スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

エリーの辞書

 2010-09-30
今日で9月も終わり・・・
This is the last day of September!


IMG_3598.jpg


あたりもすっかり
We can see


IMG_3601.jpg


秋模様。
a lot of signs of Autumn.


IMG_3627.jpg



そして今日も、
And today again,


IMG_3628.jpg


いい天気!!
is a BEAUTIFUL day!



エリー!
Ellie!


IMG_3477 0918


こんな日は、もうちょっと走って、
You should run more on such a nice day



IMG_3478 0918


もうちょっと体重落とさないと!
to lose your weight a little bit more.



093010-1.jpg


エリーの辞書に、「ダイエット」「体重管理」なる言葉はまったく存在しないのでした・・・
There is No word meaning “Diet” or “Weight Control” in Ellie’s dictionary…






関連記事
スポンサーサイト

秋晴れ!

 2010-09-29
今日のお天気はどうかなぁ?
How is the weather today?


IMG_3610.jpg


もう、出てもい~い?
Can I go out now?



IMG_3611.jpg


はぁ~!
Hha~!


IMG_3617.jpg


今日も晴れた~!!
It’s nice today again!!


あっ!
Oh!?


IMG_3589.jpg


この頃無性に、
I do not know why



IMG_3590.jpg


堀りたくなるのぉ~!!
but I cannot stop digging recently…

そして、この頃ひたすら、エリーの掘った穴を埋め続けている私・・・
And I keep filling the holes that she dug …


IMG_3372 0910


そんなわけで、
No need to say,

今日もエリーは、ご機嫌です
Ellie is very happy today, too!




関連記事

カナダの英語教育

 2010-09-28
ラビ君が社会科で「人権」について学ぶために、課題になっていたタミル難民の人たちは、実は、学校で渡されたプリントというドライなものだけではなく、私たちにとっては、とても身近なことです。


以下、地元新聞Burnaby Now、9月25日発刊号より。
By Jennifer Moreau, Burnaby Now September 25, 2010




Helping hand for Tamil kids
タミルの子供たちに差し伸べられる援助の手


The local school district is starting English language classes and a StrongStart program this week for the children of Tamil migrants being held in the Burnaby youth prison.
バーナビー教育委員会は、スリランカから渡ってきて、バーナビー青少年収容所で生活を余儀なくされているタミル人の子供たちに、今週から「ストロングスタート」プログラムを提供し、英語教育を始めます。


"The more we can give them a head start if they are settling in our country, the better off they will be," said Elliott Grieve, associate superintendent of schools.
「早く始めればはじめるほど、この国に落ち着こうというときに、よりよく順応できるのです。」と、副委員長は話します。

中略
Omission


Grieve couldn't say how many kids would be involved as staff need to assess their English levels first. There are 20 women and 33 children at the Burnaby prison.
現在何名の子供たちがこのプログラムに参加するのか、英語のレベルを調べる必要があるので分かりません。現在バーナビー収容所には、20名の女性と33名の子供が収容されています。

"It's a temporary program. As they are processed, ... some of the migrants will be leaving, so our program is there as long as our students will be there," he said.
「これは一時的なプログラムです。難民手続きの進行につれ、収容所から開放されていく人たちがでてきます。このプルグラムは、子供たちがいる限り続けられる、というものです。」

The StrongStart program is for preschool-aged children and uses play-based learning, where the parents or caregivers participate. There will be two, possibly three teachers to work with the kids, including one specialized in English as a second language.
「ストロングスタート」プログラムは、3-4歳の子供たちのためのプログラムで、保護者や母親と一緒に、遊びながら学ぶ、という方法が使われます。母国語が英語以外の人に教えることを専門としている教師を含め、おそらく2,3名の教師がその教育にあたります。

Grieve said district staff have been at the prison, meeting with the kids and families, and are now setting up classrooms.
教育委員会の職員が収容所にて子供たちやその家族と面会し、今クラスを立ち上げているところです。

In general, school districts in B.C. are mandated to provide refugee children with an education, even if they are in the process of having their claims reviewed, as is the case with the Tamil migrants.
一般的に、BC州の教育委員会は、難民の子供たちに、たとえ難民として正式に受け入れらていなくても、このタミル難民のケースのように、教育を提供することを委任されています。


The women and children are part of a larger group of nearly 500 asylum seekers that arrived off the B.C. coast Aug. 13, via the MV Sun Sea. The children aren't being officially detained, but they are staying with their mothers, who are in custody. The rest of the women are being held at the Alouette Correctional Centre for Women, and men are at the Fraser Regional Correctional Centre.
MV Sun Sea号に乗り、8月13日にBC州沿岸にたどり着いたカナダへ亡命を求める500名のグループのうち、女性と子供がその大半を占めています。子供たちは正式に収容されているわけではありませんが、監督下にあるその母親とともに収容所で暮らしています。残りの女性たちは、女性用アルエット矯正所、男性は、フレーザー矯正所に収容されています。


The Canadian Border Services Agency has been arguing to keep the asylum seekers in custody, pending confirmation of their identities, although a few have been released.
何名かは既に解放されていますが、カナダ国境保安庁は、亡命者たちを、身元が明らかに証明されるまで監督下に置くべきだと主張しています。

(カナダにとって危険性がある、という可能性が完全に払拭できない限り、解放することはできないという保安庁の立場と、タミル人=タミルタイガー=テロリストという偏見的な見方を批判する市民の声が、よく紙上で取り上げられています。)

As long as the migrants remain in custody, they will get detention review hearings every 30 days.
彼らが監督下にある限り、30日に1度インタビューを受けることになります。

Tamils are an ethnic group native to India and Sri Lanka.
タミル人は、インドとスリランカの原住民族です。

The men, women and children aboard the MV Sun Sea are from Sri Lanka, a country in the wake of decades of civil war as the Tamil Tigers fought the government for an independent Tamil state. The United Nations estimates up to 100,000 people were killed in the conflict.
MV Sun Sea号に乗船していた男性も、女性も、子供たちも、スリランカからきました。スリランカは、タミルタイガーという武力勢力がその独立を求めてスリランカ政府と交戦し、何十年も続いた市民戦争から目覚めたばかりの国です。国連によると、その戦争で命を落とした犠牲者は10万人に上るとしています。





BCの教育委員会は難民だけでなく、移民の人のためにも、英語教育をほぼ無料で提供しています。カナダ高校の卒業レベルまでの資格を支援しています。それでも、家族を抱えながら仕事をしないでフルタイムで学校に通うのは大変なことです。夜間だけのパートタイムだとそれだけ時間もかかってしまいます。

まだまだ移民の抱える問題や差別、壁は沢山あり、不平を言ったらきりがありませんが、それでも、新しい国に来て、新しい生活をスタートさせる人たちのためのサポートを教育委員会が実施しているというのは、しかも、まだ正式にカナダに残れると決まったわけではない、収容所にいる難民にまで手を差し伸べるというのは、やはり多文化の国、カナダの視野の広さだと思います。

IMG_2175 0623


そんな国で育つ子供たちも、自ずと視野が広くなります。
いろいろな背景、文化を持つ子供たちがともにカナダという国で成長するにつれ、グローバルな視点が自然に身についていきます。だから、カナダが自国主義に走ることはないのでしょう。

私は、自分の息子がカナダ人だと言い切る気持ちがとてもよく分かるのです!!

だから、


IMG_3089 0818



子供たちに、もっとよい未来を、しっかりと託せるような気がします。


関連記事

落し物

 2010-09-27
エリー。
Ellie!

IMG_3427 0914B



そんなに早く走って・・・
You run so fast!!


092710-1.jpg


耳、どっかに落としてきたみたいよ?!
and dropped your ears somewhere!




関連記事

日はめぐる

 2010-09-26
時は止まることなく、前に前に確実に進み、
Time keeps passing and flying away.


IMG_3581.jpg



忙しかった週末も後は寝るだけ。
I've done everything I planed for this weekend, and all I’ll do is just to sleep.

明日は月曜日!
Tomorrow is Monday!


IMG_3584.jpg


エリー。
Ellie,

いつも元気をくれて、本当にありがとう!!
thanks so much what you are giving us everyday, which inspires us to keep going.

また、みんな、明日から始まる1週間が楽しみだよ!!
We look forward to the coming new week!



IMG_3587.jpg


いつも留守番、ありがとうね。
And thank you so much for staying home alone without whining at all!!




関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。