スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

IFAW-被災動物に希望の光

 2011-04-27
福島に取り残された動物のことが、どうにも頭から離れない日々が続いていましたが。

やっと、日本時間だと、昨日から、福島県による救出活動が始まりました。

福島第1原発事故 福島県、半径20km圏内でペットの保護開始 28日は6匹の犬と猫保護


よかった、と思うけれど、 「2時間」・・・??


警戒区域、ペットの悲劇 やせ細り徘徊 一時帰宅、再会できるか

この現実は、22日に閉鎖されるずいぶん前から、多くの人に叫ばれていた事実。

もっと、一日でも、一分でも早く、報道されていたら・・・

とも、つい思ってしまいます。


日本のSPCAを始め、民間、NPO、個人、本当にいろいろな人が、それぞれの形で、実際に危険を冒して22日まで必死の救助活動をしたり、政府、県、思いつくところは手当たり次第嘆願・交渉し、現状改善に尽くしていたことが、本当にありがたく感じられました。

その一方で、あまりにも統一性がなく、情報が散在しているような印象で、しかも、多くの人が危険を冒している、ということがとてももどかしく、どこかでいつも引っかかっていました。

そんな中、もやもやした霧がスパ~っと晴れた記事に出会えました。

今、私は、 n8369315364_2699778_904332.jpg に大きな期待をよせています





April. 22, 2011

IFAW convenes nuclear radiation experts for landmark animal rescue summit in Japan.
IFAW(国際動物福祉基金)は、日本で、画期的な動物救援サミットを計画し、放射能の専門家を招集


(Yarmouth Port, MA) - The International Fund for Animal Welfare (IFAW-www.ifaw.org) is organizing a gathering of radiation and animal rescue experts from the United States and Japan to discuss the current crisis and develop steps to provide aid to animals inside the evacuation zone. The team of experts will meet from May 2 -3 at the International House of Japan in Tokyo.
IFAWは放射能と動物救助の専門家をアメリカ、日本から集め、現在おかれている危機について話し合い、避難地区内の動物に救いの手を差し伸べるステップを考案するための集会を開く準備を進めています。この専門家チームは、東京の国際文化会館で5月2・3日に会合します。


Currently, there is limited information available for decontamination and/or treatment of animals affected by radiation, nor is there any standards established for determining when an animal has been exposed to an unsafe level of radiation. Little is known about the survivability of wildlife and pets - or the viability of farm animals - exposed to radiation.
現在、除染や被曝した動物の治療についての情報が限られています。そして、動物が放射能にさらされたとき、どの程度が危険なレベルなのかを判断する基準が一切設定されていないのです。被曝した野生動物やペットの生存率や家畜の生育能力について、ほとんど知られていません。


The goal of the IFAW-led summit is to develop response procedures and protocols to monitor, evacuate, and treat animals contaminated by radiation. The subject matter experts will cover issues such as radiation exposure, animal physiology, animal behavior, animal rescue and evacuation techniques, animal decontamination, animal sheltering and husbandry, wildlife habitat and rehabilitation, and human responder safety.
IFAWが先導するサミットの目標は、放射能に汚染された動物をチェックし、避難させ、治療するための対策手順、および規約を作成することにあります。専門家が話し合う議題は、被曝、動物生理、動物生態、動物救助と避難の技術、動物除染、動物シェルターとやりくり、野生動物生息地とその再生、そして、救助員の安全などを網羅します。


The committee includes representatives from the Japanese Ministry of Environment, United States Department of Agriculture (USDA): APHIS Animal Care and Wildlife Services, United States Army Veterinary Corps, veterinary and toxicology experts, academicians, and IFAW.
この委員会は、日本の環境省、アメリカの農務省の動植物検査サービス、アニマルケアー・野生動物サービス、米軍獣医団、獣医学および毒物学の専門家、学士会員、とIFAWから成り立ちます。



“We have been interviewing people from the evacuated towns and we’ve seen video evidence of a large number of animals, including livestock, horses, and companion animals that have been left behind,” said Dr. Dick Green, IFAW Disaster Manager. “We can’t turn a blind eye to Japan’s abandoned animals that have not received adequate food or water for more than a month and continue to receive dangerous levels of radiation.”
「我々は、避難先の人々に話しを聞き、ビデオに残された証拠を見、避難地区に大量の家畜、馬、ペットが残されていることが分かりました。」とIFAWの災害部長である、ディック・グリーン医師は語りました。「1ヶ月以上適当な食料や水が不足している、危険なレベルの放射能を浴び続けている、見捨てられた日本の動物たちを無視することはできません。」



The earthquake and subsequent tsunami that struck Japan on March 11 caused serious damage to the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant resulting in its inability to keep the nuclear reactors cool. After radiation was detected outside of the plant, the government of Japan declared a mandatory evacuation of residents within a 20km radius of the plant and residents within 30km radius have been strongly encouraged to evacuate.
3月11日に日本を襲った地震とそれに続く津波は福島第一原子力発電所に深刻な損傷を与え、原子炉の冷却を持続できなくしてしまいました。発電所外で放射能が確認されてから、日本政府は、20km圏内の住民に対して、避難勧告したのです。30km圏内の住民にも、避難を強く呼びかけています。


Research in the U.S. following a disaster has shown that as many as 30% of evacuees will attempt to re-enter a disaster zone to rescue their pet.
災害後のアメリカの調査によると30%の避難者は、ペットを救うために災害地に入るという結果が出ています。


“By removing those animals that can be safely decontaminated from the evacuation zone and reuniting them with their families, there will be a significant reduction in the number of people attempting to re-enter the danger zone - putting their own lives at risk,” added Dr. Green.
「避難地区から、安全に除染し得る動物たちを連れ出し、飼い主の元に返すことができれば、自分命を危険にさらし、危険な区域に戻ろうとする多くの人たちを減らすことができるのです。」


While the recommendations are developed, an immediate animal relief plan has been recommended to Japanese authorities that includes setting up feeding stations in the 20-30km zones, providing decontamination training to veterinary teams, positioning transport equipment in strategic staging areas and readying animal shelters for the influx of evacuated animals.
提案書をまとまめている一方、緊急動物救援プランを日本当局に提出しました。その中には、20-30km圏内にえさ場を設置すること、獣医チームに除染の訓練をすること、計画地区に輸送車両を配置し、殺到する避難動物を収容するシェルターの準備をすることなどが含まれます。

全文はこちら





そして、私の心の中の霧をスパ~っと晴らしてくれた、ディック・グリーン医師のブログから。





Japan Update: Gathering the World’s Experts in Tokyo to Help Animals in the ‘Hot Zone’
2011/04/25 By Dick Green
世界の専門家、「放射能ゾーン」の動物救済のため、東京に集結!


Six weeks have passed since that fateful day on March 11th when the earth and sea devastated much of the island nation of Japan. Six weeks but still, every day, we see news headlines on Japan, more often than not it’s about Fukushima and the nuclear crisis that continues to grip the nation.
あの運命的な日、3月11日に地球と海が、島国日本を大規模に荒廃させてから、6週間がたちました。6週間すぎた今でも、毎日のように、日本はニュースのヘッドラインを占め、それは大抵、日本がずっと悩まされている、福島県と、その原子力危機についてです。


I returned from an assessment trip to the impacted areas 3 weeks ago but now I’m starting to pack my suitcase again to head to Tokyo for a crucial meeting of radiation and animal experts.
私は、3週間前の査定調査の旅から戻りましたが、放射能と動物専門家の不可欠な会議のために、東京に向かうので、今またスーツケースに荷造りを始めています。






On my last trip there I met with Dr. Toshio Mizoguchi, a veterinarian who heads the Fukushima Wildlife Rehabilitation Center. Dr. Toshio showed us around his complex which had some, but not serious damage to its structure. His concern though was for the wildlife near the nuclear plant side, within that 20km exclusion area.
そのとき、私はみぞぐち・としお医師に会いました。彼は、獣医で福島野生動物レハビリテーションセンターのセンター長をしています。としお医師は、深刻ではありませんが、ある程度損傷したセンター複合舎を案内してくれました。彼の心配事は、発電所近くの野生動物だといいます。あの、20km圏内地区です。


We talked about ways to monitor radiation in all animals (wildlife, companion and farm animals) in the ‘hot zone’. We wanted to know how the radiation would affect them and how to decontaminate and evacuate them to safer areas.
私たちは、その「放射能地区」内の全ての動物(野生動物、ペット、家畜)に対しての放射能検査の方法について話しました。放射能が動物たちに与える影響と、除染し、安全な地域に避難させる方法を知りたかったのです。


Also, well-intentioned groups and animal owners were starting to head into the danger zone to care for and sometimes bring contaminated animals out. We’ve seen this happen before but it brings about a very dangerous situation. Now we’re seeing that the Japanese government is taking aggressive steps to tighten up security around the evacuation zone perimeter.
心ある団体や、飼い主は、動物たちの世話をするために、あるいは、時に汚染された動物をつれて出すために、その危険地区に向かい始めていました。そして今、日本の政府は、その避難地区の安全強化ために強引な一歩を踏み出ことになりました。

So, during the meeting with our Japanese colleagues, a plan started to take shape. We realized that if we could get some of the world’s top subject matter experts together soon to talk about Fukushima and the animals that were left behind, we could come up with plan to help the animal owners and the government of Japan in dealing with some of the tough issues surrounding radiation exposure. This would no doubt have huge animal welfare importance not only for animals affected in Japan but for any similar situation in the future.
なので、私が日本の活動仲間たちと会っている間に、計画は形になり始めました。私たちは、もし、一番問題になっていることについての、世界でトップクラスの専門家たちを一刻も早く集め、福島と取り残された動物たちについて、話合えば、飼い主たちと、放射能汚染についての厳しい問題を扱っている日本政府を救う計画を生み出すことができきると気づいたのです。これは、疑いなく、今被災した動物たちについての、多大な動物福祉の重要性についての問題ですが、それだけではなく、将来起こるかもしれない同じような状況に備えるためにも重要なのです。


We feel that the best way for the International Fund for Animal Welfare to contribute to the recovery efforts was to form a panel of experts and bring them to Japan as soon as possible. Now, we have a summit planned for the 2-3 of May where 14 experts from Japan and the United States will convene to produce recommendations, procedures, and protocols for monitoring, evacuating, and decontaminating animals if necessary.
IFAWが復興活動に最も貢献できるのは、専門家の委員会を作り、そのチームを一刻も早く日本に派遣することだと感じています。今、日本、アメリカからの14名の専門家が集まり、必要であれば、動物の被曝状態のチェック、避難、除染についての提案書、手順、規約を作るために5月2・3日にサミットを開くことになっています。


中略(重複のため) ~omission~


Japan is going to have to make some very difficult decisions in the coming days. A determination will need to be made very soon about the animals in close proximity to the nuclear station - especially now that access is being denied to the owners. We do not want to see these animals suffer and there may come a time when the only humane answer is euthanasia. But before making these kinds of decisions, our sincere hope is that the government will sit down with this group of experts to ensure that good animal welfare practices are taken into account when making these tough decisions.
日本は、まもなくとても難しい決断をいくつかしなければならないでしょう。原発付近、特に現在飼い主に立ち入りが禁止されている地区にいる動物について、すぐにでも決断が下される必要があるでしょう。私たちは、動物たちが苦しみ、人としての答えが、安楽死だけという時を迎えるようなことにはさせたくないのです。しかしながら、日本政府がこの種の決断をする前に、私たちの心からの希望は、専門家部グループと政府がじっくりと話し合い、この難題な決断をする際に、動物福祉のあり方について重要視しなければならないことを、確信してもらうことなのです。


中略(重複のため) ~omission~


Today, I re-visited one of the unbelievable videos of the tsunami slamming into Japan’s eastern coastline. It helps remind me of what this is all about. All those people and all those animals that were caught in the middle and how desperately they need our help now to deal with yet another disaster caused by the crippled nuclear plant.
今日、東北海岸を襲った津波の信じがたいビデオをまた見ました。それは、一体今向かい合おうとしていることが何なのかを再確認させてくれました。この津波に被災した人々、動物たち。そして、機能を失った原発が起こした更なる災害に立ち向かうのに、彼らがどれだけ悲痛な想いで私たちの助けを必要としているのか。





全文は、こちら





グリーン医師の査定調査の旅のビデオで、

「この動物たちをこのまま苦しめさせることはできない。」

と言う言葉が、胸に頼もしく響きました。

そして、野生動物の生態系が破壊されてしまった被災地から運ばれてくるであろう沢山の負傷した野生動物たちを保護するために、リハビリセンターの施設の拡大・強化まで視野は広がっています。

そして、20km圏内の立ち入り禁止という強行政策が、万が一の炉心溶融の危険から国民を守るためだということを、冷静に受け止めているように感じます。


私が、もやもやと、ずっと求めていたものに、やっと出会えた嬉しさでいっぱいです。


この活動で、彼ら自身がもっとパワーアップし、世界中の被災動物の救助技術につながるよう、期待は膨らみます。





関連記事
スポンサーサイト

どうして神様はママを作ったのか?

 2011-04-27
~メール回覧板~


Answers given by 2nd grade school children to the following questions:
小学2年生に聞きました。

Why did God make mothers?
なぜ、神様はママをつくったの?

1. She's the only one who knows where the scotch tape is.
 セロハンテープがどこにあるのか知ってるのはママだけだから。

2. Mostly to clean the house.
 お掃除をしてくれるから、がほとんどの理由。

3. To help us out of there when we were getting born.
 僕たちが生まれてくるときに、出てくるのを手伝ってくれるように。


DSCN0308.jpg
ボア君2年生



How did God make mothers?
どうやって神様はママを作ったの?

1. He used dirt, just like for the rest of us.
 土で作った。僕たち、他の人間と同じように。

2. Magic plus super powers and a lot of stirring.
 魔法とスーパーパワー、それで、いっぱいかき混ぜた。

3. God made my mom just the same like he made me. He just used bigger parts.
 ボクを作ったのと全く同じようにママのことも作った。ただ、大きい部分を使っただけ。



What ingredients are mothers made of?
ママは、どんな原料でできてるの?

1. God makes mothers out of clouds and angel hair and everything nice in the world and one dab of mean.
 雲と、天使の髪の毛、それと世界でいいもの全部と、いじわるをちょっと。

2. They had to get their start from men's bones. Then they mostly use string, I think.
 まずは男の人の骨から始めなきゃならなくて、それから、大体は、糸で・・だと思う。



Why did God give you your mother and not some other mom?
なぜ神様は君たちにママをくれたの?何で他のママじゃなかったの?

1. We're related.
 ボクとママは縁続きだから。

2. God knew she likes me a lot more than other people's mom like me.
 神様はママが、他のママよりボクのことをずっと好きだって知ってたから。
 
 
DSC_0083.jpg
ラビ君2年生


What kind of a little girl was your mom?
ママは、どんな小さな女の子だった?

1. My mom has always been my mom and none of that other stuff.
 ママはいつもボクのママで、他のどんなものでもなかった。

2. I don't know because I wasn't there, but my guess would be pretty bossy.
 分からない。だって、ボクはいなかったから。でも多分すっごく威張ってたと思う。

3. They say she used to be nice.
 みんな、ママは前はやさしかったって言ってる。




What did mom need to know about dad before she married him?
ママは、パパと結婚する前に何を知ってなきゃならなかった?

1. His last name.
 苗字。

2. She had to know his background. Like is he a crook? Does he get drunk on beer?
 パパの経歴。彼はコックなのか?とか、ビールを飲んで酔っ払うか?とか。

3. Does he make at least $800 a year? Did he say NO to drugs and YES to chores?
 彼が最低1年に800ドル(8万円)稼ぐか? 彼が、ドラックは「やらない」と言って、家事は「やる」と言ったか?


ジャス~3
ボア君2年生



Why did your mom marry your dad? 
何でママはパパと結婚したの?

1. My dad makes the best spaghetti in the world. And my mom eats a lot
 ボクのパパが、世界で一番おいしいスパゲティを作ってくれるから。ママは沢山食べるんだ。

2. She got too old to do anything else with him.
 ママは年をとりすぎて、パパと他に何もすることがなくなっちゃったから。

3. My grandma says that mom didn't have her thinking cap on.
 グランマが、ママがよく考えなかったからって言ってる。
 


Who's the boss at your house?
君の家で主はだれ?

1. Mom doesn't want to be boss, but she has to because dad's such a goof ball.
 ママは主にはなりたくないけど、パパがあまりにもおばかさんだから、ママがならなきゃならない。

2. Mom. You can tell by room inspection. She sees the stuff under the bed.
 ママ。部屋の点検で分かるんだ。ママには、ベットの下のものが見えちゃう。

3. I guess mom is, but only because she has a lot more to do than dad.
 ママだとおもう。だって、パパよりママのほうが沢山することがあるから。



What's the difference between moms and dads?
ママとパパの違いはなに?

1. Moms work at work and work at home and dads just go to work at work.
 ママは外でも家でも働くけど、パパは仕事に行くだけ。

2. Moms know how to talk to teachers without scaring them.
 ママは、先生を怖がらせずに話をする方法を知っている。

3. Dads are taller and stronger, but moms have all the real power 'cause that's who you got to ask if you want to sleep over at your friends.
 パパは、背が高くてママより強い。でも、ママには、本当の力がある。だって、友達の家に泊まりに行きたいときにお願いしなきゃいけないのは、ママだから。

4. Moms have magic, they make you feel better without medicine..
 ママは魔法が使える。だって、薬を使わなくて、気分をよくしてくれるから。


Picture 030
ラビ君2年生



What would it take to make your mom perfect?  
ママが完璧になるには何が必要?

1. On the inside she's already perfect. Outside, I think some kind of plastic surgery.
 中身は、ママはもうパーフェクト。外見は、ある種の整形手術だと思う。

2. Diet. You know, her hair. I'd diet, maybe blue.
 ダイエット(Dye=染めるの間違え。)分かるでしょ。髪の毛をダイエット(ダイ=染める)すること。僕だったら青く染めるな。



If you could change one thing about your mom, what would it be?
ママを1つだけ変えることができたとしたら、それは何?


1. She has this weird thing about me keeping my room clean. I'd get rid of that.
 ママは、いつも、この変なことを-自分の部屋の掃除-させる。それをやめさせる。

2. I'd make my mom smarter. Then she would know it was my sister who did it not me.
 ママをもっと賢くしたい。そうすれば、怒られることをやったのがボクではなく、ボクのお姉ちゃんだって分かるから。

3. I would like for her to get rid of those invisible eyes on the back of her head.
 ママの頭の後ろについている見えない目をなくしたい。



ellie 034 
エリー2年生?


みんなとっても純粋で正直で・・・

小さな世界に広がる、素朴で、大きな想像力。

すごくよく分かるから、笑っちゃう







関連記事

どきどき

 2011-04-26
今日は、朝からどきどきしていました。

ボア君がファンの、モントリオール・CanadiensのGame 6。

今日負けたら、終わりです。


Montreal Gazette
Photo from Motreal Gazette

勝利を収め、Game7へ進めることに!!


エリーはどうしてるのかな?と思えば、

IMG_5856.jpg

別室で、なんとか、ベットに収まろうと・・・



かんがえてみれば・・・


リビングルームに家族全員、同じテレビ番組を見るなんて、


オリンピックでホッケーのTeam Canadaがプレイしているときと、


CanucksかCanadiensのプレイオフのゲームくらいだなぁ・・・


レギュラーシーズンをトップで通過したバンクーバー・Canucksは、宿敵シカゴ・Black Hawksに手を焼いていました。今日は、運命のGame7。第一ラウンドの最終戦です。


3年目にして、何とか倒したいところ・・・


2年連続で経験した、苦い思いが、脳裏をかすめ・・・


全員息を呑んで、画面を見つめていたのですが、


約1名


042611-1.jpg


ベットに収まろうとがんばっていたので、疲れたらしく・・・



1-0で第3ピリオドまでリードしていたのに・・・

最後の数分で、しかも、Canucksのパワープレイだったのに、1点返されてしまいました。


はぁ・・・・また延長戦かぁ・・・


でも、


IMG_5861.jpg


やった~!!ついに倒したぁ~!!



4679259.jpg
Photo from Vancouver Sun


我が家のリビングルームも、この状態になっている中、



最後ぐらいはと、延長戦応援に参加していたエリーは・・・


IMG_5862.jpg


やっぱり眠い・・・らしい





関連記事

エリーの寝息

 2011-04-24
被災地に取り残された動物たちのことが、頭から離れません。






4月19日の放送の後、22日に福島原発20km圏内が立ち入り禁止地区になり、救助の手も断絶されてしまうという事実を知ってからというもの、

さらに、じっとしていられない気持ちをうまく消化できず、とりあえずしたことは、


首相官邸に嘆願メッセージ送信。。。

Care2・嘆願署名サイトに署名。。。

NHKに番組で取り扱ってもらえるよう、お願いのメッセージ送信。。。


そんなことしている間にも、どんどん失われていく命を感じずにはいられず・・・


なにやってるんだろう・・・・

と焦燥感と無力感に打ちひしがられている傍らで、


IMG_5761.jpg



エリーの寝息に、涙が出るほど感謝し、

よし!

まだできることがあるかもしれない。

と思うのでした。



関連記事

相棒

 2011-04-21
思い起こせば、このプカプカとの出会いはクリスマス
Ellie got this Puka-Puka on the last Christmas.


なぜかそばにいると安心し、どんなことも受け入れてくれるかけがいのない相棒となりました。
It comforts her, and accepts whatever she wants. It’s her best buddy now!



042111-2.jpg

噛み応え最高の帽子。
She feels so happy when chewing its Santa hat.


042111-1.jpg

『大好き!』
‘Love you!’



042111-3.jpg

『一緒に、一眠りしようね!』
‘We are always together♪’


042111-4.jpg



エリーの緊急時のために用意する、お気に入りのおもちゃNO1です
It’s definitely one of the most important itmes on her emergency preparedness kit list as her most favorite toy, as well as her FOOD!!






関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 20歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 17歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 8歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事

カテゴリ
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。