スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島事故から得たあまりにもシンプルな教訓

 2016-05-15
Is it worth the risk?
リスクを冒す価値がありますか?




生きていて一番好きなことは何ですか?

輝く私たちの世界が好きですか?

好きな休日、お祭りは何ですか?

それは、沈んでいく美しい夕日ですか?

腰をおろして、過ぎ去る景色をながめられる、お気に入りの町のお気に入りの通りですか?

あなたは知っていますか?

毎日、あらゆる瞬間に、あなたの愛するすべてのものが脅かされていることを。

すべてのもの、すべての人々を失うことがあるのです。

真っ白で熱い放射能の閃光で。

原子炉の悲惨な事故で。

何百万もの命が一瞬にして、永久に変わり果ててしまうのです。

一瞬にして、永遠に終わってしまうのです。

あなたが愛するものを考えてみてください。

あなたが愛する人のことを考えてみてください。

危険を冒す価値がありますか?





It's so simple...and so true...


20160211_085820.jpg




スポンサーサイト

ドックフードにストロンチウム??!

 2016-04-12
HOW TO AVOID FOODS HIGH IN ARSENIC AND KEEP YOUR DOG HEALTHY
愛犬を高度のヒ素のフードから守りいかに健康を保つか


by Dr. Peter Dobias, DVM

ARSENIC LEVELS HAVE BECOME A BIG PROBLEM IN DOG NUTRITION
ヒ素のレベルが犬の食事の大きな問題になっている



ellie_2016041313132378a.jpg


Many dog lovers have reached a new level of awareness when it comes to food. People are switching to raw and cooked natural diets in droves. It appears that processed pet food companies are having a harder time convincing people that their food is better than the food nature intended.
多くの愛犬家がフードについて今までとは違う認識レベルに達しています。ローフードや調理済みのナチュラルフードにこぞってシフトしています。プロセスフードを提供する会社は自然志向のフードよりも良いのだと消費者を納得させるに明らかに苦労しています。


However, even when one switches to raw or cooked food, not all food-related problems are solved. Nutrient depletion in soil results in nutrient deficient foods and dog food is no exception. People who have put their dogs on whole-based natural supplements have seen the transformations in their dogs. However, there are still many nay sayers who stubbornly claim that feeding good food is enough.
しかしながら、いくらローフードや調理済みフードにしたところで全ての食に関する問題が解決するわけではありません。土壌の栄養の枯渇は栄養の欠乏した食物となり、ドックフードも例外ではありません。ナチュラルサプルメントを犬に与えている人たちは犬に変化が現れたが分かったでしょう。しかし、それでもまだ頑固に質の良いフードを与えていれば十分だと言う人も多くいます。


As a veterinarian, I source from almost three decades of experience, but still I like to see the proof. Hair testing for minerals and toxic elements has been really helpful because it is highly accurate and shows what is happening in different groups of dogs.
獣医師として、ほぼ30年の経験を元に、私はその証拠をこの目で見たいと思っています。ミネラルと有害要素を検査するヘアーテストは本当に参考になります。その検査のは精度が高く、異なった犬のグループに何がおきているのかが分かるのです。


In the course of many years of testing, I have learned that dogs who eat fish-based foods have elevated mercury levels and sardines appear to be the cause of increased strontium. Since the Fukushima nuclear accident strontium is continuously being released into the oceans and not much is being done to inform the general public.
何年も検査してきて、魚ベースのフードを食べている犬は、水銀のレベルが、イワシを食べている犬はストロンチウムが上昇する原因となっていることが分かりました。福島原発事故のため、ストロンチウムは継続的に海に放出されていますが、一般にほとんど知らされていないのです。


Sadly, I have noticed that dogs who have epilepsy have higher than average levels of strontium and mercury, which made me recommend against feeding fish and sardines to dogs, despite their nutritional benefits. Fish is not what it used to be.
悲しいことに、ひきつけを起こす犬に、平均より高いレベルのストロンチウムと水銀が見られました。そのため私は魚やイワシを犬に与えることは栄養的なベネフィットがあるにしても薦められなくなりました。魚はかつてのものとは違うのです。


Arsenic has also been on my radar for some time, mainly because it is highly toxic and appears to be often elevated in dogs’ hair.
ヒ素も時々私のレーダーにかかります。その有害性が高く、犬の毛にしばしば高いレベルが見られます。


Where does arsenic come from?
ヒ素はどこから来るのでしょう?



Even our medieval ancestors knew arsenic was toxic, but our modern problem with arsenic is related to industrial pollution and especially water.
中世の祖先たちでさえもヒ素が有毒であることを知っていましたが、現代の私たちの問題は工業汚染、特に水に関するヒ素です。


“Arsenic toxicity is a global health problem affecting many millions of people and animals. Contamination is caused by arsenic from natural geological sources leaching into aquifers, contaminating drinking water and also occur from mining and other industrial processes.”
「ヒ素の毒性は世界中の何百万人の人々、動物たちの健康に影響を与えます。汚染の原因は自然界の地質上のヒ素によるもので、帯水層に浸出し、飲み水を汚染されるのですが、鉱山や他の工業過程により起こるものもあります。」


The presence of arsenic in our body is unavoidable in our industrial age. Naturally the next question to ask is, which foods contain the most arsenic and how can we protect our dogs?
この工業時代においては、体内にヒ素が存在することは避けることができません。ごく自然に浮かぶ疑問は、どの食べ物がもっともヒ素で汚染されていて、どうすれば愛犬を守ることができるのか、ということです。


Rice is a significant source of arsenic
米はヒ素汚染の重大な要因



From the hair test results, I consistently see higher arsenic values in dogs that eat rice supplemented diets. I usually do not recommend rice and other grains for dogs because it is not species appropriate, but I still see some people using it.
ヘアーテストの結果から、お米のサプルメントを取り入れている犬には常に高いレベルのヒ素が見られます。なので、通常米や他の穀物は勧めません。犬に適していないからです。しかし与えている飼い主をまだ見かけます。


Pet food companies love rice because it is relatively cheap, especially when it comes from Asia, which is a part of the problem. The water quality in many Asian countries is poor, with some exceptions. If you have ever traveled to the region, you may have seen puddles, streams and lakes covered with oil or full of plastic and garbage. As a consequence, chemicals, including arsenic, end up in the rice fields that get flooded for a part of the growing season.
ペットフード会社は米を使うのを好みます。特にアジアからのものは比較的安いからです。これが問題でもあります。例外もありますが、多くのアジアの国の水質は良くありません。その地域に行ったことのある人なら、水溜りや小川、湖が油やびっしりのプラスティックやごみで覆われているのを見たことがあるでしょう。その結果として、ヒ素のような化学物質が田んぼに入り込み、米が育つ時期に田んぼにあふれてしまうのです。


small_garbage-dump-contaminating-lakeside.jpg


There are many studies available online to confirm that arsenic in rice is a serious problem. One study compares the presence of arsenic in rice from different regions and California rice appears to be the safest.
ネットでも米に含まれるヒ素が深刻な問題であると認めている研究が多くあります。様々な地域の米に含まれるヒ素を比較した研究ではカリフォルニア米がもっとも安全なことが明らかになっています。


The question is, is rice is really necessary for dogs? The answer is no because it is not a part of their species-appropriate diet. Now you have two reasons not to feed dogs rice and think twice before you order rice from your local restaurant.
問題は、犬に米が本当に必要なのか?ということです。答えはNOです。犬という動物に米は適していないのです。犬に米を与えない理由が2つあるということです。そして、あなたも、レストランで米をオーダーするときによくよく考えてみてください。


How to find out if your dog has higher than normal arsenic levels?
愛犬の体内に通常より高いレベルのヒ素を取り込んでしまっているのかの調べ方



While blood tests can help determine the momentary levels of enzymes and electrolytes, it does not give you a comprehensive evaluation of your dog’s arsenic levels over the past several months.
血液検査は一時的な酵素と電解物のレベルを特定するのに役立ちますが、過去数ヶ月にわたるヒ素のレベルを総合的に確かめることはできません。


Your dog’s hair is a kind of time capsule that seals its mineral content profile over the course of its growth. Analyzing your dog’s hair is the best way to determine your dog’s levels of arsenic exposure in the past four to six months.
犬の毛が、成長する過程にわたってミネラルの成分を閉じ込めるタイムカプセルのようなものなのです。その犬のけを分析することが過去4ヶ月から半年にわたってどのくらいのヒ素にさらされているのかを見る最善の方法です。


How to get rid of arsenic and neutralize its effect
どのようにヒ素を取り除き、その効力を消す?



1. Eliminate rice from your dog’s diet and treats. In the age of gluten-free diets, the content of rice in food is greater than ever before.
あなたの愛犬のえさ、おやつから米を取り除いてください。グルテン・フリーの時代に、今までになく米を食生活に取り入れることが多くなっています。


2. Check your dog’s arsenic levels by doing a hair test.
愛犬のヘアーテストでヒ素のレベルを調べてください。


3. If your dog’s results show high/normal or abnormal levels of arsenic consider using a homeopathic remedy that has been proven to reduce the effect of arsenic exposure. I have found the homeopathic remedy Arsenicum Album very helpful. I propose that you give one dose (three to five pellets) 30C or 200C potency twice, two weeks apart. Please note that this remedy will not reduce the arsenic levels, but will reduce some symptoms that may be related to chronic arsenic poisoning. Arsenic toxicity can affect multiplex organ systems and the symptoms can be non-specific, ranging from digestive upsets to the tendency for diarrhea, kidney disease, liver disease, cancer and changes in behaviour.
もし愛犬のヘアーテストの結果から、高い・普通・あるいは異常なレベルのヒ素が見つかったら、ヒ素の効果を少なくすると分かっているホメオパシーのレメディーを取ることを考えると良いでしょう。アーセニカム・アルバムはとても便利です。ポーテンシー30Cか200Cのものを1回(3-5粒)を2回、2週間間隔で与えると良いでしょう。このレメディーはヒ素のレベルを下げるのではなく、慢性的にヒ素に侵されていることから出てくるいくつかの症状を抑えるものです。ヒ素の毒性はいくつもの内臓に悪影響を与える可能性があり、症状は特定できません。消化不良から下痢、肝臓病、腎臓病、癌、挙動の変化など様々です。


4, There are two ways of keeping your dog’s body as toxin free as possible.
愛犬をできるだけ毒性から遠ざけておくための2つの方法があります。


Arsenic levels have become a big problem in dog nutrition
ヒ素のレベルは犬が取る栄養において大きな問題

A. Providing essential minerals and vitamins, which help to push out toxic elements from the body.
 必須ミネラル、ビタミン成分を取らせると、解毒に役立ちます。

B. A semi-annual liver cleanse with Livton.
 LIVTONで年に2回肝臓解毒をします。


It would be unreasonable to expect that your dog or anyone will be arsenic free, however reducing exposure to this toxic element can be another deposit in your dog’s health and longevity account. Your dog’s health starts with awareness and taking small steps can make a big difference.
愛犬や人間が体内にヒ素をためていないと考えるのは無理がありますが、有毒物質を減らすことは犬の健康と寿命に貢献します。このことを意識し、小さな一歩を踏み出すことが、犬の健康に大きな変化を与えるでしょう。





ellie2.jpg


愛犬もそうですが、人間も気をつけましょう!

ラビ君もヘアー・テストしましたが、

まぁ、体内の重金属の汚染、特に鉛のレベルは著しく。。。。

ウランまで。。。。ショック・・・・


hair.jpg

鉛のレメディーはプラムバムのようです。

全てをカスタマイズしたレメディーをいただいてきましたが、半年後の改善具合が楽しみです。



参考までに。。。

ホメオパシーを調べていて、ストロンチウム(安定)が基本のミネラル要素だということを知りました。


hair2.jpg


ラビ君はこの体に良いミネラルのとりすぎ、欠乏など、バランスがよくありませんでしたが、

上記の犬のフードに含まれていたストロンチウムが放射性のものかどうか、という疑問はぬぐいきれません。。。

このヘアーテストで、放射性ストロンチウムを測れるとはおもえませんし、リストにもありません・・・・

水のフィルターでストロンチウムを取る、というものもありますが。。。

我が家も使っているのですが・・・


もしかしたら、良いミネラルを根こそぎとってしまっているかもしれません。


ふか~~~い知識と、正確な情報が本当に必要ですね!








福島事故5年後のSEAFOOD

 2016-03-12
washington_post_logo.jpg


With Fukushima’s fifth anniversary approaching, we can probably start to relax about radioactive seafood
福島5周年を迎えるにあたり、海産物放射性物質汚染について気をぬけるのか

Chelsea Harvey February 29

March 11 will mark the five-year anniversary of the Fukushima Daiichi disaster, a series of nuclear meltdowns, triggered by a devastating earthquake-induced tsunami, that released massive amounts of radioactive material and resulted in the largest nuclear disaster since Chernobyl. Since then, the plant’s damaged drainage system has continued to leak radioactive water into the environment, and one of the biggest enduring public concerns has been the safety of fish caught in the area’s surrounding waters.
3月11日で一連のメルトダウンを起こして大量の放射性を放出し、チェルノブイリ事故以来最大の放射能災害となった福島第一原発事故が起こって5年経つことになる。それ以来、損傷した廃水システムから環境へ放射性汚染水が漏れ続け、周辺で取れる魚の安全性は、人々の尽きることのない懸念となっている。


Now, with the fifth anniversary approaching, new research may allow the public to breathe a little easier over the state of its seafood. A study published Monday in Proceedings of the National Academy of Sciences indicates that the overall risk of contamination in fish around Japan is quite low — with a few notable exceptions.
いま、5年目の節目を迎えるにあたり、海産物の状況について人々が一息つけるかもしれないことを伺わせる新しい調査が発表された。米国科学アカデミーの会報に、日本周辺の魚の汚染による危険性は、いくつかの顕著な例外はあるにしろ、全体的にかなり低いことを示していたのだ。


fish.jpg


“Highly contaminated foods attract people’s attention,” the new paper’s lead author, Hiroshi Okamura, a researcher with the National Research Institute of Fisheries Science in Japan, said by email. “Some people cry not to eat seafoods and other people argue many foods are not dangerous.”
「高い汚染の食べ物は人々の注意を引きます。」中央水産研究所の研究者であるこの研究の著者、オカムラ・ヒロシ氏はEメールで述べている。「海産物は食べるべきではないと主張する人もいれば、多くの食べ物が危険ではないのだと議論する人もいます。」


In fact, the authors note in their paper that conflicting reports have been released over the past few years on the contamination of fish in Japanese waters, with some arguing that the concentration of radioactive material had declined rapidly since 2011 and other arguing that it had hardly declined at all. “These contradictory statements must confuse the general public,” the authors wrote.
実際に、この報告の中でその著者は日本の魚の汚染について相反する報告が過去数年にわたり発表されていることも記している。ある報告では2011年以来、放射性物質の濃縮が迅速に減少していると述べ、他のレポートではほとんど減少していないのだと議論している。「これらの矛盾は一般市民を混乱させているに違いない。」と著者は書いている。


The confusion comes from variations in the way different studies collect data on radiation contamination, said Ken Buesseler, a senior scientist at the Woods Hole Oceanographic Institution, who was not a part of the new study. Different data collection methods have different “detection limits” when it comes to radioactive material, or the threshold above which the researchers can detect and record contamination. A high detection limit, for instance, will only detect radioactive content above a certain level, typically a level that’s relevant for human health concerns.
その混乱は様々な研究により放射能汚染のデータの集められてる方法が異なることからくるだとウッズ・ホール海洋研究所の科学者であるケン・ビュッセラーは話す。彼はこの新しい研究にはかかわっていないが。放射性物質についていうと、それぞれのデータ収集にはそれぞれの「検出限界」、研究者が検出でき、汚染を記録することのできるそれぞれの閾値がある。例えば高い検出限界だと人間の健康にかかわる、ある程度以上の放射性物質しか検出しない。


Bur having such high detection limits also means that the public is not getting the whole picture of how quickly contamination in the region is dissipating — and when different research groups publish studies using different detection limits, the results can sometimes appear contradictory.
しかし、そのような検出限界は、ある地域でどのくらいの速さで汚染が拡散しているのかの全体像を把握することができないということでもある。そして、それぞれの研究者のグループがそれぞれの検出限界で発表することで、その結果が矛盾を生むこともある。


“I don’t think the controversy is in the data, but in the interpretation of the data,” Buesseler said.
データに矛盾があるとは思わないのですが、データの解釈に矛盾が生まれるのです。」とビュッセラー氏。


This is a problem the new research group attempted to address in their study. Okamura and his colleagues first took data from Japan’s Ministry of Health, Labor and Welfare on radiocesium in aquatic food sources. This is one major type of radioactive contaminant released by the Fukushima disaster.
これが、新たな調査グループが研究に取り組もうとするときの問題点なのだ。オカムラ氏のグループはまず日本の厚生省の海産食品における放射性セシウムについてのデータを使用した。セシウムは、福島事故により放出された放射性汚染物質の主な汚染源である。


The researchers intended to perform a statistical analysis on all the data to evaluate the risks for different species and locations. But they noticed that many of the measurements were labeled “N.D.,” or “not detected,” meaning contamination could have been present but was not measured.
研究者グループは全てのデータについて、様々な魚種と地域のリスクを査定するために統計的分析を試みた。しかし、多くの測定値が「不検出」とされていたのだ。つまり汚染されているかもしれないけれども、測定はされなかった、ということ。


Having so many N.D. designations in the data could have reduced the precision of their results, the authors noted — so they came up with a solution. They developed a model that can be used to help fill in the blanks when there’s missing data by using data from similar species and locations to generate information.
多くの「不検出」というデータは正確さに欠ける可能性があるのだと著者は指摘している。そこで、解決策として同様の魚種と地域からのデータで不足を補い、情報を提供するというするモデルを開発した。


The researchers quantified risk by estimating the probability that a fish would contain a radiocesium content above a certain threshold. Radioactivity is measured in a unit known as “becquerels.” So for each species, the researchers calculated its risk of having a radiocesium content higher than 20 becquerels per kilogram, 50 becquerels per kilogram and 100 becquerels per kilogram.
研究者たちは、魚にある一定の閾値を超えるセシウムが含まれている可能性を推定することによりリスクを数値化した。放射性物質は「ベクレル」という単位で示される。そこで、各魚種に1kgあたり20ベクレル、50ベクレル、100ベクレル以上のセシウムが含まれるリスクを計算した。


For reference, the current designated safe level in Japan is 100 becquerels per kilogram — and this is among the lowest in the world. Prior to the Fukushima disaster, Japan’s official safe level was 500 becquerels per kilogram (it was lowered after the incident in order to reassure consumers that their food was being monitored closely). And in many other places around the world, the safe limit is set at 1,000 becquerels per kilogram or higher.
参考までに、現在の日本で安全だとされているレベルは1kgあたり100ベクレル。そしてこれは世界でも低いほうである。福島事故以前、日本の安全基準は1kgあたり500ベクレルだった。(これは事故後食物が厳密にモニタリングされているということを消費者に示すために下げられた)そして、世界中のほかの多くの場所で、安全基準が1kgあたり1000ベクレルやそれ以上だったりする。


After finally conducting their analysis, the research team found that the risk of cesium contamination around Fukushima has steadily decreased since 2011. Overall, they found that in all species and locations, the median probability of contamination higher than 100 becquerels per kilogram was nearly zero.
最終分析した後、この調査グループは福島周辺のセシウム汚染によるリスクは2011年以来着実に減少していることが分かった。全体的に全ての魚種、地域において1kgあたり100ベクレル以上の汚染の可能性はゼロに近かった。


There were some variations across species and location, though. In general, freshwater species were found to have a higher risk than marine species. This has to do with the physiology of freshwater fish, Okamura explained — they tend to discharge radiocesium from their bodies more slowly than ocean fish. In addition, bottom-dwelling fish with large bodies and long lives also generally exhibited a higher risk.
それでも魚種や地域によっての変動はある。一般的に淡水種は海洋種に比べてリスクが高いことが分かった。これは淡水魚の生理機能に関係があるのだとオカムラ氏は説明する。海洋魚よりゆっくりと体内からセシウムを排出する傾向があるのだ。更に海底に生息する体が大きく長命の魚は概して高いリスクを示していた。


Japanese white seaperch, for instance — a large, bottom-dwelling fish — had a probability of 0.45, or 45 percent, of having radiocesium concentration above 20 becquerels per kilogram and a 9 percent chance of having greater than 50 becquerels per kilogram, although just a 0.7 percent chance of greater than 100 becquerels per kilogram. And the freshwater Japanese eel had a 62 percent probability of a concentration above 20 becquerels per kilogram. (It’s worth noting that 20 becquerels per kilogram is still well within Japan’s standards for human safety.)
たとえばスズキは、大きくて水底に生息する魚であるが、1kgあたり20ベクレルを超えるセシウムを含んでいたのは45%、1kgあたり50ベクレル以上を含んでいたのは9%で、1kgあたり100kg以上を含んでいたのは0.7%だった。そして、淡水のうなぎの62%が1kgあたり20ベクレル以上検出された。(1kgあたり20ベクレルは日本の安全標準以内)


By comparison, the Japanese jack mackerel — a non bottom-dwelling fish — had a probability of less than two decillionths of having a concentration above 20 becquerels per kilogram. It’s an impossibly small probability already (imagine a decimal point with 32 zeroes behind it), and many times smaller for the probability of having a concentration higher than 100 becquerels per kilogram.
これと比べ、水底魚ではない日本のアジは、1kgあたり20ベクレル以上のセシウムを含んでいる可能性は20のマイナス33乗と少ない。小数点以下に32個の0が付くことを考えてれば、すでに可能性は少なく、まして1kgあたり100ベクレル以上のセシウムが検出される可能性はその何倍も低い。


One big takeaway from the research is that contamination around Fukushima seems to be declining faster than researchers have previously thought, Okamura noted. Radioactive material breaks down over time, so in the case of a nuclear disaster, a big concern is close monitoring to see how quickly the contamination is declining.
この調査から分かる最も重大なことは、福島周辺の汚染が研究者たちが以前考えていたよりも早いペースで減少しているようだということだ、とオカムラ氏。放射性物質は時間と共に崩壊していくので、原子力事故の場合の大きな関心事はどのくらいのスピードで汚染が減少していくかを綿密にモニタリングするということである。


As far as the safety of seafood around Japan is concerned, Okamura said he and his colleagues “were careful not to say whether seafoods are safe or dangerous while writing our paper,” noting that they preferred to leave it to individual consumers to decide whether they feel a food is dangerous, given the results of this study.
日本周辺の海産物の安全性に関して、オカムラ氏と同僚の研究者たちは「このレポートを書いている段階で安全か危険かどうかを言うことについては控えた。」と述べた。それぞれの消費者にこの研究の結果を見て危険かどうかの判断を委ねている。


However, the paper does conclude that the overall risk of contamination in the region’s fish is very low and in most cases has an extremely small chance of rising above Japan’s official safety limit — which is already far more cautious than most national standards throughout the rest of the world.
しかし、結論として、その地域の魚の汚染によるリスクは全体的にとても低く、日本の公式な安全制限(すでに世界でもかなり厳しい標準)を越える確率はとても低いと結んでいる。


Buesseler noted that more fisheries are likely to continue opening up around Japan as contamination risks continue to fall, although greater restrictions will likely remain on freshwater systems. But he added that continued careful monitoring of the region is still important.
ビュッセラー氏は汚染の危険性が減少し続けているので、淡水魚については更なる制限が続くであろうが、日本周辺の漁業は更に解禁になるであろう考えている。しかし、引き続きその地域を注意深くモニタリングすることが重要であるのだと述べた。


This study only looked at radiocesium, but there are other types of contamination that ought to be periodically assessed as well — a radioactive form of strontium, for instance, Buesseler pointed out. In general, concentrations of radiostrontium are much lower in the region’s marine ecosystem and are not thought to pose great risks, but it will be important to keep an eye on things in the future.
この研究は放射性セシウムだけを検証しているが、他の汚染源も定期的に査定されるべきである。例えば放射性ストロンチウムなのだと、ビュッセラー氏は指摘する。一般的にストロンチウムの濃縮はその地域の海洋生態システムではずっと低く、大きな危険性があるとは考えられていないが、将来これに注目し続けることは重要であろう。


As Buesseler pointed out, water leaks at the damaged Fukushima plant have continued leaching radioactive water into the environment since 2011, so the levels of contamination in the area may still be fluctuating. “We have to be diligent to continue to monitor this,” he said.
ビュッセラー氏が指摘したように、福島原発からもれた汚染水は2011年以来環境に浸出し続けているので、周辺の汚染レベルはいまだに上下している。「引き続き入念にモニタリングしなければならない。」と彼は話す。


And when it comes to monitoring, all the trouble with the “not detected” data designations has prompted the authors of the new study to recommend data collection plans with reduced detection limits in the future — a suggestion Buesseler also agrees with. As the authors note, gathering many measurements with high detection levels may not actually be as valuable as collecting fewer measurements with low detections levels, which give scientists a better of idea of the true state of the environment.
そして、モニタリングに関して言えば、「不検出」というデータの問題点により、この新しい研究の著者は、これからは検出限界を低くしたデータの収集を推奨しており、ビュッセラー氏もこれに賛同する。著者が考えているように、検出限界の高い測定を多く集めることが、ほとんどない検出限界の低い測定データの収集と同様に価値があるとは言えず、検出限界を下げることで、科学者たちが環境の真の状況を更に正確に考察することができるのだ。


And that’s important for communicating accurate and up-to-date information to a worried public, even five years after the accident. “We’ve done a poor job communicating to the public, who are concerned, when they should be and when they don’t have to be,” Buesseler said. “And this data addresses the latter — how quickly things have gotten better, at least in the seafood.”
そして、事故から5年経っていても、不安に思っている人々に正確な最新の情報を伝えることが重要である。「私たちは、心配している人々に対して、心配するべき時としなくてもよい時に、(正しい情報の)伝え方が良くなかったのです。」とビュッセラー氏。「そして、このデータが、その後者(心配しなくてもよい)をあらわしているのです。少なくとも海産物について言えば、状況がどのくらい早く改善されているのかということを。


But, he noted, it’s also important to relay to the public that Fukushima is not out of the woods yet. Discussions surrounding the plant tend to skew very dire or very optimistic, he pointed out. The reality is that things are still “somewhere in the middle between those extremes.”
しかし、福島の問題がなくなったわけではないことを人々に伝えることも重要だと彼は言います。原発を巡っての議論は、物凄く悲惨であったり、物凄く楽観的であるようにゆがめられているのだとビュッセラー氏は指摘します。現実は依然として「それらの極端の意見のどこか中間的なところにある」のだと。





そもそも1キロあたり100ベクレル以下が安全だ、ということ自体がいかがわしすぎるので、

100ベル以下である可能性が低いのでリラックスしようよ、と言われても。。。

検出限界を1キロあたりせめて1ベクレルまで下げ、

検査結果を全て表示してあれば、それぞれが、それぞれに判断することができるでしょうに。

セシウムだけを調べて、5年間垂れ流しだったストロンチウムの検査結果があまりにも少ないのも

安全神話を作るにしても、かなり落ち度があるのではないかと・・・



いずれにしても、5年経って、周辺のセシウムの値が減少していることだけはGOOD NEWSですね!

予測どおり。。。ということで・・・5年後、北太平洋放射能汚染が均一に。。

その分西海岸の濃度はあがってくる、ということです。。。


ocean 2014 2015


海はゴミ箱ではありません!!

拡散するにも限度があるでしょうに。。。


もう、これ以上止められるものは止めましょう!!!





クジラの大量死と有毒化学物質

 2016-02-12
guardian_logo.jpg


Toxic chemicals found in beached pilot whales in Scotland
スコットランドのゴンドウクジラから有毒化学物質が発見される


Scientists find levels of mercury and cadmium in the whales’ brains increased with age
科学者たちが鯨脳内の水銀とカドミウムのレベルは年齢に応じて増加していることを発見


Severin Carrell
Thursday 11 February 2016

Scientists have found clear evidence that whales are absorbing high levels of toxic heavy metals, with cadmium found in the brains of pilot whales which washed up in Scotland.
鯨が高レベルの有毒重金属を吸収していることが、スコットランドで打ち上げられたゴンドウクジラたちの脳からカドミウムが見つかったことから、科学者たちによって明らかに証明されました。

whale.jpg


Chemists at the University of Aberdeen said they had found cadmium in all the organs of adult long-finned pilot whales which stranded in 2012, including their brain.
アバディーン大学の化学者は、2012年に座礁したヒレナガゴンドウクジラたちの脳を含む全ての内臓からカドミウムが見つかったと話しました。


The research shows for the first time that cadmium – known to pass into the brains of infant and unborn whales - had also passed across the so-called blood-brain barrier in adult whales.
クジラの子供と胎児の脳に移行すると考えられていたカドミウムが大人のクジラのいわゆる血液脳関門へも移行していたことがそのリサーチから初めて示されました。


They said their findings also suggested that mercury concentrations could be increasing high enough in the seas “to lead to additional toxic stress in the long-lived marine mammals”, with higher concentrations increasing with age.
水銀の濃度が長命の海洋哺乳類に過度の有毒ストレスをあたえるに十分なほどまでに増加していると考えられ、しかも年齢と共にその濃度が増加しているとも述べました。


The team, lead by Dr Eva Krupp, an environmental analytical chemist, tested the remains of 21 long-finned pilot whales which died in a mass grounding between Anstruther and Pittenweem in Fife in September 2012.
このリサーチチームは環境分析化学者であるエヴァ・クルップ博士が率い、2012年9月にファイフのアンストゥルーサーとピッテンウィーム間に集団座礁した21頭のヒレナガゴンドウクジラの遺体を検査したのです。


There have been a series of recent whale strandings, with the most dramatic in the UK taking place in Norfolk in January and early February. Six sperm whales washed up over a series of days along beaches in East Anglia, in a stranding linked to other recent groundings by sperm whales in Germany and France. Cetacean experts are currently testing samples to investigate possible reasons why.
最近でも、1月と2月初旬にイギリスのノーフォークで起きたもっとも劇的なものなど、一連のクジラの座礁が見られています。6頭のマッコウクジラが東アングリアの海岸沿いに次々に打ち上げられ、ドイツとフランスで最近打ち上げられたマッコウクジラの座礁と関連づけられました。クジラ目の専門家たちは、現在その理由についてサンプルを検査しています。


UK whale


“We were able to gather an unprecedented number of tissue samples from all the major organs including the brain and as a result we can see for the first time the long term effects of mammalian exposure to the environmental pollutants,” Krupp said of the whales that stranded in 2012.
「私たちは脳を含む主要な内蔵から前代未聞の数の組織サンプルを集めることができ、その結果として今回初めて環境汚染物質にさらされている哺乳類に長期にわたり与える影響を見ることができたのです。」


“This pod of whales provides unique new insights because we were able to look at the effects on a large number of whales from the same pod and how this varied according to age.”
「クジラの小群から、独特な新しい洞察を得ることができました。同じ小群からの多くのクジラたちに与える影響、そしてそれが年齢によってどのように違っているのかということを見ることができたからです。」


Stranded Whales


The university said that in three of the whales aged nine years or older, the mercury concentrations were higher than the toxic levels which would cause severe neurological damage in humans.
大学によると、3頭のクジラは9歳かそれ以上で、水銀の濃度が人間の神経に与える深刻なダメージのレベルよりも高かったとのこと。


The industrial revolution and the use of mercury in gold-mining have greatly increased mercury concentrations in the seas, leading to their absorption by marine species.
工業革命と金の産出に使う水銀は海洋の水銀濃度を大幅に高めてきました。そしてそれが海洋生物たちに吸収されることになっていったのです。


“As well as an increased concentration of mercury in the brain as the whales become older, we see a similar effect with cadmium, which has not been previously reported,” Krupp added.
「クジラが年齢を重ねるごとに、脳内の水銀の濃度が上がるのとともに、同じような現象がカドミウムにも見られました。これは以前報告されてこなかったものです。」とクルップ博士。


“It is known that cadmium can penetrate the blood brain barrier in the new-born or developmental stages but it was not thought to do so in adults. Our findings are significant because we can demonstrate for the first time that cadmium is in the brain tissue and that its levels increase with age.
「カドミウムは生まれたときや発達中に血液脳関門へ浸透するものとして知られていますが、成人でそのようなことが起こるとは考えられていませんでした。今回初めてカドミウムが脳の組織に存在し、そのレベルが年齢と共に増加するということを示すことができたことはきわめて重要な発見なのです。」


“Although the body has a natural defence mechanism in the form of the element selenium, which detoxifies these harmful chemicals, we found that the majority of selenium is not available for the synthesis of essential proteins in older animals. This indicates that the longer mammals live, the less able they may be to cope with the toxic effects.”
「体にはセレンという元素による自然防御メカニズムがあり、このような有害な化学物質を解毒するのですが、セレンの多くが年をとった動物の必須蛋白質統合体には利用されていないことがわかりました。このことは、長く生きている哺乳類ほど有害なものに対応する能力が落ちているということを示唆しているのです。」


“So far, we have no indication that the mercury and cadmium levels in the brain cause disorientation, which in some cases can lead to strandings, but there is a potential for higher stress in these iconic animals due to rising toxic metal concentration in the oceans,” Dr Krupp added.
「今のところ水銀とカドミウムが座礁を導く可能性もありうるとされる方向感覚の喪失を引き起こすということは示されていませんが、海中の有害金属の濃度が上昇するために、これらの動物たちの体内にストレスが高まる可能性はあります。」とクルップ博士は付け加えました。


“More research is needed to investigate whether this is a factor in strandings, particularly where other explanations such as illness or weather events cannot be found.”
「これが座礁の要因であるかどうかを調査するには更なる研究が必要です。病気や気候の事象などのようなほかの説明が見つからない限りは。」





福島の原発事故の後、あらゆる海洋生物の大量死、集団座礁が取りざたされ続けてきました。

私自身がそうであったように、福島からの放射性物質流出を原因として疑う傾向も多く見られますが、明らかにこれらの現象を証明できるレベルはまだ報告されていません。


放射性物質汚染が今起きている海の悲劇に貢献していることは十分に考えられます。

ただ、いろいろ調べていくうちに、海、大地、空気がありとあらゆる有害物質に汚染されているという現実を突きつけられました。

今は、放射性物質だけが原因だという傾向には大きな疑問と危険も感じます。



経済発展のために産業を発達させ、その分海はカドミウムや水銀他、様々な化学物質に汚染され続け

認められているだけでもイタイイタイ病や水俣病として人間にも循環しました。



止められない福島からの海洋汚染や、世界中の核施設、核廃棄物施設からの放射能汚染。


地球と、そこで生きている生物を汚し続けるブラック業界を責める一方で、

ありとあらゆる「便利な」工業製品、工業食品を消費し、その仕組みに貢献し続けていませんか?

industrial food


カドミウムはプラスティックにも使われています。

止められないのは、ブラック業界なのではなく、


私たちの「便利」依存症なのかもしれません。

plasticwoes.jpg


まずは、自分がそれを止める行動を始めることが、


自分が求める世界の実現へと


family-farm-huffingtonpost.jpg
15 Simple Steps To Escaping The Rat Race And Becoming Self-Sufficient

確実に導いてくれるはずです。



奇形植物からのメッセージ

 2015-07-27
independent_logo.jpg

Mutant daisies found near Fukushima nuclear disaster may have nothing to do with radiation
福島原発事故現場近くの突然変異のマーガレットは放射能とは全く関係ないかも・・


LIZZIE DEARDEN Thursday 23 July 2015

Horticultural experts believe they may have undergone 'fasciation'
園芸専門家たちは帯化現象が起こっていると考えている。


The strange discovery of mutated flowers near the site of the Fukushima nuclear disaster may have nothing to do with radiation at all, experts have claimed.
福島原発事故現場近くで見つかった突然異変を起こした花の奇妙な発見は放射能とは全く関係ないかもしれないと、専門家たちは主張しました。


Many people dismissed photos of the daisies as fake when they emerged on social media but botanical experts say there is a logical explanation for their bizarre appearance.
そのマーガレットの写真がソシアルメディアに現れると、多くの人たちが偽者だと退けましたが、植物専門家たちはこの奇怪な形には論理的に説明がつくのだと言います。


A Twitter user called San Kaido photographed the flowers in Nasushiobara city in May, showing them with multiple stems, conjoined centres and oddly-shaped petals.
三悔堂 というツイッター主は5月に那須塩原の花の写真をとりました。複数の中心で結合している茎や、奇妙な形の花弁です。





A tweet described: “The right one grew up, split into two stems to with two flowers connected to each other, with four stems of flowers tied belt-like.

“The left one has four stems that grew up to be tied to each other and it had a ring-shaped flower.”


The radiation level near the daisies was measured at “0.5 μSv/h at 1m above the ground”, deemed slightly above normal but to be safe for habitation.
マーガレットが咲いていた付近の地上1mで0.5 μSv/h、というのは、通常より少し高めとかんがえられていますが、居住するのに安全です。


Guy Barter, the Royal Horticultural Society’s (RHS) chief horticultural advisor, said the images were consistent with a phenomenon known as “fasciation” found around the world.
ロイヤル園芸協会の園芸アドバイザー長であるガイ・バーター氏は、この写真が世界中で見られる「帯化現象」として知られている現象と一致していると話しました。


He told The Independent: “It’s likely to be just random mutation - we get lots of examples of fasciation sent to the RHS every year - but, of course, it’s not possible for us to say for certain if there is a link to radiation.
彼はインディペンデント紙に、「たまに起こる突然変異のようです。協会にはたくさんの帯化現象の例が毎年送られてきます。といっても、もちろん放射能と関係がある可能性が絶対にない、と言うことはできませんが。」


“To be sure, one would have to examine the incidence in terms of numbers and area and any excess radiation present and do this over several years I suspect."
「確かめるには、数、地域、高レベルの放射能汚染という見地から何年も調べなければならないでしょう。」

 調べましょうよ!


Fasciation causes an abnormal number or shape of flowers, leaves or stems and can be caused by genetic mutation, bacteria, viral infections, physical damage or radiation.
帯化現象は異常な数の花、葉、茎を引き起こし、遺伝上の突然異変、細菌、ウィルスの感染、外傷や放射能が原因である可能性があります。


The disaster at the Fukushima I Nuclear Power Plant, caused by the 2011 earthquake and tsunami in Japan, was the worst since Chernobyl.
福島第一原発の事故は2011年の地震と津波により起こり、チェルノブイリ事故以来最悪のものでした。


Hundreds of thousands of people fled their homes as radiation escaped into the atmosphere and water when three of its six reactors went into meltdown.
6つの原子炉のうちの3つがメルトダウンしたときに放射能が大気中や水に放出されたため、何百、何千人もの人々が家を追われたのです。


No deaths have yet been recorded as a direct result of the disaster, which was classed as a level seven “major accident” on the International Nuclear Event Scale.
事故が直接の原因としての死亡は今のところ記録されていませんが、国際原子力事故の規模としては「大事故」であるレベル7とみなされました。



national_Geographic_logo.jpg

Are ‘Mutated’ Daisies Really Caused by Fukushima Radiation?
「突然変異」のマーガレットは本当に福島の放射能が原因か?


Radiation from damaged power plant may be responsible for odd flowers, but there could be other forces at work.
事故を起こした原発からの放射能が奇妙な花の原因かもしれないが、他の事が影響している可能性も。


By Brian Clark Howard, National Geographic
PUBLISHED JULY 23, 2015

A picture of malformed daisies uploaded to Twitter from Japan is going viral, causing many people to speculate that radiation from the damaged Fukushima nuclear power plant, which was rocked by a 2011 tsunami is to blame for the oddity.
日本から奇形のマーガレットの写真がツイッターで流れ、多くの人が事故を起こした福島原発からの放射能に考えをめぐらせることになりました。津波で打ちのめされた原発がこの奇妙な現象の原因と疑われているのです。






“Frightening. Fukushima daisies go viral as nuclear radiation is blamed for deformities,” one twitter user noted.
「脅威。福島のマーガレットが放射能のせいで奇形したとして話題に。」とツイッターでつぶやいた人がいました。


But plant scientists aren’t so sure. It’s possible the radiation could be involved, but there are a number of other explanations as well, they say.
しかし植物学者たちはそれほど確信がありません。放射能が関係している可能性もありますが、他にも多くのことで説明がつくのだとも言います。


Twitter user @san_kaido first shared the picture in late May, from Nasushiobara City. That’s about 108 miles (173 kilometers) southwest of the Fukushima Daiichi power plant, which was disabled by the March 2011 tsunami and leaked radiation into the environment.
ツイッター主の三悔堂が最初5月の下旬に塩原市からのその写真をシェアーしました。2011年3月に津波で破壊され環境に放射能を漏らした福島第一原発から173kmのところです。


The radiation at the site where the stretched-looking Shasta daisies were photographed was 0.5 μSv/h, wrote @san_kaido, an account set up in the Tochigi Prefecture Nasu district to disseminate information about radiation and Fukushima. That might sound scary, but that level is considered only slightly above normal and is classified as safe for “medium to long term habitation.”
伸びたように見えるマーガレットの写真が撮られた場所の放射能レベルは毎時0.5マイクロシーベルトだと、放射能の福島についての情報を広めるために作られたアカウントの主、三悔堂は書いていますが、このレベルは通常よりわずかに高いと考えられる位で、「中期から長期居住」には安全だと分類されています。


It’s possible the flower deformity could have been induced by radiation, says Jeffrey J. Doyle, a professor of plant biology at Cornell University. However, “this is a pretty common mutation in daisies that I’ve seen sporadically in various places not associated with radioactivity,” he says.
花の奇形は放射能が原因だという可能性もある、とコーネル大学の植物生物学のジェフリー・ドイル教授は話します。しかしながら、「これはマーガレットには珍しくない突然変異で、放射能汚染とは関連のないいろいろな場所で散在的に見てきた。」とも言います。


There are many factors that can cause the oddity, Doyle says, from chemicals to diseases, a hormone imbalance, or random mutations to inherited genes. This particular malformation has been seen in numerous species of the world’s 20,000 members of the daisy family, from Holland to Idaho.
この奇妙な現象にはいくつかの要因が考えられるのだとドイル氏は言います。化学物質から疾病、ホルモンのアンバランス、確率的な変異から受け継がれた遺伝子など。オランダからアイダホにいたるまで、世界中の2万種に及ぶキク科の植物に特定の奇形が見られます。


He's not ruling out a role for Fukushima: “It wouldn’t surprise me to find mutations of all types, including this one, in places that have higher than average levels of mutagenic agents, such as a radioactive site or toxic waste dump.”
彼は福島が原因であるということを除外はしていません。「これを含めて、放射能汚染されている場所や有毒廃棄物投棄所などのような、平均以上のレベルの突然変異誘発物のある場所であらゆるタイプの変異が見つかるのは驚くことではありません。」


But this single plant is not enough to make a connection. If many other plants were found in the immediate area with mutations, that would provide more evidence of a possible link, he says.
ただ、たった一つの植物というのは関連付けるのに十分ではありません。変異のあったすぐ近くの地域で他の多くの植物が見つかれば、その関連性の更なる証拠となるだろう、と彼は言います。


Even if radiation levels were 10 times what was reported at the site, “the dose rate would be highly unlikely to induce a significantly higher level of mutations,” says Edwin Lyman, a senior scientist with the Union of Concerned Scientists. “But at areas closer to the release site, local dose rate levels were much higher at the time of the accident and possibly could have caused high additional mutation rates in flora in highly contaminated areas.”
仮に今回報告された場所が10倍の放射能レベルだとしても、「その被曝量は変異を引き起こすほど著しく高いレベルではありません。」と憂慮する科学者同盟のベテラン科学者であるエドウィン・ライマン氏は話します。「しかし放射能漏れに近いところでは事故当時かなり高いレベルの被曝量で、高汚染地域では植物により多くの変異を引き起こす可能性は高いでしょう。」


"Not That Rare"
「そんなに珍しくない」



Beth Krizek, a plant biologist at the University of South Carolina, agrees that radiation is a possible cause of the flower oddity, but says there are many other possible explanations.
南キャロライナ大学の植物生物学者であるベス・クリチェク氏は、放射能が花の変異の原因になりうることに同意していますが、他にもいろいろ考えられることがあるとも言います。


“It’s not that rare,” Krizek says of the odd daisies. “You could occasionally see this just in plants growing in your garden.”
「それほど珍しいことではないのです。自分の庭で育つ植物にもたまに見ることもあるでしょう。」


That being said, it’s likely that the nuclear disaster has been impacting wildlife in Japan, scientists reported in the Journal of Heredity in 2014. As in the aftermath of the Chernobyl nuclear disaster in 1986, scientists have observed higher mortality rates among birds, insects, and plants in the immediate vicinity of the radioactive leaks.
そうはいっても、日本の野生生物に原発事故が影響しているようだと、科学者たちが2014年に遺伝情報誌で発表しました。1986年のチェルノブイリ事故の後に放射能汚染された近隣では、科学者たちが鳥類、昆虫、植物に高い死亡率を観察しているのです。





dandilion.jpg

うちの近くの空き地で見つけたたんぽぽ。


stanley.jpg

これは、バンクーバーのスタンレーパークのトレイルで見つけたマーガレット。


ほか、バンクーバーで見つけられた奇形植物はこちら



甲状腺がんが増えたのは被曝の影響とは言いにくい。

心臓疾患が増えたことには被曝のひ、も言及されない。

だらだら病はなまけもの。


わずかな可能性でさえも大きく否定されている被曝の影響。


そもそも

放射能汚染が原因でなければ、奇形しても「普通」なのでしょうか???

放置してよいのでしょうか???


海洋生物の大量死も、

突然死、発癌、その他いろいろな疾病の増加も

世界中で起きているいろいろな異変は

放射能汚染だけでなく、

人間が作り出してしまった毒性産物が複雑に絡み合っての現象。



これはもはや

誰かを批判したり、打倒したり

ということでは解決されません。


脱原発も安全保障関連法案廃案も始まりに過ぎないのです。

声を上げることも大事。

NOといえるようになった日本人は素敵。



でも、同時に、一瞬一瞬の小さな決断と行動を積み重ねていくことが、

そしてそれを一生続け、子供たちに受け継いでいくことが

今一番大事だと

そう思えてしかたありません。


そんな意識と覚悟があれば、


きっと1つ1つの「声」に

批判ではなく、優しく揺るがない「力」が宿るような、

そんな気がします。






≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 20歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 17歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 8歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。