スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

最悪の状況~長崎原爆のプルトニウムを作ったハンフォード施設

 2013-06-25
Worst Hanford tank may be leaking into soil
核廃棄物タンクが土壌に漏洩しているかもしれない最悪のハンフォード





by SUSANNAH FRAME / KING 5 News

Posted on June 21, 2013 at 4:54 AM
Updated Friday, Jun 21 at 8:11 PM


hanford2.jpg


The first ever double-shell tank to have leaked at Hanford may be in far worse condition than anyone imagined. Hanford workers conducting routine maintenance on the tank, known as AY-102, Thursday were shocked to find readings of radioactivity from material outside the tank. Until now leaked nuclear sludge had only been detected in what's known as the tank's annulus -- the hollow safety space between the tank's two walls.
ハンフォードで初めての二重タンクの漏洩は、想像されているよりもはるかに状況が悪化しているかもしれません。AY102として知られているタンクの定期メインテナンスを行っているハンフォード作業員たちは、タンクの外の物質から測定された線量を見て衝撃を受けました。今までは、漏洩した泥状の核廃棄物はタンクのアニュラス--タンクの2つの壁の間のくぼんだ安全空間--として知られているものの内部でだけ検出されていたのです。


hanford3.jpg


The tank has been at the center of a KING 5 investigation for months. The underground carbon steel vessel holds 865,000 gallons of the most chemically contaminated, thermally hot, corrosive and radioactive material at the site.
そのタンクの何ヶ月にも渡る問題はキング5(ニュース)の調査の中心にありました。地下にあるカーボンスチール容器には、86万5000ガロン(2,722トン)のハンフォード・サイトで最も化学物質で汚染され、熱量の高い、腐蝕性の、放射性物質が納められています。


The U.S. Department of Energy, in a unique move, issued an email late Thursday night about the turn of events.
アメリカエネルギー省(DOE)は、その予想外の展開について、木曜日の夜遅くEメールを出すという異例の行動にでました。


"On Thursday, June 20, 2013, workers detected an increased level of contamination during a routine removal of water and survey of (AY-102's) leak detection pit...The source of contamination is not yet verified, but may be an indication of a leak from the AY-102 tank’s secondary containment," wrote Lori Gamache, spokesperson for the DOE's Office of River Protection (ORP) in Richland.
「2013年6月20日、木曜日、作業員たちが定期的な水の除去と(AY102の)漏洩を検出するクボミの調査をしている間に、汚染レベルの上昇を検出しました。。。汚染源は特定されていませんが、おそらくAY102タンクの外側の容器からの漏洩を示唆していると思われます。」とリッチランドのDOE、河川保護部のスポークスマン、ローリー・Gamacheが書いています。


hanford4.jpg


The leak detection pit is located underneath the massive tank and has contact with the soil.
その漏洩を検出するクボミは巨大タンクの下にあり、土壌と接触しています。


Just last week the Dept. of Energy submitted a detailed guide to the state of Washington on how to handle AY-102's leak in what's called the government's "pumping plan." The plan calls for the tank to be pumped of its contents by the year 2019. An initial review of the course of action appeared inadequate to state officials. State and federal law call for a leaking nuclear waste tank to be emptied and deemed unusable within 24 hours, or "whatever is practicable" of the detection of a leak.
一週間前にエネルギー省は、政府のいわゆる「揚水計画 」の中で、AY102の漏洩の取り扱い方法についてワシントン州に対して詳細に渡る手引きを提出したばかりです。その計画では、2019年までにタンクの内容物をポンプでくみ上げることを求めています。工程表を最初に見直した際、明らかに州の担当者にとっては不適切なものでした。州と国の法律では、核廃棄物が漏洩しているタンクは全て空にして、24時間以内に使用を止めることが求められているのです。


Now that the tank's condition may be far worse than previously known, state and federal officials are on the fast track to find solutions.
今では、そのタンクの状況は、以前知られていたよりもかなり悪化しているかもしれず、州と国の担当者は、一刻も早く解決策を探そうとしています。


"ORP has notified the Washington state Department of Ecology and U.S. Environmental Protection Agency, and convened an engineering analysis team to conduct additional sampling and video inspection to further assess the elevated radiation levels and determine the source of the contamination," said Gamache.
「河川保護部は、ワシントン州の自然環境省とアメリカ環境保護庁に通知し、高い放射線レベルの査定と、汚染源の特定のための更なるサンプル検査とビデオ調査を行うよう、技術分析チームを召集した。」とGamache氏は述べました。


The KING 5 Investigators, in a multi-part investigation, "Hanford's Dirty Secrets" exposed that the federal government's contractor in charge of all 177 underground storage tanks at the site, Washington River Protection Solutions (WRPS), failed to investigate scientific evidence of the leak for nearly a year before conducting a thorough inspection in August 2012. Despite signs of the leak and advice from veteran employees that the tank was compromised and leaking nuclear by-products in 2011, WRPS and the DOE made the leak public in October 2012.
キング5の調査員たちは、多角的な調査の中で、「ハンフォードの汚れた秘密」を暴きました。現場の177基の地下貯蔵タンクを担当する政府と契約を結んでいるワシントン州河川保護コンサルタント(WRPS)が、2012年8月に徹底的な調査が行われる前のほぼ1年間、漏洩の科学的証拠について調査しなかったのです。漏洩の徴候と、そのタンクが危険に曝され核副産物が漏洩しているという2011年のベテランの従業員の忠告にも関わらず、WRPSとDOEは2012年10月までその漏洩のことを公表しなかったのです。


hanford1.jpg


In addition, KING 5 revealed WRPS wasted millions of tax dollars on the tank during the months signs of the leak were discounted by managers. Instead of confronting evidence that the tank was broken, WRPS forged ahead with engineering, design, and equipment procurement work to upgrade the tank to eventually be a waste feed delivery source to the site's Waste Treatment Plant. Now that work is useless because of the tank's condition.
それに加え、キング5は、WRPSがそのタンクに何百万ドルもの税金を無駄に使っていた何ヶ月もの間、管理者たちが、漏洩の徴候を無視していたことを明らかにしました。そのタンクが破損しているという証拠と向き合わずに、WRPSはタンクのアップグレードのための技術、設計、設備の調達作業おわれ、結局は廃棄物処理場への財源が無駄に終わってしまったのです。タンクの状況を考えれば、今ではその作業は役に立たないものです。


On Wednesday the Obama administration's top environmental boss, Secretary of Energy Ernest Moniz, visited Hanford for the first time since his confirmation to see first-hand the country's most contaminated site. He assured reporters before his tour that the AY-102 leak was safely contained in the annulus and that the leak had not grown. Photos of the leaked toxic sludge obtained by KING 5 on Thursday showed an increase of bright green, wet leaked material from what had been documented by workers the week before.
水曜日にオバマ政権の環境問題のトップ、エネルギー省長官、アーネスト・Monizがアメリカで最も汚染されている現場を見に、役職について以来始めてハンフォードを訪れました。そこへ行く前に彼は、AY102の漏洩はアニュラス内に安全に収められていて、悪化していないのだとレポーターに請合いました。


hanford5.jpg

キング5が木曜日に入手した漏洩した猛毒の汚泥の写真は、先週作業員により記録されたものから漏れた、明るい緑色の湿った物質が増えていることを示していました。

hanford6.jpg


AY-102 is one of 28 double shell underground nuclear storage tanks at Hanford. These are newer, sturdier tanks than the older single shell tanks at the site, six of which are known to currently be leaking nuclear waste into the environment. The double-shell tanks were hoped to be a saving grace for Hanford -- a way to safely contain 56-million gallons of waste from decades of plutonium production until the treatment plant was finished.
AY102はハンフォードにある28の地下核廃棄物貯蔵二重タンクの1つです。これらはそのサイトにある古い一重タンクより新しく頑強なものです。現在、6基の一重タンクから環境に核廃棄物が漏れ出していていることが分かっています。二重タンクはハンフォードを救ってくれるものと思われていました。何十年にも渡るプルトニウム精製から出た5600万ガロン(176,233トン)の廃棄物をその処理場が閉鎖されるまで安全に収める方法として。


That plant is riddled with technical problems and cost overruns. It's uncertain when or if the current planned plant will be operational.
そのプラントは技術的問題と経費超過で難題だらけです。いつ、あるいは現在のプラントが稼動するのかどうかについては不確かです。


~*~*~*~*~*~*~


hanford8.jpg

「なぜ、このことがそんなに心配なのか?

正にこの漏洩しているタンクは、ハンフォード施設で最悪のものだからです。

最も放射能レベルが高く、最も化学物質で汚染されている廃棄物です。

土壌、地下水、特にコロンビア川に最も漏れて欲しくない物が、このタンクの中にあるのです。」




Tony Carpenter, executive director of the Seattle-based advocacy group Hanford Challenge: "This is really, really bad. They are going to pollute the ground and the groundwater with some of the nastiest stuff, and they don't have a solution for it."
ハンフォード・チャレンジのトニー・カーペンター氏
「これは本当に、本当にまずいです。土壌、地下水を最も汚れたもので汚染することになります。そして、彼らに解決策がないのです。」


Hanford



Mike Geffree, who works for contractor Washington River Protection Solutions, spoke about radioactivity measurements in water samples: "Anything above a 500 count is considered contaminated and would have to be disposed of as nuclear waste." The count from the pit of the leaking tank, the AP reports, was 800,000.
WRPSのマイク・Geffree氏は水のサンプルの放射能測定について話しました。
「500CPM以上のものは汚染されているとみなされ、核廃棄物として処理されなければなりません。」

・・・この漏洩しているタンクでは、80万CPMが測定されています。

hanford7.jpg




福島で行われている除染の効果について向き合わずに、


貴重な税金をこれ以上無駄なことに注がれることがないとよいのですが。。。




税金が注がれる先には、


まるで、全く別の目的があるようです。。。




スポンサーサイト

地球上で最も放射能汚染されている場所

 2013-02-16
10 Most Radioactive Places on Earth
地球上で最も放射能汚染されている10の場所



705px-nuclear_fireball.jpg


While the 2011 earthquake and worries surrounding Fukushima have brought the threat of radioactivity back into the public consciousness, many people still don't realize that radioactive contamination is a worldwide danger. Radionuclides are in the top six toxic threats as listed in the 2010 report by The Blacksmith Institute, an NGO dedicated to tackling pollution. You might be surprised by the locations of some of the world’s most radioactive places — and thus the number of people living in fear of the effects radiation could have on them and their children.
2011年の地震と、福島周辺に取り巻く懸念が放射性物質の脅威を人々の意識に呼び起こしている一方で、多くの人は放射能汚染が、世界規模の危険であることにまだ気付いていません。環境汚染を献身的に追跡しているNGO、ブラックスミス研究所(1999年に設立され、ニューヨークに本社を置く)による2010年の報告によれば、放射性核種は脅威を与える有毒物質の上位6位にあげられています。世界で最も放射能汚染されているいくつかの場所-つまり、放射能が彼らとその子どもたちに与える影響に怯えて暮らしている人々の数は、あなたを驚かせるでしょう。

Top six toxic threats
脅威を与える有毒物質の上位6位
Picture7_20130217042548.jpg



10. Hanford, USA
アメリカ、ハンフォード


hanford.jpg


The Hanford Site, in Washington, was an integral part of the US atomic bomb project, manufacturing plutonium for the first nuclear bomb and "Fat Man," used at Nagasaki. As the Cold War waged on, it ramped up production, supplying plutonium for most of America's 60,000 nuclear weapons. Although decommissioned, it still holds two thirds of the volume of the country’s high-level radioactive waste — about 53 million gallons of liquid waste, 25 million cubic feet of solid waste and 200 square miles of contaminated groundwater underneath the area, making it the most contaminated site in the US. The environmental devastation of this area makes it clear that the threat of radioactivity is not simply something that will arrive in a missile attack, but could be lurking in the heart of your own country.
ワシントン州のハンフォードは、アメリカ原子爆弾プロジェクトに欠かせないものでした。初の原子爆弾のプルトリウムを精製し、「ファットマン」は長崎で使われました。冷戦が始まると生産を強化し、アメリカの6万の核兵器のほとんどのプルトニウムを供給しました。今は閉鎖されてはいますが、アメリカの高レベルの放射性廃棄物の2/3が今でも置かれています。-その地域の地下に5300万ガロンの液体廃棄物、2500万立方フィート(70万7,921立法メートル)の固体廃棄物が貯蔵され、200平方マイル(518平方km)の地下水が汚染されていて、アメリカで最も汚染されているサイトとなっています。この地域の環境的惨害から、放射能の脅威が単なるミサイル攻撃のようなものではなく、あなた自身の国の真髄に潜みうるということが明らかでしょう。



9. The Mediterranean
地中海


mediterrenean.jpg 

For years, there have been allegations that the ‘Ndrangheta syndicate of the Italian mafia has been using the seas as a convenient location in which to dump hazardous waste — including radioactive waste — charging for the service and pocketing the profits. An Italian NGO, Legambiente, suspects that about 40 ships loaded with toxic and radioactive waste have disappeared in Mediterranean waters since 1994. If true, these allegations paint a worrying picture of an unknown amount of nuclear waste in the Mediterranean whose true danger will only become clear when the hundreds of barrels degrade or somehow otherwise break open. The beauty of the Mediterranean Sea may well be concealing an environmental catastrophe in the making.
何年もの間、イタリアのマフィア、ンドランゲタ・シンジケートは、海を放射性廃棄物を含め有害廃棄物を捨てる場所として使ってきました。サービス料を請求し、利益を懐に入れたのです。イタリアのNGO、Legambienteは、1994年以来、有害物質と放射性廃棄物を積んだ約40隻の船が地中海に消えたことに疑念を抱いています。もし本当だとすれば、この主張は地中海に沈む不明の量の放射性廃棄物の懸念の全体像を描いていることになります。地中海の真の危険は、何百もの缶が退化するか何らかの形で壊れて開いてしまった時に初めて明らかになるのでしょう。地中海の美しさは、待ち受ける環境惨事を見事に隠しているのかもしれないのです。



8. The Somalian Coast
ソマリア海岸


somalia.jpg 


The Italian mafia organization just mentioned has not just stayed in its own region when it comes to this sinister business. There are also allegations that Somalian waters and soil, unprotected by government, have been used for the sinking or burial of nuclear waste and toxic metals — including 600 barrels of toxic and nuclear waste, as well as radioactive hospital waste. Indeed, the United Nations’ Environment Program believes that the rusting barrels of waste washed up on the Somalian coastline during the 2004 Tsunami were dumped as far back as the 1990s. The country is already an anarchic wasteland, and the effects of this waste on the impoverished population could be as bad if not worse than what they have already experienced.
イタリアのマフィア組織は、邪悪なビジネスに関しては、自分自身の地区に留まっていたわけではないと述べました。政府に保護されていないソマリアの海と土壌を放射性廃棄物や有害金属の缶を沈めるのに使われたという主張もあります。放射性廃棄物600缶と病院からの放射性廃棄物主含めてです。実に国連の環境プログラムは、2004年の津波でソマリア海岸に打ち上げられたさび付いた廃棄物の缶が捨てられたのが、1990年代にまでさかのぼると考えています。ソマリアは既に、無政府状態の荒地で、この廃棄物が破綻した住民に与える影響は、既に経験しているものより悪いものでないとしても、悪影響であることには違いないでしょう。



7. Mayak, Russia
ロシア、マヤーク


mayak.jpg 


The industrial complex of Mayak, in Russia's north-east, has had a nuclear plant for decades, and in 1957 was the site of one of the world’s worst nuclear accidents. Up to 100 tons of radioactive waste were released by an explosion, contaminating a massive area. The explosion was kept under wraps until the 1980s. Starting in the 1950s, waste from the plant was dumped in the surrounding area and into Lake Karachay. This has led to contamination of the water supply that thousands rely on daily. Experts believe that Karachay may be the most radioactive place in the world, and over 400,000 people have been exposed to radiation from the plant as a result of the various serious incidents that have occurred — including fires and deadly dust storms. The natural beauty of Lake Karachay belies its deadly pollutants, with the radiation levels where radioactive waste flows into its waters enough to give a man a fatal dose within an hour.
ロシアの北東、マヤークの工業地帯には、何十年も原子力発電所があります。そして、1957年に世界で最悪の事故がそこで起こりました。爆発により10トンまでに及ぶ放射線廃棄物が放出され、膨大な土地を汚染しました。爆発は、1980年代まで包み隠されてきました。1950年代に始まり、原発からの廃棄物は、周辺の土地とKarachay湖に捨てられました。このことで何千人もが毎日依存している水道水が汚染されたのです。専門家たちはこの湖が世界一放射能汚染されている場所で、40万人が、火事、強烈な砂塵あらしなど、いくつもの深刻な事故の結果として原発からの放射能に被曝したと考えています。Karachay湖の自然美は、恐ろしい汚染物質と矛盾しています。放射性廃棄物が水に流れ込んでいるところの放射能レベルは、人間に1時間で死をもたらすほどなのです。



6. Sellafield, UK
イギリス、セラフィールド


shellafield.jpg 


Located on the west coast of England, Sellafield was originally a plutonium production facility for nuclear bombs, but then moved into commercial territory. Since the start of its operation, hundreds of accidents have occurred at the plant, and around two thirds of the buildings themselves are now classified as nuclear waste. The plant releases some 8 million liters of contaminated waste into the sea on a daily basis, making the Irish Sea the most radioactive sea in the world. England is known for its green fields and rolling landscapes, but nestled in the heart of this industrialized nation is a toxic, accident-prone facility, spewing dangerous waste into the oceans of the world.
イギリスの西海岸に位置するセラフィールドは、もともとは核爆弾のプルトニウム生産工場でした。しかし今は、商業領域に移行しました。稼動以来原発では、何百もの事故が起きています。そして、今では2/3ほどの建物そのものが放射性廃棄物と分類されています。その発電所は8百万リットルほどの汚染水を毎日海に放出しています。そのことで、アイリッシュ海が世界で一番放射能汚染されている海になっているのです。イギリスは、その緑野と波打つ景色で知られていますが、この工業国の中心にあり、世界の海へ危険な廃棄物を吐き出している有毒で、事故を起こしやすい施設となっています。



5. Siberian Chemical Combine, Russia
ロシア、シベリア化学コンビナート



seveisk.jpg 


Mayak is not the only contaminated site in Russia; Siberia is home to a chemical facility that contains over four decades' worth of nuclear waste. Liquid waste is stored in uncovered pools and poorly maintained containers hold over 125,000 tons of solid waste, while underground storage has the potential to leak to groundwater. Wind and rain have spread the contamination to wildlife and the surrounding area. And various minor accidents have led to plutonium going missing and explosions spreading radiation. While the snowy landscape may look pristine and immaculate, the facts make clear the true level of pollution to be found here.
マヤークがロシアで唯一の汚染サイトではありません。シベリアは40年分以上の放射性廃棄物を収めている化学施設の本家本元なのです。液体廃棄物は覆いのないプールに貯蔵され、メインテナンスがされていない容器には、12万5000トンの固体の廃棄物があります。一方で、地下貯蔵場は、地下水漏れの可能性があります。風と雨が野生生物と周辺地域に汚染を広げました。そして様々な小さな事故がプルトニウムを紛失させ、爆発が放射能を拡散したのです。汚れていない、純潔に見える雪景色に反して、それらの事実がここで見られる汚染の真のレベルを明らかにしているのです。


4. The Polygon, Kazakhstan
カザフ共和国、ポリゴン(核実験場)- セミパラミンスク核実験場



kazakhstan.jpg 


Once the location for the Soviet Union’s nuclear weapons testing, this area is now part of modern-day Kazakhstan. The site was earmarked for the Soviet atomic bomb project due to its “uninhabited” status — despite the fact that 700,000 people lived in the area. The facility was where the USSR detonated its first nuclear bomb and is the record-holder for the place with the largest concentration of nuclear explosions in the world: 456 tests over 40 years from 1949 to 1989. While the testing carried out at the facility — and its impact in terms of radiation exposure — were kept under wraps by the Soviets until the facility closed in 1991, scientists estimate that 200,000 people have had their health directly affected by the radiation. The desire to destroy foreign nations has led to the specter of nuclear contamination hanging over the heads of those who were once citizens of the USSR.
かつてソ連の核兵器実験のための場所だったこの地域は、今は現代のカザフスタンの一角です。このサイトは、「無人」とされていたため、ソ連の原子力爆弾プロジェクトが着手されることになりました。-実際には、70万人の人々がその地域に住んでいたのですが。その施設は、ソ連が最初の原爆を爆発させたところで、世界で一番大きな濃縮度の核爆発の場所としての記録を保持しています。1949年から1989年までの40年間に、456回の実験が行われました。その施設で実験が行われましたが、被曝という意味でのその影響については、1991年に施設が閉鎖されるまで、ソビエトにより包み隠されてきました。科学者たちは、20万人の人々が、放射能の影響を直接健康に受けていると推測しています。他国を破壊したいという欲望が、かつてのソ連市民たちの頭にもたれかかる放射能汚染の恐ろしい幻影を導いたのです。



3. Mailuu-Suu, Kyrgyzstan
キルギス共和国、マイルースー



mailuusuu.jpg 


Considered one of the top ten most polluted sites on Earth by the 2006 Blacksmith Institute report, the radiation at Mailuu-Suu comes not from nuclear bombs or power plants, but from mining for the materials needed in the processes they entail. The area was home to a uranium mining and processing facility and is now left with 36 dumps of uranium waste — over 1.96 million cubic meters. The region is also prone to seismic activity, and any disruption of the containment could expose the material or cause some of the waste to fall into rivers, contaminating water used by hundreds of thousands of people. These people may not ever suffer the perils of nuclear attack, but nonetheless they have good reason to live in fear of radioactive fallout every time the earth shakes.
ブラックスミス研究所により、地球上で最も汚染された場所のトップ10の1つとして考えられていますが、マイルースーの放射能は、核爆弾や原発からのものではありません。発掘工程上必要な物質に必然的に伴うものからのものなのです。その地域は、発掘と加工処理施設の本家本元で、今ではウラン廃棄物の36箇所のゴミ捨て場が残されています。その量は、196万立方メートル以上です。この地域はまた地震活動地域でもあり、容器が崩壊すれば、放射性物質が曝され、いくらかが川に流れ落ち、何百、何千人もの人々の飲み水を汚染することになるでしょう。これらの人々は、核の攻撃の危険に苦しむことはないにもかかわらず、地面が揺れるたびに放射性降下物の脅威のもとに暮らしているのだというに十分なのです。



2. Chernobyl, Ukraine
ウクライナ、チェルノブイリ


cher.jpg 



Home to one of the world’s worst and most infamous nuclear accidents, Chernobyl is still heavily contaminated, despite the fact that a small number of people are now allowed into the area for a limited amount of time. The notorious accident caused over 6 million people to be exposed to radiation, and estimates as to the number of deaths that will eventually occur due to the Chernobyl accident range from 4,000 to as high as 93,000. The accident released 100 times more radiation than the Nagasaki and Hiroshima bombs. Belarus absorbed 70 percent of the radiation, and its citizens have been dealing with increased cancer incidence ever since. Even today, the word Chernobyl conjures up horrifying images of human suffering. 
世界で最悪の最も忌まわしい原子力事故の1つ。少数の人が限られた時間だけその地域に入る事を許されていますが、チェルノブイリの汚染はいまだにひどいものです。その悪名高き事故は600万人を被曝させ、チェルノブイリの事故のために命を落とした人々の人数については、4000名とも9万3000名()とも推定されています。その事故では、長崎、広島の原爆の100倍の放射能が放出されました。ベラルーシにその70%の放射能が吸収されました。そこの市民たちはそれ以来ずっと癌などの増加に対処しています。今日でさえ、チェルノブイリ、という言葉は、人々の苦悩という恐ろしいイメージを呼び起こすのです。

The Russian publication Chernobyl concludes that among the billions of people worldwide who were exposed to radioactive contamination from the disaster, nearly a million premature cancer deaths occurred between 1986 and 2004.(Wikipedia)
ロシアの出版物「チェルノブイリが人間と環境にもたらした結果」では、世界中で被曝した何十億人のなかで、1986年から2004年の間に早期癌による死亡は、ほぼ百万人だったと結論付けた。



1. Fukushima, Japan
日本、福島


fuku.jpg .


The 2011 earthquake and tsunami was a tragedy that destroyed homes and lives, but the effects of the Fukushima nuclear power plant may be the most long-lasting danger. The worst nuclear accident since Chernobyl, the incident caused meltdown of three of the six reactors, leaking radiation into the surrounding area and the sea, such that radiative material has been detected as far as 200 miles from the plant. As the incident and its ramifications are still unfolding, the true scale of the environmental impact is still unknown. The world may still be feeling the effects of this disaster for generations to come.
2011年の地震と津波は家や命を奪った悲劇でした。しかし福島原子力発電所の影響が、最も長く続く危険でしょう。チェルノブイリ以来最悪の原子力事故は、6つの原子炉のうち3つがメルトダウンする事で起こり、放射能を周辺の地域と海に放出しました。そのような放射性物質は原発から200マイル(322km)まで遠い所でも検出されています。何が起きたのか、その結果が何なのかはまだ明らかになっていません。環境への真の影響の規模はまだ不確かなままです。世界は、この災害影響をこれから何世代にも渡って感じることになるでしょう。






原爆が落とされた広島、長崎よりも、

原爆を作ったアメリカの土地の方が汚れている。。



自分の国を守るために、

自国民の健康と命を引き換えに核兵器を保有する??



明らかに、

守っているものは国民なんかじゃありません。



放射能汚染で、

健康障害が後を絶たない場所は、

世界中にもっともっと沢山あります。



一体全部でいくつあるのでしょう???




せめて次世代に、

膨大な負の遺産をも超える

正の遺産も残すための転換が必要です。



そのためにはまず、

福島が世界のトップ10に入った事実を、

日本人全員が、

今、直視しなければ。。。。。



ゲンは忘れない チェルノブイリの子供たち 。 。 。 by HIKARI20121025 &  セミパラミンスク核実験場の爪あと




使用済み核燃料に対する責任

 2013-02-11
eternity6.jpg
click image to play Trailer

You are now in tunnel.
あなたは今トンネルにいる。

This place is not a place of honor.
この場所は、栄誉の場所ではない。

No esteemed deeds are commemorated here.
何の功績も、ここでは記念されない。



The danger will still be present, in your time, as it is in ours.
危険はまだあなたの時代にも存在する。私たちの時代がそうであったように。

Please turn around and never come back.
折り返し、二度と戻って来てはならぬ。

There is nothing here for you.
ここには、何もない。

Go no further.
これ以上近寄ってはならぬ。




Into Eternity - Trailer
永遠の中へ ― 予告編



あなたは今、決して行っては行けない場所に向かっている。

そこにあるのは、危険で、ぞっとするもの。

ここに来るべきではなかった。


eternity1.jpg


『人類は5万年存在している。ピラミッドは5000年。核廃棄物の毒性は10万年。』





それはオンカロと呼ばれている。


eternity2.jpg


オンカロとは、隠れ場所のこと。




『自分たちを守るために・・・』

オンカロは10万年もたなければならない。

『わたしたちは、貯蔵庫を作ろうとしているのだ』

eternity3.jpg


1/10の年月をさかのぼっても(1万年前)、人類は何も建造していない。





『建築が始まった。。。』


eternity4.jpg


私が子供だった20世紀に始まったその建築は、自分が生きている間にもまだ終わらない。


eternity5.jpg


それは、私が死んでからずっと後の22世紀にやっと終わるのだ。


全編はこちら。(英語-ブルガリア語字幕。。Sorry...)



イギリス、BBCの約7年前、2006年の記事。


Finland buries its nuclear past
核の過去を葬るフィンランド


Last Updated: Thursday, 27 April 2006, 09:27 GMT 10:27 UK

By Richard Black
Environment Correspondent, BBC News website

An unprepossessing tunnel entrance set in low forest on the western coast of Finland marks the probable final resting place of the country's most dangerous nuclear waste.
フィンランド西海岸の森に作られる誰も好まないトンネルの入り口が、おそらく最も危険な核廃棄物の最終処分地を記すことになるだろう。



onkalo2.jpg


While British authorities agonise over what to do with the legacy of half a century of nuclear power, Finland is one of a handful of countries which has embarked on the journey towards a "final" waste solution.
イギリス政府が半世紀分の原子力から生じた遺産をどうするかについて苦悩している一方で、「最終」の廃棄物解決策に向けて乗り出した一握りの国々の1つが、フィンランドです。


onkalo6.jpg


Enter the 6.5m-high, 5m-wide (20ft-high, 16ft-wide) Onkalo tunnel, and you would drive down a spiralling track which will eventually stretch 5km (3miles) through solid rock, reaching a depth of 500m (1,600ft).
高さ6.5m、幅5mのオンカロトンネルを入り、堅い岩盤を抜け、最終的に5kmまでのびた螺旋状の道を運転していくと、地下500mの深さまで到達します。


Workers-dig-the-5km-long--007.jpg
Workers dig the 5km-long Onkalo nuclear waste tunnels in Finland. Photograph: Jussi Partanen


The first travellers to go down the tunnel will be investigators aiming to demonstrate that the rock is structurally sound enough to proceed with the disposal of spent fuel rods containing plutonium and other unpleasant materials.
このトンネルを下る最初の旅人たちは、この岩盤が、プルトニウムや他の忌まわしい物質を含む使用済み燃料棒(貯蔵)を続行させるのに構造的に十分安全であるのか、を論証することを目指す調査員たちです。


If they were to turn up a positive result, and if government agencies grant the necessary licences, the first canisters of spent fuel would begin rolling down the tunnel about 15 years from now.
もし彼らが前向きな結果を出し、政府機関が必要なライセンスを承諾すれば、使用済み燃料の最初のキャスクが今から約15年後(2021年)にはトンネルに運び込まれることになります。


As things stand, Finland is on course to become the first country in the world to entomb its most troublesome nuclear waste in a designated final resting place.
目下、フィンランドは最大の問題の核廃棄物を、最終処分場と決めれらた場所に葬る最初の国になろうをしてます。


_41610372_fin_nucewaste3416.gif



'Multiple barriers'
複数の砦


The Onkalo facility is run by the company Posiva, and the system it uses is a Swedish concept called KBS3, which Sweden's proposed repository would also implement.
オンカロ施設は、スウェーデンで提言されている貯蔵所で実施も決まっているKBS3と呼ばれるコンセプトによるシステムを使用し、POSIVAという会社により運営されています。


onkalo1.jpg


The other country close to solving its problem, the US, is exploring a different technology at its Yucca Mountain site.
この問題解決に近いとされる他の国はアメリカで、ユッカマウンテンで異なった技術を探求しています。

Under the Obama Administration, funding for development of Yucca Mountain waste site was terminated effective via amendment to the Department of Defense and Full-Year Continuing Appropriations Act, passed by Congress on April 14, 2011.
バラク・オバマ政権下、2011年4月14日に防衛賞省に対する予算修正法が議会で可決され、ユッカマウンテンの核廃棄物処分場計画は中止される。
 Wikipedia


"The safety concept is based on so-called 'multiple barriers'," says Timo Aikas, Posiva's vice-president in charge of engineering.
「安全概念は、いわゆる『複数の砦』に基づきます。」とPOSIVAの副社長で、技術担当のティモ・Aikas氏は話します。


"One barrier is of course the solid stable crystalline rock. The remaining barriers are engineered barriers, the most important of which is long corrosion-resistant copper canisters, inside which we put the actual fuel rods."
「障害の1つは、もちろん堅く、安定した結晶岩です。他の砦は技術的な砦で、その中でも最も重要なのは、実際の燃料棒を入れる長期耐腐食性の銅のキャスクです。」


onkalo5.jpg


In this vision, the bottom of the Onkalo tunnel would sprout a grid of horizontal shafts.
この展望では、オンカロトンネルの底にたて坑が水平に網状に張り巡らされます。


Canisters containing the spent fuel rods would be deposited into holes in the bottom of each shaft.
使用済み燃料棒を含んだキャスクは、たて坑の底の穴の中に収められます。


onkalo4.jpg



The canisters would nest in a bed of bentonite clay, which swells when it absorbs water. This comes with twin benefits; cushioning the cargo from geological movement, and ensuring there are no voids where substantial quantities of water can penetrate, corroding the canisters and carrying away their radioactive contents.
キャスクは、水を含むと膨張するベントナイト粘土の中に納まります。これには2つの利点があります。地層運動からの燃料を含んだキャスクへの振動を和らげること、そしてキャスクを腐食させ放射性内容物を運び出してしまう相当の水が浸透する隙間がない、ということです。


As each canister goes in, the tunnels would be filled up again with yet more clay and rock.
それぞれのキャスクが持ち込まれるごとに、トンネルは更に多くの粘土と岩で再び埋め尽くされることになります。


By 2100, the repository would be complete, access routes would be filled and sealed. What to do next would be a decision for Finns of that era; but the concept is designed to allow them, if they want, to cover the tunnel mouth, landscape it and walk away, leaving no entrance into the rock and no sign of the material buried underneath.
2100年までにその貯蔵所はいっぱいになり、中に入るルートは埋められ、封鎖されます。次にどうするのかは、その時代のフィンランドの決断になるでしょう。しかし、概念としては、その時代の国が望むならば、トンネルの入り口を覆い、緑化させ、入り口は岩だけで、下に核廃棄物質が埋まっているという印も残さないまま立ち去ることができるように設計されています。


A granite curtain would have descended on the first civilian nuclear epoch.
最初の民間核時代に花崗岩のカーテンをおろすのです。



Through the ice age
氷河期へ


Some of the radionuclides - atoms with unstable nuclei that undergo radioactive decay - in spent fuel rods remain radioactive for more than 100,000 years. In that time, could not even the tiny quantities of water which the bentonite allows through penetrate the copper canister shells, allowing dangerously active isotopes to escape?
使用済み燃料棒内のいくらかの放射性核種-放射性崩壊している不安定な核を持つ原子-は、10万年以上放射線を出し続けます。その間、ほんの少しの水がベントナイト粘土が銅のキャスクの外郭に沁みこまみ、危険な崩壊中の核種を外に漏らしてしまうしまう様なことがありえないのでしょうか?


Timo Aikas believes not. "We have seen that the copper canister will not be corroded away," he says.
ティモ・Aikas氏は、ありえないと考えています。「その銅のキャスクが腐食するようなことはないことが分かっているのです。」


"We have native copper in the Finnish and Swedish bedrock, which means we have good conditions for such things. We know from corrosion testing that 1.5cm [thickness] of copper would be enough from the corrosion standpoint for times longer than 100,000 years, but we have 5cm (two inches) copper."
「フィンランドとスウェーデンの岩盤には純銅があります。つまり、その様なものに、良い条件がそろっているのです。腐食検査から、1.5cmの厚さの銅が10万年以上の間持ちこたえるに十分だろうということが分かっています。しかし、(使用される)銅は5cmの厚さなのです。」


2.44 (2012年)11月の終わりにスウェーデンの研究者が、その銅のキャスクが1000年も持たないだろう、と報告しました。


The time period is so mind-bendingly long that it will almost certainly take the world through another ice age; which, if history is a guide, would bury Finland and Sweden under 2-3km of ice.
その期間というのは、くらくらするほど長く、世界が次の氷河期に入っていくことがほぼ確かです。歴史が物語っていることが起こるとすれば、フィンランドとスウェーデンは2-3kmの氷の下に埋まるでしょう。


The huge pressures created by this ice will certainly deform even bedrock, compressing the copper canisters and fuel rods which lie inside (the rods are contained within channels bored into a steel cylinder).
氷による巨大な圧力は、確実に岩盤をゆがめ、銅のキャスクと、中の(スチールの円筒にくりぬかれた導管に収まっている棒)燃料棒を圧迫するでしょう。


_41605864_canisterposivaafore203.jpg


So concerned have European authorities been about this that the European Commission's Institute for Energy in the Netherlands commissioned pressure tests on the steel cylinders.
これらの懸念により、ヨーロッパの国々はオランダの欧州委員会、エネルギー研究所にスチール円筒の圧力テストを委託しました。


"The maximum [ice] thickness is 3km, which equates to a pressure of 30 megapascals (MPa)," says the engineer in charge, Kalle Nielsson.
「最大の(氷の)厚さは3km。それは30メガパスカルの圧力に匹敵します。」と担当の技術者、Kalle Nielssonさんは言います。


Combined with pressure from groundwater and the tight embrace of bentonite clay, the cylinders would experience a total pressure of 45 MPa, which corresponds to the pressure you would have 4,500m (15,000ft) down in the ocean.
地下水からと、堅く取り巻かれたベントナイト粘土からの圧力を合わせて、シリンダーにかかる圧力の合計は、45MPあになるでしょう。それは、海底4,500mにいる時の圧力となります。


In tests, the cylinders stood up to a pressure three times that value before failing.
検査では、円筒が損傷するまでに、その3倍の圧力に耐えることができました。


"I would say that it's safe," is Kalle Nielsson's conclusion. "And we have made a probabilistic calculation - 'what is the probability that it would fail at this 45 MPa?' - and it is less than one out of a million canisters that would fail. So I would say as a concept that it's safe."
「安全だと言えるでしょう。」というのがKalle Nielssonさんの結論です。「私たちは、確率的計算を行いました。『45Mpaで損傷する確率は?』そして、その答えは、100万のキャスクのうち1つ以下だろうというものでした。それで、私は安全だという概念として言っているのです。」



Far-sighted funds
賢明な基金


Technology is only one part of the Finnish solution; the other vital component is finance.
技術はフィンランドの解決策の一部に過ぎません。もう一つの不可欠な要素は、財政です。


"Our current cost estimate for this 'funeral' is about 3bn euros," says Timo Aikas.
「現在のこの『埋葬』コスト見積もりは、約30億ユーロ」とティモ・Aikas氏は言います。


Three billion euros is a significant sum of money. Is this another example, then, of the state having to pay vast sums to clean up a nuclear industry which has in the past generated profit for private ends?
30億ユーロは相当な額です。つまり、過去に民間事業の利益を生んできた一原子力業界の後始末のための膨大な額を払わなければならない国の一例ではないでしょうか?


The signs point in a different direction. The advent of commercial nuclear power to Finland in the late 1970s saw the establishment of a fund to pay for the eventual clean-up.
この兆しは違う方向を示しています。1970年代のフィンランドでの民間原子力の出現は、最終的な後始末のために支払う基金の設立を黙認しました。


"Every year, we have re-calculated the fund based on the amount of spent fuel accumulated," says Timo Aikas, "and at the moment the fund is approximately 1.4bn euros."
「毎年わたしたちは使用済み核燃料の量を基本に基金を再計算してきました。」とティモ・Aikas氏は言います。「そして、今この瞬間、基金は約14億ユーロです。」


The money has come from generating companies through a small levy on the price of nuclear electricity.
そのお金は、電力会社が原子力発電の料金を通して小額徴収することから来ています。


It is, perhaps, the sort of measure which current British leaders looking at a waste disposal facility bill in the region of £10bn (14bn euros) would wish their predecessors had chosen to implement.
おそらくそれは、14億ユーロの廃棄物処分施設の請求書を目にしている現在のイギリスの主導者たちが、前任者に実施するという選択して欲しかった対策でしょう。



Rocky site
岩場の現場


Even if the KBS3 concept is sound, even if Finland has the money to implement it, there is a question over whether Eurajoki is the best place to put it into action.
たとえKBS3の概念が安全に思えても、たとえフィンランドにそれを実施する資金があるとしても、エウラヨキがそれを実行する最善の場所なのかどうかという疑問があります。


Greenpeace, which has been spearheading a campaign against the new Olkiluoto-3 nuclear reactor taking shape just a kilometre from the Onkalo site, is concerned that the local geology may not be the soundest available.
オンカロの現場から僅か1kmのところに形成されている新しいオルキルオト原発3号機に反対するキャンペーンを先導してきたグリーンピースは、その地域の地質が、可能な限り最も安全ではないかもしれないと懸念を示しています。


_41605774_newbuildbbc203.jpg


"When the site selection started in Finland, the nuclear industry said they would find the best geological site," says energy campaigner Kaisa Kosonen.
「その場所の選抜がフィンランドで始まったとき、原子力業界はそこが地質的に最良である事が分かったと言いました。」とエネルギーキャンペーン担当のKaisa Kosonenさんは話します。


"And, eventually, they chose the site on sociological reasons, because eventually Eurajoki was the first municipality to say 'ok, we can take it', and there wasn't an active nuclear opposition in this area."
「そして結局は、その場所を社会的な理由で選びました。なぜなら、結局はエウラヨキが『OK。わたしたちが引き受けます』と言った最初の自治体だったからです。そして、その地域には活発な原子力反対がなかったのです。」


That lack of local opposition may be down to the fact that nuclear reactors have stood in the area for three decades, gaining acceptance for an industry which has maintained a good local safety record and brought employment.
地元の反対の欠如は、30年間その地域に原子炉が存在していたという事実、地元の安全性の記録を維持していたことと、雇用をもたらしたということからの容認が得られた事に帰するのかもしれません。


"It boils down basically to trust," comments Timo Aikas.
「それは基本的に信頼に尽きます。」とティモ・Aolas氏はコメントしました。


"When you make a decision concerning this kind of thing, which takes us to 2100 when the final sealing takes place, there will always be uncertainty. So you have to have trust."
「2100年までさかのぼるこのようなことに関する決断をするとき、最後の封印がなされるとき、いつも不確かさが存在するでしょう。なので、信頼を得なければならないのです。」


Kaisa Kosonen urges caution; the case for Onkalo, she says, is not proven.
グリーンピースのKaisa Kosonenさんは警告を促がします。オンカロの場合、それが証明されていないと。


"I would like to see much more research done and not having this hasty process," she says. "And I would not want this marketed as 'waste issue solved', because it's not."
「軽率に進めず、更なる調査が見たいのです。」と彼女は話します。「そして、『廃棄物の問題は解決した』と売り込んで欲しくないのです。解決などしていないのですから。」


But Timo Aikas believes his system and his team deserve the trust they have found in Eurajoki, and that Onkalo will prove as safe a resting place for highly active radionuclides as can be found, barring any surprises with the local geology.
しかし、ティモ・Aolas氏は、そのシステムと彼のチームがエウラヨキで信頼を得るのに値するのだと考えています。そして、オンカロが、高度の放射性核種を収める場所として見出せる限りにおい一番安全だと証明するだろうと。地元の地質をもって、どんな不意打ちも寄せ付けません。

And he urges other countries, Britain included, to take a decision and find a solution.
そして彼は、イギリスを含め、他の国々に決断し、解決策を見出すよう促がしています。


"Nuclear waste doesn't go away," he reflects.
「核廃棄物はなくなりません。」と彼は言います。


"And if we just keep it in stores above ground we just push the problem to the next generation. It's much more responsible now to develop solutions on how to take care of it."
「そして、地上に保管するだけなのは、次世代に問題を押し付けていることに他ならないのです。今、どうするのかについての解決策を展開することが、はるかに責任のあることです。」







10万年先まで責任をもてる解決策を見出すことなど、

本当にできるのでしょうか?



その自信こそが、

安全神話ではないでしょうか?



核廃棄物は、ずっと、後世に託していかなければならない、


とてつもない負の遺産です。。。



せめて、


これ以上増やすのをやめるところから始めないと・・・


それが、責任の第一歩であるような気がします。




10万年の責任~フィンランド核廃棄物最終処分場

 2013-02-09
フィンランドの世界初の核廃棄物の最終処理場について。

いくつかの動画より抜粋。

   

世界初の“核ゴミ”最終処分場
ABCテレビ・キャストの特集 2013.2.5


キーワードは責任。


finland1.jpg


10万年後の安全は約束できるのか


森と湖の国、フィンランド。

finland2.jpg


世界で唯一の核のゴミ最終処分予定地。首都ヘルシンキから車でおよそ4時間。原発と処分地がセットで共存するオルキルオト島。

finland3.jpg


「オンカロ」"隠された場所"

finland4.jpg



高レベル廃棄物である使用済み核燃料を地中深くに埋めるための民間施設。


むき出しの岩盤は12億年動いていない。


finland5.jpg


こうして、頑丈な岩盤に、核のゴミが葬り去られる。


未来まで安全の確信がもてるのだろうか?


「10万年後のことを言うのは難しいが。。。」

finland6.jpg



放射能物質が無害化するには数十万年もの途方もない年月がかかる



キーワードは責任

finland7.jpg 



市民はオンカロをどのように感じているのだろうか?


finland8.jpg

あとまわし。。。


finland9.jpg

無関心。。。

詳しいことは知らないが、心配はしていない。」


この背景には、完全に独立した規制当局STUKの存在がある。

finland10.jpg


安全管理のエクスパートとして警察よりも信頼されている。



オンカロを題材にドキュメンタリー映画を製作したマイケル・マドセン監督は警鐘を鳴らす。

finland11.jpg


「だが、議論のない社会は非常に危険だ。」



どれだけ手をつくしても、絶対という保証はない



10万年後は‥北欧「核のゴミ捨て場」
MBS毎日放送 VOICE「マル調」 2013.2.6


全国の原子力発電所から青森県六ヶ所村に運び込まれる使用済み核燃料。

そばにいれば、20秒で死に至る

finland12.jpg



こうした使用済み核燃料は、全国の原発に1万4000トンも眠っている。


世界で初めて、核のゴミ捨て場が作られたというフィンランド。


キャスクと呼ばれるカプセルに使用済み燃料を収め、穴に入れ粘土で覆う。

最終的には、このような穴が3000本掘られ・・・


finland13.jpg

それでも、今ある日本の使用済み燃料も全部は治まらない。。。


オンカロは、早ければ2022年から稼動し、フィンランド国内で生じた使用済み燃料だけが集められる。

finland14.jpg

そして100年後には再び埋め戻され、ここに使用済み核燃料が埋まっていること自体後世の人々に気付かせないように、地上の関連施設も含め、痕跡は一切残さないようにする



finland15.jpg


「何の看板くらいはあるかもしれませんが、コントロールする必要はありません。」


finland17.jpg

なぜ、忘れなければならないのでしょう?忘れなければならないようなことを、しているということですよね?後世に、誇りを持って伝えられないものだからですよね?


ここは鉱山としては魅力がないので、掘るメリットはありません。トンネルの通路も閉めるのでまず、そういう(後世の人が掘り返す)怖れはありません。


核のゴミ捨て場を10万年引き受けることを、地元の人はどう受止めているのか?

「私は反対していません。」

finland18.jpg


わたしの人生には影響しません。」

finland20.jpg 





日本の場合、原発を受け入れた自治体には、国から巨額の交付金がおりる。

フィンランドでは、直接的な交付金はない。

だが、エウラヨキ町の税収の25%が原発関連企業の不動産税。


「原発関連企業が・・・」

finland21.jpg



住民らに、福島について聞いてみた。

「怖いことは怖いけれど・・・」

finland22.jpg

考えない。。。


「福島の事故が起きて、いろいろなことを考えたけれど・・・」

finland23.jpg

安全神話。。。



10万年後にここにいる人たちに対する責任を含めて決めた、ということでよろしいでしょうか?

finland24.jpg

答えになっていない。。。



北欧に学ぶ 原発ごみ最終処分

NHK 時事公論 2013.2.6

pinland25.jpg


ここは、6万年後には氷河期を向かえ、氷で覆われると予想されるものの、放射能が地上に出てくることはないとしている。

finland26.jpg 



どうしてフィンランドは最終処分場を決めることができたのか?


finland27.jpg


原発と処分場を抱える地元のエウラヨキ。人口6000人の農業中心のこの町の議会は、2000年に20:7の賛成多数でオンカラの受け入れを決定。


受け入れの理由は、強固な岩盤、規制機関への信頼。


町の町長は、原発の恩恵を強調

finland28.jpg


最終的に、政府、国会が責任をもつ制度ができていた。

どうやって責任を取るのか、教えて欲しい。。。


初の原発稼動から6年後には、最終処分場の選定計画を決定。

原発にトラブルがないこともあり、住民の信頼の厚かった規制機関が安全だとする報告書を出したことを受け、当初は反対が多かった町全体が徐々に賛成に傾いていった。


finland29.jpg


最終的にオンカロは、国会で脱原発の政党も賛成して最終処分地として承認された。

強固な岩盤に恵まれたフィンランドは、原発導入当初から政府が前面になってゴミ問題と向き合い、信頼される規制体制を築き上げて最終処分場の建設にこぎつけた。




情報公開と独立機関への信頼 原発維持のフィンランド

関西TV・スーパーニュースアンカーの特集2回目 2013.2.8


finland30.jpg 



最終処分場を受け入れることについて、住民の人は?

finland31.jpg


「1000年後のことまでは、とても想像つかないが。専門家が安全だと判断したことを信じるしかない。」


finland32.jpg 



finland33.jpg


反対の声を上げにくいということが町の中にありますか?

「そうですね・・・」

finland34.jpg

結局は、世界共通の同じ構図。。。



原発、最終処分に反対し続けてきたヤーッコラ元町議。


電力会社は情報を隠すことはなく、むしろ積極的に開示した。

finland35.jpg


住民が自由に出入りできる原子力発電所のビジターセンターには、多くの資料やパンフレットが用意されていて、必要な情報を探し出すことができる。


finland36.jpg


「住民の意見を変えようとすることはありません。ただ事実を示すだけです。」


finland37.jpg


大きな決断をする上で、もう一つ支えになったのは、STUKと呼ばれる原子力安全庁の存在。


finland39.jpg


常に風向きを解析するなど、有事の際に備え国民の安全に必要な情報分析も担っている。


finland40.jpg


「これは信頼を築くのに最も重要なことです。」

finland42.jpg

例えば、どんな悪い情報を開示したのか、教えていただきたい。


「STUKは中立の機関ではありません。国民の健康と安全を確保するために存在しています。私たちは常に国民の方を向いて仕事をし、国民もそれを理解してくれているので、原子力の安全を確保するため、最善の判断を下すことができるのです。」

ふ~ん。。。  





使用済み燃料の処理を議論せずに原発を稼動する日本に比べれば

はるかに責任があるのかもしれませんが。。


信頼、情報公開、責任に関しては、

福島の事故が起こる前の日本と、

さほど変わらない危うさを感じます。



日本だって、このくらいの信頼はあったのでは?

ほとんどの人が、

電力会社があんなににでたらめで、

国があれほどまでに無責任で、

メディアや専門家までもが業界や国のPR部門でしかないなどとは、


露ほどにも思っていなかったのではないでしょうか?




都合の良い情報ならいくらでも流していたはず。

SPEEDIもあったし、モニタリング体制だって整のっていたはず。


実際に事故がおこったら、

フィンランドでは、本当にチェルノブイリ、スリーマイル、福島、その他、今まで無数に起きているのに隠されたままの事故の後に起きている悲劇が繰り返されないのでしょうか?



原子力がもたらす恩恵。


とても情報を十分与えられているとは思えない、住民から発せられる言葉。


情報公開の徹底と言いつつ、遠い未来の世代には、核のゴミが埋まっていることすら伝えない、という無責任さ。



私たちは、

自分たちが目先の恩恵のために大事なものを見失って犯した罪を、

10万年以上消えない負の遺産のことを、

後世にずっとずっと伝えていくべきなのだと思います。


2度と、同じ過ちを侵さない為に。



それが、果すべき本当の責任のはずです。




"核のゴミ"はどこへ ~検証・使用済み核燃料~
NHKスペシャル 2013.2.10



"核のゴミ"はどこへ ~検証・使用済み核燃料~ by tvpickup


今こそ自民党政権に決着をつけていただきましょう。






≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。