スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

カナダ ~ 違いがあるからこそ強い国

 2016-10-03
Prime Minister Justin Trudeau’s Address to the 71st Session of the United Nations General Assembly
ジャスティン・トルドー首相 第71回国連総会スピーチ


New York, New York
September 20, 2016



Good afternoon.
こんにちは。

Mr. President, fellow delegates, and friends. It is an honour to be with you today.
ミスタープレジデント、代表団の皆さん、友人たち。共に今日ここに同席していることに誇りを感じます。

And it’s wonderful to be here in the great city of New York. Once again this week, New Yorkers showed us how to be resilient and resolute in the face of violent extremism.
ここ、偉大なニューヨークにいることもすばらしいことです。今週、再び、ニューヨークの人々は暴力の過激主義をものともせず、快活にかつ毅然としている姿を私たちに見せてくれました。


On behalf of everybody in this room, let me say directly to the people of New York: you are a model to the world. And we thank you.
この会場にいる全ての人を代表して、ニューヨークの人々に直接言わせてください。あなた方は、世界のモデルです。私たちは、本当に感謝しています。


Exactly one year ago, Canada was in the middle of a long and closely fought election campaign. 78 days on the road, and I can assure you in Canada there are 78 days worth of roads.
ちょうど1年前、カナダは長期にわたる選挙運動の真最中でした。78日間街頭に立っていました。そして、その街頭での78日はカナダでは価値のあるものだったと確信しています。


It is the responsibility of a leader to spend time with the people they were elected to serve.
人々に仕えるために選ばれたリーダーが、その人々と共に過ごすことは、一人のリーダーとしての責任です。


If you want the real stories, you have to go where people live. Coffee shops and church basements, mosques and synagogues. Farmer’s markets. Public parks.
本当に何が起こっているのかを知りたければ、人々の暮らす場所へ行かなければなりません。コーヒーショップ、教会の地下、モスク、ユダヤ教会へ。直販市、公園へ。


justin-trudeau25.jpeg


It was in places like that that I got the best sense of what Canadians were thinking, and how they were doing. And through the politeness—because we Canadians are always polite, even when we’re complaining—I learnt a few things.
カナダの市民が何を考え、どんな風にすごしているのかを知る最良の場所はそういうところなのです。そしてその礼節を通して - たとえ文句を言っているときでもカナダ人はいつも礼儀正しいのです - 私は学んだのです。


I talked with people my age who were trying to be hopeful about their future, but found it tough to make ends meet, even when they were working full time.
自分たちの未来について希望を持とうとしている同世代の人たちと話しましたが、たとえフルタイムで働いていても収支を合わせるのが難しいことを知りました。


I heard from young Canadians who were frustrated. Who told me that they couldn’t get a job because they don’t have work experience, and they couldn’t get work experience because they don’t have a job.
失望している若い世代のカナダ人からも話を聞きました。職歴がないから就職できず、仕事がないので職歴も積めないのだと言っていました。


I heard from women and girls who still face inequality in the workplace and violence just because they are women, even in a progressive country like Canada.
カナダのような進歩した国においてでさえも、女性だからというだけの理由で、職場で不平等と暴力に直面している女性たちにも話しを聞きました。


I met parents working hard to give their children every chance to succeed, but were afraid that their efforts won’t be enough.
自分たちの子供たちに成功するチャンスを与えたくて必死に働いているけれども、自分たちの努力がまだまだ十分ではないのではないかと不安に思っている親たちにも会いました。


And I had the opportunity to share meals with retired seniors who worked hard their whole lives and are now forced to rely on food banks.
そして一生働きづめで生きてきたのに、今はフードバンクに頼るしかないのいうお年寄りの人たちと食事を共にする機会もありました。


I’ve had too many distressing conversations with Canadians over the past few years. But they made something very clear to me.
過去数年間、カナダの市民と多くの痛ましい会話を交わしてきたのです。しかし私にとって、彼らにとてもはっきりしていたものがありした。


Canadians still believe in progress. Or at least, that progress is possible.
カナダの市民はまだ、進歩することを信じています。あるいは、少なくともそれが可能であると。


But that optimism is mixed with a lot of concern.
しかしその楽観主義は多くの不安と混ざり合ったものです。


Obviously, Canadians are not alone in feeling that way. Those feelings are ubiquitous. That anxiety is a reality.
明らかに、カナダ市民だけがそんな風に思っているわけではありません。このような感情はいたるところにあります。この不安感こそが現実なのです。


When leaders are faced with citizens’ anxiety, we have a choice to make.
リーダーたちが市民の不安と直面するとき、私たちには選択肢があります。


Do we exploit that anxiety or do we allay it?
その不安感を利用するのか?あるいは和らげるのか?



Exploiting it is easy. But in order to allay it, we need to be prepared to answer some very direct questions.
利用するのは簡単です。しかし、和らげるためには、いくつかの直接的な疑問に答える用意が必要です。


What will create the good, well-paying jobs that people want, and need, and deserve?
人々が望み、必要とし、そして誰もが与えられるべき、質のよい、給料のよい仕事を生み出せるのは何なのか?


What will strengthen and grow the middle class, and help those working hard to join it?
人々が一生懸命働きたいと思い、中流階級を強化し成長させられるものは何なのか?


What will build an economy that works for everyone?
誰にとっても利益のある経済を築くのは何なのか?


What will help to make the world a safer, more peaceful place?
この世界をより安全で平和な場所にできるのは何なのか?


To allay people’s anxiety, we need to create economic growth that is broadly shared, because a fair and successful world is a peaceful world.
人々の不安を和らげるために、私たちは広く共有できる経済成長を作り出す必要があります。公平で成功に満ちた世界というものが、平和な世界だからです。


We need to focus on what brings us together, not what divides us.
自分たちを分断するものではなく、共に協力できるものに焦点を当てる必要があります。



For Canada, that means re-engaging in global affairs through institutions like the United Nations. It doesn’t serve our interests—or the world’s—to pretend we’re not deeply affected by what happens beyond our borders.
カナダにとって、それは国連のような機関を通して世界情勢に再び関わっていくことを意味します。自分たちが国境の外で起きていることに深く影響を受けてないふりをすることは私たちの-あるいは世界の-関心を満たすことではありません。


Earlier this year, we helped negotiate the Paris Agreement on Climate Change. As part of our commitment to implementing that agreement, we announced that Canada would invest $2.65 billion over five years to fund clean, low-carbon growth in developing countries.
今年の初め、わたしたちは気候変動についてのパリ協定の交渉に関与しました。その協定を実行するという約束の一部として、カナダが5年間を通して発展途上国におけるクリーンで、低炭素排出の成長を遂げるために26億5千万ドルを投資することを発表しました。


In order to help promote peace and security in areas affected by instability, we reaffirmed our support for NATO and committed ourselves to expanding Canada’s role in United Nations peacekeeping operations.
不安定さに影響を受けている地域の平和と安全を促進するために、NATOへの支持を再確認し、国連の平和維持活動におけるカナダの役割を拡大することも約束しました。


And we hosted the Fifth Global Fund Replenishment Conference, where we increased our contribution by 20% by giving more than $800 million to the Global Fund. And we also encouraged our partners to increase their contributions, making it possible to raise $13 billion in support of ending AIDS, tuberculosis and malaria by 2030.
私たちは、第五回世界基金補充会議を主催し、世界基金に対して8億ドル以上を補充することで貢献額を20%増やしました。そして、私たちのパートナーにも更なる貢献を働きかけ、それは、AIDS、結核、マラリアを2030年までに撲滅するための支援を可能にするものです。


We’ve done all this—and will do much more—because we believe we should confront anxiety with a clear plan to deal with its root causes.
これら全てのことを成し遂げたのです。-そしてまだまだ続けますが-なぜなら、問題の根っこに取り組むための明確な計画をもって、不安感に立ち向かうべきだと信じているからです。


And we believe we should bring people together around shared purposes like the UN Sustainable Development Goals.
そして、私たちは国連の持続可能な発展を遂げるという目標のような共通の目的について結束するべきだと信じています。


Because what is the alternative?
ほかの方法があるでしょうか?


To exploit anxiety?
不安感を利用しますか?


To turn it into fear and blame?
それを恐怖と非難するということにに変えてしまいますか?


To reject others because they look, or speak, or pray differently than we do?
誰かの外見や、言葉、あるいは祈り方が自分たちと違うということで否定しますか?


You see, in Canada we got a very important thing right. Not perfect, but right.
見てください。カナダではとても大事なことを正しく成し遂げています。完全ではないかも知れませんが、正しく、です。


In Canada, we see diversity as a source of strength, not weakness. Our country is strong not in spite of our differences, but because of them.
カナダでは、多様性を強さの源と考えています。弱さではありません。私たちの国は自分たちの違いにもかかわらず強い国なのではなく、違いがあるからこそ強い国なのです。


cabinet-concern.jpg
男女15名ずつ。マイノリティーといわれる先住民、インド系、アフガニスタン系カナダ人、身体障害者が閣僚メンバーに選出され、18名は初めての入閣、という新しさ?で話題を呼びましたね。


And make no mistake: we have had many failures, from the internment of Ukrainian, Japanese and Italian Canadians during the World Wars; to our turning away boats of Jewish and Punjabi refugees; to the shamefully continuing marginalization of Indigenous Peoples.
勘違いしないでください。私たちは多くの失敗を犯してきました。世界大戦中のウクライナ系、日系、イタリア系カナダ人の抑留から、ユダヤ人、パンジャブ人難民船を追い払ってしまったこと、不名誉にも、先住民の人たちを軽んじ続けてきてしまったことにいたるまで。


What matters is that we learn from our mistakes, and recommit ourselves to doing better.
何が大事なのかといえば、私たちが失敗から学び、行いを改めることを再度自分たちに約束するということです。


To that end, in recent months, Canadians have opened their arms and their hearts to families fleeing the ongoing conflict in Syria. And from the moment they arrived, those 31,000 refugees were welcomed—not as burdens, but as neighbours and friends. As new Canadians.
そのことについて言えば、ここ数ヶ月間、カナダはシリアで起こっている絶え間ない戦闘から逃げてきた家族たちに心から手を差し伸べました。難民たちが到着した瞬間から、3万1000人の難民たちは歓迎されたのです-重荷としてではなく、隣人、そして友人として。新しい、カナダ人として。


syrian refgee


That effort brought Canadians together. In an almost unprecedented fashion, the government worked with the business community, engaged citizens and civil society to help the newcomers adapt to their new country.
この努力がカナダ人を一つにしました。かつてないやり方で、新しくカナダに到着する人たちが、彼らにとっての新しい国に順応できるように、政府が実業界と共に働き、市民、市民社会と関わってきたのです。


But our efforts will not truly be successful until those refugees have become established, full-fledged members of the Canadian middle class.
しかし、私たちの努力は、難民の人たちがカナダの中流階級のメンバーとして十分認められ、その位置を確立するまでは、本当の意味で成功したとは言えません。


And I want you to know that this objective is within our grasp—not because of what we have done, but because of what they are themselves.
そして、この目標は私たちの理解においてではなく、つまり、私たちが成し遂げてきたことが何か、ではなく、難民の人たち自身がどうなのか、ということだということを理解してください。


You see, refugees are people with the same hopes and dreams as our own citizens.
難民の人たちは、私たちカナダ人とおなじ希望と夢を持っている人たちだということが、お分かりいただけるでしょう。


But while our people have felt anxiety, Syrians faced catastrophe.
私たちが不安感を抱いているとき、シリアの人々は大惨事と直面していました。


Do you want to know where Syria’s middle class is?
シリアの中流階級の人たちがどこにいるか知りたいですか?


They’re living in refugee camps in Turkey, Lebanon, and Jordan.
彼らは、トルコ、レバノン、ヨルダンの難民キャンプで暮らしています。


They’re moving across Europe, looking for a place to set down roots, to get their kids back in school, find steady work, and be productive citizens.
ヨーロッパ中を移動し、根を落ち着かせる場所を探しています。子供たちを学校に戻し、安定した仕事を見つけ、実りの多い市民となるために。


Refugee camps are teeming with Syria’s middle class. Doctors and lawyers. Teachers and entrepreneurs. They’re well educated. They work hard. They care about their families. They want a better life—a safer and more secure future for their kids—as we all do.
難民キャンプはシリアの中流階級の人たちで満ちています。医師、弁護士、教師、企業家たちです。高い教育を受けているのです。よく働きます。家族たちを大事にしています。もっとよい暮らしがしたいのです。私たち全員がそうであるように、安全で、子供たちのためにもっと将来が確保された暮らしを望んでいるのです。


So when I say that I hope that the Syrian refugees we welcomed will soon be able to join our middle class, I am confident that we can make that happen.
私たちが歓迎したシリアの難民が、すぐに中流階級に加わることができることを望んでいると発言したからには、それを実現することが私たちにはできると自信を持っています。


And we’ll do it by offering to them the same things we offer to all our citizens—a real and fair chance at success.
そして、私たちがカナダの全ての市民に提供していること-成功するための真の公平な機会-を、彼らにも提供することでそれができるのです。


We’re going to do all we can to build a strong middle class in Canada.
私たちはカナダの力強い中流階級を作り上げるためにできることは何でもします。


We’re going to invest in education, because it gives the next generation the tools they need to contribute to the world economy and succeed.
私たちは、教育に投資します。なぜなら、教育が次世代に世界の経済へ貢献し、成功するために必要な道具を与えることができるからです。


We’re going to invest in infrastructure because it creates good, well-paying jobs for the middle class and helps to make our communities better places to live, work and invest.
私たちは、インフラに投資します。なぜなら、インフラが中流階級の人たちにとって、質の良い、良い給料の仕事を作り出し、わたしたちのコミュニティーを住みやすく、働きやすく、そして投資しやすい場所にするからです。


We’re determined to build an economy that works for everyone—not just the wealthiest 1%—so that every person benefits from economic growth.
私たちは、全ての人に役立つ経済を作り上げることを決意しました。-1%のもっとも裕福な人たちだけではなく-全ての人がその経済成長から利益を得られるように。


And we are going to refuse to give in to the pressure of trading our cherished values for easy votes. The world expects better from us, and we expect better from ourselves.
そして、安易な投票で自分たちの大事な価値を利用しようとする圧力に負けることは拒否します。


In the end, my friends, there is a choice to be made. Strong, diverse, resilient countries like Canada didn’t happen by accident, and they won’t continue without effort.
最後に、友人たちよ。私たちには選択すべきことがあります。カナダのような、強く、多様な、快活な国々は偶然できたわけではありません。努力なしに、続けることはできないのです。


Every single day, we need to choose hope over fear, and diversity over division.
一日一日、私たちは恐怖より希望を決別ではなく多様性を選択する必要があります。


Fear has never fed a family nor created a single job.
恐怖は、家族を養うことも、たった一つの仕事を作り出すこともできません。


And those who exploit it will never solve the problems that have created such anxiety.
そして、恐怖を利用する人たちは、不安を作り出している問題を解決することは決してできないでしょう。

こういう報道をしている国、身近にたくさんありますよね・・・カナダも前政権がそうでしたが・・


Our citizens, the nearly 7.5 billion people we collectively serve, are better than the cynics and pessimists think they are.
私たち市民は、私たちが共に仕えるほぼ75億人の私たちは、思っているほど皮肉屋でも悲観主義者でもありません。


They want their problems solved not exploited.
彼らは、問題を利用されるのではなく、解決されることを望んでいます。


Listen, Canada is a modest country. We know we can’t solve these problems alone.
はい、カナダは慎み深い国です。これらの問題を自分たちだけで解決できないことは分かっています。


We know we need to do this all together.
皆がともに協力する必要があることは分かっています。


We know it will be hard work.
それが大変な仕事であることも分かっています。


But we’re Canadian. And we’re here to help.
それでも私たちはカナダ人です。そして、私たちは、その手助けをするためにここにいます。






今の社会の仕組みと常識の中で、平等に皆が豊か(物質的>精神的 と言う意味で)になるためには、彼の言っていることがまともなほうなのかもしれません。


世界一貧しい大統領だった、ムヒカ大統領にはまだまだ及びませんが、


ほとんどのカナダ人の思いを見事に代弁してくれている言葉は胸に響きます。


政権が変わり、


やっぱり、カナダはカナダらしさを取り戻しましたね!


息子たちは、日本人という自覚がなく、カナダ人だと思い込んでいます。



『違いがあるからこそ強い国』

diversity.jpg


小さいころからそういう価値観の社会で育ったものにとって、

半生以上、カナダで過ごしている私にとっても、


やはり日本は閉鎖的だと感じてしまうのは仕方のないことなのでしょう。



平和への第一歩は、

何よりも


~違いを受け入れ尊重する~


ここからなのだと思います。


大きくは、


人間も、動物も、植物も、生きとし生けるもの全てのものへの感謝と尊重


ですね!





スポンサーサイト

戻ってきたカナダ?!

 2015-12-08
結構注目を浴びている


Trudeau gets rock star exit at APEC Summit in Manila
APECでロックスター風に退場するトルドー、マニラにて

カナダの新首相のCOP21でのスピーチ at PARIS

Address by the Right Honourable Justin Trudeau, Prime Minister of Canada
Paris, France

30 November 2015


I am honoured to represent Canadians at this historic meeting.
この歴史的な会合にカナダを代表して参加していることを誉れに思います。

My message is simple. Canada can and will do more to address the global challenge of climate change.
私が伝えたいことはシンプルです。カナダは気候変動についての世界の変化にもっと取り組むことができますし、取り組みます。

We will do so because the science is indisputable, and tells us that our planet is already changing in ways that will have profound impacts on our future.
なぜなら、科学によりそれは明らかで、私たちの地球がすでに未来に重大な影響を与えるような変化をしていると示しているからです。

And we will do so because it’s the right thing to do, for our environment and our economy, and as part of the global community.
また、それが私たちの環境、経済にとって、世界のコミュニティーの一員として正しいことであるからです。


"Future generations will be proud" from Zack Embree on Vimeo.



Our government is making climate change a top priority, and our actions will be based on five principles.
わが政権は気候変動問題をトッププライオリティーとしており、それは5つの原則から実施されます。

First, we will act based on the best scientific evidence and advice.
1つ目。最良の科学的根拠と提言に基づき行動を起こします。

Second, we will support and implement policies that contribute to a low-carbon economy, and this will include carbon pricing.
2つ目。低炭素経済の発展に貢献する政策を支援し、実行します。それは炭素放出料を含むものです。

Third, and very importantly, we will work with our provinces, territories, cities and Indigenous leaders who are taking a leadership role on climate change.
3つ目。これはとても重要です。各州、テリトリー、市そして気候変動問題について先導的役割を果している先住民のリーダーたちと共にこの問題に取り組みます。

Indigenous peoples have known for thousands of years how to care for our planet. The rest of us have a lot to learn. And no time to waste.
先住民族たちが何千年もの間地球とバランスよく付き合ってきたことは周知の事実で私たちは彼らから大いに学ばなければならりません。そして、これ以上一切無駄にする時間はないのです。

But they are not alone. Canadian cities have also long been leaders in the fight to create clean growth and combat climate change.
しかし彼らだけではありません。カナダの都市は長い間クリーンな成長を遂げ、気候変動と戦うためのリーダー的役割を担ってきました。

There’s a lot that we, in other orders of government, can learn from our cities.
私たち異なったレベルの政府もその都市から学ぶことがたくさんあるのです。

Fourth, we will help the developing world tackle the challenges of climate change.
4つ目。気候変動のチャレンジに取り組む世界の発展を援助します。

Many of the world’s most vulnerable countries have done little to contribute to the problem, but face the most significant consequences.
多くの弱い立場の国々は、この問題に加担してきていないのにもかかわらず、もっとも大きな結果に直面しています。


And all countries deserve the right to develop, and this development can and should be based on access to clean energy technologies.
すべての国々が発展するべきであり、その発展はクリーンなエネルギー技術へアクセスすることに基づくものでなければなりません。

Finally, we view climate change not just as a challenge but as an historic opportunity.
最後に、私たちは気候変動をチャレンジだとのみ捉えるのではなく、歴史的チャンスだと考えるべきです。

An opportunity to build a sustainable economy, based on clean technology, on green infrastructure, and on green jobs.
クリーンな技術、グリーンなインフラ、グリーンな職業に基く持続可能な経済を構築する機会であると。

We will not sacrifice growth; we will create growth.
私たちは成長を犠牲にするのではなく、成長を作り出すのです。

I want to highlight the participation at COP 21 of several provincial and territorial premiers.
いくつかの州とテリトリーの知事たちがCOP21に参加していることも強調したいと思います。

Our provinces have taken a leadership role in Canada with regard to climate change.
私たちの州は気候変動に関してカナダでリーダーシップを取ってきたのです。

In the months to come, we will develop a pan-Canadian climate change framework, to assist us in implementing the Paris agreement.
これから数ヶ月、パリでの同意を実行するための全カナダの気候変動体制を展開させます。

This will include national emissions-reduction targets and, more importantly, a concrete plan to achieve them.
これはわが国の放出量削減目標を含み、さらに重要なのは、それを達成するための具体的な計画を立てることです。

Policy options will be informed by the best economic and scientific evidence.
政策は最良の経済、科学的根拠を参考にします。

These options include carbon pricing, support for energy efficiency, clean electricity and transport, and sustainable buildings and infrastructure.
炭素放出料を含み、エネルギーの効率、クリーンな電力と輸送、持続可能な建築とインフラなどです。

Adaptation will be a core focus of our efforts.
適応が、私たちの取り組みの中核となるものです。

And the plan will be flexible to the circumstances and policy approaches of the provinces and territories. From cap-and-trade to a ban on coal-fired electricity generation. From world leading innovation on carbon capture and storage to a revenue-neutral carbon tax.
計画は状況により柔軟なものであり、政策は各州、テリトリーに似たものです。キャップ・アンド・トレード(排出量の上限(キャップ)を定め、それに基づいた差分を取引する)から石炭を燃やす電力生産の禁止にいたるまで。二酸化炭素の貯留(気体として大気中に放出された、あるいは放出される直前の二酸化炭素を人為的に集め、地中・水中などに封じ込めること)の世界をリードする技術革新から、税収中立炭素税にいたるまで。

We can learn from and build on these models.
これらのモデルから学び作り上げることができるのです。

We will also emphasize innovation.
また、技術革新も重要視します。

We will support sectors ranging from energy to forestry to agriculture, as they develop technologies to reduce emissions, create high-quality jobs, and contribute to long-term sustainable economic growth.
放出を削減する技術を展開し、質の高い職業を生み出し、長期にわたる持続可能な経済成長に貢献するエネルギー、林業、農業の領域を支援します。

Our plan will build on the efforts of local governments, indigenous organizations, businesses, youth, the academic community, and non-governmental organizations, many of whom will be represented in Paris in the coming days.
私たちのプランは、地域の環境、先住民の組織、ビジネス、若者、学術コミュニティー、NGOなど、パリでこれから数日にわたり参加している多くの人々の取り組みを土台に築き上げます。

Canada will take on a new leadership role internationally.
カナダは国際的に新しいリーダーシップの役割を担います。

We will participate in collaborative initiatives, such as Mission Innovation and the Carbon Pricing Leadership Coalition and we will seek out opportunities to work bilaterally or multilaterally, beginning with our North American partners.
技術革新ミッションや炭素放出料について主導者たちの連携のような集団的イニシアティブに参加し、北米のパートナーたちから双方、多方面に働きかける機会を模索します。

We believe climate finance is critical.
私たちは気候対策財政が重要だと考えます。

Our commitment of 2.65 billion dollars over five years towards initiatives will help developing countries reduce their emissions and adapt to climate change.
わが政権が公約した、このイニシアティブに向けての5年間に渡る2億6500万ドルは、後進国が放出料を削減し、気候変化に適応するのに役立つでしょう。

These efforts can bring about transformative change through increasing access to energy and poverty alleviation.
これらの取り組みは、エネルギーへもっとアクセスできるようにし、貧困を緩和をすることを通して転換できる変化をもたらすことができるのです。

A Paris agreement should reflect a new reality.
パリでの同意は、新しい現実を反映したものであるべきです。

The world has changed for the better.
世界は良い方向へ変わっています。

Global development has increased at a rapid pace.
世界の展開は迅速さを増しています。

But this means that we are going to need the efforts of those countries that are now in a position to help others reduce their emissions and adapt to climate change.
しかしこれは、今他の国の放出量と気候変動への適応を助けなければならない立場いにいる国々の取り組みを必要とすることを意味しているのです。

The agreement also requires a prominent role for the private sector and multilateral institutions to mobilize finance.
今回なされる同意はまた、財政を結集するために、民間、そして多角的機関の傑出した役割を必要とします。

Those who can act, must.
行動できるものは、行動しなければならないのです。

COP 21 provides an opportunity for leaders to overcome old divisions and forge an ambitious, meaningful agreement, and an effective path forward.
COP21は、リーダーたちに古い分裂を乗り越え、大望の意味深い同意と効果的に前進する道筋を作り出す機会を与えてくれています。

Collectively, we are already rising to the task, with more than160 countries representing over 90 percent of global emissions having committed to taking action.
共に、私たちはその仕事に立ち上がっています。行動を起こすと約束した世界の90%の放出料を代表する160カ国以上を代表する者たちと共に。

This is unprecedented.
これは前代未聞のことです。

But the latest science tells us that we need to do more.
しかし、最新の科学は、私たちがもっと成さなければならないことを示しています。

Canada looks forward to playing a constructive role at COP 21.
カナダは、COP21で建設的な役割を果たしましょう。

Our delegates are focussed on finding common ground to achieve an agreement with strong commitments and ambition, one that all parties are able to adopt and implement.
私たち代表者は、強固な公約と大望を持って同意されたことを達成するための共通した基盤を見出すことに焦点を当てています。すべての党が承認し、実行できるのです。

We have an opportunity to make history in Paris - an agreement that supports a transition to a low-carbon economy that is necessary for our collective health, security, and prosperity.
私たちはパリで歴史を作る機会を与えられています。私たちみなの健康、安全、繁栄のために必要な低炭素経済への転換を支持するという同意です。

Canada is back, my good friends.
良き友よ。カナダは戻ってきました。

We are here to help.
私たちは助けとなるためにここにいます。

To build an agreement that will do our children and our grandchildren proud.
私たちの子供たち、孫たちが誇りに思う同意を作り上げるために。

Thank you.
ありがとうございました。




動画の部分のスピーチはすばらしく、

確かに、カナダらしいなぁ。。。

特に、カナダのハイスクールの先生らしいなぁ、

trudeau_ad-600x350.jpg

という印象ですが、



その後が・・・・


私の描く再生可能社会とはかなり違い・・・



それでも、この転換は、必要なステップなのかもしれません。


言うは易し。


実行するのは、私たち一人一人です。


すでにとっくに実行してる人、


さらに先を行っている人、

結構見かけます!








自由を取り戻したカナダの科学者たち

 2015-11-13
cbc_logo

Unmuzzled federal biologist Facebook post goes viral
発言の自由を取り戻したカナダ政府機関の生物学者のフェースブックポストが大拡散


Online posting by fisheries biologist's mother racks up thousands of likes and shares
水産省の生物学者の母親のオンライン投稿に何千もの「いいね」と「シェアー」


By Haydn Watters, Posted: Nov 08, 2015 12:54 PM ET Last Updated: Nov 08, 2015 12:54 PM ET

silence.jpg

Facebook post from the mother of an unmuzzled B.C. biologist has gone viral, shedding more insight into the changes in the control of information since the new federal government took office last week.
口輪をはずされた生物学者の母親のフェースブックへの投稿が拡散され、新しい連邦政府が先週発足して以来、その抑制に変化がもたらされたことがさらに伺えます。

Jody Paterson, the mother of a fisheries biologist with the Department of Fisheries and Oceans, shared a "spirit-lifting" message from her son in a Facebook post on Friday.
ジョディ・パターソンさんは水産海洋省の生物学者の母親で、息子からのなんとも嬉しいメッセージをフェースブックにポストしたのです。

fb.jpg

Paterson quoted a status update her son made on his personal Facebook account, where he announced that his DFO supervisors told him the muzzle order on scientists had been lifted. He said the changes were announced by his supervisors at an all staff meeting on Thursday.
パターソンさんは息子が自分のフェイスブックのアカウントを開き、DFO(水産海洋省)の上司が、科学者たちに命じられていた口封じが取り下げられたと伝えられたことを告げました。彼は、木曜日にスタッフ全員のミーティングで、上司がこの変化を発表したのだと述べています。


"We were told that it's ok to talk to the media or anyone about what we do without permission. That's how surreal it was. That's how things changed over night," the post reads.
「メディアや他の誰にでも自分たちがやっていることを許可を取らずに話してよい、と告げられた。今までのことがなんとシュールだったことか。これが一晩にして物事がどんな風に変わるのっていうことだ。」と書かれています。


Paterson says her son has been working with the department for about a year.
パターソンさんは息子がDFOで働き初めて約1年になるといいます。


She shared his message with her own Facebook friends, adding a few comments of her own. The post now has more than 11,000 likes and 8,200 shares.
フェースブックのフレンドに自分のコメントをつけてシェアーしました。そのポストは1万1000人から「いいね」、8200件シェアーされています。


Paterson, a former journalist in B.C. who now lives in Nicaragua, says she has been shocked by the response.
かつてBC州でジャーナリストであり、今はニカラグアに住んでいるパターソンさんは、その反応にびっくりしていると話しました。


"I've had people tell me they cried when they read that post, and now I'm seeing comments from others who are talking about crying during the swearing-in ceremony, crying on the day after the election," she told CBC News in a written statement.
「あのポストを読んだとき、泣けてきたのだというのです。選挙の後泣いたとか、宣誓式のときに泣けてきたと話している人たちのコメントもあります。」とCBCニュースに書面で寄せてくれました。


"These are regular people who are not particularly political, and they had been stuffing down their feelings of rage and helplessness for so long that when it was finally over and the Harper government was vanquished, all the emotions flooded out."
「特に政治に関心の強いというわけではない普通の人たちです。そういう人たちが怒りや、無力さをあまりにも長い間封じこめてきて、それが今ついに終わり、ハーパー政権は敗れました。あらゆる感情があふれ出たのです。」


Paterson has written a blog post about the experience and sent a letter to Prime Minister Justin Trudeau to tell him about her son and thank him for reversing the communication policy of the previous government.
パターソンさんはこの経験についてブログ記事を書き、ジャスティン・トルドー首相に手紙を送り、息子のことを話し、前政権のコミュニケーション政策を覆したことに感謝の意をつげました。


Government announced reversal on Friday
カナダ政府、金曜日に(コミュニケーション制限政策)を破棄


Kristi Miller, a B.C.-based molecular geneticist with Fisheries and Oceans Canada, was among the first scientists to speak out after the unmuzzling.
BC州のDFO分子遺伝学者、クリスティー・ミラー氏は、口封じが行われて初めて声を上げた科学者です。


"When we were banned, it almost made government scientists second-class citizens in the scientific arena," she said. "It was quite embarrassing. I really felt like a second-class citizen."
「私たちの発言が禁じられたとき、政府機関の科学者たちが科学分野では二流なのだと感じさせられました。本当に当惑しました。私は、自分が本当に二流の市民なのだと感じたのです。」


Navdeep Bains, the new minister of innovation, science and economic development, announced the policy change Friday, two days after Trudeau and his cabinet were sworn in.
新しい科学・経済革新大臣であるナヴディープ・ベインズは、トルドーと内閣メンバーが宣誓した2日後の金曜日に政策変更を発表しました。


"Our government values science and will treat scientists with respect. That is why government scientists and experts will be able to speak freely about their work to the media and the public," he said in a written statement.
「わが政権は科学を重んじ、科学者を尊敬の念を持って扱います。だから政府機関の科学者や専門家は彼らの研究をメディアや人々に自由に話すことができるのです。」と文書で述べています。


"We are working to make government science fully available to the public and will ensure that scientific analyses are considered in decision making."
「政府機関の科学を人々にオープンにし、科学的分析が意思決定に考慮されるよう努力します。」


The previous government of former prime minister Stephen Harper brought in a restrictive communications policy that required national or international media requests to speak with federal government scientists to be approved by a minister's office, and all communications with government scientists to go through a government communications office.
ステファン・ハーパーの前政権は、政府機関の科学者たちと話しをしたいという国内外メディアの要望に対して官邸の認可が必要であり、政府機関の科学者たちとのすべてのコミュニケーションは政府通信局を通さなければならないという制限的なコミュニケーション政策を持ち込んでいました。




ということで・・・

環境科学を専攻しているボア君の将来にとってもちょっとほっとできる状況にはなったのですが。。。



本当にもてはやされているほどすばらしい政権になるかどうかはまだまだ目が離せません。

前政権の締め付けがあまりにもひどかったので、どんな政権でも普通より輝いて見える、という効果もあるでしょう。


環境保全を重視しながら、アルバータのオイルサンドを経済のために推進する、という矛盾をどう説明していくのか?


macleans_logo

Why David Suzuki called Justin Trudeau a twerp
ディヴィット・スズキはなぜジャスティン・トルドーをばか者と呼んだのか


Environmental crusader tells his side of a conversation about the Liberal plan for the environment
環境改革運動者、自由党の環境計画についての会話について自分の立場を話す


Evan Solomon
September 26, 2015

During a testy phone call, Justin Trudeau dismissed David Suzuki’s views on the Liberal climate change policy as “sanctimonious crap,” according to Suzuki. Suzuki revealed the contents of the conversation during an interview on SiriusXM’s Everything is Political with Evan Solomon. Suzuki says he fired back, calling Trudeau a “twerp.”
ジャスティン・トルドーは、ディヴィット・スズキとのつっけんどんな電話の会話で、自由党の気候変動政策の見解について「聖人ぶったたわごと」だとしてその見解を退けたのだと、シリアスXMの「すべては政治的」番組のエヴァン・ソロモンとのインタビューで明かしました。


The renowned scientist, broadcaster and activist says Trudeau called him personally June 28, 2015, to talk about the Liberal platform on climate change that was to be revealed the next day. “I didn’t call Justin, he called me,” Suzuki said. “He wanted an endorsement and he wanted to tell me exactly what his program was.”
高名な科学者であり、キャスターであり、活動家である彼は、トルドーが翌日発表される予定だった気候変動についての自由党の綱領について話すために、2015年6月28日に個人的に電話をしてきたのだといいます。「私がジャスティンに電話したのではなく、彼が私に電話してきたのです。私の保証宣伝がほしく、彼のプログラムがどんなものなのかを正確に話したかったのです。」


The program includes support for the Keystone XL pipeline, a rejection of the Northern Gateway pipeline and a commitment to work with the provinces to establish a cap-and-trade system.
そのプログラムはキーストーンXLパイプラインを支持、ノーザン・ゲートウェイは反対、キャップ・アンド・トレード(排出量の上限(キャップ)を定め、それに基づいた差分を取引する)システムの確立、となっています。


“I said, ‘Justin, stop it, you’re just being political, you just want to make headway in Alberta,’” Suzuki says he told Trudeau. “You’re for the development of the tar sands, you’re for the Keystone pipeline, but you’re against the Northern Gateway, you’re all over the damn map!”
「私は言ったんですよ。君は政治的でしかない。アルバータに進行したいだけだ。とね。」また、トルドーにこうも言ったといいます。「タールサンド開発に賛成なんだね。キーストーン・パイプラインにも賛成。だけどノーザン・ゲートウェイには反対。何もかもめちゃくちゃじゃないか!」

Tankers_2012_newspaper_Updated_Map.jpg
 クリックすると拡大地図に飛びます

選挙中の演説でノーザン・ゲートウェイパイプラインについてはこのように述べていました。

"If I win the honour of serving as prime minister, the Northern Gateway Project will not happen. I've been to that part of the world. I've met with many who make their living off the pristine coastal waters. It is just not a place for a pipeline."
「もし私が首相になったら、ノーザン・ゲートウェイプロジェクトは実現しません。私はその地域に行きました。そのきれいな海で生活を立てている多くの人に会いました。そこはパイプラインの場所ではないのです。」


バーナビーや、アメリカのキーストンパイプラインの通る各州に住む人、生き物、環境は汚れてもよい、ということでしょうか?

ちなみにこのキーストーンパイプライン計画はオバマ大統領に却下されました!

これに対しトルドー首相のコメントは、

"We are disappointed by the decision but respect the right of the United States to make the decision,"
「その決断には遺憾であるが、米国が意思決定をする権利を尊重する。」

?????

"We know that Canadians want a government that they can trust to protect the environment and grow the economy. The government of Canada will work hand in hand with provinces, territories and like-minded countries to combat climate change, adapt to its impacts, and create the clean jobs of tomorrow."
「私たちはカナダ市民が政府に対し環境を保護し、経済を成長させることを望んでいることは分かっています。カナダ政府は各州、テリトリーと同士の国々と手を携えて気候変動と闘い、その影響に順応し、明日のきれいな仕事を作り出します。」

しっくり行かない矛盾を感じる人はごく少数でしょうか?

言葉選びが政治ゲームなのでしょう。

おそらく多くの人が、このゲームで使われている言葉に惑わされてしまうのだと思います・・・




Suzuki went on to advise Trudeau that taking the target of a two-degree rise in temperature seriously means 80 per cent of the oil sands has to stay in the ground. Suzuki believes stopping oil sands development will mean “no debate about pipelines or expanding railways or shipping stuff offshore—none of that comes into it.”
スズキ氏はトルドーに2度の気温上昇を深刻に受け止めるのであれば、80%のオイルサンドは地中に眠っていなければならないのだと忠告しました。オイルサンド開発をやめるということは、「パイプラインについての議論や鉄道の拡張、海路からの輸送などということは一切含まれないはずだ。」と。


Suzuki says this is when the exchange turned nasty. “He said, ‘I don’t have to listen to this sanctimonious crap.’ I proceeded to call him a twerp.”
スズキ氏はこのとき会話が荒れたのだといいます。「彼はこういったんですよ。『聖人ぶったたわごとを聞く必要はない。』と。わたしは彼をばか者、と呼びましたよ。」


Trudeau ended up with the support of environmental scientist Wade Davis, an honourary board member of the Suzuki Foundation. Davis introduced Trudeau at his Vancouver event the next day.
トルドーは結局スズキ・ファンデーションの理事会のメンバー、環境科学者のウェイド・デイヴィスからの支持をとりつけました。翌日バンクーバーのイベントでデイヴィスがトルドーを紹介したのです。

そのときのスピーチはこちら


”But speaking of those two things, the environment and the economy…
「環境と経済。この2つのことを話すとき、

They go together … they go together like paddles and canoes. If you don’t take care of both, you won’t get to where you are going.
それらは一緒です。水かきとカヌーのように一緒でなければならないのです。両方の手当てをしなければ自分の進むところにはたどり着かないのです。

Because you can’t have a strong economy without a healthy environment.
強固な経済は、健全な環境なくてはあり得ません。

If we want to leave both to our children and grandchildren…
双方を私たちの子供、孫たちに残したいのであれば

If we want them to inherit clean air to breathe … clean water to drink and paddle, and a strong, vibrant, high-tech economy with good jobs …
もし、彼らに呼吸をするためのきれいな空気、きれいな飲み水、そして強固な、活気に満ちたハイテク経済、それに伴う良い仕事を受け継いでほしければ

Well, We’ve got to do them both together.
そう、私たちはその両方を実現しなければなりません。

...Now and in the future, the path to economic growth and good middle class jobs is through strong environmental policy.
・・・今、そして将来、経済成長とミドルクラスの良い仕事が、この強固な環境政策を通してなされるのです。

We’ve got to act now.
私たちは今行動しなければなりません。

We can create clean jobs, grow our economy, and protect our environment by working together.
私たちはきれいな仕事を作り出し、経済を成長させ、共に働き環境を守るのです。

Not just different leadership, better leadership.
今までとは違うリーダーというだけではない、よりよりリーダーシップで。

Not just a new team, but a stronger team.
ただの新しいチームというだけではなく、より強いチームで。

Because Real Change means a Real Plan for Canada.
なぜなら、本当の変化こそ、カナダのための真のプランなのだから。

Merci beaucoup.”


パイプラインの’ぱ’も出てきませんでした。上手ですね♪


No Liberal would comment on the exchange, but sources tell “Everything Is Political” that Trudeau was not formally seeking an endorsement, but rather making a courtesy call to Suzuki about the plan.
このやり取りについて自由党はだれもコメントしていませんが、情報筋は「すべては政治的」番組に対し、トルドーが公式に保証宣伝を求めていたのではないが、自分の計画についてスズキ氏にお伺いを立てたのだと言っています。


Suzuki says he has not spoken to Thomas Mulcair or Stephen Harper about their climate change or their plans for the environment. “My feeling is that none of the parties except for the Greens is really taking it seriously.”
スズキ氏はトーマス・マルカー(NDP党首)やステファン・ハーパー(保守党党首)から気候変動や彼らの環境に関する計画について話したことはない、といいます。「私は、グリーン(緑の党)以外のどの党も環境を本当に深刻に考えていないと感じています。」


During the conversation with “Everything Is Political” Suzuki also said he is troubled by the debate about the niqab and Stephen Harper’s use of the term “old stock Canadians.”
「すべては政治的」番組での会話で、スズキ氏はまた、ニカブ(イスラム教徒の女性が着ける、顔の下を覆うフェイスベール)やステファン・ハーパーが討論で使った「旧株」という言葉に当惑したのだと話しました。


“The ‘old stock’ sent a shiver up my back,” Suzuki said. During the Second World War, Suzuki and his family were among thousands of Japanese Canadians interned in camps. “I’ve lived through a time when my Mom and Dad who were born and raised in Canada couldn’t vote. ‘Old stock’ implies that somehow there is difference if you are a Canadian, that there are differences that matter.”
「”旧株”という言葉は私の背中まで震わせました。」とスズキ氏は話しました。第二次世界大戦の間、スズキ氏と家族は他の何千人もの日本人と共に収容所に抑留させられました。「カナダで生まれた母と父が2人とも選挙権をもてなかった時代を生きてきたのです。”旧株”はカナダ人であるなら、何か違った意味合いを感じます。他とは違っている、という。」

Suzuki says such distinctions invite divisiveness. “Either we are citizens or we are not,” he said. “It’s very scary to me.”
そういう区別は分裂を招くのだといいます。「私たちが市民であろうとなかろうと、私はそれをとても恐ろしく感じます。」





健全な環境を取り戻すための持続可能な社会と既存経済の発展は相容れるものではありません。

クリーンな仕事を作り出す。

それは、今の経済システムの中では、


新たな利権を生み出すということです。



政治という場で、この新しい若き首相が何を考え、感じ、どんな風にREAL CHANGEしていくのか楽しみではありますが


本当に何かを変えたければ、

政治に過大な期待をしたり、失望して批判したりするのではなく、

各個人がまず変わることなのだと思います。




安全保障を脅かす行為=天気の良い日にトレイルで写真撮影???!

 2015-03-13
cbc_logo

SFU Prof. Tim Takaro called by RCMP after taking photos near Kinder Morgan sites
サイモン・フレーザー大学の教授-ティム・タカロ氏、キンダー・モーガン施設近くで写真をとった後、警察からの電話を受ける


Climate change scientist had been taking photos on a trail near a Kinder Morgan work site
気候変動専門の科学者、キンダー・モーガンの作業現場近くのトレイルで写真を撮った。

By On the Coast, CBC News Posted: Mar 12, 2015 10:00 PM PT Last Updated: Mar 13, 2015 9:46 AM PT


A B.C. climate change scientist says he got an "intimidating" call from RCMP because he had taken pictures on Burnaby Mountain near the site of a proposed Kinder Morgan pipeline.
BC州の気候変動科学者、バーナビーマウンテンのキンダー・モーガンパイプラインが計画されている現場近くで写真を取ったと言う理由で警察から「脅迫」電話がかかってきたと話す



Tim Takaro, a health sciences professor at SFU, says he was having lunch in Tofino with his family on Wednesday when his daughter's cellphone rang.
水曜日に娘の携帯電話が鳴ったのは、トフィーノで家族と昼食を食べていたときだった、とサイモン・フレーザー大学の保健科学教授、ティム・タカロ氏は話しました。


When she answered it, she was told it was the Burnaby RCMP calling and they were looking for her father.
彼女が電話にでると、相手はバーナビー警察で、彼女の父親を探しているのだと言います。


"I was very upset that he had called my daughter and that he was basically threatening, intimidating on the phone," says Takaro.
「娘に電話をし、基本的に脅し、威嚇しているのだということにとても狼狽しました。」とタカロ氏。


He says the officer asked him if he had recently had been taking photos near a Trans Mountain pipeline work site on Burnaby Mountain. They also told him they knew he had been to protest rallies that had taken place there a few months earlier.
警察は最近彼が、バーナビーマウンテンのトランス・マウンテン・パイプラインの作業現場近くで写真をとっていたかと尋ねたのだといいます。警察はまた、数ヶ月前に彼が抗議集会にいたことを知っているのだとも話したそうです。


A few days before, Takaro says he had been taking photographs along the Burnaby Mountain conservation trails when a guard at the nearby work site approached him and told him he couldn't take any photos.
数日前に、タカロ氏はバーナビー・マウンテンの自然保護トレイルで写真を撮っていたとき、作業現場近くにいた警備員が近づいてきて、写真を撮ることはできないのだと言ったそうです。



'Nerve-wracking' phone call
「神経に障る」電話


Takaro says the phone call was "nerve-wracking," especially in light of the Conservative government's push to pass Bill C-51, the Anti-Terrorism Act. The bill mentions "activity that undermines the security of Canada,” which includes "the economic or financial stability of Canada."
タカロ氏は、その電話が「非常に神経に障るもの」だったといいます。特に今保守政権が推し進めているC-51法案、反テロ法を考えれば。その法案は「カナダの経済、財政的安定」を含む「カナダの安全保障を傷つける行動」について言及しています。


"To me this says that any peaceful blockade or environmentalist obstructing a pipeline could be seen as a threat to national security, so this whole thing has me very nervous," says Takaro.
「私にとってこれは、どんな平和的な妨害、あるいは環境活動家のパイプラインを妨げる行動が国の安全保障を脅かすものとして見られる可能性があるということです。つまり今回全体のことをとおして、とても怖くなりました。」とタカロ氏。


CBC contacted Burnaby RCMP about the incident, who said they could not comment on this case in particular, but that it is required by law to investigate any complaints that come in, especially ones related to infrastructure or security issues.
CBCはバーナビー警察にこの一件に関して連絡をしましたが、コメントはできないけれど、連絡を受けた苦情についてはどんなものでも調査するのが法律により必要とされているのだということでした。


Last September a 71 year-old woman was similarly questioned for taking photos of the site, which she was doing to prepare for an upcoming National Energy Board hearing.
去年9月には、71歳の女性が、カナダエネルギー省の公聴会に備えて現場で写真を取ったことで尋問を受けました。


---------------------------------------

タカロ氏のインタビュー私訳

tim-takaro.jpg

なぜ、警察はあなたを探していたのでしょう?

いまだによく分かりませんが、バーナビーマウンテンで写真を撮っていたのですが、どうもいけない写真を撮っていたようなのです。キンダー・モーガンのゲートと、トレイルにいた警備員の後ろのトレイルサインが写っていたからのようです。その警備員は、写真は一切とってはいけないのだと言っていましたので、私はトレイルをそのまま下っていきました。それが警察が昼食の最中に電話をかけてきた違反だったのでしょう。とても驚きました。警察はこれは犯罪ではないのだと言いました。何を言っているんだ?と聞きましたが。。。


あなたは、キンダー・モーガンの私有地内にいたのではなく、バーナビー・マウンテンのトレイルにいたわけですよね?

そうです。自然保護区のトレイルにいたんです。


写真撮影を禁止するような看板や何かがあったのですか?

いいえ、私は何も見ませんでした。天気がとてもよく、写真をたくさん撮っていたのです。


どこで写真を取っていたのですか?

トレイルからの景色とか、トレイルの咲き始めた花とか。


警察が話していることに気付いたときに、何が頭に浮かびましたか?

電話の主の名前や職札番号を聞かなかったことは後悔しました。そして、娘にこれ以上電話しないように頼みました。そして私に連絡できるように連絡先を教えました。娘に電話をしたことにとても狼狽したのです。警察は実際に電話で脅し、威嚇していたのです。私は電話が本当に警察からだったのかどうか確かめるために、後で分署に電話をかけなおし警察からのものだったのだと確認しました。最大の懸念は、ハーパー政権が法案をどんどん推し進めていることで、今はC51法案です。その法案は、安全保障を公共の安全だけではなく「カナダの経済、財政的安定を妨げる」行動だと定義しています。どんな平和的な妨害、あるいは環境活動家のパイプラインを妨げる行動が国の安全保障を脅かすものとして見られる可能性があるということです。特に大掛かりなインフラプロジェクトは、気候変動とは関係ないと言われ、エネルギーインフラプロジェクトのことを議論するときに気候変動についての発言ができなくなっていますが、私にとっては、インフラプロジェクトと気候変動は連動しているもので、それはとても脅かされています。


警察は電話で脅し、威喝したといいますが、なんと言ったのですか?

私の車が抗議集会の場所にあったのだと言いました。興味深いですよね。そして娘の携帯番号を持っていました。どうやって手に入れたのでしょう?そして、心配しなくていい、犯罪ではない、と言うのです。これは、怖いですよね。


電話の理由はなんだったと言うのですか?

唯一警察が説明した理由は、私が写真を撮っていた、ということです。


バーナビー・マウンテンの抗議集会のときに、あなたは車をとめていたのですか?参加したのですか?

私は、バーナビー・マウンテンのサイモン・フレーザー大学で働いています。立ち寄って何回もどうなっているのか仕事の後などに見に行きました。なので、警察が私の車を記録したのでしょう。何も説明はありませんでしたが。電話の主は自分を名乗りませんでしたし、気候変動政策についてエネルギー省がやっている背景を考えるとても神経に障ります。私は公共保健科学者で、私の主な懸念は、地球の健全、住人の健康です。私は、ハーバー政権がそれを脅かしていると思っています。


なぜあなたの娘に電話をしたのだと思いますか?私たちはまずあなたの携帯に電話をするように試みましたが。。

そうなんですよ。私が考えるに、それは脅迫するための戦術です。


で、その電話の目的が何かを結局は言わず、会話はそれ以上進まなかったんですよね?

まずは、私が自分であることを証明し、生年月日や氏名とか。それで、相手はその事象にかかわったのか、とたずねました。それが最初の質問でした。


事象。。?

ええ。私が知る限りかかわっていない、と言いましたが。結局3月6日にどこで写真を撮ったのかという話になり、そのときのことを思い出さなければならず、グローバルTVでインタビューを受け、トレイルに行き、歩き、そして、その事象にかかわったということのようです。


後で(CBCが)警察に確認をしたところ、苦情が安全保障問題に対する違反に関するものとのことでしが、それは妥当な説明だと思いますか?

それが何が起こったか、ということなのでしょう。警備員がやってきて私の車のプレートナンバーを控え警察に連絡したのでしょう。ただ、心配なのは、これが、パターンになっているということです。年配の女性が写真を撮ったとき、警察が自宅にまで行きドアをノックし、テロ組織の疑いだというのですから、威嚇的ですよね。

lesslie-askin-71-outside-kinder-morgan-storage-tank-area-in-burnaby-b-c.jpg



これからどうしますか?

聞いてくれてありがとう。バーナビー・マウンテンのトレイルはもちろん歩きます。お気に入りの場所ですから。今の時期は特にすばらしいですし。トレイルで写真も撮るでしょうし。そして、気候変動と健康についても研究を続けます。ハーバー政権は明らかに興味がないですから、誰かがやらなければなりません。

-----------------------------------------


カナダよ。


お前もそっちにむかうのか・・・



カナダBC州放射能汚染の不思議

 2015-01-25
Looking For Fukushima Contamination in Mushrooms and Soil of Western North America
北米西部のきのこと土壌に福島の汚染をたどる


DECEMBER 16, 2014 / FUKUSHIMAINFORM BY JAY T. CULLEN

The purpose of this diary is to report results from a recently published, peer reviewed study (behind paywall) examining the degree of Fukushima contamination in fungi and soil of western North America. The diary is the most recent contribution to an ongoing series which aims to provide evidence from scientific studies assessing the impact of the Fukushima Daiichi disaster on the environment and the health of residents of North America. Trappe and colleagues measured the activity of cesium isotopes (134-Cs half life ~ 2 years; 137-Cs half life ~30 years) in wild mushrooms, soil and leaf litter of the west coast from California up to Vancouver Island. The conclusions of the study were as follows:
この記事は、北米西部のきのこ類と土壌の福島からの汚染の程度を調査した最近発表された査読研究の結果を報告するためのものであり、北米の環境と住民の健康に福島原発事故が与えた影響を査定する科学的研究に基づく証拠を示すため継続して報告している記事のうちもっとも新しいものである。この研究者たちはカリフォルニアからバンクーバー島までの野生きのこ、土壌、そして落ち葉のセシウム(セシウム134 半減期2年、セシウム137 半減期30年)を測定した。その結論は以下のとおり。


1. No activity measurements exceeded levels thought to impact human health
2. 137-Cs activity increased in fungi and soil towards the north
3. 134-Cs increased to the south in leaf litter
4. Chanterelles did not significantly bioconcentrate Cs isotopes
5. 137-Cs and 134-Cs activities were highly variable from sample to sample
6. 137-Cs levels largely reflected non-Fukushima sources from either atmospheric weapons tests in the last century or the Chernobyl disaster in 1986

Chanterelles.jpg

1. すべての結果は人間の健康に影響を与えるレベルを超えていない。
2. きのこと土壌のセシウム137のレベルは北上するほど上昇した。
3. 落ち葉のセシウム134は南下するほど上昇した。
4. アンズダケはセシウム核種を生物濃縮していなかった。 
  明らかに土壌や落ち葉の値よりはるかに高い汚染を示しているのは、生物濃縮でないとするといったいなに???
5. セシウム137と134のレベルはサンプルによりかなり多様だった。
6. セシウム137のレベルのほとんどが福島由来ではない前世紀の大気核実験か1986年のチェルノブイリ事故からのものであることを反映していた。


The study by Trappe et al. (2014) was published in the Canadian Journal of Forest Research in August 2014. The authors began with the following hypotheses which motivated the research:
この研究は2014年8月にフォーレストリサーチ・カナディアンジャーナルで発表された。著者はこの調査の動機となった下記のような仮説で始めている。

1. activity levels of Cs isotopes in wild edible mushrooms were below the U.S. Food and Drug Administration derived intervention limits of 1200 becquerels per kilogram (Bq kg–1)
食用きのこのセシウムのレベルはアメリカ食品医薬品局(FDA)の規制値1キロ当たり1200ベクレルを下回っていた。


2. Cs activity would be higher in samples farther north due to jet stream influenced precipitation patterns as most deposition of radioisotopes is associated with rain that predominant jet stream patterns bring to the Pacific northwest rather than to California
放射性核種の沈着は降雨と関連し、ジェットストリームはカリフォルニアより太平洋北西に流れるものが優勢のため、サンプルのセシウムのレベルは北のサンプルほど高くなるであろう。

3. Chanterelles would bioaccumulate Cs isotopes at levels above those of their substrates (transfer factor > 1.0)
アンズダケはきのこの基質よりも高いレベルのセシウムを生態蓄積していくであろう。(移行因数>1.0)


To test these hypotheses they collected samples of fungi, soil and leaf litter from a variety of sites up and down the west coast of North American approximately 6–10 months after the Fukushima accident. These samples were subsequently analyzed for Cs isotopes at the Oregon State University Radiation Center using high purity germanium detectors that quantify gamma radiation spectra. All activities were decay corrected to April 1, 2011 and reported as Bq kg-1.
これらの仮説を調査するために、彼らはきのこ類、土壌、落ち葉のサンプルを福島事故後の約6-10ヶ月にわたり、北米西海岸の北から南まで様々な場所から採取した。これらのサンプルは、オレゴン州立大学、放射線センターにてガンマ線の周波数域を測るゲルマニウム半導体で次々にセシウムについて分析された。すべての数値はその崩壊を2011年4月の時点の値に修正され、1キロ当たりのベクレル値で報告された。

Results were as follows.
結果は以下のとおり。

Hypothesis #1: activity levels of Cs isotopes in wild edible mushrooms were below the U.S. Food and Drug Administration derived intervention limits of 1200 becquerels per kilogram (Bq kg–1)
仮説1:食用きのこのセシウムのレベルはアメリカ食品医薬品局(FDA)の規制値1キロ当たり1200ベクレルを下回っていた。

The following figure summarizes measurements made in Chanterelle mushrooms, soil and leaf litter.
下記の図は、アンズダケ、土壌、落ち葉の測定値を要約している。


M1.jpeg
Mean activity levels of 137-Cs and 134-Cs for sampled materials (chanterelles, mineral soil, deciduous litter, and needle litter). This chart omits the 157 Bq·kg–1 chanterelle collection from Bamfield due to its outlier influence on the Y axis. Lowercase letters indicate mean values that were not statistically different. 
セシウム137と134の平均値(アンズダケ、土壌、落葉樹の落ち葉、針葉樹の落ち葉) この図にはバムフィールドで採取したアンズダケの1キロあたり157ベクレルはY軸を大幅にはみ出すために省いている。小文字で書かれているのは平均値が統計的に相違ないということを示しいる。



In all cases the summed activities of 134-Cs (which because of its short half life is a fingerprint for Fukushima fallout) and 137-Cs were well below the US Food and Drug Administration intervention level of 1200 Bq kg-1. One Chanterelle sample collected in Bamfield, British Columbia was a significant outlier at 157 Bq kg-1. Including this outlier the average 137-Cs activity for Chanterelles was 12.3 Bq kg-1 with mean activities higher in the Pacific north west (15.1 Bq kg-1) compared to California (0.4 Bq kg-1). The authors hypothesis holds in this case.
すべての場合において、セシウム134(半減期が短いために福島からの降下物であることを示す)とセシウム137の合計は、FDAの規制値である1キロあたり1200ベクレルを大きく下回っていた。BC州バムフィールドで採取したアンズダケのサンプルだけが1キロあたり157ベクレルと著しく突出していた。この値を含め、アンズダケのセシウム137の平均値は1キロあたり12.3ベクレルで、太平洋岸北西部の15.1ベクレルは、カリフォルニアの0・4ベクレルに比べて平均値が高いことを示している。


Hypothesis #2: Cs activity would be higher in samples farther north due to jet stream influenced precipitation patterns as most deposition of radioisotopes is associated with rain that predominant jet stream patterns bring to the Pacific northwest rather than to California
仮説2:放射性核種の沈着は降雨と関連し、ジェットストリームはカリフォルニアより太平洋北西に流れるものが優勢のため、サンプルのセシウムのレベルは北のサンプルほど高くなるであろう。


The authors found that 137-Cs activity tended to increase towards the north as the following figures showing the 137-Cs content of soil and Chanterelles with latitude demonstrate.
土壌とアンズダケに含まれるセシウム137の値とその緯度が下記の図にに示されているように、北に行くほどその値が高くなる傾向にあった。

M2.jpeg
137-Cs in soil samples (Bq·kg–1) with latitude (°N) of collection site (p = 0.01, adj. R2 = 0.27) 
土壌サンプルののセシウム137(1キロあたりのベクレル)と採取場所の北緯



M3.jpeg
Regression of 137-Cs in chanterelle mushroom samples (Bq·kg–1) with latitude (°N) (p = 0.01, adj. R2 < 0.39).  
アンズダケのサンプルに含まれるセシウム137(1キロあたりのベクレル)と北緯



Unlike 137-Cs, 134-Cs activities were comparably lower than 137-Cs and were highest in the south and decreased towards the north or showed little trend with latitude. The following figure demonstrates this trend in leaf litter samples.
セシウム137とは異なり、セシウム134の値はセシウム137より比較的低く、南のサンプルで一番高く、北に行くほど低かった、あるいは、北緯との関係はほとんど見られなかった。下記の図は落ち葉のサンプルの傾向を示している。


M4.jpeg
Regression of 134-Cs in surface litter samples (Bq·kg–1) with latitude (°N) of collection site (p = 0.006, adj. R2 = 0.22).
地表の落ち葉のセシウム134(1キロあたりのベクレル)と採取場所の北緯



These trends and relative activities give us important information. Firstly, given that the cesium isotopes were released to the atmosphere in roughly a 1:1 ratio (134-Cs/137-Cs = 1) in March and April 2011 the low decay corrected activity ratio of 134-Cs/137-Cs in mushrooms, soil and leaf litter in the study suggest that significant amounts of 137-Cs did not come from Fukushima. This 137-Cs is likely present from atmospheric weapons testing in the 20th century or the Chernobyl disaster in 1986 which both released much larger amounts of 13-Cs to the environment.
これらの傾向と相関的な値は、私たちに重要な情報を与えている。まず、2011年3月4月に大気に放出されたセシウムが大体1対1(セシウム134/セシウム137=1)であることを考えると、この研究で採取されたきのこ、土壌、落ち葉のセシウム134とセシウム137の比率は低く、大半のセシウム137は福島由来のものではないということが考えられる。このセシウム137は20世紀の大気核実験か1986年のチェルノブイリ事故由来のものである可能性が高い。これら双方ともに、(福島より)ずっと大量のセシウムを大気に放出したのだ。


The trend towards higher activities of 134-Cs in the south refutes the authors hypothesis that Fukushima fallout would be higher in the north given average precipitation patterns. However, at the time the main Fukushima plume arrived at the North American west coast March 17-20, 2011, the jet stream was positioned much farther to the south than average and brought 4.4 cm of rain to San Francisco (maps can be accessed here). During that same period Corvallis, Oregon, reported only 1.9 cm and here where I live in Victoria, British Columbia only 1.2 cm of rain fell. The anomalous path of the jet stream during the plumes arrival is thus consistent with the observations that 134-Cs levels and Fukushima fallout were slightly higher in California than in the Pacific north west in 2011.
南にいくほどレベルが高かったという傾向は、福島の降下物が平均降雨量を考えてきたの方が高くなるであろうという著者の仮説を覆すものだ。しかしながら、主な福島からのプルームが2011年3月17日から20日にかけて北米の北西部に到達したとき、ジェットストリームは平均よりもずっと南に位置し、4.4cmの雨をサンフランシスコに降らせていた。同じ時期、オレゴン州のコーバリスは1.9cmの降雨量で、私が住むBC州ビクトリアではたったの1.2cmの降雨量だった。プルームが到達したときの異例なジェットスツリームの流れが、このようにして、2011年に北太平洋北西部よりもカリフォルニアのほうが福島降下物のセシウム134のレベルが高かったことが一貫して観察されたわけである。


M5.jpg
Position of the jet stream on March 18, 2011 taken fromhttp://virga.sfsu.edu/crws/archive/jetstream_archive.html2011年3月18日のジェットストリームの位置


Hypothesis #3: Chanterelles would bioaccumulate Cs isotopes at levels above those of their substrates 
仮説3:アンズダケはきのこの基質よりも高いレベルのセシウムを生態蓄積していくであろう。

Little evidence was found that Chanterelle mushroom species were bioaccumulating either 134-Cs or 137-Cs higher than levels in the soil in which they grew. The average concentration factor (mushroom activity/soil activity) for 137-Cs was 1.0 while the median was 0.4. For 134-Cs the concentration factor was on average 1.4 with a median of 0.7. Some samples had high concentration factors for both isotopes (6.0-6.5) however the majority of samples were below 1.0. This data suggests that Hypothesis #3 does not hold.
アンズダケ類が生息しているところの土壌よりもセシウム134やセシウム137が高いレベルで生態蓄積していると言うような証拠はほとんど見られなかった。セシウム137の平均濃縮率は、(きのこのレベ/土壌のレベル)は1.0だったが、中央値は0.4だった。セシウム134の濃縮因数は、平均1.4で、中央値は0.7だった。セシウム134、137ともいくつかのサンプルで高度の濃縮因数が高かった(6.0-6.5)が、大半のサンプルは1.0以下だった。このデータから、仮説3は当てはまらないと考えられる。
 平均値にしちゃおう!作戦か・・・


The activities of Cs isotopes in mushrooms, soil and litter from before and after the Fukushima disaster began are compared in the following table.
きのこ、土壌、落ち葉の福島事故以前と以後のセシウムのレベルを比較が下記の表。


Table4_Trappeetal2014_cjfr-2014-0105tab4 (1)
Cesium isotope measurements (Bq·kg–1 dry mass) in comparable samples collected before and after the Fukushima accident.
福島事故前後のセシウムの測定値(乾燥状態での1キロあたりのベクレル)の比較
 


The authors conclude from this comparison that the much of the activity they detected in their study predated the Fukushima disaster. This is in keeping with measurements which suggest that the levels of fallout from the Fukushima disaster in western North America was about a factor of 10 lower than from the Chernobyl disaster and many orders of magnitude less significant than weapons testing fallout in the 20th century.
この比較から、ほとんどの値が福島事故以前に検出されたものであると結論づけている。このことを踏まえると、北米西海岸の福島事故からの降下物のレベルは、チェルノブイリからのものの約10倍低く、20世紀の核実験からの降下物よりもさらに何倍も低いといえるだろう。




一番びっくりしたのは、福島事故以前に検出されているセシウム134。。。果たして汚染源は???

上記研究で測定されたBC州のサンプルの検査結果は以下のとおり。

Samples were collected in the fall and (or) winter season of 2011–2012, approximately 6–10 months after the Fukushima accident.
サンプルは福島事故から約6-10ヵ月後の2011年の秋から2012年冬にかけて採取された。

samples of 100 g dry mass of each material type is requested; however, some samples were smaller.
乾燥させたサンプルを100g採取するよう手配したが、いくつかのものはそれより少なかった。

Fungal samples were cleaned of most of the adhering soil and debris, air dried at 60 °C for 12–24 h, and ground to a uniform powder. Each sample was then weighed,...and the volume was determined to the nearest 10 mL.
きのこのサンプルは付着した土などを落とし、60 °Cで12-24時間乾燥させ、粉砕した。それぞれの重量が測定され、体積は10mlほどと定められた。

fungi1.jpg

fungi map

アメリカ西海岸(ワシントン、オレゴン、カリフォルニア)で1キロあたり100ベクレル以上示していたきのこは以下のとおり。 (Bq/kg)

1 ワシントン州 Cedar River 

craterellus.jpg
Craterellus tubaeformis Cs134:2.9±2.2 Cs137:191.9±5.3

turbinellus.jpg
Turbinellus floccosus   Cs134:0.0±1.9 Cs137:121.9±5.6

clavulina.jpg
Clavulina cinerea Cs134:1.1±1.8 Cs137:170.4±3.5

オレゴン州
2 Lake Oswego 
russula.jpg
Russula xerampelina Cs134:0.6±1.9 Cs137:131.3±3.8

3 Detroi
4 Marys Peak
Ramaria.jpg
Ramaria botrytis Cs134:1.3±1.9 Cs137:100.4±3.2
Ramaria botrytis Cs134:1.8±4.7 Cs137:595.3±20.7

5 Soda Fork
tricholoma.jpg
Tricholoma equestre Cs134:4.2±3.5 Cs137:244.4±8

6 Umpqua River
gomphus.jpg
Gomphus clavatus Cs134:0.4±1.2 Cs137:309.9±10.8


WO map



そして、2014年11月にBCで収穫されたマツタケの検査結果は、2011年のアンズダケのものより約7倍高いレベル・・・


測定日時 : 2014 年12月9日
測定時間 : 2400 秒
重量    : 44 kg
乾燥前 : 400g ( 52 °Cで約10時間乾燥)
検査機器 : φ5×4inch NaI

pinem.jpg

pinemushroom.jpg

乾燥前の取れたての状態に換算するとセシウム137は、1キロあたり116.391ベクレル。。。

同じく今年の11月に日本で取れたマツタケの値はというと・・・


matu.jpg

福島・南相馬市産のマツタケから10万2900ベクレルのセシウム検出

秋の味覚が豊かに市場に出回っているが、やはりキノコ類は放射性物質濃度が高く、産地の確認と放射性濃度に要注意だ。福島県の最新データによると、南相馬市で採れたマツタケから10万2900ベクレルもの高濃度のセシウムを検出したほか、福島県各地で、万ベクレル単位の汚染キノコが相次いで検出されている。

201年11月の農林水産省の報告によると・・・
(セシウム134と137の合計)
長野県 7.9~81 bq/kg
岩手県 9.5~67 bq/kg
山梨県 3.2~49 bq/kg


。。。。要するに・・・

原発事故が起きていなくても、

過去の事故や実験の負の遺産のほかに


何かほかの理由で土壌が放射能汚染されている可能性が。。。という事実をつきつられているわけで・・・


さぁ、どうしましょうか・・・


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。