世界に届け、福島の子どもたちの声

 2012-02-29
ns_logo.jpg


Children tell their story of Fukushima
子どもたちが語る福島のストーリー


15:19 29 February 2012

Tiffany O’Callaghan, CultureLab editor


It has been nearly a year since a megaquake sent a devastating tsunami surging over eastern Japan and set in motion the explosion of nuclear reactors at the Fukushima Daiichi power plant. As the 11 March anniversary approaches, it will undoubtedly be a time to reflect on the compound tragedies that befell the Japanese. But of the many voices to weigh in on the legacy of the disasters in coming weeks, it is unlikely many will belong to children.
巨大地震が圧倒的な津波をおこし、東北を襲い、福島の原子炉の爆発の口火を切ってから、ほぼ1年が経ちました。3月11日の記念日が近づき、日本に降りかかった、いくつもの悲劇を回想するときになることは疑いありません。しかし、これから数週間、その災害が残したものについて言及される多くの声のなかで、子どもの声は多くないでしょう。


Award-winning film-maker Dan Reed isn’t content with that. Eager to tell the story of the tsunami and subsequent nuclear fallout from a fresh perspective, he decided to lower his camera a little. His new documentary, Children of the Tsunami, lets the little ones whose lives were forever altered by last year’s events tell their own stories. Gesturing with a downturned palm, Reed explains, “I hope you feel it’s a film that’s down here with the kids, rather than up here with the adults.”
受賞暦のある映画プロデューサーであるDan Reedが、そのことに満足しません。津波と、その後に起こった放射性降下物について、新鮮な視点からのストーリを伝えいることを熱望し、彼は、カメラの目線を少し低くしました。彼の新作のドキュメンタリー、「津波の子どもたち」は、去年の出来事で、生活が永遠に変わってしまった小さい子どもたちに、自らのストーリを語らせます。Reedは、手のひらを下に降ろしながら、こう説明します。「ここの大人の目線ではなく、ここの低い子どもの目線からの映像を感じて欲しいのです。」


Though the film relies on the perspective of children, the result is far from childish. Shots of children speaking directly to the camera are interspersed with footage of their devastated schools, of parents searching for their classmates’ remains, of the sloshing tide. In this excellent and moving film, the children’s tales cut through the complex narrative and lay bare the struggle and bewilderment of those still caught in the aftermath.
このフィルムは、子どもたちの視点に頼っていますが、その結果は、子どもっぽさからはかけ離れています。子どもたちがカメラに向かって話すショットは、荒廃した学校、クラスメートの遺体を捜す両親、おびただしい潮流が散りばめられています。このすばらしい、心を動かされるフィルムの中で、子どもたちの話は、複雑な物語を切り開き、(悲劇の)余波にまだ捕らわれている、それらの苦悩と当惑をむき出しにします。


We meet 10-year-old twins Fuka and Soma, whose school, Okawa Primary, was located just 4 kilometres from the coast. After the earthquake, their mother rushed to pick them up and take them to higher ground at home. Most of the other children waited on low ground until the tsunami enveloped the school and claimed their lives. Her hair pulled back by a ribbon, 10-year-old Fuka looks into the camera, often biting her lip. She remembers that it was her best friend’s birthday, how she never got to give her a gift.
わたしたちは、10歳の双子のフウカちゃんとソウマちゃんに出会いました。彼らのオオカワ小学校は、海岸から4kmのところにありました。地震の後、母親が迎えに急ぎ、自宅のある小高いところに連れて行きます。他のほとんどの子どもたちは、低い場所で待っている間に、津波が学校を包み込み、子どもたちの命を奪いました。髪を後ろでリボンを結んだフウカちゃんはカメラを見つめ、唇をしばしば噛みます。それは、彼女の親友の誕生日だったのです。プレゼントをあげることはできませんでした。


1st-pic-Image-6-Children-in-masks.jpg


Later, Reed includes footage from a hearing in which the lone surviving teacher at Okawa Primary attempts to explain what went wrong to a room of angry and heartbroken parents. One man stands, clutching his daughter’s shoe. “This is all that is left!” he shouts. Just behind the school building there is a green hillside, which stood untouched above the suffocating sludge.
後に、Reedはオオカワ小学校でただ一人の生き残った教師が、腹を立て、心が傷ついた親たちがいた部屋で何が間違っていたのかを説明しようとしている画像を含めます。一人の男性が立っています。娘の靴を握り締めています。「これが残っているもの全てだ。」と叫びます。校舎のすぐ後ろには、息が詰まるような泥の上に、無傷な緑の丘があります。


The film also looks at the fear of radiation exposure among former residents of what is now the exclusion zone - a 20-kilometre-radius zone around the Fukushima Daiichi plant. We meet 10-year-old Ayaka, whose gap-toothed grin belies last year’s troubles. Her grandfather was lost in the tsunami, and now she attends a school on the periphery of the exclusion zone, donning a hat and protective mask to go outside. At home, her dad uses a handheld Geiger counter to measure radiation levels, telling his daughter levels are too high wherever there is grass and limiting her play to a square of asphalt by their temporary home. No one knows when, or if, people from the exclusion zone will be allowed to go back to their homes.
そのフィルムはまた、福島第一原発周辺から半径20km、今では立ち入り禁止地区になっているところの元住民の間で広がる放射線被曝の恐怖を見ていきます。私たちは、10歳のアヤカちゃんに会いました。隙間の開いた歯を見せてわらいますが、去年の災難を伝えています。

Picture1_20120301151358.jpg


祖父を津波で亡くしました。今、立ち入り禁止地区周辺の学校に通っています。外に出るときは、帽子をかぶり、防護マスクをします。家で父親は手持ちのガイガーカウンターを使い、放射線量を測ります。草のはいているところはどこも線量が高すぎると娘に話し、仮の住まいの近くのアスファルトの空き地で遊ばせるだけに制限しています。もし、立ち入り禁止から来た人々が自宅に帰られることが許されるとしても、誰も、それがいつなのかわかりません。

Picture3_20120301151357.jpg


(ビデオクリップはこちら。ほとんど日本語、英語字幕です。)


Reed spent 13 weeks in Japan working on the film, and much of that time was devoted to recruiting children to speak on camera about their experience. After a short while, he homed in on children between 7 and 10 years old because, he says, after that age, “you could almost identify the month in which they would cease to be children and start to be young adults”.
Reedは、日本でこのフィルムのために13週間過ごしました。そのほとんどの時間を、自分の体験を話してくれる子どもを捜すことに充てました。少しして、彼は、7歳から10歳の子どもたちに絞ります。なぜなら、それより上の年だと、「その月のうちに、子どもではなく、若者になっていくときだとほぼ認められる」からだ、と言います。


2nd-pic-Image-17-Riko-Endo.jpg



Perhaps the child who best captures this uneasy transition is the chubby-cheeked 10-year-old boy Riku (above). He notes that adults are allowed a short trip back into the exclusion zone to collect belongings, though they have to don protective suits. The reason children can’t enter, Riku says, is simply because they don’t make those special suits in kids’ sizes.
このぎこちない移行を最もよく捕らえた子どもは、おそらく、ふっくらしたほっぺの10歳の少年、リクくんでしょう。彼は、大人たちは、防護服を着用しなければならないけれど、所有物を取りに、立ち入り禁止地区へ短い間戻ることを許されることに気付いています。子どもたちが入れない理由は、ただ、子どものサイズの特別なスーツがないからなのだ、とリク君は言います。


Yet even as he offers this explanation, you can see a glimmer of knowledge in his eyes - as though he knows that this version obscures the truth.
しかし、リク君がそう説明しているときでさえ、彼の目には、知識のかすかな光が見えます。まるで、その説明が真実をぼやかすのだということを知っているように。


Children of the Tsunami was written, directed and produced by Dan Reed for Renegade Pictures and the BBC. It will be broadcast in the UK on BBC2 at 9 pm on Thursday 1 March, on 5 March on ARD in Germany and on 11 March on VPRO in Holland, DR in Denmark, ABC in Australia, CBC in Canada and SVT in Sweden.
「津波の子どもたち」はRenegrade PictureとBBCのために、Dan Reedにより著作、演出、製作されました。イギリスで3月1日(木)9:00pmにBBC2にて、ドイツでは、3月5日にARDにて、オランダでは、VPROにて、デンマークではDRにて、オーストラリアではABCにて、カナダではCBCにて、スウェーデンではSVTにて、3月11日に放映されます。






Picture4_20120301151357.jpg

家族でみんな、怖くて仕方がありません。


Picture5_20120301151357.jpg

放射能も怖いです。


Picture6_20120301151356.jpg

もう、こんな暮らしは、怖いです。



なんか、悩み自分でもってるより、なんか、

伝えたり、書いたりしたほうがすっきりするから。


話すって言う気持が、なんか、

勇気っていうか、沸いてこなかった。

家族なんだけど。



怖かったから。



~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

子どもたちに、ずっと、ずっと、こんな思いを抱えさせている国は、

やっぱり、

とんでもないです。



子どもたちの声。

もっともっと届いて欲しい。

深く、力強く。。。



かすんでしまって、

未来が見えなくなっている大人たちの目を、

どうか、覚まさせて欲しい。




関連記事
スポンサーサイト

熟睡できる幸せ♪

 2012-02-27
Did you wake up in the right place today??
今朝、いつもの場所で目を覚ましましたか?

image0011.jpg




『同居人がいると、紛らわしいのねぇ。私は一人っ子だから、ありえな~い!』


IMG_6185.jpg


と思っている、エリーも・・・



022712-1.jpg


自分のベットから外れていることは、しばしば。。。



関連記事

日本津波からの瓦礫のその後

 2012-02-25
2011年3月11日に津波で流された瓦礫の軌跡が、新しく報告されました。







For disaster debris arriving from Japan, radiation least of the concerns
日本からやってくる災害で流された瓦礫に、放射能の心配は、ほぼない



Posted: Thursday, February 23, 2012 10:54 am | Updated: 11:45 am, Thu Feb 23, 2012.

By David Stauth Oregon State University


CORVALLIS, Ore. - The first anniversary is approaching of the March, 2011, earthquake and tsunami that devastated Fukushima, Japan, and later this year debris from that event should begin to wash up on U.S. shores - and one question many have asked is whether that will pose a radiation risk.
コーバリス、オレゴン州- 2011年3月の地震、津波、そして人々を圧倒させた福島(事故)から最初の1年が経とうとしています。そしてその災害からの瓦礫が、今年の終わりには、アメリカの海岸に打ち上げられ始めるでしょう。そして疑問に思うかもしれないことは、それが、放射能の危険をはらんでいるのか、ということかもしれません。


The simple answer is, no.
簡単にいうと、「NO」です。
ピピピピピ・・・・Blue Dolphine警戒警報探知機の音)


Nuclear radiation health experts from Oregon State University who have researched this issue following the meltdown of the Fukushima Dai-ichi nuclear plant say the minor amounts of deposition on the debris field scattered in the ocean will have long since dissipated, decayed or been washed away by months of pounding in ocean waves.
福島第一原発のメルトダウン後の問題を調査してきた、オレゴン州大学の放射線健康法専門家は、瓦礫の島についた少量の沈殿物は、海の中で散りばめられ、何ヶ月もの間波が打ち寄せ、消散、崩壊し、洗い流されてから長い時間が経過していることになるだろう、といいます。


However, that’s not to say that all of the debris that reaches Pacific Coast shores in the United States and Canada will be harmless.
しかしながら、アメリカ・カナダ太平洋岸に到達する全ての瓦礫が無害だということではありません。


“The tsunami impacted several industrial areas and no doubt swept out to sea many things like bottled chemicals or other compounds that could be toxic,” said Kathryn Higley, professor and head of the Department of Nuclear Engineering and Radiation Health Physics at OSU.
「津波は工業地帯のいくつかを襲い、化学物質のボトルや、他の毒性のある合成物質がたくさん流されたことは疑いありません。」と、オレゴン州立大学、原子力技術放射線健康方物理学の学科長であるKathryn Higley教授は述べました。


“If you see something on the beach that looks like it may have come from this accident, you shouldn’t assume that it’s safe,” Higley said. “People should treat these debris with common sense; there could be some things mixed in there that are dangerous. But it will have nothing to do with radioactive contamination.”
「もし、この事故から流されてきているように思われるものを浜辺で見かけたら、それが安全なものだと思うべきではありません。」と、Higleyさんは話します。「常識でこれらの瓦礫を取り扱うべきです。危険物質が混ざっているかもしれないと言うことです。しかし、(その危険は)放射性物質の汚染とは、関係ないでしょう。」
ピピピピピ・・・・)


Picture1_20120225152202.jpg


Higley and other OSU experts have been active in studying the Fukushima accident since it occurred, and are now doing research to help scientists in Japan better understand such issues as uptake of radioactive contamination by plants growing near the site of the accident. They also studied marine and fishery impacts near Japan soon after the incident.
Higleyさんと他のオレゴン州大学の専門家たちは、当初から福島事故について積極的に研究してきました。そして、今は、事故現場近くの植物の放射線物質汚染からの摂取というような問題を、日本の科学者が、よりよく理解できるよう、調査を行っています。彼らは又、事故後まもなく日本沿岸の海洋、漁業に与える影響についても調査しました。


“In the city and fields near Fukushima, there are still areas with substantial contamination, and it may be a few years before all of this is dealt with,” Higley said. “But researchers from all over the world are contributing information on innovative ways to help this area recover, including some lessons learned from the much more serious Chernobyl accident in 1986 in the Ukraine.”
「福島県近くの市町村や土地は、まだ、相当汚染されています。そして、全てを取り扱うには数年かかるでしょう。」と彼女は言います。「しかし、世界中の調査員たちが、この地域の復興のために、革新的な方法についての情報に貢献しています。ウクライナで1986年に起きた、ずっと深刻だった事故から学んだことを含めてです。」


Some of the technology to deal with this is complex. Other approaches, she said, can be fairly low-tech - removal of leaf litter, washing, plowing the ground, collecting and concentrating water runoff.
その取り扱いについての技術のいくつかは、複雑なものです-他の取り扱い方法は、原始的です。落ち葉の除去、洗浄、土の掘り起こし、雨水の収集と濃縮。


The repercussions of the event in the ocean, however, and implications for distant shores are much more subdued. Most of the discharge that was of concern was radionuclides of iodine and cesium, which were deposited on widely dispersed, floating marine debris days after the tsunami. Most of the iodine by now will have disappeared due to radioactive decay, and the cesium washed off and diluted in the ocean.
しかしながら、その事故の海への悪影響と、遠方の海岸への影響は、ずっと控えめなものです。懸念される排出物のほとんどは、放射性ヨウ素とセシウムです。それらは津波の後何日も、海洋中の広く拡散され、浮遊している瓦礫に堆積しました。今では、ヨウ素のほとんどはその崩壊により消滅しているでしょう。そして、セシウムは海に洗い流され、薄められています。


“There are a lot of misconceptions about radioactivity,” Higley said. “Many people believe that if it can be measured, it’s harmful. But we live in a world of radiation coming to us from the sun, or naturally present in the earth, or even from our own bodies.
「放射性物質については多くの誤解があります。」とHigleyさんは話しました。「多くの人はそれが測定でき、害があるものだと信じています。しかし、私たちは、太陽、そして地球に自然に存在するもの、自分自身の体からさえも発せられる放射線の世界の中で生きているのです。」
ピピピピピ・・・・


“There are higher natural levels of radiation found all around the Rocky Mountains, for instance,” she said. “And we can still measure radioactive contaminants in nature from old atmospheric nuclear weapons tests more than 50 years ago.”
「例えば、ロッキー山脈の周辺では、もっと高い自然レベルの放射線があります。私たちは、50年以上前の原子核兵器実験からの放射能汚染を、まだ自然界で測定できるのです。」
ピピピッピッピービービビビビビ~~! 50年たった今、検出される事の重大性を考えましょう。これらの物質は、無害ではないのです。


Like most of those other forms of radiation, Higley said, any measurable radioactivity found on debris from Fukushima should be at very low levels and of no health concern ― much less, for instance, than a person might receive in a single X-ray.
他の形態のほとんどの放射能のように、福島からの瓦礫から検出されうる放射性物質のレベルは、とても低いもので、健康への影響の心配はありません。―例えば、1回のレントゲンを受けるよりもずっと少ないものです、と、Higleyさんは述べました。
ビービービービーブ~~~ゥゥゥウウウウウウウ


Debris from Japan should start to arrive in the U.S. and Canada late this year or in 2013 following normal ocean currents, say other OSU experts who are studying this issue. When they do, some aspects of them might be dangerous ― a half-filled, floating, sealed bottle of a toxic chemical, for instance. So people should exercise caution.
日本からの瓦礫は、アメリカ・カナダに今年末から2013に、通常の海流に乗って漂着し始めると、この問題を研究しているオレゴン州立大学の専門家は言います。そのとき、いくつかのことが危険かもしれません。―例えば、ふたのされている毒性のある化学物質が半分入って浮いているものです。なので、皆、注意するべきです。
そのとおり!!


But they don’t need to worry about radiation.
しかし、放射能の心配は必要ありません。








ここ数日、福島事故からの影響は、ほとんどなく、健康被害の心配はない、という報道が目立ちます。

この科学者たちの言葉を信じるか、鵜呑みにしないかは、もう個人が判断するしかありません。

ただ、原子力業界の人は勿論、放射線医療に携わる人、原子力技術に携わる人、

そういう、自分の分野が否定される事を好まないであろう立場の人が、

安全を強調しようという試みは、あまりにもあからさまです。


警告を発信する人たち。。。

そこに、私的な利益がないどころか、

自分の地位が失われ、行く手に多くの妨害を受ける危険のほうが大きい

にもかかわらず、

警笛を鳴らし続けている言葉やまなざしからは、


人の命を守ろうとする意思の強さが、心に重く響いてきます。



私の、うそ・ほんと、の判断の基準は、

放射能について、「安全」「心配はない」という言葉、メッセージを発信しているかどうか。

その点につきるのかもしれません。



関連記事

食べてもいいの?海の幸。。。ほんとに??

 2012-02-22
2月21日にソルトレイクで行われた海洋科学会合の内容が報告されました。

BBCニュースより。

22 February 2012 Last updated at 18:05 ET

Cruise finds Fukushima pollution
航海により福島の汚染が発見される



By Jonathan Amos

Science correspondent, BBC News, Salt Lake City

Radioactive elements from the damaged Fukushima nuclear power plant have been detected in seawater and marine organisms up to 600km from Japan.
損傷を受けた福島原子力発電所からの放射性物質が、日本から600km離れた所までの海水と、海洋生物組織に検出されました。


But the scientists who made the discovery stress the natural radioactivity of seawater dwarfs anything seen in their samples.
しかし、それを発見した科学者たちは、海水中の自然界の放射性物質のほうが、サンプル中の何よりも目立っていたと強調します。


The results come from a research cruise in June last year led by the Woods Hole Oceanographic Institution (WHOI).
その結果は、去年6月にウッズホール海洋研究所が主導した調査航海からのものです。


The initial findings were presented to the biennial Ocean Sciences Meeting.
2年に1度の海洋科学会合で、最初の調査結果が発表されました。


"Just because we can measure radioactivity doesn't mean it's harmful," WHOI's Ken Buesseler told the gathering in Salt Lake City.
「放射性物質を測定したからといって、それが必ずしも害があるという事ではありません。」ウッズホール海洋研究所のKen Buesseler氏はソルトレイクシティーの会合で述べました。


"There's a pretty good news story in here - that the levels [of radioactivity] offshore are not of significance to human health in terms of exposure, or even if you were to eat the seafood offshore," he added.
「とても良いニュースがあります。沖合いの(放射性物質の)レベルは、被曝という意味で、人間の健康にとって重大だという徴候はありません。」と付け加えました。


The cruise carried researchers from the US, UK, France, Spain and Japan. Conducted just three months after the Fukushima crisis began, it was intended as an "independent check" on Japanese government-funded research and the information released by Tepco, the owners of the beleaguered Daiichi plant in Fukushima.
その船は、アメリカ、イギリス、スペイン、そして日本の調査員をのせていました。福島の危機の後、丁度3ヶ月目に行われました。それは、日本政府の資金で、悩みの種の福島第一原発の所有者、東電が公表している情報についての、「独自の確認」を意図したものでした。


The Research Vessel KOK sailed a zig-zag path from 600km to 30km off the coast, taking thousands of samples of seawater, including the organisms living in it, such as plankton and small fish. It also deployed "drifters" into the water to understand better the behaviour of local currents and eddies.
調査船KOK号は海岸沖600kmから30kmをジグザグに航海しました。プランクトンや小魚のような生態組織を含め、何千もの海水のサンプルを採取しました。また、その地域の海流や渦の動きをよりよく理解するために、水中に「浮き」を配置しました。


kok_600.jpg


Analysis revealed elevated levels of radioactive elements that could be tied directly to releases from the nuclear power station.
その分析は、原発からの放出と直接結びついていると言える放射性成分のレベルが上昇していることを明らかにしました。


These included caesium-137 and caesium-134. Radioactivity readings in the seawater across the track ranged from less than three becquerels per cubic metre up to 4,000 becquerels per cubic metre.
これらは、セシウム137と134を含みます。その航路の海水中の放射性物質の測定値は、1立方メートル(1000kg)あたり3ベクレル未満から4000ベクレルでした。


The maximum of these readings is about a thousand times what could be measured in the water prior to the nuclear accident.
最大測定値は、原発事故前の水の測定値の約1000倍です。


Interestingly, the cruise found these highest detections were not in areas sampled closest to Fukushima.
興味深いことに、最高値が検出されたのは、福島に近い地域ではありませんでした。


"There was an eddy quite close to the coast that seemed to be trapping water, and had high levels of caesium in it relative to the water that was actually closer to the plant, which had lower levels. It would appear that the circulation was just holding more contaminated water," said WHOI's Dr Steven Jayne, who reported the drifter experiments.
「海岸のすぐ近くに渦を巻いているところがあり、水の流れを止めているようでした。そこは、原発近くの低いレベルの水に比べると、セシウムのレベルが高かったのです。循環することで、ただ、より多くの汚染水を抱え込んでいるようです。」と、浮きの実験を報告したウッズホール海洋研究所のSteven Jayne博士は述べました。


Elevated readings were also measured in sampled marine organisms, which can concentrate the contamination relative to the surrounding water.
海洋生物組織のサンプルにも、測定値の上昇が見られました。その組織は、周りの水と比例して、汚染が濃縮されている可能性があります。

_58660688_photo4-2_en_152194.jpg


The researchers who looked at the plankton and fish even detected a radioactive form of silver for the first time in the open ocean.
プランクトンと魚を見た調査員たちは、外洋で初めて銀の放射性形態を検出しました。
(それがどんな意味を持つのでしょうか・・・

But again, all measured levels of the Fukushima-related radioactivity were far below that from potassium-40, a naturally occurring radioisotope in the environment.
しかし、繰り返しますが、福島関係の放射性物質の測定レベルは、全てカリウム40からのものよりも、つまり、環境中で自然に発生する放射性アイソトープよりもかなり低いものでした。
(素人感覚:人体への影響を考えるときに、天然カリウムの同位体と、セシウムを比べて、意味があるのでしょうか?医学の見地からの見解を聞いてみたいものです。)


"The concentration of potassium-40 was five to six times greater than all of the [elements from Fukushima] combined," explained Prof Nicholas Fisher from Stony Brook University.
「カリウム40の濃縮は、(福島からの成分)全てをあわせたものより5から6倍多いものでした。」と、ストーニーブルック大学のニコラス・フィッシャー教授は説明しました。


"So if you add both caesium isotopes and radioactive silver - they represented only one-fifth or one-sixth of the radioactivity contributable to potassium-40."
「セシウムアイソトープと放射性銀をあわせても、カリウム40の放射能の1/5から1/6にしかならないのです。」


To emphasise the point, Prof Fisher told BBC News: "I would not hesitate eating any of the organisms we sampled."
要点を強調するために、フィッシャー教授はBBCニュースにこのように話しました。「そのサンプルの組織体のどれもを食べるのに、躊躇はしないでしょう。」
(ご自分のお子様に食べさせるのを躊躇しないのかどうかを、コメントしていただきたかったです。)


The researchers have some qualifications about their own research, the most significant of which is that they were not permitted any closer than 30km to the coast, where higher levels of radioactivity would have been observable.
調査員たちは、その調査について制限があります。そのうちの一番重要なものは、海岸から30km以内に一切入ることを許されなかったことです。そこでは、もっと高いレベルの放射性物質が観察されるであろう場所なのです。


Although they add their numbers can be used to corroborate data from Japanese-only research conducted directly offshore.
それでも、彼らが得た数字は、日本独自の外洋調査からのデータを裏づけすることに使えます。


It is clear also, 11 months on from the accident, that Fukushima-originated radioactivity levels in the seawater are not declining as fast as many scientists would have hoped.
また、事故から11ヶ月経ち、福島が起因の海水中の放射性物質のレベルが、多くの科学者たちが望んでいたほど早く減少していないことも明らかです。


"The reactor site still seems to be leaking; it hasn't shut off completely, and at those levels right on the coast you could still have these concentration factors that we measured that would indicate some organisms would be at levels unfit for human consumption," Dr Buesseler said.
「原子炉からはまだ(放射能)が漏れているようです。完全に封じ込めていません。海岸すぐ近くのレベルは、もし、測定したとすると、濃縮の要因がまだある可能性があり、いくらかの組織体が、人間の消費にはそぐわないレベルであるだろうと示すことでしょう。」とBuesseler博士は述べました。



sampling_0609-small_156993.jpg

The research cruise track and sampling points superimposed on the path of the Kuroshio Current (yellow and red), the dominant movement of water in the region
調査船は、この地域で主要な海流、黒潮(黄色と赤)の道筋を辿りサンプル地点に沿って航海



~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

BBCニュースのこのサイトでは、3名の科学者のインタビューが音声で聞けます。


気になった箇所をメモしてみました。

...Ken Buesseler氏のインタビューから


調査に協力した国際協力機関の中に、IAEAが。。。

同じ航海中に、ある場所では、セシウムの濃縮が高く、違う場所ではそうでもない、と言うのは、科学者にとっても謎が残されている。

沖合いの魚は人が食べても問題のない数値だけれど、原発からまだ放射性物質が漏れ続けていることと、それが、海岸沿いの堆積物に濃縮することが懸念される。


...Steven Jayne氏のインタビューから


水は常に流れていて、魚も常に動いているので、ある日汚染が酷いところが、次の日には、汚染されていなかったりするので、漁業の再開を決めるにも、海流の動きなど、幅広い見解で考慮しなければならない。



...Nicholas Fisher教授のインタビューから


銀(シルバー)は生物濃縮(食物連鎖の濃縮)が全くみられない。生物濃縮が顕著なのは、水銀。セシウムは生物濃縮がみられるけれど、激しいものではない。が、他の放射性物質より濃縮度が高い。
(それに、ストロンチウムなどはまだ調べていませんよね。。。)

日本の海岸沿いの、海藻、ムール貝を調べたところ、濃縮度が、ものすごく高かった。その濃縮の自然発生放射性物質との比率をまだ確認していないので、食べても安全だと、完全には言いきれない。プランクトンや極小の魚は、人間はたべないけれど、濃縮度は低かったが、海岸沿いの海底の汚染された堆積物近くに生息する生物については、まだ未解決といえるだろう。
(自然放射性物質と人工放射性物質の比率を調べると、どうして安全性が割り出せるのかが・・・やっぱりわからない。。。。


だって。。。

放射能とは

ビジネスインサイダーより抜粋


The blanket term “radiation” is used to describe all manner of radioactive contamination-as if it’s just one thing-when, in fact, there are different kinds, some much more damaging than others. It also matters exactly what is being exposed to radiation-i.e., exposure outside the body or inside it-and how long the exposure goes on.
放射能という用語は、まるでたった1つのものように、放射能汚染という意味合いで広く使われていますが、実際には、異なる種類があり、あるものは、他のものより危害を多く与えるものなのです。また、正確に、どのように被曝するかが問題にもなります。たとえば、外部被曝なのか、内部被曝なのか、どのくらいの期間被曝し続けるのか。


“Plutonium is biologically and chemically attracted to bone as is the naturally occurring radioactive chemical radium. However, plutonium clumps on the surface of bone, delivering a concentrated dose of alpha radiation to surrounding cells, whereas radium diffuses homogeneously in bone and thus has a lesser localized cell damage effect. This makes plutonium, because of the concentration, much more biologically toxic than a comparable amount of radium.”
「プルトニウムは、生物学的に、化学的に、自然発生の放射性化学物質ラジウムのように、骨にひきつけられます。しかしながら、プルトニウムは骨の表面に凝集され、周りの細胞に濃縮したアルファ放射線を浴びせます。一方ラジウムは均一に骨に拡散するので、集中した細胞破壊の効果を弱めるのです。濃縮が故に、プルトニウムは同じ量のラジウムよりも、生物学的に、ずっと毒性があると言うことになるのです。」



Generalized whole body exposure to radiation can be expressed as a stress related to a person’s hereditary medical weakness. Individual breakdown usually occurs at our weakest point.” In other words, the impact of radiation exposure also depends very much on each individual’s level of health and genetic make-up.
放射線への全身被曝は、その人の遺伝的に弱いところと関係しているといえます。個人の衰弱は、大抵弱いところに起こります。つまり、放射線被曝は、各個人の健康状態と遺伝構成によるとも言えるのです。



カリウムとは。。。Wikipediaより

『カリウムは、岩石に大量に含まれるほか、動植物にとって必要不可欠な元素である。食品中に含まれるカリウム40の濃度はかなり高く、白米1kg中の放射能強度は33ベクレル(Bq)ほどになる。外洋の海水中には1リットルあたり12.1ベクレルが含まれる。カリウムは水に溶けやすくナトリウムと似た性質を持ち、経口摂取するとすみやかに全身に広がる。生物学的半減期は30日とされる。人体が持つ放射線強度は、体重60kgの成人男子で約4000ベクレルである。これによる年間の内部被曝線量は、0.17ミリシーベルト(mSv)となる。飲食で人体中に取り込まれるカリウム40の放射能強度は1日あたり約50ベクレルであるが、人体中の余分のカリウムが排出されるのに伴って1日あたり同量(放射線強度約50ベクレル)が排出される。天然に存在する放射能の中で内部被曝による線量が大きいものの一つであるが、カリウムの経口摂取量の大小にかかわらず、カリウムの体内量は常に一定に保たれているため、食事による被曝量の変化はない。』




今までも、カリウムやラジウムなど自然放射性物質と比較して安全性を強調する論理が多々展開されてきましたが・・・

核種の性質が違うものの比率を比較して、安全か安全でないか、を判断するの意味が、どうしても分かりません。

一人一人の年齢、性別、健康状態と、核種の性質を、きめ細かく見ずして、

安全性など、語れるのでしょうか???


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


CNNによると、

フィッシャー教授は、
"The total radiation in the marine organisms that we collected from Fukushima is still less than the natural radiation background that the animals already had, and quite a bit less," he said. "It's about 20%."
海洋生物組織の福島からの放射能の合計は、すでに動物が保有している自然界の放射能より少ないのです。かなり少ないです。約20%です。」

と述べています。

(自然界には、セシウムや、ストロンチウム、プルトニウムは存在しないですよね?自然界の放射性アイソトープと、人工的核分裂によって発生した放射性アイソトープが生物に与える影響は、同じなのでしょうか???)


そして、こうも話しています。

"There's a lot of key missing information about the sediments," he said.
「堆積物についての重要の情報の多くが、欠けています。」


Fisher said concentrations of the isotope might undergo a "moderate buildup" in marine life higher up the food chain, but it's not likely to concentrate as much as some dangerous industrial toxins like mercury.
アイソトープの濃縮は、食物連鎖の中でそこそこにあがっていくでしょう。でも、水銀のような工業毒物のよりも濃縮は少ないと思われます。


Fisher said test results are still pending for other reactor byproducts believed to have been released by the plant, such as strontium-90 -- which builds up in bone -- and heavy elements like plutonium.
発電所から放出されている、ストロンチウム90のような原子炉の他の副産物の調査結果はまだ出ていません。ストロンチウムは骨に蓄積し、プルトニウムのようにとても重い成分です。



~*~*~*~*~*~*~*~


つまり。。。

今出ている結果は、予備結果でしかなく、これから後、

「科学者たちの予想に反して・・・」

などと言う発表があってもおかしくないような気がしてしまいます。



「Safe~安全~」と言う言葉を、特に記事の見出しに使用したりすると、

余計、危険を感じます・・・


私を、こんなへそ曲がりにしたのは・・・

一体なんなんだぁ~~~!!!


専門家、というだけで、

全てを鵜呑みにしていては、

子供を守る事など出来ないから。。。。

浮かんできた疑問は、

とことん突きつめなければなりません!!


この発表結果のサンプルを採ってから8ヶ月です。

海中の汚染地図は、水の流れと、海洋生物の動きによって、

塗り替えられていることでしょう。






関連記事

それぞれの災害の傷跡

 2012-02-21
telegraph_logo1.jpg


The aftershocks still hitting Japan
余震の続く日本


One year after the tsunami, the Fukushima 50 speak for the first time, while a mother who spent days searching for her son tells why the scars remain
津波から1年。フクシマ50が始めて語り、何日間も息子を探した母親が、なぜ傷跡が残っているのかを話す


By Danielle Demetriou in Japan and Nick Meo

7:00AM GMT 19 Feb 2012

Wrapped in a beige blanket and surrounded by sea-soaked debris, broken homes and smashed cars, Yuko Sugimoto had only one thing on her mind: how to find her four-year-old son. She had not seen him for more than 24 hours, since the tsunami had swamped almost half of the city of Ishinomaki in northeastern Japan - with her son’s kindergarten among the submerged buildings.
ベージュの毛布に包まり、海水につかった瓦礫、崩壊した家、つぶされた車に囲まれ、スギモト・ユウコさんの心の中にあったのは、たった1つのことでした。どうやって、4歳の息子を見つけるのか。津波が日本の東北、石巻市のほぼ半分を水没させてから24時間以上会っていなかったのです。彼女の息子の幼稚園は、水没した建物の中の一つでした。


As Mrs Sugimoto’s eyes scanned the wreckage of her hometown, her haunting expression was captured by a photographer who she does not recall seeing. The result was an iconic image of the earthquake and tsunami that devastated Japan on March 11 last year, published in newspapers and magazines around the world.
スギモトさんの目は、破壊された故郷を見つめていました。その忘れられない表情は、彼女が覚えていない写真家によって捕らえられていました。その写真は、去年3月11日に日本を荒廃させた地震と津波の象徴像となりました。


japan_1877438c.jpg


Mrs Sugimoto was among the fortunate. Despite a harrowing three-day ordeal, she was eventually reunited with her son, Raito, at an evacuation centre.
スギモトさんは、幸運だった人の一人です。3日間の苦しい体験にもかかわらず、最終的に、息子、ライト君と避難所で再会したのです。


Others were not so lucky. Nearly 6,000 people in the region were listed as killed or missing after the sea travelled miles inland into Ishinomaki, one of the worst hit communities in the disaster; overall in Japan, some 16,000 died and nearly 4,000 are still missing.
他の人はそのように幸運ではありませんでした。海水が石巻の内陸へ何マイルも押し寄せた後で、その地域の、ほぼ6000人の死亡、行方不明が、確認されました。その地域を襲った、最悪の災害の1つです。日本全体で、1万5000名が死亡し、ほぼ4000名がまだ行方不明のままです。


As the first anniversary of the disaster approaches, the photograph has lost none of its power - and despite the painful memories it evokes, Mrs Sugimoto is hopeful it will serve as a reminder of the tragedy to the outside world.
その災害から最初の1年が経過しようとしても、その写真の力は失われていません。つらい記憶が呼び起こされるにも関わらず、スギモトさんは、海外に向けて、その悲劇を思い出させることに役立つのではないかと、希望を持っています。


“When I look at it now, it reminds me of all the troubles we’ve had over the past year,” she says. “But I hope that when people see the picture, it will remind them of the tsunami and make sure they don’t forget what happened and what still needs to be done.”
「今その写真を見ると、去年抱えていた全ての問題を思い出します。」と彼女は言います。「でも、人々がこの写真を見て、津波のことを思い出し、何が起こったのか、まだ成されなければならないことが何なのかを、忘れないようにしてくれます。」


With her bright smile and stylish clothes, Mrs Sugimoto, 29, appears to be a different person from the one in the photograph: but beneath her friendly facade, it is clear that the last year changed the lives of her family.
彼女(スギモトさん-29)の明るい笑顔と流行の洋服からは、その写真とは違う人物のように見えます。しかし、その人懐こい表情の奥に、去年(の出来事)が彼女の家族の生活を変えたことは明らかに分かります。


afplivefour276647-508648506.jpg



The home she built four years ago with her husband Harunori, 39, was destroyed in the tsunami, which swept away along with their pet dog and their personal belongings.
4年前に夫、ハルノリさん(39)と立てたマイホームは津波で破壊され、ペットの犬と、他の所有物と一緒に流されました。


For months after the disaster, the family lived in shared accommodation with other survivors provided by her husband’s company before renting a friend’s house.
災害後何ヶ月もの間、友人の家を借りるまで、彼女の夫の会社が提供してくれた共同宿泊施設に他の生存者と暮らしていました。


Serving tea in their new home -surrounded by snow-covered rice fields - she says: “We were lucky. We may have lost our home but my family has become even more precious to me. Perhaps we took things for granted a little before the disaster.”
新しい家-雪に覆われた田んぼに囲まれていますが-でお茶をもてなしながら、彼女はこういいます。「私たちは幸運でした。家を失ったかもしれませんが、自分の家族は、今までになく貴重なものになりました。多分、災害の前は、家族を少し当然のことのように思っていたのです。」


It was shortly after lunchtime that the earthquake struck, just as Mrs Sugimoto, a drinks company employee, was getting into her car to visit a customer.
地震が起こったのは、昼食時のすぐ後でした。飲料会社の従業員、スギモトさんが、顧客を訪問するため、車に乗り込んだそのときでした。


“The earthquake came before I switched on the engine,” she recalls, speaking quietly as her son plays with the new family dog. “It went on for a very long time. I was worried the car might turn over, it was such a strong quake.
「エンジンをかける前に地震がきました。」と、息子が新しいペットの犬と遊んでいるときに、スギモトさんは思い出し、静かに話します。


“When it stopped, my first thought was that I must pick up my son. I was on the opposite side of the city, but I thought he must be feeling scared at the kindergarten after such a big earthquake.”
「地震が止まったとき、最初に思ったことは、息子を迎えに行かなければならない、ということでした。私は市の反対側にいましたが、息子が、きっと大きな地震の後、幼稚園で怖い思いをしているに違いないと思ったのです。」


Straight away, she began driving back into town, taking numerous shortcuts to avoid heavy traffic, broken bridges and large riverside waves.
まっしぐらに、車で町中に引き返し始め、渋滞、壊れた橋、川沿いの大波を避けるため、数々の抜け道を行きました。


At one point she bumped into colleagues who urged her to turn around due to the tsunami warning - but she continued. “All I could think about was my son and how I could get to him. But I just couldn’t get to the kindergarten. It was impossible to get across town.”
ある時点で、津波警告が出ているので、引き返すように促がす同僚とでくわしましたが、彼女は進み続けました。「私が考えられることは、息子と、どうやったら息子のところにたどり着けるのか、と言うことだけでした。でも、ただ、幼稚園に行くことができなかったのです。町を渡ることは不可能でした。」


As the tsunami swept into Ishinomaki, Mrs Sugimoto was still stuck further inland in traffic-clogged streets.
石巻を津波が一撃したとき、スギモトさんはまだ車がつかえた、はるか内陸で身動きが取れなかったなのです。


Then she received a message from her husband, working in another part of the city, confirming her worst fears: “He said the kindergarten area had been fully flooded and the building was under water.”
そのとき、市内の違う場所で働いている夫から、メッセージが届きました。それは、彼女の最悪の恐れを確実にするものでした。「幼稚園のあたりは完全に洪水になり、建物は水の下だと。」


With flooded streets and debris blocking pathways, there was no way for Mrs Sugimoto to proceed into town to try to find her son, reach her husband, or return to their home, which was also under water. As a result, she spent a sleepless night in the car near an shopping area, with no electricity or phone service, trying not to think the worst.
水に沈んだ道と瓦礫が行く手を阻み、スギモトさんが、息子を探しに行き、夫のところに行く、あるいは家に戻る術はありませんでした。そこも水の下だったのです。結果として、彼女は商店街の近くで、車の中で、眠れない夜を過ごしました。電気も電話も通じていなく、最悪のことを考えないようにしていました。


“It was a very tough night. I didn’t know what had happened to the rest of my family. I found out after that my parents’ house had also been destroyed. But at that point, I was only thinking about my son. I didn’t sleep at all.”
「とてもつらい夜でした。家族に何が起こったのかわからなかったのです。後で、両親の家の崩壊したと知りました。でもそのときは、自分の息子のことだけを考えていました。一睡もできませんでした。」


At sunrise, she continued her search, abandoning her car to venture further into the disaster zone on foot -before she bumped into her husband.
夜が明けて、彼女は探し続けました。車を乗り捨て、被災地区に更に徒歩で進みました。そして、彼女の夫に出くわしたのです。


There followed two days of searching. It was during this fraught time that a photographer from a Japanese newspaper captured Mrs Sugimoto’s image, as she scanned the wreckage in the hope that she might find some clue to Raito’s whereabouts.
更に2日間探索の日が続きました。日本の新聞社の写真がスギモトさんの姿を捉えたのは、その不安の時を過ごしている間でした。彼女が、息子ライト君の居所に何か手がかりを探せるかもしれないと望みを託しながら、瓦礫の残骸を見つめていたときです。


“I was waiting for news about Raito from some other mothers and also my husband when the picture must have been taken. Someone must have given me a blanket, it was very, very cold. But I have no memory of the photograph being taken.”
「その写真を撮られたのは、他のお母さんと夫から、レイトの知らせを待っていた時に違いありません。誰かが私に毛布をくれたはずです。とても、とても寒かったのです。でも、写真を撮られたことは全く覚えていません。」


It was not until sunset the following day that she and her husband tracked Raito down: he and his young classmates had been evacuated from the rooftop of his kindergarten to a university by Self-Defence Force troops.
翌日の日暮れになって、彼女は夫とレイト君を見つけたのです。レイト君はクラスメイトと幼稚園の屋根の上から、大学へ、自衛隊員によって避難させれていました。


“I read the list of evacuated names at the entrance three or four times as I couldn’t believe it was him at first. When we finally found the classroom he was staying in and saw him across the room, I couldn’t move. Tears were in my eyes and I couldn’t see a thing. I was just crying with relief.
「入り口で避難させられた人の名前のリストを3回か4回見直しました。最初、それが自分の息子だと信じられなかったのです。やっと息子がいる教室を見つけ、その姿を教室の向こうに見たとき、身動きができませんでした。目から涙が流れ、良く見えなかったのです。ただ、安心のあまり泣いていました。」


“I found out afterwards that Raito had not cried at all during those days, he appeared quite empty of emotions and hadn't spoken at all. But when I held him for the first time, he cried a little.”
「その後、ライトが最近ずっと泣いていないことに気がつきました。感情がなくなってしまったようで、全く話もしませんでした。でも、私が抱きしめると、初めてライトは、少しだけ泣きました。」




Eighty-five miles south of Ishinomaki is Fukushima, site of the nuclear power plant that provided many more indelible images of the disaster.
石巻から137km南にいくと、福島です。更にぬぐいきれない災害のイメージを与えた原子発電所の現場です。


Four days after the tsunami, Japan’s Prime Minister Naoto Kan addressed a team of frightened nuclear engineers at the plant.
津波から4日後、日本の菅直人主相は、発電所で驚愕している原子力技術者たちのチームに話をしました。


With cooling systems failing in the reactor cores, meltdown had begun and radiation levels were rising. The engineers’ employer, Tepco, was proposing to abandon the plant. The government stopped them, arguing that it could lead to a huge cloud of radioactivity that would force tens of millions of Japanese people to abandon their homes.
原子炉の冷却システムが損なわれ、メルトダウンが始まり、放射線レベルが上昇していました。技術者たちの雇用主、東電は、発電所をを立ち去ることを提案していました。政府はそれをやめさせ、そんなことをすれば、放射性物質の巨大な雲のため、何千万人もの人々が家を立ち退かなければならないことになる、と議論していたのです。


Speaking by videophone from Tepco’s Tokyo headquarters, Mr Kan told the engineers: “This is a very tough situation but you cannot abandon the plant. The fate of Japan hangs in the balance. All those over 60 should be prepared to lead the way in a dangerous place. Otherwise we are handing Japan over to an invisible enemy.”
東電本社からのビデオ電話で、菅氏は技術者たちに告げました。「とても困難な状況だが、原発を放棄することはできない。日本の運命がかかっている。60歳以上の人は、危険な場所へ向かう準備をするように。そうでなければ、日本は、目に見えない敵の手に渡ることになる。」


Until now those engineers -known as the Fukushima 50 -have not spoken about the days they spent nursing the plant back from the brink of disaster.
その技術者たち-フクシマ50として知られていますが-は、これまで、災害の瀬戸際から発電所を管理下に戻そうとしていた日々について、話をしませんでした。


They have been praised as heroes but forbidden from speaking by Tepco, which has been subjected to withering criticism for its role in the disaster.
彼らはヒーローとして讃えられましたが、この災害における役割について、痛烈な批判の対象となっている東電から口止めされていのです。


BBC researchers spent eight months persuading them to talk on camera, for a This World programme, revealing how close Japan came to total disaster.
BBCの調査員は、8ヶ月にわたり、彼らにカメラに向かって、「This World」番組のために話すように説得し続けました。日本が、最悪の災害に至るに、どれだけ近かったのかを明かすために。


Some admit they thought of escaping, terrified of an agonising death from radiation poisoning. Others described the improvisations they used when safety plans failed, and the risks they took working in heavily irradiated areas of the plant - entering in relays for no more than 17 minutes at a time to limit their exposure.
何人かは、逃げようと思ったと認めます。放射能に毒されて、酷く苦しんで死んでいくのが恐ろしかったのです。又他の者は、安全計画が失敗したとき、彼らが使用した即興のことについて、発電所の放射性のとても高い場所-被曝を制限するための1回に17分以下で交代で入るところ-で働く事で犯した危険について話しました。


One who spoke on film was Takashi Sato, a reactor inspector. He recalls: “In the control room, people were saying we were finished. They were saying it quietly - but they were saying it. We felt we had to flee.”
このフィルムで話をした人の1人は、サトウ・タカシさんで、原子炉検査員です。彼は思い起こします。「制御室では、皆、もう終わった、と言っていました。とても静かに、そう言っていました。でも、確かに、そう言っていたのです。自分たちは、逃げなければならない、と感じていました。」


article-0-0B4D31D400000578-899_634x432.jpg


This was when the prime minister made his video-phone appeal. Mr Kan told the filmmakers: “I thought withdrawal is out of the question. If they withdrew, six reactors and seven fuel pools would be abandoned. Everything melts down. Radiation ten times worse than Chernobyl will be scattered.”
総理大臣がビデオ電話で訴えたときです。菅氏は、監督に言いました。「退去は問題外だと思った。もし退去したら、6つの原子炉と7つの燃料プールが放置される。全てがメルトダウンする。チェルノブイリの10倍の放射能が撒き散らされる。」


He believed it would effectively have been the end of Japan.
彼は、それが、実質的に日本の終わりになる、と確信したのです。


Water-bombing the stricken plant from army helicopters was then attempted. The pilots knew that Soviet aircrew who had done this at Chernobyl later died of cancer.
そして軍のヘリコプターから、崩壊した発電所に水を投げかける試みがなされました。操縦士は、ソビエトの航空機搭乗員がチェルノブイリで同じ事をして、後に癌で死んだ事を知っていました。


But the wind was too strong for accuracy, and by now the US government was secretly planning to evacuate 90,000 citizens from Japan.
しかし、正確に落とすためには風が強すぎ、アメリカ政府は、ひそかに日本から9万人の市民を非難させる計画を立てていました。


What finally worked was Tokyo firefighters spraying sea water into the plant, showing great bravery. They had no training to deal with nuclear disasters, and weren’t sure how much radioactivity they were being exposed to.
最終的に功をきたしたのは、東京の消防士たちが、偉大な勇敢さを示し、発電所に海水を浴びせたことでした。彼らは原子力災害の取り扱い方の訓練を一切受けていませんでした。そして、どのくらい被曝したのか定かではありませんでした。
 

The engineers now had a chance to get a constant flow of water to the reactor cores. Hundreds of workers who had been on standby laid pipes, working fast in case radiation levels spiked again. They didn’t know where the most dangerous radiation hotspots were.
技術者たちは今、炉心に常に水を流す込む事が出来ました。何百人もの作業員がパイプを敷くのにスタンバイしていました。放射線レベルが再び急上昇する場合を考えすばやく作業していたのです。彼らは、どこにもっとも危険なホットスポットがあるのか知りませんでした。


“It was an emergency operation and we were in a hurry,” one said. “No one complained, we all understood. Even if it broke the rules, we kept quiet about it. I felt the weight of Japan’s future on my shoulders. I felt that I had to carry the flag of Japan.”
「それは緊急作業で、急いでいたのです。」と一人が言いました。「誰も文句は言いませんでした。皆分かっていたのです。たとえ規則を破っても、その事については黙っているのだと。日本の未来の重さが、自分の肩にかかっているのを感じました。日本の旗を持たなければならないのだと感じていたのです。」


full_1300909783fukushima50.jpg


Nearly a year later, the company and the nuclear power industry have been widely questioned. What saved Japan when all the safety systems and back-up plans failed was the bravery of men who stayed at their posts, under the leadership of the plant manager, Masao Yoshida.
およそ1年後、電力会社と、原子力業界は、広く疑問視されています。全ての安全システムとバックアッププランが失敗したとき、発電所所長、ヨシダ・マサオ氏のリーダーシップのもと、勇敢な男たちが持ち場を離れなかった事が、日本を救いました。


As one engineer says: “If Mr Yoshida hadn’t been there it would have been the end, I think.”
ある技術者は言います。「ヨシダ氏が居なかったら、おしまいだったと思う。」



Meanwhile, in Ishinomaki, signs of the tsunami are becoming less visible: gone are the mountains of tsunami detritus, muddy scattered belongings and overturned cars.
一方、石巻では、津波の爪あとが少しずつ消えています。残骸、泥まみれになって散らばった所持品、ひっくり返った車の山はなくなりました。


Scars, however, remain: in place of the debris, there are vast swathes of cleared, flat concrete close to the seafront, areas once packed with homes and businesses but today uninhabitable.
しかし、傷跡は残っています。瓦礫置き場では、全て流された広大なコンクリートの平地が海岸通に広がっています。そのあたりは、かつて家やビジネスがひしめき合っていましたが、今では住めなくなっています。


Long-term reconstruction is the next phase, a situation replicated in countless coastal regions, with the focus shifting from emergency aid to finding funds to build new communities, with new housing, businesses and job opportunities.
長期に渡る復興、数え切れないほどの海岸地域の再生が次の段階です。焦点は、緊急救援から、新しい地域の建設ための基金調達へと移行しています。新しい家、ビジネス、そして仕事の機会です。


For many, the Sugimotos included, the emotional scars will take longer to heal. “Raito has been very anxious since March 11 last year,” says Mrs Sugimoto. “At first, he vomited whenever he heard an earthquake or tsunami warning sound and he still doesn’t like dark places. He looks fine on the surface but there are troubles at the bottom of his heart.”
スギモトさんは、心の傷は癒えるには長くかかるのだろう、とも言いました。「ライトは去年の3月11日以来とても不安がります。最初は地震や津波の警報の音を聞くたび、吐いていました。そして、今でも暗い所が嫌いです。表面的には大丈夫に見えて、心の底に問題を抱えているのです。」


The iconic tsunami photograph, however, has proven to be a beacon of hope: “At first I didn’t like all the attention that came with the photograph, it made me feel uncomfortable,” says Mrs Sugimoto, who travelled to France last year for a photography festival as a result of the image.
しかしながら、偶像的な津波の写真は、希望の指針となりました。「最初は、全ての注目がその写真に集まるのがいやでした。とても居心地悪く感じたのです。」この写真の結果として去年フランスへ写真祭のために訪れたスギモトさんは言います。


“Now I’m very happy that the photograph was used and that it potentially stimulated aid and support from other countries around the world.”
「今では、その写真が使われた事を嬉しく思います。世界中のほかの国からの救援や支援を促せるかもしれないのです。」


'This World. Inside the Meltdown’ is on BBC 2, 9pm, Thursday
「This World メルトダウンの内側」は、BBC2にて木曜日午後9時に放映されます。

そのビデオクリップは、こちら

Picture1_20120224105907.jpg

400マイクロシーベルト。問題なし!


Picture2_20120224105907.jpg

今いくつ?

70ミリシーベルト!


Picture3_20120224105907.jpg

ここ、100ミリシーベルト!

100ミリシーベルト!!


Picture4_20120224105906.jpg

作業をしてないもの。

トラックに退去!!







自然災害は、

人間に止める事は出来ません。



人間が自ら作り出した、原子力の引き起こす悲劇は、

人間に止める事が出来ます。



それとも、

まだ、

原子力爆弾や、核実験や、原子力発電所の事故などで、

目に見えないあらゆる放射性物質に怯え、苦しんだ人の数が

その危険を放棄するのに、

少なすぎるというのでしょうか?


関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック