子力時代の希望と恐怖、先の見えない行き先が、その死の村の端にあるのです。







絶望的な未来に気付いたものが向かう先は、


崩壊的未来ではなく、


誇り高き未来であって欲しいと思います。



全てが変わってしまった今、


今までの過ちの数々で、


全てを変えてしまった今、




自分が変わらなければ、


何も変えることはできないでしょう。




関連記事

ちょっと違う昼休み

 2012-08-23
みんながランチを食べ終われば。。。


IMG_7689.jpg


お外!!



IMG_7664.jpg


今日は、いつもとちょっと違って。。。





IMG_7665.jpg


エリーが追いかける側!!!



なぜかというと。。。。



IMG_7667B.jpg


土の中に隠しておいた。。


IMG_7668B.jpg


このボールをとられたくなかったから・・・・



でも、エリーは、


IMG_7529B.jpg


本当は追いかけて欲しかったんだけど、

相手にしてもらえなかったから、

追いかけてみただけなんだけど。。。



程よく疲れたら。。


IMG_7675.jpg


エリー、ジュニアの枕になる



関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 20歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 17歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 8歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事

カテゴリ
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。