スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

世界で繋がる「グリーン」の鎖~日本も「緑の党」結成

 2012-07-31
guardian_logo.jpg


Anti-nuclear campaigners launch Japan's first green party Greens Japan promises voters to put environment first and abolish nuclear power plants
反核運動家、日本発の緑の党結成。有権者に環境第一、原発廃止を約束



Anti-nuclear campaigners in Japan have launched the country's first green party, more than a year after the triple meltdown at Fukushima Daiichi power plant created a groundswell of opposition to atomic energy.
福島第一原発が、原子力エネルギーに対する反対の高まりを創り出した福島のトリプルメルトダウンから1年以上たち、日本の反核運動家たちが日本ではじめての緑の党を結成しました。


Greens Japan, created by local politicians and activists, hopes to satisfy the legal requirements to become an officially recognised political party in time for the general election, which must be held by next summer but could come much earlier.
地方の政治家と活動家でつくられた緑の党は、来年の総選挙に向けて公式に政党と認められる法的条件を満たしたいと思っていますが、もっと早くに達成できる可能性もあります。


The party said it would offer voters a viable alternative to the two main parties, both of which have retained their support for nuclear power, particularly after the recent decision to restart two nuclear reactors in western Japan.
緑の党は、有権者に、原子力の支持を維持している二大政党に対して、特に西日本での2つの原子炉を再稼動した最近の判断の後で、実行可能なほかの選択肢を提供すると言います。


The ruling Democratic party of Japan and the minority opposition Liberal democratic party [LDP] both supported the nuclear restart, which came after Japan was briefly left without nuclear power for the first time in more than 40 years.
民主党政権と最大野党の自民党はどちらも再稼動を支持しました。そして、40年以上の間で、初めて原子力のない状態だった日本で、つかの間の後に再稼動されたのです。


Akira Miyabe, Greens Japan's , said voters had been deprived of the chance to support a party that puts nuclear abolition and other green policies at the top of its agenda. "We need a party that puts the environment first," he said at a launch event in Tokyo.
副運営委員長を務める宮部彰氏は、有権者が核廃止や他のグリーン政策を一番に考える政党を支持する機会を奪われてきた、と述べ、「環境政策を第一に考える政党が必要だ」と、東京の結成イベントで話しました。


Picture1_20120731135659.jpg


The 1,000-member party is still a gathering of disparate groups and local politicians, but believes it can emulate green parties in Germany and other parts of Europe and influence the national debate over energy policy.
その1000名のメンバーからなる政党は、まだ、異なった団体と地方の政治家の集まりですが、ドイツや他のヨーロッパの緑の党に匹敵し、エネルギー政策を巡っての国の討論に影響を与えるものだと考えています。


Nao Suguro, a co-leader of the party who sits on a local assembly in Tokyo, said the aim was "to create a broad network to accommodate calls for the abolition of nuclear power plants."
東京での地方集会の席にいた共同代表者のすぐろ奈緒氏は、その目的が、「原発の廃止を求めるために幅広いネットワークを作る」のが目的なのだと述べました。


The party will struggle to field any candidates if, as some predict, the prime minister, Yoshihiko Noda, calls a snap lower house election. But it said it was prepared to put up about 10 candidates in next summer's upper house elections.
その政党は、いくらかの人が予測しているように、もし野田主相が解散総選挙を求めたら、候補者を編成するのに奮闘するでしょう。しかし、来年の夏の参議院選挙で約10名の候補者を出す準備をしてたと言われています。


Recent demonstrations in Tokyo suggest Japan's anti-nuclear movement has broken free of its long association with socialist and pacifist movements to include younger campaigners, many of whom are protesting for the first time.
最近の東京でのデモは、日本の反核運動が、社会主義者、平和主義者の運動の長い連携を解き放し、初めて抗議をしている若い運動家を取り込んでいることを示しています。


Anti-nuclear-activists-pr-007.jpg


The protests are among the biggest Japan has seen in decades, although they have not succeeded in forcing Noda to reconsider his support for the restart of several reactors to avoid power cuts and lessen Japan's dependence on expensive fossil fuel imports.
節電を避け、値のはる化石燃料輸入への依存を減らすために、いくつかの原子炉の再稼動を支持したことを野田氏に思い直させるまでには至っていないものの、その抗議は、何十年間もの間で最も大きなものです。


While thousands of demonstrators held a candlelit vigil and formed a chain around the parliament building in Tokyo on Sunday night, voters in Yamaguchi prefecture in south-west Japan elected a pro-nuclear governor in a poll that some saw as a litmus test of Japan's enthusiasm for atomic energy.
日曜日の夜、東京で何千もの(何十万もの)デモ参加者たちがろうそくを持ち、国会を取り囲んだ一方で、日本南西にある山口県の有権者たちは、原子力推進派の知事を選びました。この投票を、原子力エネルギーに対する日本の熱意を試すリトマス試験としてみている人もいました。


ife_bor.jpg



Shigetaro Yamamoto, a former bureaucrat who was supported by the conservative LDP, defeated three rivals, including Tetsunari Iida, who had campaigned against the proposed construction of a nuclear power plant in the area. That vote came after other recent wins for pro-nuclear candidates in local elections.
元官僚の山本繁太郎は保守自民党の支持を受け、その地域で提案されている原発建設に対する反対運動をしてた飯田哲也氏と含む3人のライバルを破りました。その投票は、他で、最近原子力推進候補者が地方選挙で勝利した後のものです。


The government is currently sounding out public opinion on three options for nuclear energy's share of the country's energy mix in 2030: zero, 15% or 20-25%. Japan depended on nuclear power for about a third of its energy needs before the 11 March disaster.
政府は現在、2030年の日本のエネルギーミックスでの原子力エネルギーの割合について、0か、15%か20ー25%かの3つの選択肢を揚げ、国民の意見を探っています。日本は、3月11日の災害の前、エネルギーの約1/3を原子力に依存していました。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~



「エネルギー・環境に関する選択肢」に対する意見(パブリックコメント)の投稿。

こちらから。

締め切りは、8月12日アメリカ・カナダは8月11日!

沈黙、NO ACTIONは、「容認」を意味します!!

2030年まで、なんて悠長なことを言っている場合でなく、

「今すぐに」と思っている人が大勢いるため、

「その他」という選択肢が追加される、と聞きました。






緑の党は政権をとることだけが全ての目的ではないでしょう。


飯田氏は知事になることだけが、目的ではなかったと思います。


それどころか

とても大きな成果をあげ、大きな一歩を踏み出したのです。



japan_times_logo.jpg


Good fight by 'green' candidate
とてもよい戦いだった「グリーン」候補者
(抜粋)

...attention should be paid to the fact that Mr. Tetsunari Iida, a former nuclear engineer known as "Mr. Green Energy," put up a good fight. Although he failed to grab the governorship, the election results will make the established major parties realize that they will not be able to ignore the will of the many people calling for an end to Japan's reliance on nuclear power generation.
注目すべきは、元原子力技術者で、「MR.グリーンエネルギー」として知られている飯田哲也氏が、好戦を遂げたという事実です。知事の座を獲得することはできませんでが、投票結果は、主要な政党に、原子力発電に対する日本の依存を終わらせることを求めている多くの人々の意志を無視できないという認識を確立することができたことでしょう。


...Apparently Mr. Iida's candidacy helped bring more voters to polling stations. Voter turnout increased from the previous record low 37.21 percent to 45.32 percent this time. Mr. Yamamoto won 252,461 votes while Mr. Iida won 185,654 votes. Two other candidates got 55,418 and 37,150 votes.
明らかに飯田氏の立候補は投票会場にいつもより多くの有権者を招くことになりました。投票率は、これまでの記録37.21%から今回は45.32%まで増加しました。飯田氏が185,654票を獲得した一方で、山本氏が252,452票でした。他の2人の候補者は、55,418票と37,150票でした。


...Mr. Iida's candidacy was rather sudden and that he received no support from any established party, his performance was enough to surprise political observers from established parties.
飯田氏の立候補は、いささか唐突で、確立されたどの政党の支持も全くありませんでしたが、彼の実績は、既存の政党からの政治的観察者たちを驚かせるには充分だったのです。





脱原発の鎖が国会包囲〜議事堂前に解放区!(2012年7月29日)



国家権力の下、

最前線で職務を全うしている

警察、機動隊、自衛隊などの人たちの多くが、

表情のない面持ちと、制服に隠されたその奥の心の中では、

「再稼動反対!」「子どもを守れ!!」「命を守れ!!!」

と叫んでいるような気がします。


もともと、

市民の安全・安心を守る志が強いからこそ、

その職務を選んでいる人たちです。



これ以上、道徳や倫理を無視して

権力を行使し、

人々の声を無視し続け、

強行するようなことがあれば、



彼らは、

誰を守ると思いますか?


日本は、

変わります。




関連記事
スポンサーサイト

カメラに収められた放射能ゴーストタウン

 2012-07-30
discovery_logo.jpg



Fukushima Nuclear Ghost Town's Secrets Revealed
明かされる隠された福島放射能のゴーストタウン


Analysis by Ian O'Neill
Mon Jul 30, 2012 12:44 PM ET

Since the residents began returning to the radiation zone 20-30km from the damaged nuclear power plant in Fukushima one month after the meltdown, I have been documenting the ongoing crises.
メルトダウンから1ヵ月後の福島の損傷した原発から20-30km以内の放射能地区へ住民たちが戻りだして以来、わたしは進行中の危機を記録してきました。


Although my work has generally been focused on what is happening to the children who are living and going to school in this area of abnormally high radiation, I have recently turned my camera on another of Fukushima’s victims: its nuclear ghost towns.
わたしの仕事は主に、異常に高い放射線量の地域で暮らし、学校へ通う子どもたちに何が起こっているのかに焦点を当ててきましたが、最近、他の福島の犠牲者にカメラを向けています。それは、放射能ゴーストタウンです。


Last month, accompanied by a cameraman and armed with a radiation monitor, I entered the Odaka district of Minamisoma City, Fukushima. Odaka covers an area just 10-20km from the nuclear power plant and was, until recently, part of the exclusion zone. Residents are now allowed to enter this zone and visit their abandoned homes, but they are not allowed to live there or to even spend the night because of the high levels of radiation and lack of infrastructure (electricity and water services that were destroyed in the March 11 disaster have yet to be restored).
先月、カメラマンに同伴してもらい、放射線モニターで武装して、わたしは福島県、南相馬市の小高地区に入りました。小高は、原発から10-20km圏内を含み、最近までは立ち入り禁止地区の一部でした。住民は今ではこの地区に入り、見捨てられた我が家を訪れることが許されますが、住んだり、夜を過ごすことは許されていません。放射線レベルが高く、インフラが不十分であるからです。(電気、水道は3月11日に破壊され、まだ回復されていません。)


Because entry to Odaka had been banned for over a year since the residents were quickly evacuated after the explosions at the nearby nuclear power plant, much of the devastation remains exactly how it was since just after the earthquake and tsunami: collapsed buildings, piled up cars, houses knocked off their foundation, and all of it contaminated with radiation:
近くの原発での爆発の後、住民が即座に避難させられて以来1年以上の間、小高へ入ることは禁じられていたので、自信と津波の直後から、その惨状のほとんどがそのまま残っているのです。崩壊した建物、山済みになった車、基礎から払いのけられた家々、そして全てが放射能で汚染されています。






Last month, I also filmed in Iitate, Fukushima, another nuclear ghost town created in the wake of the nuclear disaster. When the entire village of Iitate was evacuated last year, I documented the ensuing confusion and anger.
先月、わたしは福島県の飯舘もフィルムにおさめました。災害後につくられたもう一つの放射能ゴーストタウンです。去年飯舘村全域が避難させられたとき、わたしは、その後に生じた混乱と怒りを記録しました。


When I returned a year later, I found a place where almost no one dares to venture and where nature is slowly beginning to take back the land:
1年後に戻ってきたとき、わたしは、もうほとんど誰も敢えて危険をおかそうという人がいなく、自然が、ゆっくりとその土地を取り戻し始めているのを見ることになりました。






Ian Thomas Ash, originally from New York, is a freelance documentary filmmaker who has lived in Japan for 10 years. When the magnitude-9.0 earthquake hit off the coast of northeastern Japan on March 11, 2011, Ian felt its effects in the nation's capital, Tokyo.
イアン・トーマス・アッシュは元々ニューヨークの出身で、10年間日本に住んでいる、フリーランスのドキュメンタリー・フィルムメーカーです。マグニチュード9・0の地震が東北の沿岸を襲ったとき、イアンはその国の首都、東京で、その影響を感じました。


The impact of the quake and tsunami, and the threat of radioactive fallout from the stricken Fukushima nuclear power plant 150 miles away, took its toll.
地震と津波の衝撃と、150マイル離れた崩壊した福島原発からの放射性降下物に対する恐怖は、犠牲をもたらしました。


Ian's feature-length documentary "In the Grey Zone," the story of the children living in Fukushima after the nuclear meltdown, will hold its world premier in competition at the Rhode Island International Film Festival in August. You can see more of Ian's documentary work by visiting Ian's YouTube Channel. He also regularly updates his personal blog, Documenting Ian.
イアンの長編ドキュメンタリー「グレー・ゾーンの中」は、メルトダウンの後で福島に暮らしている子どもたちの話で、8月のロードアイランド州フィルムフェスティバルで世界一となるでしょう。




イアンのドキュメンタリー作品についてのもっと知りたい方は、彼のYouTubeチャンネルで見ることができます。彼はまた、個人のブログ(ドキュメント イアン)でも更新しています。


Picture1_20120731134549.jpg






今日は、言葉がみつかりません。。。




関連記事

福島の子どもの検査は、子どもたちのために!

 2012-07-27
Fukushima - Local Children Unwitting (and Unwilling) Radioactive Guinea Pigs
福島-無意識のうちに(不本意の)放射性モルモットになる地元の子どもたち


By. John C.K. Daly of Oilprice.com

5f01115cc9ded6664766584ad4c11144.png

July 26, 2012 7:06 PM GMT

Seventeen months after the earthquake and tsunami that destroyed the Tokyo Electric Power Company's six-reactor complex at its Fukushima Daiichi, discussions continue about the possible effects of the radiation "dusting" the prefecture's inhabitants received, and their consequences.
福島第一にある東京電力の6つの原子炉の施設を破壊した地震と津波後17ヶ月、福島県の住民に散粉した放射能の影響と、その結果についての議論は続いています。


Far outside most media coverage, 2012 is shaping up to be the media battleground between the massed proponents of the ongoing 'safety' of nuclear power, as opposed to a motley coalition of environmentalists, renegade nuclear scientists and anti-nuclear opponents, largely bereft of media contact.
ほとんどの報道のずっと外側で、2012年は、進行中の原子力の「安全性」について結集した提唱者たちと、それに反対する、主に環境保護主義者、変節した原子力科学者と反核の相手方との間で、メディアの戦場という形になっています。


The 11 March 2011 earthquake and tsunami double punch that effectively destroyed Tokyo Electric Power Company's power plant complex has effectively become the newest "ground zero" in the debate over nuclear power. Advocates pro and con debate the implications of everything from the amount of damage to the release of radionuclides to the long term health effects on the Japanese population.
東京電力の原子力複合施設を事実上破壊した2011年3月11日の地震と津波のダブルパンチは、原子力を巡る討論においては、最新の「グランドゼロ(爆心地)」となっています。賛否両様の代弁者たちは、損傷の額から、放射性核種の放出、日本人の与える長期の健康被害に至るまで討論します。


Picture1_20120728154408.jpg


The stakes are high - quite aside from Japan's multi-billion dollar investment in civilian nuclear energy, dating back to the 1960s, there remains the issues of Fukushima's radioactive debris polluting neighbours.
掛け金は高いです。1960年代にさかのぼり、民間の原子力エネルギーに日本の何十億ドルをも投資して来たことはさておき、近隣を汚染する、福島の放射性瓦礫の問題が残っているのです。


All sides in the debate are playing for massive stakes, with the Japanese government and the nuclear industry broadly indicating the issue is under control. Accordingly, every issue from the amount of radiation released to the long term health consequences of the Fukushima disaster are subject to acrimonious debate.
その討論の全ての立場は、巨大な賭けをしています。日本政府と原子力業界は幅広く問題が制御されていると示唆しています。それゆえに、放出された放射能の量から福島惨事の長期に渡る健康障害に至るまでの全ての問題は、辛らつな討論の対象となっています。


That said, there is an involuntary irradiated "test" Fukushima group monitored since March 2011 displaying disturbing health abnormalities that may ultimately decide the debate, should the global media report it, forcing governments to debate its consequences.
2011年3月以来モニタリングされている不本意な福島の被曝「試験」グループが示す健康異常は、究極的な討論を決定するもので、万が一世界的なメディアで報告されたら、政府が被曝の結果を討論せざるを得なくなるだろう、と言われています。


The children of Fukushima.
福島の子どもたち


The issue of nuclear radiation on human health cites besides Fukushima the August 1945 U.S nuclear bombings of Hiroshima and Nagasaki and the April 1986 explosion of the Chernobyl reactor complex in Ukraine, but in reality, there are no comparisons to evaluate Fukushima.
放射能が人類の健康危機をもたらす問題について、福島以外に引き合いに出すとすれば、1945年8月の、広島・長崎にアメリカが落とした原爆と、1986年4月のウクライナのチェルノブイリ原子炉複合施設の爆発ですが、現実的には、福島を査定するのに、比較できるものはありません。


The 1945 U.S. Hiroshima and Nagasaki bombings were weapon "air bursts," raising no nuclear debris from the ground. Furthermore, the Japanese medical establishment had no experience with the problem and when U.S. military forces arrived over a month later, information about the human cost of the bombings was censored for decades. Showing pictures of destroyed buildings, okay - showing victims with kimono patterns seared into their skin, no.
1945年、広島・長崎の爆弾は、空中破裂する武器でした。地上から、核の瓦礫を出すことはなかったのです。更に、日本の医療は、その問題を確定する経験は全くありませんでした。1ヶ月以上経ってアメリカ軍がやってきたとき、爆弾が人間に与えた被害についての情報は、何十年も検閲されていました。建物を破壊した写真を見せるのはOK-着物の模様が皮膚に焼き付いている犠牲者の姿を見せるのは、NO


As for Chernobyl, the 26 April 1986 catastrophe represented a major black eye for Soviet General Secretary Mikhail Gorbachev's "glasnost" policy. Thanks to the heroic efforts of Soviet emergency workers, the Chernobyl smoking nuclear roman candle burned for nine days before being extinguished.
チェルノブイリといえば、1986年4月26日の大惨事は、ソ連ミハイル・ゴルバチョフ書記長のグラスノスチ政策(社会問題をより自由に議論することを許すソビエト政府の政策)の主な悪評を表していました。ヒーロー的なソビエトの緊急作業員の努力のおかげで、チェルノブイリの煙たい核の花火は、9日間後に消火されました。


In contrast, Fukushima Daiichi has been like a suppurating wound, leaching radionuclides into the environment since March 2011, and since then furious arguments have swirled about not only how much radiation Fukushima released, but the potential long term health consequences.
それとは対照的に、福島第一は、膿んだ傷口のように、2011年3月以来、放射性核種を環境中に滲出し、それ以来、福島が放出した放射能の量だけでなく、長期に渡って健康に与える影響についての怒りに満ちた議論が渦を巻いているのです。


But both disputes ultimately devolve into pure speculation.
しかし、どちらの議論も、最終的には、純粋に憶測に委ねています。


Only two months ago TEPCO stated that the Fukushima debacle may have released twice as much radioactivity than Japan's government initially estimated.
たった2ヵ月前に、東電は福島の大出水が、当初日本政府が推測したよりも2倍の放射性物質を放出したかもしれないと述べました。


Accordingly, how can anyone estimate long term health effects when actual exposure rates are unknown?
実際の被曝量が分からずに、長期に与える健康の影響を誰が予測できるのでしょう?


That said, scientists do have a well defined test group - the population of Fukushima Prefecture surrounding the stricken NPP.
科学者たちには、明確に定義された試験グループがある、と言われています。破壊された原発周辺の福島県の住民です。


nn20111010a1a.jpg


And the sixth report of the Fukushima Prefecture Health Management Survey, which was released in April, revealed after the survey examined 38,114 local children that 36 percent of Fukushima children have abnormal thyroid growths.
4月に発表された、福島県健康管理調査の第6回目の報告では、3万8114人の地元の子供たちを検査した後で、36%の福島の子どもたちに、甲状腺の異常な腫瘍が見られたことが明らかになりました。


The Fukushima Prefecture Health Management Survey revealed that 13,460 children, or 35.3 percent, had thyroid cysts or s up to 0.197 inches long growing on their thyroids and 0.5 percent of the children had growths larger than 0.197 inches.
福島県健康管理調査は、1万3460人の子供たち、あるいは、35.3%の子どもたちに、甲状腺に発達している長さ0.197インチ (5mm)までの脳腫あるいは結節があり、0.5%の子どもたちには、5mm以上のものがありました。


So, why might this be significant? According to the American Thyroid Association (ATA), thyroid problems from nuclear events occur when radioactive iodine is leaked into the atmosphere and thyroid cells that absorb too much of this radioactive iodine may become cancerous, with children being particularly susceptible.
なぜこれが重要なのでしょう?米国甲状腺協会(ATA)によると、原子力事故からの甲状腺の問題というのは、放射性ヨウ素が大気中に漏洩し、甲状腺の細胞が、その放射性ヨウ素を吸収しすぎることで、発癌の可能性が出てくるといいます。子どもが特に影響を受けやすいということです。


Furthermore, the ATA reports noted that thyroid cancer "seems to be the only cancer whose incidence rises after a radioactive iodine release" and that that babies and children are at highest risk. The estimated lifetime radiation doses among the children are still low, but they do exist, the Japan's National Institute of Radiological Sciences stated at a 10 July international symposium in Chiba Prefecture.
さらに、ATAの報告は、甲状腺癌が、「放射性ヨウ素の放出の後に症例が上昇する唯一の癌であるようで」、乳児と子どもが一番危険性が高い、と述べています。予測される子どもの生涯被曝量は、まだ低いとされていますが、存在はするのだ、と放射線医学総合研究所は、7月10日に千葉県で開かれた国際シンポジウムで述べました。


AD20110316560790-Japanese20medica.jpg


Who cares about such an arcane issue? Well, the National Institute of Radiological Sciences conclusions refute the government's assertion that Japanese children in effect received zero thyroid radiation doses from Fukushima.
だれが、そのような、難解な問題を気にするのでしょう?放射線医学総合研究所の結論は、日本の子供たちが実際に甲状腺にうけた放射線がゼロだという政府の主張の誤りを明らかにするものです。


Re Fukushima children's health, the news just gets better. Two months ago Tokyo Shinbum reported that 60 percent of Fukushima children under 12 have tested positive for diabetes, according to Dr. Miura, the director of Iwase's general hospital.
福島の子どもたちの健康についのニュースは回復しています。2ヶ月前、岩手総合病院の理事、ムラタ医師によると、検査をした12歳以下の60%の福島の子どもたちが、糖尿病であることが分かったと、東京新聞がレポートしました。


Why, possibly?
なぜ、そのような可能性があるのでしょう?


Because the Strontium-90 radioactive isotope quickly decays to become Yttrium-90, which can concentrate in the pancreas, causing pancreatic cancer or diabetes. That said, while noting the abnormality, Dr. Miura declined to link it to Fukushima radiation exposure.
なぜなら、ストロンチウム90の放射性核種は、すばやく崩壊し、すい臓に濃縮するイットリウム90になり、すい臓癌や糖尿病の原因となるのです。故に、ムラタ医師には、その異常が福島の放射線被曝に関係していると思われるのです。


So, where does the Japanese government go from here?
それならば、日本政府はこの状況からどこに向かうのでしょう?


It might do worse than to follow the advice of Australian pediatrician Dr. Helen Caldicott, who after observing that "It is extremely rare to find cysts and thyroid nodules in children," added that "you would not expect abnormalities to appear so early - within the first year or so - therefore one can assume that they must have received a high dose of (radiation)" before concluding, "it is impossible to know, from what (Japanese officials) are saying, what these lesions are."
オーストラリアの小児科医、ヘレン・Caldicott医師の忠告に従うことはないのかもしれません。彼女は、「子どもに脳腫や甲状腺結節が見られるのはとても稀なことです。ふつうは、こんなにも早く、1年やそこらで、異常は予測しないでしょう。ということは、高線量(の放射線)を受けたに違いないと思われるのです。」と、この現象を見て彼女は言い、話を終える前に、「これらの障害が何なのか、(日本当局が)言うことからは、それを知ることは不可能です。」と言いました。


radiation_meter_AP110627132746_244x183.jpg


Calidcott also noted that Japanese officials are not sharing the ultrasound results with foremost experts of thyroid nodules in children before noting, "The data should be made available. And they should be consulting with international experts ASAP. And the lesions on the ultrasounds should all be biopsied and they're not being biopsied. And if they're not being biopsied then that's ultimate medical irresponsibility. Because if some of these children have cancer and they're not treated they're going to die."
Calidocott医師はまた、日本政府が超音波の結果を、子どもの甲状腺脳腫における最前線の専門家と共有しないことに言及しました。「一刻も早く、国際的な専門家たちに相談するべきなのです。そして、超音波で障害があったものは全て、組織検査されるべきですが、それはされていません。もし組織検査されなければ、それは、医療において、究極に無責任です。もし、これらの子どものうち何人かに癌が発症していて、それが治療されなければ、その子どもたちは死んでいくのです。」


Nothing to see here, move along - unless your child is part of that 35.3 percentile.
何も問題がないと感じるなら、前に進みましょう。―あなたの子どもが、その35.3%の一人でないのなら。


Still, something for Westerners to think about the next time their government promotes building a nuclear power plant nearby - or if you live close to an existing one.
それでも、西洋人にとって、自分たちの政府が近くの原発建設を促進しようとしていたら、あるいは、原発の近くに住んでいるのなら、これは、考えるべきことなのです。





でも。。。。


被曝障害のデータを、

何に使うのでしょう???



自らの国民を守ること、

自分の国の子どもたちを守ること以外に???



データを取り、放射能が人間に与える影響を明らかにするのは

大事なことだと思います。

そして、

その治療を進化させていくのは、

もっと大事なことだと思います。



そして何よりも、

被曝による様々な症状とともに、

人々が尊厳を持って生きていける社会を築くことが

これからの日本に究極に求められていると、


ただただ、

そればかりを願っているのです。



関連記事

広島・長崎原爆生存者が示す低線量の危険性

 2012-07-25
低線量被曝・内部被曝の危険性の記事の最後に、

長期低線量被曝(外部被曝)についての危険性についてのイアン・ゴッダード氏による15ヶ国40万人の原子力労働者のデータに基づく分析、

「福島放射線 NOT SAFE!」~過小評価される乳幼児発ガンの危険性

の動画と翻訳文を紹介しましたが、

今回は、ゴッダート氏の第2弾、

1950年以来の、広島・長崎原爆生存者からの、長期に渡り蓄積されたデータからの分析です。


☢低線量放射 ☢新しい原爆研究報告 ~ 原爆被ばく生存者



動画の字幕が読みにくいのと、

内容を理解するのに時間がかかるところがあるので、

図や表と共に、文章に起こしたものがおすすめです。

原文は こちら

翻訳文は こちら


Picture1_20120726135606.jpg


要約すると。。。

原爆投下の後、1947年に米国アカデミーが被曝生存者の研究を始め、1975年に日本政府と連携して「放射線影響研究所」となる。2012年に発表された新しい報告を含む14の報告書に基づく分析で、原爆投下以来何十年にも渡り、放射線由来のガンによる死が確実に増えている。

発ガン危険性が低線量で存在するだけなく、ある部分においては高線量よりも危険性が高いかもしれない、という最も有力な証拠を示している。

放射線が循環器系、呼吸器系、消化器系組織でのガン以外の疾病と関連していることも示している。

放射線量に無害であるというしきい値がない。低線量の放射線が無害ではない、と記されている。

低線量放射線が危険というより健康に良い効果を生むというホルミシス理論は、1950-65年の低線量被曝の領域で見られるが、その後30年のデータの蓄積により、消滅する。

一番規模の小さい長崎生存者のデータで見られるクボミ(ホルミシス)は、その2倍の規模の広島生存者のデーターでは盛り上がりを示している。更にその2つのデータをあわせると、規模は長崎だけものの3倍になり、直線性が増す。低線量での盛り上がりは、長崎・広島の両方のデータで見られる。(この変化は、動画が分かりやすいです)

Picture2_20120726135606.jpg


遺伝子の受けるダメージが、最も低い線量においてむしろ高いことが発見された。

5-100ミリシーベルトの放射線が有害であるという確率は90%


Picture3_20120726135605.jpg

現在利用可能なデータの下で 、

低線量放射のある範囲についてのみ注目した時、

統計的な有意性が不足しているから、という理由で

危険性はゼロだとする見解は 、

充分な統計的解釈でも

賢明なリスク評価でもない 。

ピアースとプレトン 2000年
原爆被ばく生存者研究






もう、統計的、疫学的データが少ない、という理由は

通用しないのです!


国会事故調の報告書でも、

長期低線量被曝の危険性については明言されています。



児玉龍彦氏が、去年7月27日に衆議院厚生労働委員会

「補償問題とこの線引きの問題と子どもの問題は直ちに分けて下さい」

「子どもを守るために全力を尽くすことをぜひお願いします」

「7万人の人が自宅を離れてさまよっている時に、国会は一体何をやっているのですか

と満身の怒りを表明してからもうすぐ丸一年です。


子どもはたちは、守られていますか???


わたしは、未だに満身の怒りを溜め込んでいます。



関連記事

責任の存在しない、日本の民主主義

 2012-07-24
japan_times_logo.jpg
 ジャパンタイムズからです。


ちなみにジャパンタイムズは。。。

日本の英字新聞。現存では日本最古の英字新聞社。本社は東京都港区芝浦にあり、モットーは「ALL THE NEWS WITHOUT FEAR OR FAVOR(厳正公正な報道)」であり、毎号、題字の上に印刷されています。日本国外からではなく、日本から発信されているものです。念のため。。。

topbanner_20120725101100.jpg


Wednesday, July 25, 2012

Japan's accountability crisis
日本、責任の危機


By CHRISTOPHER HOBSON
Special to The Japan Times

christopher_hobson.jpg

A defining feature of democracy is that it has been the best form of government for ensuring accountable rule. One important element that distinguishes it from authoritarian regimes is that there are certain institutions, checks, procedures and laws that allow the general public to hold their leaders to account. The system is far from perfect, but in theory (and generally in practice) no one is above the law. And the ballot box has proven to be a relatively successful mechanism for making sure politicians do not overstay their welcome.
民主主義の特徴を定義すると、責任の法則を確かにする政府の最善の形、です。独裁政権から区別する1つの重要な要素は、一般市民が、主導者に責任を取らせることのできる機関、監視、手順と法があるということです。(日本の)仕組みは完全なものからあまりにもかけ離れています。しかし、論理的に(一般的に実践において)誰も法の上にいるわけではありません。そして、長居をしてきらわれる政治家が出ないための仕組みは、比較的成功していることを、投票箱がして示しています。


One of the great virtues of democracy is that it avoids the kind of scenarios which appear when authoritarian regimes fall, as was witnessed when former Libyan strongman Moammar Gadhafi was finally held to account at the point of a bayonet.
民主主義の美徳の1つは、前リビア独裁者のガタフィ大佐が、結局は刀剣を突きつけられて責任を取らされたような、独裁政治が崩れたときに現れるシナリオを避けるところにあります。


A very troubling and negative trend, however, is the increasing breakdown of accountability mechanisms in our democracies today. This is an important issue everywhere, but it is a particularly relevant and pressing concern here in Japan. Democracy in this country has always had its faults, but the way much of the ruling class has responded to 3/11 and the Fukushima disaster has highlighted how broken this system has become.
しかしながら、とても厄介な負の傾向は、今日のわたしたちの民主主義における責任メカニズムの崩壊が進行していることです。これは、いたるところで重要なことです。しかし、それは、特に日本で当てはまり、懸念を促がすものです。この国での民主主義は、常に欠陥がありました。しかし、3月11日と福島事故の対応をしてきた政権の多くのやり方は、このシステムがどれだけ崩壊していたのかを強調することになりました。


Despite Fukushima being one of the most serious nuclear accidents in human history, and the independent investigation commission to the Diet clearly determining that it was "a man-made disaster," few have been held accountable for what happened.
人類の歴史において最も深刻な放射能事故の1つとなり、独立した調査委員会が議会に対し明らかに「人災である」と結論したにも関わらず、起こったことについての責任はほとんど取られていません


Naoto Kan is no longer prime minister, but the way he was forced from office by his own party was hardly a sterling example of democracy at work. Regardless of Kan's responsibility in contributing to the way the Fukushima crisis developed, singling him out did little to address the real source of the disaster, which stemmed from complacency and collusion between the government, the bureaucracy and the nuclear industry.
菅直人氏は、もはや主相ではありませんが、彼が自分自信の党により官邸を追われたやり方は、とても作用している民主主義の真の姿とはいえません。福島の危機が進行したことに加担した菅氏の責任にかかわらず、彼だけを取りざたすることは、政府、官僚、原子力業界の自己満足と馴れ合いから生じた惨事の本当の原因に取り組んだことには、ほとんどならなかったのです。


This was a major conclusion reached by the independent commission: "the root causes were the organizational and regulatory systems that supported faulty rationales for decisions and actions, rather than issues relating to the competency of any specific individual." Accountability is not just about individuals: it is about their collective behavior, and is necessary at this institutional level for democracy to function properly.
これが、独立した委員会が至った主な結論でした。「原因の根本は、特定の個人の能力というよりも、判断と実行のために間違った理論的解釈に支えられた組織的、規制的システムにあります。」それは、集団的な態度についてであり、民主主義が適切に機能するための制度レベル(についての追求)が必要なのです。


It has now become apparent that the shock of 3/11 and Fukushima has not been enough to engineer the real changes Japanese democracy needs. If anything, it seems like there is a gradual attempt to return to "business as usual." The ease with which petty-minded party politics reappeared in the months after the disaster is illustrative of how poorly Japanese politicians appreciate their roles as representatives of the greater good.
3月11日と福島の衝撃が、日本の民主主義に必要な真の変化を工作するには充分ではなかったことが明らかになりました。。何かがあるとすれば、それは、「日常」に戻るための、緩やかな試みがあるように思われます。心の狭い政党政治が、災害の数ヶ月後に再び現れた緩みは、日本の政治家たちが、もっとはるかに偉大なものの代表としての、自分たちの役割の認識がいかに乏しいかを例証しています。

Likewise, the mindset of Tokyo Electric Power Co. and the other power utilities indicates that their own narrow interests continue to override other concerns, such as the welfare of the residents of Fukushima. Tepco has failed to take sufficient responsibility for what happened, and the government has not done enough to hold it to account.
同様に、東電や他の電力会社の考え方は、福島の住民のような他の人たちの懸念より、彼ら自信の狭量な利益の方が、未だに優先していることを示しています。東電は、起こってしまったことに対する充分な責任を果さずにいます。そして、政府はそれを果たさせるために充分なことをしていません。


Given that the serious institutional problems that led to Fukushima have yet to be earnestly addressed, how confident can we be about the decision to move ahead with restarting nuclear plants elsewhere in Japan? The haste with which the government and Kansai Electric Power Co. have pushed to restart the Oi nuclear power plant suggests a deeply troubling situation, namely, that those in power are actively trying to ignore the lessons of Fukushima. Yet Fukushima cannot be another inconvenient truth. Japan must face up to what happened, properly care for those affected, and make sure that such a catastrophe is not repeated.
福島を招いた制度上の深刻な問題が真剣に取り組まれていないことを考えれば、日本の他のどこかで、原発を再稼動させるという判断について、どうしたらわたし達は確信できるというのでしょう?政府と関西電力が大飯原発の再稼動を押し通した性急さは、深遠な苦悩を暗示しています。すなわち、権力のある者たちが、福島の教訓を積極的に無視しようとしているということです。しかし福島は、もう一つの不都合な真実にはなり得ません。日本は何が起こったのかを直視し、被災者たちを適切にケアーし、このような大惨事が繰り返されないことを確実にしなければなりません


Picture1_20120725150040.jpg


The Fukushima disaster forces us to think about what democracy without accountability might mean. What is left in democracy if this crucial element disappears? Accountability works to promote good government and the proper use of power, and it is an important aspect that separates democracy from more authoritarian forms of rule. It acts as a powerful standard against which to criticise and challenge politicians and other actors in a democratic system. Such practices are not about punishment or blame, but about ensuring a culture of rule that prioritizes the interests of the general public, and not private or particular concerns.
福島事故は、責任の存在しない民主主義が何を意味するのかを、わたしたちに考えさせます。この致命的な要素が消滅してしまったら、民主主義に何が残るのでしょう?責任は、善良な政府を促進し、適切な権力の行使を働きかけます。そして、独裁主義の規定の形から民主主義をもっと切り離す重要な局面としての役目を務めるのです。それは、政治家たちを批判し、政治家たちに挑むことに対する強力な規準として、そして民主主義のシステムの中で他の役の役目も努めるのです。そのような慣例は、処罰でも非難ということでもありません。そうではなくて、一般市民の利益を優先する規定の文化を確実にする、ということなのです。


What Fukushima made painfully clear is that such a culture is largely absent from Japanese democracy today. Until greater accountability and transparency become a more prominent part of the way this country is run, restarting nuclear reactors seems foolhardy in the extreme. This is not to argue against nuclear power, but against nuclear power that lacks proper oversight and regulation, as has been the case in Japan to date.
福島が悲痛に明らかにしたことは、今日の日本の民主主義から、このような文化が大幅に欠落していた、ということです。より大きな責任と透明性が、この国を動かす傑出したやり方となるまでは、原子炉の再稼動は、究極におろかなことと思われます。原子力に対する議論ではありません。今に至るまで日本がそうであるように、適切な監視と規定の欠落した原子力に対する議論なのです。


The mobilization of Japanese civil society following the Fukushima accident is an important step in trying to make the political and economic elite more accountable and aware of their responsibilities. Rather than trying to ignore or bypass these movements in the rush back to nuclear power, the discussion and debate that emerges should be encouraged, as it may also be a way of helping to re-energize this country's democracy.
福島事故の後の日本人市民社会の結集は、政治的、経済的エリートにもっと責任を持たせ、自分たちの責任について認識させるための重要な一歩です。再稼動に急ぐことで、これらの動きを無視したり回避しようするよりもむしろ、表面化する話し合いや討論が奨励されるべきなのです。それが、この国の民主主義を再度活性化させるための助けになるかもしれないからです。


8dcd3370.jpg



As Japan recovers from the tragic triple disasters 2011, it is essential to re-assert accountability as a vital and necessary part of its democracy. The people of Fukushima and Japan deserve nothing less.
日本が悲劇的な2011年のトリプル災害から回復するにつれ、民主主義においてきわめて重要で必要な責任を再度主張することが必須です。福島の人々と日本には、最低限そのような価値があるのです。


Dr. Christopher Hobson is a research associate at the United Nations University, Tokyo.
クリストファー・ホブソン博士:東京の国際連合大学のリサーチ・アソシエート






間違っていたことを正式に謝り、

希望する人を皆、

コミュニティー単位で綺麗な土地に移動し、

綺麗な作物を確保できるような環境を死守し、



核という麻薬から解放された国を、

皆が同じ想いで、同じ未来を描き、

立ち向かっていく道筋を立てるのが、



今まで国民を裏切ってきた権力の集合体が果すべき

責任ではないですか?



と、思います。




関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。