スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島~真実のための戦い (後編)

 2011-09-30
引き続き、The Centre for Research on Globalisation (CRG)の記事です。


topbanner.jpg



Fukushima and the Battle for Truth

by Paul Zimmerman
Global Research, September 27, 2011

26798.jpg


It is urgent that this initiative commence immediately. Data must be captured while it is remains untainted. Of particular importance is the securing of pre-accident health statistics for the population of Japan. Rates for various pregnancy outcomes; the frequency of different types of birth defects; the incidence of thyroid diseases, heart diseases, cancers and so forth, all must be cataloged. There is good reason why this baseline data need be preserved. The history of radiation accidents is littered with examples of the outright falsification of data that has prevented an honest evaluation of the effects of low levels of internal contamination on human health.
この構想は、緊急で、直ちに始められなければなりません。データは汚染されていないうちに取られなければならないのです。特に重要なのは、日本人の事故以前の健康状態の統計を確保することです。様々な妊娠の結果、胎児・新生児の異常の頻度と異なるタイプ、甲状腺疾患、心臓疾患、癌などの事例、全てが列挙されなければなりません。これらの基盤となるデータが保存される必要があるのには理由があります。放射能事故の歴史には、人間の健康に与える低レベルの内部被曝の影響を正直に査定するのを防ぐための徹底的な偽造のデータの事例が散在しているのです。


For instance, evidence exists that morbidity and mortality data published by the U.S. Government’s Public Health Service was altered in the wake of radiation releases from nuclear weapon production facilities and commercial nuclear power plants so as to hide cancer deaths in the population. The accident at Three Mile Island, persistently painted by government and industry spokesmen as a benign event, in fact produced illness and death among humans and farm animals downwind.
例えば、アメリカ公衆衛生局から出版された病気や病死のデータがあったのですが、核兵器製造施設と商業用原子力発電所から放射能漏れがあった後、国民の癌による死を隠蔽するために改ざんされてしまったのです。スリーマイル島での事故では、政府と、業界のスポークスマンにより、大したことのない出来事だったと執拗に表現されましたが、実際に風下にいた人間と家畜の間では病気と死がもたらされたのです。


After the accident at Chernobyl, hundreds of thousands of so-called “liquidators” participated in cleanup operations in close proximity to the destroyed reactor and also built a concrete sarcophagus around the reactor building to entomb the radiation. According to the European Committee on Radiation Risk (ECRR), in subsequent years this population was reported as having a lower rate of leukemia than the general population. Only later did it come to light that Soviet doctors were forbidden from recording leukemia in their diagnoses. The Wales Cancer Registry was cited by the ECRR as excising cases of cancer from its database so as to prevent the Sellafield nuclear fuel reprocessing facility in the U.K. from being blamed for causing illness to the population. Also mentioned by ECRR was the alteration of infant mortality figures in Germany after Chernobyl so as to mask the impact of the accident on public health.
チェルノブイリの事故後、「リクビダートル」と呼ばれる何百、何千人もの人々が、破壊された原子炉のすぐ近くで、除染オペレーションに携わり、放射能を埋葬するために原子炉の建物の周りをコンクリートで囲む「サルコファガス」(石棺)を建設したのです。欧州放射線リスク委員会(ECRR)によれば、それから何年もの間、リクビダートルの白血病発症率が、一般人よりも低いと報告されました。後になってやっと、ソビエトの医者が、彼らを白血病だと診断書に記録するのをのを禁じられていたと言うことが明るみになったのです。ウェールズ癌記録簿は、イギリスのセラフィールド核燃料再処理工場が人々の病気の原因となると責められるのを免れるため、データベースから癌の事例を削除したとして、ECRRにより例証されました。ECRRはまた、チェルノブイリ後のドイツの乳児の病死の数が、人々の健康が事故によって影響を受けたと言うことを隠すために改ざんされたと述べています。


Mischief has not been confined to falsifying health records. In 1957, a fire broke out in the graphite reactor at Windscale, England on the site now occupied by the Sellafield facility. The amount of radiation released and the incidence of cancer induced in the population of Ireland has remained fiercely contentious issues. According to the ECRR, at some point after the fire, meteorological records were altered “with the apparent motive of concealing the likely location of any effects”. Similarly, the Monju prototype fast-breeder reactor in Tsuruga, Japan suffered a devastating fire in 1995. Prefecture and city officials found that the operator had tampered with video images of the fire to hide the scale of the disaster.
悪事は健康に関する記録を偽造するにとどまりませんでした。1957年に、今ではセラビード社によって所有されている、イギリスのWindscaleの黒鉛の原子炉に火事がありました。放出された放射能の量と、アイルランドの人々に身に起こることになった癌の事例は、いまも猛烈な論争を起こしています。ECRRによると、火事の後、ある時点で、「何らかの影響が出そうな地区を隠そうとする明らかな意思によって」、気象記録が改ざんされたとの事です。同様に、日本の敦賀にある、もんじゅ高速増殖炉が、1995年の衝撃的な火事に苦悩しました。県や市の職員は、災害の規模を隠すために、経営者側が火事の映像に手を加えたことを突き止めました。


If an accurate documentation of the health consequences of Fukushima is to succeed, one condition is paramount: the project MUST retain its independence from the international agencies that currently dominate the discussion of radiation effects. The tacit mandate of these organizations is to support nuclear weapons programs and the nuclear industry, and they do so by publishing fraudulent scientific studies that downplay the hazards to health of radioactive material released into the environment.
人々の健康にもたらした結果についての正確な文書作成を成功させるためには、1つの条件が最重要です。このプロジェクトが、現在放射能の影響についての審議を支配している国際的エージェンシーからの独立性を保つことです。これらの組織の暗黙の使命は、核兵器プログラムと原子力発電を支援することにあり、それは、環境に放出された放射性物質の健康に与える危害を控えめに扱う不正科学研究を出版することで果たされているのです。


For example, the World Health Organization (WHO), the International Atomic Energy Agency (IAEA), the United Nations Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation (UNSCEAR) and other UN organizations jointly published Chernobyl’s Legacy: Health, Environmental and Socio-economic Impacts.
たとえば、WHO、IAEA、国連原子放射能科学委員会や、「チェルノブイリの遺産―
健康、環境、社会経済的影響」を共同出版した国連の組織です。


This study is routinely cited as proof that Chernobyl had little impact on public health. It concluded that only twenty-eight first responders died from acute radiation syndrome and 4,000 children developed thyroid cancer, fifteen of whom died by 2002. In addition, it estimated that an additional 4,000 fatal cancers might arise in the overall population. This sanitized version of the catastrophe was reached by the devious method of consulting only 350 sources of information, mostly published in English, while ignoring 30,000 publications and 170,000 sources of information available in languages other than English [8]. A summary of this large body of literature, published as Chernobyl: Consequences of the Catastrophe for People and Nature, concluded that radiation-induced casualties approached 980,000.
この研究は、チェルノブイリが人々の健康にほとんど影響を与えなかった証拠として、いつものように引用しているのです。事故当初に事故の対応をして急性放射能シンドロームで死亡したのは、たったの28人、甲状腺癌にかかった子供は4000人で、その中で2002年までに死亡したのは15人と結論付けています。さらに、これに加えて、全体で4000名の致命的な癌が増えるであろうと予測しています。大惨事を和らげたその報告は、ほとんどが英語で書かれた、たったの350の情報源を考慮に入れるという、常道を外れた方法で達成されたものでした。英語以外の言葉で入手可能だった3万の出版物と、17万の情報源は無視されたのです。チェルノブイリの大惨事が人々に、自然界にもたらした結果として出版された、この大文献の概略は、放射能による死傷者は98万人に上った、と結論を下しました。


To offer a second example, a number of prestigious institutions have published disinformation on the hazards to health of depleted uranium weapons. These include WHO, IAEA, the European Commission, the Royal Society in the U.K., the Agency for Toxic Substances and Disease Registry in the U.S., the Rand Corporation, and the Health Physics Society.
2つ目の例を示しましょう。名声のある数々の機関が使い果たしたウラン兵器からの健康危害について故意の誤報を出版しました。これらの機関は、
世界保健機関
国際原子力機関 
欧州委員会
イギリスの王立協会
アメリカの毒物・疾病登録庁
ランド研究所
保険物理学会
です。


All concluded that weaponized uranium creates no adverse health effects when internalized by soldiers on the battlefield and downwind populations. Justification for this conclusion came from a survey of the scientific literature regarding uranium contamination among workers in the uranium and nuclear industries and populations exposed to elevated levels of uranium in their drinking water. Historically, the only two types of adverse health effects documented among these populations is altered kidney function due to uranium’s chemical toxicity and cancer due to uranium’s radioactivity.
彼らは皆、兵器として使われたウランは、戦場で戦士や風下にいた人々が吸収しても健康に有害な影響はない、と結論しました。この結論の正当性は、ウラン・原子力業界の作業員と飲料水に含まれるウランのレベルの上昇で被曝した人々のウラン汚染についての科学文献の検分から来ていました。歴史的に、これらの人々に与える健康的に有害な影響は、ウランの化学的毒性による肝臓機能の変異と、ウランから発せられる放射能による癌の2つのタイプだけだとされています。


Gulf-War-syndrome.jpg
Photo from Dallas Observer


But studies of veterans suffering from Gulf War Syndrome reveals no evidence of kidney disease. And according to models promulgated by the International Commission on Radiological Protection (ICRP), the radiation dose from battlefield uranium is too low to initiate cancer. The conclusion? Case closed! DU cannot be a factor in the severe suffering of veterans or the increased incidence of cancer and birth defects in Fallujah and other areas of Iraq.
しかし、湾岸戦争シンドロームで苦しんだ退役軍人の研究では、肝臓系の病気を証明するものは何もありません。国際放射線防護委員会(ICRP)によって公表されたモデルによると、戦場のウランからの放射線量はあまりにも低いので、癌を誘発するものではない、とのことです。結末は?ケースクローズ!退役軍人たちが恐ろしく苦しめられたDU(指先の腫瘍)や、ファルージャ(イラク)やイラクの他の地域の出産時の異常の要因ではありえないとされたのです。

digital-ulcer-hand--255x175.jpg


As convincing as the logic of these studies attempt to be, they all suffer from fatal flaws. They all fail to acknowledge that combustion-derived micro- and nano-sized particles of uranium have unique biokinetics when internalized that are not comparable to historical types of uranium exposure, and they quit cleverly fail to take into account the most up-to-date research on the toxicology of uranium.
これらの研究の論理を確信させようとするにつれ、彼らは皆、致命的な欠陥に苦しめられることになるのです。それらは全て、燃焼微分されたの100万分の1、10億分の1のウラン微粒子が吸収されたときに、ウラン被曝の過去のタイプとは比べられないユニークな生物運動性を持つと言う認識に欠けています。そして、なんとも賢く、ウランの毒性についての最も最近のリサーチを考慮に入れることが抜け落ちているのです。


New research conducted since the first Gulf War has demonstrated that uranium is genotoxic (capable of damaging DNA), cytotoxic (poisonous to cells), mutagenic (capable of inducing mutations), teratogenic (capable of interfering with normal embryonic development) and neurotoxic (capable of harming nerve tissue). This research has yet to dislodge the stale mantra that uranium is only capable of causing kidney disease and cancer.
最初の湾岸戦争以来なされた新しいリサーチは、ウランがDNAを損傷させ、細胞に有害で、奇形を誘発することがあり、神経組織に危害があると論証しています。このリサーチはさらに、ウランが、肝臓病と癌だけを引き起こすという、古びたマントラ(経典)を撃退しなければなりません。


Mischief also infects the radiation protection community. The Radiation Effects Research Foundation in Hiroshima conducts ongoing medical research on the health of the survivors of the atomic bombings at the end of WWII. The Life Span Study is the single most important piece of evidence used by the ICRP for setting worldwide guidelines for radiation safety. That radiation safety for all types of exposure and all manner of radiation-induced illnesses relies so heavily on this research is incredibly disturbing because the Life Span Study is deeply and irreparably flawed. Initiated five years after the bombings, after tens of thousands of victims succumbed to unidentified levels of radiation exposure, results are hopelessly skewed in favor of finding radiation less hazardous than it in fact is. Further, the study can provide no meaningful information on the birth outcomes to fetuses exposed in utero.
悪事は、放射能防護分野にも波及しました。広島の放射線影響研究所は第二次世界大戦の終盤から、原子爆弾の生存者の健康についての医学的リサーチを行ってきています。放射能の安全性の世界的ガイドラインを決定するためにICRPが使用した唯一もっとも重要とされた根拠は、寿命についてだけでした。あらゆるタイプの被曝についての安全性や、あらゆる形の放射線が引き起こす病気についての放射能の安全性というものは、あまりにも重くこのリサーチにかかっていたのに、その寿命の研究が深く、取り返しがつかないほど損なわれたために、信じがたいほどに妨害されたのです。


More problematic is the fact that both the study and the control groups were internally contaminated by the black rain that showered down upon the destroyed cities after the blasts. This unacknowledged contamination of the control group hopelessly compromises any meaningful conclusions of the rates of radiation-induced illnesses in the study group. The Life Span Study is plagued by numerous other flaws that raise serious questions as to why it has become the centerpiece of radiation standards.
さらに扱いにくいことは、研究と管理しているグループが、その爆発後に破壊された都市に降り注いだ黒い雨により、内部的に汚されてしまっていると言う事実です。この管理グループの汚染が気づかれていないことで、研究グループ内での放射能が引き起こす病気の割合についての有意義な結論が、どうしようもなく損なわれてしまっているのです。寿命の研究は、その他多くの不備で損なわれ、なぜ、それが放射能の基準を示す目玉となっているのかに大きな疑問を呼ぶのです。


The Japanese have been victimized by nuclear horror more than any other people on Earth. Today they are immersed in an imperceptible tragedy that will slowly but inevitably bring disease and heartbreak to millions. In response to this crime, a rare and courageous opportunity exists. By undertaking a national campaign to honestly document the disaster that is engulfing them, they can lead all of humanity to break through the quagmire of deception and deceit that has allowed nuclear weapons and reactors to flourish. Truth finally has an opportunity to triumph over falsehood. In some small but significant way, this would be fitting repayment for the malevolence of Hiroshima, Nagasaki and Fukushima.
日本は、地球上のほかの誰よりも、核の恐怖の犠牲となってきました。今日、日本人は、何百万人もの人々に、ゆっくりと、しかし避けることのできない病気や悲嘆をもたらす、今は気づかないような悲劇の中に埋もれています。この犯罪に対するために、まれな、勇気のある好機が存在します。彼らを巻き込んだ災害をありのまま記録するという、国を挙げてのキャンペーンを着手することで、核兵器や原子炉の繁栄を許してきた、詐欺や虚偽の泥沼を打ち破る人道活動を導くことができるのです。真実が、ついに偽りに勝利する機会が訪れたのです。そのような小さな、しかし有意義な方法で、この活動が、広島、長崎、福島の悪意に報いることになるでしょう。






今、日本人は、グローバル社会からの大きな期待と、願いと、責任、そして使命を背負っています。

もう。。。

同じことを繰り返したくない。


放射能と共に生きていく誇りある日本人は、

その勇気と、強さと、応用力と、豊かな発想で、

後世に、測り知れないほどの貢献をし、


そして、今を生きているという、

その命を輝かせているのだと、


信じています。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

真の記録を残すために、
放射能防護プロジェクトにどんな些細なことでもメールしましょう!


悲劇の根源を絶つために、
1000万人署名に参加しましょう。

グレートバンクーバーにお住まいの方。

希望があれば、署名を頂きに参ります。

非公開コメントか、メールでご連絡ください



関連記事
スポンサーサイト

福島~真実のための戦い (前編)

 2011-09-28
カナダ、モントリオールが拠点の、人道支援、教養を広めるための福祉活動などを目的に、2001年9.11が起こる2日前の9月9日に設立された、独立したリサーチ、メディアNPO、The Centre for Research on Globalisation (CRG)の記事です。





topbanner.jpg


Fukushima and the Battle for Truth

Large sectors of the Japanese population are accumulating significant levels of internal contamination
広範囲の日本人に相当量蓄積している内部被曝

by Paul Zimmerman
Global Research, September 27, 2011


26798.jpg


Fukushima’s nuclear disaster is a nightmare. Ghostly releases of radioactivity haunt the Japanese countryside. Lives, once safe, are now beset by an ineffable scourge promising vile illness and death.
福島の原発事故は悪夢です。放出された放射能が、日本の田舎の地方を亡霊のようにつきまとっています。かつては安全だった生き物たちが、今では、悲惨な病気と死を約束している、言葉にならないような災難に悩まされているのです。


Large sectors of the population are accumulating significant levels of internal contamination, setting the stage for a public health tragedy.
広範囲にわたる住民が、かなりのレベルの内部被曝を蓄積しています。それは、日本人の健康を悲劇の段階へと導くのです。


A subtle increase in the number of miscarriages and fetal deaths will be the first manifestation that something is amiss. An elevated incidence of birth defects will begin in the Fall and continue into the indefinite future. Thyroid diseases, cardiac diseases and elevated rates of infant and childhood leukemia will follow. Over the next decade and beyond, cancer rates will soar.
最初に現れてくるのは、流産や胎児の死がほんの少し増えるという、何か変だ、という現象でしょう。胎児の障害の事例が増え始めるのは秋でしょう。そして、それはずっと後まで続くのです。甲状腺の病気、心臓の病気、そして、乳幼児、子供の白血病の上昇が後に続きます。10年、そしてもっと先まで、癌の率が急上昇します。


Chernobyl was the harbinger of this heartbreaking scenario. It taught mankind the inescapable biological truths that emerge within populations internally contaminated by heightened levels of fission products. And yet, government and industry schemers attack these truths as unfounded scare-mongering. With cold indifference, they deny that Chernobyl was a mass casualty event. They turn a blind eye to a huge body of research and deviously proclaim that no evidence exists that more than a handful of people suffered harm from the Ukrainian disaster. They publish propaganda, draped in the guise of science, that dismisses the hazard of low levels of internal contamination. Believing their subterfuge to have been successful and intoxicated by their hubris, they are already positioning themselves to stage-manage the public’s perception of Fukushima.
チェルノブイリは、悲痛なこのシナリオの前兆でした。その事件は人類に、逃げることのできない生物学的な真実を教えたのです。それは、核分裂の産物のレベルのが高まることで、内部汚染されてしまった人々に現れます。それでも尚、政府や業界の陰謀者たちは、これらの真実を、根拠のなく怖がらせているのだと非難するのです。そして冷ややかな無関心さで、チェルノブイリが、大量の犠牲者を出した事故であったことを否定しているのです。彼らは、大規模なリサーチ団体から目を逸らし、ウクライナの災害からは一握りの人がその害に苦しんだ、と言うこと以上のことを証明するものは何もない、と宣言するのです。彼らは、低レベルの内部被曝の危険を切り捨てるという、みせかけの科学で覆われた宣伝活動を展開するのです。それらのごまかしがずっと成功を収め、その傲慢に毒されてきたことを思えば、彼らは既に、自分たちが福島に関する人々の見方を管理している立場にいると思っているのです。


Japan’s government, its Nuclear Safety Commission, and the Tokyo Electric Power Company have already demonstrated that they will do everything in their power to keep citizens ignorant of what is taking place. The emerging health crisis is scheduled to be erased. Following a time-tested blueprint worked out by prior radiation releases around the world, data relevant to assessing the medical impact of the accident will not be gathered.
日本政府、原子力安全委員会と東京電力は、国民が何が起こっているのかについて無知であるように、その権力の下に、彼らが全てのことをするのだという態度を示しています。これから現れる健康上の危機は、全て消去されることになっています。過去、世界中で起きた放射能放出のとき、長期に渡り結果の出された青写真に続き、事故の医学的影響を査定するのに関係のあるデータを集めるというとはなされないでしょう。


Radiation doses to the population will be woefully underestimated. The hazards associated with low levels of internal contamination will be obliterated from all discussions of risk. Academic journals that support the nuclear agenda will be flooded with bogus studies demonstrating that no health detriment was suffered by the population. The heightened incidence of childhood leukemia will be attributed to some as yet unidentified virus unleashed by population mixing following the evacuations caused by the tsunami. (This theory is currently in vogue to deny that the heightened incidence of leukemia among children under five years of age living nearby to nuclear reactors is radiation induced.) The birth defects will be summarily dismissed as impossible because the risk models upheld by the International Commission on Radiological Protection don’t predict them. The possibility that the models are fraudulently constructed escapes consideration. (See a Betrayal of Mankind by the Radiation Protection Agencies, available as a free download at http://www.du-deceptions.com/excerpts.html.)
人々の被曝量については痛ましいほどに過小評価されるでしょう。低レベルの内部被曝に関連する危険は、危険性についての全ての審議から痕跡を消されるでしょう。原子力議事を支援する学会の会報には、人々が健康上の損害で苦しめられたという事実はない、というでたらめな研究を論証することで溢れかえるでしょう。子供の白血病の上昇事例は、津波が原因の避難がもたらした人々の移動で、まだ未確認のウィルスか何かのせいだとされるでしょう。(原発付近に住んでいた5歳以下の子供たちの白血病事例の上昇は放射能が引き起こしたのだ、ということを否定する理論が、現在流行しているのです。)胎児の障害は、国際放射線防護委員会(ICRP)が支持しているリスクモデルで予測されていないので、不可能だとして、即座に退けられるでしょう。そのモデルが不正に校正された可能性があり、考慮されないままになってしまうのです。(放射能防護エージェンシーによる人類の裏切りを参照ください。318ページに渡る英文です。。。)


How is TRUTH to gain ascendancy when blocked by this institutionalized matrix of deceit? What agency can possibly take the lead to accurately document the full scope of the disaster, identify its victims and those at risk, and publish trustworthy public health information? Who is going to take responsibility to protect the children?
この組織的虚偽の基盤に妨げられたとき、どの様に真実の優位性が獲得されるのでしょう?どのようなエージェンシーが災害の全容を正確に記録し、その犠牲者と危険性を認定し、信頼性のある人々の健康についての情報を出版するのを先導することができるのでしょうか?子供たちを守るという責任を負ってくれるのは、誰なのでしょう?


To wait for the government to come to the rescue is naive. The history of radiation accidents testifies that governments routinely betray their citizens in deference to their nuclear weapons program and the nuclear industry. No, only one alternative is open to the people of Japan. They must become proactive. They must seize the initiative and wrest control from government and industry of the “perception” of the catastrophe.
政府が救済しに来てくれるのを待つというのは、世間知らずというものです。放射能事故の歴史は、政府がいつも、核兵器プログラムや原子力業界を守るために国民を欺いてきたことを証明しているのです。いや、1つだけ選択肢が日本人に開かれています。先を見て行動しなければなりません。国民が主導権を奪い取り、この大惨事の「認識」について、政府や業界から、その制御力を取り上げるのです。



The accident at Fukushima demands that a peoples’ campaign be initiated to produce an honest assessment of the current situation, catalog the medical consequences as they emerge, and offer accurate advice as to how citizens can protect themselves. Using the internet as a platform, scientists from all relevant disciplines must band together with interested laypeople with something valid to contribute to create a widely distributed open source research project. The evolving online encyclopedia will archive all pertinent data and preserve it from future tampering.
福島の事故には、現状況についての誠実な査定を導くための人々のキャンペーンが着手され、医療上の経過が浮上するごとに列挙され、自分たちでわが身をどの様に守ればよいのかについて正確な助言が与えられることが必要なのです。インターネットを意見発表の場をして利用し、関係のある学問からの科学者たちが、広く行き渡る開かれたリサーチプロジェクトを創設するのに貢献できる有効な何かを持つ素人の人々と共に団結しなければならないのです。進化しているオンライン百科事典は、全ての適切なデータを保存し、後に不法に手を加えることから守ります。


The accident from its inception must be documented. With published reports frequently in conflict with one another, all available information, whether from government sources, citizen investigators or eyewitnesses, must be gathered for future evaluation. Worldwide meteorological data since March 11 must be assembled. All official and unofficial measurements of radiation in the environment, both in Japan and worldwide, must be collected and collated. This is essential information required for future epidemiological studies.
この事故は、その発端から記録されなければなりません。頻繁に衝突するそれぞれのレポートを出版し、政府の情報源であろうが、市民の調査者であろうが、目撃者であろうが、入手できる全ての情報が、後々の評価のために集められなければなりません。3月11日以降の世界規模の気象データが整理されなければなりません。環境中にある公式、非公式の放射能測定値が、日本と世界規模両方で集められ、対照されなければなりません。これは、後の疫学的研究に必要な、不可欠な情報なのです。


Contaminated agricultural areas must be identified. Samples of all edible material for human and animal consumption must be evaluated for safety. As suspected radiation-induced illness begins to appear in the population, healthcare providers and victims must make public their experiences. Initially, this information will be anecdotal but nonetheless invaluable. It will identify emerging trends of morbidity and mortality and define population subgroups requiring more systematic scientific investigation.
汚染された農地が特定されなければなりません。人間と動物が消費する食物の全てのサンプルが安全性を見極められなければなりません。放射能が誘発した病気だと疑われるものが人々の中に現れてきたら、医療関係者と犠牲者はその経験を公にしなければなりません。最初、この情報は逸話のようですが、それでもとても貴重なのです。その情報をもとに、病気や病死の傾向を認定し、さらに系統だった科学的調査が必要な特定のグループを明確にすることができるのです。


Researchers working alone or in groups must seize the initiative to pursue study in their fields of expertise and interest. (One excellent suggestion by Gordon Edwards of the Canadian Coalition for Nuclear Responsibility is the widespread collection of babies’ teeth to provide objective data on the geographic dispersion and uptake of strontium-90 [1].) Methodologies, data and results need be posted online as they become available. Free access to the whole body of work must be guaranteed so as to allow scrutiny by people from all over the world. Transparency must be paramount.
調査者は、個人であろうが、団体であろうが、その専門分野と関心のある分野での研究に従事する主導権を握らなければなりません。(カナダ核責任連合のGordon Edwards氏からのすばらしい提案のひとつは、赤ん坊の歯を広く集め、地理的な分布とストロンチウム90の吸収の客観的データを提供する、ということです。)方法論、データと結果は、オンラインで公開される必要があります。世界中の人々によりセキュリティーが許されるように、研究の全容へのアクセスが確保されなければなりません。情報公開が最重要なのです。


An open dialogue will allow divergent points of view to be fairly represented. Disagreements over research protocols or the interpretation of results will point the way to new avenues of investigation where clarification and consensus might be achieved. Objective investigation via the scientific method will be the final arbitrator of truth. The ultimate goal of this effort will be to produce an unbiased determination of the public health consequences of radiation released into the environment, assess the accuracy of current standards of radiation safety and identify how improvements can be made for the common welfare of humanity.
開かれた対話は、公平に、それぞれに象徴される異なった見解を導きます。リサーチの記録や結果の解釈に対する意見の不一致は、明確さや、意見の一致が達成されるための調査への新たな道を示すことになるでしょう。科学的方法を通しての客観的な調査は、真実への最後の調停者となるでしょう。この努力の究極の目標は、環境に放たれた放射線が人々の健康に与える結果についての、先入観のない決断を生み出し、放射能の安全性についての現在の基準についての正確性を査定し、人道において共通の福祉を果すためにどのような改善が可能なのかを見極めることなのです。


~つづく~

関連記事

食欲の秋

 2011-09-27
IMG_6805.jpg

ん???


秋だけじゃないよね・・・・


関連記事

チェルノブイリから福島~日本へのメッセージ 2

 2011-09-25
カナダトロントメトロ紙からです。

Metro visits Chornobyl's radiation zone
メトロ紙、チェルノブイリ放射能汚染地区訪問


記事にまつわる写真が►こちらに。


A short bus ride past the Chornobyl security checkpoint, where guards prevent entrance into the 30-kilometre ‘exclusion zone,’ our group gathers to hear rules for the contaminated area.
チェルノブイリの30km立ち入り禁止地区へ進入を取り締まっている警備チェック地点を過ぎ、バスで少し行くと、 私たち一団は汚染地区のルールを聞くために集まっていました。


The list is brief — do not touch anything, wear long sleeves and closed-toe shoes, and, sternly: “Remember, you are not tourists here,” Misha, our guide, says.
それは簡単なものです。何にも触らない。長袖を着る。つま先が隠れている靴を履く、そして、いかめしく、「覚えておいてください。あなた方は、ここでは観光客ではないのです。」と私たちのガイドMishaは言いました。


After the recent Fukushima disaster in Japan, the International Atomic Energy Agency announced this week a projected slowdown on the growth of nuclear power. Chornobyl, as well, to this day is evidence of what happens when things go wrong.
最近日本で起きた福島の災害の後、IAEAは今週、原子力の成長が遅れるであろうという予測を発表しました。 チェルノブイリも、今までに物事が間違った方向に行ってしまったときに、何が起こるのかを示す証拠です。


It’s been 25 years since the world’s largest nuclear disaster occurred, but Chornobyl, along with the populated areas that surround it, are still plagued by long-term health, environmental and — perhaps most crippling for those who live there — financial consequences.
世界で最も大きな放射能災害が起こって25年になります。しかし、チェルノブイリと、その周辺の人の住んでいた地域は、長期の健康障害、環境面、そして、-おそらくそこに住んでいる人にとって最もどうにもならないのは-財政面での成り行きの結果に苦しめられています。


Dzvinka Kachur, a United Nations Development Programme (UNDP) information officer, argues many problems are caused by a stigma of Chornobyl-affected zones. Trips like those to the exclusion zone can help dispel myths about radioactive fallout — for instance, visitors will not see ‘mutants’ running amok in a barren region, she says.
国際連合開発計画(UNDP)の情報職員であるDzyinka Kachurさんは、問題は、チェルノブイリで影響を受けた地区の汚名が原因なのだと主張します。立ち入り禁止地区へ行く事は、放射能物質の副産物についての神話を拭い去る助けになります。-たとえば、訪問者が、この不毛の地で奇形の生き物が暴れ狂うのを目にすることはないでしょう。


For a forbidden zone, the level of activity in Chornobyl is surprisingly high. About 3,500 people work in the plant, to keep safety mechanisms operating. Another 3,000 work as maintenance, security and decontamination staff outside of it — although they only work two weeks a month, due to high radiation levels.
この禁じられた地区のためのチェルノブイリでの活動レベルと言うのは、驚くほど高いものです。約3500人が原発で働き、機械の操作の安全を保っています。さらに3000人がその外でメインテナンス、警備、除染を行っています。ただ、高レベルの放射線量のため、月に2週間だけ働いています。


Standing in front of Reactor #4, which is enclosed in an aging, rusted, tomb called the “sarcophagus,” our beeping, hand-held dosimeter shows external radiation levels to be about 30 times higher than that in capital Kyiv.
「サルコファガス」(石棺)と呼ばれる年月のたった、さび付いた墓のような建物に囲まれた4号機の前に立つと、ピーピーなっている、手に持っている線量計は、首都キエフより30倍高い放射能レベルを示していました。


jmWORLDcherobyl_wideweb__470x342,0 Reuters
Photo from Reuters


“But this isn’t the most radioactive place we will see,” the guide says with a sardonic grin. “I will show you where it’s much higher.”
「でも、これが一番放射能レベルの高い場所ではないのです。」とガイドは冷笑して言いました。「これからどこがもっと高いかお見せしましょう。」


This spot turns out to be a patch of moss behind the cultural centre in the abandoned town of Prypiat. The town used to be home to about 50,000 people who evacuated in about three hours the day after the accident.
そのスポットは、人気のないプリピャチ町内の文化センターの裏手、こけの生えた一角だと判明しました。この町はかつて5万人が住み、事故の後、約3時間以内に避難させられました。


To avoid panic, residents were told they would be returning to their homes, so they packed light. Their belongings were left to decay, be destroyed in the de-contamination process, or were stolen by looters.
パニックを避けるため、住民は戻ってこれると告げられました。なので、彼らは荷物を身軽にしたのです。彼らの所有物は腐敗するまで放置され、除染過程の中で破壊されるか、強盗に盗まれました。


Some personal items are still strewn amidst the rubble — Soviet posters; children’s books; an old tennis shoe in the Cultural Centre’s gymnasium. The town has the air of a war zone with scattered, decrepit buildings protruding amidst overgrown foliage.
いくつかの私物はまだ瓦礫の中に散らばっています。-ソビエト連邦のポスター、子供の本、文化センターの体育館にある古びたテニスシューズ。その町には、生い茂った雑草の中からつきでた老朽した建物が散在し、戦地の空気が漂っていました。




Before the trip, we were warned about deer and wolves running around. Some scientists argue nature has persevered and Chornobyl has been turned into a mecca for animals with no humans as a threat. But aside from giant, two-metre catfish swimming in the nuclear plant’s cooling pond, only mosquitoes buzz around the town.
この旅の前に、私たちは、鹿や狼が走り回っていると警告されていました。科学者の中には、チェルノブイリは、人間という脅威がなく、自然が保護され、動物たちのメッカになっていると主張する人もいます。しかし、巨大な2メートルのナマズが泳ぐ原発の冷却池のほかには、ただ、蚊が町中で羽音をたてているだけです。


“No one ever sees the wild animals there,” says Timothy Mousseau, a Canadian scientist who has been researching health and ecology in Chornobyl for more than 10 years. “It’s a myth.”
「ここで野生動物を見たという人はいません。」と、この10年以上、チェルノブイリで健康と生態を調査しているカナダ人の科学者、Timothy Mousseauは言います。「これは神秘です。」


Subsidies little more than small potatoes
補助金は、ばかにならない


Currently, the government is legally bound to deliver hundreds of subsidies to those living in affected regions. In theory, these encompass a wide range of benefits — from bonuses on salaries for people who do find work, to free breakfast meals for elementary school kids.
現在政府は、被災地区に住む人々に何百もの補助金を配布することが法で義務付けられています。理論上は、それらが広範囲にわたるベネフィットを網羅します-仕事を見つけた人々の給料に対してのボーナスから、小学校の生徒の無料の朝食にいたるまで。


But not all subsidies are paid out by the state. A typical resident receives the equivalent of less than 50 cents per month as their bonus for living in contaminated areas, says Mykola Vasylenko, head of economic development in Ivankiv, a town about 50 km from Chornobyl.
しかし、全ての補助金が、国から支払われるわけではありません。典型的な住民は、汚染地区に住んでいることに対してのボーナスとして、月に50セント以下しか受け取っていません、と チェルノブイリから約50kmにある町、Ivankivの経済開発部長のMykola vasylenkoさんは話します。


However, if all of the promised subsidies were paid out in full, it would amount to one fifth of Ukraine’s entire state budget, says Dmytro Petrushenko, head of the Bordianka District State administration. “We need a radical change — an elimination of all subsidies,” he says.
しかしながら、もし、約束された補助金が全額払われるとすると、それはウクライナの国の総予算の5分の1の額になります、とBordianka地区管理局長のDmytro Petrushenkoさんは言います。「私たちには、急進的な変化が必要です。-全ての補助金の廃止です。」


Such complex circumstances leave local and international development programs at an unenviable position of tackling radiation-related problems on one hand, and social and psychological problems on the other.
このような複雑な状況は、地域、国際的発展プログラムを考えるとき、一方で、放射能関係の問題の取り組み、もう一方で、社会的、心理的問題という好ましくない立場におかれているのです。


Out-of-work youth
若者の失業者


On a hot August morning, a handful of clients are at a Luhyny unemployment centre for a workshop aimed at helping people under 30 to get jobs. “A well-qualified construction worker is much more valuable than an under-qualified engineer,” Olga Omelychuk, the orientation specialist tells them.
暑い8月のある日、Luhyny失業センターには、多くの人たちが、30歳以下の人の仕事探しの手助けするための講習会に来ていました。「資格を取る前の技術者よりも、資格の充分な建設作業員の方が重宝するのです。」と、オリエンテーションのスペシャリスト、Olga Omelychukさんは参加者に話しました。


In the town of about 4,000 people, about 550 are registered as unemployed. Brochures at the centre promote jobs such as electricians and tractor drivers.
人口4千人のその町内には、約550人が失業者として登録されています。センターのパンフレットは電気技師やトラクターの運転手を激励しています。


A blonde woman says she is trained as a dentist but wants to find work as a cook. For residents like her, leaving for a larger city is difficult. If they can’t immediately find work, the cost of living becomes too high and they’re forced back to Luhyny.
ブロンドの女性は、歯科医として訓練を受けましたが、料理人としての仕事を見つけたいと言います。彼女のような住民にとって、大きな街に移るのは困難なのです。すぐ仕事を見つけられなければ、暮らしに必要な費用は高すぎて、Luhynyに戻らざるを得ないのです。


‘We didn’t want to live in Siberia’
「シベリアには住みなくありませんでした。」


After the initial incident, Maria Bovsunivska and her two children were given the choice to move from their small town, a few hours from the capital, Kyiv. They chose to stay.
最初の事故のあと、Maria Bovsunivskaと彼女の2人の子供たちは、彼らの、首都キエフから数時間離れた小さな町から移るという選択肢を与えられました。彼らは、留まることを選びました。


Her 25-year-old daughter, Tatjana, said they didn’t like what was being offered. “We didn’t want to live in Siberia,” she said briskly while her mom gently nodded her head in agreement.
25歳の娘、Tatjanaは言われた場所が好きではなかったと言います。「私たちはシベリアには住みたくなかったのです。」彼女はきっぱりと言い、彼女の母親も同意するように静かにうなずきました。


Some of their neighbours were relocated to small apartments that they had to share with other families. To Maria’s family, that was evidence they made the right choice by staying put.
何人かの近所の人たちは、小さいアパートに移され他の家族と一緒に暮らさなければなりませんでした。Mariaの家族にとっては、それは、留まるという選択が正しかったと言う証拠です。


The dangers of a 100-kilometre diet
100km圏内食事の危険


Mousseau is conducting a study on children in Chornobyl-affected areas, examining the long-term effects of radiation exposure. “There are very measurable impacts on the children there,” he tells Metro, of Norodichesky, a region adjacent to Chornobyl. “Many of the children have significant (radiation) doses as a result of what they’re eating,” he says.
Mousseauさんは、チェルノブイリ被災地区内の子供たちの研究をしています。長期にわたる被曝の影響を調べているのです。「チェルノブイリに隣する地区、Norodicheskyの子供たちには、測定できる影響が出ています。」と、彼はMetro紙に話しました。「多くの子供たちは、彼らが食べたものから、相当の被曝をしているのです。」と彼は言います。


Mousseau grew up in Ottawa, and studied in Toronto and Montreal. Currently, he is a professor of biological sciences at the University of South Carolina. His research so far has found that children in the area have reduced pulmonary function, and concludes that some will have “significant respiratory problems as they age.” His team has also found abnormal growth defects, he adds.
Mousseauさんは、オタワで育ち、トロントとモントリオールで学びました。現在彼は南カロライナ大学の生物科学の教授です。彼の調査では、今のところ、その地区の子供たちに、肺機能の低下が見つかり、「子供たちが成長するにつれ、重大な呼吸系の問題になる」と結論付けました。彼のチームはまた、異常な成長欠陥が見られているとも付け加えます。


“Clearly, there’s a need for monitoring and public health studies,” he says.
「明らかに、公の健康についての研究をモニタリングする必要があります」と彼は言うのです。

Mousseau’s study is on children who live near the immediate vicinity of the exclusion zone. But even those living in affected zones hundreds of kilometres away are experiencing health issues — some suspect these are related to contaminated soils, other argue they are lifestyle-related problems.
Mousseauさんの研究は、立ち入り禁止地区のすぐ近所に住んでいる子供たちについてです。しかし、何百キロも離れた地区でさえも、健康上の問題があるのです。-ある人は、汚染土に関係しているといい、他の人は、ライフタイルに関係していると主張します。


In Zaliznytsia, a village in Ukraine’s northwest Volyn region, a local gym teacher says about half of the elementary students are exempt from cardio-intensive gym classes because of health problems.
ウクライナのVolyn地域の北西、Zaliznytsiaという村では、体育の先生が、約半数の生徒が、心臓に負担のかかるクラスを、健康上の理由で免除されていると話します。


In Luhyny, a small village about 100 km from the exclusion zone, Dr. Ivan Godlevski says the number of people treated for cancer at his hospital has increased 30 times since 1986.
立ち入り禁止地区から約100kmの小さな村、Luhynyで、Ivan Godlevski医師は、彼の小さな病院で癌の治療を受けた人の数は、1986以来、30倍になったと言います。





2011-04-07-11-39-36-1-a-gas-mask-and-a-shoe-have-been-pictured-lying-at.jpg
Photo from EzineMark.comA gas mask and a shoe have been pictured lying at a kindergarten in Prypiat, the abandoned city near the Chernobyl nuclear power plant since 198P
1986年以来プリピャチの幼稚園に横たわっているガスマスクと片方のくつ




さよなら原発集会で、福島からきた武藤類子(ハイロアクション福島原発40年実行委員会)さんの言葉。
全文と動画はこちら

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


大混乱の中で、私達には様々なことが起こりました

素早く張り巡らされた安全キャンペーンと不安のはざまで
引き裂かれていく人と人とのつながり

地域で、職場で学校で、家庭の中で
どれだけの人が悩み悲しんだことでしょう

毎日毎日否応なく迫られる決断
逃げる、逃げない
食べる、食べない
子どもにマスクをさせる、させない
洗濯物を外に干す、干さない
畑を耕す、耕さない
何かに物申す、黙る。
さまざまな苦渋の選択がありました

そして今、半年という月日の中で次第に鮮明になってきた事は

「事実は隠されるのだ」
「国は国民を守らないのだ」
「事故はいまだに終わらないのだ」
「福島県民は核の実験材料にされるのだ」
「莫大な放射能のゴミは残るのだ」
「大きな犠牲の上になお、原発を推進しようとする勢力があるのだ」
「私達は捨てられたのだ」


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

チェルノブイリ事故の25年後と違う日本の未来を目指すために、

まず、武藤さんが見出した現実を受止めなければなりません。

事実は隠されます。

事故は終わっていません。

国は守ってくれません。

放射能は残ります。

でも、その現実の中でも、まだできることがあります。

福島県民も、他日本中で被曝してしまった全ての人たちも、実験材料になどさせません。

原発をどうして行くかは、国民の強い意思を貫かなければなりません。

武藤さんたちは、捨てられてなどいません!!たくさんの仲間がいるのです。


人々の叡智を結集して、「原発の安全性を世界最高水準に高める。」のではなく、

放射能の世界で、人々が前を向いて生きていくための仕組みを構築していくことは、不可能ではないはずです。


日本人には、必ず出来るはずです




関連記事

チェルノブイリから福島~日本へのメッセージ 1

 2011-09-24
アメリカでも、原子力にまつわる真実については、表舞台での報道はできないのでしょう。

以下、The American Reporter, On Native Groundより。




THE CHERNOBYL NIGHTMARE IS REAWAKENED BY FUKUSHIMA
福島に呼び覚まされるチェルノブイリの悪夢


by Randolph T. Holhut
Chief of AR Correspondents
Dummerston, Vermont

DUMMERSTON, Vt. -- As we nervously watch a nuclear catastrophe unfold at the Fukushima reactor complex in Japan, the memories of Chernobyl keep coming to mind.
福島原子炉施設の大惨事が展開するのを見るにつれ、チェルノブイリの記憶がよみがえってきます。


On April 26, 1986, a fire and explosion at the Chernobyl nuclear plant in Ukraine sent a plume of highly radioactive smoke fallout into the atmosphere. Four hundred times more radioactive material than had been released by the atomic bombing of Hiroshima showered upon the Ukraine and parts of Belarus and Russia. More than 336,000 people were resettled as their former homes turned into contaminated ghost towns.
1986年4月26日。ウクライナのチェルノブイリ原発の火の手と爆発は、その大気中に高度の放射性死の灰の煙流を放出しました。広島原爆の400倍の放射性物質が、ウクライナとベラルーシの一部、ロシアに降り注いだのです。住んでいた家々は汚染されたゴーストタウンと変わり果て、33万6千人の人々が移住を余儀なくされました。

chernobylnuclearexpolsion.jpg


I recently had the chance to meet three Russian women who stopped in Vermont as part of a national tour marking the 25th anniversary of Chernobyl.
わたしは、チェルノブイリ25周年を刻むツアーの一環として、バーモント州に立ち寄った3人のロシア人の女性に会う機会に恵まれました。

Tatiana Muchamedyarova, a Russian anti-nuclear activist, was joined her colleagues Natalia Manzurova, who worked as a lead engineer in cleaning up the consequences of the 1986 meltdown at Chernobyl, and Dr. Nataliya Mironova, who founded the Movement for Nuclear Safety and was one of the first organizers to press for government openness on pre-Chernobyl nuclear catastrophes.
Tatiana Muchamedyarovaさんは、ロシアの反核活動家で、1986年のチェルノブイリでのメルトダウンが招いた汚染を取り除く技術者の統率者であった同僚のNatalia Manzurovaさんと、核安全運動を創設し、チェルノブイリの原子力大惨事をもたらす前に政府の情報公開を懇願した最初の主催者でもあったNataliya Mironovaさんが、加わりました。


Russia has 31 civil nuclear reactors that produce 16 percent of that nation's electricity, as well as 13 reactors that are being operated beyond their original projected 40-year life span.
ロシアには31の原子炉があり、国の電力の16%を産出しています。13の原子炉は、当初考えられていた40年の寿命を超えて稼動されています。


"We still don't know what to do with the nuclear waste," said Muchamedyarova. "The first big nuclear accident in Russia, in the 1950s, was when a storage tank filled with contaminated material exploded. I don't know how or why we developed a technology that has no end."
「いまだに核廃棄物の処理方法も分からないのです。」とMuchamedyarovaさんは言います。「ロシアで初めての原子力事故は1950年代に汚染物質がためられていた保存タンクが爆発したときでした。わたしには、どのように、なぜ、終わりのないこの技術を開発したのが、分かりません。」

250px-Ecodefense_Mayak_Exhibition_17_Kyshtym_Memorial wikipedia
Photo from Wikipedia 事故の歴史を記す


The accident she was referring to was at Mayak, located in the Ural mountains. In 1957, an massive explosion spread highly radioactive contaminants over 500,000 people. It was second only to the 1986 Chernobyl disaster in size and scope.
彼女の言う、その事故はウラル山脈にあるマヤークで起きました。1957年、大規模な爆発は、高度の放射性汚染を50万人を超す人々に撒き散らしたのです。同様の規模、範囲となった2度目は、それから間もない1986年のチェルノブイリの災害でした。


A combination of past nuclear accidents and the accumulation of wastes from more than six decades of nuclear activities at the site have made the area surrounding Mayak one of the most contaminated in the world, with significant concentrations of strontium, cesium and plutonium found within a 60-mile radius of the facility. It is estimated that there are about 500,000 cancer victims living within that zone.
過去のこれらの原子力事故とその場所での60年以上にわたる原子力活動との組み合わせは、マヤークを取り巻く地域を世界で最も汚染された場所の1つとしました。ストロンチウム、セシウム、プルトニウムがこの施設の半径60マイル(96.5km)に、相当濃縮されています。この地域には、約50万人の癌犠牲者が住んでいると考えられています。


Manzurova is the only survivor of her 14-member team of "liquidators," the people responsible for containing and cleaning up the contamination in Chernobyl. All the others have died of illnesses linked to the intense radiation exposure they received over the five years they worked, and she too is battling various health ailments.
Manzurovaさんは、チェルノブイリの汚染を収め、取り除くことに従事した「リクビダートル」と呼ばれる14名のチームの中で生き残った、たった一人です。他の人は皆、5年間に渡る猛烈な被曝に関連した病気のために亡くなりました。そして、彼女も様々な慢性の病気と戦っています。


More than 600,000 liquidators worked at Chernobyl, but the Russian government has never fully acknowledged how many have since died. Estimates vary, but according to Vyacheslav Grishin of the Chernobyl Union, the main organization of liquidators, 60,000 have since died and 165,000 disabled.
チェルノブイリでは、60万人以上のリクビダートルが働いていましたが、ロシア政府は今までにどのくらいの人が死んだのか、完全に把握していません。推定はいろいろです。リクビダートルの主要な組織であるチェルノブイリ労働組合のVyacheslav Grishinさんは、6万人が亡くなり、16万5千人が身体障害者となったと言います。


Likewise, while only 31 deaths were directly caused by the disaster, estimates for illnesses and deaths linked to exposure to Chernobyl's radioactive plume range from 4,000 by the World Health Organization to more than 200,000 by Greenpeace.
同様に、その災害が原因で直接なくなったのは31名だけでしたが、チェルノブイリの放射性の死の灰で被曝したのが原因で病気になるか死亡した人の数は、WHOの4000人から、グリーンピースの20万人と幅があります。


"The nuclear industry is stressing that not that many people died at Chernobyl, but they don't recognize the long-term effects and the traumas that have been passed down to the next generation," Manzurova said. "They don't see how the quality of life has changed for so many people."
「原子力業界はチェルノブイリで多くの人が死んだわけではないと主張します。でも、長期にわたる影響や、次世代に及んでいる心的外傷を認識していないのです。」とManzurovaさんは語りました。「彼らには、本当に多くの人々にとって、どれだけそれぞれの人生が変わってしまったのか分からないのです。」


chernobylvictim3.jpg



Manzurova said for the thousands that were evacuated from the area around Chernobyl, never to return to their former homes, life is divided in two - time before the accident, and after. "Their previous lives have been wiped clean altogether," she said.
チェルノブイリ周辺の地域から避難させられた、2度と元の家に戻ることのない、生活を2つに引き裂かれてしまった-事故の前と後-何千もの人々のために、Manzurovaさんは話しました。「彼らの前の生活は、全部一緒くたに拭い去られてしまったのです。」


The level of denial by both governments and the nuclear industry of the extent of radioactive contamination after Chernobyl and other nuclear incidents around the world is by design, Manzurova said.
チェルノブイリや他の世界で起こっている原子力事故の後の放射能汚染の程度についての、政府と原子力業界の否定の度合いと言うのは、もくろまれているのだとManzurovaさんは言います。


"If they recognize that they have been victims, [governments and the industry] would have to recognize what created the victims," she said. "If you talk to the nuclear industry, they are so sure they are on the right side and everything is okay."
「もし犠牲者がいるという認識があれば、「政府と業界」は、何がその犠牲者を生んでいるのかを認識しなければなりません。原子力業界と話すと、彼らは、自分たちが正しく、全ては大丈夫なのだと確信しているのです。」


Mironova, who was in Vermont last fall as part of a Russian delegation that examined the decommissioning process for U.S. nuclear plants, said that the Fukushima disaster has opened up a wide variety of unthinkable scenarios.
バーモント州に去年の秋、アメリカの原発の廃炉へのプロセスを調査しにきたロシア派遣団の一人だったMironovaさんは、福島の災害では、様々な考えられないシナリオが表れてきいると言います。


"You have a paralyzed government trying to deal with a natural disaster, a disaster that cuts across every sector of society," she said. "And then you have to deal with a nuclear disaster on top of that. It is like a wartime situation in Japan, and the world needs to understand that."
「政府は、各地域社会を分断してしまった自然災害の対応をしようと立ちすくみ、その上、放射能災害の対応もしなければならないのです。日本は今戦時中のような状況です。そして世界がそれを理解する必要があるのです。」と彼女は言いました。


As bad as Chernobyl was, and as bad as Fukushima is becoming, there is the potential for an even bigger disaster in Russia. In addition to handling its own wastes, Russia is taking in spent radioactive material from Britain, France and Germany for reprocessing, turning it into a profit center for the Russian government.
チェルノブイリと同じような悪い状況になりつつあります。それどころか、ロシアの災害よりも大きくなる可能性さえあるのです。ロシアは、自分で出した核廃棄物を取り扱うことにくわえ、イギリス、フランス、ドイツから使用済み放射性物質の再処理も取り扱っています。それはロシア政府の利益へと変貌するのです。


Last fall, Mironova said that Russia is positioning itself to be "the superpower of energy." Russia already has substantial natural gas reserves and an equally substantial uranium mining industry, she said. Reprocessing the world's nuclear fuel fits into that strategy.
Mironovaさんは、ロシアが去年の秋、自分の国を「エネルギーの超強大国」と自ら位置づけたと言います。ロシアには、充分な天然ガスの蓄えと、同様に充分なウラン鉱山業があります。世界中の核燃料の再処理は、その計略にうまく一致するのです。


Mayak is still one of the biggest nuclear facilities in Russia, and reprocesses about 200 tons of spent fuel annually, according to Oleg Bodrov, a Russian engineer and physicist who is one of the founders and current chairman of the Green World Council, a St. Petersburg, Russia, environmental group.
マヤークは今でもロシアで最大の核施設の1つで、年間約200トンの使用済み燃料の再処理しています、とロシア、セントピーターズバーグの環境保護団体、グリーンワールドの評議会議長であるOleg Bodrovさんは言います。


An extraction process called PUREX (plutonium and uranium recovery by extraction) is used to separate those two elements from spent fuel. But the process, Bodrov said, creates 22,000 cubic meters of radioactive waste for every cubic meter of spent fuel.
PUREXと呼ばれるプルトニウムとウランの抽出手順は、使用済み燃料からこれらの2つの要素を分離するのに使われます。しかし、その経過は、使用済み燃料1立方mにつき、2万2000立方mの放射性廃棄物を作り出すことでもあるのです。とBodrovさんは述べました。


Fissile-material-storage-facility Wikipedia
Photo from Wikipedia マヤーク核廃棄物保管場


Of the 13 Russian reactors that got authorization from Rosatom, as the Russian Federal Nuclear Agency is known, to extend their operation, Bodrov said 11 are of the same design as the Chernobyl reactor. An accident at these reactors, many of which are located in more populated areas, would have even worse environmental consequences than the Mayak or Chernobyl disasters.
ロスアトム(ロシアの国営原子力企業)に稼動の延長を認定された13の原子炉のうち、11炉はチェルノブイリと同じデザインです。それらの多くは、人口が多い地区にあり、もしこれらの原子炉で事故があれば、環境に与える結果はマヤークやチェルノブイリ災害よりも深刻になるのです。


But the nuclear industry in Russia, the United States and in every other country where there are reactors still believes there is nothing to worry about.
しかし、ロシア、アメリカ、全ての原子炉を持つ国々の原子力業界は、何も心配はないと、いまだに信じているのです。


"The nuclear establishment is the same in every country," Mironova said. "It suppresses the truth."
「原子力体制は、どの国も同じです。」Mironovaさんは語りました。「彼らは、真実を隠すのです。」





チェルノブイリで25年前に起こったことは、まさに今の福島をみているようです。

そして、今のチェルノブイリは、25年後の福島、そして日本の姿なのでしょうか?


私たちは、チェルノブイリで犠牲になった人々を、記憶の彼方に置き去りにしてはなりません。

事故から何十年も経過してもなお、その爪あとを消すことができないことに目をつむってもいけません。


彼らは、私たちに、その教訓を残してくれているのです。

私たちにはまだ、未来を変える猶予が残されています。




関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 20歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 17歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 8歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事

カテゴリ
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。