津波被災者の新たな一歩

 2011-05-31
復興に向けて、本当に少しずつですが、改善が見られるのは、嬉しいものです。

以下、国際赤十字より、本日更新された記事です。




Tsunami survivors take another step forward

By Michael Gillies Smith

Toshie Nakajo, 60, wipes tears from her eyes. She has just received the keys to her new home for the months ahead, one of the government-built prefabricated temporary houses erected on a sports field in Asahi, a city in Chiba prefecture on the east coast of Japan.
なかじょう・としえさん、60歳、は涙をぬぐいました。これから先何ヶ月か暮らすための新しい家の鍵を、たった今、受け取ったのです。それは、政府により東日本の、千葉市旭町の競技場に建てられた、簡易仮設住宅の1つです。

The Japanese Red Cross (JRC) is providing Mrs Nakajo with a set of basic appliances to help her and her family get back on their feet; a washing machine, fridge, rice cooker, water thermos, microwave and TV. Red Cross volunteers Kikuko Tanaka and Toshiko Unakami are on hand to help the family move from the nearby evacuation centre, where they lived for the past two months, into the house.
日本赤十字は、なかじょうさんに、家族と元の生活に戻れるように、最低限必要な家電セットも提供します。洗濯機、冷蔵庫、炊飯器、湯沸しポット、電子レンジとテレビです。赤十字ボランティアのたなか・きくこさんと、うなかみ・としこさんはその家族が2ヶ月過ごした近くの避難センターから、この仮設住宅に移る手伝いをしています。

p-JAP0405.jpg


“I’m just so grateful to Red Cross and everyone for their help and support,” Mrs Nakajo said. “We were so worried about what we were going to put in the house, because we lost everything.”
「赤十字の人や皆さんの助けと支援が本当にただただ嬉しいのです。」となかじょうさんは話しました。「私たちはその家に必要となるもののことがとにかく不安でした。全てを失ってしまったからです。」

In Mrs Nakajo’s tears there is joy, but also a mix of sadness and relief, remembering March 11 and how lucky her family were to escape death.
なかじょうさんの涙の中には、喜びがありましたが、悲しみと安堵が混ざったものもありました。3月11日のことを思い出してしまうことと、彼女の家族が死を免れたことがどんなに幸運だったか、と言うことです。

In the hours after the earthquake, three tsunami waves threatened Asahi on the Boso Peninsula.
地震後何時間か経ち、房総半島の旭町は、3度の大津波に脅かされました。

Mrs Nakajo was at home with her mother-in-law and sister-in-law. Her mother-in-law hadn’t been well and was in bed, the sister-in-law alongside her, on the bed.
なかじょうさんは自宅に義理の母と義理の妹と一緒にいました。義理の母の体の調子は良くなく、ベットに寝ていて、義理の妹はその傍らに座ってました。

“The first wave came up to our knees,” she said. “After a while, it started to recede.
「最初の波はひざまで来ました。」と彼女は言います。「しばらくして、波は引き始めました。」

“Later, we could see the second wave out at sea. It went in a different direction and missed us.”
「その後、海には2度目の波が見えたのです。その波は違う方角に行き、私たちは免れました。」

Thinking they may have escaped the danger, the three women got the shock of their lives when about an hour later a wall of water smashed down their front door and started filling up the house.
助かった、と思っていると、1時間ほどして海の壁が玄関を投げ倒し、家にどんどん流れ込み、この3人の女性たちの身に衝撃的なことが起こったのです。

“We had no idea it was coming,” she said. “There was no noise at all. It was silent.
「まさかまた波が来るとは、思いもしませんでした。」と彼女は話しました。「なんの音もなく、静かだったのです。」

“The water was rising so quickly that everything started floating, even the bed with my mother-in-law and sister-in-law in it.”
「水位はどんどんあがり、何もかも浮かび始めました。義理の母と妹がいたベットさえも。」


A side of the house collapsed and floated away. The three women clung to the three-sided shell as the wave ripped it from its foundations and carried it inland.
家の横壁は崩壊し、流されました。3人とも、津波が地面から家をもぎ取り、内陸に流した時、3つの骨組みにしがみついたのです。

“It was terrifying,” she said, dabbing her eyes with a tissue. “We could see everything that was happening outside around us.”
「とても恐ろしかったです。」ティッシュで目を軽くたたきながら話ました。「周りで起きているすべてのことを見てしまったのです。」


Mrs Nakajo and the women saw a large pile of debris heading for their house, the side where there was no wall. Just metres from smashing into the debris, a shipping container floated by and knocked a corner of the house, turning it sideways. The debris missed the house by metres.
なかじょうさんたちは、自分たちの家の、壁が流されてしまったところに向かってくる瓦礫の山を見ました。その瓦礫に激突するあと数メートルのところで、コンテナが流れてきて、家の一角にぶつかり、瓦礫の山を脇へ追いやったのです。後数メートルで、家はこの瓦礫にぶつかっていました。

“We were very lucky,” she said.
「幸運だったのです。」と彼女は言いました。

Mrs Nakajo tried her mobile. It worked, and she rang emergency services, which rescued the three women.
なかじょうさんは、携帯電話をかけてみました。電話はつながり、緊急サービスを呼び出し、3人は救助されたのです。

She was reunited with her husband and son at an evacuation centre. Mr Nakajo had been swept into the water. He grabbed on to the front door of a fish shop as it floated by. It saved his life.
ご主人と息子と、避難センターで再会することもできました。なかじょう氏は、水の中に流されました。流れてきた魚屋の入り口のドアにつかまったのです。そのドアが彼の命を救いました。

“I thought I was going to die,” he said. “I always thought these type of disasters happened to somebody else, that they’d never happen to me. When I’m in a situation like this I really appreciate Red Cross and everything everyone has done. I escaped only with the clothes I was wearing. We have lost everything.”
「死ぬかと思いました。こんな災害は誰か他の人に起こるものだといつも思っていました。自分に起こるなんて思ってもいませんでした。こんなことになって、赤十字、皆さんがしてくれる全てのことに、本当に感謝しています。着の身、着のままで避難したのです。全てを失ってしまいました。」


p-JAP0397.jpg



Mrs Tanaka, 70, has been a Japanese Red Cross volunteer for the past 11 years. Since March 12, she and Mrs Unakami, 68, have been working at local evacuation centres at a primary school, the local municipal office and a gymnasium, helping with meals, comforting survivors and cleaning.
たなかさん、70歳、は今まで11年間、日本赤十字のボランティアをしています。3月12日以来、うなかみさん、68歳、と小学校の避難センター、役所、体育館で食事の手伝い、被災者の世話、掃除などを手伝っています。


“The toughest work we have done was carrying buckets of water to the third floor of an evacuation centre to clean the toilets,” Mrs Tanaka said.
「一番しんどいのは、水の入ったバケツを避難センターのトイレ掃除のために、3階まで運ぶことでした。」とたなかさんは話します。

“There was no running water and we had to carry the buckets of water up the stairs. The toilets also were often very dirty because there was no water for flushing and some of the people had been sick.”
「水が流れず、上まで水をバケツに入れて運ばなければならなかったのです。トイレは流す水がなく、とても汚れていて、中には、病気になってしまう人もいるのです。」

Mrs Tanaka said people in evacuation centres were very happy and relieved to see JRC volunteers.
たなかさんは、避難センターの人たちは、日本赤十字のボランティアを見るととても喜び、安心してくれる、とも言います。

“They were waiting for us,” she said. “When they see our Red Cross apron and that we are volunteers they say ‘we are so relieved to see you’. This makes us very happy. We hope that we can be a little bit of a help.”
「私たちのことを待っているのです。赤十字のエプロンを見て、ボランティアだと分かると、本当に会えてほっとした、と言われるのです。その言葉を聞くと嬉しくなります。少しでも役に立ちたいと願っています。」




3月の下旬に、募金活動を手伝っていただいた皆様。

そのほかでも、同じように、役に立ちたいという一心で募金活動をしたり、寄付をしていただいた方々。


その温かい気もちは、決して無駄になったりしていません。




「人々の笑顔が絶えない限り、私たちの希望は消えません。日本赤十字は、復興の旅が終わるまで、被災者の傍らにいつづけます。」



日本赤十字の活動の詳細は、こちら、に随時更新されています。海外からの救援金については、本日(5月31日)付の速報の10-11ページに記載されています。

1ヶ月ほど前にも記事にしましたが、カナダ赤十字で集められた寄付金は、仮設住宅の家電に使われています。

そのほか、昨日のCase Statementにもありますように、避難センターで必要な緊急用品、医療に使われています。

海外向けの日本赤十字のレポートは、こちらです。最後に、各国から送られた寄付金のレポートもあります。


また、何か機会があったら、募金活動したいですね。メディアは静かになっても、草の根はそう簡単には絶えません。

アイデアがあったら、お声をかけてください。


関連記事
スポンサーサイト

カナダ赤十字より~経過報告

 2011-05-30
震災から2ヶ月以上がたち、その後、カナダ国内では、ケベック州、マニトバ州の大洪水、アルバータ州の大山火事、そして、最近には、アメリカ・ミズーリー州の衝撃的な大竜巻とたて続きに災害が続き、日本の災害については、メディアからほぼ、姿を消しました。


最近カナダ赤十字が更新した、Case Statementです。




Picture2.jpg


May 2011


On Friday March 11, a 9.0 magnitude earthquake struck Japan causing major damage and triggering 4 metre waves in Japan and a tsunami warning across the Pacific Coast. Official estimates indicate the disaster has left 12,985 people dead, 14,809 missing and 174,000 people remain displaced.
The Government of Japan is estimating that the that it will take three years to clear all the debris - in Miyagi prefecture alone there is 18 million tons of disaster debris, the equivalent of 23 years of waste.
3月11日金曜日、マグニチュード9.0の日本で起きた地震は、主な被害の原因となり、4メートルの津波を引き起こし、太平洋岸に渡り津波警報をもたらすこととなりました。正式発表によると、死者は1万2千985名、行方不明者1万4千809名、17万4千名がいまだに避難している状態です。日本政府は、全ての瓦礫を片付けるのに3年かかると予測しています-宮城県だけで、瓦礫は1800万トンにのぼり、それは、23年分の廃棄物に相当します。

Picture3.jpg


In addition, the earthquake has caused instability at nuclear power plants - the worst currently being the Fukushima plant and response authorities are evacuating the 20 kilometre exclusion zone around the plant.
さらに、地震は原子力発電所の不安定さの原因となりました。-現在最悪な状態なのは、福島原発で、対応を迫られた日本当局は、発電所から20km圏の住民を避難させることになったのです。


This disaster is worse than anything that could have been expected or prepared for. Emergency personnel are struggling to meet the overwheling humanitarian needs on the ground.
この災害は、今まで予測し、備えてきたものよりも、はるかに深刻なものです。緊急救済員は、被災地での圧倒的な人道支援に対応すべく、奮闘しています。

The scale of this disaster is enormous and once immediate needs are met it will take years to help people rebuild their homes, lives and communities.
災害のスケールは巨大で、一度緊急の必要性が満たされ、その後、人々が家、生活、地域社会を再建する支援は、何年も要するのです。

Red Cross Response
赤十字の対応

The Red Cross response to this disaster was immediate.
Red Cross teams continue to work around the clock to meet the needs of the most vulnerable. As part of the Red Cross relief operation, more than 192,000 blankets, 183,000 pieces of clothing, 26,000 emergency relief kits and 11,000 sleeping kits have been handed out to evacuees.
この災害に対する赤十字の対応は迅速なものでした。今も、日夜活動を続け、最も弱い(もろい状況の)人が必要としているものの対応に従事しています。救済活動の一部として、19万2千枚の毛布、18万3千着の服、2万6千の緊急救済キット、1万千の寝具キットを避難者の皆さんに届けました。

Picture1_20110531130502.jpg


The Japanese Red Cross, in consultation with seven Red Cross National Societies including the Canadian Red Cross, has identified several areas where donations will be used to support direct relief and recovery activities.
日本赤十字は、カナダ赤十字を含む他国の赤十字と協議しながら、被災者への直接的救済と復興活動に使われるべき寄付金の配分等を特定しました。

Your donation will be used to help cover the needs in evacuation centres and mobile units by bringing medical care to both smaller and more remote centres, as well as the general public. These teams contain personnel trained in psychosocial support, an essential service to address increasing numbers of traumatized people. It is also providing continuing emergency relief activities, including the provision of water tanks at evacuation centres to prevent infectious disease, improving living conditions for survivors in evacuation centres and in temporary housing, as well as other recovery and rehabilitation projects.
カナダ赤十字に集められた寄付金は、避難センターで必要なもの、小規模な、あるいは遠方のセンター、そして一般市民のためにも派遣される、移動医療の必要に応えるために使われることになります。これらの医療チームには、増加しているトラウマに苦しんでいる被災者の本質的なサービスに取り組むための、心のケアーの訓練を受けた人員も含まれます。また、緊急支援活動も続けて行われています。感染症を防ぐための、避難センターへの水のタンクの供給、避難センターや仮設住宅で暮らす被災者の生活環境の改善、その他、復興・レハビリプロジェクトなどです。

Picture2_20110531131246.jpg


As the disaster shifts from the emergency to recovery phase, assessments will be done to determine how the Red Cross can best support longer-term relief and recovery efforts in affected communities. These initiatives require significant amounts of funds to allow communities to regain their resilience over the coming months and years ahead.
緊急時対応から、復興の局面に移行していくに従い、赤十字として被災地域社会での長期救援復興活動に、どのように一番良い形で支援できるのかが査定されます。これらの被災地域を活性させるためには、これから何ヶ月も何年にも渡り、本当の多くの資金が必要なのです。





赤十字は、メディアが伝えなくなっても、被災者の皆さんが復興を達成するまで、伝えつづけます!


バーナビーには、日系プレイスがあり、日本文化とカナダ日系人の歴史を伝え続けています。

なので、地元紙には、こんな記事も紹介されました。


Burnaby Nowより。




Nikkei Place continues to host fundraisers for Japan relief
日系プレイスは、日本救済の募金活動を継続

By Ashley Owens, Burnaby Now May 27, 2011

Nikkei Place in Burnaby continues to host fundraising efforts for earthquake and tsunami relief in Japan.
バーナビーの日系プレイスでは、日本の地震・津波救済募金活動を続けています。

The centre has donated about $5,000 worth of event space to various groups to help them raise money, according to Sherri Kajiwara, acting executive director at Nikkei Place. She said that a recent concert benefit at the Queen Elizabeth Theatre has also been a big contributor to relief funds.
取締役代理のかじわらシェリーさんによると、このセンターは今までに、様々の募金活動を支援するために、5千ドルほどかかるイベント会場を提供してきた、とのことです。最近コンサートに会場を提供してくれた、クイーンエリザベス劇場も、この支援資金集めの大きな貢献者となりました。

Kajiwara said the organizer of the concert, Linda Ohama, hoped to raise about $150,000 but her goals were surpassed by the collection of over $200,000 in donations.
主催者のおはまリンダさんは、当初15万ドル(約1500万円)は集めたいと思っていましたが、実際には、目標を超える20万ドルの寄付金が集められたのです。

The Sixth Annual Nikkei Classic Golf Tournament that is set to take place on June 26 will also be setting aside partial proceeds for earthquake relief. The tournament host, Ken Yada said if they raise $25,000, he would like to see $10,000 go towards the Red Cross Japan Tsunami/Earthquake Emergency Relief fund.
6月26日に開催される、第6年度、日系クラシックゴルフトーナメントで集められた金額の一部も地震救済に当てられることになっています。やすだけんさん主催のこのトーナメントでは、2万500ドル(約250万円)集まったら、1万ドルは赤十字の津波・地震基金に送りたい、と述べました。


Golf_Poster-2011_EVG_banner-1.jpg


"I know they need all the funds they can get," he said. "We decided this would be a good gesture."
「日本では、できる限りの基金が必要だと思う」と彼は言いました。「これは、私たちの良い意志表示だと思いました。」

As a whole, Canada has managed to collect $30 million in donations, according to Bas Brusche, B.C. provincial manager of public affairs for Canadian Red Cross. He said B.C. has been particularly strong, with more than 700 community fundraising events in the Lower Mainland.
カナダ赤十字のBC州広報部長のBas Brusche氏によると、合計で、カナダでは、3千万ドル(約30億円)の寄付金が集まったとのことです。Lower Mainlandで行われた、700件以上の募金活動・イベントを含め、BC州は特に活動が活発だ、と言うことです。
 




カナダのメディアで、日本のことを目にすることはなくなりましたが、カナダに住む日本人の心は、まだまだ日本に向いていると思います。


不信任決議案・・・ちょっと残念です。

回転ドアの政治、と言われていた日本政府が、この一大事に、まだその喜劇を続けているのは、日本人として少し恥ずかしいです・・・(幸い目立ったニュースとして伝えられてはいませんが)


今は、全党一丸となって、日本国のために同じ方向を向いて協力し合えないでしょうか?リーダーの力が足りないのであれば、それぞれの能力を結集して、助け合い、前進してくれることを心より願っています。辞任はその後、この全党一丸プロジェクトの縁の下で、リーダーシップを取りえた人材に譲ったらどうでしょう?誰かを引き摺り下ろすのではなく、何ができるのかを、皆、本当に期待しているのです。


地震前と地震後の日本。。。


と、世界が注目しています。



関連記事

スタンレーカップファイナルにむけて

 2011-05-29
先週の24日、ウェスタンプレイオフのファイナルでサンノゼを倒しスタンレーカップファイナルに進むことになったカナックス!


114634891_slide.jpg
Photo from nhl.com


114632898_slide.jpg
Photo from nhl.com



対するはボストン。6月1日が第1戦です。

町中カナックスで盛り上がる中、


114635029_slide.jpg
Photo from nhl.com


こんなことが・・・


Vancouver Sunより




4857369.jpg

In a show of home-town support and solidarity, Boston Pizza has become "Vancouver Pizza" -- for the duration of the Stanley Cup Playoffs, anyway. The change was made on the restaurant chain's website almost immediately after the Boston Bruins won their series Friday night, and more substantial changes will take place early next week.
地元の支援と結束のしるしとして、ボストンピザは、「バンクーバーピザ」となります--スタンレーカップのプレイオフの期間中に限りですが。この変更は、ボストンBruinsがイースタンシリーズのファイナルを決めた金曜日の夜、ほぼすぐ後にレストランチェーンのウェブサイトでなされました。

中略 ~Omission~

Starting Monday, all restaurants will receive Vancouver Pizza banners to hang over their signage. They will also get Vancouver Pizza stickers to cover up the unsightly Boston Pizza logos on takeout containers. And staff will be instructed to answer the phones "Hello, Vancouver Pizza."
月曜日から全てのレストランには、看板にかけるための、「バンクーバーピザ」のバナーが届きます。また、テイクアウト用の入れ物にボストンピザと印刷された上に貼る「バンクーバーピザ」のシールも届きます。そして、従業員も、電話では、「バンクーバーピザでございます。」と答えるように指示されることになるでしょう。

中略 ~Omission~

This is the second time the company has changed its logo to show support for a home team; when Boston played Montreal earlier this year, all BP locations in Montreal become Montreal Pizza.
地元チームを支援するために、この会社がロゴを変えるのは2回目です。今年の初め、ボストンがモントリオールとプレイオフを戦ったとき、モントリオール内の全てのボストンピザは、モントリオールピザになりました。
(Game 3-3で迎えたGame 7で惜しくもモントリオールは負けてしまい。。。バア君はがっかり、だったのです。)

以下略 ~Omission~

全文を読みたい方は、Read more: こちら




ロージャーズアリーナのこの宣伝も、

114605950_slide.jpg
Photo from nhl.com


変わるかな??!!

もうひとつの見所です

さて・・

言葉のない世界に生きているエリーにとっては、

IMG_6014.jpg

『おいしそうな、臭いです♪』

名前が変わっても、全く意味がないです




・・・・実は、我がラビ君も、今日スプリングトーナメントのプレイオフでした。





ラビ君は、黄色いスケート紐の6番です。わかるかな?


結果は!



ブロンズ♪

IMG_6015.jpg

かわいくないなぁ、これ。

Championsじゃいんだけど・・・

よかったね。


関連記事

WAKE UP! JPAN!!!

 2011-05-26
カナダ人の友人に最近よく言われます。

世界で唯一の原爆被災国なのに、なぜ、日本人は、放射能の危険性を真剣に考えないの?と。

以下、本日のグリーンピースの記事です。






Marine life soaking up radiation along Fukushima coast
福島沿岸海洋生物に吸収される放射能


Blogpost by Greg McNevin - May 26, 2011 at 4:40



23132_44366.jpg


Two week’s ago we released preliminary results from our marine radiation monitoring work off the coast of Japan, near the melted-down and leaking Fukushima Daiichi nuclear plant. These results showed worrying levels of radioactive contamination in seaweed - a staple of the Japanese diet.
2週間前、溶融した原子炉から放射能漏れのあった福島第一原発近くの日本の海岸沖で、海洋放射能のモニタリングを行った予備調査結果を発表しました。この調査は、海藻の放射能汚染のレベルに懸念を与える結果となりました。-海藻は、日本人の食生活の主要食品の1つです。


After having difficulties finding a lab in Japan to do detailed analysis, we sent samples of seaweed, fish, and shellfish collected by our radiation monitoring teams both onshore and on the Rainbow to professional labs in France and Belgium. The results of the details analysis are back – and we can say that the situation in the ocean along the Fukushima coast is worse than we originally thought.
日本では、細密な分析をする適当な研究室が見つからなかったので、私たちは、陸上、沖合い両方での海藻、魚貝のサンプルを集め、フランスとベルギーの専門研究室に送りました。その詳細に渡る分析結果が戻ってきました。-そして、福島沿岸の海の状況が最初に考えていたよりも悪い状態だということが明らかになったのです。


The new data shows that some seaweed contamination levels are not only 50 times higher than safety limits – far higher than our initial measurements showed – but also that the contamination is spreading over a wide area, and accumulating in sea life, rather than simply dispersing like the Japanese authorities originally claimed would happen.
この新しいデータは、海藻の中に安全限界の50倍の汚染レベルを示したものがあっただけでなく-最初に測った時よりもはるか高い値を示していました-日本政府が当初起こりうる事として主張していたような、単に汚染が分散する、と言うよりはむしろ、広域にわたり汚染が広がっていると言うことも示したのです。


Other samples showed lower than expected concentrations of caesium, but much higher levels of iodine than expected, which raises serious concerns that contaminated water is continually leaking from the nuclear plant.
また、セシウムの濃度が予測していたより低いものも見つかった一方、ヨウ素の数値は予想よりはるかに高いものでした。ヨウ素の値の高さは、汚染された海水に原発から放射能がもれつ続けているという懸念を、より深刻にするものです。

Iodine has a short half-life of around eight days, comparing to caesium isotopes' half-lives of two years or more. Having higher iodine levels than caesium indicates that there is a significant, ongoing discharge of contaminated water coming from the damaged plant - despite the authorities only officially admitting to three releases into the ocean to date. This could have severe, prolonged effects on the marine ecosystem and all those that rely on it for their livelihoods.
ヨウ素の半減期(放射性核種あるいは素粒子が崩壊して別の核種あるいは素粒子に変わるとき、元の核種あるいは素粒子の半分が崩壊する期間)は8日間で、セシウム同位体(同位元素)の半減期は2年以上です。ヨウ素の値がセシウムより高いと言うことは、損傷したプラントからかなりの量の汚染水が絶えず流れでいていると言うことを示唆しています。-日本当局は、公式に、現在まで放出したのは、3度だけだと言っていましたが。これはつまり、海洋生態系についての再生努力が長引き、海洋生物で生計を立てている人全て影響すると言うことです。


Most of the fish and shellfish we sampled were found to contain levels of radioactivity above legal limits for food contamination, which is just one of the multiple, chronic sources of radiation exposure those living in the greater Fukushima area are faced with.
私たちが収集した魚介類のサンプルからは、食物汚染としての法的限界を超える放射能の値を発見しました。これは、福島近郊地区で暮らしているものが直面している、慢性的被曝の多くの根源のうちの1つの例にすぎないのです。


In April, the authorities raised official limits for levels of radiation exposure to 20 mSv per year for everyone – including children. However, this only accounts for external exposure - radioactive materials that are ingested, inhaled or absorbed through the skin increase exposure and the risk of developing cancer and other radiation-related illnesses.
4月に、政府は公式に被曝量の限界を20ミリシーベルトに引き上げました。-子供も含めてです。しかしながら、これは体表被曝量だけについてです。-体内に摂取され、呼吸から吸入され、皮膚を通して吸収された放射能物質は、被曝を高め、癌や他の放射性疾患に発展する危険率を高めます。


It is not enough for the authorities to keep putting band-aids on each problem as it appears. The Japanese government must launch a comprehensive, ongoing analysis of the marine environment along the Fukushima coast, fully disclose all information about the release of contaminated water, and make proactive protection and compensation efforts to support the people most affected and at risk from this disaster.
日本政府が、問題が明るみになるたびに、バンドエイドを貼り続けるような処置では十分ではないのです。日本政府は、福島沿岸の海洋環境についての包括的な、継続的な分析を開始しなければならず、汚染水放出についての情報を全て公開し、この災害で最も危険度が高い人たちを支援するための保護と賠償をあらかじめ計画する努力が必要なのです。


You can access all of Greenpeace's radiation testing data from the Fukushima area here
福島地区のグリーンピースの調査データは上記をクリックするとアクセスできます。 (放射能値のモニタリングの地図もあります)






高木文部科学大臣は、27日、福島県内の学校などで放射線量を低減させるための当面の対応を発表しました。それによりますと、学校での屋外の活動を制限する放射線量の目安は、これまでどおり年間の累積で20ミリシーベルト以下としながらも、今年度は、当面、年間1ミリシーベルト以下を目指すとしています。そして、土を取り除くことで放射線量を下げる効果が見込まれるとして、放射線量が1時間当たり1マイクロシーベルトを超えた学校を対象に、土を取り除く費用のほぼ全額を国が負担することを発表しました。高木文部科学大臣は、来週以降、福島県側と調整し、改めて福島県内の学校で放射線量の測定を行い、費用負担の対象とする学校を決めたいとしています。
~NHKより~


よく意味が分からないのは私だけでしょうか・・・・

20ミリシーベルトとしながらも、当面??? 1シーベルト以下を目指す????????

そういう曖昧な言い方は、本当にやめてください。



だから、国民が真剣に放射能の危険について受止められないのです!!!

今は、正確な情報と、単純明瞭な指示が必要なのです。


掘り起こした土は、どこに持っていくのかなあ・・・ちゃんと説明して欲しいです。



グリーン氏が、まだ専門家の会議、サミットの直前に書いた記事の中に、放射能災害についての常識について示唆されています。でも、この常識は、多くの日本人に実感として存在していません。被爆国なのに、です。戦後の復興だけに光が当てられ、その影で苦しんでいた人たちの声が表に出て行けなかったからなのでしょうか。出ていても、復興で潤っていった勢いで、そんなことには目を向けたくなかったのかもしれません。


母国日本!!今のままでは、国際社会が助けたくても、助けられません。

勇気のある一歩を、どうか踏み出してください。


菅直人首相は会議(G8サミット)の席上で福島第一原発の事故を世界の教訓とするよう、情報公開の徹底を表明。原発の安全を図るため、(1)IAEAによる安全指針の強化(2)IAEAによる安全評価のしくみの拡充(3)緊急時における対応ネットワークの強化(4)原子力安全規制当局の国際連携(5)原子力事故の早期通報条約など原子力安全関連条約の拡充――の五つを提案した。
~朝日新聞より~



建前の発言に終わらないことを信じて、見守っています。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

そういえば、

今日の夕方、エリーと散歩していたら・・・


ピタッとエリーの足がとまり、


IMG_5982.jpg


えっ?


IMG_5981.jpg


なんで・・・



IMG_5984.jpg


道路のど真ん中に・・・ やっぱり一人で・・・



車が近づいてきても動く気配がなかったので、つい

「MOVE!!」


と大きな声を出したら、あわててどこかに飛んでいきました。


エリーもはっと我に返り、あわてて、動き出しました




関連記事

人間流解釈

 2011-05-25
春に、近くの公園に朝と夕方、必ずやってきたマガモさん夫婦
We saw Mr. & Mrs. Duck every morning and some evenings last spring at this park.

今年もやってきました。
Here they are!! They came back.


IMG_5844.jpg


いつも一緒で、
They are always together.


IMG_5834.jpg


ちょっと私たちが近づくと
When we’re getting closer,


IMG_5833B.jpg


必ずだんな様が立ち上がり、
Mr. Duck stands up very quietly


IMG_5848.jpg


静かに奥様を守っているのです。
and he looks like protecting his wife.




IMG_5836.jpg

『まま、春が来たんだねぇ♪』
‘Here comes spring, mom!’


それが、1ヶ月ほど前。
This was about a month ago.




今日、どしゃ降りの中、おおはしゃぎで散歩していた私(?)とエリー。
We (?) do enjoy walking in literally POURING rain today,

少し前から気にはなっていたけれど、
and saw Mr. Duck lying on the basket ball court very still

今日は、このどしゃ降りの中、バスケットコートで雨に打たれてたたずんでいるだんな様。
getting Pouring water from the sky.

このところ奥様を見かけないのです。
I have noticed that I had not seen Mrs. Duck for a while.


どしゃ降りだったこともあり、私の想像は果てしなく広がり・・・
My imagination cannot stop expanding while seeing the lonely duck.

・・・ワシタカかコヨーテに連れ去られた奥様を、ただひたすらこの場所で待っているんだ・・・と。
Mrs. Duck must have been caught by eagle or coyote, and Mr. Duck is just waiting for her here believing her safety…


家に戻って、パパに最近奥様を見かけたか聞いてみると、やっぱり見かけていないと。
I asked Mr. Dad if he saw Mrs. Duck recently, and he said he hadn't.


「きっと、どっかで卵でも抱いてるんじゃない?」
“She must be brooding their eggs somewhere.”



人の解釈は、本当にそれぞれなのです。
The interpretations are totally different from person to person.

本当に、そうだったらいいな。
I hope that’s what it is.



IMG_5841.jpg


『まま、そんなことも分からないの・・・でもままには教えられない。』
‘Mom…how come you cannot understand what’s going on? But sorry, I can’t tell you.’


と言っているようなエリー。
She looks saying like that.


そして、これも私の解釈。
And this is also my interpretation.


言葉や欲のない世界ってどんな世界なんだろう・・・?
I wonder how the world, where’s no word and greed, looks like.



エリーが子犬のころはよく思ったものです。
When Ellie was a puppy,

エリーの母犬になりたい!! 
I seriously felt that I wanted be her DOG mother.



関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック