津波瓦礫、アラスカへ続々到着

 2013-02-07
アラスカより。





Tsunami Debris Problem Gets Worse in Alaska, with Little Clean Up Funding In Sight
アラスカで悪化する津波瓦礫問題、清掃の基金の見込みはほとんどなし


By Annie Feidt, APRN - Anchorage | January 30, 2013 - 5:19 pm


montague_island.jpg


The beach on the southeast side of Montague Island stretches for nearly 80 miles of pristine wilderness. At least it looks pristine from a few thousand feet up. As our helicopter descends towards the shore, big chunks of white polystyrene foam, similar to Styrofoam, come into view.
マンタギュー島の南東側のビーチは、綺麗な野生の自然が80マイル(129km)近く続いています。少なくともそこから数千フィート内陸まで汚れてはいないようです。ヘリコプターが海岸へと降下すると、発砲スチロールに似た、白い大きな発砲ポリスチレンの塊が見えてきます。


alasaka 1


“See how you can see all the white Styrofoam floats on this point out here? Big globs of Styrofoam? That’s all tsunami debris… And there’s more Styrofoam out here. There’s no question,” Chris Pallister, president of the nonprofit Gulf of Alaska Keeper, said.
「ここから、ここに浮いている白い発砲スチロールが全部見えるでしょ。発泡スチロールの大きな塊が。あれは全部津波瓦礫なんだ。もっと沢山の発砲スチロールがあっちにあるんだよ。間違えない。」非営利団体、アラスカ半島管理グループの会長、クリス・パリスターさんが言いました。


alaska 2


The group has been cleaning up marine debris that washes onto Alaska’s shores for 11 years. And when the tsunami debris began arriving last spring, their job got a whole lot harder. Pallister has visited Montague Island nearly a dozen times since then. And by the time we land and step onto the pebble beach, he’s shaking his head in disgust.
そのグループは、11年間アラスカの海岸に打ち上げられた海洋瓦礫の清掃をしています。そして、去年の春、津波瓦礫が漂着し始めたとき、彼らの作業は、今までよりずっと大変になったのです。それ以来パリスターさんは、モンタギュー島を12回ほど訪れました。浜に着陸して、足を踏み出すと、彼は嫌悪で頭を左右に振ります。


30-Tsunami-Debris-2.jpg


“You’re basically standing in a land fill out here,” Pallister said.
「基本的にここでは、ゴミ処理場に立っているようなものだ。」とパリスターさんは言いました。


30-Tsunami-Debris-1.jpg


Pallister points to an area scattered with foam bits smaller than packing peanuts:
パリスターさんは、フォームピーナッツ(包装に使うプラスチックの豆状の詰め物)よりも小さな、あちこちに散らばった破片のあるところを指差します。


alaska3.jpg


“See what’s happening here? with all the crushed up Styrofoam? This is what we’re worried about, this Styrofoam is just going to get all ground up and you can see there would just be billions and trillions of little bits of Styrofoam scattered all over everything. And extrapolate that all up and down this coastline. It’s kind of an impossible job,” he said.
「ここで何が起きているのか見てください。粉々になった発砲スチロールでいっぱいだ。これが私たちが心配していることなのです。発砲スチロールは地面を全て覆い尽くすでしょう。何十億、何兆という小さな発砲スチロールの破片が散らばっているのがあらゆるところで見られる。この海岸線の上から下まで全てだと推定します。ある意味、不可能な作業だよ。」と彼は話しました。


The trash is not just an eyesore. Pallister says voles, birds and even bears are eating the foam. He’s also worried about chemicals. Among the debris he finds containers that held kerosene, gas and other petroleum products. Even the little containers worry him. Sifting through the trash he picks up a small blue bottle and unscrews the cap to inspect its contents:
そのゴミはただ目障りなだけではありません。パリスターさんは、のねずみ、鳥たち、そして熊たちでさえも、その破片を食べているのだと言います。化学物質も心配です。瓦礫の中に彼は、灯油、ガスや、他の石油製品を入れていた容器を見つけています。小さな容器さえも彼を心配させます。ゴミの中を移動しながら、彼は小さな青いボトルを拾い上げ、中身を調べるためにふたをはずします。


alaska5.jpg


“I have no idea what this was. It looks like dish soap, maybe laundry detergent, but it’s empty, which is maybe not a good sign. There’s thousands of bottles like this up and down the coast, from small household chemical items to drum’s full of chemicals. Big industrial size drums,” Pallister said.
「これが何だったのか、全く分からない。食器洗剤のように見える。もしかしたら洗濯洗剤かもしれない。でも、空っぽで、それは、悪い徴候かもしれないね。このようなボトルが海岸線の上から下まで何千もある。小さな家庭用の化学物質から、化学物質一杯のドラム缶に至るまで。大きな工業用のサイズのドラム缶だよ。」とパレスターさんは話しました。


alaska6.jpg


Marine debris is not a new problem in Alaska. But the Japanese tsunami magnified the problem. Pallister says the tsunami debris doesn’t have the visceral impact of the Exxon Valdez spill, with oiled animals and blackened coastlines. But he thinks in the long run, it could be a bigger environmental disaster:
海洋瓦礫はアラスカでは新たな問題ではありません。しかし、日本の津波が問題を拡大したのです。パレスターさんは、津波瓦礫が、エクソンバルディーズ号原油流出事故で動物たちが油まみれになり、海を真っ黒にしたような理屈ぬきの打撃はないと言います。しかし、長い目で見るとより大きな環境災害となる可能性があると、彼は考えています。


exxon.jpg


“In a lot of ways its a lot worse than the oil spill. Both in the geographic scope of it and the chemicals that are coming with it. And who knows what the impacts are going to be?,” Pallister said.
「いろいろな意味で、オイル漏れよりもずっと悪い状況だ。地理的範囲という意味で、そしてそれに伴ってやってくる化学物質の両方において。その打撃がどういうものか、誰が分かると思う?」


30-Tsunami-Debris-3.jpg


Officially, the National Oceanic and Atmospheric Administration has recorded just five tsunami debris items in Alaska. But the agency will only confirm an object if it has a unique identifier that can be traced back to Japan. The state of Alaska does not use the same strict standard. Last summer the state paid for an aerial survey to inspect 2,500 miles of Alaska’s coastline. Elaine Busse Floyd is acting director of the division of environmental health. She says the survey identified tsunami debris all along the flight path from southern Southeast, up to Prince William Sound and out the Alaska Peninsula:
アメリカ海洋大気庁は、正式にはアラスカでたったの5件の津波瓦礫しか記録していません。しかし、NOAAは、日本へ辿ることのできる特定の鑑定材料があるものだけを確定するのです。アラスカ州は同様の厳しい基準を用いていません。去年の夏に、アラスカ州は海岸線2500マイルを調査するために航空測量費を負担しました。エレイン・Busse Floydさんは環境ヘルス課の局長代行です。彼女は、南西から、プリンス・ウィリアム湾、そして、アラスカ半島まで海岸線の飛行を行った調査で、全ての道筋に津波瓦礫を確認したのだと言います。


alaska9.jpg


“There was tsunami debris literally on every beach that was photographed. They took over 8,000 pictures and it was more widespread and in greater quantities than we even expected,” she said.
「文字通り、全てのビーチで津波瓦礫が写真に収められました。8000枚の写真をとり、実際はそれよりももっと広がっていて、予想していたよりも更に大量でした。」と彼女は述べました。


gulf of alaska



But so far there has been minimal funding for cleaning up the debris. Governor Sean Parnell didn’t included any tsunami debris funding in his budget. NOAA is figuring out how to distribute a $5 million gift from Japan for cleaning up the debris. And Alaska’s Congressional delegation is working to get federal funds. But tsunami debris clean up money was stripped from a bill for Hurricane Sandy relief that passed this week.
しかし今のところ瓦礫の清掃のための基金は最小限です。Sean parnell知事は、津波瓦礫の基金を予算に含めたかったのです。NOAA(アメリカ海洋大気庁)は、日本から瓦礫の清掃のために贈られた百万ドルの分配をどのようにするかを計算しています。アラスカの下院議員派遣団がアメリカ政府から基金を得るために働いています。しかし、津波瓦礫の清掃費用は今週可決されたハリケーン・サンディの救援費用に回されてしまいました。


Back on the beach, as the waves crash in, Chris Pallister says the debris could have serious impacts on fisheries and subsistence resources.
ビーチに戻り波が打ち寄せると、クリス・パリスターさんは、瓦礫が漁業や食糧源に深刻な打撃を与える可能性があると言います。


“I don’t know if it’s being taken seriously enough. I don’t think a lot of people who are going to be impacted by it know how bad it is right now. And until that gets out, maybe not much is going to happen,” he said.
「この問題が十分真剣に取り扱われているのか分からない。瓦礫により打撃を受けるであろう多くの人々が今は、それがどんなに悪い状況なのか分かっていないのだと思う。それが表面化するまで、多分、ほとんど何も起きないのだろう。」


alaska10.jpg


Pallister guesses it will take tens, or even hundreds of millions of dollars to remove the tsunami debris in Alaska. On this day though, he has to leave all the trash on Montague Island behind. We take off in the helicopter and head north along the beach. Pallister looks out the window at all the debris below and says, “it just goes on and on and on.”
パリスターさんは、アラスカの津波瓦礫を取り除くのに、何千万、あるいは何億ドルもかかるだろうと考えています。一日を終え、彼は全てのゴミを残してモンタギュー島を去らなければなりません。私たちはヘリコプターに乗り、海岸沿いを北へ向かいました。パリスターさんは窓の外の下に見える瓦礫を見て言います。「ただ、ひたすらこれが続くんだ。」


alaska11.jpg






海洋ゴミが与える打撃。。。


impact28.jpg


知らないことが、

考えないことが、

改めないことが、



結局は、地球を少しずつ蝕んでゆく。。。



スポンサーサイト

津波瓦礫、カナダBC州へ続々到着

 2013-02-05
globe_and_mail_logo.jpg

Tsunami Debris Litters B.C. beaches
BC州の海岸を散らかす津波瓦礫


Mark Hume
Vancouver-The Globe and Mail

published Monday, Jan. 28 2013, 8:37 PM EST
Last updated Tuesday, Jan. 29 2013, 11:06 AM EST

Debris from the tsunami that struck Japan two years ago is building up on West Coast beaches, with everything from soccer balls to floating docks drifting ashore from Alaska to California.
2年前に日本を襲った津波からの瓦礫が、西海岸に積みあがっています。サッカーボールから、浮遊するドックまで、アラスカからカリフォルニアの浜に漂流しているのです。


soccer.jpg


Peter Barratt, operations manager for West Coast Helicopters, has been looking down on British Columbia’s rugged Pacific coastline for much of the past 30 years – and he has never seen as much garbage as he did on a recent reconnaissance flight along northwest Vancouver Island with Will Soltau, of the Living Oceans Society.
ウェストコーストヘリコプターの運行マネージャーであるピーター・バラットさんは、過去30年もの間、ブリティッシュ・コロンビア州のぎざぎざの太平洋沿岸を見下ろしてきました。その彼が、リビング・オーシャン協会のウィル・Soltauさんとバンクーバー島の北西に沿って最近偵察飛行をした時目にしたゴミは、今までに見たことがないほどのものでした。


In a flight that took them along the remote outer coast, the two men said they saw garbage scattered on almost every beach for more than 100 kilometres. Mr. Barratt, a pilot with decades of experience on the coast, said it is clear large amounts of debris from the tsunami, which hit Japan in March, 2011, are coming ashore. He said large blocks of white Styrofoam are easy to spot from the air, but there is a lot of other less visible debris down there, scattered in with the drift logs.
海岸のはるか外側に沿って飛行した際、2人は100km以上ほとんど全てのビーチに散らばっているゴミを見たと言います。この海岸で数十年の経験のあるパイロットのバラットさんは、2011年3月に日本を襲った津波からの大量の瓦礫が海岸に向かっていることは明らかだと話しました。彼は、空中から、大きな白い発砲スチロールの塊を見つけるのはたやすいけれど、そこにはもっと沢山の見えにくい瓦礫が、漂流している材木の中に散らばっているのだと言いました。


bc debris 2


“I think there’s three to four times the amount of the high floating stuff, like big chunks of Styrofoam, and then five to 10 times the amount of smaller debris,” said Mr. Barratt, a co-founder of West Coast Helicopters, based in Port McNeill.
「発砲スチロールの塊のような海面上に浮いているものが3から4倍、もっと小さな瓦礫が5から10倍はあると思います。」とポート・マクニールが拠点のウェストコーストヘリコプター社の共同設立者であるバラットさんは言いました。


port mcneill map


“Of course there’s always debris on the beaches,” he added. “But I dropped down … and, holy crap, all of a sudden you see all this stuff. You can tell the stuff that’s been there for awhile because it’s dull and faded. The new stuff is shiny, and there’s a lot of it.”
「もちろん、ビーチには常に瓦礫があります。でも、私はひざをつきました。。なんてことだ、突然これだけのものを見ることになるとは。くすんで色あせているのでしばらくそこにあったの物だと見分けられます。新しい物は光沢があり、それが沢山あるのです。」


Mr. Barratt said much of the debris is probably too small to be cleaned up, but he thinks something should be done to get the big blocks of Styrofoam off the beaches. “That Styrofoam is disgusting,” he said. “I’m sure some of that … you could haul it out of there.”
バラットさんは、ほとんどの瓦礫がおそらく小さすぎて片付けられないと思われるけれど、ビーチから大きな発砲スチロールを取り除くよう、何かするべきだ、と言います。「発砲スチロールはきわめて不快な代物です。何かできるはずです。あそこから引き上げられるはずです。」


The U.S. National Oceanic and Atmospheric Administration states on its website that the public should be cautious in handling any debris that might be contaminated by chemicals or other toxic compounds, but radioactivity (released when the Fukushima Daiichi nuclear power plant was damaged) is not of concern.
アメリカ海洋大気庁はウェブサイトで、どんな瓦礫の取り扱いも、化学物質や毒性化合物により汚染されているかもしれないので警戒するべきだけれど、(福島第一原発が損傷した際に放出された)放射性物質は心配ない、と述べています。

なぜ、放射能については、わざわざ汚染の可能性を否定するのでしょうか。。。とても不自然。。。


“There is no reason to avoid beaches,” states NOAA. “Radiation experts believe it is highly unlikely any debris is radioactive, and the debris is not in a mass.”
「ビーチを避ける理由は全くありません。放射能専門家は、どんな瓦礫も放射能汚染されている可能性はとても低いと考えており、瓦礫はまとまってはいません。」と。



Mr. Soltau, manager of Living Ocean’s Clear the Coast marine debris program, said flotsam from the tsunami will be drifting ashore in B.C. for several more months. “I expect the worst isn’t over yet,” he said. “Based on what the oceanographers say, the debris will continue to come ashore … through next summer.”
リビング・オーシャンの海岸海洋瓦礫清掃プログラムのマネージャーであるSoltauさんは、津波からの漂流物があと数ヶ月間は浜に流れてくるだろうと言いました。「最悪の状態はまだ終わっていないと思います。海洋学者が言うことに基づくと、瓦礫は来年の夏まで漂流し続けるだろうとのことです。」


Mr. Soltau said the helicopter flight was an eye-opener for him in terms of how much debris has already come ashore.
ヘリコプター飛行はどれだけの瓦礫が浜に到達していたのかという意味で、意義のあるものだった、とSoltauさんは話しました。


“Once the weather starts to improve we hope to get some eyes on the ground and do a more detailed analysis,” he said. “When you start walking among the driftwood and see all the flip-flops, the running shoes, the bits of broken-down plastic … it strikes you, the impact humans have had .”
「天候がよくなってきたら、地上に目を向けて、もっと詳細に渡る分析をしたいと思います。流木の中を歩き始め、ビーチサンダルやランニングシューズ、壊れたプラスチックを全部見ると、心を打たれます。人間が受けた影響について。。」


bc debris 3


Mr. Soltau said on one rocky outcrop the helicopter flight located an overturned Japanese fishing skiff, heavily encrusted with gooseneck barnacles, and nearby were two life jackets with Japanese writing on them.
Soltauさんは、岩が露出しているところで、日本の小さな漁船がひっくり返っているのをヘリコプターで飛んでいるときに見つけたと言います。船底に付着しているフジツボにびっしり覆われたもので、近くには日本語の書かれた2着のライフジャケットがありました。


tsunami-debris29nw1.jpg


“When we landed to examine the skiff it left me with a different feeling,” he said. “I couldn’t stop thinking about all the lives that were lost.”
「その小船を調べるために着陸したとき、わたしは何かいつもと違った感覚をおぼえました。」と彼は話します。「私は失われた命全てのことを思わずにはいられなかったのです。」


The Living Oceans Society is encouraging beachcombers and others on the waterfront to document the locations of tsunami debris and is organizing volunteer cleanup drives.
リビング・オーシャン協会は、ビーチでゴミを拾う人たちや海辺にいる他の人に、津波瓦礫の場所を記録するように促がし、清掃活動をするボランティアを編成しています。


The B.C. government is tracking tsunami debris in a co-ordinated effort with the states of Alaska, Washington, Oregon and California. An estimated 1.5 million tonnes of debris is eventually expected to hit the West Coast. One of the largest pieces was a 185-ton, 20-metre floating dock, which came ashore near Forks, Wash.
BC州政府は、アラスカ州、ワシントン州、オレゴン州、カリフォルニア州と連携して津波瓦礫を追跡しています。1.5百万トンと推定される瓦礫は、とうとう西海岸に打ち寄せられると考えられています。最も大きなものの一つは、185トン、20mの漂流ドックでした。ワシントンのフォークス付近に打ち上げられました。


modelimage.jpg
津波瓦礫の現在地、NOAA推定 (クリックでウェブページが開きます)






いよいよ

新しい災害が本格的に到来するようです。



私たちの日常の生活で、

どれだけ命あるものを、環境を脅かすものを使っているのか、


ということに、


圧倒されることでしょう。。。




津波瓦礫からの教訓

 2013-01-25
huffington-post.jpg

Fishermen find what could be tsunami debris off Kona coast
コナ海岸で津波瓦礫の可能性のあるものを見つける猟師







(概要)
ハワイ島の漁師が、2011年の日本からの津波に流されたと思われるものをコナ海岸沖で見つけました。

これは、ハワイ付近で発見された津波瓦礫の5つ目となる可能性があります。

普段はマヒマヒを獲っている漁師たちが、いつもとは違うユニークなものを捕獲しました。

18-20フィートの小舟をコナから5マイルほどの海上で見つけたのです。

日本語が書かれているわけではないですが、この辺では使われていないものだとのこと。

写真とID番号がNOAA経由で、日本領事館に送られ、津波からのものであるかどうか、そうであれば、持ち主を特定することになります。

Related articleBoat brought into Honokohau Harbor is a possible Japan tsunami debris

もちろん、

"The state Department of Health has been contacted regarding a testing for radiation levels."
「ハワイ州厚生省は、放射能レベルを検査するように言われています。」



Hawaii Tsunami Debris: Fridge Parts And Oyster Buoys From Japan Wash Ashore On Oahu And Kauai
ハワイの津波瓦礫:オアフ・カウアイ島に打ち上げられる日本からの冷蔵庫の部品や牡蠣漁の浮き

Posted: 01/18/2013 9:05 am EST

From Stephanie Pappas, LiveScience Senior Writer:

Oyster buoys and refrigerator parts set adrift by the 2011 Japan tsunami are now rolling in with the tide on Hawaii's beaches, a new field survey reveals.
2011年の日本の津波で流された牡蠣養殖の浮きや冷蔵庫の部品が、今ではハワイの海岸に潮と共にどんどん集まってきていることが現地調査で明らかになりました。


s-JAPAN-TSUNAMI-DEBRIS-HAWAII-FRIDGE-large.jpg


Black oyster buoys and refrigerator parts — and even a full refrigerator — that trace back to Japan have shown up on the islands of Oahu and Kauai, said Nicholas Mallos, a conservation biologist and ocean debris specialist at the nonprofit Ocean Conservancy. Also on Oahu, researchers found a large 4-foot by 4-foot (1.2 by 1.2 meters) chunk of housing insulation framed in wood, a piece almost certainly sent into the sea by the devastating tsunami.
日本の痕跡のある黒い牡蠣養殖の浮きや冷蔵庫の部品-そして冷蔵庫丸ごとでさえ-オアフやカウアイの島に姿を現している、と環境保護生物学者であり、非営利団体の海洋保護、海洋瓦礫の専門家であるニコラス・マロス氏は話しました。オアフ島ではまた、調査員たちが1.2x1.2mの、ほぼ確実に破壊的な津波で流されたと思われる木製のフレームのついた断熱材の塊を見つけました。


"These items have never before been seen on these beaches," Mallos told LiveScience.
「これらは前に海岸で決して見たことのないものです。」とマロス氏はライブサイエンスに対し話しました。


The Japanese government has estimated the tsunami, which was triggered by an underwater earthquake in March 2011, swept about 5 million tons of wreckage out to sea. While 70 percent appears to have sunk offshore, the rest is floating in the Pacific Ocean. The first bit to show up in Hawaii, in September, was a barnacle-covered seafood storage bin.
日本政府は、2011年3月の海面下で起きた地震が引き金となった津波が、約500万トンの残骸を海に流したと推測しています。そのうちの70%が沖に沈んだと思われている一方で、残りは太平洋に漂流しているのです。9月にハワイに現れた最初の少しは、フジツボに覆われた海産物の貯蔵箱でした。


Picture1_20130125171948.jpg


Paradise of plastic
プラスチックの天国


Exposed to ocean currents on every side, the Hawaiian Islands are a hotspot for Pacific junk. Some of this ocean litter originates from the fishing industry; most of the rest is consumer garbage from soda bottles, toys and other plastic goods, much broken down by the waves beyond recognition. [In Photos: Tsunami Debris & Ocean Trash in Hawaii]
あらゆる潮の流れに曝され、ハワイの島々は、太平洋のゴミのホットスポットです。いくつかの海のゴミは、漁業に源を発しています。他のほとんどは、ソーダのビン、おもちゃや他のプラスチック製品のような消費者のゴミで、多くが波で砕かれ、元形をとどめていません。


At Kimalo Point on Hawaii's Big Island, tiny fragments of plastic penetrate as much as 3 feet (0.9 meters) below the beach surface.
ハワイ島のキマロ岬では、プラスチックの小さなかけらが、海岸の表面下、0.9mまで浸透しています。


o-JAPAN-TSUNAMI-DEBRIS-HAWAII-570.jpg


"Many places on the beach, it's hard to differentiate the sand from the plastics on the surface," Mallos said.
「海岸の多くの場所で、砂とプラスチックを表面で見分けるのが困難なのです。」とマロス氏は言いました。


The tsunami debris is different. For one thing, it tends to be larger, having only been in the ocean since March 2011, Mallos said. The debris also comes ashore in surprisingly homogenous waves. This summer, it was oyster buoys, Mallos said. Now, it's refrigerator parts.
津波瓦礫は違います。1つのものが大きい傾向にあり、2011年の3月からしか海に浮かんでいません。そしてまた、驚くほど同じような波でやってきます。この夏は牡蠣養殖の浮きだった、とマロス氏は言います。今は、冷蔵庫の部品です。


The reason? Wind acts on similar objects in similar ways, according to research by Nikolai Maximenko of the University of Hawaii at Manoa's International Pacific Research Center. All of the tsunami debris went into the ocean at the same time, but some objects drift across the Pacific faster than others. That results in clusters of similar objects showing up in Hawaii and along the North American West Coast at the same time. [Tracking Tsunami Debris (Infographic)]
なぜか?マノアの国際パシフィックリサーチセンターの調査によると、似たような物に同じ様に働くからだそうです。全ての津波瓦礫は同時に海に流されましたが、いくつかのものは、他のものより早く太平洋を漂流しています。その結果、同じようなもの群れがハワイや北米西海岸に同時に現れているのです。


Debris hunt
瓦礫ハント


Mallos and colleagues from the Japan Environmental Action Network, the Oceanic Wildlife Survey and the Japan Ministry of the Environment just completed a beach survey in Hawaii in search of this tsunami debris. They found about six or seven items, including the rusted Japanese refrigerator and buoys, which very likely came from the tsunami, Mallos said.
マロス氏と、日本の環境アクションネットワーク、海洋生物調査からの同僚たち、日本の環境省は、この津波瓦礫のハワイでの海岸調査を終えたところです。彼らは津波で流された可能性の高いさび付いた日本の冷蔵庫や浮きを含めた約6、7品を見つけたのだと、マロス氏は話しました。


"We're not seeing a massive wave of debris wash onto the shore at one time, but right now, what it's been is a slow accumulation of debris here and there," he said.
「1度に大量の瓦礫の波が海岸の押し寄せるというのは見てはいませんが、今見られるのは、ゆっくりのあちこちに蓄積されていく瓦礫です。」と彼は言います。


The tsunami debris is a problem, but it's part of a much bigger issue, Mallos said. Hawaii is awash with plastic trash from all over the world; the islands also neighbor the Great Pacific Garbage Patch, an area of the North Pacific where currents push masses of plastics into a suspended gyre of trash. Long story short: The oceans are a mess.
津波瓦礫は問題だけれど、もっと大きな問題の一部なのだとマロス氏は語りました。ハワイは世界中からのプラスチックのゴミでいっぱいです。ハワイの島々はまた、太平洋ゴミベルトの近くにあり、北太平洋のこの地域は、潮が大量のプラスチックを浮かんでいるゴミの環流へと押し込む場所なのです。端的に言えば、海はゴミだらけということです。


The Hawaii survey turned up masses of this typical ocean garbage, including fishing nets and traps, Mallos said. One of the stranger items was an intact plastic trashcan from Los Angeles County with "Heal the Bay" stickers on it. Heal the Bay is a nonprofit group that works to clean up California's Santa Monica Bay. In an unfortunate irony, one of the group's trashcans got into the ocean and floated some 2,500 miles (4,023 kilometers) to end up on a beach in Hawaii.
ハワイでの調査は、定型的な大量の海のゴミの問題を露にしました。漁網やしかけなども含めてだとマロス氏は言います。奇妙なものの1つは、ロサンジェルスからの「ヒール・ザ・ベイ(入り江の環境保全)」の名の付いたプラスチックの無傷のゴミ箱です。ヒール・ザ・ベイとは、カリフォルニア州サンタモニカ湾の清掃をしている非営利団体です。不運にも皮肉な事に、その団体のゴミ箱に一つが海に流され、4023km漂流し、ハワイにたどり着いたのです。


"It really highlights the fact that trash travels very far," Mallos said.
「それは、ゴミが相当遠くまで流されるのだといことを強調しています。」とマロス氏は言いました。


The average person can do their part to reduce ocean trash, Mallos said. Because consumer plastics are a huge part of the problem, resolving to use reusable grocery bags, coffee mugs and water bottles can keep one-time use plastics out of the oceans. The Ocean Conservancy has developed a free app, called Rippl, designed to nudge users into a more ocean-friendly routine by reminding them to take those sorts of small actions.
一般の人が、海のゴミを減らす役割を果たす事が出来るのだとマロス氏は話します。プラスチックの物は問題の大部分を占めるのです。買い物袋を使ったり、コーヒーカップや水筒を使う事で、1回しか使わないプラスチックを海から取り除く事が出来ます。海洋保護は、無料のアプリを開発しました。Ripplと呼ばれています。このような小さな行動をとる事を人々に思い出させる事で、海にやさしい習慣をつけやすくするようにデザインされています。


Rippl.jpg
Click picture for the link.


The problem of typical ocean trash is inextricably linked to the issue of tsunami debris, Mallos said. Tsunamis aren't preventable, but regular ocean litter is, he said.
典型的な海のゴミの問題は津波瓦礫の問題と密接に結びついているのだとマロス氏は言います。津波は防げられるものではありませんが、通常の海のゴミは防げられるものだ、と言うのです。


"To the extent we can keep regular forms of ocean trash out of the ocean, in the face of disasters, the ocean becomes more resilient and better equipped to deal with the debris," he said.
「その程度まで、わたしたちは普段出ている海のゴミを海から取り除く事ができ、災害に直面しても、海はすぐに回復し、瓦礫をもっと良い状態で取り扱うことが出来るのです。」


The new survey was funded by the Environmental Restoration and Conservation Agency of Japan.
新しい調査は、日本の環境再生保全機構から資金が提供されています。





原発のない新しい価値観の社会を目指している人は、

既に、海のゴミのことにも気がついていると思います。



便利なものほど、自然の害となり、

最終的には、自分たち人間の害となる、ということを。



海に放出された放射能も、


海に流された大量の便利な日用品の数々も、


全部私たちに、


自然の摂理というものを


思い起こさせてくれたのです。



取り返しのつかない、

大きな犠牲と引き換えに。。。



消えないゴミ

 2012-12-06
Tsunami debris washes up in Hawaii
津波瓦礫ハワイに打ち上げられる



Visit NBCNews.com for breaking news, world news, and news about the economy




On the Big Island of Hawaii, debris is changing the landscape as thousands of pounds of trash hit Kamilo Beach – much of it from Japan. The refuse is already impacting wildlife such as fish and birds. NBC’s Miguel Almaguer reports.
ハワイ島。カミロビーチの何千ポンドのごみが、島の景色を変える。多くは日本からのゴミ。そのゴミは既に魚や鳥などのような野生生物に影響を与えている。




日本の津波はほぼ2年前のことですが、ハワイの海岸で何が見つかるのか、海岸に打ち上げられる瓦礫の量については、まだ目にするまで分からない状態です。そして、更に多くの瓦礫が、すぐ近くまで来ています。

Picture1_20121207161114.jpg



ハワイ島の南端の楽園に、災害があります。

Picture2_20121207161113.jpg



「最低2000ポンドか更に多い量を海岸で引き上げています。」

Picture3_20121207161113.jpg



メーガン・ラムソンさんはカミロ(ハワイ島最南端)での圧倒的な量の清掃作業を主導しています。ここは長年世界で一番汚れたビーチと言われいるところです。20トンのゴミが毎年ここに打ち上げられると見積もられています。

Picture4_20121207161112.jpg 

「私たちは、世界中からの海の瓦礫がどっさり打ち上げられ、蓄積される中心の場所なのです。」



Picture5_20121207161112.jpg 

今では、日本語のマークの入った瓦礫がどんどんやってきています。多くの人が恐れているものの先端が接近してきています。




Picture6_20121207161112.jpg 

10マイルにも及ぶ浮き、ボトル、釣り網。冷蔵庫までも海岸に打ち上げられました。




Picture7_20121207161744.jpg 

「海岸のこの辺りは、かつて美しい砂で覆われていました。しかし、今では粉々になったプラスチックのかけらです。所によっては、3~4インチ (7.6~10cm)の深さがあります。これが今この海岸線の様相をとてもよく示しているのです。」



Picture8_20121207161744.jpg 

「掘っても掘っても、ただ、もっとたくさん出てくるだけなのです。」



瓦礫はすでに野生生物に影響を与えています。


Picture9_20121207161743.jpg 

「中にたくさんのものがあります。」



Picture10_20121207161743.jpg 

海鳥はプラスチックを危険な率で消化しています。



Picture11_20121207162110.jpg 

「解剖する全ての鳥にプラスティックが入っています。100%です。」



そして、それは魚にも見られます。


Picture12_20121207161742.jpg

「鮭やマグロのように私たちが好んで食べるこれらの種がプラスティックを食べていることが分かったのです。プラスティックが人間の食べ物に入っているということです。」




Picture13_20121207162414.jpg


これら全てのプラスチックは、太平洋ゴミベルトにより運ばれてきます。何十年間もゴミをカミロビーチの方へ運ぶ渦巻いた海流です。




Picture14_20121207162414.jpg


「海中低いところに浮いているものが漂着していて、もの海面上のもの、海面のすぐ下に漂っているものは、この秋か冬にアメリカ西海岸に凝着する可能性があります。」




Picture15_20121207162413.jpg 


今、このような瓦礫、ドックが普通に見られるようになっています。科学者は、更に、海面下にあるものが向かってきていると言います。厄介事の徴候が楽園にあります。





放射能には、気が遠くなるほど長いものでも、

一応半減期、というものがあり、

いずれは消滅するけれど。。。。



プラスティックは、

永遠に、

なくなりません。。。。



オンタリオ州では、スーパーなどのビニール袋が禁止になったようですが、

『脱プラスティック』

も、必要なのかもしれません。



人間が汚したものは、

結局は、

人間にかえってきます。



すぐに、自分に害が及ぶことはないだろうと、

便利を更に追求し、物質的な豊かさを求めるのか、


今まで人間の知恵で作り出してきたものが、

地球や生物に害となっていたことを潔く認め、

生命的な豊かさを求めるのか。。。


人間という生き物は、

地球と地球に生息している生物を、

その絶妙なバランスを破壊しにやってきた

インベーダーなのでしょうか。。。



津波瓦礫に備えるハワイ

 2012-09-24
再びハワイより。





New radiation detector monitors tsunami debris
新しい放射能検出器、津波瓦礫をモニタリングする


Reported by: Tammy Mori

Picture1_20120925152235.jpg

Published: 9/23 6:18 pm Share Updated: 9/23 6:34 pm


The City's Emergency Services Department just got a brand new state of the art radiation detector.
市の緊急時サービス省は、ちょうど真新しい放射能検出器を入手したところでした。


Perfect timing as more and more tsunami debris from Japan arrive on our islands.
私たちの島に日本からの津波瓦礫がどんどん漂着している、抜群のタイミングです。


There's been a dozen confirmed pieces of tsunami debris that has reached the shores of Hawaii and the West Coast but none of the debris has been found to be radioactive.
12の津波瓦礫がハワイと西海岸に到達しましたが、放射能汚染は見つかっていません。


However, city, state and federal agencies are using extra caution when handling the debris.
しかし、市、州、連邦政府機関は、瓦礫の取り扱いに厳重な注意を向けています。


DB Dunlap was doing research at Makai pier earlier this week, when he found the first confirmed piece of tsunami debris to reach Hawaiian waters.
DBダンラップさんは、今週ハワイの海に津波瓦礫の最初のものが発見された時、マカイ桟橋で調査をしていました。


Picture2_20120925152453.jpg


"Couldn't help but notice a giant blue box floating between me and rabbit island."
「どうしようもできなかったけれど、巨大な青い箱が自分とラビット島の間を浮かんでいるのに気づいたんだよ。」


Picture5_20120925152234.jpg



NOAA says that blue box was a seafood bin straight from Fukushima, japan
アメリカ海洋大気庁は、青い箱が日本の福島から来た海産物の容器だった、と述べました。


Picture3_20120925152234.jpg



"Were you worried about radiation at all?"
「放射能は全く心配ないですか?」


"Never crossed my mind, it was only a couple a days later where there was a radiation person out here," said Dunlap.
「考えたこともない。たった2日後には、放射能を測っている人が出てきた。」とダンラップさんは話しました。


Picture4_20120925152234.jpg



Radiation detector
放射能検知器



This past Friday the city got a portable device that will make it quicker to test potentially dangerous marine debris.
この金曜日に、市は危険である可能性のある海洋瓦礫がすばやく検査できるように、携帯用の器具を入手しました。


Picture6_20120925152233.jpg


If suspicious debris were to wash ashore, lifeguards could wear a personal protective radiological detector that would alert them to stay away if necessary.
もし、疑いのある瓦礫が打ち上げられたら、ライフガードは、必要であれば遠ざかるように警告する放射線検出器で防護できるでしょう。


And trained experts could use this device to find out more about the threat.
そして訓練された専門家がこの器具を使って、脅威について更に見出すことができるでしょう。


"Not only do you know the amount of radiation that is being emitted from this source, but also know the isotope," explains Court Chambers, EMS Medical Analyst.
「その放射線を放出しているものからの線量が分かるだけでなく、その各種も知ることができます。」とEMS(緊急医療サービス)の医療分析家である、コート・チャンバーズ氏は説明します。


Picture7_20120925152233.jpg


Knowing the isotope could help identify whether it is specific to the Fukushima nuclear plant.
各種を知ることで、それが福島原発からであるかどうかを特定できるのです。


"We're not going come out one day and find a 10 foot wall of debris on the beach, what we are expecting is to continuously find debris on the beach that will be with us for a number of years," said John Cummings, Public Information Officer with the City Department of Emergency Management.
「10フィート壁のような瓦礫がある日突然海岸に現れるわけではなく、私たちが予測しているのは、何年もの間、瓦礫を海岸に見つけ続けるだろう、ということです。」と市の緊急時管理庁の広報官、ジョン・カミングス氏は話しました。


Picture8_20120925152245.jpg



Multi-purpose machine
多目的マシーン



The detector could even identify other hazardous material unrelated to the tsunami like a chemical or biological poison, or even a bomb.
その検知器は、津波とかは関係のない化学毒物、生物毒物、爆弾のような他の危険物質も明らかにします。


"That would help the professionals that would respond, have a better idea of what they're dealing with," says Chambers.
「それが、対応にあたる専門家の助けになるでしょう。自分たちが何を扱っているかをよりよく理解できるのです。」


"Now that I understand what's going on here, I think it will be really, really, really useful and I'm really glad we got one," says Dunlap.
「これで、ここで何が起きているのか理解できたよ。本当に、本当に、本当にそれは役に立つもので、そのようなものが入手できて本当に良かったと思う。」 とダンラップさんは言いました。


The price tag for the radiation detector was $15,000 but paid for with federal grants.
その放射能検知器は1万5000ドルでしたが、連邦政府の補助金で支払われました。


Federal and state agencies have similar technology and are working together to recover tsunami debris.
連邦政府、州政府機関は、同様のテクノロジーを持ち、津波瓦礫を回収作業を共に行っています。







「放射能汚染なんて、まずないだろう」

とあざ笑い調子で強調する報道が多い中、


何か、

このハワイに報道は、微笑ましく、

久しぶりに肩の力が抜けて、

ホットしました。







≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック