スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

カナダで一番住みやすいところ

 2011-03-31
世界で一番住みやすい街のトップにランキングされた、バンクーバーですが、

今回のMoneySense誌による、カナダで一番住みやすい街のランキングでは、29位となりました。敗因は、最下位の180位となった住宅価格でしょう。人口増加率は26位。雇用の見通しは、110位でした。


DeepCove 015


TOP10は以下のとおり。

1. Ottawa, Ontario - 16th in new cars on road. 117th in affordable housing.

2. Victoria, BC - 4th in weather. 169th in affordable housing.

3: Burlington, Ontario: 2nd for low crime rate. 156th for walk/bike to work.

4: Kingston, Ontario. 4th in health care access. 107th for new cars on road.

5: St. Albert, Alberta. 2nd for discretionary income. 163rd for walk/bike to work.

6: Fredericton, Ontario - 6th in affordable housing. 145th in weather.

7: Brandon, Manitoba. 2nd for job prospects. 141st in discretionary income

8: Edmonton, Alberta - 11th for discretionary income. 120th for affordable housing.

9: Repentigny, Quebec. 7th for new cars on road. 161st for walk/bike to work.

10: Winnipeg, Manitoba - 25th in job prospects. 122nd in low crime rate.


11位から25位までには、New Brunswickから、Monctonが11位、YukonからWhitehorseが12位、Saskatchewan州から2都市、Alberta州からは、Calgaryが16位、Lethbridgeが19位、Quebec州から3都市、Ontario州から5都市、Nova Scotia州のからHalifaxが21位。以上の15都市が入りました。


以下、Ottawa Citizenより




Ottawa is the best place to live in Canada, or so says MoneySense magazine in its annual ranking of Canadian cities.
オタワがカナダで一番住みやすい場所だと、MoneySense誌が年間ランキングを発表しました。


1210549.jpg
Ottawa~Photo from Ottawa Citizen


Vancouver, meanwhile, did not finish in the top 25, ranking 29th due to finishing dead last among 180 cities for affordable housing.
一方バンクーバーは、25位にも入らず、180都市のうち、住宅価格が最下位となり、29位にランキングされました。


Ottawa-Gatineau placed first for the second year in a row, on the strength of consistent scoring across the more than 20 categories the magazine used to measure livability.
オタワは、住みやすさを測る20項目以上にわたり、一貫してよい評価を保ち、2年連続1位となりました。


The poll measured everything from weather to crime rates to job prospects. Ottawa’s lowest score was on housing affordability, coming in at 117 of 180, its highest rank was in the “new cars on the road” category where Ottawa placed 16th. The city averaged around the 60th place in most of the rankings, and had far fewer peaks and valleys compared to other cities in Canada.
投票の基準は、気候、犯罪率、雇用の見通しなど多方面に渡ります。オタワの最低得点は、住宅価格で、180都市のうち117位で、最高得点は、新車の普及で、16位にランクされました。ほとんどの項目で平均地の60位をマークし、カナダのほかの都市に比べ、極度に評価が低かったり高かったりという項目があまりみなれませんでした。

中略~Omission~


This is the sixth year the economic magazine has put out the list and the fourth time Ottawa-Gatineau has finished first.
この経済誌がランキングをはじめて、6年目になり、オタワがトップになったのは、これが4回目となりました。


This year’s ranking saw Victoria come in second, up from its eighth-place finish last year. Kingston and Burlington in Ontario and St. Albert, Alberta, north of Edmonton, round out the top five. Toronto placed 88th, and Montreal came in at 123rd.
今年、ビクトリアは、去年の8位から、2位まで上がりました。オンタリオのキングストン、バーリングトン、アルバータのエドモントンの北、セントアルバートが、上位5位を占めています。トロントは88位、モントリオールは123位でした。


Victoria 025
Victoria~Photo from Mr. Boar's G7 Grad's trip


Only communities with a population of more than 10,000 are evaluated, resulting in a list of 180 cities and towns across Canada. In the survey, cities are assigned points based on their ranking in each particular category. Cities finishing near the top are awarded full points, while those settling near the bottom only receive a portion of the available points. The scores are then tallied and used to make up the overall rankings. Ottawa finished with 71.77 points of a possible 105.
この調査は、人口1万人以上の市町村が対象で、カナダの180の市町村が、当てはまります。この調査では、各カテゴリーのランキングを基に、それぞれの市町村に得点され、ランキングが高いほど、高い得点が、ランキングが低いと、それなりに低い得点が与えられます。それらの得点が集計され、全体としてのランキングが決定されます。オタワは、最高の105ポイントのうち、71.77ポイントをマークしました。


Read more: 全文は、こちら





カナダの外から見たバンクーバーと、カナダの中から見たバンクーバーは、かなり違うようです。


というか、きっと評価の基準がちがうのかもしれません。


180位になった、住宅価格。


これは、かなり海外の投資家に影響されているようにも感じます。


IMG_5596.jpg

『あたしの、このおうちも、結構な値打ちなのかしら・・・



関連記事
スポンサーサイト

世界から見た日本人観

 2011-03-30
今日、友達から、こんなメールが回ってきました。





Ten Things to learn from Japanese
日本人から学んだ10のこと。


1. THE CALM もの静か

Not a single visual of chest-beating or wild grief. Sorrow itself has been elevated.
感情が爆発したり、激しい悲しみを一切見せない。悲しみそのものが心の中で高まっていた。


4477393.jpg
Photo from Vancouver Sun


2. THE DIGNITY 気高さ

Disciplined queues for water & groceries. Not a rough word or a crude gesture.
水や、食料品を待つ規則正しい列。大声を上げたり、取り乱したりする様子がない。


4477423.jpg
Photo from Vancouver Sun


3. THE ABILITY 能力

The incredible architects, for instance. Buildings swayed but didn’t fall.
すばらしい建築家たち。ビルは揺れたけれど、倒れなかった。


4. THE GRACE 善意

People bought only what they needed for the present, so everybody could get something.
物が皆に行き渡るように、それぞれが必要なものだけを購入した。


4477412.jpg
Photo from Vancouver Sun



5. THE ORDER 秩序

No looting in shops. No honking & no overtaking on the roads. Just understanding.
店での強奪もなし、車の警笛を鳴らしたりもしなければ、追い越しもなし。そこにあるのは、理解のみ。



4477379.jpg
Photo from Vancouver Sun


6. THE SACRIFICE  犠牲

Fifty workers stayed back to pump sea water in the N-reactors. How will they ever be repaid?
(原子力発電所の)50人の従業員が、原子炉を冷やす海水を吸い上げるためにとどまった。どうしたら、それまでに迅速な行動がとれるのか?


7. THE TENDERNESS  やさしさ

Restaurants cut prices. An unguarded ATM is left alone. The strong cared for the weak.
レストランが料金を下げた。現金自動預け払い機も警備なしで安全。強者は弱者を思いやった。


8. THE TRAINING  訓練

The old & the children, everyone knew exactly what to do. And they did just that.
老いたるものも、子供たちも、皆が何をするべきなのか、ちゃんと分かってた。そしてそれをただ実行した。


9. THE MEDIA  報道

They showed magnificent restraint in the bulletins. No silly reporters. Only calm reportage.
ニュース速報は、思慮深く抑制されていていた。ばかげたレポーターはいなく、落ち着いた報道だった。


10. THE CONSCIENCE  誠実

When the power went off in a store, people put things back on the shelves & left quietly.
店の中で停電になると、人々は商品を棚に戻し、静かにその場を立ち去った。


AWESOME VIRTUES.................................
こんな美徳があるだろうか・・・・・・





自己主張がとっても大事な北米社会。


大したこともしていないのに、まるでプロジェクトを成功させたのは、あなた、みたいに、観衆の前で感謝の言葉をささげられたり・・・

そんなアピールがとても上手で、自然な北米社会。


今回美徳と絶賛された日本人気質が、今までは、静かすぎて、どちらかというと生きていくのに不利なことが多かったような気がしていたけれど・・・


こんな時だから、余計そんな風に評価されたことが嬉しく感じるのかな?


3月25日にThe Global and Mailに載った、Letters to the editorの1つです。




I wish to express my deep gratitude to the people of Canada for their warmth and generosity to my country during a time of despair and tragedy. In addition to the unimaginable number of lives taken, the recent earthquake and tsunami have also affected the lives of hundreds of thousands of residents – including children – in the hardest-hit regions.
絶望と悲劇の只中にいる我が国に対しての、カナダの人々の温情と寛大さに対して、深く感謝しています。この地震と津波は、子供を含め、一番被害の大きな地域で、何十万人もの生活に影響を与えました。

The Japanese Red Cross, with the support of the International Red Cross and Red Crescent Societies, decided not to issue an “official emergency international appeal,” thinking of the many friends in need around the world. This announcement, understandably, caused a lot of misunderstanding inside and outside Japan.
日本赤十字は、国際赤十字と共に、今回は、正式な国際援助の要請をしないことを決定しました。世界中にいる、援助が必要とされている他の友人たちのことを考慮してのことでした。もっともの事ですが、この発表は、国内外に多くの誤解を生むことになりました。


The Japanese Red Cross is certainly welcoming contributions to residents of the disaster-affected regions through the Canadian or Japanese Red Cross. I thank you for your understanding.
日本赤十字は、もちろん、カナダ赤十字、あるいは日本赤十字を通しての、被災地の住人に対しての貢献をありがたく受け取っております。心から、ご理解いただけることを感謝します。

Kaoru Ishikawa, Ambassador of Japan, Ottawa




技術も、体勢も整っている裕福な国日本には、援助はいらないのか。

義援金の要請がないのに、なぜカナダ赤十字が募金を受け取っているのか。

などの、疑問が沸くのも当然のことだったのでしょう。

日本赤十字は、関係の深い国の赤十字に、直接要請を出していました。カナダ赤十字もその1つです。

そして、本当に多くの人が、疑問を抱く前に、寄付金を送ったり、募金活動をしてくれていました。



紛争、貧困の続く他国を思いやっての、静かで謙虚な決断が、誤解を生んでしまった一例です。

一方で、その物静かな謙虚な国民性が美徳として人々の目に映り、心を動かしているということは、本当に嬉しいことです。


息子たちが、I'm proud of CANADAといつも心に抱いているように、

私は今、"I'm proud of JAPAN"と何の迷いもなしに感じています。


『カナダ生まれだけど・・・

033011-1.jpg

日本人の心、わかります』


関連記事

国際赤十字派遣員の日記

 2011-03-29
国際赤十字赤新月社連盟より、BBCの依頼により記された、日本に派遣されているKathy Muellerさんの日記が、ウェブサイトに掲載されました。





1日目、2日目をご覧になりたい方は、こちら


_51806203_kathy.jpg
Photo from BBC


Day three
3日目

On a normal day, the gym at this youth centre in Yamada, Iwate prefecture, would be filled with kids, shooting hoops, or playing volleyball or badminton. But these are not normal days. This gym is now doubling as an evacuation centre; it is home to almost 300 earthquake and tsunami survivors.
いつもなら、この岩手県山田町にあるユースセンターの体育館は、輪投げや、バレーボール、バトミントンなどをする子供たちで沸きかえっているのですが、今ではそのような日常はありません。この体育館は今は非難センターとしてその姿を変えています。300人の被災者の暮らすところとなっているのです。


They huddle together on blankets on the floor, their meagre belongings crammed tightly into plastic bags form a mini-fortress around their allotted space.
彼らは、床にひいた毛布の上に、身を寄せ合っています。ビニール袋に入れられた、彼らのわずかな身の回り品がひしめき合って並べてあり、割り当てられたスペースの周りを囲む小さな要塞のようです。


An elderly couple invite me to sit. Katsuko does all the talking. Her husband, Kisaburo, is now 80 years old, and his hearing is failing him. She tells me their house is on top of a hill and survived the disaster, but they don't have water or electricity so they now live in the evacuation centre.
ある老夫婦が、彼らのところに座るように招いてくれました。かつこさんが全てを語ります。夫のきさぶろうさんは80歳で、耳もよく聞こえなくなっているのです。彼らの家は丘の上にあって、倒壊は免れたものの、水も電気も通っていないので、避難所で暮らしているのだと言います。

_51864989_kisaburoandkatsukoshimomurayamadaimg_9582.jpg
Photo from BBC,かつこさんときさぶろうさん



She talks about losing her brother, nieces and nephews when the giant waves swept through their town. She says many more are still missing, but she doesn't cry. She says she can't show tears. She is not the only one who is suffering.
彼女の弟、甥、姪は、巨大な津波に町ごと襲われて、亡くなってしまいました。他に何人もの行方がまだ分かっていないのだそうです。でも、彼女は泣いたりしません。涙を見せることなどできないといいます。同じように苦しんでいるのは彼女だけではないのです。


Katsuko says she is grateful for the three meals she and her husband are receiving at the centre, for the heat that is provided. She has managed to have two showers since the tsunami, humbly visiting a relative's house to do so.
かつこさんはまた、2人がここで頂ける3度の暖かい食事がとてもありがたい、言います。親類の家にお願いして、津波以来、なんとか2度シャワーを浴びることもできたのだそうです。


Katsuko says she needs nothing, explaining that she can at least return to her house to retrieve clothing. She wants us to focus on her neighbours, who lost absolutely everything.
自分は何も必要ありません。家に戻り洋服を持ってくることができるのだから。全てを失ってしまった、この周りにいる人たちを気遣ってあげてください。と語りました。

These are long days in the evacuation centres. There is not much to do, but Katsuko doesn't complain. She passes the time sleeping, chatting with other ladies, and walking around the centre to keep in shape.
非難センターでの日々は長いです。あまりすることもないのですが、かつこさんは文句ひとつ言いません。寝たり、他の人とおしゃべりしたり、運動のために、センターの周辺を歩き回ったりして時間をつぶしています。


She and Kisaburo have experienced a lot during their 50 years of marriage. When I ask for their wedding date, she laughs, saying she can't remember. It is then her husband speaks for the first time. "January 16th," he says with a smile. "You shouldn't forget that!" A small moment of levity at a time when laughter is hard to come by.
この夫婦は、50年の結婚生活で、いろいろな経験をしてきました。結婚記念日をたずねると、彼女は笑い、覚えていないと言いました。そのとき初めてきさぶろうさんが、「1月16日」と笑顔を浮かべて声を出しました。「忘れるなんて、けしからん。」笑顔などなかなか出せない時の、ほんの少し、明るくなった瞬間でした。




Day four
4日目

It is freezing here in northern Japan. Every day we are driving through heavy snow. At night, the mercury dips below zero. I shudder as I climb into my sleeping bag, beneath the blankets of the hotel bed, not even bothering to change out of my clothes. Fuel is still being rationed, so there is no heat here.
今日の東北は冷え切ってきます。毎日大雪の中運転しています。夜には、温度計の水銀が0度以下に下がります。ホテルのベットの毛布の下の寝袋に震えながらもぐりこみ、洋服を着替えるなんて事は考えません。燃料の配給はまだ制限されていて、暖房も効いていないのです。


_51844438_mueller2.jpg
Photo from BBC


Fuel shortages mean that many are experiencing severe cold in evacuation centres. And as I drift off, I think about how cold the people in the evacuation centres must be. I visited one in Yamada, a youth centre that is now housing approximately 40 handicapped elderly tsunami survivors. They can't feed themselves. They can't take care of themselves. They can't move.
燃料が足りないということは、非難センターにいる大勢の人が厳しい寒さと戦っているということです。私は、居眠りをしているとき、どんなに非難センターが寒いのか考えずにはいられません。私が訪れた、山田町にある避難所のひとつ、ユースセンターには、およそ40名の障害のあるお年寄りが身を寄せています。彼らは、自分で食べることも、身の回りのことも、動くこともできないのです。


_51883455_redx.jpg
Photo from BBC


During the day, these frail, crumpled people sit bundled up in blankets around the space heater that is inadequate to warm the large common room. At night, they are moved to individual sleeping quarters, where there are no heaters. I wonder - will they have survived the devastating events of 11 March only to succumb to the cold?
昼間は、この体の弱ったお年寄りの人たちが、毛布に丸まって、この大きな場所にはあまりにも不釣合いのストーブの周りに座っているのです。夜は、暖房のない、自分たちの寝る場所に移動させられます。私は、あの、3月11にちの凄まじい出来事から、この寒さに屈するためだけに、生き残っているのか、と思ってしまうのです。


Japanese Red Cross doctors tell me they are now treating more patients for influenza and hypothermia. Body temperatures are plummeting in the cold weather. People, particularly the vulnerable elderly population, are shivering and confused. It is a challenge to meet their needs.
日本赤十字の医師たちは、今では、インフルエンザと低体温症の治療に追われているといいます。体温がこの寒さで急激に下がっているのです。特に体の弱いお年寄りの人たちは、寒さに震え、当惑しています。彼らが必要としているものを満たすのは、難題なのです。


Red Cross teams have searched but cannot find adequate shelter for them. Even if they did find better accommodation, there isn't the fuel to transport people and most don't want to leave. They want to stay in surroundings they are familiar with, even if those surroundings are full of broken buildings, twisted metal, and overturned cars.
赤十字のチームが適当な避難所を捜索しましたが、みつかりません。たとえ、もっと条件のよいところが見つかったとしても、被災者をそこに運ぶ燃料がないのです。そして、ほとんどの人が、土地を離れたがらないのです。たとえ、周り中の建物が崩壊し、捻じ曲がった金属や、ひっくり返った車両に囲まれていても、馴染みの深いところにいたいのです。





お金で解決できないことが沢山あります。

何かしたいという一心で寄付金を集めている世界中の多くの人たちの心の温かさが、実際の寒さを緩めることができないのも現実なのだと思います。

でも、願いと祈りのこめられたその寄付金が、その現実に打ち勝つ力を与えることが出来るかもしれません。

いつか、きっと、この想いが届き、力になってくれるということを信じて。



だから、

寄付金は、彼らに寄り添っているその気持ちと共に、どんなルートをたどっても、彼らに届きさえすれば、それでよいのです。

その人が一番信頼できて、安心できる形ですればよいのです。


在バンクーバー日本国領事館も義援金を受け取っているようです。

どの方法をとっても、最終的には、日本赤十字に送金されます。

6万人の社員と2百万人のボランティアが登録されているという日本赤十字は、災害対応の体制が万全に整っています。

p-JPN0060.jpg


私は、日本国内から、世界中から集められる義援金と、彼らのスキルとチームワークに、願いを託したいと思います。



関連記事

とうとう・・・

 2011-03-27
お昼寝から起きてきて、
When Ellie wakes up from her nap,


IMG_5616.jpg

のび~!をすれば、
she stretches her body to warm up


IMG_5621.jpg


遊ぶ気満々のエリー。
for PLAY!


IMG_5622.jpg


思いっきり誘ってみるけど、ちょっと疲れ気味のまま・・・
She’s trying to tempt me to chase her, but sorry, Ellie. I’m a bit tired.


IMG_5620.jpg


仕方がないので、一人遊び!
Then she entertains herself with her favorite PukaPuka.


IMG_5619.jpg


ままが遊んでくれないから、噛んじゃう!!
Dogs tend to chew when they’re bored.


そして、とうとう・・・
And it usually results in…



032711-1.jpg


ま、いっか。
It’s OK, Ellie…as long as you could have fun and feel a bit happy!


関連記事

Belated 特別な日 ~忘れてないよ~

 2011-03-26
3月24日から、2日たってしまったけど・・・・
2 days have passed since March. 24,

忘れてなんてなかったよ!
Which we never forget,

ラビ君と、エリーのお誕生日!!!
is a Birthday of Mr. Rabbit and Ellie!


032611-1.jpg


私たち家族にとっては、とっても特別な日です!!
It’s absolutely a special day for us.

3歳になった、問題犬エリーは、生まれて初めて、
Ellie got some steakes the first time in her life!


IMG_5656.jpg


ドッグフードではない、さいころステーキの夕食!!
It’s not kibbles tonight.


IMG_5658.jpg
『それは誰のご飯ですか???』
‘Whose food is it…?’


いつになく、時間をかけてゆっくり平らげたエリーなのでした。
She ate the plate very slowly this time, as unusual.



そしてラビ君は・・・・
And Mr. Rabbit got a hat trick,

生まれて初めてのHATTRICK(3ゴール)も獲得し・・・
the first time in his life.


_1726978195.jpg



チーム代表として、スキルコンペに出場!
He also went to the skill competition representing his team!




トーナメントは、トップで通過。
His team ended up the first place in the play off of the tournament,


032611-2.jpg


そして、決勝戦。
and went to the finals.


IMG_5666.jpg


自分の誕生日に、自分で獲得した、MVPと銀メダル!!!
He got a MVP and Silver medal for his birthday himself

と、いちごクリームクレープ!
and strawberry cream crape from us. Yum!



ボア君もがんばりました。
Mr. Boar had good games in his tournament, too.


IMG_5674.jpg


毎週末早起きして、レフリーをしてためたお金で、生まれて初めて自分で買った、新しいスティックでのぞむトーナメント!
He has woke up early almost every weekends for refereeing throughout the season, and got his new stick by himself the first time of his life!


決勝には残れなかったけど、気持ちのよいプレイを見せてくれました!
He played very well with his new stick with extra confidence, and I enjoyed the games so much!



募金活動で、沢山の暖かい心に触れ、息子たちのトーナメントで、今シーズンの集大成ともいえるすばらしいプレイで、じ~んとさせられ、
My spring break has been filled with new networks with heart-warmed people at the fundraising event for the Japan Earthquake and impressive hockey plays that my sons and all the team mates were entertaining us.


私の休みも暮れていくのでした。
I’m (almost) ready to get back to work!(?)


みんなから、元気を沢山もらいました。
Thanks for those who gave me so much energy to move ahead!!

そして気がつけば、
And I also realized


IMG_5590.jpg


足元に、もう春は来ています
that spring had come here already :)




関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 20歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 17歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 8歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事

カテゴリ
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。