核兵器廃止に向けて

 2011-11-30
とても嬉しいニュースがありました。


Red Cross/Red Crescent movement calls for abolition of nuclear weapons
赤十字、核兵器廃止を求める


November 28, 2011
by IPPNW (International Physicians for the Prevention of Nuclear War)
核戦争防止国際医師団


In an historic decision, the Council of Delegates of the International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies, on November 26, adopted by acclamation a resolution calling for the abolition of nuclear weapons and calling on all national societies to conduct educational campaigns about the unique, catastrophic humanitarian consequences of nuclear war.
国際赤十字・赤新月社連盟派遣代議員は、11月26日に、核兵器廃止を求める決議案を、賛成票をもって採決するという、歴史的決定をし、各国の赤十字社に、核戦争がもたらす、独特な、悲劇的な人道的結末についての教育的キャンペーンを求めることになりました。


The resolution was first proposed by the national societies of Norway, Japan, and Australia, and has been the subject of intense internal debate within the Red Cross movement for the better part of the last year.
この決議はまず、ノルウェイ、日本、オーストラリアにより提案され、去年相当の時間をかけて、赤十字の活動の中で、激しい内部討論の議題となっていました。


Masao Tomanaga of Japanese Physicians for the Prevention of Nuclear War, IPPNW’s Japanese affiliate, addressed the Council before the vote, powerfully describing the immediate and ongoing medical consequences of the attacks on Hiroshima and Nagasaki.
日本の核戦争防御医師団のともなが・まさお氏は、投票前に代議員に、広島・長崎の攻撃の即時、及び長期に渡る結果について、力強く説明演説をしました。


During the debate speakers repeatedly argued that nuclear weapons were in violation of international law, but they focused primarily on the inability of the Red Cross to respond to the aftermath of a nuclear war.
討論の間、発言者は繰り返し、核兵器が国際法に反するのだと主張しました。しかし、彼らは、元来、核戦争の結果についての赤十字の無力さに重点を置いていたのです。


Both Dr. Tomanaga and Ira Helfand, IPPNW’S North American regional vice president, then participated in a special workshop for national affiliates interested in developing national campaigns to promote a nuclear weapons convention. The workshop was attended by 45 representatives from national Red Cross and Red Crescent Societies who are interested in working on the nuclear issue.
そこで、ともなが医師と、国際核戦争防止医師団、北米地区副会長のIra Helfand氏は、核兵器禁止条約を促進するキャンペーンを展開することに興味を抱いている、各国の連合の講習会に参加しました。その講習会には、核問題について取り組むことに興味のある、各国の赤十字・赤新月社から45名の代表が参加したのです。


Dr. Tomanaga shared his data on the long term health problems of nuclear bomb survivors in Japan, and Dr. Helfand presented new research suggesting that catastrophic global famine would follow even a limited use of nuclear weapons. They offered the full cooperation of IPPNW in developing national educational campaigns about the medical and humanitarian consequences of nuclear war.
ともなが医師は、日本の核爆弾からの長期に渡る健康障害のデータを提供しました。Helfand医師は、限られた核兵器の使用の後でさえも、地球規模の飢饉の惨事を引き起こすことを示す新しいリサーチを発表しました。彼らは、国際核戦争防止医師団に対し、核戦争が引き起こす医学的、人道的結果についての教育的キャンペーンを展開することについて、全面的に協力することを申し出ました。


The Australian Red Cross described the exciting campaign they have launched to promote public understanding of the need to abolish nuclear weapons. A full conference for interested national societies to develop national campaigns in their respective countries is in the early planning stages.
オーストラリア赤十字は、核兵器を廃止する必要性についての、国民的理解を促進するために開始した、すばらしいキャンペーンを説明しました。関心のある国の赤十字社が、自国でのキャンペーンを展開するための会議は、現在、プランニングの初期の段階です。


The final draft of the resolution presented to the Council of Delegates can be found here. This link will be updated when the final version, including any minor wording changes, is posted to the IFRC website.
派遣代議員に示された決議の最終的な草案は、こちら。最終文書は、IFRC(国際赤十字・赤新月社連盟)ウェブサイトに更新されます。


~*~*~*~*~*~*~*~*~

そのIFRC(国際赤十字・赤新月社連盟)のウェブサイトからです。

Movement working towards a nuclear weapons-free world
核兵器廃止の世界に向けての活動


Published: 27 November 2011 0:51 CET

Picture3_20111201134319.jpg



The adoption of the resolution proposed by the Australian, Japanese and Norwegian Red Cross National Societies entitled 'Working towards the elimination of nuclear weapons' kicked off the 2011 Council of Delegates. Nearly 30 delegates took the floor to offer impassioned pleas in favour of the resolution, with only a single voice expressing concern. "What would Henry have done?" asked Australian Red Cross CEO Robert Tickner, only to conclude that the founder of the Movement would have firmly backed the resolution. The discussions were preceded by a moving film on the nuclear tragedy that struck in Hiroshima and Nagasaki 66 years ago, and by a presentation from a survivor and now medical doctor from Nagasaki.
オーストラリア、日本、ノルウェイの赤十字によって提案された決議案の採決は、「核兵器廃絶に向けて取り組む」ことを表明するものです。30名の代議員が、その決議案採決に向けての熱烈な答弁を行いました。1人だけ、懸念を表す声もありました。「アンリー(赤十字の創設者**)だったらどうしたでしょう?」
  
  **アンリ・デュナン
  180px-Jean_Henri_Dunant.jpg
  Photo from Wikipedia

オーストラリア赤十字のCEO、Robert Tickner氏が問いました。そして、(赤十字の)活動の創設者は、断固、その決議案を支持しただろうと結論づけたのです。その話し合いの前には、66年前の広島・長崎を襲った放射能の悲劇についての心を動かすフィルムと、今では長崎で医師をしている生存者のプレゼンテーションが紹介されました。


~*~*~*~*~*~*~*~*~

そして、オーストラリア赤十字がウェブで立ち上げたキャンペーンは、こちら


Picture2_20111201134006.jpg

核兵器は、禁止されるべきですか?

[I'd like more info]をクリックすると・・・


DID YOU KNOW… 知っていましたか?

Currently there is no specific law or treaty in place to ban the use of nuclear weapons, yet there are around 3000 nuclear weapons on launch-ready alert at all times.
現在、核兵器使用を禁止する法律や条約はありません。常に、3000発の核兵器がいつでも発射できる状態にあるのです。


Nuclear weapons are a weapon against humanity. They kill, maim, and destroy our environment. Australian Red Cross is calling on the international community to support a convention to ban the use of nuclear weapons.
核兵器は人道に反する兵器です。私たちの環境の命を奪い、傷付け、破壊するのです。オーストラリア赤十字は核兵器使用を禁止する条約を支持するよう、国際社会に求めます。


Nuclear weapons do not discriminate. The initial flash incinerates people at close range. Injuries include severe burns, lung trauma, damage to internal organs, and blindness. You can help Australian Red Cross make nuclear weapons the target by joining the campaign.
核兵器は不差別です。最初の閃光で、近くにいる人々を焼き尽くします。深刻なやけど、肺の外傷、内臓損傷、視力喪失も起こります。オーストラリア赤十字の核兵器反対に参加し、働きかけましょう。


そして、YESに投票すると・・・

Picture4_20111201143142.jpg

[Get Started]をクリックすると、参加登録する画面になります。

[Continue]をクリックすると、FacebookかTwitterに参加する手続きができます。ソシアルメディアで、賛成票を集めることでのTAKE ACTIONです。


[Learn More]をクリックすると・・・

Picture1_20111201134006.jpg

現在世界には2万2000の核兵器が存在し、核兵器を持つ国が増えています。全体の破壊力は、広島核爆弾の、約15万発分に相当します。


Women are overall 40 percent more susceptible to radiation-induced cancer than men, and foetuses and infants are three to four times more susceptible than adults.
女性は、放射能によって引き起こされる癌に、40%男性より多くなりやすく、胎児や幼児は、大人の3倍から4倍、確率が高いのです。


・・・・・などと記載されており・・・・


FAQs (Frequently Asked Questions-よくある質問)には・・・

In 1945, tens of thousands of people were instantly killed when the first nuclear bomb was dropped on Hiroshima, Japan. Five years later nearly 500,000 people had died from the effects of the Hiroshima and Nagasaki bombs. Even today, survivors still struggle with increased rates of cancer and chronic disease.
1945年に広島に最初の核爆弾が落とされたとき、何万人もの人々が一瞬にして殺されました。5年後、広島・長崎の爆弾の影響で、50万人に及ぶ人が死にました。今日でさえ、生存者が、癌や、慢性の病気になる率が増え、格闘しているのです。




・・・・・など、簡単な情報と趣旨が紹介されています。

早速登録しました






赤十字の7つの原則の中でも、特に重要視されている「中立」。

「すべての人からいつも信頼を受けるために、赤十字・赤新月は、戦闘行為の時いずれの側にも加わることを控え、いかなる場合にも政治的、人種的、宗教的または思想的性格の紛争には参加しない。」

反核という立場を、政治的、思想的性格を超越し、人権問題として見直した、ということなのでしょう。


これは・・・

実は、とても大きな一歩です。

涙が出るほど・・・踊りたくなるほど・・・嬉しいのです。



核兵器が廃止されれば、原発を持つ意味などなくなるでしょう。

サインしない国が出てくることは想像に難くなく、

実現への道のりはかなり困難であるでしょうが・・・



カナダ赤十字で、このキャンペーンが展開されるのが楽しみです!!



関連記事
スポンサーサイト

現実と妄想

 2011-11-29
放射能の事故で、事実がなぜ、どのように隠されきたのかについては、

The Centre for Research on Globalisation (CRG)の記事、

福島~真実のための戦い (前編)

福島~真実のための戦い (後編)

に、詳しく述べられていました。

つらい現実から目を逸らさないことが、最善の道だと、やはり思います。





YouTubeからです。

What Happened to Chernobyl Children 7 Years after the Accident
事故から7年後、チェルノブイリの子供に何が起こったか



This video is from a Japanese evening news program broadcasted on Nihon TV, seven years after the Chernobyl accident (around 1993).
このビデオは、チェルノブイリ事故から7年後の(1993年頃)日本テレビで報道された、イブニングニュースからのものです。




What Happened to Chernobyl Children 7 Years... by tokyobrowntabby

I hope the families in Fukushima who still hesitate to voluntarily evacuate their children will watch this and change their minds.
福島で、まだ子供たちを自主避難させることを躊躇している家族が、これを見て、考えを変えて欲しいと思います。

The original video is at: http://youtu.be/tWWICnIQE9k
オリジナルのビデオは、こちら



Translation and captioning by tokyobrowntabby.
翻訳と字幕はtokyobrowntabby on ENENEWSより。


German version is at 007bratsche's channel: http://youtu.be/_9F9M1Sq7KI
ドイツ語版はこちら


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


そして、今のIAEA事務局長、天野之弥氏も、同じことを繰り返しています。

Amano downplays Fukushima disaster
事故を小さく見せる天野氏







IAEA Director-General Yukiya Amano has presented himself on the international stage as champion of the global agenda, taking what appear to be tough moral stands on issues like nuclear weapons proliferation.
IAEAの事務局長、天野之弥氏は、国際舞台にグローバル議論の擁護者として姿を現しました。核兵器激増のような問題について、難しい倫理的立場に立っているというようです。


However, there are many in his own native country of Japan who question this official's behavior, especially as it relates to the unprecedented disaster of three nuclear reactors melting down at the Fukushima Daiichi nuclear power plant.
しかしながら、彼自身の母国、日本の多くの人々が、彼の態度に疑問を抱いているのです。特に、福島第一原発の3つの原子炉のメルトダウンのような、前代未聞の災害に関しては。


「IAEAは核推進組織です。なので、彼らは危険を厳しく考慮しません。」


Hisako Sakiyama is one of Japan's most respected independent medical experts on the effects of radiation.
さきやま・ひさこさんは、日本で最も評判の高い、放射能の影響についての個人の医療専門家です。


When a 12-member IAEA radiation contamination team was dispatched by Mr. Amano to Japan last month, they reported to incredulous audiences that Japan's handling of the Fukushima disaster was almost perfect and did not deserve any criticism at all.
IAEAの12名の除染チームが、先月、天野氏により派遣されたとき、彼らは、疑念を抱く聴衆に対し、日本の福島災害についての対応が、ほぼ完璧で、何の非のうち所もなかった、と報告したのです。


「私は、ただ、彼らのことが信じられませんでした。多分政府にお金を渡されているのでしょう。分かりませんが・・彼らは放射能の専門家なんでしょうか?ただ、信じられません。」


A similar opinion seems to prevail among those citizens who have camped in front of Japan's Ministry of Economy, Trade and Industry.
経済産業省の建物の前で居座っている市民たちの中には、似たような意見が普及しているようです。


The protesters are camped here day and night, and they have invited us inside their tent to speak to one of their leaders.
ここで毎日、毎晩居座っている抗議者たちは、そのリーダーと話をするために、テントに招き入れてくれました。


These people are not impressed, like the IAEA, with how Fukushima has been handled.
彼らは、IAEAのようには、福島の対応について、全く良い印象はありません。


「まず、最初の段階で、人々を放射能の高い地域から避難させなければならなかったのです。自分の命のために、人々には、避難する権利があります。ところが、政治的な理由で、特に東電の利益のため事故を小さく見せるために、事故は控えめに扱われました。これは、非人道的な行いです。」


For reasons unknown, voices like these seem to be disregarded by the authorities of the IAEA.
理由は分かりませんが、彼らの声は、IAEAのような権威には、軽視されているようです。




国民の健康観察、治療の包括的な支援の仕組みの他に、

[核中毒]の末期症状に陥り、国際舞台に立ってまで、妄想の中から抜け出せなくなっている方々の、リハビリセンターの構築も必要な気がしてきました。

自分の力で、何とか、立ち直っていただきたいと、ただただ、祈っています。


関連記事

小学校最後のバレーボール

 2011-11-29
ラビ君は小学7年生。日本だったら、中学1年生。
Mr. Rabbit is Grade 7.


今の小学校のためにバレーボールをプレイするのは、今日が最後。
This is the last day to play volleyball for his elementary school.


バーナビー市小学校男子バレーボールトーナメントがありました。
It was a Burnaby Boy’s volleyball tournament.


IMG_6971.jpg



ラビ君の学校は、ブルーのユニフォーム
Their jersey is BLUE :)


最初の2試合は、
The first 2 games


IMG_6965.jpg


なかなか調子が出ず、
was very hard for them,


IMG_6969.jpg


連敗してしまいましたが、
and lost those,


IMG_6970.jpg


その後、
but then,


IMG_6961.jpg


だんだん盛り返し、
they were coming back,


IMG_6958.jpg


勝ち続け、
and keep winning.


と思ったら、
Although,


IMG_6967.jpg


ラビ君、足をひねって負傷・・・
Mr. Rabbit twisted his foot

最後の試合は見学になってしまったけど、
and had to rest on the bench for the last game.



IMG_6957.jpg


チームは、3勝2敗で、まあまあの成績でした。
The team lost 2 games and won 3 games! Good work! Lions!!!


足を腫らしてしまったラビ君・・・・
His foot is still swollen…


今週末のホッケーも、見学かなぁ・・・
He might have to stay in the bench for his hockey game this weekend…



GET BETTER!!



関連記事

日本が向かう先

 2011-11-28
最近、毎日新聞で、良い特集を見かけるようになりました。

記録しておきたいと思います。


日本語英語とも、毎日新聞のウェブサイトからです。






特集ワイド:日本よ!悲しみを越えて ノンフィクション作家・佐野眞一さん

<この国はどこへ行こうとしているのか>


◇精神のがれき洗おう--佐野眞一さん(64)
Japanese hearts must be cleared of rubble to overcome triple disasters



20111128p2a00m0na018000p_size5.jpg
さの・しんいち 1947年、東京都生まれ。早稲田大学文学部卒。97年に「旅する巨人」で大宅壮一ノンフィクション賞。「東電OL殺人事件」など著書多数。近著に東日本大震災の現場をルポした「津波と原発」。=梅村直承撮影
Non-fiction writer Shinichi Sano


 「まるでポール・デルボーが描く幻想画のようでした。黙示録ですよ。この目の前に広がる光景はたぶん死ぬまで夢に出るんだろうと感じました」。佐野眞一さんが静かに振り返る。実際、今も悪夢にうなされる夜がある。
"It was apocalyptic," said 64-year-old non-fiction writer Shinichi Sano, as he recalled the nightmarish reality he witnessed in the Tohoku region after the Great East Japan Earthquake and tsunami. "I realized that the scene spread out before me would probably continue to appear in my dreams until I die."


 ベルギー生まれのデルボー(1897~1994年)は、シュールレアリスム(超現実主義)の代表的画家。静寂の中に、幻想的な世界を表現する。大震災の発生から9日後の3月20日、岩手県の陸前高田市街で“それ”を見た。
What Sano saw on March 20 after he arrived in the Iwate Prefecture city of Rikuzentakata -- nine days after a massive quake hit off the coast of northeastern Japan -- seemed to him to come straight out of a painting by the Belgian-born surrealist painter Paul Delvaux.


 「津波が奪い去った無人の廃虚を、恐ろしいほど明るい満月が照らしていたんです。恐怖と怪奇、あるいは夢幻。濁流にのまれて絶命した人々も、末期に同じ光景を目にしたかもしれない。私は生きて見ている」。そう思ったら、体に震えがきたという。
"A terrifyingly bright full moon bathed the deserted ruins that remained after tsunami wiped everything out. I felt dread, terror, and perhaps a sort of dreaminess. It may have been the same thing that people who were swallowed by the waves saw before their lives ended. And I'm alive." The thought had made him tremble, Sano said.


 「被災者が『失った』言葉を、その沈黙を、どうやって伝えるか」。メディアからの2次情報でなく、自ら体感し取材した事実を丹念に積み上げるのがノンフィクション。事故や災害の現場には、常に「生の声にかさぶたができる前」に駆け付けた。昨年初めに受けた大手術後の体調を懸念し出発こそ遅れたが、今回も三陸沿岸を走り回った。
Sano is concerned with giving voices to the victims who have lost theirs. "How do I communicate their silence?" he asks himself. Because of his conviction that non-fiction is created not through second-hand information, but by the careful accumulation of first-hand experiences, Sano has always rushed to the scene of accidents and disasters to hear fresh voices before they began to "scab over." He was not as swift in leaving for the disaster area this spring due to health concerns following a major operation last year, but he eventually made it to the Sanriku coast. What he witnessed he recorded in his latest book, "Tsunami to genpatsu" (Tsunami and the Nuclear Power Plant).


 実は、地震直後に<略奪一つ行われなかった日本人のつつましさも、誇りをもって未来に伝えよう>との文章を在京紙に寄せている。現地入りする前のこと。東京ではそんな「美談」が報じられ、海外でも、絶賛評が続いていた。
"Let us pass down to future generations the modesty of the Japanese people, who did not plunder (in the face of disaster)," Sano had written in a Tokyo-based newspaper soon after the quake. This had been before he had gone to the disaster area himself. It was the kind of heartwarming stories that made the rounds in Tokyo, and won praise for Japan around the world.
(当ブログの関係記事世界から見た日本人


 「ところが、実は行われていたんです。複雑な気持ちになりました」。自警団が夜間パトロールをしていたという。「大災害は、人間の崇高さと同時に醜悪さもあぶり出すんです。その現実から目を背けてはいけない」
"But there actually was looting," Sano said. "I experienced a mix of emotions." He added that vigilante groups were patrolling neighborhoods at night. "Major disasters reveal both human beings' virtue and monstrosity. We can't look away from that reality."


 一方で、佐野さんは「傷ついた人が前を向くのはたやすいことではない」と憂える。岩手県宮古市の定置網業の社長(57)は朝から酒浸りで「日本の漁業は全滅した」とむせび泣いていた。6隻持っていた船の5隻を流され、ろれつの回らない声で、「船さえあれば」と訴えたという。
Still, Sano knows full well it's not easy for people who have been hurt to go forward. While in Tohoku, Sano met a 57-year-old president of a fixed-net fishing business in Miyako, Iwate Prefecture, who drank all day, sobbing and lamenting the "death of the Japanese fishing industry." The fisherman, who'd lost five of his six boats to the tsunami, had slurred: "If only I had my boats."


 「ところが東京都知事が『天罰』と発言してみたり、『がんばろう』では済まないのに、テレビではエラソーな評論家がもっともらしい顔で空疎なコメントを繰り返す」。そのコメントで妙に納得してしまう。  「日本人のすべてが彼らの身の上を思いやれるか、その想像力を問うているのが今回の震災なんです」。
"Meanwhile, the governor of Tokyo was talking about (the disaster) being 'divine punishment,' and the slogan 'let's hang in there!' was thrown around unhelpfully. Critics on television repeated hollow words as they acted like they knew what they were talking about.

「日本人のすべてが彼らの身の上を思いやれるか、その想像力を問うているのが今回の震災なんです」。
"The latest quake disaster is a test of the Japanese people's ability to be truly concerned for others' circumstances, and whether they have the imagination to do so."


想像力が欠如しているとすれば--。「それこそ、精神のがれきですよね。国会を見てください」
"We have spiritual rubble on our hands," Sano answered. "Just look at the Diet."


 千葉県にある自宅の2階。本に埋もれた仕事場で、椅子に座った佐野さんがこちらを見つめている。最も嫌うのが「日本は一つ」キャンペーンだという。
As Sano sat in a room overflowing with books on the second floor of his home in Chiba Prefecture, he said that the post-quake slogan that he detested the most was "Nihon wa hitotsu (Japan is one)."


 「冗談じゃない。日本って一つじゃなかったんですよ。福島県の原発は東京のため、中央のため。(沖縄の米軍)普天間飛行場と同じ植民地が福島にあった現実が、あらわになったんです」。"What a joke. Japan hadn't been one to begin with. The nuclear power plant in Fukushima was for Tokyo, for the central government. It just became evident that there was a colony in Fukushima, just like Futenma Air Base (in Okinawa, of the U.S. Marine Corps)."


原発から送られてくる電力で築かれた繁栄。安全でクリーンだと言いくるめられてきた私たち。そして、取り返しのつかない事故が起きた。しかしそれで国と電力会社に八つ当たりするのは短絡的だという。
The prosperity we enjoyed was made possible through the energy sent to us from the power plants. We'd been talked into believing that this energy was clean. And now an irreversible disaster has taken place. Still, Sano warns that taking all our anger out on the government and the utilities is too simplistic a response.


1457_23183_web_8column.jpg
Photo by AP


 「原発労働には歌がないんです」。同じエネルギーでも炭鉱労働には歌があったし、娯楽映画もできた。漁師も、板子一枚、下は地獄といわれる危険な仕事だが、「でも、誇りもあったんです。俺が女房、子どもを支えていると。単なる金稼ぎではないんです」
"There are no songs for people who work at nuclear power plants," Sano said. Coal miners -- despite their labor being used to generate energy in the same way as nuclear power stations -- had songs they worked to. Despite fishing being described as a dangerous job where "death lies below just one plank," Sano said fishermen "had pride for their work. Pride that they were supporting their wives and children. It wasn't just about the money."


 それまで体をいたわるように静かだった語り口が、急に熱を帯びてきた。「しかし、原発で働く人たちは、作業をすればするほど放射線を浴びる。そして最後に捨てられる。体を張るというより、ある意味、体を売っている。原発に支えられた繁栄の前に原発労働者を踏み台にしての繁栄だったんですよ。私たちは、その事実にあまりに鈍感過ぎた。原発が日本にできて40年以上もたつのに気づいてこなかった。想像力の欠如。罪深いことですよ
Suddenly, the tone of Sano's voice shifted, growing more passionate. "With people working at nuclear power plants, the more they work, the more they're exposed to radiation. And in the end, they're abandoned. It's not so much that they're getting paid for physical labor, but more that they're selling their bodies. Before we could attribute our prosperity to nuclear power plants, we were using people as stepping stones. And we were too insensitive to that fact," Sano said. "It's been over 40 years since nuclear power plants were built in Japan, and we hadn't noticed. This comes from a lack of imagination. It's a grave sin."


1457_23182_web_8column.jpg
Photo by AP


 今こうしている間も、原発では約3000人が被ばくの恐怖と闘いながら復旧作業に努めている。
Even now, some 3,000 people are working -- in fear of radiation exposure -- to get the stricken Fukushima plant under control.


 佐野さんが埼玉県加須市の避難所で聞いた被災者の話では、原発付近に住む人々は、江戸時代の「天保の飢饉(ききん)」の際に失われた労働力を補うために相馬藩が全国から集めた農業移住者の子孫だったという。
According to what Sano heard from those who'd evacuated from Fukushima to the Saitama Prefecture city of Kazo, residents living near the troubled plant were descended from farmers who'd been gathered from around the country by the then Soma domain to provide manpower that had been lost in the Great Tenpo Famine of the 1830s.


 「なのに今、古里を追われ散り散りになっている……。私は阪神大震災の翌日、神戸市に入ったんです。火のくすぶる焼け跡で、焦土をふるいにかける夫婦がいましてね。近寄ってのぞいたら、中に白っぽいものが見えたんです。我が子の骨を探していたんですよ。三陸や福島では、それすらできない」
"And now they've been forced out of their homes. ... The day after the (1995) Great Hanshin Earthquake, I went to Kobe. There was a couple sifting through the scorched earth as ash smoldered around them. I moved closer and saw something white," Sano said. "They were looking for the bones of their child. In the Sanriku region and Fukushima, people can't even do that."


 今取り組んでいる作品は、ソフトバンク社長、孫正義さんの人生記だ。以前から取材を続けていたという。「震災の後に何をしていたか尋ねたら、彼は、ずっとテレビを見ていたと言うんです。Sano is now working on a biography of Masayoshi Son, the president and CEO of major telecommunications company Softbank Corp. Sano had been following Son since before the March 11 disasters.


三陸の海岸で赤い服を着た女の子が、海に向かってお母さんと叫んでいる姿が映って、思わず泣いてしまったと。その時どう思ったかと重ねて聞くと『自分は非力だ』って3回も繰り返したんですよ。本当なら、そういう言葉って政治家の口から出てくるものだと思うんですけどね」
"When I asked him what he did in the days following the quake disaster, he said he just watched television. And that he'd seen a girl dressed in red calling for her mother on the Sanriku coast, and that he'd cried in spite of himself. I asked him what he thought at that moment, and he repeated, three times: 'I'm powerless.' I think those are the kinds of words that we'd usually hear from politicians."


 孫さんは福島県の避難所を訪ねて、子ども1000人に佐賀県への一時避難を勧め、すべての移動費は自身のポケットマネーから払うと申し出たそうだ。
Son visited evacuation centers in Fukushima, offering to provide transportation fees for the temporary evacuation of 1,000 children to Saga Prefecture in Kyushu out of his own pocket.


「表現は悪いが彼は一介の携帯電話屋ですよ。しかも言葉だけでなく、行動した。逆に言えば、日本のリーダー不在が露呈したんです。菅直人前首相も失言で辞任した閣僚も、民主党も自民党も公明党も、空疎な時間の浪費を続けている」。国会の関心は、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)に移っているようだ。
"Maybe this isn't the best way to describe him, but Son's just a cell phone seller. And here he was, not merely saying he would do something, but actually taking action. Meanwhile, it became clear that Japan lacked effective leaders. Former Prime Minister Naoto Kan, the Cabinet members who were ousted for their gaffes, the Democratic Party of Japan, the Liberal Democratic Party and the New Komeito all continue to waste time," Sano said. Indeed, the Diet's attention seems to have shifted to the Trans-Pacific Strategic Economic Partnership (TPP).


 「私たちが、言葉をいかにつむいで行動していくか。政治家や他人の言葉に左右をされず、想像力を働かせる。考える訓練が必要です。それがこの震災を乗り越える一つの道だと思うんです。戦後の日本は若く勢いがあって復興を果たしたけれど、今は高齢化が進んでいる。一人一人が精神のがれきを洗い流さないと、今回ばかりはちょっと難しいかもしれない」
"Everything rests on how we weave our words together, and how we decide to act. We must use our imagination without being swayed by the words of politicians and others. We need to train ourselves to think. I think that's one way to overcome the quake disaster. Post-war Japan was able to rebuild because it was young and had momentum. Today, we have an aging population. Unless every single one of us washes away the rubble strewn about our spirits, we might not be able to triumph over the challenges we face this time."


 精神のがれきを洗い流す……ひょっとしたら、それは被災地のがれきを取りのぞくことよりも、難しいのかもしれない。
Washing our spirits of rubble may actually be a lot harder than clearing the disaster areas of physical rubble.


 被災地に厳しい寒さがやってくる。【根本太一】
(By Taichi Nemoto, Evening Edition Department)





行方不明の家族の遺体を捜しに行く事もできず、

何ヶ月もたってから、やっと短時間自宅にもどれるようになり、

思い出の写真だけでも持っていこうとしたら、放射能汚染がひどく、

何度も、何度も洗って・・・


どんなにつらいだろう。


自分の精神の瓦礫に気づいた人は、今までになく、沢山いるような気がします。

あとは、洗い流す勇気を!


関連記事

これからの地球を託して

 2011-11-26
世界中が今、いろいろな形で揺れているような気がします。

とても不安定で、不透明で・・・


これからの未来を担っていく若い人たちは、

私たちの希望の一つでしょう。



以下、Picture3_20111109000213.jpg より。


Sunday, Nov. 27, 2011

OUR PLANET EARTH
私たちの星、地球

Demand change: an open letter to Japan's rising generations
チェンジを求む:日本のこれからの世代の人へ



By STEPHEN HESSE


If you're like my 17-year-old, then you probably already know just about everything there is to know, and reading this column you'll likely just say: "Yeah, right, whatever," or "So?"
もしあなたが私の17歳の子供だったら、おそらく、既に、知るべきことは全部知っていて、このコラムを読んだらきっとこんな風に言うだけでしょう。「あぁ、そのとおり。どうでもいいけど」とか、「だから?」と。


But if you have a few minutes, younger readers especially, please bear with me.
しかし、もし数分でも時間があったら、特に若い読者諸君、ちょっと辛抱してください。


As a father, professor and environment journalist, I am seriously concerned about our use and abuse of our planet Earth, soon to be your planet Earth.
父親として、教授として、環境ジャーナリストとして、真剣に私たちの星、もうすぐそれは「あなたたちの」星、地球の利用、乱用について心配しているのです。


Picture1_20111128080835.jpg
Photo from Vermont Law School


With the human population growing, marine resources dwindling and every inch of our planet touched by human-made chemicals and waste, I'm less than optimistic about the state of the world you will soon inherit.
人間の人口の増加と共に、海の資源は減少し、私たちの星が、人間によって作られた化学物質とゴミで1インチ汚されるたびに、あなたたちがまもなく受け継いでいく世界の状態について、楽観的でいられなくなるのです。


From a different perspective, however, we can say that your generation is facing the most exciting challenges of any generation in history. We are on the cusp of dramatic changes environmentally, politically, socially and economically, with the effects of climate change multiplying, the Arab Spring phenomenon and Occupy Wall Street protests gaining traction, and developing nations rushing headlong forward while developed countries grind to a crawl.
しかしながら、異なる観点から見れば、あなたたちの世代が、歴史上において、どの世代よりも、気持ちを最も奮起させるような挑戦に直面しているといえます。私たちは、劇的な環境的、政治的、社会的、経済的変化、気候の激変、アラブ諸国の春(民主主義)の訪れ現象、牽引力を得たウォールストリートの抗議者たちや、先進国が、ゆっくりとギシギシ音をたてている一方で、発展途上国がまっしぐらに勢いよく前進しているというような、そんな変化の尖端にあります。


In your lifetime, you have a chance to recalibrate the way we do things on this planet: to create a society that prioritizes justice, human rights and the quality of human life; to harness safe energy for all; and to introduce global, sustainable resource use.
あなたたちの生涯においては、私たちがこの星にしてきたやり方を調整しなおすチャンスがあります。正義、人権、人生の質、を優先させる社会をつくるために。全てのものにとって安全なエネルギーを利用し、地球規模の、環境にやさしい資源の利用を導入するために。


Of course, there is a distinct possibility that we will fail to deal with such pressing issues as shrinking fresh-water supplies, loss of critical biological diversity and the effects of climate change feeding back upon itself. Then all hell will break loose.
もちろん、新鮮な水の供給の減少、重要な生物的多様性の喪失、そして、気候変化の影響は、気候そのままに影響するというような、差し迫った問題の取り扱いに失敗する、という可能性が明らかにあります。そして全ての悪魔が解き放されるでしょう。


To help you visualize how quickly things are changing, take a look at the website Worldometers (www.worldometers.info).
どのくらい物事が変わっているか、目で確かめるのに、このウェブサイトをみるとよくわかります。
www.worldometers.info


Seeing the numbers click over faster than a high-speed gasoline pump, births and deaths, expenditure on military, CO2 emissions in tons, and energy use from non-renewable sources ? to name a few ? helps make stunningly clear how much and how fast your world is transforming, and in many ways not for the better.
誕生と死、軍事経費、二酸化炭素放出量(トン)、再利用可能資源以外-数種が載せられていますが-から使われたエネルギーなどの数字が、ガソリンメーターよりも早く動くのを見ると、どれだけ沢山、どれだけ早く世界が変貌しているのかが、そして、多くの場合、それが良い方向にではなく変貌しているのかが、驚くほどはっきりと分かるのです。


Humans have never faced so many challenges and the stakes have never been higher: Human society and our planet as we know them are on the line.
人類は、こんなにも多くのチャレンジに直面したことはなく、賭け金がこんなに高かったことはありません。人類と私たちの星は、ご存知のように、危険に曝されているのです。


The good news is that solutions are as endless as human creativity. The bad news is that the problems are global and they are entrenched in our systems of governance and business. And the clock is ticking.
良いニュースはといえば、その解決方法が、人間の創造力と同じくらい無限だということです。悪いニュースは、問題が世界規模で、管理と事業のシステムの中にこり固まっているということです。そして、時は常に刻んでいます。


So, on a recent splendid day of blue skies and fiery foliage, I asked fellow educators in Japan who share some of my optimism regarding this country's university students for words of encouragement to share with the next generation of planet-keepers.
なので、最近の、青空と燃えるような紅葉のすばらしい日に、私は、私と同様に楽観的な見解を持つ日本の教育者仲間に、この国の大学生と、地球を守る次の世代と共有する励ましの言葉について尋ねたのです。


No doubt you will disagree with some of my and their thoughts, but don't dismiss us completely. We have decades of experience teaching in Japan and perhaps even taught your parents ? though we don't take responsibility for how they turned out!
私と彼らのいくつかの考えについて同意できないのは、疑いありません。しかし、私たちを完全に退けないでください。私たちは、日本で何十年も教鞭を振るった経験があり、おそらく、あなたたちの両親さえ、教えたかもしれません。彼らがどのようになったかについての責任は持ちませんが!


One of my colleagues, a professor from the Chuo University Law School, offers advice for students who are job-hunting or trying to decide what to do with their lives.
私の同僚のうちの一人、中央大学法学部の教授は、仕事を探したり、人生で何をするべきかを決断しようとしている学生に助言を申し出ています。


"The first step is not the last step. Setting goals is worthwhile, but ambitious goals are rarely achieved all at once. This applies to careers as well as social movements. What's important is to keep at it, to scan the surroundings for opportune moments and to be ready when the time is right," he suggests.
「最初の一歩は、最後の一歩ではない。目標を定めるのは価値があるけれど、大望の目標というのは、一度で達成できることはほとんどない。それは、仕事にも、社会変化にも言えることである。重要なのは、根気強くやり、好機を捉えるため周囲をじっくり見て、そのときが来るのに備えることなのだ。」と言います。


From Sophia University, a professor urges young people to take action in the face of discouragement.
ソフィア大学の教授は、落胆に負けずに、行動をとることを力説します。


"Sometimes a bleak situation can motivate you to act in ways you would not have the courage to do in good times. Today, with a bad job market and disconnected politicians, it is time for young people to act up, to speak out, to protest injustice, to dance in the streets and to sing at the top of your lungs. You have nothing to lose and everything to gain," he explains.
「時に暗い状況が、うまくいっている時にはもてないであろう勇気で、行動へと刺激させることがあるのです。今日、雇用市場が悪く、政治家はまとまりがない中で、若者は、暴れまくり、声を上げ、不当を抗議し、道端で踊り、声の限り歌う時なのです。あなたたちには、失うものなど何もなく、全ては獲得するものなのです。」と説きます。


A long-time friend and professor at Japan Women's University sent me two quotes from the Buddha focusing on the spiritual aspects of one's personal growth and life work, and explained why she chose them.
長年の友であり、日本女子大学の教授は、人の成長と人生の業の精神的な局面に焦点を当てた仏陀の言葉から2つの引用を送ってくれました。そして、なぜ彼女がそれらを選んだのか説明してくれました。


The first quote is: "Thousands of candles can be lit from a single candle and the life of the candle will not be shortened. Happiness never decreases by being shared."
最初の引用は、「1つのろうそくから、何千ものろうそくを灯すことができるのです。ろうそくの命は短くなることはありません。共有することで幸福は決して減ることはないのです。」


"You've probably wondered at times how much difference you can really make, but there's so much that can be achieved through the efforts of one person," she notes. "It's easy to get into a mind-set where you feel that if you help others, your own energy and happiness will be depleted. But it actually works the opposite way!"
「あなたはおそらく幾度か、自分が実際にどれだけ変えることができるのかについて考えたことでしょう。しかし、一人の人の努力を通して、ものすごく多くのことが達成できるのです。」と彼女は書いています。「人は、もし誰かを助けたら、自分のエネルギーと幸福を使い尽くしてしまうという考えに簡単に陥りがちです。しかし実際には、全く正反対に作用するのです。」

The second quote: "Your work is to discover your world and then with all your heart give yourself to it."
2番目の引用は、「あなたがやるべきことは、自分の世界を発見し、心からそのことに尽くすということです。」


"I've included the second quotation," she explains, "because it's so important to devote yourself heart and soul to what you feel passionate about. This is how we can bring the greatest benefit to ourselves and society."
「2番目の引用を含めたのは、自分自身の心と魂を、自分が情熱を感じられるものにささげることがとても重要だからです。」と彼女は説明します。「そうすることで、自分自身と社会に最大の利益をもたらすことができるのです。」

An environmental educator in Kyoto focuses on the issue of production and waste.
京都の環境教育者は、生産と廃棄物の問題について焦点を当てます。


"For a sustainable future, it is time to 'look back and move forward' to the old adage 'waste not, want not,' and to show that truly advanced countries can use their wealth and know-how to develop technologies that reuse everything. Then, like in the rest of nature, waste will once again become a resource in a closed-loop cycle, giving sustenance to the future."
「持続可能な将来のために、「振り返り、前に進む」、古い格言の「無駄をしなければ、なくならない」に向かう時なのです。真に進んでいる国というものが、その富みを使い、全てを再利用する技術を開発するノウハウを構築するのだ、ということを世に示すのです。そうすれば、他の自然界のように、廃棄物が、もう一度、途切れのない円の中で再び資源となり、将来に向けて生活維持が可能になるのです。


Another educator from Kansai focused on the Internet's potential for political change.
関西の他の教育者は、政治を変えるのに、インターネットの可能性に焦点を当てています。


" 'The System' has always been that the rich give lots of money to politicians and tell them what to say and do. Once in a while we can replace these politicians with new politicians who perpetuate this false democracy. But now we have Internet democracy. Millions of people uniting every day can make politicians think and act for ecological sustainability, instead of unsustainable economic 'growth'. "
「世の中の仕組みは、いつもお金持ちが政治家に沢山献金し、彼らに何を言い、何をするのかを告げているのです。たまに、これらの政治家を、間違った民主主義を永続させる新しい政治家と置き換えたりします。しかし今、私たちには、インターネットデモクラシーがあります。何百万もの人々が、毎日繋がり、持続不可能な経済「成長」ではなく、生態上(環境にやさしい)持続可能な行動について、政治家たちに考えさせることができるのです。」


Finally, a colleague at Aoyama Gakuin University who teaches environmental politics sent several quotes that inspire him.
最後に、環境政治を教えている青山学院大学の同僚が送ってきた、彼自信を感動させたいくつかの引用です。


"First they ignore you, then they laugh at you, then they fight you, then you win." (Often attributed to non-violent peace activist Mahatma Gandhi [1869-1948].)
「まず、人はあなたを無視するでしょう。そして人はあなたを笑うでしょう。次に、あなたをおびえさせるでしょう、そしてあなたは勝利するのです。」(非暴力的平和活動かとして知られるマハトマ・ガンディー~1869-1948)


"Idealists foolish enough to throw caution to the winds have advanced humankind and enriched the world." (Lithuanian-American anarchist Emma Goldman [1869-1940].)
警告をかなぐり捨てるほどにばかげた理想主義者たちは、人類を前進させ、世界を豊かにするのです。」(リトアニア系アメリカ人アナキスト、エマ・ゴールドマン~1869-1940)


And another he sent that is an old favorite of mine from Gandhi: "You must be the change you want to see in the world."
そして彼が送ってきたもう一つのものは、ガンディーのものでした。「あなたは、自分の目指す世界への変革でなければなりません。」


Which brings me to some suggestions of my own.
それは、わたし自身の提案へと導くものです。


First and foremost, demand change. Political, social and economic changes are all urgently needed, and all are inherently part of conserving the global environment. You might not get what you demand, but you certainly won't get what you don't ask for.
何よりもまず、変化を求めます。政治的、社会的、経済的変化は、全て緊急に必要とされていて、全ては本来、地球の環境を保護するという事の一部なのです。あなたが求めるものを得られないかも知れません。しかし、あなたが求めなければ、絶対に得る事はないのです。



Second, stay informed. The great British war leader Winston Churchill (1874-1965) once stated, "It has been said that democracy is the worst form of government except all the others that have been tried." However, he also wryly noted, "The best argument against democracy is a five-minute conversation with the average voter." So don't be that average voter, because what you don't know can hurt you. Imagine what Tepco (operator of the crippled Fukushima No. 1 nuclear power plant) and the government would never have told us if the media and civil society had not asked questions, again and again, and demanded answers.
次に、常に情報を追っていなさい。偉大なるイギリスの戦争の先導者であるウィンストン・チャーチル(1874-1965)はかつて述べました。「今まで試してきた他のものを除き、民主主義というものは、政権の最悪の形態である。」と。しかしながら、彼はまた、顔をしからめて指摘しました。「民主主義に対する最良の議論は、平均的な有権者との5分間の会話である。」と。なので、そんな平均的な有権者になってはいけません。あなたが知らないことは、あなたを傷つけるのです。メディアや民間社会が、何度も何度も答えを求めて問いかけなければ、東電や政府は私たちに決して話すことはなかったでしょう。


Of course, average is fine, but don't be average if it means being ignorant. Demand transparency and accountability in politics, in your universities and companies. Olympus might still have a rosy future if someone had demanded these things years ago.
もちろん、平均でもよいです。しかし、無知であるという意味での平均はいけません。政治、あなたの大学、会社における透明性と説明責任を要求しなさい。誰かが何年も前にこれらのことをオリンパス社に要求してたら、彼らにはまだ、ばら色の未来があったかもしれないのです。


And when your politicians, universities and companies do wrong, be indignant, especially about injustice. Demand justice, demand equality — and demand fairness.
あなた方の政治家、大学、会社が間違ったことをしていたら、憤慨しなさい。特に不正については。正義を要求するのです。平等を要求するのです。そして、公平を要求するのです。


Finally, don't be afraid to take chances. One of the greatest obstacles to positive change is fear of the unknown; fear that what happens next may be worse than what we have. The world is changing environmentally, socially, politically and economically, and society must change to respond. Yesterday's solutions are, by definition, out of date.
そしていちかばちかやってみることを怖れてはいけません。前向きの変化に対する最大の障害は、定かでないことへの恐怖です。次に起こることが今よりも悪くなるかもしれない、という恐怖です。世界は、環境的に、社会的に、政治的に、そして経済的に常に変化しています。社会はその変化に応えなければなりません。昨日の解決法は、定義上は、時代遅れ、なのです。


Of course, change simply for the sake of change can be wasteful, but I can't count how many times I've heard decision-makers in Japan insist that something should not be done because it has never been done before. Solutions come in myriad forms, from purebred to hybrid, so if something has never been done before, that may be one of the best reasons to give it a try.
もちろん、単に変化のために起こす変化というのは浪費になりかねません。しかし、今まで一度もしたことがないから、そのようなことはなされるべきではない、と主張する日本の意志決定者たちは、数え切れません。解決法というものは、無限の形であるのです。純血から混血まで。つまり、何かが前になされたことがないのなら、それが試してみるべき最良の理由の1つかもしれない、ということです。


The truth is, human society needs change and needs it desperately. Most of us will not find a cure for disease or invent a pollution-free energy system, but we all contribute to society and our planet, for better or worse. So, be someone who contributes for the better.
真実は、人間の社会に変化が必要で、それが絶望的なくらいに必要だということです。私たちのほとんどは、病気の治療法を見出せないし、汚染を引き起こさないエネルギーシステムを発明しないでしょう。しかし、私たちは皆、社会に、私たちの星に、よくも悪くも、貢献しているのです。


No matter what you do with your life, however large or small your contribution to society, begin by acting for those around you: your family, your neighbors, your fellow students, your workmates, your community. You might not be the next Bill Gates or Mahatma Gandhi, but the ripples from your good works and kindness will spread — and carry you with them.
私たちが自分の人生で何をしようと、社会へのあなたの貢献がどんなに大きかろうが、小さかろうが、あなたの周りの世界、家族、近所、学校の友人、同僚、地域社会、のために行動することから始めなさい。あなたは、次のビル・ゲートやマハトマ・ガンディーではないかしれませんが、あなたの良い仕事や、やさしさからのさざなみは、広がるのです。そして、人々の中に留まるのです。


Stephen Hesse is a professor in the law faculty of Chuo University and director of the Chuo International Center. He can be contacted at stevehesse@hotmail.com.





このような、気持ちを掻き立てられるような言葉は、カナダでは、小学校の頃から常に耳にする機会に恵まれている気がします。


10月に、ラビ君も学校行事の一環として、「WE DAY]というイベントに参加してきました。


321.jpg


若いときから、自分が起こす行動で、世の中に変化をもたらすことができるのだ、と


325.jpg



世の中で起きていることを「知る」ことの大切さと、


「行動」に移すことの大切さを、


いつも、いろいろなところで、いろいろな形で学んでいます。





0.33
今日。あなたたちは、社会運動に繋がります。今日、あなたたちは、世界と繋がります。

0.50
あなたたちは、私が、私の一生涯を通して待っていた、ジェネレーションです。

0.58
今日という日は、私たちが世界に変化をもたらすことができる、と知る日です。

1.03
この世界は、私たちの世界。希望を持って。生きて。

2.17
WE DAYは1日だけのイベント以上のものです。そして、長期の真剣な行動のシリーズを開始するものです。よりよい私たちのグローバル社会のために。そして私たちは、今日、その約束をするのです。

2.04
今日、決断しましょう。今すぐ。そしてあなたたちは、自分の人生を導くのです。情熱に満ちた人生を。

2.23
WE DAYはよりよい世の中をつくるために奮闘する、という日で、それは、行動に移す「TAKE ACTION」ということなのです。

2.42
あなたが何歳であろうと、どんなに若かろうが、ただそこに行き、そのままのあなたで、誰かのために世界を変えるのです。

3.00
あなたたちは、お互いの希望なのです。

3.09
「WE DAYは、とても楽しくて、勉強になりました。」
「今までで、最高の野外授業でした、」
「正直、WE DAYは、私の人生を変えました。」


This is a power of WE!





受験勉強より大事な事がありませんか?

若いときに、人生が変わったと感じる経験をしていますか?



私は、今回の一連の大災害が、

日本の若者の心の中にも、変化を与え、

温かく、力強い心のエネルギーが満ちてきた、と感じています。




関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック