地球上で最も放射能汚染されている場所

 2013-02-16
10 Most Radioactive Places on Earth
地球上で最も放射能汚染されている10の場所



705px-nuclear_fireball.jpg


While the 2011 earthquake and worries surrounding Fukushima have brought the threat of radioactivity back into the public consciousness, many people still don't realize that radioactive contamination is a worldwide danger. Radionuclides are in the top six toxic threats as listed in the 2010 report by The Blacksmith Institute, an NGO dedicated to tackling pollution. You might be surprised by the locations of some of the world’s most radioactive places — and thus the number of people living in fear of the effects radiation could have on them and their children.
2011年の地震と、福島周辺に取り巻く懸念が放射性物質の脅威を人々の意識に呼び起こしている一方で、多くの人は放射能汚染が、世界規模の危険であることにまだ気付いていません。環境汚染を献身的に追跡しているNGO、ブラックスミス研究所(1999年に設立され、ニューヨークに本社を置く)による2010年の報告によれば、放射性核種は脅威を与える有毒物質の上位6位にあげられています。世界で最も放射能汚染されているいくつかの場所-つまり、放射能が彼らとその子どもたちに与える影響に怯えて暮らしている人々の数は、あなたを驚かせるでしょう。

Top six toxic threats
脅威を与える有毒物質の上位6位
Picture7_20130217042548.jpg



10. Hanford, USA
アメリカ、ハンフォード


hanford.jpg


The Hanford Site, in Washington, was an integral part of the US atomic bomb project, manufacturing plutonium for the first nuclear bomb and "Fat Man," used at Nagasaki. As the Cold War waged on, it ramped up production, supplying plutonium for most of America's 60,000 nuclear weapons. Although decommissioned, it still holds two thirds of the volume of the country’s high-level radioactive waste — about 53 million gallons of liquid waste, 25 million cubic feet of solid waste and 200 square miles of contaminated groundwater underneath the area, making it the most contaminated site in the US. The environmental devastation of this area makes it clear that the threat of radioactivity is not simply something that will arrive in a missile attack, but could be lurking in the heart of your own country.
ワシントン州のハンフォードは、アメリカ原子爆弾プロジェクトに欠かせないものでした。初の原子爆弾のプルトリウムを精製し、「ファットマン」は長崎で使われました。冷戦が始まると生産を強化し、アメリカの6万の核兵器のほとんどのプルトニウムを供給しました。今は閉鎖されてはいますが、アメリカの高レベルの放射性廃棄物の2/3が今でも置かれています。-その地域の地下に5300万ガロンの液体廃棄物、2500万立方フィート(70万7,921立法メートル)の固体廃棄物が貯蔵され、200平方マイル(518平方km)の地下水が汚染されていて、アメリカで最も汚染されているサイトとなっています。この地域の環境的惨害から、放射能の脅威が単なるミサイル攻撃のようなものではなく、あなた自身の国の真髄に潜みうるということが明らかでしょう。



9. The Mediterranean
地中海


mediterrenean.jpg 

For years, there have been allegations that the ‘Ndrangheta syndicate of the Italian mafia has been using the seas as a convenient location in which to dump hazardous waste — including radioactive waste — charging for the service and pocketing the profits. An Italian NGO, Legambiente, suspects that about 40 ships loaded with toxic and radioactive waste have disappeared in Mediterranean waters since 1994. If true, these allegations paint a worrying picture of an unknown amount of nuclear waste in the Mediterranean whose true danger will only become clear when the hundreds of barrels degrade or somehow otherwise break open. The beauty of the Mediterranean Sea may well be concealing an environmental catastrophe in the making.
何年もの間、イタリアのマフィア、ンドランゲタ・シンジケートは、海を放射性廃棄物を含め有害廃棄物を捨てる場所として使ってきました。サービス料を請求し、利益を懐に入れたのです。イタリアのNGO、Legambienteは、1994年以来、有害物質と放射性廃棄物を積んだ約40隻の船が地中海に消えたことに疑念を抱いています。もし本当だとすれば、この主張は地中海に沈む不明の量の放射性廃棄物の懸念の全体像を描いていることになります。地中海の真の危険は、何百もの缶が退化するか何らかの形で壊れて開いてしまった時に初めて明らかになるのでしょう。地中海の美しさは、待ち受ける環境惨事を見事に隠しているのかもしれないのです。



8. The Somalian Coast
ソマリア海岸


somalia.jpg 


The Italian mafia organization just mentioned has not just stayed in its own region when it comes to this sinister business. There are also allegations that Somalian waters and soil, unprotected by government, have been used for the sinking or burial of nuclear waste and toxic metals — including 600 barrels of toxic and nuclear waste, as well as radioactive hospital waste. Indeed, the United Nations’ Environment Program believes that the rusting barrels of waste washed up on the Somalian coastline during the 2004 Tsunami were dumped as far back as the 1990s. The country is already an anarchic wasteland, and the effects of this waste on the impoverished population could be as bad if not worse than what they have already experienced.
イタリアのマフィア組織は、邪悪なビジネスに関しては、自分自身の地区に留まっていたわけではないと述べました。政府に保護されていないソマリアの海と土壌を放射性廃棄物や有害金属の缶を沈めるのに使われたという主張もあります。放射性廃棄物600缶と病院からの放射性廃棄物主含めてです。実に国連の環境プログラムは、2004年の津波でソマリア海岸に打ち上げられたさび付いた廃棄物の缶が捨てられたのが、1990年代にまでさかのぼると考えています。ソマリアは既に、無政府状態の荒地で、この廃棄物が破綻した住民に与える影響は、既に経験しているものより悪いものでないとしても、悪影響であることには違いないでしょう。



7. Mayak, Russia
ロシア、マヤーク


mayak.jpg 


The industrial complex of Mayak, in Russia's north-east, has had a nuclear plant for decades, and in 1957 was the site of one of the world’s worst nuclear accidents. Up to 100 tons of radioactive waste were released by an explosion, contaminating a massive area. The explosion was kept under wraps until the 1980s. Starting in the 1950s, waste from the plant was dumped in the surrounding area and into Lake Karachay. This has led to contamination of the water supply that thousands rely on daily. Experts believe that Karachay may be the most radioactive place in the world, and over 400,000 people have been exposed to radiation from the plant as a result of the various serious incidents that have occurred — including fires and deadly dust storms. The natural beauty of Lake Karachay belies its deadly pollutants, with the radiation levels where radioactive waste flows into its waters enough to give a man a fatal dose within an hour.
ロシアの北東、マヤークの工業地帯には、何十年も原子力発電所があります。そして、1957年に世界で最悪の事故がそこで起こりました。爆発により10トンまでに及ぶ放射線廃棄物が放出され、膨大な土地を汚染しました。爆発は、1980年代まで包み隠されてきました。1950年代に始まり、原発からの廃棄物は、周辺の土地とKarachay湖に捨てられました。このことで何千人もが毎日依存している水道水が汚染されたのです。専門家たちはこの湖が世界一放射能汚染されている場所で、40万人が、火事、強烈な砂塵あらしなど、いくつもの深刻な事故の結果として原発からの放射能に被曝したと考えています。Karachay湖の自然美は、恐ろしい汚染物質と矛盾しています。放射性廃棄物が水に流れ込んでいるところの放射能レベルは、人間に1時間で死をもたらすほどなのです。



6. Sellafield, UK
イギリス、セラフィールド


shellafield.jpg 


Located on the west coast of England, Sellafield was originally a plutonium production facility for nuclear bombs, but then moved into commercial territory. Since the start of its operation, hundreds of accidents have occurred at the plant, and around two thirds of the buildings themselves are now classified as nuclear waste. The plant releases some 8 million liters of contaminated waste into the sea on a daily basis, making the Irish Sea the most radioactive sea in the world. England is known for its green fields and rolling landscapes, but nestled in the heart of this industrialized nation is a toxic, accident-prone facility, spewing dangerous waste into the oceans of the world.
イギリスの西海岸に位置するセラフィールドは、もともとは核爆弾のプルトニウム生産工場でした。しかし今は、商業領域に移行しました。稼動以来原発では、何百もの事故が起きています。そして、今では2/3ほどの建物そのものが放射性廃棄物と分類されています。その発電所は8百万リットルほどの汚染水を毎日海に放出しています。そのことで、アイリッシュ海が世界で一番放射能汚染されている海になっているのです。イギリスは、その緑野と波打つ景色で知られていますが、この工業国の中心にあり、世界の海へ危険な廃棄物を吐き出している有毒で、事故を起こしやすい施設となっています。



5. Siberian Chemical Combine, Russia
ロシア、シベリア化学コンビナート



seveisk.jpg 


Mayak is not the only contaminated site in Russia; Siberia is home to a chemical facility that contains over four decades' worth of nuclear waste. Liquid waste is stored in uncovered pools and poorly maintained containers hold over 125,000 tons of solid waste, while underground storage has the potential to leak to groundwater. Wind and rain have spread the contamination to wildlife and the surrounding area. And various minor accidents have led to plutonium going missing and explosions spreading radiation. While the snowy landscape may look pristine and immaculate, the facts make clear the true level of pollution to be found here.
マヤークがロシアで唯一の汚染サイトではありません。シベリアは40年分以上の放射性廃棄物を収めている化学施設の本家本元なのです。液体廃棄物は覆いのないプールに貯蔵され、メインテナンスがされていない容器には、12万5000トンの固体の廃棄物があります。一方で、地下貯蔵場は、地下水漏れの可能性があります。風と雨が野生生物と周辺地域に汚染を広げました。そして様々な小さな事故がプルトニウムを紛失させ、爆発が放射能を拡散したのです。汚れていない、純潔に見える雪景色に反して、それらの事実がここで見られる汚染の真のレベルを明らかにしているのです。


4. The Polygon, Kazakhstan
カザフ共和国、ポリゴン(核実験場)- セミパラミンスク核実験場



kazakhstan.jpg 


Once the location for the Soviet Union’s nuclear weapons testing, this area is now part of modern-day Kazakhstan. The site was earmarked for the Soviet atomic bomb project due to its “uninhabited” status — despite the fact that 700,000 people lived in the area. The facility was where the USSR detonated its first nuclear bomb and is the record-holder for the place with the largest concentration of nuclear explosions in the world: 456 tests over 40 years from 1949 to 1989. While the testing carried out at the facility — and its impact in terms of radiation exposure — were kept under wraps by the Soviets until the facility closed in 1991, scientists estimate that 200,000 people have had their health directly affected by the radiation. The desire to destroy foreign nations has led to the specter of nuclear contamination hanging over the heads of those who were once citizens of the USSR.
かつてソ連の核兵器実験のための場所だったこの地域は、今は現代のカザフスタンの一角です。このサイトは、「無人」とされていたため、ソ連の原子力爆弾プロジェクトが着手されることになりました。-実際には、70万人の人々がその地域に住んでいたのですが。その施設は、ソ連が最初の原爆を爆発させたところで、世界で一番大きな濃縮度の核爆発の場所としての記録を保持しています。1949年から1989年までの40年間に、456回の実験が行われました。その施設で実験が行われましたが、被曝という意味でのその影響については、1991年に施設が閉鎖されるまで、ソビエトにより包み隠されてきました。科学者たちは、20万人の人々が、放射能の影響を直接健康に受けていると推測しています。他国を破壊したいという欲望が、かつてのソ連市民たちの頭にもたれかかる放射能汚染の恐ろしい幻影を導いたのです。



3. Mailuu-Suu, Kyrgyzstan
キルギス共和国、マイルースー



mailuusuu.jpg 


Considered one of the top ten most polluted sites on Earth by the 2006 Blacksmith Institute report, the radiation at Mailuu-Suu comes not from nuclear bombs or power plants, but from mining for the materials needed in the processes they entail. The area was home to a uranium mining and processing facility and is now left with 36 dumps of uranium waste — over 1.96 million cubic meters. The region is also prone to seismic activity, and any disruption of the containment could expose the material or cause some of the waste to fall into rivers, contaminating water used by hundreds of thousands of people. These people may not ever suffer the perils of nuclear attack, but nonetheless they have good reason to live in fear of radioactive fallout every time the earth shakes.
ブラックスミス研究所により、地球上で最も汚染された場所のトップ10の1つとして考えられていますが、マイルースーの放射能は、核爆弾や原発からのものではありません。発掘工程上必要な物質に必然的に伴うものからのものなのです。その地域は、発掘と加工処理施設の本家本元で、今ではウラン廃棄物の36箇所のゴミ捨て場が残されています。その量は、196万立方メートル以上です。この地域はまた地震活動地域でもあり、容器が崩壊すれば、放射性物質が曝され、いくらかが川に流れ落ち、何百、何千人もの人々の飲み水を汚染することになるでしょう。これらの人々は、核の攻撃の危険に苦しむことはないにもかかわらず、地面が揺れるたびに放射性降下物の脅威のもとに暮らしているのだというに十分なのです。



2. Chernobyl, Ukraine
ウクライナ、チェルノブイリ


cher.jpg 



Home to one of the world’s worst and most infamous nuclear accidents, Chernobyl is still heavily contaminated, despite the fact that a small number of people are now allowed into the area for a limited amount of time. The notorious accident caused over 6 million people to be exposed to radiation, and estimates as to the number of deaths that will eventually occur due to the Chernobyl accident range from 4,000 to as high as 93,000. The accident released 100 times more radiation than the Nagasaki and Hiroshima bombs. Belarus absorbed 70 percent of the radiation, and its citizens have been dealing with increased cancer incidence ever since. Even today, the word Chernobyl conjures up horrifying images of human suffering. 
世界で最悪の最も忌まわしい原子力事故の1つ。少数の人が限られた時間だけその地域に入る事を許されていますが、チェルノブイリの汚染はいまだにひどいものです。その悪名高き事故は600万人を被曝させ、チェルノブイリの事故のために命を落とした人々の人数については、4000名とも9万3000名()とも推定されています。その事故では、長崎、広島の原爆の100倍の放射能が放出されました。ベラルーシにその70%の放射能が吸収されました。そこの市民たちはそれ以来ずっと癌などの増加に対処しています。今日でさえ、チェルノブイリ、という言葉は、人々の苦悩という恐ろしいイメージを呼び起こすのです。

The Russian publication Chernobyl concludes that among the billions of people worldwide who were exposed to radioactive contamination from the disaster, nearly a million premature cancer deaths occurred between 1986 and 2004.(Wikipedia)
ロシアの出版物「チェルノブイリが人間と環境にもたらした結果」では、世界中で被曝した何十億人のなかで、1986年から2004年の間に早期癌による死亡は、ほぼ百万人だったと結論付けた。



1. Fukushima, Japan
日本、福島


fuku.jpg .


The 2011 earthquake and tsunami was a tragedy that destroyed homes and lives, but the effects of the Fukushima nuclear power plant may be the most long-lasting danger. The worst nuclear accident since Chernobyl, the incident caused meltdown of three of the six reactors, leaking radiation into the surrounding area and the sea, such that radiative material has been detected as far as 200 miles from the plant. As the incident and its ramifications are still unfolding, the true scale of the environmental impact is still unknown. The world may still be feeling the effects of this disaster for generations to come.
2011年の地震と津波は家や命を奪った悲劇でした。しかし福島原子力発電所の影響が、最も長く続く危険でしょう。チェルノブイリ以来最悪の原子力事故は、6つの原子炉のうち3つがメルトダウンする事で起こり、放射能を周辺の地域と海に放出しました。そのような放射性物質は原発から200マイル(322km)まで遠い所でも検出されています。何が起きたのか、その結果が何なのかはまだ明らかになっていません。環境への真の影響の規模はまだ不確かなままです。世界は、この災害影響をこれから何世代にも渡って感じることになるでしょう。






原爆が落とされた広島、長崎よりも、

原爆を作ったアメリカの土地の方が汚れている。。



自分の国を守るために、

自国民の健康と命を引き換えに核兵器を保有する??



明らかに、

守っているものは国民なんかじゃありません。



放射能汚染で、

健康障害が後を絶たない場所は、

世界中にもっともっと沢山あります。



一体全部でいくつあるのでしょう???




せめて次世代に、

膨大な負の遺産をも超える

正の遺産も残すための転換が必要です。



そのためにはまず、

福島が世界のトップ10に入った事実を、

日本人全員が、

今、直視しなければ。。。。。



ゲンは忘れない チェルノブイリの子供たち 。 。 。 by HIKARI20121025 &  セミパラミンスク核実験場の爪あと




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1016-4c6c37dc

コメント


放射能に汚染されている国家及び場所として、韓国が無いのはなぜ

韓国の放射能汚染については、アメリカの軍事宇井政からも観測されていて、日本の福島より、多くの放射能汚染が指摘されている。

きちんとした、調査をしてこのようなことは書くべき


【2014/05/07 00:29】 | 日本人 #- | [edit]

訂正 アメリカの軍事宇井政➡アメリカの軍事衛星
【2014/05/07 00:31】 | 日本人 #- | [edit]
スリーマイル島の原発事故は??
【2015/05/18 19:08】 | もも #- | [edit]
あらゆる原因での放射能汚染があり、まだらな汚染の規模を測ることが極めて難しいことを考えると、ランク付けるというのは何のデータを元にどのように推定しているのかにより異なってくるのだと思います。以下のリンクは、あくまでもIAEAが定めている事故の規模ですが・・・

http://www.processindustryforum.com/hottopics/nucleardisasters

少しは参考になりそうですね。

ただ健康被害がある以上、被害を受けたものにとってはランキングなど関係ないですよね。その重みに違いなどなく、ランキングはつけられませんから。
【2015/05/18 19:49】 | Blue Dolphine #- | [edit]
TOP10ランクインどころか断トツ1位ってのがなぁ…
【2015/12/27 06:50】 | 名無し #- | [edit]
>【2014/05/07 00:29】 URL | 日本人

まーたネトウヨのソースなしデマかよw
原発事故も核実験も起こってない韓国で一体何をどうすれば福島よりひどい放射能汚染が起こりうるというのか
【2015/12/27 08:35】 | 地球人 #- | [edit]
放射性物質は東京都墨田区吾妻橋1-4-2に本部を置くESP科学研究所(代表 石井美津子)が原因です。この会社がテロ組織集団です。
【2016/03/09 05:30】 | #- | [edit]
福島?(笑)
【2016/10/18 04:51】 | カメムシ #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック