スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

神様は、乗り越えられない試練は与えない!

 2012-01-31
エリー、猛特訓中!
Ellie is on her INTENSIVE training!


IMG_6938B.jpg


こんな風に、
I wish…


Untitled.jpg


飛んでみたい!!
I could fly like this!



IMG_7125B.jpg

『できない・・・・』
‘I still can’t…’




あんなふうに飛べたら、
So that...


カナダガンつかまえられるのに。。。
I could catch Canada Geese in the sky!



関連記事
スポンサーサイト

ごめんね。。。動物たち。

 2012-01-30



Fukushima pets in no-go zone face harsh winter
厳しい冬に直面する、福島立ち入り圏内のペットたち


FUKUSHIMA, Japan | Mon Jan 30, 2012 4:21pm EST


(Reuters) - Dogs and cats that were abandoned in the Fukushima exclusion zone after last year's nuclear crisis have had to survive high radiation and a lack of food, and they are now struggling with the region's freezing winter weather.
ロイター通信-去年の放射能災害の後、福島の立ち入り圏内に置き去りにされた犬や猫たちが、高線量の放射能と、食糧不足のなかを生き残り、今尚、この地域の凍りつくような冬の天候と奮闘しています。


"If left alone, tens of them will die everyday. Unlike well-fed animals that can keep themselves warm with their own body fat, starving ones will just shrivel up and die," said Yasunori Hoso, who runs a shelter for about 350 dogs and cats rescued from the 20-km evacuation zone around the crippled nuclear plant.
「放っておけば、毎日何十匹ものペットたちが死んでしまうでしょう。良く食べている動物は自分の脂肪で体を温めておくことができますが、食べていないものたちは、縮こまって死んでゆくのです。」崩壊した原発周辺の20km圏内から約350匹の犬や猫を救助し、シェルターを運営しているホソ・ヤスノリさんは話しました。


6073575.jpg


The government let animal welfare groups enter the evacuation zone temporarily in December to rescue surviving pets before the severe winter weather set in, but Hoso said there were still many more dogs and cats left in the area.
政府は、生き残ったペットたちを救出するために、厳しい冬が来る前に、動物愛護団体の一時立ち入り許可を12月に認めましたが、まだ多くの犬や猫たちが、圏内に残っているのだと言います。


"If we cannot go in to take them out, I hope the government will at least let us go there and leave food for them," he said.
「もし中に入って連れ出せないのなら、せめて食料を置きに行くことを許可して欲しい。」と彼は話しました。


~中略 Omission~


While Japan focuses on containing the nuclear accident and protecting people from radiation, Hoso, representative director of United Kennel Club Japan, has been trying to save as many dogs and cats from the no-go zone as possible, or keep pets for those who are living in shelters where pets are not allowed.
政府が事故を収め、人々を放射能から防護することに重点をおいていた間、UKCジャパン代表のホソさんは、立ち入り禁止地区内の犬や猫をできるだけ助け出し、ペットが許されていないシェルターで暮らしている人のために、保護しています。


6073570.jpg


Toru Akama, an engineer working at the Fukushima nuclear plant, asked Hoso to look after his 14 dogs when an entry ban was imposed on his town.
福島原発で働く技術者のアカマ・トオルさんは、自分の町が立ち入り禁止になった際、ホソさんに、14匹の犬の世話を託しました。


"I was really happy for my dogs. They are part of my family. There was no way I could abandon them," Akama said.
「犬のことはとても嬉しく思いました。家族の一部なのです。見捨てるなど到底できません。」とアカマさんは話しました。


Hoso said he aims to carry on until the last dog in his shelter is returned to its owner or finds a new home.
ホソさんは、シェルターの最後の犬が飼い主のもとに戻るか、新しい飼い主が見つかるまで続けるつもりだと言います。


"When dogs are returned, many owners are really grateful and a limited few are not so grateful. But when it comes to dogs, all of them, without exception, become really ecstatic when they get reunited with their owners," Hoso said.
「犬たちが戻ったときは、ほとんどの飼い主が、本当に感謝してくれます。限られたごく少数がそれほどでもありません。でも、犬の場合は、全員です。例外はありません。飼い主と再会すると、本当に歓喜するのです。」


6073565.jpg


"That is what keeps me going, what makes me determined that I have to push ahead until the last one goes back to its owner."
「だから、やめられないのです。そのことが、最後の1匹が飼い主に戻るまで前進し続けなければ、という決意を新たにさせるのです。」


(Reporting by Issei Kato and Kiyoshi Takenaka; Editing by Chris Gallagher)

ロイター通信の写真は、バンクーバーのProvince紙のサイトにもUPされています。こちら






放射能災害が動物たちにもたらした、あの地獄のような光景は、


忘れることなどできません。


もう、2度と、


こんなことを起こしてはならないと、思わない人がいるのでしょうか?


数え切れないくらいの苦しみと命を、


無駄にすることなど、


許されるわけがないのです。



生きていてくれた動物たち。ありがとう。

最後まで動物を諦めない人たち。ありがとうございます。



関連記事

????? な国際協力

 2012-01-29
discovery_logo.jpg


Japan Wants UN Atomic Agency in Fukushima
国連原子力機関を福島に置きたい日本



Tokyo wants an international seal of approval for the energy-hungry country's nuclear industry, but has failed to inspire confidence.
東京中央政府、エネルギーの乏しい国の原子力業界の認可印章を求めたものの、信頼回復に失敗。


Mon Jan 23, 2012 07:04 AM ET

Content provided by AFP


Japan is asking the UN's nuclear agency to set up a permanent office in Fukushima to monitor its efforts to contain the world's worst nuclear accident since Chernobyl.
日本は、国連の原子力機関に対し、チェルノブイリ以来最悪の原子力事故を収束させる取り組みを監視するため、福島に常設オフィスを設けるよう、要請しています。


fukushima.jpg


The International Atomic Energy Agency was "carefully considering" the request, said James Lyons, who is leading a team of IAEA experts reviewing Japan's safety tests for idled reactors.
国際原子力機関は、その要請を「注意深く考慮している」、と休止している原子炉の日本の安全調査を検証しているAIEAの専門家たちを率いるJames Lyons氏は述べました。


Tokyo wants an international seal of approval for the energy-hungry country's nuclear industry to bolster its faltering efforts at reassuring the public it is safe to resume atomic operations.
中央政府は、原発再稼動の安全性を国民に保証するための、まごついている取り組みを強化するために、エネルギーの乏しい国の原子力業界に国際的な承認印章を欲しているのです。


The vast majority of Japan's 54 commercial nuclear reactors are offline because popular opposition is preventing their being restarted in the wake of the Fukushima nuclear crisis.
日本の54の原子炉の大多数が、停止しています。一般民衆の反対で、福島原子力危機のあと、再稼動できずにいるのです。


The disaster, triggered by the March 11 earthquake and tsunami, contaminated the environment and forced tens of thousands of residents around the Fukushima nuclear site, in northeast Japan, to evacuate their homes.
その災害は、3月11日の地震と津波によって引き起こされました。東北の福島原発付近の環境を汚染し、何万人もの住民が避難しなければならなかったのです。


Many still do not know if or when they will be able to return.
多くの人は、自分たちがいつ戻れるのか、未だに分かりません。


Utility companies say Japan will experience severe power shortages if nuclear electricity production is not re-started.
東電は、もし原子力発電が再開しなければ、深刻な電力不足になるであろうと述べています。


"We are making contact with the International Atomic Energy Agency to see what's possible after we received requests from Fukushima that it hoped IAEA will have a permanent presence in the area," a Japanese diplomat told AFP, under customary condition of anonymity.
「福島から、IAEAに現地に常駐して欲しいという要望を受けた後、IAEAに連絡をとり、何が出来るのかを探っています。」と日本の外交官は通例の匿名でAFP(フランス通信社)に話しました。


Foreign Minister Koichiro Gemba, whose parliamentary constituency is in Fukushima, told residents on Sunday that he was making the push after requests from local leaders.
福島の選挙区から選出された外務大臣の玄葉 光一郎氏は、住民に対し、地元の先導者たちからの要望を受けて、後押ししたと言います。


"We are calling on IAEA Director-General Yukiya Amano for the international agency's constant presence," he said in a speech, according to Jiji Press.
「私たちは、IAEAの事務局長である天野之弥氏に、国際機関の常駐を要請しています。」と、スピーチで述べた事を、時事プレスが伝えました。


The announcement coincided with a visit by a 10-member team of IAEA experts led by Lyons, the agency's director of nuclear installation safety.
この発表は、IAEAの原子力施設安全課の長官である、Lyons氏が率いるIAEAの10名の専門家チームの訪問の時になされたものです。


"That's a very important request that we received and it's something that is going to take careful consideration by the IAEA," Lyons told Japanese reporters. "That consideration is underway now."
「この要請はとても重要なものであり、IAEAが慎重に考慮するものです。」とLyons氏は、日本のレポーターに話しました。「今、現在進行中です。」


At the request of the Japanese government, his team will review the methodology of Japan's "stress test" before Tokyo approves any nuclear reactor re-starts.
日本政府の要請では、IAEAのチームが、政府が原子炉を再稼動させる前に、日本のストレステストの方法論を検証することになっています。


The Vienna-based IAEA has offices around the world -- including in Tokyo -- but it does not normally have permanent bases to monitor commercial reactor sites.
ウィーンが拠点のIAEAは、東京を含め、世界中に事務所を持っています。しかし通常は、民間の原発現場での監視をするために、常駐する事はありません。


Tokyo has struggled with public trust on the nuclear issue since the disaster.
日本政府は、この災害以来、原子力問題についての国民の信頼を得るのに苦戦しています。


It appeared to have suffered a further setback on Monday when it was revealed the body set up to manage the unfolding atomic catastrophe at Fukushima kept no records of its meetings.
それは、月曜日に、福島の原子力惨事を明らかにするために立ち上げられた組織の会議の記録が残されていないという事が明らかになり、さらにぶり返す事になりました。


The government's nuclear disaster task force, headed by then prime minister Naoto Kan and including all of his ministers, has no minutes of the meetings that approved the evacuation of people living near the crippled reactors.
政府の原子力災害対策本部は、当時の菅直人首相と、内閣の大臣に率いられていましたが、破壊された原子炉周辺に住む人々についての避難を承認する会議の議事録が全く取られていなかったのです。


The Cabinet Office, in charge of keeping all public records, said it has told the agency to study what it can do to create a written record of the decision-making processes.
公文書記録を保管する担当の内閣事務局は、決断がなされる過程の書面の記録を作成するのに何が出来るのかを、調べるように申し渡した、と述べています。





いくらなんでも、ありえない話だと思いますが・・・

表に出したくないだけ?と勘ぐってしまいます。。。。。


不信感と言うものは・・・

根が深いものです。。。



IAEAと言えば、グリーンピースが、4つの頭を持つ怪獣、と呼んでいる組織です。


6月に検証に訪日したたときは、


「日本政府の、避難を含む国民を保護に対する対応は、感銘を受けるもので、すばらしく系統だっていた。」と絶賛し、


10月に訪日したときは、(CTVカナダより抜粋)


A team of experts from the International Atomic Energy Agency praised Japan on Friday for steps it has taken to reduce radiation exposure for the public, particularly children, near the crippled Fukushima Dai-ichi nuclear plant.
IAEAの専門家チームは、金曜日(2011年10月14日)に、国民の被ばくを少なくするための、特に福島原発近くの子どもにとった対策について、賞賛しました。


800_japan_fukushima_radiation_ap_111014.jpg


In a preliminary report submitted to the government, the 12-member team said Japan had developed "an efficient program for remediation -- allocating the necessary legal, financial and technological resources to bring relief to the people affected by the accident, with priority being given to children."
政府に提出した予備報告書のなかで、12名のチームは、日本が「修復にあたって、事故の被災者の救済に、特に子どもを優先し、法的、財政的、技術的供給源をもたらし、効果的な政策を展開した。」と述べました。


Tero Tapio Varjoranta, deputy chief of the IAEA team, told a news conference in Tokyo that many of the Chornobyl cancer cases came from drinking milk that contained radioactive cesium, but that Japan's food controls in this area were in "very good order."
IAEAチーム次官Tero Tapio Varjorantaは、東京での記者会見で、チェルノブイリのガン発症の事例は、放射性セシウムを含んだミルクを飲んだことが原因でした。しかし、日本の、その地域の食品管理は、「とても良く秩序が整ってた」、と述べました。


The team found Japan's radiation monitoring system was "very good, very extensive," said leader Juan Carlos Lentijo, adding that it would detect any dangerous spike in radiation.
日本の放射能モニタリングシステムは、「とてもよく、かなり大規模」だった、とチームの先導者 Juan Carlos Lentijoは述べ、そのシステムは、どのような放射能の危険な急上昇をも検出したであろう、と付け加えました。




あいた口がふさがらなかったのは・・・・

私だけではないですよね???

こういうのを、


茶番劇・・・というのでしょうか・・・・???


IAEAが何者なのか?


guardian_logo.jpg


How nuclear apologists mislead the world over radiation
原子力弁護論者たちが、放射能についてどのように世界を欺いたか



~抜粋です~

In the early days of nuclear power, WHO issued forthright statements on radiation risks such as its 1956 warning: "Genetic heritage is the most precious property for human beings. It determines the lives of our progeny, health and harmonious development of future generations. As experts, we affirm that the health of future generations is threatened by increasing development of the atomic industry and sources of radiation … We also believe that new mutations that occur in humans are harmful to them and their offspring."
原子力が始まったばかりのころ、WHOは1956年に出された警告のような、放射能の危険性についての率直な声明を発していました。「遺伝の遺産は、人間にとって最も貴重な財産です。それが、私たちの子孫の生活、健康、未来の世代の調和の取れた発展を決定づけるのです。専門家として、我々は、未来の世代の健康は、原子力業界の、原子力の産地の発展が進むことにより、脅かされることを、断言します。我々は又、人に新しく起こる突然変異が、自分たちにとって、そしてその子孫にとって危険なものであることを主張します。」


After 1959, WHO made no more statements on health and radioactivity. What happened? On 28 May 1959, at the 12th World Health Assembly, WHO drew up an agreement with the International Atomic Energy Agency (IAEA); clause 12.40 of this agreement says: "Whenever either organisation [the WHO or the IAEA] proposes to initiate a programme or activity on a subject in which the other organisation has or may have a substantial interest, the first party shall consult the other with a view to adjusting the matter by mutual agreement." In other words, the WHO grants the right of prior approval over any research it might undertake or report on to the IAEA -a group that many people, including journalists, think is a neutral watchdog, but which is, in fact, an advocate for the nuclear power industry. The IAEA's founding papers state: "The agency shall seek to accelerate and enlarge the contribution of atomic energy to peace, health and prosperity through the world."
1959年以降、WHOは健康と放射能について一切声明を出していません。何が起こったのでしょう?1959年5月28日、第12回世界健康総会で、WHOはIAEAと協定を作成したのです。その協定の、12.40箇条は、「両組織(WHOあるいはIAEA)の一方が、他方の重大な利害が絡むプログラムや活動に着手するいかなる場合も、双方の同意により調整するように、当事者は、他方に意見を求めなければならない。」つまり、WHOは、自分たちが手がける、または報告するあらゆる調査について、事前にIAEAの承認を得る、という(IAEA)の権利を容認しているのです。IAEA-それは、ジャーナリストを含み、多くの人が中立な監視機関だと思っているのですが、実際には、原子力業界の推進者なのです。IAEAの資金文書には、こう書かれています。「この機関は、世界中を通しての原子力エネルギーの平和的、健康的、繁栄への貢献を加速、拡大することに務めるものである。」



170441591.jpg



原子力を推進するための国際機関は、原子力の安全、人々の健康の安全に対しても、権限を握っています。


今までの2回の訪問で、日本政府の政策を絶賛したこと以外に

具体的な解決案などの提示がありません。



原子力の安全規制をする機関と推進する機関を独立したように、(実際機能しているかどうかは置いておいて)

人々の健康を守る機関も、独立させなければなりません。


一方、毎日新聞によると。。。


(Mainichi Japan) January 25, 2012


Japan, Ukraine to launch talks on nuclear cooperation this week
日本とウクライナ、放射能協同について、今週話し合いを開始



TOKYO (Kyodo) -- Japan and Ukraine will begin negotiations for an agreement to help strengthen cooperation on nuclear accidents, the Foreign Ministry said Tuesday.
共同--日本とウクライナは、原子力事故についての協力体制を強化するための同意書に対する話し合いを始めることを、外務省が火曜日に述べました。


The talks will start on Thursday in Kiev. By concluding a bilateral agreement, the Japanese government is hoping to obtain information about the effects of the 1986 Chernobyl nuclear disaster on human health and the environment from the former Soviet republic.
話し合いは木曜日にキエフで開始されます。双方の協定を締結することによって、日本政府は、1986年のチェルノブイリ放射能災害が人の健康や環境に及ぼした影響についての情報を、旧ソ連から入手することを望んでいます。

The government will use the data in treating people exposed to radiation in the worst disaster since Chernobyl at the Fukushima Daiichi power plant, a Foreign Ministry official said, adding that the agreement will enable the two countries to facilitate exchanges of experts on nuclear accidents.
政府はチェルノブイリ以来の最悪の災害で、福島第一原発で放射能に被ばくした人々を扱うのに、そのデータを使用します、と外務省筋が伝えました。その協定を結ぶことで、両国が放射能事故の専門家の交流を促進することも可能になる、と付け加えました。

~*~*~*~*~*~*~*~*~


政府同士の協定が、どれだけ偏りのないものになるか、



良い結果になりますように。。。

今は、見守りたいと思います。



関連記事

福島20km圏内から

 2012-01-27
ここ3日間、CNNが立ち入り禁止内のレポートをネットで紹介しています。

その、第3弾。

富岡町で、動物と残っているマツムラ・ナオトさんです。


Resident defiant in Japan's exclusion zone
立ち入り禁止地区で抵抗する住民


By Kyung Lah, CNN

January 27, 2012 -- Updated 0844 GMT (1644 HKT)





Tomioka, Japan (CNN) -- In the shadow of the Fukushima nuclear plant, one man's quiet defiance echoes through the contaminated, empty streets of Tomioka, Japan.
富岡町--福島原発の近くで、一人の男性の抵抗の声なき声が、汚染され、人気のなくなった富岡町の通りを響き渡っています。


Picture2_20120128170008.jpg


Tomioka, 10 miles (16 kilometers) away from the disaster, is inside the 12.4 mile (20-kilometer) radius of the government-mandated evacuation zone. But that hasn't stopped Naoto Matsumura, 52, a life-long resident and fifth generation farmer, from refusing to heed the mandatory evacuation since the nuclear meltdown.
事故現場から、16kmにある富岡町は、政府が強制避難地区に定めた20km圏内にあります。しかし、この地でずっと生き、5代目の農家のマツムラ・ナオトさん(52)は、原子炉のメルトダウン以来の強制避難などに、耳を貸しませんでした。


"I'm full of rage," says Matsumura. "That's why I'm still here. I refuse to leave and let go of this anger and grief. I weep when I see my hometown. The government and the people in Tokyo don't know what's really happening here."
「まったく怒り心頭だね。」とマツムラさんは言います。「だからまだここにいるんです。ここを離れることを拒み、怒りと悲しみを解き離しているのです。自分の故郷を見て涙を流します。政府も東京の人もここで本当に何が起きているのか分からないのです。」


Picture1_20120128170008.jpg


His defiance began with a simple desire to feed the animals on his farm. The government evacuated 78,000 residents around the exploding plant without a plan to rescue pets and valuable livestock.
彼の抵抗は、自分の農場の家畜にえさを上げたいという、単純な願望から始まりました。政府は爆発した発電所の周りの7万8千人の住民を、ペットや貴重な家畜の救助計画もないままに避難させました。


As Matsumura began to feed his own animals, the neighborhood's desperate cats and dogs started showing up. He started to feed them too and decided he couldn't leave them behind to die. When Matsumura ran out of food, he slipped out of the exclusion zone and bought dog and cat food and then snuck back into town.
マツムラさんが、自分の家畜にえさをやり始めると、近所の腹ペコの猫や犬が現れ始めたのです。それらの動物にも餌をやり始め、死ぬまで動物たちを置き去りになどできないと決意したのです。食料がなくなると、立ち入り禁止地区から抜け出し、犬や猫の餌を買い求め、こっそりと戻ります。


Weeks turned into months and now nearly a year. Conditions are growing worse by the day, says Matsumura.
数週間が数ヶ月になり、今では、ほぼ1年です。状況は日増しに悪くなる、とマツムラさんは言います。


Weeks into the evacuation, most of the cows starved to death, tied up in pens without any food. Maggots and flies covered their bodies, and a putrid smell came from most of the barns. But one of the worst scenes Matsumura remembers happened at a neighbor's farm. He found a cow and her calf alive. The cow was so thin from hunger it was just skin and bones, says Matsumura. The calf was crying, trying to approach its mother for milk. The mother kicked the calf, perhaps afraid of death, if it fed the calf, Matsumura recalled. The calf kept trying to approach for milk, but the mother kept kicking it away. The calf, dazed and hungry, stumbled away. It crawled into a corner, crying. The calf was sucking on straw as if it were the mother's teat, says Matsumura.
避難から数週間たち、ほとんどの牛たちは、餓死しました。餌もなく、柵につながれていたのです。ウジやハエが、その死骸を覆いました。ほとんどの納屋から悪臭が漂いました。しかし、マツムラさんが覚えているなかで最悪のことは、近所の農場で起きたことでした。マツムラさんは、生きている母牛と子牛を見つけたのだと言います。その母牛は、飢えてやせ細っていました。骨と皮だけだったのです。子牛は鳴いていました。母牛のミルクにたどり着こうとしていたのです。母牛は、子牛を蹴りました。もし子牛にミルクを上げたら、自分が死んでしまうと怖れていたのでしょう、とマツムラさんは振り返ります。子牛はそれでもミルクを求め続けます。それでも母牛は子牛を蹴り続けるのです。子牛は、おなかをすかせてフラフラし、よろめいているのです。そして、隅のほうまで這って行き、鳴いているのです。その子牛は、藁を、まるで母親の乳首だと思っているのように、吸っているのです。


Picture3_20120128170008.jpg


He went back the next day and found the cow and her calf dead.
翌日戻ってみると、母牛も、子牛も、死んでいました。


Repeatedly seeing scenes like this, Matsumura said, made him furious. He began doing interviews with foreign correspondents, saying the Japanese press wasn't covering the heartbreak in the exclusion zone.
繰り返しこのような光景を見てきたことが、自分を怒りに震わせたのだと言います。マツムラさんは、外国の特派員とのインタビューを受け始めました。日本の新聞は、立ち入り禁止地区の悲痛を網羅していなかったのだ、と言います。


"The government and Tepco are not doing anything at all," says Matsumura. "We're the victims. The government and Tepco, they're the perpetrators but they don't treat us as victims. They pretend they're doing something, but they don't do anything inside the 20 km zone. I ask the lawmakers to help but they keep saying that's the 20 km zone. But something needs to be done now. They are hopeless."
「政府と東電は、全く何もしません。」とマツムラさんは話します。「私たちは犠牲者です。政府と東電は加害者です。でも、彼らは私たちを、犠牲者として扱いません。何かをやっているふりをしていますが、20km圏内では、何もしていないのです。議員に助けを求めました。でも、20km圏内だから、と言い続けるのです。それでも今何かをしなければなりません。彼らには、どうしようもないのです。」


Matsumura wants the cleanup of the contamination to speed up. There are a few signs that the work has begun in Tomioka, with contaminated soil sitting under blue tarps in a neighborhood park. But at this pace, Matsumura said, he'll never live to see Tomioka's people return.
マツムラさんは、除染を急いで欲しいと思っています。富岡町では、除染が始まった気配が少し感じられます。近所の公園にブルーのビニールをかぶせられた汚染土が置かれているのです。しかし、今のペースでは、自分が生きている間に人々が戻ってくるのを見ることはないだろうと言います。


Picture5_20120128170008.jpg



Matsumura hopes as the one year anniversary of this nuclear disaster approaches, the international community will remember the risks of nuclear energy.
マツムラさんは、この放射能災害から一周年をむかえるにあたり、国際社会に原子力エネルギーの危険を思い起こして欲しい、と望んでいます。


"You see what can happen. U.S., Russia, Japan -- this is the third nuclear accident, the third time something we created ended up hurting us. This is the third time, but we haven't learned our lesson yet."
「アメリカ、ロシア、日本で何が起こりうるのかわかりますよね。これは、3回目の原子力事故です。自分たちが作り出したものが、自分たちを傷つけることになった3回目のことなのです。3回目です。それなのに、私たちは、まだそのことから学んでいません。」


Matsumura lives without electricity and gets water from a nearby well. He slips out of the exclusion zone only for food and then returns to feed any animals he can.
マツムラさんは、電気ない生活をしています。水は近くの井戸から汲んでいます。立ち入り禁止地区から抜け出すのは、食料のためだけで、自分ができるだけの動物に餌をやるために戻ります。


Picture6_20120128170007.jpg


He's been tested for radiation contamination, and results show his body is "completely contaminated," he says. But he'll stay, he pledges, as the sole citizen of Tomioka to keep tabs on the government. "We have to decontaminate this area or else this town will die. I will stay to make sure it's done. I want to die in my hometown."
マツムラさんは、放射能汚染を調べました。その結果は、自分の体が「完全に汚染されている」ことを示しているのだと言います。それでも留まります。たった一人の富岡町民として、行政を見張ることを誓っているのです。「この地を除染しなければなりません。そうでなければ、町は消滅するでしょう。私は除染されるのをここで見とどけます。私は、自分の故郷で死にたいのです。」






なぜこんな残酷なことが起きているのでしょう?

都会に電気を送るための原子力があったからです。



声なき声が、遠くまで、


ずっとずっと遠くまで、


届きますように。




関連記事

繰り返すのではなく、学びたい~チェルノブイリの現実

 2012-01-27
NHKスペシャル

汚された大地で ~チェルノブイリ 20年後の真実

2006年4月16日放送



汚された大地で ~チェルノブイリ 20年後の真実~ by egg_rice


正に、5年後の今に伝えるメッセージではないでしょうか?


関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。