SILVERメダルの試練

 2011-12-30
ラビ君のホッケークリスマストーナメントが終了しました。
Today is the last day of Mr. Rabbit’s hockey tournament.

シーズン前半苦戦していたチームが、まさかここまで来るとは。
The team has been struggling the past half season,

今日は、なんと決勝戦!だったのです。
but they went to FINAL today! Surprise!!!


結果は・・・
Guess who won.


IMG_7089.jpg


どっちが5点入れたかと言うと・・・
The team that scored 5…?


Picture1_20111231091712.jpg


相手チームでした・・・
was the opponent.


でも、参加した全16チームうちの、2番目です!!
But we are the SECOND among 16 teams!


それって、すごいよ!!
That is awesome!


そして、最強のディフェンスと、鉄の扉のゴーリーを打ち破って入れた1点は、
The ONE that got into the net was

ラビ君のショットでした!
by Mr. Rabbit who broke the strongest defense and the goalie who shut his iron door on all the other shots!



それにしても・・・・
He happened to get

先シーズンの春のトーナメントが、銀メダル
SILVER from the tournament last Spring,

その前の春のトーナメントが、銀メダル
The other SILVER was from the tournament two spring ago…


そして、今シーズンのクリスマストーナメントが、
And then at this Christmas tournament,


IMG_7091.jpg

銀メダル!
he got SILVER again!


ん??
Um?


とっても見覚えのある、このショット。
This picture reminds me of something…


IMG_0958.jpg


そうなのです!
Oh, yes.

2シーズン前は、ゴールド戦を親友君と敵味方で戦ったのですが、
They played against each other 2 years ago,


今回は、同じチームで戦ったのでした!!!
but now they play together for the same team!


それにしても・・・
The funny thing is that

2人とも、2年前と同じジャケットを着ているとは・・・
both of them are wearing the same jackets as 2 year ago!




銀メダルは、なぜか銅メダルより悲しい・・・・
You feel sadder to get Sliver than getting Bronze somehow.


この試練をラビ君は、3回味わいました。
Mr. Rabbit has had this very challenging experiences 3 times.


去年ジュニアホッケーワールド戦でやっぱりシルバーだった、チームカナダも、今戦っています。
Team Canada, who got Sliver last year, is playing World Junior Hockey now.



シーズンはまだ半ば。
Our hockey season is still just half way through.

さて!
Now…

1月から、又気合を入れていこう!!!!
Keep up your best effort, TEAM!!



おぉおおおおおお!!!っ
YEAH!!!


~おまけ~

初日だけ手伝った、バーナビー代表チームのトーナメントで、

そして、自分のチームのトーナメントで、


IMG_7095.jpg


MVPもいただきました


GOOD JOB! ラビ君!



関連記事
スポンサーサイト

静かに目覚めた日本人

 2011-12-29
3.11の日本を変えるのは、政府でも、巨大権力でもなく、一般市民の力なのだと、

改めて感じさせられる嬉しいレポートです。


シアトルのオンラインニュース、Seattle Post-Intelligencerより。

Can Web-savvy activist moms change Japan?
ウェブ知識をもった母親活動家、日本を変えることができるか?



MALCOLM FOSTER, Associated Press
Updated 10:58 p.m., Wednesday, December 28, 2011


TOKYO (AP) - Japan's nuclear crisis has turned Mizuho Nakayama into one of a small but growing number of Internet-savvy activist moms.
東京(AP通信)― 日本の放射能危機は、ナカヤマ・ミズホさんを、少ないながらも膨らんでいるインターネット知識のある母親活動家の一人へと変えました。


mediaManager1_20111230130026.jpg



Worried about her 2-year-old son and distrustful of government and TV reports that seemed to play down radiation risks, she scoured the Web for information and started connecting with other mothers through Twitter and Facebook, many using social media for the first time.
自分の2歳の息子を心配し、放射能の危険を小さく見せようとしている政府やテレビの報道に不信感を持ち、彼女は、情報を求めてウェブサイトを探し回り、ツイッターやフェイスブックで他の母親たちとつながり始めたのです。多くの人は、初めてソシアルメディアを利用する人たちです。


The 41-year-old mother joined a parents group ― one of dozens that have sprung up since the crisis - that petitioned local officials in June to test lunches at schools and day care centers for radiation and avoid using products from around the troubled nuclear plant.
この41歳の母親は、父兄団体-事故以来膨れ上がっている十数団体のうちの1つですが-に参加し、6月には、問題の原発付近からの生産物使用を避けるために学校や、保育園の給食検査をするように、地元の行政に嘆願しました。


"It's the first time for anyone in our group to be involved in this type of activism," said Nakayama, who now carries a Geiger counter with her wherever she goes.
「このような活動団体に関わるのは、誰にとっても初めてなのです。」と、今ではガイガーカウンターをどこに行くにも持ち歩いているナカヤマさんは話しました。


mediaManager3_20111230130026.jpg



Public dismay with the government's response to this year's triple disaster - earthquake, tsunami and nuclear meltdown - is driving some Japanese to become more politically engaged, helped by social and alternative media. While still fledgling, it's the kind of grass-roots activism that some say Japan needs to shake up a political system that has allowed the country's problems to fester for years.
今年の3つの災害-地震、津波、そして原子炉メルトダウン-の政府の対応についての市民の失望は、日本人を政治的的関心へと導きました。それには、従来のメディアに変わるソシアルメディアが助けになったのです。まだ駆け出しですが、それは、日本の問題が、何年もの間、腐敗するのに任せてきた政治システムを、再編成する必要性があるのだという、草の根運動のようなものなのです。


Nakayama's group has had mixed success: Officials in Tokyo's Setagaya Ward immediately started posting radiation levels in milk, but they say they won't start testing lunch foods until April. Still, Nakayama feels she and others in what she calls the "silent majority" are making a difference.
ナカヤマさんの団体は、いろいろな成功を収めています。世田谷区の行政は、ただちに、ミルクについての放射能レベルを公表し始めました。しかし、給食については4月まで、調査を始めない、といっています。それでも、ナカヤマさんは、「静かな大多数」と彼女が呼ぶ、自分や、他の人たちが、何かを変えることができるのだと感じているのです。


"Women in their 30s and 40s are busy raising children, and many also work," she said. "We're normally too busy to really raise our voices. But this time we felt compelled to speak up."
「30代、40代の女性は、子育てで忙しく、多くの人は仕事もしています。私たちは大抵、声を上げるには忙しすぎるのです。でも、今回ばかりは、声を上げなければならないと感じています。」


Many Japanese have been content to let politicians and bureaucrats run the country as they see fit. Quite a few of the mothers in the newly formed parents groups didn't even vote regularly.
多くの日本人は、政治家や権力者に、甘んじて国を任せてきました。新しく団体を作ったとても多くの母親たちは、定期的に投票することさえなかったのです。


But the handling of the nuclear crisis - perceived as slow, confused and less than forthright, a perception reinforced by a critical government report this week - has deepened distrust of both government and mainstream media. That has given rise to a sense that the government isn't as reliable as once thought, and that people need to take action themselves to get things done.
しかし、放射能危機の取り扱い-遅く、混乱し、紆余曲折していると感じれられ、今週の決定的な政府の報告は、さらにその認識を強化することとなりました-は、政府と主要メディアに対する不信感を深めたのです。


mediaManager5_20111230130026.jpg



"People used to think of the government as something like a father figure," said Tatsuya Yoshioka, founder and director of Peace Boat, a volunteer group involved in recovery efforts in the tsunami-hit northeast. "But people are graduating from that. We are moving toward a more active kind of democracy in which people realize they are the primary actors, not the government."
「人々は、政府が、何か、父親像のようなものだと思っていたのです。」とヨシダ・タツヤさんは述べました。彼は、津波で被災した東北の復興を支援するボランティア団体、ピースボート、を立ち上げ、その管理者でもあります。「でも、皆そこから卒業したのです。政府ではなく、自分たちが主人公なのだと言う認識を持つ、もっと活きた民主主義に向かって前進しているのです。」


Japan still has a long way to go. The activism is small-scale, and powerful forces - a culture that frowns on nonconformists, an affluent society - stand in the way of lasting change.
日本の行く道はまだ長いです。その活動は、小規模です。そして根強い力-非協力者を威圧する文化、富裕層-が、変化し続けようとする道に立ちはだかるのです。


In the weeks following the March 11 tsunami, frustration over the sketchy information coming from the government about the Fukushima Dai-ichi nuclear plant drove many Japanese to Twitter and alternative media webcasts.
3月11日の津波の後数週間、福島第一原発についての政府からの不完全な情報をめぐっての苛立ちは、多くの日本人をツイッターやネット配信など代替のメディアへと導きました。


OurPlanet-TV, for example, relayed footage two days after the disaster from a freelance reporter near the Fukushima plant who reported the radiation level was quite high, said director Hajime Shiraishi. Within weeks, the number of viewers jumped to more than 100,000 per day from 1,000 to 3,000 before the tsunami, she said. It has since fallen back to the 20,000-30,000 range.
たとえば、OurPlanet-TV(おすすめリンクにあります)のように、福島原発近辺のフリーランスのレポーターが災害の2日後に、放射能レベルがとても高い、と中継したのだとディレクターのシライシ・ハジメさんは言いました。数週間以内で、視聴者は津波の前の1000-3000名から、1日に10万人へと急増したのだと言います。 それ以来、2万から3万人に落ち着いています。


University student Gohei Kogure said he generally trusted TV news before the disaster, but accessing Twitter and webcasts gave him a different perspective that's made him more informed and critical.
大学生のコグレ・ゴヘイさんは、災害の前は、大抵テレビのニュースを信頼していたけれど、ツイッターやネット配信に、今までの見方を変えさせられ、自分がもっと知ることができ、重大であると感じるようになった、と言います。


Before the crisis there was "too much reliance on the government," he said. "These days, you need to take more responsibility for yourself."
この危機の前は、「政府への過度の信頼」があったのです。いまは、自分のことは自分で責任を持つ必要があるのです。」


A nationwide network of more than 200 parents groups has popped up to urge authorities to protect children from radiation, said Emiko Itoh, a 48-year-old Tokyo mother who is helping spearhead the movement.
200以上の父兄団体の各地のネットワークが、子どもを放射能から守るために政府機関を動かすために次々に現れたのだ、とこの運動を先導している東京に住む母親のイトウ・エミコ(48)さんは話しました。







カナダに来て一番感じたこと。

日本は、本当に全てが管理されていたのだなぁ、と。

学校、会社での健康診断。

所得税も会社が全部処理してくれて。

自分は何もしなくてもよかった。

国が全てよいようにしてくれる、と普通に思い込まされていたのかも知れません。



健康管理も税金も、

何においても、全て自分の選択と責任でしなければならないという、

今では当然のことが、日本にいたときには見えていなかったのです。



3.11後の日本は、よい方に変わると漠然と信じていたのですが、

このことこそ、正に、その原動力なのだと、確信しました。


「静かな大多数」


日本人らしい、力強さを感じます。




関連記事

カナダ西部が危険?東部は安全?

 2011-12-28
放射能の話ではありません。。。


IMG_7044.jpg

カナダのMACLEAN'S 誌が、一番危険な都市の順位を発表しました。

1位から100位までのリストは、こちら


canada.comより。

By Derek Abma, Postmedia News December 15, 2011


In stark contrast to the most dangerous cities list, there are only a few B.C. locations that made the top 20 list for the safest cities in Canada, according to Maclean's.
Maclean's誌によると、最も危険な都市のリストと対照的に、カナダで最も安全なトップ20の都市にほんの少しだけBC州の都市がランキングしています。


The most dangerous cities in Canada are in the western part of the country, according to the latest rankings from Maclean's magazine.
カナダで最も危険な都市は、最新のMaclean's誌のランキングでは、カナダ西部となっています。


As was the case last year, the two most dangerous spots in this annual list were, Prince George, B.C., and Victoria. Prince George earned the dubious distinction of most dangerous.
去年の最も危険な2つの都市は、BC州のプリンスジョージとビクトリアです。プリンスジョージは、最も危険だという、疑わしい特色をつけられませした。


"Year after year, western cities dominate the rankings as the worst for crime," the magazine said in a statement Thursday. "And, in reverse, the most populous cities in Ontario and Quebec consistently score well."
「年々、西部の都市は、犯罪が最も多いところとしてランキングの上位を占めている。」と同誌は木曜日の報告書で述べています。「それに反して、人口の最も多いオンタリオやケベック州は、継続的によいポイントを収めています。」


Prince George was cited for its gang wars, its drug problems and for being home to Cody Alan Legebokoff, a 21-year-old who police allege has murdered at least three women and a 15-year-old girl.
プリンスジョージは、ギャングの争い、麻薬問題や、警察が少なくとも3人の女性と15歳の少女を殺害したと断定しているCody Alan Legebokoff(21)が引き合いに出されました。


Victoria, meanwhile, was shown to have particularly high rates of robbery and sexual assault in comparison to the rest of the country.
ビクトリアは、他の都市に比べ、特に盗難や性犯罪率が高いと示されています。


The rankings were derived by assessing crime data from Statistics Canada from 2010, looking specifically at homicides, sexual assaults, aggravated assaults, robberies, vehicle thefts and break-and-enters.
このランキングは、2010年のカナダ統計局の犯罪データを査定することから引き出されています。特に、殺人、性犯罪、悪質な脅迫、盗難、車泥棒、空き巣などを注目しています。


Saskatchewan's two biggest cities were also among the country's most dangerous cities, according to the rankings, with Saskatoon placing third and Regina fifth. Red Deer, Alta., was fourth.
ランキングによると、サスカチワンの2つの大きな都市も、最も危険な都市に含まれています。サスカトゥーンは3位で、リジャイナが5位です。アルバータのレッドディアは4位でした。


Maclean's looked at Canada's 100 largest metropolitan areas for its rankings.
Maclean's誌は、100の大都市のランキングを発表しました。

Other cities of note included:
他の(最も危険な)都市は以下の通りです。


Winnipeg, deemed the 9th most dangerous city;

Vancouver   18th

Edmonton    19th

Montreal   22nd

Windsor Ont. 35th

Calgary    50th

Toronto    52nd

Ottawa     74th.

Caledon, Ont.,
was judged to be the country's safest location in these rankings, followed closely by a few other Ontario communities, such as Centre Wellington, Halton Region and Nottawasaga.
は、これらのランキングで、もっとも安全な場所となりました。オンタリオ州のいくつかが少しの差で続いています。






バーナビーは26位でした。

IMG_7083.jpg
Burnaby NewsLeaderより

全体的に見ると、2009年より、2010年の方が件数が減っているので、税金が上がったのもよしとしましょう。



州別に見ると、(カッコ内は人口)

1 Nunavut(33,220)
2 Northwest Territories(43,759)
3 Yukon Territory(34,525)
4 Saskatchewan(1,045,622)
5 Manitoba(1,235,412)
6 British Columbia(4,530,960)
7 Alberta(3,720,946)
8 Nova Scotia(942,506)
9 Newfoundland and Labrador(509,739)
10 Quebec(7,907,375)
11 New Brunswick(751,755)
12 Prince Edward Island(142,266)
13 Ontario(13,210,667)


カナダで一番住みやすいところとされたオタワは、74位。

バンクーバー近郊で一番安全なのは、ノースバンクーバーの86位。ウェストバンクーバーは81位。

バンクーバー島の76位を除くと、70-100位は、全てオンタリオとケベック州です・・・


でも、モントリオールは22位。バーナビーより危険、とされているわけですね・・・


印象とは、微妙に違いますが、

参考になります。


関連記事

アラスカのアザラシに放射能による健康障害?

 2011-12-27
12月24日に、アラスカ、フェアバンクスのデイリーニュースが、


"it appears Alaska has managed to escape any detectable radioactive fallout."
「アラスカでは、放射能の降下物質の検出を免れた。」


と報告したばかりですが、


chicago_tribune_logo.png

が、ロイター通信のこんな記事をレポートしました。

Scientists test sick Alaska seals for radiation
病気にかかったアラスカのアザラシの放射能検査にかかる科学者たち


111013-alaskaseals-608p_grid-6x2.jpg
North Slope Borough / AP file



Reuters

6:19 p.m. CST, December 27, 2011

SEATTLE, Dec 27 (Reuters) - Scientists in Alaska are investigating whether local seals are being sickened by radiation from Japan's crippled Fukushima nuclear plant.
シアトル、12月27日(ルーター通信)―アラスカの科学者たちが、日本の事故を起こした福島原発からの放射能によって、アザラシが病気になっているのかを調査しています。


Scores of ring seals have washed up on Alaska's Arctic coastline since July, suffering or killed by a mysterious disease marked by bleeding lesions on the hind flippers, irritated skin around the nose and eyes and patchy hair loss on the animals' fur coats.
多数のワモンアザラシが7月からアラスカの北極海沿岸に打ち上げられ、尾びれの損傷から出血し、鼻や目の周りの皮膚が炎症を起こし、ところどころ毛皮の毛が抜け落ちるという、不可解な病気に苦しんだり、死んだりしているのです。


article-0-0F492EFE00000578-408_468x351.jpg


Biologists at first thought the seals were suffering from a virus, but they have so far been unable to identify one, and tests are now underway to find out if radiation is a factor.
生物学者たちははじめ、ウィリスにかかっているのだと思いましたが、今のところウィルスを確認できていません。そして、今は、放射能が要因かどうかを確かめる調査に取りかかっています。


"We recently received samples of seal tissue from diseased animals captured near St. Lawrence Island with a request to examine the material for radioactivity," said John Kelley, Professor Emeritus at the Institute of Marine Science at the University of Alaska Fairbanks.
「最近、セントローレンス島の近くで捕獲した病気のアザラシからの組織のサンプルを受け取り、放射能物質を調査するように要請されました。」と、アラスカ・フェアバンクス大学のJohn Kelley教授は話しました。


"There is concern expressed by some members of the local communities that there may be some relationship to the Fukushima nuclear reactor's damage," he said.
「福島原発の事故からの放射能があるのかもしれないと、地元の人により懸念が表れているのです。」


The results of the tests would not be available for "several weeks," Kelley said.
検査の結果が出るには「数週間」かかるのだと、Kelley教授は言いました。


Water tests have not picked up any evidence of elevated radiation in U.S. Pacific waters since the March earthquake and tsunami in Japan, which caused multiple fuel meltdowns at the Fukushima plant and forced tens of thousands of people to evacuate the surrounding area.
福島原発の、いくつものメルトダウンの原因となり、周辺の何万人もが避難しなければならなくなった3月の日本の地震と津波が起こって以来、アメリカ太平洋岸の海水の調査で、放射能の急上昇と言う証拠は確認されていません。


Scientists from the National Oceanic and Atmospheric Administration and the U.S. Fish and Wildlife Service have been seeking the cause of the diseased seals for weeks, but have so far found no answers.
国立海洋大気圏局と合衆国魚類野生生物局は、何週間もアザラシの病気の原因を探ってきましたが、まだその答えは見つかっていません。



two_seals_together_181108_2.jpg
Source: Reuters
(Reporting by Bill Rigby)

Copyright © 2011, Reuters





事故で放出された放射能の8割が海の中だったと言うのは。。。

全てが国土に降下するより良かった、と言えるのでしょうか?



国土からの汚染では、人々の健康に与える影響を、

なかった事にしようとか、きっと放射能は関係ないと信じることにするとか、

そんな試みがなされるであろう可能性をいろいろな場面で多々感じるこの頃ではありますが、



海に放たれてしまった、大量の放射能汚染について

「海洋生物にも影響はないし、人が食べても大丈夫な、取るに足らないもの」

などと堂々と国際社会に向かって発言してしまえば、


おそらく、

原発を推進している国でさえも、国民の厳しい目の中、科学的に証拠を付けつきつけてくる時が来ることになり、

猛反撃をうけることになるのでしょう。



アザラシの病気が放射能による影響ではない、と確認されることを祈りつつ。。。


何の罪もない動物たちが、


人々に教訓を示すために犠牲になるのかもしれない、と思うと、


胸が締め付けられる想いがするのです。




その延長線に、人間がいるのだと言うことを、


もう、沢山の人が気づいていると言うのに。。。。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

8歳のこどものサンタさんへのお願い☆


IMG_7081.jpg


1番目のお願いは、Nintendo64の新しいゲーム

2番目のお願いは、赤ちゃんの弟におしゃぶり。平和のために。

3番目のお願いは、動物たちが安全でいられるために、海がきれいであること。


最初の質問は、サンタさんはいくつですか?

2番目の質問は、サンタさんはどうやってプレゼントを世界中に届けるのですか?

サンタさんってすごい!!


IMG_7082.jpg


クリスマス大好き。

私のお願いは、バービー人形のベット。

家族には、家を掃除してくれるロボット。

地球には、ゴミのないきれいな海。世界中がきれいであるように




関連記事

サンタクロースの心

 2011-12-26
多文化のモザイクと言われるカナダ。

それぞれの文化や宗教を尊重しながら、社会が成り立っています。

カナダのクリスマスは、文化や宗教を越えて、

「GIVING]の精神が溢れる季節、のような気がします。



5825301.jpg
Photo from Burnaby Now


それは、身の回りの家族、友人、知人を超えて、

こんなにも、お祝いムードに満ちた季節に、悲しみ、苦しんでいる誰かに、

いつになく心を寄せる季節でもあるのです。


地元、バーナビー・ナウ紙のコラムより。

Imagine a season of good for all
クリスマスシーズンの心の行く先

By Bob Groeneveld, Burnaby Now December 23, 2011


I want you to use your imagination. I want you to imagine a world in which every child wakes up on Christmas morning to find a nice gift under the tree.
想像力を使ってみてください。そして、クリスマスの日の朝起きて、どんな子供も、クリスマスツリーの下に素敵なプレゼントを見つけるような世界を想像してください。


Your imagination doesn't have to furnish each child with a big, expensive gift, or even one of those "I really wanted one of those because everyone else has one" gifts.
その想像の中では、子供たち皆が、大きくて、高価なプレゼントを、あるいは「みんなが持っているから、本当にこれが欲しい。」と言うようなプレゼントを与えられる必要はありません。


IMG_7079.jpg



Just try to imagine a nice present, something reasonable that will make the child smile, maybe even make his or her eyes sparkle just a little bit - something that will prompt the child to say, "Thank you," and really mean it.
ただ、素敵なプレゼントを想像してみてください。その子供が笑顔になるような、あるいは、子供の瞳が少しだけきらめくような、そんな何かを。子供がとっさに「ありがとう」と言うような、そして、本当に心からそう思って言えるような何かを。


It'll be something different for every child.
それは、それぞれの子によって違うでしょう。


But try to imagine a world in which that such deep thankfulness comes from something at least a tiny bit more frivolous and fun than a warm pair of socks.
それでも、そのような心からの感謝が、温かい靴下よりも、少しばかり軽い、楽しい気持ちから出てくるような世界を想像してみてください。


I want you to imagine a world in which every child wakes up in a warm bed.
子供たちは皆温かいベットの中で目を覚ます世界を想像してみてください。


It doesn't have to be a bed in a mansion. It doesn't have to be the only bed in the child's own bedroom - heck, a lot of us old farts did fine growing up in homes where we shared a bedroom with one or more brothers or sisters.
マンションのベットである必要はありません。自分の子供部屋のベットでなければならないと言うこともありません。-いやだいやだ。我々年をくった輩の多くは、兄弟姉妹と同じベットに寝て育つのをなんとも思っていなかった。。。


But it should be a real bed - in a real house. It shouldn't be some crumpled newspapers spread on the dirt floor in a tin shack.
でも、それは、本当のベットであるべきで-本当の家にあるベットであるべきです。ブリキのほっ立て小屋のほこりにまみれた床の上に散らかっているくしゃくしゃに丸められた新聞紙であるべきではないのです。


I don't want you to imagine some ratty old blankets in a corner of a tent in a small wooded area beside Canadian Tire or off behind High Knoll Park.
カナディアンタイヤ(工具などのスーパー)の脇やHigh Knoll公園(かつて殺人事件のあった公園)の裏手の小さな森の中にあるテントの隅の汚い毛布を想像して欲しくはありません。


It would take very little imagination at all for your imaginary world to have children waking up in the back seat of the family car.
あなたの想像の世界で、自家用車の後部座席で目を覚ます子供たちの世界を描くことは、想像に難くないでしょう。


That world already exists.
その世界は既に存在しています。


I want you to imagine a world better than that.
あなたには、それよりも良い世界を想像して欲しいのです。


I want you to imagine a world in which no child who goes to his or her warm bed every night does so with tears welling in their eyes. Or with an empty belly grumbling loudly enough to keep him or her awake into the early hours. I want you to imagine full tummies. I want you to imagine a world in which food banks and Christmas bureaus are unnecessary.
温かい自分のベットで眠ることができる晩に、目から涙が湧き出てくるような、あるいは、おなかがごろごろ大きな音を立てて、朝早くから目が何度も覚めてしまうような、そんな子供が全くいない世界を想像してみてください。皆がおなかいっぱいなのを、想像してして欲しいのです。フードバンク(食事を無料で提供するところ)や、クリスマスビューロー(貧しい子供たちにプレゼントを配るNPO)が必要のない世界を想像してみてください。


I want you to imagine a world in which the volunteers who work so desperately to create the world I want you to imagine can go home and spend more time with their own families, and bask in the satisfaction that they are no longer needed by other families that are no longer hungry and cold and alone at Christmas.
そのような世界をつくるために、必死でボランティアをしている人たちが、家に帰って、自分の家族との時間をもっと過ごすことができるような、そして、クリスマスの日に、もうおなかもすいていなく、寒くもなく、一人ぼっちでもない家族に、もうこれ以上必要とされてないのだという満足感にひたれる、そんな世界を想像してみてください。


I don't want you to imagine a world in which these things are just a reality for the Lower Mainland - although that would already be a world beyond the imagination of many hungry, cold, and lonely children and families who live right here, among us, within our own communities. I want you to stretch your imagination outwards, beyond the Lower Mainland, beyond British Columbia, beyond Canada, beyond North America.
これらのことが、バンクーバー近郊だけでの現実だ、という世界を想像して欲しくはないのです。-それは既に、ここに、私たちの周りに、私たちの地域社会に住んでいる、沢山の空腹な、暖を取れない、孤独な子供たちや家族の想像を超えたものなのでしょうが。あなたの想像力を、もっと外に広げてみてください。バンクーバー近郊を越えて、BC州を越えて、カナダを越えて、北米を越えて。


I want you to imagine an entire world in which there are no hungry children - a world in which tens of thousands of children do not die every day as a result of hunger-related diseases and maladies.
空腹の子供が全くいない、全世界を想像してみてください。何万人もの子どもたちが毎日空腹で、疾病や病気で死んでいくことのない世界。


Picture1_20111227155737.jpg
Photo from Canadian Red Cross


I want you to imagine a world in which hunger and need no longer drive ordinary people to accept a "need" for war.
空腹や貧困で、普通の人が戦争の「必要性」を受け入いれてしまうことが、もう、ない世界を想像してみてください。


I want you to imagine a world in which you are lending a hand.
あなたが、手を差し伸べる世界を想像してみてください。


Not necessarily a big hand.
大きな手である必要はありません。


You don't have to imagine being a volunteer who risks life and limb in far reaches of the world.
命の危険を冒すボランティアだったり、世界の遠くまで届く手足を想像する必要はありません。


Just help out a bit, that's all.
ただ少しだけ手を差し伸べるのです。それだけです。


I just want you to imagine a world in which there really is a Santa Claus.
サンタクロースが本当に存在する世界を想像してみてください。


If you can do that, then he's real, after all.
それができる人が、結局、本当のサンタクロースなのです。

He's you.
そして、それは、あなたなのです。


Bob Groeneveld is the editor of the Langley Advance, a sister paper of the Burnaby NOW.
Bob Groeneveld-バーナビー・ナウの姉妹ラングレー・アドバンスの編集者

Copyright (c) Burnaby Now






POWER of IMAGINATION and a little ACTION.

思い描き、実行する力。


That can make it HAPPEN.

それは時に、その実現を可能にしたりするものです。


これ、本当です



関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック