スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

エリーのお客様♪

 2012-06-30
はるばるカナダの首都、オタワより。。。

高貴なお姿のお客様がやってきました!!


IMG_7405B.jpg

ちゃちゃくん。。。

ただいまホームシック中。

ばーばさんいわく。。。

いでたちと顔つきが、とても神々しい。。。と。


まったくだ。


凡犬エリーは・・

Picture1_20120701133250.jpg


Picture10_20120701133628.jpg


Picture2_20120701133249.jpg

ちなみにエリーは、

2歳年上です。。。



IMG_7408B.jpg

『ぼくは。。。ご主人さまは寝て待て。。。なのだ』


戻ってくるのをひたすら玄関前で待ってるちゃちゃくんですが。。


さすがに退屈なのか、


しばらくすると、むっくり起き上がって、

遊んでっておねだりするようにもなりました♪


まさに、こんな感じ甘えん坊

生だと、更にかわいさ倍増です!!


IMG_7413B.jpg


これからしばらくよろしくねっ



関連記事
スポンサーサイト

6.29 誇り高き日本人の抗議

 2012-06-30
new_york_times_logo.jpg

In Tokyo, Thousands Protest the Restarting of a Nuclear Power Plant
東京にて、何千もの人々が抗議者が原発再稼動に反対



By MARTIN FACKLER

Published: June 29, 2012

TOKYO — Shouting antinuclear slogans and beating drums, tens of thousands of demonstrators gathered in front of the Japanese prime minister’s residence on Friday in the largest display yet of public anger at the government’s decision to restart a nuclear power plant.
東京-脱原発のスローガンを叫び、太古をたたき、何万ものデモ参加者が、金曜日に主相官邸前に集まりました。政府の原発再稼動の決断に公衆の怒りが表された最も大きなものです。


The crowd, including women with small children and men in suits coming from work, chanted “No more Fukushimas!” as it filled the broad boulevards near the residence and the national Parliament building, which were d off by the police.
小さな子供連れの女性たち、仕事帰りのスーツを着た男性たちを含む群衆は、「ノーモアー福島」と唱え、警察に遮断された官邸と国会近くの大通りを埋め尽くしました。


Estimates of the crowd’s size varied widely, with organizers claiming 150,000 participants, while the police put the number at 17,000. Local news media estimated the crowd at between 20,000 and 45,000, which they described as the largest protest in central Tokyo since the 1960s.
群衆のサイズについての推定は大きく異なっています。主催者は15万人という一方で、警視庁は1万7000人と発表。地元のメディアは2万人から4万5000人で、1960年代以来東京中心部で行われた最も大きな抗議運動だと表しました。


30japan-articleLarge.jpg

TBS発表20万人、朝日新聞発表15-18万人でした。1週間前のデモにあつまった人数は、主催者発表4万5000人、警視庁発表1万1000人。警視庁は、どのように数を推定しているのでしょう?どう見ても先週から6000人だけしか増えていないようにはみえませんが。。。


Protests of any size are rare in Japan, which has long been politically apathetic. However, there has been growing discontent among many Japanese who feel that Prime Minister Yoshihiko Noda ignored public concerns about safety this month when he ordered the restarting of the Ohi power station in western Japan.
どのサイズの抗議にしろ、日本では稀なことです。長い間政治的に無関心だったのです。ところが、今月、西日本の大飯原発を再稼動するよう命じたとき、野田佳彦主相が国民の懸念を無視しているように感じた多くの日本人の間で、不満が大きくなりました。


Ohi was the first plant to go back online since last year’s accident in Fukushima led to the idling of all of Japan’s 50 operational nuclear reactors, which supplied a third of the nation’s electricity. Three reactors at the Fukushima Daiichi plant melted down after a huge earthquake and tsunami knocked out crucial cooling systems.
福島の事故が、日本の電力の1/3を供給している、日本で稼動中の50基の原子炉の全てを休止させて以来、大飯は、最初に再稼動されるものです。福島第一原発の3つの原子炉は、巨大地震と津波が致命的な冷却システムを打ちのめした後にメルトダウンしたのです。


Mr. Noda said he ordered the restarting of two of Ohi’s reactors to avoid power shortages that could cause blackouts during the sweltering summer and cripple industry. However, political analysts have warned of a public backlash after opinion polls showed that two-thirds of Japanese opposed the restart, with many saying that the government had failed to convince them that the plant had been made safe.
野田氏は、暑苦しい夏の間の停電や業界不能を引きおこしかねない電力不足を避けるために大飯の2つの原子炉の再稼動を命じました。しかしながら、政府が原発の安全性を納得させていないと言う多くの者たちの原発再稼動反対が、世論調査の2/3を示した後、政治分析家たちは、国民の反撥を警告しました。


On Friday, many of the protesters complained that Mr. Noda was trying to take Japan back to its political business-as-usual of powerful bureaucrats and industry executives making decisions behind closed doors. Some described their outrage over the restart decision as a moment of political awakening, saying they were taking to the streets for the first time.
金曜日、大勢の抗議者たちは、野田氏が日本を、権力のある官僚と業界の役員が閉ざされた扉の向こうで決断を下すという、政治のお決まりな状態に戻そうとしている、として不満を訴えました。再稼動の決断についての激怒が初めて街頭に繰り出したとして、政治的な目覚めの瞬間だと表現する人もいます。


30japan-2-popup.jpg



“Japanese have not spoken out against the national government,” said Yoko Kajiyama, a 29-year-old homemaker who carried her 1-year-old son. “Now, we have to speak out, or the government will endanger us all.”
「日本人は、政府に対して声を上げることがありませんでした。」と主婦で1歳の息子を抱いたカジヤマ・ヨウコ(29)さんは言います。「今、わたしたちは声を上げなければなりません。そうしないと、政府はわたし達みんなを危険に曝すことになるのです。」


“To restart the nuclear plant without ensuring its safety is crazy,” said Naomi Yamazaki, 37, another homemaker and first-time demonstrator. “I know we need these plants for power and jobs, but I don’t trust the authorities now to protect us.”
「安全を確認せずに原発を再稼動することなど、気が狂っています。」ともう一人の主婦で、初めてデモに参加したヤマザキ・ナオミ(37)は話しました。「電力と仕事のために発電所が必要なことはわかっています。でも、行政がわたしたちを守ってくれるとは、今はもう信じられません。」


Organizers said such mistrust had led to a quick growth in the size of the protests, which have been held every week since late March. The protests began with a few hundred participants, but rose into the thousands after Mr. Noda’s restart decision, said one organizer, Misao Redwolf, a illustrator based here in Tokyo.
主催者が言うには、去年3月以来のそのような不信感は抗議者のサイズの急激な増加を導きました。抗議活動は、3月下旬以来毎週行われてきました。数百人の参加者で始まった抗議は、野田氏の再稼動決断後に、千単位に増加したのだ、と東京のイラストレーター、ミサオ・Redwolfさんは話しました。


Tetsunari Iida, director of the Institute for Sustainable Energy Policies, an energy policy group based in Tokyo, said the protests reflected wider discontent toward the government, which many say failed to protect public health after the accident, and then rushed to get the country’s reactors back online.
東京が拠点の環境エネルギー政策研究所のイイダ・テツナリ所長は、その抗議が、事故の後、国民の健康を守ることに失敗し、性急に原子炉を再稼動させようとしている、と多くの人が言う政府への批判を反映しているのだといいます。


“There is anger and a loss of confidence in the government,” Mr. Iida said. “This is an irreversible change, and I expect this type of movement to continue.”
「怒りと、政府に対する自信の喪失があるのです。」とイイダ氏は言います。「これは、逆行できない変化です。そして、このような動きは続くと思います。」


For his part, the prime minister seemed unfazed by the protests. “They’re making lots of noise,” Mr. Noda remarked to reporters as he left his office for his private quarters.
首相と言えば、抗議に動じていないようです。「大きな音だね。」と官邸から私邸に向かう際に、レポーターに述べました。

While noisy, the protesters on Friday demonstrated Japan’s penchant for being well organized and fastidiously polite. In many places, they kept passages clear for pedestrians and stood in neat lines along sidewalks. When the protest ended at 8 p.m., organizers quickly dispersed participants using megaphones, with hardly a scrap of garbage left behind.
騒々しいとはいえ、金曜日の抗議者たちは、とても整然とし、潔癖に礼節を保つという、日本人の強い傾向を表しました。多くの場所で、彼らは通行人に道を開け、歩道沿いにキチンと列を成して立っていたのです。午後8時に抗議が終わったときは、主催者がメガフォーンで参加者たちを速やかに解散させ、後にはほとんどゴミも残っていないような状態でした。

Hiroko Tabuchi contributed reporting.




これこそ本当に、

誇り高き日本人です。


他の国ならば、

これだけの数の抗議者の心に宿る怒りと叫び、

その熱狂が、暴動に簡単に変わってしまいがちです。


一線を越えない日本人の節度のある抗議の形は、

暴力は暴力しか生まない

平和的に民意の声を響かせる事が出来る、

という

デモクラシーの、見本になるのかもしれません。





関連記事

福島の土の器が伝える物語

 2012-06-28
Swedish Artist Creates Radioactive Dishes From Fukushima Soil
スエーデンのアーチスト、福島の土で放射性土器をつくる



slide_235219_1149198_free.jpg


The Huffington Post | By Drew Guarini Posted:
06/26/2012 6:43 pm Updated: 06/26/2012 6:50 pm

Inspired by the nuclear disaster at Fukushima in Japan, the reverberations of which are still being felt across the world, Swedish artist Hilda Hellström is creating dishes made from Japanese radioactive soil.
福島の惨事に鼓舞され、その残響が世界中で感じられる中、スエーデンのアーチスト、ヒルダ・Hellstromさんは、日本の放射能(汚染された)土を使い器を作っています。


According to Dezeen, Hellström got started by contacting Naoto Matsumura, the last person still living in the evacuation zone, to collect soil from contaminated rice fields. Living day to day with Matsumura, Hellström extracted soil from three inches below the surface and brought it back to the UK she where were molded it into dishes for display at the Royal College of Art in London's graduate show.
Dezeenマガジンによると、Hellstromさんは、避難地区に一人残っている、マツムラ・ナオトさんにコンタクトを取り、汚染された田んぼの土を集めました。マツムラさんのところで日々暮らし、Hellstromさんは、表面から3cm下の土を取り出し、ロイヤルカレッジ芸術科のロンドンでの卒業展示会に展示する器の鋳型をとるためにイギリスに戻りました。


slide_235219_1149195_free.jpg


The dishes aren't designed to be eaten out of. “It is safe to be around,” Hellström said of their materials in an email to Fastco Design. “But…I wouldn’t advise people to eat from the plates.” For Hellström, the value of these creations is more symbolic than practical.
食べ物をのせるためにデザインされてはいません。「近くにある分には安全です。」Hellstromさんは、Fastcoデザインに材料を搬入するときEメールで述べました。「でも。。。そのお皿からは食べ物を食べない方が良いでしょう。」Hellstromさんにとって、これらの器の価値は、実用的というより象徴的なものです。


slide_235219_1149192_free.jpg



She referred to their existence as ”food vessels, which are just as useless for their pu
rpose as the land and the farmers of Fukushima.”
彼女は、土地と福島の農家と同様に、その存在が、本来の目的としては役に立たない壷を引き合いに言いました。


slide_235219_1149193_free.jpg



The aim with the project, she said, is to "construct an object that speaks of a much larger event than the object itself and inhabits a narrative that goes far beyond its form or function,” Hellström told Dezeen.
彼女がDezeenマガジンに話したところによると、そのプロジェクトの目的は、「その物体が、そのもの以上に大きな事象を語るものを創り出し、形や機能をはるかに超えて、物語を宿らせるため」ということです。


slide_235219_1149197_free.jpg

slide_235219_1149196_free.jpg


Powerful as the message and design method may be, would you be willing to display them in your home? After all, eating Cinnamon Toast Crunch from them is out of the question.
そのメッセージとデザイン方法は力強いかもしれませんが、あなたはその作品と自宅に飾りたいですか?結局のところ、その器から食べるシナモントーストなど、問題外なのです。


slide_235219_1149194_free.jpg







自宅には飾りたくありません。

展示場で、分厚い、放射能防護ガラスのようなものを通して眺める自分を想像すると、


とてつもなく、悲しくなります。。。



釜で焼いてたのかな?

焼いて大丈夫なのかな?


手でこねたり、形作ったり。。。

本当に大丈夫なのかな?


と、心配になります。。。



命を賭けた芸術。。。

ということなのでしょうか。。。



関連記事

終わりを知らない4号機の狂気

 2012-06-27
このところ、オーストラリアABC放送のマークのレポートが続いています。

今まで音沙汰がなかった分、

ものすごい勢いで取り戻そうとしているような。。。


abc_australia_logo.jpg

Experts warn of another disaster awaiting at Fukushima
福祉まで待ち構えるもう一つの災害に警笛を鳴らす専門家たち


ABCラジオ放送はこちら


Posted June 25, 2012 21:04:00

Japanese and US nuclear experts warn that another earthquake hitting Fukushima could spark a disaster worse than Chernobyl.
日本とアメリカの原子力専門家は、もう一度福島で地震があれば、チェルノブイリより悲惨な災害になると警告


Mark Willacy


LEIGH SALES, PRESENTER: One more major earthquake in Japan and the nation could face a nuclear disaster 10 times the scale of Chernobyl. That's what experts are telling 7.30.
レイ:もう一度大きな地震が日本で起きたら、チェルノブイリの規模の10倍の災害に直面することになるのだと、(ABC放送)7.30に専門家が話した事です。


Picture1_20120628152305.jpg


When Japan was hit last year by a massive earthquake and tsunami, the world feared nuclear catastrophe.
去年、巨大地震と津波が日本を襲ったとき、世界は放射能大惨事を恐れました。


The nation's Fukushima nuclear reactors were inside the disaster zone.
その国の福島の原子炉が、災害地区内にあったのです。


We've not heard much about them for a while, but the danger certainly hasn't passed.
日本からしばらく何もきこえてきませんでしたが、危険は明らかに過ぎ去ってはいません


Experts say the situation inside Fukushima reactor number four is precarious, as North Asia correspondent Mark Willacy reports from Fukushima.
専門家たちは、福島4号機内の状況が不安定なのだといいます。北アジア特派員のマーク Willacyが、福島からレポートします。


MARK WILLACY, REPORTER: It's said fortune favours the brave. And after enduring an earthquake, a tsunami and a series of nuclear meltdowns, the people of Fukushima reckon they're due for some luck.
マーク:運は勇者を佑く、と言います。地震と津波、そして一連の原子炉メルトダウンを耐え忍んだ後、福島の人々は幸運が訪れる頃だと思っています。


Picture3_20120628152304.jpg


For 13 months, this track was idle. Horses and people kept away because of the fear of radiation. But today, Fukushima is out for a flutter.
13ヶ月のあいだ、競馬場は使用されていませんでした。人々は放射能を恐れて離れていました。しかし今日は、興奮気味です。


So is this a sign that Fukushima's luck is turning? Possibly. But few here actually realise that a few kilometres to the east is the spent fuel pool of the Fukushima nuclear plant, containing enough nuclear fuel to spawn a catastrophe to dwarf Chernobyl.
これは、福島の幸運が回ってきたという兆しでなのでしょうか?かもしれません。しかし、ここにいるほとんどの人が、数キロ東にある福島原発の使用済み燃料プールに気づいていません。そこには、チェルノブイリさえも小さく見せるような大惨事を引き起こす核燃料があるのです。


Picture4_20120628152303.jpg


In the gloom of this pool, a 1,331 highly radioactive spent nuclear fuel assemblies each containing dozens of rods.
このプールの暗闇に、1331本の濃度の高い、何ダースもの燃料棒が収められている放射性使用済み核燃料集合体があります。


ROBERT ALVAREZ, INSTITUTE OF POLICY STUDIES: The spent fuel pool number four at Fukushima, based on my sorta calculations, contains roughly 10 times more cesium 137 then released by the Chernobyl accident.
政策研究所のロバートAlvarez: 福島第4号機の使用済み燃料プールは、私の計算に基づくと、チェルノブイリ事故で放出されたセシウム137の約10倍を含んでいます。


Picture6_20120628153149.jpg


MARK WILLACY: It's also clear from this footage that the pool is littered with debris from last year's disaster.
マーク: この映像からも明らかなように、去年の災害からの瓦礫がプールに散乱しています。


Picture8_20120628153147.jpg


HIROAKI KOIDE, NUCLEAR ENGINEER (voiceover translation): The nuclear fuel in that pool is 2.5 times what's needed in a reactor core. It contains 5,000 times more cesium than was released by the Hiroshima bomb and the pool is just hanging there. We don't know when it could collapse.
小出裕章(吹き替え):あのプールの核燃料は、炉心で必要とされいたものの2.5倍です。広島原爆で放出されたセシウムの5000倍を含んでいて、プールはただそこにぶら下がっているだけです。いつ崩壊するかも分からないのです。


Picture7_20120628153148.jpg


MARK WILLACY: This is where the pool sits, five storeys above the ground next to the reactor. That is how things are supposed to look. This is how the reactor building looks now after a hydrogen explosion blew it apart. The blast tore off the roof and caused a reinforced wall of the fuel pool to bulge by up to 3.5 centimetres. As for the hundreds of tonnes of spent fuel, until this month its only protection from the elements was a white plastic sheet. Some nuclear experts warn Japan is literally playing with fire.

マーク: これが、プールがあるところです。原子炉の隣の地上5階建てです。これが、本来の姿です。

Picture9_20120628153146.jpg


これが、水素爆発が吹き飛ばした後の、今の原子炉建屋の姿です。爆発は屋根をもぎ取り、補強された燃料プールの壁を、3.5cmまで膨ます原因となりました。

Picture10_20120628153145.jpg


何百トンもの使用済み燃料といえば、今月まで中身から守っていたものは白いビニールシートだけでした。何人かの原子力専門家は、日本が言葉通り火遊びしているのだと、警告しています。

Picture11_20120628153145.jpg


HIROAKI KOIDE (voiceover translation): If there's a crack in the pool and water drains out, the fuel rods will be exposed. It will then be impossible to cool the fuel. So if an accident happens, 10 times more cesium than has already been released by the Fukushima meltdown will go into the atmosphere. Depending on which way the wind is blowing, Tokyo could become uninhabitable.
小出: プールに亀裂が入り、水が漏れ出したら、燃料棒は露出されます。そうすると、燃料を冷やせなくなるのです。もし事故がおこれば、福島のメルトダウンで既に放出されたセシウムの10倍が環境に放たれます。風向きにより、東京は住めなくなりかねません。


MARK WILLACY: Hiroaki Koide is a senior nuclear reactor engineer at Japan's prestigious Kyoto University and one of the experts raising the alarm.
マーク: 小出裕章氏は、日本の名門、京都大学のベテラン原子炉技術者で、警笛を鳴らしている専門家の一人です。


Picture12_20120628153751.jpg


HIROAKI KOIDE (voiceover translation): As soon as possible, those fuel rods should be removed. Earthquakes are striking almost every day around the Fukushima plant, so I'm praying that a big one won't hit.
小出: 出来るだけ早く、これらの燃料棒が取り出されるべきです。地震は毎日福島原発付近で起こっています。大きなのがこないことを祈っています。


MARK WILLACY: This warning is echoed by international nuclear safety experts, among them, Robert Alvarez, a former advisor to the US Secretary of Energy.
マーク: この警告は、国際原子力安全専門家たちに轟いています。その中には、アメリカのエネルギー長官の元アドバイザーであるロバートAlvarez氏がいます。


Picture13_20120628153750.jpg


ROBERT ALVAREZ: You have a very, very large concentration of radioactivity where the only thing that keeps that radioactivity from being released through a catastrophic fire is a pool of water. That pool is 100 feet off the ground in a structurally damaged building in a high-risk earthquake zone. I mean, what more you can be worried about?
ロバート: そこには、とても、とても濃度の高い放射性物質があり、大惨事的な火事を通して放射性物質が放出しないように保っているのは、プールの水だけです。そのプールは、地震危険度の高い地区内の、構造的に損傷している建物にあり、地上100フィート(30,5m)に位置しているのです。つまり、これ以上に心配な事ってありますか?


MARK WILLACY: But the operator of Fukushima TEPCO brushes all this aside, arguing that despite being open to the elements and in a damaged building 30 metres above the ground, the pool is safe.
マーク:しかし、福島を動かしている東電は、全てを無視し、風雨に曝され、損傷した地上30mの建物内にあるにもかかわらず、プールが安全だ、と議論するのです。


Picture14_20120628154759.jpg


YOSHIMI HITOSUGI, TEPCO SPOKESMAN (voiceover translation): We checked its condition the other day and although there is a bulge in one wall, we don't think this will have any effect on the soundness of the pool or the building. We believe both can withstand a large earthquake.
ヒトスギ・ヨシミ、東電スポークスマン:先日状況を確認しました。壁にふくらみはあるものの、プールや建物の安全に何か影響を与えるものとは思いません。どちらとも、大きな地震に持ちこたえると信じています。




MARK WILLACY: And on the matter of removing the fuel rods, TEPCO appears in no great hurry.
マーク:燃料棒取り出しの件については、東電は急いでいるようではありません。


YOSHIMI HITOSUGI (voiceover translation): The original method was to take out the spent fuel via crane attached to the ceiling of the building, but that's been damaged, so we are thinking of installing a crane for this. We would like to start removing the fuel some time next year.
ヒトスギ: 通常は、建物の天井に取り付けられたくレーンで使用済み燃料を取り出すものでした。しかし損傷しているので、クレーンをこのために設置することを考えています。来年ごろには取り出し始めたいと思っています。

まるで。。。裏口の扉が壊れたから、寒くなる前に直そうか、というレベルの話をしているようです。。。


Picture15_20120628154758.jpg


ROBERT ALVAREZ: They have to have a heavy overhead crane. They're going to have to manipulate the spent fuel under water constantly, put it into containers that are very heavy involving perhaps containers that may weigh as much as 100 tonnes. ... This requires extraordinary precautions, even under a routine basis, so given the magnitude of the damage, that sort of ups the stakes quite a bit in terms of the capability to safely remove this material.
ロバート: 重厚なオーバーヘッドクレーンが必要です。絶え間なく水面下の使用済み燃料を操作しなければなりません。それを、とても重い、おそら100トンの容器を含むコンテナーの中に入れるのです。。。これはものすごい注意が必要です。通常の状態でも、です。損傷の規模を考えると、その安全な取り出し能力という意味で、ある種の賭けのようなものです


Picture16_20120628154757.jpg


MARK WILLACY: Ever since the meltdowns, TEPCO has maintained a veil of secrecy over what's happening at Fukushima. But one man has managed to penetrate it. Tomohiko Suzuki is a rarity in Japanese journalism: a reporter prepared to put his health on the line to get to the truth.
マーク: メトロダウン以来、東電は福島で起こっていることについての秘密のべールを維持してきました。しかし、一人の男が、それを見抜いたのです。スズキ・トモヒコ氏は、日本ではまれなジャーナリストです。真実のために体を張っているレポーターなのです。


Picture17_20120628154756.jpg


TOMOHIKO SUZUKI, JOURNALIST (voiceover translation): When I went undercover as a worker at the Fukushima plant, I wore protection gear, but over my sleeve I wore this watch, which has a secret camera inside.
スズキ: 作業員に成りすまして福島原発に行ったとき、わたしは防護服を来ましたが、袖の上に、隠しカメラを内臓した腕時計をしてたのです。


Picture18_20120628154756.jpg


MARK WILLACY: With his secret camera watch and other hidden devices, Suzuki recorded life inside the Fukushima plant. Working next to the reactor four building, he was shocked by what he was told about the fuel pool 30 metres above him.
マーク: 隠しカメラと他の隠し装置で、スズキ氏は福島原発の中側を録画しました。4号機の隣で働来たとき、自分の30m上の燃料棒プールについて聞かされたことに衝撃を受けました。


TOMOHIKO SUZUKI (voiceover translation): I spoke to a worker who helped reinforce the reactor four building. He said the spent fuel pool has vast amounts of heavy water in it and that the steel support frames were damaged, but he told me that the reinforcement of the pool was jerry-rigged, so if a typhoon or a tornado hits, it will be dangerous.
スズキ: わたしは、4号機の建屋の補強を手伝っていた作業員と話をしました。燃料済みプールにものすごい量の重い水があり、それを支えているスチールの枠は損傷していると言いました。しかしプールの補強は、即席のもので、台風や竜巻に襲われたら危険だろう、と言うのです。


MARK WILLACY: Sound far-fetched? Well, just last month a neighbouring prefecture to Fukushima was smashed by the most violent tornados recorded in Japanese history.
マーク:そんなことはないと思いますか? そう、ちょうど先月、福島の隣の県が、日本の歴史上記録的な最も激しい竜巻によって、大破しました。


Picture21_20120628155036.jpg


MISUHEI MURATA, FORMER JAPANESE DIPLOMAT: I call it the sickness of Japan. First, we hide, then we postpone and then we assume no responsibility.
前外交官、村田ミツヘイ:これは日本の病です。まず、隠蔽し、そして引き伸ばし、そして責任がないと思い込むのです。


Picture20_20120628154807.jpg


MARK WILLACY: Misuhei Murata is a former Japanese ambassador to Switzerland. He's brought his fears about the fuel pool to the attention of the United Nations Secretary-General Ban Ki-moon.
マーク: 村田ミツヘイ氏は、元スイスの日本大使です。彼は、その燃料プールについての恐怖を、国連事務総長の潘基文氏に伝達しました。


MISUHEI MURATA: TEPCO and the Government of Japan not only lacks the ability, but the intention.
村田: 東電と日本政府は能力に欠けているだけでなく、意志にも欠けているのです。


MARK WILLACY: So in your opinion if there was a problem with that fuel pool, it would be the end of Japan?
マーク: もし、燃料プールに問題があるとしたら、日本の終焉だと思いますか?


MISUHEI MURATA: Yes. There is no-one who denies that. ... We cannot sleep peacefully.
村田: はい。誰もそれは否定できないでしょう。わたしは安心して眠ることもできないのです。


MARK WILLACY: So who should be the people of Fukushima back? A collection of nuclear experts, journalists and concerned activists struggling to be heard, or TEPCO with its history of cover-ups and incompetence?
マーク: それなら、福島の人たちを戻すべきでしょうか?専門家の集団、ジャーナリスト、懸念する活動家たちが声をあげ、奮闘しています。あるいは、隠蔽と無能の歴史を持つ東電と戦っています。


VOX POP (voiceover translation): I do not believe TEPCO. I do not feel safe at all. Radiation levels are still high.
街頭インタビュー: 東電は信じてきません。安全などと思いません。放射能レベルはまだ高いのです。


Picture22_20120628155850.jpg


HIROAKI KOIDE (voiceover translation): TEPCO says the fuel pool can withstand the next big earthquake, but I can't believe this. That's why I'm so worried.
小出:東電は次の大きな地震にも、燃料プールは持ちこたえられると言います。しかし、それは信じられません。それなのでとても心配しているのです。


ROBERT ALVAREZ: Nothing like this has ever happened before and we are sort of charting unknown waters here. And this is a problem that if such an event were to occur, it would be of an international dimension.
ロバート: 今までにこのようなことは起こったことがありません。いわば、知らない海の海図を作っているのです。これは、もしそのような事象が起こるようなことがあれば、それは国際規模となるだろう、という問題なのです。


Picture23_20120628155851.jpg


LEIGH SALES: Mark Willacy reporting.

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~



http://www.nytimes.com/2012/06/27/world/asia/fukushima-daiichi-building-tilting-but-not-a-risk.html?_r=2

the-new-york-times1.jpg

Japan Reactor Building Is Tilting but Not a Risk, Operator Says
原子炉建屋は傾いているけれど、危険はない。という東電
 (抜粋)

By HIROKO TABUCHI

Published: June 26, 2012


TOKYO — A heavily damaged reactor building at the tsunami-stricken Fukushima Daiichi nuclear plant has a slight tilt, but the tilt does not pose a risk to the integrity of the building, according to the plant’s operator.
東京-東電によると、津波が襲った福島第一原発で深刻に損傷を受けた原子炉建屋は、わずかに傾いていますが、その傾きは、保全を脅かすものではないそうです。




The Tokyo Electric Power Company, or Tepco, said in a report on Monday to Japanese nuclear regulators that at least two of the walls of the No. 4 reactor building are bulging outward at various points and that the building is tilting. The biggest bulge measured about 1.8 inches about a third of the way up the building, the report said.
東電は、月曜日に、日本原子力規制機関に対し、少なくとも4号機建屋の2つの壁がいろいろなところで膨らんでいて、建物が傾いていると報告書を上げました。一番大きなふくらみは、約1.8インチで、建物の上部約1/3のところにある、と書かれています。






心臓に毛が生えている、というか。。。

魂を失った、というか。。。


脳みそも精神も麻痺してしまった。。。というか。。。


中毒症状で妄想が出ている。。。

といったところでしょうか。。。。



関連記事

福島沖漁再開~期待<恐怖

 2012-06-26
久しぶりに!!

オーストラリアのABCニュースのマークからの報告です。


福島沖で獲れたタコと貝の地元のスーパーでの販売再開が伝えられた、その同日の報道です。

abc_australia_logo.jpg


Fukushima radiation kills fishing industry
福島の放射能、漁業を崩壊させる


動画はこちら

Posted June 25, 2012 15:16:00

Fishermen in the Fukushima area, the site of the greatest single radiation contamination of the ocean in history, fear their industry is ruined. While boats still go to sea, their catches are being withheld from sale and instead the fish is sent for analysis. And it's not just Japanese fishermen recording radioactive hauls. Contamination is turning up thousands of kilometres away in fish caught on the other side of the Pacific Ocean.
海の放射能汚染としては最大の現場である福島地方の猟師たちは、自分たちの漁業が崩壊してしまうのではないかと恐れています。漁獲物は販売される事なく、その代わりに分析に回されています。そして、放射能汚染の漁獲を記録したのは、日本の猟師たちだけではありません。何千キロも放れた、太平洋の反対側の魚から、汚染がみつかっています。

Mark Willacy

TONY EASTLEY: The fallout continues from the Fukushima disaster in Japan and it's threatening the nation's huge fishing industry and beyond.
トニー: 日本の福島からの降下物は続いています。そして日本の大規模な漁業、それ以上の産業を脅かしています。

The greatest single radioactive contamination of the ocean in history has some frightening consequences. A lot of Japan's catch is withheld from sale and instead examined by scientists.
歴史上最大の海の放射能汚染は、いくつかの恐ろしい結果をもたらしています。日本の漁獲物は販売されず、その代わりに、科学者の調査対象となっています。


And contamination is even turning up thousands of kilometres away.
汚染は、何千キロも離れたところでさえ見つかっています。


North Asia correspondent Mark Willacy:
北アジア特派員、マーク Willacyのレポートです。

Picture1_20120627160619.jpg



(Sound of fishing boat engine)~釣り船のエンジンの音


MARK WILLACY: It's 4am and Akira Kaya leaves the safety of port, steering his fishing boat east towards the blood red of the dawn horizon.
マーク: 朝4時です。カヤ・アキラさんは港を出て、真っ赤な朝焼けの地平線に向けて、東へと船の舵を切ります。

Picture2_20120627160620.jpg


For decades the Fukushima fisherman earned his living from the sea, but then came the tsunami and the nuclear meltdowns it triggered just up the coast.
何十年もの間、福島の猟師たちは海で生計を立ててきました。しかし、その海岸で津波とメルトダウンに見舞われたのです。


(Sound of Akira Kaya speaking)~カヤ・アキラさんの話す声


"Of course I am angry with the nuclear plant operator TEPCO," Akira Kaya tells me. "It's because I am a fisherman and I've lost all my income, everything," he says.
「もちろん、東電には腹がたちます。」とカヤ・アキラさんは私に話します。「私は猟師なので、全ての収入を失いました。全てです。」


Picture3_20120627160621.jpg


As Akira Kaya lowers his trawling nets he explains how he used to haul in magnificent catches of octopus, horse mackerel and flatfish.
カヤさんは、トロール網をなげながら、かつてタコ、真鰺 、カレイがどんなに大漁だったかを説明します。

(Sound of fish haul pulled onto boat deck)~ボートに引き揚げられる漁獲物の音


And today again a decent catch spills from his nets onto the deck. But none of these fish will ever make it to market.
そして今日も、相当網にかかっています。しかし、これらの魚は、一切市場に出されません。


Here, just 20 kilometres out to sea from the shattered remains of the Fukushima nuclear plant, nothing can be sold to the public.
ここ、福島原発の残骸から海へ20kmのところでは、何も売る事は出来ないのです。


(Sound of Akira Kaya speaking)~カヤ・アキラさんの話す声


"These fish are samples to be sent for testing to measure radiation contamination," Akira Kaya says.
「これらの魚は、放射能汚染を測定する調査のサンプルとして送られます。」とカヤさんは言います。


Radioactive contamination isn't just a problem for Fukushima. Last month 15 bluefin tuna were caught off the coast of San Diego in the western United States.
放射能汚染は、福島だけの問題ではありません。先月アメリカ西部のサンディエゴ沖で取れた、15匹のクロマグロが捕獲されました。


They were found to contain albeit low levels of radioactive caesium 134 and 137. The latter has a half life of 30 years.
それらからは、低いレベルであるにしろ、放射性セシウム134と137が含まれていることが発見されました。後者の半減期は30年です。


Picture4_20120627160917.jpg


But in the waters of Fukushima some of the fish have been found to be dangerously contaminated.
しかし、福島の海では、いくつかの魚に危険なレベルの汚染が見つかっています。


(Sound of Takashi Niitsuma speaking)~ニイツマ・タカシさんの話す声


"Last week the boats went 40 kilometres out from the nuclear plant for sample fishing," says fishing co-operative spokesman Takashi Niitsuma. "Just under a third of the fish were above the contamination safety level," he tells me.
「先週、サンプルをとるために、船で原発から40km沖に行きました。」漁連のスポークスマン、ニイツマ・タカシさんは話します。「1/3を少しかけるくらいの魚が、安全レベルを超しました。」


Picture6_20120627161217.jpg


Back from his foray to within 20 kilometres of the nuclear pant Akira Kaya unloads his catch. But he won't see a single yen from it.
出撃から原発20km内に戻り、カヤさんは、漁獲を水揚げします。しかし、それは1円にもなりません。


(Sound of Akira Kaya speaking)~カヤ・アイラさんの話す声


"I think it's impossible for Fukushima's fishing industry to recover in my lifetime," he tells me. "Even if we do get back on our feet, who's going to buy our fish?" he asks with a shrug.
「私が生きているうちに福島の漁業が回復するのは不可能だと思います。船に戻ったとしても、誰が私たちの釣った魚を買うでしょう?」肩をすくめてたずねました。


A few days after our expedition off Fukushima the results of our haul came in - about a quarter of the catch has radiation levels exceeding the safe limit, with one fish 16 times over the limit, more bad news for Akira Kaya and his fellow Fukushima fisherman.
福島沖への数日の遠征の後、私たちの漁獲の結果が届きました。- 約1/4が安全限界を超えていました。そのうちの1つは、限界値の16倍でした。カヤさんとその仲間にとって更に悪い知らせでした。

This is Mark Willacy in Fukushima for AM.




the-new-york-times1.jpg


Fears Accompany Fishermen in Japanese Disaster Region
日本被災地の猟師に伴う恐怖



By HIROKO TABUCHI

Published: June 25, 2012


SOMA, Japan — The catch from six small fishing boats, the first to resume commercial fishing in the waters off Fukushima since last year’s nuclear catastrophe, went on sale at local supermarkets on Monday, raising hopes and concerns in a region struggling to return to something like normal.
相馬-6隻の小型漁船からの漁獲物は、去年の放射能惨事以来の福島沖の海での商業用漁の初めての再開のためで、月曜日に地元のスーパーで販売され、通常のような状態に戻るためにもがいていた地域での希望と懸念を起こさせました。


For now, the catch is limited to octopus and whelk, a type of sea snail, because those species are thought to trap fewer radioactive particles in their bodies. Still, local residents said it was a milestone for a vital source of food and employment in the region.
今のところ、漁獲はタコ、まつぶ貝に限られています。これらの種は、体内に放射性粒子をあまり取り込まないと考えられるからです。地元の住民は、その地域の食と雇用の、生活に関わる源のマイルストーンとなったと話しました。


800_japan_octopus_ap_120625.jpg


“The past year has been long and hard, but the thing is, I never once gave up on being a fisherman,” Toru Takahashi, 57, said before sailing early Saturday from Matsukawa, about 30 miles north of the stricken Fukushima Daiichi nuclear plant. But the fishermen’s hope to resume working the waters they fished for decades is causing unease all around. Experts say the effects of the disaster on the ocean are still not fully understood.
「去年は、長く、厳しかったのです。しかしわたしは、決して漁師であることを諦めません。」とタカハシ・トオルさん(57)は、福島第一原発から約30マイル北の松川から、土曜日の朝早く船を出す前に言いました。しかし、何十年の漁をしてきた海でのしごとを再開するという漁師たちの希望は、あらゆるところで不安を招いています。専門家は、海への災害の影響は、まだ完全にわかっていないのだと言います

始まったばかりだと思います。。。


Hours before the boats set out, the central government hastily banned Fukushima’s fishermen from selling 36 types of fish other than octopus and whelk. Until then, there had been no explicit ban on fishing near Fukushima, because the region’s fishermen had voluntarily suspended work after the tsunami and nuclear disaster. In return, they have received about $125 million from the plant operator, Tokyo Electric Power.
船が出る数時間前に、中央政府はあわてて福島の漁師がタコとまつぶ貝以外の36種の魚を売ることを禁じました。それまでは、福島付近の漁についての明白な禁止規制はなかったのです。なぜなら、地域の漁師たちが、津波と放射能災害の後、自主的に漁を控えていたからです。その代わりに、彼らは東電から約1億2500万ドル(100億円)を受け取ったのです。


“We are not opposed to fishermen in Fukushima starting to fish again, if they can show that what they are catching does not contain high levels of radiation,” said Yasunobu Matsui, a government food safety official. “We just don’t want them to make a mistake and catch the wrong kind.”
「我々は、福島の漁師の漁の再開に反対しているのではありません。高いレベルの放射能を含んでいないことを示せるのであれば。」と政府食品安全担当のマツイ・ヤスノブ氏は言いました。「ただ、間違いを犯ししたり、間違った種類を獲って欲しくないのです。」


Japan is still grappling with the effects of the meltdowns and other problems at the plant, which led to the largest accidental release of radioactive material into the sea on record. Levels of radioactive cesium off the coast peaked at more than 100,000 becquerels per cubic meter in early April — about 100 times higher than the peak levels detected in the Black Sea after the Chernobyl disaster in 1986, according to a study led by the Woods Hole Oceanographic Institution in Massachusetts.
日本はまだ、メルトダウンと他の発電所での問題の影響に格闘しています。記録上海に放射性物質放出した最大の事故を導いたのです。沿岸の放射性セシウムのレベルは、4月上旬のピーク時に1立方メートルあたり、10万ベクレル以上でした。マサチューセッツ州にあるウッズホール海洋研究所によれば、1986年のチェルノブイリ災害の後、黒海で検出されたピーク時のレベルの100倍高い値です。


What that means for sea life is far from clear, Mr. Matsui said. Away from the immediate area of the plant, the radiation is too diffuse to pose an immediate risk to human health, but experts worry that radioactive material will accumulate in the marine food chain.
それが、海洋生物に何を意味するかは、全く明らかではないのだと、マツイ氏は言います。発電所のごく近海から離れると、放射能はかなり薄まるので、人の健康に直ちにリスクを与えません。しかし、専門家は放射性物質が海洋食物連鎖で蓄積されることを心配しているのです。


Radiation levels in some fish exceed the government’s safety limits of 100 becquerels a kilogram, including one bottom-dwelling poacher fish that registered 690 becquerels a kilogram in April. But other sea produce show negligible radiation readings, including octopus and sea snails caught by fishermen from Soma.
いくつかの魚の放射能レベルは、政府の安全基準、1kgあたり100ベクレルを超えています。中には、海底にすむ魚からは4月に1kgあたり690ベクレルを記録しました。しかし、他の海産物は、微々たる放射能値しか示していません。相馬の漁師が獲ったタコや貝を含みます。

ストロンチウムはどうですか?市場に出すのであれば、せめてサンプル検査をするべきだと思いますが。。。


“Given that Japan has the highest seafood consumption rate in the world, understanding concentrations and assimilation in marine biota is an important task,” Ken Buesseler, a marine chemist who led the Woods Hole study, wrote in the journal Environmental Science and Technology last fall.
世界で最もシーフードの消費が高い日本であることを考えると、海洋生物における濃縮や同化性を理解することは、とても重要な務めです。」と、ウッズホール研究を率いる海洋化学者のケン・Buesseler氏は、去年秋の環境科学・技術ジャーナルに書いています。

これ、科学者でなくても、普通にそう思いますよね???


Fishermen in Fukushima are desperate to get back to work. Mr. Takahashi, the fisherman, who lost his old trawler to the tsunami, said he worked all year to obtain another, the Myojinmaru.
福島の漁師たちは、仕事に戻りたくてたまりません。古いトロール船を津波に流された漁師のタカハシさんは、もう一つの船(みょうじん丸)を獲得するために1年中働いたのだと言います。


On Saturday, those sailing the Myojinmaru and five other boats chose a spot about 30 miles offshore where radioactivity was thought to be adequately diluted. They returned 15 hours later to deliver buckets of octopus and sea snails to a Soma fish market still largely in ruins, with much of its roof gone, carried away by the tsunami. Tests found no radioactivity in their catch.
土曜日、みょうじん丸と、ほかの5隻の船が、放射性物質が適度に薄まっていると考えられる海岸から約30マイル沖を選び、航海しました。15時間後に戻り、タコと貝の入ったいくつ物バケツを、まだ壊れたままの相馬の魚市場に運びました。屋根は流されました。検査から、これらの漁獲に放射性物質は発見されませんでした。

念には念をいれ、乾燥した状態でも測っていただきたいです。。。

japan1-articleLarge.jpg



Fusayuki Nambu, who heads the local Soma-Futaba fishing cooperative, said another run was planned for Wednesday, and after that, officials would draw up more detailed fishing plans.
地元相馬・双葉漁連の会長ナンブ・フサユキさんは水曜日にもう一度漁を計画していると話しました。そしてその後で、更に詳細にわたる漁の計画をたてることになっています。


“We’re still fearful, because we do not have any guarantee that anyone will ever buy fish from Fukushima again,” he said. “But we can’t stay idle forever.”
「まだ怖いです。福島の魚を、また買ってくれるという保障はないのです。しかし、ずっと漁をしないでいることはできません。」


It is unclear whether a public that is jittery about radiation generally will trust fish caught off Fukushima. Many Japanese are wary of the government’s assurances about test results, and Tokyo Electric has made people more suspicious by refusing to let independent experts survey waters inside the roughly 12-mile exclusion zone around the plant.
一般的に放射能について神経過敏の人々が福島で取れた魚を信用するかどうかは不明です。多くの日本人が、検査結果についての政府の保障には用心深いのです。そして、東電が、独立した専門家が発電所付近、約12マイルの立ち入り禁止地区内の海水を調査することを拒んでいることが、人々に更なる疑念を抱かせるのです。

とんでもない汚染の実態を正直に公表し、安全でない可能性を示唆し、全品徹底検査をし、線量の高いものほど危険性を伝えていく努力があれば、風評被害なるものは、最大限軽減できると思うのですが・・・これだけ悲惨な危機的状況にあって、あからさまに現実とかけ離れた安全宣言ばかりしているから、誰も信用できなくなるのです。


“I don’t think anyone now would lie about radiation levels, but in the end, it’s the consumer who will decide,” said Yoshiaki Saito, a wholesaler who handles tuna, crab and other seafood at the Tsukiji Fish Market in Tokyo. If nothing else, fish caught near Fukushima would probably fetch far lower prices, he said.
「今は誰も放射能レベルについてうそをついているとは思いません。しかし最後に決めるのは消費者です。」と東京築地のマグロ、カニ、他のシーフードの卸業者であるサイトウ・ヨシアキさんは言いました。他に何もなければ、福島付近で取れた魚は、おそらく相当低価格で売れるだろう、と彼は話しました。


Even in Soma, where shoppers are sympathetic to the plight of the city’s fishermen, many will not allow their children or grandchildren to eat local seafood.
地元の漁師たちの境遇に同情的な消費者のいる相馬市内でさえ、地元のシーフードを自分の子どもたちや孫たちに食べさせないでしょう。


“I’d eat anything they catch, but for Minami, it’s a different story,” said Yasuo Yoshizawa, 63, referring to his 8-year-old granddaughter. “I do want to see the fishing industry revive, but our children’s health is the most important.”
「わたしは、彼らが獲ったものなら何でも食べますが、ミナミには、また違う話です。」とヨシザワ・ヤスオさん(63)は、8歳の孫のことに触れて言いました。「漁業が復興するのを見たいですが、子どもの健康が最も重要なのです。」


Contaminated water still escapes from the nuclear plant — about 12 tons of water containing radioactive strontium leaked in April, Tokyo Electric said — and rain that falls on the area washes radioactive cesium into local rivers that empty into the sea. Traces of the cesium have been found in at least one wide-ranging ocean species, Pacific bluefin tuna, the study said.
汚染水は、まだ原発から漏れています。4月には約12トンの放射性ストロンチウムを含む水が漏洩したと東電が伝えました。そしてその地域に降る雨が、放射性セシウムを地元の川に流し、それが海に流れ出るのです。少なくとも遠泳の海洋種、パシフィッククロマグロから微量のセシウムが発見されたとの研究があります。


“The bottom line is that it’s too early to tell how much the sea, or sea life, has been contaminated,” said Yosuke Yamashiki, associate professor of environmental engineering at Kyoto University. “And the event is not over. Radioactive substances could enter the ocean for some time, perhaps even years.”
「基本的に、どのくらい海や海の生物が汚染されているのかを語るには早すぎるのです。」と京都大学の環境技術準教授のヤマシキ・ヨウスケ氏は述べました。「そして、まだ事故は終わっていません。放射性物質はまだ、おそらく何年も海に流れ込むのです。」


For Fukushima’s fishing industry, the nuclear disaster has hastened a long decline, and some fishermen say they dare not resume work until more species show low radiation levels closer to shore.
福島の漁業にとって、放射能災害は長期の減退を促進しました。そして、何人かの漁師たちは、近海でもっと多くの種類に低い放射能レベルが示されない限り、仕事は再開しないといいます。


“Of course, we are desperate to start fishing again,” said Kazunori Yoshida of the fishing cooperative in Iwaki, south of the plant. “But it’s not safe.”
「もちろん、漁を再開したくて仕方がありません。」と原発の南にある、いわき漁連のヨシダ・カズノリさんは言います。「しかし安全ではないのです。」



Hisako Ueno contributed reporting from Tokyo.





NHKなどで、復興の大きな第一歩として、

前向きに報道されているのが目立ちましたが。。。



オーストラリアのABC放送と、ニューヨークタイムズは、

とても現実的な、レポートをしていると思います。



とっても新鮮で、ものすごくおいしそうなタコ。


どうして、こんなに悲しいのでしょう。。。



関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。