スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島事故5年後のSEAFOOD

 2016-03-12
washington_post_logo.jpg


With Fukushima’s fifth anniversary approaching, we can probably start to relax about radioactive seafood
福島5周年を迎えるにあたり、海産物放射性物質汚染について気をぬけるのか

Chelsea Harvey February 29

March 11 will mark the five-year anniversary of the Fukushima Daiichi disaster, a series of nuclear meltdowns, triggered by a devastating earthquake-induced tsunami, that released massive amounts of radioactive material and resulted in the largest nuclear disaster since Chernobyl. Since then, the plant’s damaged drainage system has continued to leak radioactive water into the environment, and one of the biggest enduring public concerns has been the safety of fish caught in the area’s surrounding waters.
3月11日で一連のメルトダウンを起こして大量の放射性を放出し、チェルノブイリ事故以来最大の放射能災害となった福島第一原発事故が起こって5年経つことになる。それ以来、損傷した廃水システムから環境へ放射性汚染水が漏れ続け、周辺で取れる魚の安全性は、人々の尽きることのない懸念となっている。


Now, with the fifth anniversary approaching, new research may allow the public to breathe a little easier over the state of its seafood. A study published Monday in Proceedings of the National Academy of Sciences indicates that the overall risk of contamination in fish around Japan is quite low — with a few notable exceptions.
いま、5年目の節目を迎えるにあたり、海産物の状況について人々が一息つけるかもしれないことを伺わせる新しい調査が発表された。米国科学アカデミーの会報に、日本周辺の魚の汚染による危険性は、いくつかの顕著な例外はあるにしろ、全体的にかなり低いことを示していたのだ。


fish.jpg


“Highly contaminated foods attract people’s attention,” the new paper’s lead author, Hiroshi Okamura, a researcher with the National Research Institute of Fisheries Science in Japan, said by email. “Some people cry not to eat seafoods and other people argue many foods are not dangerous.”
「高い汚染の食べ物は人々の注意を引きます。」中央水産研究所の研究者であるこの研究の著者、オカムラ・ヒロシ氏はEメールで述べている。「海産物は食べるべきではないと主張する人もいれば、多くの食べ物が危険ではないのだと議論する人もいます。」


In fact, the authors note in their paper that conflicting reports have been released over the past few years on the contamination of fish in Japanese waters, with some arguing that the concentration of radioactive material had declined rapidly since 2011 and other arguing that it had hardly declined at all. “These contradictory statements must confuse the general public,” the authors wrote.
実際に、この報告の中でその著者は日本の魚の汚染について相反する報告が過去数年にわたり発表されていることも記している。ある報告では2011年以来、放射性物質の濃縮が迅速に減少していると述べ、他のレポートではほとんど減少していないのだと議論している。「これらの矛盾は一般市民を混乱させているに違いない。」と著者は書いている。


The confusion comes from variations in the way different studies collect data on radiation contamination, said Ken Buesseler, a senior scientist at the Woods Hole Oceanographic Institution, who was not a part of the new study. Different data collection methods have different “detection limits” when it comes to radioactive material, or the threshold above which the researchers can detect and record contamination. A high detection limit, for instance, will only detect radioactive content above a certain level, typically a level that’s relevant for human health concerns.
その混乱は様々な研究により放射能汚染のデータの集められてる方法が異なることからくるだとウッズ・ホール海洋研究所の科学者であるケン・ビュッセラーは話す。彼はこの新しい研究にはかかわっていないが。放射性物質についていうと、それぞれのデータ収集にはそれぞれの「検出限界」、研究者が検出でき、汚染を記録することのできるそれぞれの閾値がある。例えば高い検出限界だと人間の健康にかかわる、ある程度以上の放射性物質しか検出しない。


Bur having such high detection limits also means that the public is not getting the whole picture of how quickly contamination in the region is dissipating — and when different research groups publish studies using different detection limits, the results can sometimes appear contradictory.
しかし、そのような検出限界は、ある地域でどのくらいの速さで汚染が拡散しているのかの全体像を把握することができないということでもある。そして、それぞれの研究者のグループがそれぞれの検出限界で発表することで、その結果が矛盾を生むこともある。


“I don’t think the controversy is in the data, but in the interpretation of the data,” Buesseler said.
データに矛盾があるとは思わないのですが、データの解釈に矛盾が生まれるのです。」とビュッセラー氏。


This is a problem the new research group attempted to address in their study. Okamura and his colleagues first took data from Japan’s Ministry of Health, Labor and Welfare on radiocesium in aquatic food sources. This is one major type of radioactive contaminant released by the Fukushima disaster.
これが、新たな調査グループが研究に取り組もうとするときの問題点なのだ。オカムラ氏のグループはまず日本の厚生省の海産食品における放射性セシウムについてのデータを使用した。セシウムは、福島事故により放出された放射性汚染物質の主な汚染源である。


The researchers intended to perform a statistical analysis on all the data to evaluate the risks for different species and locations. But they noticed that many of the measurements were labeled “N.D.,” or “not detected,” meaning contamination could have been present but was not measured.
研究者グループは全てのデータについて、様々な魚種と地域のリスクを査定するために統計的分析を試みた。しかし、多くの測定値が「不検出」とされていたのだ。つまり汚染されているかもしれないけれども、測定はされなかった、ということ。


Having so many N.D. designations in the data could have reduced the precision of their results, the authors noted — so they came up with a solution. They developed a model that can be used to help fill in the blanks when there’s missing data by using data from similar species and locations to generate information.
多くの「不検出」というデータは正確さに欠ける可能性があるのだと著者は指摘している。そこで、解決策として同様の魚種と地域からのデータで不足を補い、情報を提供するというするモデルを開発した。


The researchers quantified risk by estimating the probability that a fish would contain a radiocesium content above a certain threshold. Radioactivity is measured in a unit known as “becquerels.” So for each species, the researchers calculated its risk of having a radiocesium content higher than 20 becquerels per kilogram, 50 becquerels per kilogram and 100 becquerels per kilogram.
研究者たちは、魚にある一定の閾値を超えるセシウムが含まれている可能性を推定することによりリスクを数値化した。放射性物質は「ベクレル」という単位で示される。そこで、各魚種に1kgあたり20ベクレル、50ベクレル、100ベクレル以上のセシウムが含まれるリスクを計算した。


For reference, the current designated safe level in Japan is 100 becquerels per kilogram — and this is among the lowest in the world. Prior to the Fukushima disaster, Japan’s official safe level was 500 becquerels per kilogram (it was lowered after the incident in order to reassure consumers that their food was being monitored closely). And in many other places around the world, the safe limit is set at 1,000 becquerels per kilogram or higher.
参考までに、現在の日本で安全だとされているレベルは1kgあたり100ベクレル。そしてこれは世界でも低いほうである。福島事故以前、日本の安全基準は1kgあたり500ベクレルだった。(これは事故後食物が厳密にモニタリングされているということを消費者に示すために下げられた)そして、世界中のほかの多くの場所で、安全基準が1kgあたり1000ベクレルやそれ以上だったりする。


After finally conducting their analysis, the research team found that the risk of cesium contamination around Fukushima has steadily decreased since 2011. Overall, they found that in all species and locations, the median probability of contamination higher than 100 becquerels per kilogram was nearly zero.
最終分析した後、この調査グループは福島周辺のセシウム汚染によるリスクは2011年以来着実に減少していることが分かった。全体的に全ての魚種、地域において1kgあたり100ベクレル以上の汚染の可能性はゼロに近かった。


There were some variations across species and location, though. In general, freshwater species were found to have a higher risk than marine species. This has to do with the physiology of freshwater fish, Okamura explained — they tend to discharge radiocesium from their bodies more slowly than ocean fish. In addition, bottom-dwelling fish with large bodies and long lives also generally exhibited a higher risk.
それでも魚種や地域によっての変動はある。一般的に淡水種は海洋種に比べてリスクが高いことが分かった。これは淡水魚の生理機能に関係があるのだとオカムラ氏は説明する。海洋魚よりゆっくりと体内からセシウムを排出する傾向があるのだ。更に海底に生息する体が大きく長命の魚は概して高いリスクを示していた。


Japanese white seaperch, for instance — a large, bottom-dwelling fish — had a probability of 0.45, or 45 percent, of having radiocesium concentration above 20 becquerels per kilogram and a 9 percent chance of having greater than 50 becquerels per kilogram, although just a 0.7 percent chance of greater than 100 becquerels per kilogram. And the freshwater Japanese eel had a 62 percent probability of a concentration above 20 becquerels per kilogram. (It’s worth noting that 20 becquerels per kilogram is still well within Japan’s standards for human safety.)
たとえばスズキは、大きくて水底に生息する魚であるが、1kgあたり20ベクレルを超えるセシウムを含んでいたのは45%、1kgあたり50ベクレル以上を含んでいたのは9%で、1kgあたり100kg以上を含んでいたのは0.7%だった。そして、淡水のうなぎの62%が1kgあたり20ベクレル以上検出された。(1kgあたり20ベクレルは日本の安全標準以内)


By comparison, the Japanese jack mackerel — a non bottom-dwelling fish — had a probability of less than two decillionths of having a concentration above 20 becquerels per kilogram. It’s an impossibly small probability already (imagine a decimal point with 32 zeroes behind it), and many times smaller for the probability of having a concentration higher than 100 becquerels per kilogram.
これと比べ、水底魚ではない日本のアジは、1kgあたり20ベクレル以上のセシウムを含んでいる可能性は20のマイナス33乗と少ない。小数点以下に32個の0が付くことを考えてれば、すでに可能性は少なく、まして1kgあたり100ベクレル以上のセシウムが検出される可能性はその何倍も低い。


One big takeaway from the research is that contamination around Fukushima seems to be declining faster than researchers have previously thought, Okamura noted. Radioactive material breaks down over time, so in the case of a nuclear disaster, a big concern is close monitoring to see how quickly the contamination is declining.
この調査から分かる最も重大なことは、福島周辺の汚染が研究者たちが以前考えていたよりも早いペースで減少しているようだということだ、とオカムラ氏。放射性物質は時間と共に崩壊していくので、原子力事故の場合の大きな関心事はどのくらいのスピードで汚染が減少していくかを綿密にモニタリングするということである。


As far as the safety of seafood around Japan is concerned, Okamura said he and his colleagues “were careful not to say whether seafoods are safe or dangerous while writing our paper,” noting that they preferred to leave it to individual consumers to decide whether they feel a food is dangerous, given the results of this study.
日本周辺の海産物の安全性に関して、オカムラ氏と同僚の研究者たちは「このレポートを書いている段階で安全か危険かどうかを言うことについては控えた。」と述べた。それぞれの消費者にこの研究の結果を見て危険かどうかの判断を委ねている。


However, the paper does conclude that the overall risk of contamination in the region’s fish is very low and in most cases has an extremely small chance of rising above Japan’s official safety limit — which is already far more cautious than most national standards throughout the rest of the world.
しかし、結論として、その地域の魚の汚染によるリスクは全体的にとても低く、日本の公式な安全制限(すでに世界でもかなり厳しい標準)を越える確率はとても低いと結んでいる。


Buesseler noted that more fisheries are likely to continue opening up around Japan as contamination risks continue to fall, although greater restrictions will likely remain on freshwater systems. But he added that continued careful monitoring of the region is still important.
ビュッセラー氏は汚染の危険性が減少し続けているので、淡水魚については更なる制限が続くであろうが、日本周辺の漁業は更に解禁になるであろう考えている。しかし、引き続きその地域を注意深くモニタリングすることが重要であるのだと述べた。


This study only looked at radiocesium, but there are other types of contamination that ought to be periodically assessed as well — a radioactive form of strontium, for instance, Buesseler pointed out. In general, concentrations of radiostrontium are much lower in the region’s marine ecosystem and are not thought to pose great risks, but it will be important to keep an eye on things in the future.
この研究は放射性セシウムだけを検証しているが、他の汚染源も定期的に査定されるべきである。例えば放射性ストロンチウムなのだと、ビュッセラー氏は指摘する。一般的にストロンチウムの濃縮はその地域の海洋生態システムではずっと低く、大きな危険性があるとは考えられていないが、将来これに注目し続けることは重要であろう。


As Buesseler pointed out, water leaks at the damaged Fukushima plant have continued leaching radioactive water into the environment since 2011, so the levels of contamination in the area may still be fluctuating. “We have to be diligent to continue to monitor this,” he said.
ビュッセラー氏が指摘したように、福島原発からもれた汚染水は2011年以来環境に浸出し続けているので、周辺の汚染レベルはいまだに上下している。「引き続き入念にモニタリングしなければならない。」と彼は話す。


And when it comes to monitoring, all the trouble with the “not detected” data designations has prompted the authors of the new study to recommend data collection plans with reduced detection limits in the future — a suggestion Buesseler also agrees with. As the authors note, gathering many measurements with high detection levels may not actually be as valuable as collecting fewer measurements with low detections levels, which give scientists a better of idea of the true state of the environment.
そして、モニタリングに関して言えば、「不検出」というデータの問題点により、この新しい研究の著者は、これからは検出限界を低くしたデータの収集を推奨しており、ビュッセラー氏もこれに賛同する。著者が考えているように、検出限界の高い測定を多く集めることが、ほとんどない検出限界の低い測定データの収集と同様に価値があるとは言えず、検出限界を下げることで、科学者たちが環境の真の状況を更に正確に考察することができるのだ。


And that’s important for communicating accurate and up-to-date information to a worried public, even five years after the accident. “We’ve done a poor job communicating to the public, who are concerned, when they should be and when they don’t have to be,” Buesseler said. “And this data addresses the latter — how quickly things have gotten better, at least in the seafood.”
そして、事故から5年経っていても、不安に思っている人々に正確な最新の情報を伝えることが重要である。「私たちは、心配している人々に対して、心配するべき時としなくてもよい時に、(正しい情報の)伝え方が良くなかったのです。」とビュッセラー氏。「そして、このデータが、その後者(心配しなくてもよい)をあらわしているのです。少なくとも海産物について言えば、状況がどのくらい早く改善されているのかということを。


But, he noted, it’s also important to relay to the public that Fukushima is not out of the woods yet. Discussions surrounding the plant tend to skew very dire or very optimistic, he pointed out. The reality is that things are still “somewhere in the middle between those extremes.”
しかし、福島の問題がなくなったわけではないことを人々に伝えることも重要だと彼は言います。原発を巡っての議論は、物凄く悲惨であったり、物凄く楽観的であるようにゆがめられているのだとビュッセラー氏は指摘します。現実は依然として「それらの極端の意見のどこか中間的なところにある」のだと。





そもそも1キロあたり100ベクレル以下が安全だ、ということ自体がいかがわしすぎるので、

100ベル以下である可能性が低いのでリラックスしようよ、と言われても。。。

検出限界を1キロあたりせめて1ベクレルまで下げ、

検査結果を全て表示してあれば、それぞれが、それぞれに判断することができるでしょうに。

セシウムだけを調べて、5年間垂れ流しだったストロンチウムの検査結果があまりにも少ないのも

安全神話を作るにしても、かなり落ち度があるのではないかと・・・



いずれにしても、5年経って、周辺のセシウムの値が減少していることだけはGOOD NEWSですね!

予測どおり。。。ということで・・・5年後、北太平洋放射能汚染が均一に。。

その分西海岸の濃度はあがってくる、ということです。。。


ocean 2014 2015


海はゴミ箱ではありません!!

拡散するにも限度があるでしょうに。。。


もう、これ以上止められるものは止めましょう!!!





関連記事
スポンサーサイト

太平洋ベニザケからストロンチウム90が65ベクレル・・・セシウム不検出!

 2015-06-01
カナダBC州野生サーモン 

バンクーバー食品放射能モニタリングさんより転載


試料 名: 野生サーモン-ベニザケ-オス (フリーズドライ)

sockeye m 3 (1)

sockeye map (1)


採取 場所 Origin: Kilby Park, BC Canada

kilbyp (1) 

採取年月 : 2014 年11月30日

測定日時 : 2015 年3月30 日

測定時間 : 57,600 秒

試料容器 Container: 500mLマリ ネリ容器(Marinelli)

試料重量 Sample weight: 131.2g

乾燥前 n: 1190g → 300g

Tested by 新宿代々木市民測定所

sock.jpg



試料 名: 野生サーモン-シロザケ-オス (フリーズドライ)

chum f 6

Chum map

採取 場所: Kilby Park, BC Canada

採取年月: 2014 年11月30日

測定日時 : 2015 年3月31 日

測定時間 : 57,600 秒

試料容器 : 500mLマリ ネリ容器

試料重量 : 144.2g

乾燥前 : 2010g → 700g

Tested by 新宿代々木市民測定所

chu.jpg



しかし、セシウムだけの検査では、汚染の真実はわからない、ことが明らかになりました。


images_201506021504078fb.jpg

Japan Radiation Test Results – 4th Round

We’ve tested our seafood for a concerning radionuclide, with reassuring results
1/9/2014By Craig Weatherby
注: 以下の検査はVital Choiceが独自に行ったものについてです。(新宿代々木市民測定所の検査とは別のものです。)

Sr-90 is an especially concerning radionuclide, so to ensure safety, we sent more fish to be tested for this radionuclide in the fall of 2013.
ストロンチウム90は特に心配な放射性核種なので、安全を確信するために、さらに魚を2013年秋に検査に送った。


We've now received the results from SGS North America laboratories ... and they proved just as reassuring as our prior tests for cesium and iodine radionuclides.
SGS北米ラボからの検査結果を受け取ったところ、以前のセシウム、ヨウ素の検査と同様安心させられるものだった。


Virtually no strontium 90 found
ストロンチウムは全くといってよいほど検出されなかった

We sent samples of king salmon, sockeye salmon, and albacore tuna to SGS Laboratories to be tested for Sr-90.
キングサーモン、ベニザケ、ビンナガマグロをストロンチウム90の検査のためにSGSラボに送った。


We chose to test these species because they migrate the furthest west toward Japan ... usually more than one
thousand miles east of the nuclear plants.
これらを選んだのは日本方面に西へと遠くまで回遊するため。通常福島原発から東へ1000マイル(1609 km)以上のところまで回遊する。


However, Sr-90 would be more concentrated in currents flowing from northeastern Japan (the area of the leaks) to the U.S. and Canadian West coasts, so testing for Sr-90 seemed prudent.
しかし、ストロンチウム90は日本の東北(漏洩している場所)からアメリカ、カナダの西海岸へと流れる海流により多く濃縮しているので、ストロンチウム90を検査するのは賢明。


Strontium-90 test results ストロンチウム90の検査結果
Albacore tuna ビンナガマグロ: 0.000051 pCi/kg=0.000001887bq/kg
Sockeye salmon ベニザケ: 0.0000013 pCi/kg=0.0000000481bq/kg
King salmon キングサーモン: 0.000228 pCi/kg=0.000008346 bq/kg



These are truly minuscule, barely detectable traces that constitute extremely tiny percentages of the FDA’s strontium-90 safety limit (DIL) of 4,300 pCi/kg.
これらの値は本当に微量で検出できるかできないかであり、アメリカ食品医薬品局(FDA)の安全限界値4300pCi/kg (159.1 bq/kg)をはるかに下回っている。


The fact that the levels found were so minuscule suggests that they are simply naturally occurring traces of this radionuclide.
検出されたレベルはあまりにも微量で、自然にあるものと考えられる。

 「自然」という言葉を使うのはちょっと。。。


By comparison, the concentration of strontium-90 in U.S.-grown vegetables typically peaks at 9 pCi/kg, which is thousands of times higher than the trace amounts detected in our fish.
アメリカ産の野菜に含まれるストロンチウム90の濃縮と比較すると、野菜は9 pCi/kg(0.333bq/kg)であり、今回魚から検出された微量のレベル’の何千倍も高い値。


Grains, leafy vegetables, and dairy products are the leading sources of dietary strontium-90 in the U.S.
穀物、葉野菜、乳製品はアメリカでストロンチウム90を含む主な食物。


The consensus scientific view has been that the radiation leaked from Japan poses no risks to consumers of seafood that (like our species) do not migrate close to Japan.
科学的見地としては、日本からの放射能漏洩により、わが社の日本の近くまでは回遊していないシーフードを消費することでリスクを負うということがないということで変わりはない。


And our latest test results (available upon request), which detected virtually no Sr-90, support those expert scientific estimates.
最新の検査結果は、実質的にストロンチウム90は不検出であり、専門家の科学者たちの予測を裏付けるもの。


About strontium-90
ストロンチウム90について


Along with cesium-137, Sr-90 is one of the more dangerous radionuclides, because it has a long half-life of 30 years, and can accumulate in bone.
セシウム137と同様、ストロンチウム90は半減期が30年でより危険な放射性核種であり、骨にも蓄積するもの。


The main sources of Sr-90 in the ocean have been fallout from atmospheric nuclear tests in the 1950s and 1960s.
海中のストロンチウム90の主な原因は1950年代と60年代に行われた大気核実験


The Fukushima Dai-ichi accident and the amounts released from March to June, 2011 produced less than a one percent increase in ocean levels of this radioisotope.
福島第一原発事故と2,011年3月から6月までに放出された放射能量が海中にすでにあったストロンチウム90を増加させたのは既存のレベルの1%以下だった。




Japan-Radiation Test Results: 5th Round

We’ve tested our seafood for a fifth time … and again received very reassuring results
1/16/2015

Late last fall, radiation-detection experts at Eurofins Laboratories and SGS Laboratories analyzed samples of our primary wild Alaskan and Pacific seafood products.
去年の晩秋にユーロフィンズラボとSGSラボが私たちの主流商品である野生のアラスカ・パシフィックシーフードの放射能を分析した。


They looked for traces of the four radionuclides that are the only unsafe radioactive elements released in significant amounts from the stricken nuclear plant: cesium-134, cesium-137, iodine-131, and strontium-90.
彼らが探したのは、福島原発から大量に放出された危険な放射性要素のみの痕跡。セシウム134、セシウム137、ヨウ素131そしてストロンチウム90。


As we expected, the 5th round of tests found none of these four key Fukushima-related radionuclides in any of our fish samples.
予測どおり、5回目の検査で福島由来の鍵となるこれらの放射性核種はどの魚のサンプルにも見られなかった。


The sole exception was that traces of strontium-90 were detected in a sample of sockeye salmon. Those traces fell below the the FDA safety limit, as detailed below.
唯一の例外はベニザケから微量のストロンチウムが検出されたこと。これらの値はアメリカ食品医薬品局(FDA)の安全限界を下回っている。


Cesium-134 – None detected (<1.0 Bq/kg*) 不検出 (1 bq/kg以下)

Cesium-137: None detected (<1.0 Bq/kg). 不検出 (1 bq/kg以下)

Iodine-131 – None detected (<2.0 Bq/kg). 不検出 (2 bq/kg以下)



Note: Iodine-131 decays to totally safe forms within about two weeks after its creation in a nuclear plant.
注:ヨウ素131は原発から発生した後約2週間以内に完全に安全な状態に崩壊している。


Strontium-90: None detected in king salmon, halibut, or albacore tuna. Sockeye salmon contained 1,760 pCi/kg of strontium-90, which is less than half (41%) of the FDA’s safety limit (DIL) of 4,300 pCi/kg.
ストロンチウム90:キングサーモン、オヒョウ、ビンナガマグロからは検出されなかった。ベニザケからは1760pCi/kg (65.12bq/kg)、FDAの安全限界の半分以下、41%のストロンチウム90が検出された。




Our testing criteria and rationale

We chose to test sockeye salmon, king salmon, halibut, and albacore, because they are the only species we sell that could pose a plausible – albeit remote – risk of accumulating significant amounts of radionuclides from Japan.
ベニザケ、キングサーモン、オヒョウ、ビンナガマグロを検査するのに選んだのは、私たちの商品の中でこれらだけが日本から離れているものの、大量の放射能が蓄積する危険性がありそうだからである。



Some sockeye salmon migrate through the mid-Pacific Ocean, while some albacore tuna migrate to within a few hundred miles of Japan.

ベニザケの中には、太平洋の真ん中まで回遊するものもある。一方、ビンナガマグロは日本から数マイル以内のところまで回遊する。


abacore migration



(The only area of the Pacific Ocean where tests have detected elevated – albeit still quite low – levels of radionuclides from the plant is within about 10 miles of the plant.)
(太平洋で原発からの放射能の検出レベルが上昇しているのは、かなり低いレベルではあるものの、原発から約10マイル-16km以内の海域。)


Halibut and king salmon stay much closer to the Pacific coast of North America, but live long enough to conceivably accumulate radiation from the smaller, short-lived creatures they eat … assuming that those creatures contain significant amounts, which is unlikely.
オヒョウとキングサーモンは北米の太平洋海岸近くにとどまっているが、彼らが食する短命の小さい魚に大量の放射能が含まれていると考えると-そのようなことはありそうもないが―おそらく放射能を蓄積するに十分に寿命が長い。


king migration


We did not retest our Pacific shellfish (prawns, scallops, crab) because they eat mostly plankton and plant matter in their immediate local, which can’t accumulate significant amounts of radiation.
太平洋産の甲殻類(えび、ホタテ、かに)の検査はしない。これらは地元近くのプランクトンと植物を食すので、大量の放射能を蓄積するとは考えられない。


Our shellfish also live too briefly and too far from Japan to absorb significant amounts of radioisotopes from ocean water … a view widely held in the scientific community that is supported by the results of our first two test rounds.
私たちの商品の甲殻類もまた短命で、大量の放射能を海水から取り組むには日本からあまりにも離れている。科学分野で考えられているこの見解は、私たちの最初の2回の検査結果により支持されるものである。





2013年には大気核実験の残留ストロンチウム90しか検出されなかったのに、1年後には65ベクレル検出されているという現実。

自分の所の商品を検査しているという事実はとてもありがたいものですが。。。

その説明がなんとぎこちないこと・・・・せつなくなります。。。

しかも。。。

安全限界の半分以下なので。。。。売っているということ???



セシウムは事故後からフィルターで除去していますが、

ストロンチウムはずっとだだ漏れ・・・・


もはや、ストロンチウム90の検査なしに、風評被害などと言っている場合ではありません。。。


セシウムの生物的半減期は成人で70-90日。
ストロンチウムの生物的半減期は約50年。
放射性セシウム-137 と放射性ストロンチウム-90 の経口摂取による内部被ばくについて
平成 23 年 11 月 原子力機構 より引用











関連記事

拡大する海のDEAD ZONE

 2015-05-04

dead zone nasa 


The size and number of marine dead zones—areas where the deep water is so low in dissolved oxygen that sea creatures can’t survive—have grown explosively in the past half-century. Red circles on this map show the location and size of many of our planet’s dead zones. Black dots show where dead zones have been observed, but their size is unknown.
深海の水の溶存酸素値があまりにも低いために生物が生存できない死水域となっているところの規模がこの半世紀で爆発的に広がっています。地図の赤い円は、地球上の多くの死水域の場所と規模を示しています。黒い点は死水域が観察されたものの、その規模が不明なところです。


It’s no coincidence that dead zones occur downriver of places where human population density is high (darkest brown). Some of the fertilizer we apply to crops is washed into streams and rivers. Fertilizer-laden runoff triggers explosive planktonic algae growth in coastal areas. The algae die and rain down into deep waters, where their remains are like fertilizer for microbes. The microbes decompose the organic matter, using up the oxygen. Mass killing of fish and other sea life often results.
死水域が人間の人口密度の高いところの下流に分布している(こげ茶の部分)ことは偶然ではありません。農作物に使う肥料の一部が小川や川に流されているのです。肥料を含んだ水が海岸地域でプランクトン藻類を爆発的に増加させています。藻類が死滅し深海に流れ落ち、病原菌の肥料の役割を果たします。病原菌は有機物を分解し、酸素を使い果たします。それで大量の魚や海の生物をしばしば死滅させてしまうのです。


Satellites can observe changes in the way the ocean surface reflects and absorbs sunlight when the water holds a lot of particles of organic matter. Darker blues in this image show higher concentrations of particulate organic matter, an indication of the overly fertile waters that can culminate in dead zones.
海水が多量の有機物粒子を含む際に海面が太陽の光を反射させ吸収する変化の様子を衛星で観察できます。濃い青の映像は有機物粒子の濃度が高いことを示し、繁殖しすぎた水で死水域が最高度に達する可能性を示唆しています。


Naturally occurring low-oxygen zones are regular features in some parts of the ocean. These coastal upwelling areas, which include the Bay of Bengal and the Atlantic west of southern Africa, are not the same as dead zones because their bottom-dwelling marine life is adapted to the recurring low-oxygen conditions. However, these zones may grow larger with the additional nutrient inputs from agricultural runoff.
海洋に酸素の少ない水域が自然にできることは珍しくありません。ベンガル湾、南アフリカの西大西洋を含むこれらの上昇流水域は死水域とは違います。そこでの海底生物は度重なる低酸素条件を適応しているのです。しかしながら、これらの水域は農業用水からの肥料が流れ込むことで拡大するかもしれません。





ふーん。。。。

だけど・・・

この地図、すごく見覚えがある。。。

dead zone

Current nuclear reactors
現在の原子炉マップ 2010年 (上)

そして、NASAのAquatic Dead Zone Map 2008年 (下)



いずれも福島原発事故前。


原発、再稼動しても良いですか??





関連記事

福島放射能カナダBC州海岸に到達!

 2015-04-06
ctv_logo.jpg


今日BC西海岸はこのニュースで持ちきり!

CTVで朝一番に放送された、一番たどたどしいバージョンです。


First low-level trace of Fukushima radioactivity detected off B.C.
BC州で初めて検出された福島からの低レベル放射性物質



vancoast.jpg

BC州沖で放射能が検出されたことはすでに分かっていたことですが、今、初めて福島原発事故由来の放射性核種が出現しました。地震により原発にメルトダウンが起こってから4年以上経ってからです。



vancoast2.jpg

バンクーバー島ユクルーエットから、ジェット・バッシィがこの発見の詳細について生中継でお伝えします。ジェット、何が分かったんですか?実際に発見されたことは正確にどのようなことなのでしょうか?



vancoast3.jpg

今のところ、福島事故からの人工放射性核種であるセシウム134がここカナダの海岸、特にユクルーエットに到達したという事実が分かりました。2月19日にカナダ政府の埠頭でそのサンプルが採取されました。


vancoast4.jpg

このサンプルはビクトリア大学と共同で行われているInFORMの地元のボランティアグループにより採取されたもので、アメリカのウッズホール海洋研究所に送られ、この海水サンプルに、福島から海に放出され福島で見られたものと同じレベル(??それはないでしょ。。。いくらなんでも。)、同じ核種のセシウム134が含まれていたのです。



vancoast5.jpg

それは住民にとってどういうことを意味するのですか?海で泳げるのですか?水を飲むべきではないのでしょうか?何が分かっていますか?






vancoast6.jpg

今のところ科学者たちは海水が安全だと言っています。人間や海洋生物、海のエコシステムには影響がないと。なので今は海水は安全です。しかし、トフィーノもユクルーエットも観光地なので、懸念があります。


vancoast7.jpg

放射能と言う言葉を聞いたり、放射能汚染された海水がこのあたりに到達したと考えると怖がる人もいるでしょう。今の時点ではこれから数ヶ月の間に放射能のピークも訪れると考えられます。なので、科学者たちは更なる検査をしてどのくらいレベルが上がるのかそうではないのかを見極めるのに必要だと考えているのです。



vancoast8.jpg

それでは、もし海をきれいにすることができるのなら、専門家はどうしなければならないと言っているのでしょうか?



vancoast9.jpg

2020年までには海流が循環して放射能を沖に戻し自然に流されてしまうと考えています。



vancoast10.jpg

では、正確に言うと、これらのことはどのようにして発見されたのでしょうか?定期的にその地域を、あるいはBC州海岸沿いをずっと検査しているのですか?それとも住民にとって何か奇妙な感じがしていたから、とか?どんな風にこのことが分かったのですか?



vancoast12.jpg

実は科学者たちはこうなることを予測していました。なので彼らはボランティアグループのInFORMを結成し、このグループが海岸沿いの北から南までサンプルを集めていたのです。サンプルを集め、送り、そして検査したのです。そして、予測どおり確かに福島から放出された放射能がここに到達したということが分かったのですが、彼らは2020年までに海流によってこの放射能が自然に流されてしまうであろうと予測しています。





vancoast11.jpg

CTVのジェット・バシィがBC州海岸で検出されたこの放射性核種についてお知らせしました。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

こちら、バンクーバー食品放射能モニタリングさんのフェイスブックからの情報です。
 

【First low-level trace of Fukushima radioactivity detected off B.C.】CTV福島からの放射能初めてBC海岸で検出されるUcluelet, British...

Posted by Vancouver Food Radiation Monitoring on Monday, April 6, 2015




2012年の夏に出されたシュミレーションの4年後、つまり今は、こんな感じでした。

Picture9_20120718135601.jpg

大体予測どおりのようです。

2013年の8月には、アメリカ西海岸に到達する放射能が日本の海岸より10倍高いものになるだろうと予測する人もいましたが。。。

今も福島原発からもれ続けていることを考えると、違った現実になっていることでしょう。

特にストロンチウムについては実態が全く分からず、恐ろしいことです・・・




関連記事

世界一汚れている海はセラフィールド?それとも福島?

 2014-06-11
the_telegraph_logo.jpg


福島事故に打撃を受けた日本の海藻市場へ供給するために英国初の海藻養殖を始める女性


A woman has started the UK's first kelp farm in a bid to supply the lucrative Japanese market, whose own stocks have been hit by the Fukushima nuclear disaster

福島原発事故で打撃を受けた利益豊富な日本の市場に供給するために、英国で初の海藻養殖にある女性がのりだした


8:45PM BST 08 Jun 2014

A mother and son are turning an isolated Irish island into an unlikely supplier of edible seaweed to Japan, after stocks were hit by the Fukushima nuclear disaster.

福島事故後、一人の母とその息子がアイルランドの孤島を日本への食用海藻の意外な供給者と変貌させている。


Kate Burns and her son Benji McFaul are growing thousands of tonnes of kelp on ropes that extend out from the shoreline into the sea around Rathlin, an island with a population of around 100.

ケイト・バーンと息子のベンジー・マックファウルは、人口100名ほどのラスリン島の海岸に張り巡らせたロープに何千トンもの海藻を栽培している。

The pair are attempting to exploit the gap in the market caused by the contamination of the waters around the ruptured Fukushima reactor.
この二人は、破壊された福島原発周辺の海の汚染のために生じた市場のギャップを利用しようとしているのだ。

After the disaster, Japanese seaweed sales plummeted over fears that the plants might be faintly radioactive.
事故の後、日本の海藻販売は微かに放射能汚染されているかもしれないという怖れから急落した。


Spotting an opportunity, Ms Burns and her son decided to start what they say is the first major commercial edible seaweed farm in the British Isles.

それをチャンスとみなし、バーンズさんは息子とブリテン諸島で初めて、主要な食用海藻の商売を始めることにしたのだと言う。




They claim conditions off the northern coast of Ireland are ideal for growing the fine species used in traditional Japanese miso soup and the thicker variety used in noodle recipes.

アイルランド島北部海岸沖の状態は、伝統的な日本の味噌汁に使われる細かい種類の海藻や、麺料理に使われる厚めのいろいろな海藻を育てるのに理想的だと主張する。


"Due to the Fukushima nuclear disaster in Japan, a lot of the seaweed production in that part of the world has been closed down," said Ms Burns.

「日本の福島原発事故のため、その地域の多くの海藻生産が閉鎖されています。」とバーンズさん。


"Combine that with the growth of the Asian population who eat seaweed, plus the growth in the European population who now are interested in seaweed, and sushi is a big growth market.

「海藻を食べるアジア人、海藻に興味を満ち始めたヨーロッパ人が増加し、すしのビジネスは大きく成長している。


“I suppose it was a bit of a Dragons Den moment for us really.

「これは、私たちにとって、本当に『マネーの虎』なものだったと思います。」


“It’s still early days, but we’ve already sold our seaweed to restaurants here and we have just taken our first order from Britain.

「まだ始めたばかりですが、既にここのレストランに海藻が売れていますし、英国からも初めての注文がありました。」


“In November we’re going to Japan and Korea to meet potential buyers.”

11月に日本と韓国に行き、可能性のある顧客に会おうと思っています。」


Having first relied on natural spores in the water to spawn the seaweed plants that grow on the ropes, the company has now set up a laboratory on the shore to germinate their own miniature kelp, before transferring them on to the ropes.

はじめは縄の上で育つ海藻を増やすのに海中の種苗に依存し、その会社は今ではラボを海岸沿いに構え、ロープの上に移動する前に、独自のミニチュア海藻を発芽させている。


The lab employs four Rathlin residents as technicians.

ラボでは、技術者として4人の島の住民を雇っている。


The family venture - named Ocean Veg Ireland - has been supported by Stormont's business promotion agency Invest Northern Ireland.

オーシャン・ベジ・アイルランドと名づけられたそのファミリーベンチャーは、北アイルランドに投資しているストーモント・ビジネス・プロモーション機関に支援を受けている。


Ms Burns said: “There’s no reason why we can’t grow and sell seaweed in Ireland. The waters are clean, and the seaweed we grow tastes lovely.”

「アイルランドで海藻を育てて売れないという理由は何もありません。海水は綺麗で、私たちの育てた海藻はすばらしく美味しいです。」とバーンズさんは話した。

--------------------------------------------------

アイリッシュ海は、世界で一番放射能汚染されている海で、福島事故の海洋汚染の規模としばしば比較されます

拡大するにはイメージをクリック

2011年の福島沖の海水放射能レベルはかなり高くなっていますが、2012年のレベルは、2008年のアイリッシュ海より低くなっています。





Sellafield discharges two million gallons of radioactive water into the Irish Sea every day at high tide. This includes a cocktail of over 30 alpha, beta and gamma radionuclides. BNFL admits that radioactive discharges in the 1970’s were 100 times those of today. As a result of these discharges, which include around half a tonne of plutonium, the Irish Sea has become the most radioactively contaminated sea in the world. Caesium-137 and Iodine-129 from Sellafield have spread through the Arctic Ocean into the waters of northern Canada and are having a bigger impact on the Arctic than the Chernobyl accident. Sellafield’s gas discharges of Krypton can be measured in Miami.

セラフィールドは毎日高潮時に200万ガロン(6万3000トン)の放射能汚染水をアイリッシュ海に放出している。汚染水には、30種の、アルファ、ベータ、ガンマ線を発する放射性核種が含まれている。英国核燃料会社は、1970年代に、今の100倍の汚染水を放出していたことを認めている。約450トンのプルトニウムを含むこれらの放出により、アイリッシュ海は世界で最も放射能汚染されている海となった。セラフィールドから放出されたセシウム137、ヨウ素129は、大西洋を抜けてカナダ北部にまで広がり、チェルノブイリ事故よりも大西洋に大きな影響を与えている。セラフィールドからのクリプトンの希ガスは、マイアミでも測定されている。


...BNFL’s own environmental monitoring figures for the first quarter of 1997 revealed alarmingly raised levels of Technetium 99 in seaweed samples from the West Cumbrian coast. A Tc-99 level of 180,000 Bq/Kg in seaweed was sampled from Drigg, just south of the plant. This compared to a level of 71,000 Bq/Kg sampled in the previous quarter and to a level of just 800 Bq/Kg in 1992. Via the food chain Tc-99 is now found in duck eggs, and the use of locally harvested seaweed as a garden fertiliser has led to the discovery of Tc-99 in locally grown spinach. Irish Sea lobster have shown a similar alarming rise from 210 Bq/Kg in 1993 to 52,000 Bq/Kg in 1997 – over 40 times the EU Food Intervention Level set as a safety level for foodstuffs contaminated following a nuclear accident. Raised levels of Tc-99 were subsequently found in Norwegian lobsters.

英国核燃料会社の1997年の第一四半期の環境モニタリングで、西カンブリア海岸からの海藻サンプルに危険なレベルのテクネチウム99が明らかにされた。1kgあたり18万ベクレルのテクネチウム99が含まれていた海藻は、ドリック(セラフィールドから南へ13km)から採取されたものだった。その前の四半期に採取されたもののレベルは1kgあたり7万1000ベクレルで、1992年は、1kgあたり800ベクレルだけだった。食連鎖を通し、テクネチウム99は今ではアヒルの卵からも検出され、地元で取れる海藻を肥料にしたことで地元産のホウレンソウからも検出された。アイリッシュ海のロブスターも同様の汚染上昇が見られる。1993年に1kgあたり210ベクレルだったのが、1997年には5万2000ベクレルにまで上昇した。原子力事故後に食物汚染の安全基準として設定されたEUの介入レベルの40倍以上である。テクネチウム99のレベルの上昇は、その後ノルウェイのロブスターからも検出された。



A wide range of fish, shellfish and molluscs continue to show varying degrees of radioactive contamination from Sellafield’s discharges.

広範囲にわたる魚、貝、軟体類(イカ、タコなど)からも、セラフィールドからの排出によるいろいろなレベルの放射能汚染が示されている







A Review of Radioactivity in the Irish Sea (1992)


Physical oceanography 

海洋物理


The Irish Sea is a semi-enclosed body of water, connecting with the Atlantic Ocean via St Georges Channel in the south and via the narrower North Channel, Clyde Sea and Malin Shelf Sea to the north.

アイリッシュ海は半閉鎖されている海で、南のセント・ジョージズ水路経由で大西洋へ、幅の狭いノース水路経由でマリン・シェルフ海から北へと繋がっている。


The area is effectively sub-divided into two principal regions, to the east and west of the Isle of Man.

その地域は効率よくマン島の東と西の2つの主な地区に細分される。


The western portion consists of a deep channel (>100m) whereas depths in the eastern Irish Sea seldom exceed 50 m and between the Isle of Man and Cumbria seldom exceed 30 m.

西側は水深100m以上の深い水路だが、東のアイリッシュ海は50mを、マン島とカンブリアは、30mをほとんど超えることがない。




The physical oceanography of the Irish Sea has been quite extensively studied and modeled……Atlantic water enters the Irish Sea from Both the North channel and St Georges Channel, the latter predominating, and this is reflected in the annual mean surface isohaline.

アイリッシュ海の海洋物理については広範囲にわたり研究され、モデル化されてきた-----大西洋の海水はノース水路とセント・ジョージズ水路の両方からアイリッシュ海に入ってくる。セント・ジョージズ水路が優勢で、このことが海面の年間平均等塩分線に反映している。


…..The review by Howarth (1984) concluded that the water off Sellafield tended to oscillate, flowing southeastwards parallel to the coast during weak wind, and north-westwards during storms. It eventually leaves the eastern Irish Sea, via either the south of north or the Isle of Man, and thence though the North Channel.

ハワースの調査(1984)では、セラフィールド沖の海水は行ったり来たりする傾向にあり、風が弱いときは、海岸線に平行して南方面に流れ、嵐の時は、北西方法に流れると結論した。最後にはアイリッシュ海の東からマン島の南か南のいずれかを通り、ノース水路へと向かう



Behaviour of Radionuclides in sea water

海水中の放射性核種の動き


The detailed studies of Jefferies et al. (1982) for the period 1790 to 1978 showed that a release rate of 1Ci/day (37Gbq/day) resulted in a mean annual concentration of 4.2 pCi/l (155 mBq/l) in the immediate vicinity of the discharge point, with an approximate 30-fold reduction in the North Channel, and at least a 300-fold reduction in the southern entrance. 

1790年から1978年にかけての詳細に渡る研究は、1日あたり370億ベクレル放出していることを示し、放出箇所周辺で1リットルあたり1億3300万ベクレルとなり、ノース水路ではそれより30倍低くなり、南の水路の入り口では少なくとも300倍低くなるということになる。


……The considerable reduction in Cs discharges since the mid-1970s resulted in a decrease in water concentrations, which can be demonstrated by comparing the distribution in 1977 with that in 1988. There is some field evidence that nearshore Cs137 water concentrations, since the early 1980s, have not reduced as quickly as the reduction in the discharge would have implied. This suggests that re-mobilisation of Cs137 from the subtidal sediments is occurring as the system re-equilibrates.

----1977年と1988年の放出との比較を比較することにより、1970年代半ば以来のセシウム廃棄のかなりの減少により、海水の濃縮も減少したことが示される。放出の減少が示唆するような濃縮の減少が思ったほど早くないところが1980年代にあるが、これは、下干潮帯の堆積物からのセシウム137が再度動いていることを示している。




The overall decline in Cs concentrations in the Irish Sea and other UK waters was interrupted in April 1986 following the Chernobyl reactor accident. The signal could be detected both as an overall increase in radionuclides concentration of Cs134, Cs137, Ag110, I131, Te129 and Ru103, and a significant increase in the Cs134/Cs137 ratio. However, levels in nearshore waters, as well as in seaweed and mollusks, decreased rapidly in the Irish Sea. The effects were more marked and longer lasting in the North Sea, with run-off via the Baltic Sea masking the previous distribution pattern based on the Sellafield discharges.

アイリッシュ海と他いの英国に面した海のセシウム濃縮度の全体的な減少は、1986年4月のチェルノブイリの事故の後に止まった。セシウム134、137、銀110、ヨウ素131、テルル129とルテニウム103の濃縮度とセシウム134と137の比率の増加の徴候が現れた。しかしながら、アイリッシュ海の海岸沿いの海水、海藻、軟体動物(タコ、イカなど)のレベルは急速に低下した。しかし、セラフィールドの廃棄による以前の影響を覆っていたバルト海経由の流出があり、北海での影響は更に大きく長期にわたった。




……The distribution of the most soluble radionuclides, H3 has been studied in detail, particularly during the period 1968 to 1974. It has been shown that, for a release rate of 1Ci/day (37Gbq/day), the water concentration in the immediate vicinity of the discharge points is about 5pCi/l (185 mbq/l). At greater distances, however, such normalized interpretations of the data have indicated both southerly and northerly dispersion.

最も水に溶けやすい核種であるトリチウムも、とくに1968年から1974年にかけて詳細に調査された。1日あたり370億ベクレルで、放出ポイント周辺の海水は1リットルあたり1億8500万ベクレル。しかし更に遠方で正常値となっていることから、南へ、北へと拡散されていることが分かる。




Accumulation of Radionuclides by Biota

生物相による放射性核種の蓄積


…at least 50% of the environmental body burden of Cs in the Plaice, and 80% of that in the ray, must be due to absorption from food rather than direct uptake from sea water….The fraction of Cs137 taken up from food was related to diet, temperature, body size and rate of growth….apart from Cs137 and to some extent Ru106, other fission products are not accumulated by fish muscle. This is in contrast to, for example, crabs which have readily detectable concentrations of Ce144, Z95/Nb95 as well as Ru106 and Cs137 in hepatopancreas and muscle tissue

....少なくともツノガレイに含まれるセシウムの50%、エイの80%は、海水を直接取りこんだことからというよりはむしろ食物の消費によるものであるはず。食物から吸収されるセシウムの比率は食物、温度、身体のサイズと成長率に関係してる。セシウム137は別として、ルテニウム106や他の核分裂生成物は魚の肉には蓄積されなかった。それとは対照的に、例えばカニはセリウム144、ジルコニウム95/ニオブ95はルテニウム106とセシウム137と同様、肝すい臓と筋肉に濃縮されやすい。


 1990

Northern Ireland (wet, bq/kg)

Cs134

Cs137

Pu238

Pu239+240

Cod       タラ

0.07

7.5

Whiting  小タラ

ND

8.8

0.0011

0.0058

Herring   ニシン

0.3

7.2

Dogfish  ツノザメ

0.1

7.4

Saithe    シロイトダラ

ND

5.0

Nephrops アカザエビ

0.0014

0.0069

Winkles   タマキビガイ

0.052

0.25




Radioactivities for Cs134, Cs137, Pu238 and Pu239+240 of tissues from seals and porpoises in the marine environment around the UK were measured. Multifactor analysis of variance indicate that for radiocesium there was no significant difference for harbor seals, grey seals or porpoises in terms of species or gender; however, activity concentration of the tissue increased with body mass, and decreased with distance from Sellafield. The marine mammals concentrate radiocesium by factor of 300 relative to the concentration in seawater. The highest activity, 0.037bq/kg (Pu239+240), was detected in grey seal stranded at Rathlin Island in Northern Island.

イギリスの海洋環境にいるアザラシとイルカの組織におけるセシウム134、137、プルトニウム238、239・240が検査された。様々な分析により、アザラシやイルカに、性別、種類による大きな違いは見られなかったが、体重により組織における放射性物質の濃縮が比例し、セラフィールドからの距離に反比例することが分かった。海洋哺乳類では、海水の比率の300倍濃縮される最高値は、北アイルランドのラスリン島に打ち上げられたイルカから検出されたプルトニウム239・240で、1kgあたり0.037ベクレルだった。





いくら福島沖の海が汚れているからといって、

世界一放射能汚染されている海からの海藻を提供してくれるというのは・・・



人々の思考は、


麻痺しつつあるのでしょうか・・・???



これ以上汚すのをやめましょうよ。


薄め続けば、結局は全体の汚染は増え続けるだけ。。。。


これからは減らすことだけを考えましょうよ。


全ての連鎖がドミノ式に崩壊し始める前に。。。







関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。