スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

緊急報告~放射能被曝が生態系に与える影響

 2014-09-01
Biological effects of Fukushima radiation on plants, insects, and animals
福島の放射能が植物、昆虫、動物に与える生物学的影響


Aug 14, 2014

lead_large.jpg


Following the 1986 Chernobyl nuclear power plant meltdown, biological samples were obtained only after extensive delays, limiting the information that could be gained about the impacts of that historic disaster. Determined not to repeat the shortcomings of the Chernobyl studies, scientists began gathering biological information only a few months after the disastrous meltdown of the Fukushima Daiichi power plant in Japan in 2011. Results of these studies are now beginning to reveal serious biological effects of the Fukushima radiation on non-human organisms ranging from plants to butterflies to birds.
1986年のチェルノブイリ原発のメルトダウンの後で、生物学的サンプルが採取されたのは、歴史的な惨事の与えた影響について入手し得た情報が制限されてからずっと後になってからのことでした。チェルノブイリの研究の欠陥を繰り返さないと決意し、科学者たちは2011年に日本で起きた福島第一原発の悲惨なメルトダウンの後わずか数ヵ月後に、生物学的情報を集め始めたのです。


A series of articles summarizing these studies has now been published in the Journal of Heredity. These describe widespread impacts, ranging from population declines to genetic damage to responses by the repair mechanisms that help organisms cope with radiation exposure.
これらの研究をまとめた一連の記事が今、遺伝ジャーナルに発表されました。これらは、数の減少から、被曝に対処するための修復メカニズムによる反応に与える遺伝的損傷に至るまで、広範囲に及ぶ影響が描かれています。

"A growing body of empirical results from studies of birds, monkeys, butterflies, and other insects suggests that some species have been significantly impacted by the radioactive releases related to the Fukushima disaster," stated Dr. Timothy Mousseau of the University of South Carolina, lead author of one of the studies.
「鳥、サル、蝶、そして他の昆虫の研究から得られた実験に基づく結果の積み重ねから、いくつかの種が福島事故からの放射能の放出により、かなりの影響を受けているということが考えられます。」とこの研究の著者の主導者である南キャロライナ大学のティモシー・ムソー氏は話しました。


Most importantly, these studies supply a baseline for future research on the effects of ionizing radiation exposure to the environment.
最も重要なのは、これらの研究が電離放射線被曝が環境に与える影響についてのこれからの調査のベースラインとなることです。


Common to all of the published studies is the hypothesis that chronic (low-dose) exposure to ionizing radiation results in genetic damage and increased mutation rates in reproductive and non-reproductive cells.
慢性的に(低線量の)電離放射線に被曝すると、遺伝子に損傷を与えることとなり、再生、非再生細胞に突然変異が現れる確率が高くなるという仮説が、発表されている全ての研究に共通しています。


One of the studies (Hayashi et al. 2014) documented the effects of radiation on rice by exposing healthy seedlings to low-level gamma radiation at a contaminated site in Fukushima Prefecture. After three days, a number of effects were observed, including activation of genes involved in self-defense, ranging from DNA replication and repair to stress responses to cell death.
それらの研究うちのひとつは、健全な米の苗に福島県の汚染地区で低線量のガンマ放射線にさらすことにより、放射能が米に与える影響を記録したものです。3日後、いくつもの影響が観察されました。DNAの複製から細胞死に対するストレス反応にいたるまでの護身を含む遺伝子が活性化したのです。


"The experimental design employed in this work will provide a new way to test how the entire rice plant genome responds to ionizing radiation under field conditions," explained Dr. Randeep Rakwal of the University of Tsukuba in Japan, one of the authors of the study.
「この作業に使われた実験計画は、米植物のゲノム全体が、その様な状況の下どのように電離放射線に反応するのかを調べる新しい方法を提供するでしょう。」とこの研究の著者の一人である筑波大学のランディープ・ラクワル博士は説明しました。


Another team of researchers (Taira et al. 2014) examined the response of the pale grass blue butterfly, one of the most common butterfly species in Japan, to radiation exposure at the Fukushima site. They found size reduction, slowed growth, high mortality and morphological abnormality both at the Fukushima site and among laboratory-bred butterflies with parents collected from the contaminated site.
他の研究者のチームは日本で最もよく見られる蝶、ヤマトシジミの福島での放射能被曝への反応について調査しました。福島の蝶と汚染地区から採集した親蝶から研究室で繁殖させた蝶の双方から彼らが発見したのは、大きさの減少、発達不良、高死亡率、形態学的異常でした。


fukushimasle.jpg


Multiple sources of exposure were included in the butterfly study. "Non-contaminated larvae fed leaves from contaminated host plants collected near the reactor showed high rates of abnormality and mortality," explained Dr. Joji Otaki of the University of the Ryukyus in Okinawa, Japan. Some of their results suggested the possible evolution of radiation resistance in Fukushima butterflies as well.
その蝶の研究には、色々な被曝の源が含まれています。「汚染されていない幼虫に、原発に近いところで採集した汚染された宿主植物を食べさせたところ、異常と死亡率が高いことを示しました。」と沖縄の琉球大学のオオタキ・ジョウジ博士は説明します。いくつかの結果からは、福島の蝶に、放射線抵抗性への進化の可能性も示されました。


A review of genetic and ecological studies for a range of other species at both Chernobyl and Fukushima (Mousseau 2014) revealed significant consequences of radiation. Population censuses of birds, butterflies, and cicadas at Fukushima showed major declines attributable to radiation exposure. Morphological effects, such as aberrant feathers on barn swallows, were also observed. The authors suggest that long-term studies at Chernobyl could predict likely effects in the future at the Fukushima site.
チェルノブイリと福島のほかの種に渡る遺伝的、生態学的研究の再調査では、放射能による重要な結果が明らかにされました。福島の鳥、蝶、セミの数の調査により、放射能被曝に起因する大きな現象が示されました。ツバメの変形した羽のような形態学的影響も観察されました。この著者たちは、チェルノブイリの長期に渡る研究が、福島で将来起こるであろう影響を予測することを可能にするのだと提唱しています。


All of these studies highlight the need for early and ongoing monitoring at sites of accidental radiation release. "Detailed analyses of genetic impacts to natural populations could provide the information needed to predict recovery times for wild communities at Fukushima as well as any sites of future nuclear accidents," Mousseau said. "There is an urgent need for greater investment in basic scientific research of the wild animals and plants of Fukushima."
これら全ての研究が放射能放出事故の起きた現場での早期的、そして持続的なモニタリングの必要性を強調しています。「自然界での遺伝子に与える影響についての詳細にわたる分析が、福島の野生社会の、そして将来の原子力事故のいかなる現場での回復時についての予測に必要な情報を提供してくれるのです。」

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

ことの緊急性を感じたティモシー・ムソー博士の記者会見

"Fukushima Catastrophe and its Effects on Wildlife,"
福島惨事と野生生物への影響 (外国人記者クラブにて)





3.15 "There’s been some developments in the last year or two — especially in recent months — that really bring some sense of urgency to sharing some of these latest findings…Hopefully this will be of some relevance to the people of Japan, as well as people that might be visiting Japan in the coming years. My concerns of the past few months stems from the fact that there’s a growing number of scientific studies concerning radiation effects on plants and animals from Chernobyl, but also from Fukushima. These have clearly demonstrated impacts — injuries — to individuals, populations, communities, and even whole ecosystems. These findings have significant implications for the recovery of contaminated regions of Japan."
「この1,2年で進展がいくらかありました。特に最近の数ヶ月です。これら最も最近の発見を共有することの緊急性を本当に感じています。・・・これが日本の人々、そしてこれから数年中に日本に訪れる人々に適切なものであれば、と思います。ここ数ヶ月の私の懸念は、チェルノブイリ、そして福島をもの動植物に与えた放射能の影響についての科学的研究が数々でてきているという事実からのものです。これらは、明らかにその影響を示しています。-危害-個人、住民、社会、エコシステム全体にさえ与える危害です。これらの発見は日本の汚染地域の回復のために重要なことを示唆しています。」


Natural News

22.00 "These next figures are really, really important, and this really was the motivation for speaking today," he said. "These are the results from four years of data, so starting July 2011, and we just did the last count last month here in Fukushima. What this graph shows very, very strikingly is that the total numbers of birds drops off with radiation in Fukushima in a very consistent pattern."
「次に示す数は、本当に、本当に重要です。このことが、実に今日話しをしようという動機にになったのです。これらは、4年間のデータからの結果です。2011年7月に始め、一番最近のカウントは、福島で先月行ったばかりのものです。このグラフが示しているのは、福島の放射能で、鳥の全体異数がとても一貫性を持つパターンで、かなり、かなり著しく減少しているということです。」

tim4.jpg


Scientist reveals albino birds, mutant firebugs, and deformed pine trees derived from Fukushima radiation
福島放射能由来の鳥のアルビノ(白子)、昆虫の突然変異、松の奇形


He pointed to the consistency of bird die-offs through the years, increasing over time. He showed how both the Chernobyl and Fukushima disasters showed these striking similarities. He rose even more alarm over radiation's "effects on species richness or biodiversity," stating that the effects "are even more striking, again, dropping off with increasing radiation." He talked about mutations in birds seen near Fukushima, mentioning the first swallow with patches of white feathers. "We've since been documenting in collaboration with the Wild Bird Society of Japan many more additional cases of these albinos." He talked about other biomarkers like Japanese cows with white spots on their rears. He showed pictures of birds with tumors, showing documentation of higher frequency of cataracts in humans and birds in areas with high radiation levels. Taking it a step further, he showed growth abnormalities in both firebugs and scotch pine trees.

tim1.jpg

彼は、数年を通しての鳥の大量死について指摘しました。時が経つごとに増加していました。チェルノブイリと福島の惨事が示すこれらの衝撃的な類似性も明らかにしました。「種々の豊富さや生物多様性における放射能の影響」についての更なる警告さえ発しました。その影響が「更に衝撃的なものでさえあり、放射能レベルが上がるほど数が落ちていたのだ」と述べました。福島付近の鳥に見られる突然変異についても話し、羽に白い斑点のあった最初のツバメについて言及しました。「日本野鳥の会との協力で、アルビノの更なるケースについて記録してきました。」背後に白い斑点のある日本の牛のような他の生物マーカーについても話しました。腫瘍のある鳥の写真、高レベルの放射能の地域の人や鳥に見られる白内障の頻度の増加についての記録を示しました。更に、昆虫と松の木に見られた成長異常を明らかにしました。

tim2.jpg

tim3.jpg



Mousseau showed that the effects of radiation from Fukushima are similar to that of Chernobyl, which exploded in Ukraine in 1986. "The point today is that as far as we can tell so far, there does not seem to be any dramatic difference between the effects of radiation in Chernobyl versus the effects of radiation in Fukushima. I think that is one of the take home messages," he said.
ムソー氏は、福島の放射能の影響が、1986年にウクライナで爆発を起こしたチェルノブイリのものとよく似ていることを示しました。「今日、指摘したいのは、現在ところを言えることが、チェルノブイリの放射能の影響と福島の放射能の影響に大きな違いが見られない、ということです。これが今持ち帰ろうと思うメッセージの一つだと考えます。」


Governments continue to censor the effects of Fukushima
福島の影響を検閲し続ける政府


Mousseau detests the "official government reports" on Fukushima that downplay the impact that the radiation is having on Japan and the global ecosystem. "Contrary to governmental reports, there's now an abundance of information demonstrating consequences -- in other words, injury -- to individuals, populations, species, and ecosystem functions, stemming from the low dose radiation due to Chernobyl and Fukushima disasters," he stated.
ムソー氏は、放射能が日本と世界のエコシステムに与える影響について過小評価している福島についての「公式な政府の報告」を酷く嫌っています。「政府の報告に反して、今では(放射能が与えた)結果を示す溢れるばかりの情報があるのです。言葉を変えて言えば、チェルノブイリと福島事故による低レベルの放射能に由来する、個人、住民、種々、エコシステムの機能、に対する危害です。」と彼は述べました。

人々のパニックやストレスを軽減するために、放射能が人間に与える影響がほとんどない、ストレスの方が直接の被曝より健康に害を与える、という発表を科学的根拠を示さずに結論付けている政府や政府関連の主張は、実際に調査をしなければ分からないはず。国際機関は、人々の健康を守るだけでなく、環境全体を守るべき・・・・と。もっとものことだと思います。


At 38 minutes into his speech, Mousseau told an Associated Press reporter that the effects are not local but are impacting the global ecosystem. "I think the only conclusion you can come to from the increasing body of evidence of Chernobyl is that all components of this ecosystem seem to be affected, from the bacteria in the soil, the fungi in the soil, all the way up to the top predators... they are all connected of course. As we pick away at the various components of the ecosystem, we have not found any particular components that don't seem to be affected in some way."
38分のスピーチで、ムソー氏はAPの記者に、その影響が地域的なものではなく、世界的なエコシステムに及ぶものだと話しました。「チェルノブイリからの証明され続けていることから出せる結論は、エコーシステムの全ての構成要素が影響を受けているということです。土の中のバクテリア、土の中の菌、そして最上の捕食者にいたるまでです・・・それらはもちろん全て汚染されています。エコシステムの色々な構成要素を取り除いたとき、どんな形でも影響を受けているように思われないという特定の要素はないことが分かりました。」


tim5.jpg

これら全てが何を意味しているのか?

政府関係の報告に反して、個人、住民、種々、エコシステムの機能がチェルノブイリと福島由縁の低レベル放射能からの影響を受けていることを示す大量の情報が今ではあるということ。




研究をすることを禁じられている日本。

人間に与えている影響については、「被曝とは関係ない」の一言で終わらせるのがルール。



それが通用しなくなる日が迫っています。





スポンサーサイト

放射能汚染地のサルー血液学的研究

 2014-07-29
guardian_logo.jpg


Japanese monkeys' abnormal blood linked to Fukushima disaster – study
研究―福島事故と関係づけられたニホンザルに見られる血液の異常


Primates in Fukushima region found to have low white and red blood cell levels and radioactive caesium
福島の霊長類に見られる白血球・赤血球低下と放射性セシウム


Damian Carrington
Thursday 24 July 2014 16.34 BST



Wild monkeys in the Fukushima region of Japan have blood abnormalities linked to the radioactive fall-out from the 2011 nuclear power plant disaster, according to a new scientific study that may help increase the understanding of radiation on human health.
新しい科学的研究によると、福島地域の野生猿の血液異常が、2011年の原発事故からの放射性降下物によるものだと関連付けられ、放射能の人間の健康への理解を深めるのに役立つかもしれません。


The Japanese macaques (Macaca fuscata) were found to have low white and red blood cell levels and low haemoglobin, which the researchers say could make them more prone to infectious diseases.
ニホンザルの赤血球、白血球、ヘモグロビンのレベルが低下していることが認められ、感染症にかかりやすくなる可能性があるのだと、研究者たちは述べています。


But critics of the study say the link between the abnormal blood tests and the radiation exposure of the monkeys remains unproven and that the radiation doses may have been too small to cause the effect.
しかし、この研究に対し、血液検査からの異常とサルの被曝の関係性は証明されておらず、被曝量が影響を及ぼすにはあまりにも少なすぎる、という批判もあります。


その被爆量とは・・・

"Total muscle cesium concentration in Fukushima monkeys was in the range of 78–1778 Bq/kg, whereas the level of cesium was below the detection limit in all Shimokita monkeys."
福島のサルの筋肉のセシウム濃縮は、1キロあがり78-1778ベクレルの範囲だった。一方、下北のサルのセシウムのレベルは全て検出限界以下であった。

注: ロシアのバンダジェフスキー教授の研究によると、子どもの体内1kgあたり10ベクレル以上のセシウム137が子どもの体内にあると、心臓疾患が生じホルモンのバランスが崩れ、50ベクレルだと重要な器官の組織が永久に破損し始める、とのこと。




The scientists compared 61 monkeys living 70km (44 miles) from the the Fukushima Daiichi nuclear power plant with 31 monkeys from the Shimokita Penisula, over 400km (249 miles) from Fukushima. The Fukushima monkeys had low blood counts and radioactive caesium in their bodies, related to caesium levels in the soils where they lived. No caesium was detected in the Shimokita troop.
科学者たちは、福島第一原発から70kmに生息しているサル61匹と、福島から400km異常のところにある下北半島の31匹のサルを比較しました。福島のサル達の血球数が低く、体内からセシウムが検出され、それは、生息地の土壌に含まれるセシウムのレベルと関係していました。下北半島のサルの群れの体内からは、セシウムが全く検出されませんでした。(セシウム134、137合計の検出限界:1キロあたり10ベクレル)


srep05793-f1.jpg


Professor Shin-ichi Hayama, at the Nippon Veterinary and Life Science University in Tokyo, told the Guardian that during Japan’s snowy winters the monkeys feed on tree buds and bark, where caesium has been shown to accumulate at high concentrations.
東京の日本獣医生命科学大学、羽山伸一教授はガーディアンの取材に対し、雪深い日本の冬の間に、サルたちは木の芽や樹皮を食べ、その芽や樹皮には高濃度のセシウムが蓄積されていることが明らかにされているのだと話しました。


“This first data from non-human primates — the closest taxonomic relatives of humans — should make a notable contribution to future research on the health effects of radiation exposure in humans,” he said. The work, which ruled out disease or malnutrition as a cause of the low blood counts, is published in the peer-reviewed journal Scientific Reports.
「分類医学的に人間と一番近い非ヒト霊長類からの初めてのこのデータは、人間の健康に放射能被曝が与える影響についての更なる調査に重要な貢献となるはずです。」と彼は言いました。血球数の低下の原因から、疾病や栄養不良を除外したこの研究は、論文審査の科学レポートジャーナルに発表されています。


White blood cell counts were lowest for immature monkeys with the highest caesium concentrations, suggesting younger monkeys may be more vulnerable to radioactive contamination. Hayama noted: “Abnormalities such as a decreased blood cell count in people living in contaminated areas have been reported from Chernobyl as a long-term effect of low-dose radiation exposure.” But other blood measures did not correlate with caesium levels, which vary with the seasons.
白血球数は幼獣で一番低く、セシウムの濃度が最も高かったことから、年の若いサルほど放射性汚染の影響を受けやすいのではないかということが考えられます。「汚染地域に暮らす人々の血球の低下のような異常は、低線量被曝の長期的影響としてチェルノブイリでも報告されています。」と羽山教授。しかし、他の血液値はセシウムのレベルと相関関係がなく、季節により様々です。

"Stepanova et al. conducted hematological studies of Ukrainian children between 1993 and 1998 after the Chernobyl disaster of 1986. They observed reduced blood cell counts, Hb, and platelet counts in these children, and found that the extent of the reduction in each child correlated with the level of radiocesium in the soil of the area of residence. "
ステパノワのチームが1986年のチェルノブイリ原発事故後1993年から1997年にかけて血液学的研究を行った。子どもの血球数、ヘモグロビンと血小板の減少が見られ、住んでいる地域の土壌の放射性セシウムレベルと関係してそれぞれの子どもたちに減少が見られた。


Prof Geraldine Thomas, at Imperial College London, said the Chernobyl studies were not “not regarded as scientifically validated” and that the correlations between the caesium and low blood counts in the Fukushima study were not statistically strong.
ロンドン・インペリアル・カレッジのジェラルディーン・トーマス教授は、チェルノブイリの研究は、「科学的に検証されたものとして認められておらず」、福島のセシウムと低血球数の相関関係の研究は、統計的に有力ではない、と述べました。


“Unfortunately this is yet another paper with insufficient power to distinguish real effects and relevance to human health,” she said. “We know that one of the most damaging health effects comes from fear of radiation, not radiation itself.” She also noted that people, unlike the monkeys, could avoid eating contaminated food from the Fukushima region.
「残念ながらこれは、人間の健康への本当の影響と関連性を識別するのには不十分な論文の1つでしかありません。最も健康を害す影響が、放射能そのものからではなく、放射能への怖れからくるものであることが分かっています。」彼女はまた、人間はサルとは違い、福島地域からの汚染食物を食べることを避けることができるのだとも言及しました。

産地がごまかされている場合はどうするのでしょう?
残念ながら「経済的」復興を目指すとき、人間は、このようなことをするのが性のようです。




スペイン南部パロマレス
秘密裏に水爆4個を搭載した米軍のB52が1966年に墜落。
プルトニウムを広範囲に飛散させた。
米軍は650人超の兵士を派遣し、約1600トンの汚染土を除去し本国に持ち帰る。
安全性をアピールするためにアメリカ大使が海で泳ぐ
事故についての情報は長期に渡り厳しく統制される。
特産品のスイカやトマトは風評で10年間ほど影響を受け続けた
当時を知る住民の多くは今も事故の話題を避ける
2000年代後半、プルトニウムの汚染が残っていることが判明。
45年間調査されなかったのは、"政治の都合で決着を急ぎ汚染処理が不十分だったため。
メディアでパロマレスのことがニュースになるたびに作物への信頼が失われた。
そのたびに
「作物をいったん別の地域に出荷して、ラベルをその地域に張り替える」
ということをしなければならない!!!

------今の日本で起こっていることと同じです。。。



Another critic, Prof Jim Smith, at the said: “I am highly sceptical of the claim. The levels of radiocaesium in the Fukushima monkeys are about the same as those found in sheep in some parts of the UK following the Chernobyl accident, i.e. extremely low in terms of damage to the animals themselves. I think it much more likely that the apparently low blood cell counts are caused by something other than radiation.”
ポーツマス大学のジム・スミス教授は、「その主張にはかなり懐疑的である。」と批判的です。福島のサルの放射性セシウムのレベルは、チェルノブイリ事故後のイギリスのある地域の羊に見られたものと同じレベル。動物に害を与えるという意味では極度に低いものである。低血球は明らかに放射能以外の何かによるものである可能性が高いと思う。」と話しました。


Prof Hayama said that caesium levels were used as an indicator of the radiation exposure of the monkeys. “The low haematological values in the Fukushima monkeys could have therefore been due to the effect of any radioactive materials,” he said. “We did not conclude the low-blood cell counts are caused by caesium but so far we cannot find other reasons except radiation.”
羽山教授は、セシウムのレベルがサルの放射能被曝の指針として使われたのだと話します。「福島のサルに見られる低い血液学的数値は、放射性物質の影響によるものであるといえる。」と言いました。「私たちは低血球数がセシウムによるものだと結論付けたわけではありませんが、今のところ放射能以外の理由が見当たらないのです。」


srep05793-f2.jpg


Engineers at Fukushima are currently working to contain thousands of tonnes of irradiated water groundwater by next March by surrounding the four damaged reactors by an underground frozen wall.
福島の技術者たちは、現在何千トンもの放射能汚染地下水を収めるため、来年3月までに地下水を凍結させた壁で損傷した4基の原子炉を囲むことに従事しています。


Other research published on Wednesday showed children, teenagers and young adults living near two UK nuclear power stations since the 1990s are not at an increased risk of developing cancer.
また、水曜日に発表された他の調査から、1990年代以来イギリスの2つの原発の近くに住んでいるこども、10代、また若者に、発癌の危険性が高まることはないということを示しました。






放射能の影響ではないとすると・・・


何の影響であるのかを

さらに共同で、研究して

明らかにしていただきたいと思います。



命の源の海はゴミ箱ですか?~物欲に対する対価

 2013-11-23
newscastle_herald_logo.jpg


The ocean is broken
海が壊れている


By GREG RAY
Oct. 18, 2013, 10 p.m.


IT was the silence that made this voyage different from all of those before it.
今回の航海が以前の全てのものと違っていたのは、静寂でした。


Not the absence of sound, exactly.
正確に言えば、音がないということではありません。


The wind still whipped the sails and whistled in the rigging. The waves still sloshed against the fibreglass hull.
風は今でも帆を打ち、リギング(索具)をヒューヒュー音を立てていました。波は今でもファイバーグラスの船体を強く打っていました。


And there were plenty of other noises: muffled thuds and bumps and scrapes as the boat knocked against pieces of debris.
そして、沢山の他の音もありました:瓦礫の破片にぶつかったときにたてる重くて鈍く擦れる音。


What was missing was the cries of the seabirds which, on all previous similar voyages, had surrounded the boat.
何が欠けていたかといえば、以前の航海で船を取り巻いていた海鳥の鳴き声でした。


The birds were missing because the fish were missing.
魚がいないので、鳥たちがいないのです。


art-oceanbroken-620x349.jpg


Exactly 10 years before, when Newcastle yachtsman Ivan Macfadyen had sailed exactly the same course from Melbourne to Osaka, all he'd had to do to catch a fish from the ocean between Brisbane and Japan was throw out a baited line.
10年前、ニューキャッスルのヨットマンであるイヴァン・マクファデンさんがメルボルンから大阪まで全く同じコースを航海したとき、ブリスベンと日本の間の海で魚を取るためにしなければならなかったのは、餌のついた糸を投げることだけでした。


"There was not one of the 28 days on that portion of the trip when we didn't catch a good-sized fish to cook up and eat with some rice," Macfadyen recalled.
「その28日の旅で料理してご飯と一緒に食べるのによい大きさの魚が取れなかったことは1日たりともありませんでした。」とマクファデンさんは思い出します。


But this time, on that whole long leg of sea journey, the total catch was two.
しかし今回は、その海の長旅全体をとおして、釣れた魚は、合計2匹だったのです。


No fish. No birds. Hardly a sign of life at all.
魚がいない。鳥がいない。ほとんど全く、生き物の兆候がないのです。


"In years gone by I'd gotten used to all the birds and their noises," he said.
「今まで何年もの間、わたしは、鳥などの全て音に慣らされてきました。」と彼は話します。


"They'd be following the boat, sometimes resting on the mast before taking off again. You'd see flocks of them wheeling over the surface of the sea in the distance, feeding on pilchards."
「ボートについてきて、時には再び羽ばたく前にマストで休んだりしていたのです。群れが遠くの海の表面を旋回しイワシを食べていました。


But in March and April this year, only silence and desolation surrounded his boat, Funnel Web, as it sped across the surface of a haunted ocean.
しかし、今年の3月4月には、彼のボートと取りつかれた海の表面に張った棚網は静寂と寂しさに囲まれていたのです。


North of the equator, up above New Guinea, the ocean-racers saw a big fishing boat working a reef in the distance.
赤道の北、ニューギニアまで、その海のレーサーたちは大きな漁船が遠くの砂洲で仕事をしているのを見かけました。


"All day it was there, trawling back and forth. It was a big ship, like a mother-ship," he said.
「一日中そこにいました。トロール網を引き行ったり来たりしているのです。大きな船でした。母船のような。」


And all night it worked too, under bright floodlights. And in the morning Macfadyen was awoken by his crewman calling out, urgently, that the ship had launched a speedboat.
そして、一晩中、投光照明の下でその船は働いていました。そして朝、マクファデンさんは、その船が快速艇を進水させているのだと乗組員が切迫して叫んでいる声で目を覚ましました。


"Obviously I was worried. We were unarmed and pirates are a real worry in those waters. I thought, if these guys had weapons then we were in deep trouble."
「明らかに心配でした。私たちは武装おらず、海賊たちは海では本当に心配の種なのです。私は、やつらが武器を持っていたらかなりまずいことになると思いました。」


But they weren't pirates, not in the conventional sense, at least. The speedboat came alongside and the Melanesian men aboard offered gifts of fruit and jars of jam and preserves.
しかし彼らは、従来の海賊ではなかったのです。少なくとも。その快速艇はそばまでやって来て、船に乗っていたメラネシア人の男たちはみやげ物、果物やジャムの瓶、保存食を差し出したのです。


"And they gave us five big sugar-bags full of fish," he said.
「そして魚が一杯入った砂糖袋を5つくれました。」と、言います。


"They were good, big fish, of all kinds. Some were fresh, but others had obviously been in the sun for a while.
「あらゆる種類のとても質の良い、大きな魚です。いくつかは新鮮でしたが、他のものは明らかにしばらく太陽に曝されていたものでした。」


"We told them there was no way we could possibly use all those fish. There were just two of us, with no real place to store or keep them. They just shrugged and told us to tip them overboard. That's what they would have done with them anyway, they said.
「わたしたちは彼らにそれらの魚を全て使うことはおそらく不可能だろうと話しました。私たちは2人だけでした。それらを保存する場所も全くありませんでした。彼らはただ肩をすくめ、水中に捨てるように言いました。彼らもそうするつもりだったのだから、と言うのです。」


art-134-620x349.jpg


"They told us that his was just a small fraction of one day's by-catch. That they were only interested in tuna and to them, everything else was rubbish. It was all killed, all dumped. They just trawled that reef day and night and stripped it of every living thing."
「彼らはそれが、1日の混獲のほんのわずかに過ぎないのだと私たちに話しました。彼らが興味があるのはマグロだけで、他の全てのモノはくずなのです。全て死んでいて、全て捨てられたのです。彼らは日夜トロール網を引き、生きている全てのものからそれを抜き取るのです。」


Macfadyen felt sick to his heart. That was one fishing boat among countless more working unseen beyond the horizon, many of them doing exactly the same thing.
マクファデンさんは、心底いやになりました。それは、水平線の向こうの見えないところで同じことをやっている数え切れない漁船の1つに過ぎません。


No wonder the sea was dead. No wonder his baited lines caught nothing. There was nothing to catch.
海が死んでしまったはずです。どおりで自分の餌のついた糸に何もかからないわけです。釣るものは何もなかったのです。


If that sounds depressing, it only got worse.
それは気が滅入ることですが、悪化するばかりです。


The next leg of the long voyage was from Osaka to San Francisco and for most of that trip the desolation was tinged with nauseous horror and a degree of fear.
次の長い船旅は大阪からサンフランシスコで、その旅の大半で、そのわびしさは不快な嫌悪と恐怖とも言えるものを帯びていました。


"After we left Japan, it felt as if the ocean itself was dead," Macfadyen said.
日本を出発してから、海自体が死んでいると感じた。」とマクファデンさんは言いました。


"We hardly saw any living things. We saw one whale, sort of rolling helplessly on the surface with what looked like a big tumour on its head. It was pretty sickening.
「私たちは生きているものをほとんど見かけませんでした。鯨を一頭みました。頭に大きな腫瘍のようなものがあり、水面でどうしようもなく漂っているような感じでした。かなり弱っていました。


"I've done a lot of miles on the ocean in my life and I'm used to seeing turtles, dolphins, sharks and big flurries of feeding birds. But this time, for 3000 nautical miles there was nothing alive to be seen."
「私は今までの人生で何マイルも航海をしてきて、カメ、イルカ、サメや鳥を楽しませる大きな突風に見慣れてきました。ところが今回は3000マイルの航海で、生きているものを何も見なかったのです。」


In place of the missing life was garbage in astounding volumes.
命のない場所には、度肝を抜くような量のごみがありました。


"Part of it was the aftermath of the tsunami that hit Japan a couple of years ago. The wave came in over the land, picked up an unbelievable load of stuff and carried it out to sea. And it's still out there, everywhere you look."
「その一部は2年前に日本を襲った津波の後のものでした。波が来て土地に流れ込み信じがたいほどの量の瓦礫を取り込み海に運び出したのです。それはまだ海にあります。見渡す限りです。」


Ivan's brother, Glenn, who boarded at Hawaii for the run into the United States, marvelled at the "thousands on thousands" of yellow plastic buoys. The huge tangles of synthetic rope, fishing lines and nets. Pieces of polystyrene foam by the million. And slicks of oil and petrol, everywhere.
イヴァンさんの兄弟で、アメリカへ行くのにハワイで乗船したグレンさんは、「何百万」という黄色いプラスチックの浮きに驚きました。巨大な絡まった合成ロープ、釣り糸とネット。発泡ポリスチレンのかけらは百万単位。油やガソリンの油膜がいたるところに。


gareki3.jpg


Countless hundreds of wooden power poles are out there, snapped off by the killer wave and still trailing their wires in the middle of the sea.
数え切れない何百もの木の電柱が浮いていて、荒波に折られ、海の真ん中でそのワイアーをまだ引きずっています。


"In years gone by, when you were becalmed by lack of wind, you'd just start your engine and motor on," Ivan said.
「今まで何年も、風がなくて船が止まると、ただエンジンをかけ、モーターが動きました。」とイヴァン。


Not this time.
今回は違います。


"In a lot of places we couldn't start our motor for fear of entangling the propeller in the mass of pieces of rope and cable. That's an unheard of situation, out in the ocean.
「多くの場所で、ロープやケーブルの塊の中にプロペラが絡まってしまうのが怖いので、モーターを始動できませんでした。そんな状況は海に出たときに聞いたことがありません。」


"If we did decide to motor we couldn't do it at night, only in the daytime with a lookout on the bow, watching for rubbish.
「もし動くと決めたなら、夜にはできませんでした。船首に瓦礫に注意する見張りを置いて、昼間にだけです。」



"On the bow, in the waters above Hawaii, you could see right down into the depths. I could see that the debris isn't just on the surface, it's all the way down. And it's all sizes, from a soft-drink bottle to pieces the size of a big car or truck.
「ハワイの海上では、船首の上から深海までまっすぐ見下ろすことができます。瓦礫が表面にだけ浮いているだけではないのが分かりました。ずっと下にまであるのです。あらゆる大きさの物です。ソフトドリンクの瓶から大きな車やトラックの大きさまで。」


"We saw a factory chimney sticking out of the water, with some kind of boiler thing still attached below the surface. We saw a big container-type thing, just rolling over and over on the waves.
「工場の煙突が水から突き出ているのを見ました。表面下にはある種ボイラーのようなものがまだついていました。大きなコンテーナーのようなものも見ました。波から波へ浮いているだけでした。」


"We were weaving around these pieces of debris. It was like sailing through a garbage tip.
「私たちは、この瓦礫の破片の周りを縫うように進みました。まるでゴミ捨て場を航海しているようでした。」


gareki1.jpg


"Below decks you were constantly hearing things hitting against the hull, and you were constantly afraid of hitting something really big. As it was, the hull was scratched and dented all over the place from bits and pieces we never saw."
「デッキの下では船体にぶつかるものの音が常に聞こえていました。そして常に何か本当に大きなものにぶつかることを怖れていたのです。当然のごとく、船体は私たちが今まで見たことのないガラクタで、あちこちに傷がつき、凹みました。」


Plastic was ubiquitous. Bottles, bags and every kind of throwaway domestic item you can imagine, from broken chairs to dustpans, toys and utensils.
プラスチックがあちこちにありました。ボトル、袋、想像できうるあらゆる種類の使い捨ての家庭用品です。壊れたいすからちりとり、おもちゃ、台所用品に至るまで。


And something else. The boat's vivid yellow paint job, never faded by sun or sea in years gone past, reacted with something in the water off Japan, losing its sheen in a strange and unprecedented way.
そして何か他のものも。そのボートの鮮やかな黄色いペンキは何年たっても太陽や海であせなかったのですが、日本沖の海では何かに反応しました。奇妙な今まで前例のない状態でその光沢を失ったのです。


ocean.jpg


BACK in Newcastle, Ivan Macfadyen is still coming to terms with the shock and horror of the voyage.
ニューキャッスルに戻り、イヴァン・マクファデンさんは未だに旅の衝撃と恐怖に圧倒されています。


"The ocean is broken," he said, shaking his head in stunned disbelief.
海が壊れている。」彼は、強い不信感で頭を振り言いました。


Recognising the problem is vast, and that no organisations or governments appear to have a particular interest in doing anything about it, Macfadyen is looking for ideas.
問題を認識することは膨大で、どんな組織も政府もそのことについて何かしようという特別な興味は明らかにないようです。マクファデンさんは良い考えがないか探しています。


He plans to lobby government ministers, hoping they might help.
彼は、政府の大臣たちが何かしてくれるかもしれないとロビー活動をする計画を立てています。


More immediately, he will approach the organisers of Australia's major ocean races, trying to enlist yachties into an international scheme that uses volunteer yachtsmen to monitor debris and marine life.
それよりも前に、オーストラリアの主要な海のレーサーたちの主催者にアプローチしヨットマンから国際的計画の支持を得、瓦礫と海洋生物のモニタリングをするボランティアを使おうと考えています。


Macfadyen signed up to this scheme while he was in the US, responding to an approach by US academics who asked yachties to fill in daily survey forms and collect samples for radiation testing - a significant concern in the wake of the tsunami and consequent nuclear power station failure in Japan.
マクファデンさんはアメリカにいる間にこの計画に署名し、ヨットマンに日々の調査フォームに記入し、放射能検査のためのサンプルを集めるように頼んでいるアメリカの学者に返事をしました。日本の津波とそのあと起こった原子力発電所の機能不全のあとの重大な懸念なのです。


"I asked them why don't we push for a fleet to go and clean up the mess," he said.
「私たちが船隊を向かわせ、瓦礫の片付けをしてもよいかと訊ねました。」と彼はいいます。


"But they said they'd calculated that the environmental damage from burning the fuel to do that job would be worse than just leaving the debris there."
「しかし彼らはその作業をするのに燃料使うほうが、その瓦礫をただそのままにしておくより環境へより損傷を与えるという計算になったのだと言いました。」







これ以上、人間に海を汚す権利はないはずです。


物欲のためだけに

母なる海と

父なる大地を


これ以上貶めることなど


許されるはずがありません。



これから、


膨大な


償いをしなければなりません。



"Oceans at the Tipping Point" Teaser, Narrated by Harrison Ford from Ocean Health Index on Vimeo.




私たちは、海に限界がないかのように使ってきました。

しかし今、私たちは、転換点に来ています。



もし私たちが何もしなければ、

海に危機がおとずれるだけでなく、

それは人類の危機となるのです。



これから10年は、その先10,000年にとって、最も重要な時期となるでしょう。




Lots of sea birds washing up dead posted on Facebook
アラスカで打ち上げられた大量の海鳥の死骸

Birds washed up



国を揺るがす奇形動物

 2012-12-11
japan_times_logo.jpg
 ジャパンタイムズからです。


Sunday, Dec. 9, 2012

COUNTERPOINT

Chernobyl factored in the fall of a corrupt regime — Fukushima may too
チェルノブイリは政権の腐敗が原因-福島も同じかもしれない・・


By ROGER PULVERS
Special to The Japan Times

Second of two parts

There are approximately 7,000 exhibits in Kiev's Ukrainian National Chornobyl Museum. (The location of the nuclear plant that exploded on April 26, 1986 is spelled this way in Ukrainian.) Among the documents, photographs, maps and objects at this museum that opened on the sixth anniversary of the accident is a little piglet.
キエフのウクライナ国立チェルノブイリ博物館(1986年4月26日に爆発した原発のある場所は、ウクライナ語ではこのように綴ります。)には、約7000点の展示物があります。事故の6周年目に開設されたこの博物間の文書、写真、地図、物の中に、小さな子ブタの展示物があります。


The piglet was born after the accident in the vicinity of the plant with a deformity known as dipygus. Its body, on display, is forked at the torso and possesses too many legs.
その子ブタは、事故後に原発近辺で生まれ、二殿体という奇形がありました。 胴の所で分岐し、足が多すぎたのです。


Kiev-UkrainianNationalChernobylMuseum.jpg


"The amount of mutations in people and animals grew sharply after the catastrophe," states the explanation accompanying the display. "Among these, in the first four years, were some 350 animals found with serious deformities."
「人間と動物に現れた突然変異の量は、その惨事の後激増した。」とその展示に添えられた説明に書かれています。「これらのうち、最初の4年間で、350くらいの動物たちに深刻な奇形が見られた。」


What is the true nature of the destruction caused by radioactive contamination in the Chernobyl Exclusion Zone, an area stretching out in a 31-km radius from the plant? And what can we expect to find in a similar zone in Fukushima Prefecture? After all, it has been estimated that the nuclear accident in Ukraine has made human habitation in the zone impossible for 20,000 years. Will the land in Fukushima be equally condemned?
原発から半径31kmにまで及ぶチェルノブイリの立ち入り禁止地区での放射能汚染が引き起こした破壊の本質は何でしょう?福島県の類似した地域で私たちは何を発見することが予測されるのでしょう?結局のところ、ウクライナの原子力事故は、その地域を2000年の間、人間の住めないところにしてしまったと考えられています。福島の土地も同じような運命をたどるのでしょうか?


To get answers, I turned to Timothy Mousseau, professor of biological sciences at the University of South Carolina. Mousseau has made 30 trips to Ukraine and Belarus since 1999, spending approximately 230 days in fieldwork there, studying organisms living in both clean and contaminated areas in and around the zone and comparing them to those in other parts of Europe.
その答えを得るために私は、南カロライナ大学、生物科学のティモシー・Mousseau教授を頼りました。Mousseau教授は、ウクライナとベラルーシへ1999年以来30回旅しました。現地調査に約230日を費やし、その地域周辺の汚染地と汚れていないところ両方に住む生物を研究し、他のヨーロッパ地区の生物と比較しました。


Writing in "Biology Letters" in March 2009, he and his colleague, biologist at the University of Paris Sud, Anders Moller, reported on their study of bumblebees, butterflies, grasshoppers, dragonflies and spider webs in forests around the plant.
2009年3月に「生物学の手紙」の中で、彼とパリ第11大学の生物学者である彼の仲間、アンダース・メラー氏は、原発付近の森の中のマルハナバチ、蝶、バッタ、トンボ、くもの巣の研究について報告しました。


They found that "abundance of invertebrates decreased with increasing radiation," concluding that "the ecological effects of radiation from Chernobyl on animals are greater than previously assumed."
彼らは「放射能が増えるごとに多くの無脊椎動物が減少した」事を見出し、「チェルノブイリからの動物に対する生態学的な影響は、以前考えられていたよりも大きい」と結論しました。


A more recent study undertaken in the exclusion zone and published in May 2012 by Prof. Mousseau and colleagues states that "there were considerably few pollinating insects in areas with high levels of radiation ... (with) dramatic reductions in species richness and abundance of breeding birds...."
2012年5月にMousseau教授と仲間により発表された、立ち入り禁止地区で最近更になされた研究は、「放射線の高い地域で授粉する昆虫が著しく少なく、種の豊富さと、繁殖する鳥の発生量において、劇的に減少していた。」と述べています。


They cross-validated their measurements against reliable data from earlier Russian studies.
彼らは、前ロシアの研究からの信頼できるデータに対し、彼らの測定値を交差検証しました。


The accident at Chernobyl spread highly radioactive substances to regions as far away as Sweden, Britain and southern Germany. In fact, it was the largest release of radioactive material into the environment on record, about 400 times the amount released by the atom bomb dropped on Hiroshima.
チェルノブイリでの事故は、高レベルの放射性物質を、スウェーデン、イギリス、ドイツ南部にまで拡散しました。実際に、記録上環境中に放出された放射性物質のもっとも大量なものでした。広島に落とされた原子爆弾の約400倍の量です。


These studies constitute pioneering work, seeing as, according to Mousseau, "Surprisingly, there are few data on the abundance of animals in relation to radiation."
これらの研究は、先駆的な研究で構成され、また、そのように見られていて、Mousseau氏によれば、「驚くほど、放射能との関係において、動物の存在量についてのデータがない」のです。


What we do know is that the popular press, both in the Soviet and post-Soviet eras, created a "propaganda curtain" around factual information. The absence of data implied that as many animals were roaming freely in the exclusion zone as before the accident.
私たちに分かっていることは、ソビエトと前ソビエト時代に人気のある出版物が、事実に関しての情報の周りに「プロパバンダのカーテン」を作っていたということです。データの欠如は、事故前と同じくらいの数の動物たちが、立ち入り禁止地区を自由に放浪していたことを暗示していました。


The Japanese media has been little better with Fukushima. They have tended to give this impression, too, to lighten the disastrous effects of the disaster at the Fukushima No. 1 nuclear power plant and dampen the cause of compensation to victims.
日本のメディアは、福島について、同じような取り扱いです。福島第一原発での災害の悲惨な影響を軽く見せ、被害者への賠償の原因をあいまいにするため、このような印象を与えようとする傾向にあります。


Even NHK gave this impression on a news item broadcasted last month. They reported that the number of feral wild boar has increased 4 or 5 times since March 2011. Well, if the wild boar are doing okay, then what's the fuss?
NHKでさえ、先月放送されたニュースでこのような印象を与えました。彼らは、野生のいのししの数が2011年3月以来4倍か5倍に増えていると報道したのです。ええ、野生いのししが健康でいれば、何を騒ぐことがあるでしょう?


At the same time, however, officials from Fukushima Prefecture revealed a reading of 33,000 bequerels of radioactive cesium in a kilogram of wild boar caught near Iwaki City, the highest level ever recorded in a wild animal in the prefecture.
しかしながら同時に、福島県は、いわき市近くで捕獲された野生いのししから、1kgあたり3万3千ベクレルの放射性セシウムを測定したと明らかにしました。福島県で記録された野生動物での最高値です。


野生動物系の汚染を抜粋してみます。。。。

宮城県県猟友会の会員が捕獲したイノシシの肉から、暫定規制値を超す1キログラムあたり2200ベクレルの放射性セシウムを検出。 
(宮城県2011年8月19日発表)


茨城県水戸市木葉下町で捕獲されたイノシシの肉から、国の暫定基準値を超える放射性セシウムを検出放射性セシウムを検出。 
(茨城県2011年9月15日発表)


栃木県那須町と矢板市で捕獲された野生のイノシシ計2頭の肉からも、暫定規制値を超える1185ベクレル、990ベクレルのセシウムを検出。 
(厚生労働省2011年9月27日発表)

栃木県の矢板市と塩谷町で捕獲された野生のシカ計2頭の肉から、食品衛生法に基づく暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を超える1069ベクレルと545ベクレルの放射性セシウムを検出。 
(厚生労働省2011年9月27日発表)

福島県相馬市で捕獲されたイノシシの肉から、5720ベクレルの放射性セシウムを検出。 
(厚生労働省2011年11月7日発表)

福島県大熊町にある建物の壁で採取したツバメの巣から、1キログラム当たり約140万ベクレルの放射性セシウム(セシウム134と137の合計)を検出。 
(環境省2012年3月23日発表)

群馬県のイノシシ25検体から同368~109ベクレル、ニホンジカ11検体から同308~106ベクレルを検出。 
(群馬県2012年3月23日発表)

宮城県の猪(いのしし)から1キロあたり470ベクレルの放射性セシウムを検出。
(厚生労働省2012年5月31日発表)

福島県産ツキノワグマ2検体からそれぞれ1キロ当たり660ベクレル、1100ベクレルのセシウムを検出。
(厚生労働省2012年11月2日発表)

福島県産イノシシ11検体から1キロ当たり1300、420、900、270、230、270、320、260、220、340、170ベクレルのセシウムを検出。
(厚生労働省2012年11月2日発表)

栃木県産イノシシ肉6検体から1キロ当たり110~1100ベクレルのセシウムを検出。
(厚生労働省2012年11月2日発表)

宮城県産野生イノシシ肉から1キロ当たり360ベクレルのセシウムを検出。
(厚生労働省2012年11月8日発表)

群馬県産ニホンジカ肉3検体よりそれぞれ、1キロ当たり210、110、130ベクレルのセシウムを検出。
(厚生労働省2012年11月9日発表)

群馬県産ツキノワグマ肉6検体より、1キロあたり130~260ベクレルのセシウムを検出。
(厚生労働省2012年11月9日発表)

福島県産マガモ肉から1キロ当たり860ベクレルのセシウムを検出。
(厚生労働省2012年11月21日発表)

群馬県産ツキノワグマ7検体から1キロ当たり130-420ベクレルのセシウムを検出。
(厚生労働省2012年11月22日発表)

群馬県産ニホンジカ5検体から1キロ当たり110~290ベクレルのセシウムを検出。
(厚生労働省2012年11月30日発表)

馬県産ツキノワグマ4検体から1キロ当たり110~230ベクレルのセシウムを検出。
(厚生労働省2012年11月30日発表)


栃木県那須塩原市で捕獲されたシカと宇都宮市や塩谷町など8市町で捕獲されたイノシシから、一般食品の基準値を超える放射性セシウムを検出。イノシシは、那須塩原市890ベクレル、塩谷町800ベクレル、那須町500ベクレル、宇都宮市350ベクレル、大田原市280ベクレル、市貝町210ベクレル、芳賀町180ベクレル、茂木町120ベクレル。那須塩原市のシカは110ベクレル。 
(栃木県自然環境課2012年12月5日発表)


食べなきゃいい、って話じゃないよ~




At a talk I attended at Tokyo's Sophia University on Nov. 20, Prof. Mousseau spoke of his work in Fukushima in a research team that has spent about 6 weeks in Fukushima since July 2011 conducting research on bird and insect abundances and biodiversity, plant productivity, studies to assess the dose received by some bird species and measurements of genetic damage to their DNA.
11月20日に上智大学での公演に出席したとき、Mousseau教授は、調査チームの福島での作業について話しました。彼らは2011年7月から約6週間を福島で過ごし、鳥、昆虫の量、生物多様性、植物の繁殖率についての調査と、いくつか種の鳥が受けた被爆量、それらのDNAに対する遺伝的損傷の測定値を査定する研究を行いないました。


chernobyl-wildlife-bird-deformities_34166_big.jpg
チェルノブイリの鳥


"A very large proportion of eastern Fukushima Prefecture is contaminated to some degree," says Mousseau. "By this I mean, more than five times natural background radiation levels. Essentially, most areas from Fukushima City and Koriyama towards the east have measurable levels of radioactive cesium. A large swath — 15-20 km wide, extending from the reactor site to 50 km to the northwest — is very highly contaminated, with levels that are certain to lead to long-term ecological consequences. In fact, we have already demonstrated impacts to birds, cicadas and butterflies.
「福島県東部の大部分がある程度まで汚染されています。」とMousseau氏は話します。「つまり、バックグランドの放射性レベルの5倍以上だと言うことです。本質的に、福島市と郡山市から東へのほとんどの地域で、放射性セシウムの測定が可能なレベルです。広い縦長の範囲が-幅15-20km、原子炉の現場から北西へ50kmまでに及び-かなり高いレベルで汚染されています。それは、長期にわたり生物になんらかの結果をもたらすことが確かなレベルです。実際に、鳥や、蝶にはその影響が既に現れています。


OB-UE021_butter_DV_20120814080729.jpg
福島の蝶


"The reading on our Geiger counter in front of our hotel in Koriyama in July 2011 was above 2 microsieverts per hour, and rising. This was a big shock for us as we had not expected such high levels in the downtown area of this large metropolitan city with more than 300,000 inhabitants."
「2011年7月の郡山市内の私たちが泊まったホテルの前で、ガイガーカウンターの測定値は、1時間当たり約2マイクロシーベルト、そして上昇していました。これは私たちにとっては大きな衝撃でした。30万人以上の人が住んでいるこの大都市の中心でそのような高いレベルが出るとは思ってもいなかったのです。


He concludes: "Based on our previous work in Chernobyl, chronic exposure to this level of contamination is associated with many deleterious consequences for wildlife including elevated mutations rates, developmental abnormalities, tumors, neurological impairment, reduced fertility, and reduced longevity.
彼は次のように結論しました。「チェルノブイリで以前行ってきた研究に基づき、このようなレベルの汚染を慢性的に被曝していると、野生動物にとっては、突然変異率の上昇、発育異常、腫瘍、神経障害、繁殖力減少、短命などを含む多くの有害な結果と関連がある。」


"The areas of high contamination are confined to Fukushima Prefecture, but contamination has been detected in Tochigi, Ibaraki, Chiba, Tokyo, Miyagi, Yamagata, Niigata, Gunma and Nagano prefectures, among others. ... In terms of deposition onto land, the Chernobyl event was considerably larger with an area exceeding 200,000 sq. km ... . However, very large amounts of contaminants were released into the ocean around Fukushima, and the size and impacts on marine systems are largely still unknown."
「高度の汚染地域は、福島県に限定されるけれど、栃木、茨城、千葉、東京、宮城、山形、新潟、群馬、長野県と他の県でも汚染が検出されている。土地への沈着という意味では、チェルノブイリの事故の方が20万平方kmを越すかなり広大な地域へ達したけれど、福島周辺の海には、かなり大量の汚染物質が放出され、海洋システムに与えた規模と影響については、まだ全く分かっていない。」


As someone who has been studying Russian affairs for 50 years, having made my first trip there in 1964, I strongly believe that the aftereffects — ecological, economic, political and psychological — of the Chernobyl accident constituted a prime factor in the fall of the Soviet regime.
ロシアへ最初に旅をしたのは1964年。ロシアの出来事を50年間研究してきたものとして、私は、チェルノブイリ事故の生態的、経済的、政治的、精神的後遺症が、ソビエト政権の崩壊の主要な要因を構成していると考えています。


The Liberal Democratic Party, ahead in the polls for the election on Dec. 16, is dedicated to the restoration of nuclear energy. Attempts to whitewash the potential harmful effects of radiation on the land and sea are a critical tool in the strategy to mollify antinuclear sentiment in this country.
12月16日の選挙の世論調査で優勢な自由民主党は、原子力エネルギーの回復に献身的です。土地や海への放射能の有害な影響の可能性について体裁よくごまかす試みは、この国の反核感情をなだめるための戦略に重要なツールです。


Prof. Mousseau said to me, "Our second year of sampling in Fukushima in July 2012 suggests an increase in negative effects on animals living in the areas of high contamination, so it is imperative that these studies continue."
Mousseau教授は私に言いました。「2012年7月の福島での2回目のサンプル採取は、高度に汚染された地域に住む動物にとっての悪影響が増していたことを示しています。なので、研究の継続が必須です。」


I would like the politicians touting the virtues of nuclear power to look at the congenitally deformed piglet in Kiev. That little pig brought down a corrupt regime.
わたしは、原子力エネルギーの美徳を押し売りする政治家たちに、キエフの先天的奇形の子ブタを見て欲しいと思います。あの小さなブタが、政権崩壊へと導いたのです。


Something similar might happen here. If I were a member of the nuclear lobby or a politician in its greedy sway, I would fear the wild boar roaming the lands of Fukushima more than anything.
ここでも同じようなことが起こるかもしれません。もし、私が原発圧力団体だったり、どん欲な統治においての政治家であったならば、福島の土地を徘徊する野生いのししを、何よりも恐れるでしょう。







福島がチェルノブイリの運命を辿り、

日本が旧ロシアの運命を辿るのか、



福島の人を救い、自分たち自身の被曝からの影響と正面から向き合い

新しい価値観に基づく国へと方向転換する覚悟を示すのか、




選挙に不正がない限り、

全ては、

一人一人の一票にかかっています。



今回の選挙の結果は、

どう転んでも、

それが日本人の意思を世界に示すことになります。


政治だけを批判することは、もうできません。




放射能が究極に非倫理的である理由~遺伝子の突然変異

 2012-12-02
7月にチェルノブイリと福島の生態系の研究の経過をニューヨークタイムズが伝えました。

その中の

In Fukushima, animals have only cycled through a few generations at most since the disaster, so any mutations have probably not begun to manifest themselves. For short-lived species like insects, however, mutations could soon start to appear.
福島では、動物たちは、災害発生以来多くとも数世代しか巡っていません。なので、あらゆる突然変異自体について示すようなことは、おそらく始まっていないのです。しかしながら昆虫のような寿命の短いものは、突然変異がまもなくで始めるでしょう。


という予測が現実のものとなったことが発表されたのは、8月でした。

以下、イギリスBBCより。

13 August 2012 Last updated at 11:17 ET

'Severe abnormalities' found in Fukushima butterflies
「深刻な異常」が福島の蝶に発見される


By Nick Crumpton

BBC News

Exposure to radioactive material released into the environment has caused mutations in butterflies found in Japan, a study suggests.
研究報告:環境に放出された放射性物質が突然異変をもたらした日本の蝶



Scientists found an increase in leg, antennae and wing shape mutations among butterflies collected following the 2011 Fukushima accident.
科学者たちは、2011年の福島事故の後に収集された蝶の中に、足、触角、羽の形に突然変異を発見しました。


The link between the mutations and the radioactive material was shown by laboratory experiments, they report.
突然変異と放射性物質との間の関連が研究所の実験で示されたと、彼らは報告しました。


The work has been published in the journal Scientific Reports.
この研究は、サイエンス・レポート・ジャーナルで発表されました。


severe-abnormalities-found-in-fukushima-butte-L-LdwP1a.jpg


Two months after the Fukushima Daiichi nuclear power plant accident in March 2011, a team of Japanese researchers collected 144 adult pale grass blue (Zizeeria maha) butterflies from 10 locations in Japan, including the Fukushima area.
2011年の福島第一原発事故から2ヵ月後に、日本の研究者のチームは144匹のヤマトシジミを、福島を含め日本の10箇所で採取していました。


When the accident occurred, the adult butterflies would have been overwintering as larvae.
事故が起きたとき、蝶は幼虫として冬を越していたと思われます。


_62243663_butterlfymutated.jpg



Unexpected results
予測していなかった結果



By comparing mutations found on the butterflies collected from the different sites, the team found that areas with greater amounts of radiation in the environment were home to butterflies with much smaller wings and irregularly developed eyes.
異なる場所で収集された蝶に見られる突然変異を比べると、環境中の放射能の量が多い所に生息していた蝶ほど羽が小さく、目が変則的に発達していることが分かりました。


"It has been believed that insects are very resistant to radiation," said lead researcher Joji Otaki from the University of the Ryukyus, Okinawa.
「昆虫は放射能にとても抵抗力があると思われてきました。」と、その研究のリーダーである沖縄の琉球大学のオオオタキ・ジョウジ氏は言いました。


"In that sense, our results were unexpected," he told BBC News.
「ある意味、私たちの研究結果は予測されてないものだったのです。」とBBCニュースに話しました。


Prof Otaki's team then bred these butterflies within labs 1,750km (1,090 miles) away from the accident, where artificial radiation could hardly be detected.
オオタキ教授はこれらの蝶を、人工的な放射線がほとんど検出されない事故現場から1750km離れた研究室内で繁殖させました。

It was by breeding these butterflies that they began noticing a suite of abnormalities that hadn't been seen in the previous generation - that collected from Fukushima - such as malformed antennae, which the insects use to explore their environment and seek out mates.
蝶を繁殖させる事により、周りの環境を探検し、交尾の相手を探すのために使われる触角の奇形のような、福島で収集した前の世代の蝶には見られなかった一連の異常に気付き始めたのです。


Six months later, they again collected adults from the 10 sites and found that butterflies from the Fukushima area showed a mutation rate more than double that of those found sooner after the accident.
6ヵ月後、彼らはまた10箇所で蝶を収集し、福島の蝶は、事故直後に見られたものより2倍以上の割合の突然変異を示していました。


The team concluded that this higher rate of mutation came from eating contaminated food, but also from mutations of the parents' genetic material that was passed on to the next generation, even though these mutations were not evident in the previous generations' adult butterflies.
チームは、突然変異の高い割合は、汚染された食べ物を食べるものからきただけでなく、親の遺伝物質の変異から、次の世代へ引き継がれたのだと結論付けました。これらの突然変異が前の世代の蝶のものだという証拠はありませんでしたが。


The team of researchers have been studying that particular species butterfly for more than 10 years.
研究者のチームは、蝶の特定の種について10年以上研究してきました。


They were considering using the species as an "environmental indicator" before the Fukushima accident, as previous work had shown it is very sensitive to environmental changes.
以前の研究で環境の変化にとても敏感だと示されていたので、彼らはその種を福島事故前の環境指標として用いたのです。


_62243875_butterlyinthewild.jpg


"We had reported the real-time field evolution of colour patterns of this butterfly in response to global warming before, and [because] this butterfly is found in artificial environments - such as gardens and public parks - this butterfly can monitor human environments," Prof Otaki said.
「私たちは以前、地球温暖化に反応して、この蝶の色模様が瞬時に変化したことを報告しました。そして(なぜなら)この蝶は、庭や公園のような人工的な環境でも見られ、人間の環境を観察変更することができるのです。」とオオタキ教授は話しました。


The variations in colouration of the butterfly were previously reported by Prof Otaki and his colleagues in the open access journal BMC Evolutionary Biology, as he told BBC News.
この蝶の色の変化については以前、オオタキ教授と彼の仲間により、誰もが見れるBMC進化的生物学ジャーナルに発表されました。


"Colour-pattern changes of this butterfly in Aomori, Japan was [previously] observed only in the recent northern range margins during a limited period of time. Most importantly, the range-margin population did not show any 'abnormality' per se," he clarified.
「青森で、この蝶の色-模様の変化が(以前)限定された期間だけ、北部の山脈の端に、最近に限って観察されました。もっとも重要なのは、山脈の端に生息していた蝶に、「異常」そのものは見られなかったことです。」と彼は明言しました。


The findings from their new research show that the radionuclides released from the accident had led to novel, severely abnormal development, and that the mutations to the butterflies' genetic material was still affecting the insects, even after the residual radiation in the environment had decayed away.
彼らの新しい研究からの発見は、事故から放出された放射性物質が、新奇な、深刻な異常発達を招き、その蝶の遺伝物質の突然変異が、まだその虫に影響していることを示しています。残留した環境中の放射能が崩壊してしまった後でさえです。


"This study is important and overwhelming in its implications for both the human and biological communities living in Fukushima," explained University of South Carolina biologist Tim Mousseau, who studies the impacts of radiation on animals and plants in Chernobyl and Fukushima, but was not involved in this research.
「この研究は、人間と、福島に住む生物学的社会双方にとって、その意味するものにおいて重要で、圧倒されるものです。」この研究には関わりませんでしたが、チェルノブイリと福島の動物と植物に与える放射能の影響を研究している、南カロライナ大学の生物学者、ティム・Mousseau博士は説明しました。


"These observations of mutations and morphological abnormalities can only be explained as having resulted from exposure to radioactive contaminants," Dr Mousseau told BBC News.
「突然変異と形態異常についてのこれらの観察結果は、放射性汚染物質に曝された結果としてのみ説明され得るのです。」Mousseau博士は、BBCニュースに話しました。


The findings from the Japanese team are consistent with previous studies that have indicated birds and butterflies are important tools to investigate the long-term impacts of radioactive contaminants in the environment.
日本のチームのそれらの発見は、以前の研究で、鳥と蝶が環境中で長期に渡り放射性汚染物質が与える影響を調査する重要なツールであると示していたことと一環するものです。





2012.11/30放送


福島の鳥類の減少は、チェルノブイリのおそよ2倍。

生物界での異変は確実に起きている。


Picture1_20121203151346.jpg


「この植物の放射線によるダメージが現れているいい例です。

...これらの植物は、上の部分だけがいびつに成長しています。」

Picture2_20121203151346.jpg


Picture3_20121203151345.jpg

「こういったものを、チェルノブイリで数多く見てきました。

多くの動物にとって、ここ福島の状況はチェルノブイリと同じくらいひどいと言えます。」



30年間アブラムシの研究を行ってきた秋元教授。

Picture4_20121203151345.jpg

「全く見たことのないような奇形。

...この個体は、ストロー状の口の所に細胞死が起こってしまって、脱皮したときには口が失われてしまっている。これはもう、餌がとれずに死ぬ運命にある。」

Picture5_20121203151344.jpg


「この個体は足も一本無くなっている。」

Picture6_20121203151344.jpg


「こちらは、腹部が2つに分かれてしまっている。」

Picture7_20121203151355.jpg


川俣町で採取したアブラムシの10%ほどに形態異常が見つかった。

通常形態異常がでても、足が曲がる程度でその確率は1%程度。

秋元教授は、放射性物質が形態異常の原因と推測。





1959年5月28日、第12回世界健康総会で、WHOがIAEAと協定を結ぶ前、

1956年にWHOはこのように警告していました。


"Genetic heritage is the most precious property for human beings. It determines the lives of our progeny, health and harmonious development of future generations. As experts, we affirm that the health of future generations is threatened by increasing development of the atomic industry and sources of radiation … We also believe that new mutations that occur in humans are harmful to them and their offspring."

遺伝の遺産は、人間にとって最も貴重な財産です。それが、私たちの子孫の生活、健康、未来の世代の調和の取れた発展を決定づけるのです。専門家として、我々は、未来の世代の健康は、原子力業界の、原子力の産地の発展が進むことにより、脅かされることを、断言します。我々は又、人に新しく起こる突然変異が、自分たちにとって、そしてその子孫にとって危険なものであることを主張します。」



その後チェルノブイリの事故が起こり、

放射能が人間に与える影響は、

まるで、被害にあった人々が悪いかのように、隠し続けられたのです。

チェルノブイリ事故が残したもの


こんな残酷なものを、

「経済」を理由に、「国益」を理由に、

今も持ち続け、増やそうとまでしている人が1人でもいると言う事に、

無償に腹が立ち、果てしなく悲しくなります。


この事実に目を背けてまでも、

なにか言い訳を見つけて、

原発を、原爆を

今この瞬間も、

持ち続けるという選択をしますか???



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。